...

CCP-192G 取扱説明書

by user

on
Category: Documents
254

views

Report

Comments

Transcript

CCP-192G 取扱説明書
取
扱
説
明
書
CCP-192G
REV.2.1
ナダ電子株式会社
技2M-060823
改
REV NO.
訂
ページ
改
記
訂
録
内
容
日
コネクタ, Toolkit を 追 加
付
1.0
Ⅰ-3
□付属品
1.1
Ⅰ - 18
□積算値のゼロリセットについて を □積算用カウンタ
について に修正
□入力チャンネルの名称と単位について を追加
08.07.15
1.2
Ⅰ -2
3.一般仕様
10.03.04
1.3
Ⅰ -17
3 .注 意
1.4
Ⅰ -2
3.一般仕様
1.5
Ⅲ -25
外観図 互換ブラケット を追加
11.10.19
1.6
Ⅰ -14
□ディップスイッチの設定
11.11.16
1.7
Ⅰ -18
旧 製 品 CCP-160と の 互 換 性 の た め 、 グランドトータル値 の 印 字 時
刻 を サブトータル値 の 印 字 時 刻 と す る
12.11.14
1.8
Ⅰ -3
Ⅰ -12
Ⅲ -26
□オプション(別売り) 追加
□ コ ネ ク タ 表 4. コネクタ変 更 (第 一 電 子 工 業 ㈱ → オムロン㈱ )
外観図 コネクタ図(CB-2237) 追加
14.05.22
1.9
Ⅰ -2
3.一般仕様
15.02.24
2.0
Ⅱ -2
DC3 A、 DC3 B、 DC3 C
2.1
Ⅰ -14,16
□ ディップスイッチの 設 定 ,□ 機 能 説 明
2)電 源
08.04.22
内容一部追加
を追加
2)電 源
2)電 源
10.03.29
内容一部削除
10.05.21
注意事項を追加
待機時電流
50→ 30mA 変 更
機能の誤記修正
DSW7 入 力 周 波 数 追 加
15.03.24
16.04.06
***
目
次
***
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
□
概
要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-1
特
長 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-1
仕
様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-1
文字種類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-3
付 属 品 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-3
オプション(別売り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-3
印字サンプル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-3
設置について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-4
使用上の注意事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-4
禁止事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-4
保証期間と修理対象期間について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-4
ご使用になる前に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-5
各信号の説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-6
入出力回路構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-9
コネクタ表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-10
結線 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-13
ディップスイッチの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-14
機能説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-15
具体的な使用方法とその設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-17
積算値のカウンタについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-18
計数エラーについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-18
入力チャンネルの名称と単位について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-18
RS-232Cの使用について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-19
テスト印字 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-22
HEXダンプ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-22
ペーパーエンドについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-23
印字中のドット誤差 及び 紙送り許容差について ・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-23
登録データのコピー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-24
操作スイッチについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-25
内蔵時計と停電対策用電池について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅰ-26
□
□
制御コード一覧
制御コード解説
□
□
□
□
□
□
シフトJIS漢字指定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-1
キャラクタ・コード表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-2
漢字コード表の見方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-3
漢字第一水準 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-4
漢字第二水準 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-11
外観図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅲ-24
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅱ-1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Ⅱ-3
Ⅰ-1
□
概
要
CCP-192Gは、流量計等の装置から出力されるパルス信号を計数し、その計数データを
内蔵時計のデータと共に印字する低ランニングコストの多機能なシステムプリンタです。
□
特
長
1.最大8系統のパルスの積算が可能
2.毎正時あるいは決められた時間間隔での印字が可能
3.積算値の比較機能付
4.系統別に名前、単位の入力が可能
5.RS-232C入出力機能付
□
仕
様
1.積算部仕様
1) 入 力 点 数
最 大 8チ ャ ン ネ ル
2) 入 力 周 波 数
最 大 500H z ( D T 50% )
3) 入 力 形 態
無電圧接点 または トランジスタによるオープンコレクタ入力
4) 積 算 桁 数
データ
サブトータル
グランドトータル
5) レ ー ト
各 チ ャ ン ネ ル 毎 に 1パ ル ス に て 1 か ら 99 カ ウ ン ト ま で 可 能
(小 数 点 の 使 用 で 0.1 や 0.23 等 の カ ウ ン ト が 可 能 )
6) ゼ ロ リ セ ッ ト
印字毎、外部入力による
6 桁
8 桁
12 桁
7) 印 字
印字条件
毎正時
データ
○
設定された時間
サブトータル グランドトータル
○
○
一定時間間隔
○
○
外部入力
○
○
操作スイッチ
○
○
○
○:印字可能
8) 信 号 絶 縁 用 電 源
DC10V~ 32V 最 大 0.6W( 信 号 入 力 用 )
( プ リ ン タ 内 部 で 5V に 降 圧 し て 使 用 )
Ⅰ-2
2.印字機構部
1) 印 字 方 式
シャトルドットマトリックス
2) ド ッ ト 総 数
240ド ッ ト
3) 印 字 速 度
7× 7 フォント+ 行 間 3 ドットスペースの 場 合
1.8ラ イ ン / 秒
4) 紙 送 り 速 度
4.3ラ イ ン / 秒
5) 印 字 桁 数 / 文 字 寸 法
桁数
6) 信
7) 記
寸 法 ( 幅 mm× 高 さ mm)
ANK
7× 7
ANK
8× 16
漢字
16× 16
大 形 英 数 字 24× 48
30桁 ( 桁 間
30桁 ( 桁 間
15桁 (
10桁 (
頼 性
印字機構部
寿 命
MCBF
150万 行
100万 行
録 紙
紙幅
ロール紙外径
長さ
巻心内径
巻心外径
紙厚
坪量
弊社品番
普通紙
57.5± 0.5 mm
φ 50 mm
22 m
φ 12± 0.2 mm
φ 18± 0.2 mm
0.06~ 0.085 mm
52.3~ 64 g / m 2
NR- 582
8) イ ン キ ン グ
1ド ッ ト )
0ド ッ ト )
〃
)
〃
)
1.5
1.6
3.2
4.8
×
×
×
×
2.6
5.9
5.9
17.8
リ ボ ン カ セ ッ ト 方 式 ( 品 番 ERC- 22B) ( 黒 )
3.一般仕様
1) 動 作 環 境
温
度
湿
度
2) 電
3) 質
源
入力電圧
平均電流
ピーク電流
待機時電流
量
4) ス イ ッ チ 内 蔵
LEDの状態
0~ 50℃
10% ~ 90% R H ( 非 結 露 。 但 し 90% は 34℃ を
前 提 と し 、 こ れ を 越 え る と 50℃ で は 35% R H と す る )
A C 85~ 132V
50/ 60H z
約 0.1A
0.6A
約 30m A
付属のプラグ付電源ケーブルは国内向のため最大使用電圧は
125Vと な っ て い ま す 。 125V以 上 で 使 用 さ れ る 場 合 は 、 プ ラ グ
を変更してください。
約 1.1k g
待機時・・・消灯
Ⅰ-3
□
文字種類
1.ANK
7× 7
J I S 160文 字
2 . A N K 8× 16
J I S 160文 字
3 . 漢 字 ( JIS X 0208-1978準 拠 )
JIS非漢字
524文 字
第 一 水 準 漢 字 2965文 字
第 二 水 準 漢 字 3388文 字
4.大形英数字
0~ 9 の 10文 字
□
付 属 品
ロ ー ル シ ャ フ ト ( S- 11) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
イ ン ク リ ボ ン ( ERC- 22B) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ロ ー ル 紙 ( NR- 582) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
取扱説明書(本書) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
操作説明書
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コ ネ ク タ ( 57-30360 DDK) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
T o o l k i t ( CD-ROM) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
□
オプション(別売り)
専用のインターフェースケーブルをご用意しております。
シ リ ア ル イ ン タ ー フ ェ ー ス ケ ー ブ ル CB-2237( Dsub 9× 9
□
印字サンプル
毎正時印字
インターバル印字
日付の自動印字
外部印字
指定時刻での
サブトータル印字
手動印字
7月15日までの
期日指定による
グランドトータル印字
クロス
1.8m)
1本
1個
1巻
1部
1部
1個
1枚
Ⅰ-4
□
設置について
1.高温、多湿での環境下での使用は特に注意して下さい。
温度と湿度の使用範囲図は、下図を参照して下さい。
34℃ 90%
90
40℃ 65%
湿
度 50
%
50℃ 35%
動作保証温湿度範囲
10
0
温度℃
40
50
2.本機には永久磁石(モータ部)、電磁石が使用されているため、鉄粉、ゴミ、ほこりの多い
場所での使用は避けること。
□
使用上の注意事項
1. メカ部の主な板金部(プレス部)は メッキ鋼板を使用している為、端面に多少の錆が
発生する場合があります。
2. 長期間使用しない場合は、記録紙をプリンタより取り除くこと。
記録紙を装着した状態でプリンタを長期間使用せず放置した場合、記録紙の変色、汚れが
発生することがあります。
3. 製品に振動が加わる場所での使用はご相談ください。微弱な振動でも長時間加わると直接的
な障害の他に二次的障害により予想外の不具合が発生する場合があります。
□
禁止事項
1. 記録紙が装着されていない状態、リボンカセットが装着されていない状態での印字を禁止
する。
2. 記録紙の紙送り逆方向への引き抜きを禁止する。
3. 結露状態での使用は行ってはならない。もし結露した場合は、結露がなくなるまで
プリンタに通電しないこと。
4. 記録紙及びプラテンに異物などの付着のないこと。
□
保証期間と修理対象期間について
1. 当プリンタの保証期間は、出荷後6ヶ月間とします。
2. 保証期間を過ぎたもの 及び 保証期間内でユーザー側責任(使用範囲を越えた使用並び
使用中の落下などによる破損、天災など)による故障については保証外とします。
3. 保証期間内においても寿命を越える使用による故障は保証外とします。
4. 修理対象期間は製造中止後5年間とします。
5. メカニズム等の一部部品については、保全を前提としていないためユニットごと交換する
場合がありますのでご了承下さい。
6. 本装置の運用を理由とする損失、逸失利益等の請求については、いかなる責任も負いかね
ますので、予めご了承下さい。
Ⅰ-5
□
ご使用になる前に
お買い上げいただきましたプリンタを使用するには、当取扱説明書に従い
1.各 信 号 の 内 容 を 確 認 。
2.C N 3 ( 本 文 参 照 ) と ホ ス ト コ ン ピ ュ ー タ を 接 続 す る 。
3.使 用 す る チ ャ ン ネ ル の 名 称 等 を 登 録 す る 。
4.プ リ ン タ の 動 作 を 設 定 す る 。 ( [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ 、 デ ィ ッ プ ス イ ッ チ )
5.C N 2 ( 本 文 参 照 ) の 積 算 制 御 入 出 力 コ ネ ク タ を 接 続 す る 。
6.積 算 開 始
の順で行うことになります。
それでは、次ページの□ 各信号の説明をお読み下さい。
Ⅰ-6
□
各信号の説明
1.積算制御信号端子
制御は無電圧接点、あるいはトランジスタのオープンコレクタで行います。
“LOW”レベルは接点がON、あるいはトランジスタがONを示します。
(入出力コネクタの端子部が0Vになる状態)
“HIGH”レベルは接点がOFF、あるいはトランジスタがOFFを示します。
(入出力コネクタの端子部が5V以上、または開放状態)
入力用の各信号はプリンタ内部フォトカプラにより内部のロジックとは分離されます。
定格10mA以上の接点、トランジスタを使用して下さい。
プリンタからの出力はフォトカプラによるトランジスタオープンコレクタ出力となって
います。(信号GNDは内部のロジックGNDと分離されます)
“ L O W ” レ ベ ル は ト ラ ン ジ ス タ “ O N ” 、“ H I G H ” レ ベ ル は ト ラ ン ジ ス タ “ O F F ”
の状態を示します。
出力用トランジスタの使用最大電圧は50V、電流は2A以内として下さい。
1)
パルス入力
積算するパルスを入力する端子です。
“LOW”レベルへの変化でカウントアップを行います。
無電圧接点の場合は接点のチャタリングに注意して下さい。
2) デ ー タ 印 字 指 令
“LOW”レベルへの変化でデータ値を印字します。
1 0 0 ms 以 上 の パ ル ス を 入 力 し て 下 さ い 。
3)
サブトータル印字指令
“LOW”レベルへの変化でサブトータル値を印字します。
1 0 0 ms 以 上 の パ ル ス を 入 力 し て 下 さ い 。
Ⅰ-7
4)
グランドトータル印字指令
“LOW”レベルへの変化でグランドトータル値を印字します。
1 0 0 ms 以 上 の パ ル ス を 入 力 し て 下 さ い 。
5)
リセット入力
“LOW”レベルにて全ての積算値をゼロリセットします。
1 0 0 ms 以 上 の パ ル ス を 入 力 し て 下 さ い 。
6)
動作中出力(ビジー出力)
次の条件時に”LOW”レベルを出力します。
①印字、紙送り動作中
②ペーパーエンド時
③テスト印字中
④メカニズムエラー時
⑤プリンタ内のキー操作時
7)
エラー出力
次の条件時に“LOW”レベルを出力します。
①ペーパーエンド中
②メカニズムエラー発生時
メカニズムエラーは、電源の再投入で解除されます。メカニズムエラー時は、
印字、紙送り動作を行いません。
メカニズムエラーが発生するとRS-232C出力を用いて
D C 3 e 2 N U L L ( 1 3 H 6 5 H 3 2 H 0 0 H) を 出 力 し ま す 。
(□ RS-232Cの使用について 参照)
度々メカニズムエラーが発生するようであれば、修理を必要とします。
8)
比較出力1、2
CH1、CH2の積算値が設定値に達すると出力が“LOW”レベルになります。
設定値はRS-232Cを使用して入力します。
9)
IVCC/IGND
IVCCは信号絶縁用電源の(+)側供給端子でIGNDは(-)側端子です。
内部のDC/DCコンバータで5Vに降圧して使用します。
逆接続に注意願います。逆接続保護用ダイオードが組み込まれています。
Ⅰ-8
2.シリアルデータ入出力端子(RS-232C準拠)
当取扱説明書のRS-232Cの入出力レベルにおける“HIGH” “LOW”レベルは、
“HIGH”レベル:RS-232C規格の+側電圧範囲
“LOW”レベル
:RS-232C規格の-側電圧範囲
を示します。
信号GNDは内部ロジックGNDに接続されています。
通信条件は8BIT パリティチェック無し 1STOP BIT 9600BPS です。
1) R X D
この端子はシリアルデータ受信用の入力端子です。
ホスト側からのシリアルデータがこの端子から受信可能になるのは、DTR端子が
“HIGH”レベルとなった後です。
オーバーランエラー等の通信エラー発生時は受信データを無視します。
2) T X D
この端子はシリアルデータ送信用の出力端子です。
ホスト側へシリアルデータを送信できるのは、DSR端子が“HIGH”レベルで
の場合です。
3) D T R
この端子はシリアルデータ受信において使用します。
この信号はプリンタがデータ受信可能であることをホスト側に知らせる信号です。
この端子が“LOW”レベルになるのは次の場合です。
①システムリセット中(電源投入時、INITIAL信号入力時)
②データ読み取り中
③受信バッファフル時
④ペーパーエンド時
⑤テスト印字中
⑥メカニズムエラー時
⑦プリンタ内のキー操作時
4) D S R
この端子はホスト側の状態を示す入力信号端子です。
シリアルデータの送信時にはこの端子が“HIGH”レベルでなければなりません。
5) S G
信号GNDです。
Ⅰ-9
□ 入出力回路構成
名
称
回
路
構
成
EMIフィルタ
IVCC
IGND
IVCC
I+5V
DC/DC
+
IGND
35V
470μ
I+5V
+5V
560Ω
信号入力
信号
ロジックGND
IGND
信号出力
信号
IGND
MAX202相当品
RXD
DSR
信号
信号GND
R
ロジックGND
TXD
DTR
MAX202相当品
信号
信号GND
T
ロジックGND
注1
制御信号GND(IGND)とRS-232Cレベルの信号GNDは分離されています。
RS-232Cレベルの信号GNDはプリンタ内部のロジックGNDに接続されています。
Ⅰ -10
□
コネクタ表
1.コネクタ配置図
! 注意
安全のため
接地線を
接続のこと
1 2 3 4 5
6 7 8 9
RS-232C
NADA ELECTRONICS,LTD.
MADE IN JAPAN
25
50
18
36
CP
CCP
1
19
1
26
FG
2.電源供給用プラグ(CN1)
電源供給用プラグ付電源コードです。
安全のためFG端子にD種接地のアース線を接続して下さい。
Ⅰ -11
3.積算制御入出力(CN2)
PIN №
注1
信
号
PIN №
信
号
1
CH1
パルス入力
19
IGND
2
CH2
パルス入力
20
IGND
3
CH3
パルス入力
21
IGND
4
CH4
パルス入力
22
IGND
5
CH5
パルス入力
23
IGND
6
CH6
パルス入力
24
IGND
7
CH7
パルス入力
25
IGND
8
CH8
パルス入力
26
IGND
9
データ値印字指令
27
IGND
10
サブトータル値印字指令
28
IGND
11
グランドトータル値印字指令
29
IGND
12
リセット入力
30
IGND
13
印字中出力
31
IGND
14
エラー出力
32
IGND
15
比較出力1
33
IGND
16
比較出力2
34
IGND
17
IVCC
35
IVCC
18
IVCC
36
IVCC
プリンタ側
:
57‐40360(第一電子工業㈱)
ケーブル側
:
57‐30360(第一電子工業㈱)
IVCC、IGNDはアイソレート電源(信号絶縁用電源)の(+)側、(-)側
入力です。
IGNDは内部のロジックGND(CN3のSG)とは絶縁されています。
Ⅰ -12
4.シリアル信号入出力コネクタ(CN3)
PIN No .
信
号
1
使用コネクタ
プ リ ン タ 側 : 17JE23090-02(D2C)
ケ ー ブ ル 側 : 17JE13090-02(D8C6)
製造元
:第一電子工業(株)
2
RXD
3
TXD
4
DTR
5
S
6
DSR
7
RTS
注3
8
CTS
注3
G
9
注1
注2
未記入部には何も接続しないで下さい。
信号ラインを長くすると、ノイズの影響を受け易くなりますので
出来るだけ短く配線して下さい。
注3 RTSとCTSはコネクタ部で接続されています。
(制御は行っておりません)
注4 SGは内部のロジックGNDと接続されています。
Ⅰ -13
結線
1.積算制御入出力
PLC等の制御機器
CCP-192G
IVCC
>
信号入力
>
IGND
>
信号出力
>
IGND
>
□
電流の方向を示します。
2.シリアル入出力
ホスト側
D-SUB 25PIN
D-SUB 9PIN
(例1)
(例2)
(例1)
(例2)
1
1
プリンタ側
RXD
TXD
DTR
SG
DSR
RTS
CTS
2
3
4
5
6
7
8
<
>
>
<
2
3
6
7
20
5
4
TXD
RXD
DSR
SG
DTR
CTS
RTS
2
3
5
7
20
・
3
2
6
5
4
8
7
TXD
RXD
DSR
SG
DTR
CTS
RTS
・
3
2
8
5
4
プリンタからのDTRとRTSをホスト側のDSR、CTSに接続する部分が異なります。
ホスト側の信号でオープン(未接続)でも動作可能の機種もありますが、上記以外の信号
で処理しなければならないものがあれば処理を行って下さい。
プリンタ側のRTSとCTSは内部で接続されており、特に制御はされておりません。
市販のケーブルを御使用の場合は
DOS/V機用クロス、リバース、インターリンクと
呼ばれるケーブルを御使用下さい。
3.接続時の注意点
積算制御入出力のIGNDとシリアル入出力のSGとは分離されております。
IGNDは内部のロジックGNDと絶縁されていますがSGは絶縁されていません。
シリアル入出力使用時はノイズの影響を受けないよう配線長さ、配線ルートに注意して
下さい。
Ⅰ -14
□
ディップスイッチの設定
ディップスイッチ詳細図
SW
機
能
ON
OFF
1
メンテナンス
有効
無効
2
ゼロサプレス
無し
有り
3
ゼロ選択
0

4
インターバル印字
有り
無し
5
毎正時印字
有り
無し
6
印字方式
テキスタ
リスタ
7
入力周波数
10Hz
500Hz
8
( 注 1) 出 荷 時 は 全 て O F F に 設 定 し て あ り ま す 。
( 注 2) ス イ ッ チ の 操 作 は ピ ン セ ッ ト 等 を 使 用 し て く だ さ い 。
( 注 3) ス イ ッ チ の 設 定 は 必 ず 電 源 を 切 っ た 状 態 で 行 っ て く だ さ い 。
Ⅰ -15
□
機能説明
1.メンテナンス
プリンタ内に登録されている名称や単位を出力する時に使用します。
有 効 側 と し て [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ で 実 行 し ま す 。
通常は無効側として使用して下さい。
詳細は □
登録データのコピーの項(Ⅰ-26)を参照して下さい。
2.ゼロサプレス
積算値の印字で先頭からの数値でゼロの場合にそのゼロを印字するか否かを決めます。
ON:無し
OFF:有り
3.ゼロ選択
印字中の数字でゼロのフォント形式を決めます。
ON:0
OFF:
4.インターバル印字
一定時間間隔毎に印字させるか否かを決めます。
ON:有り
印字有効
OFF:無し
印字無効
印字間隔は01~99分の間で設定できます。
印字間隔の設定方法は操作説明書を参照願います。
5.毎正時印字
毎00分に印字させるか否かを決めます。
ON:有り
印字有効
OFF:無し
印字無効
Ⅰ -16
6.印字方式
ON:テキスタ印字
OFF:リスタ印字
紙
送
り
7.入力周波数
通 常 500Hzの 設 定 で 使 用 し て く だ さ い 。
弊 社 製 C C P - 1 6 0 の 後 継 機 と し て 使 用 す る 場 合 は 、 10Hz設 定 で 使 用 し て く だ さ い 。
Ⅰ -17
□
具体的な使用方法とその設定
1.インターバル印字を使用する
1)デ ィ ッ プ ス イ ッ チ の 設 定
2)イ ン タ ー バ ル 間 隔 を 設 定 す る
プ リ ン タ 内 部 の [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ の 操 作 で イ ン タ ー バ ル 間 隔 を 設 定 し ま す 。
設定完了から時間計測を開始します。
3)設 定 時 間 間 隔 毎 で 積 算 値 ( デ ー タ 値 、 サ ブ ト ー タ ル 値 ) を 印 字 し 、 デ ー タ 値 は 自 動 的 に
ゼロリセットされます。
4)各 積 算 値 は 外 部 か ら の 印 字 指 令 に よ っ て も 印 字 し ま す 。
2.毎正時印字を使用する
1)デ ィ ッ プ ス イ ッ チ の 設 定
2)サ ブ ト ー タ ル 値 の 印 字 時 間 を 設 定 す る 。
プ リ ン タ 内 部 の [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ の 操 作 で 設 定 し ま す 。
3)グ ラ ン ド ト ー タ ル 値 の 印 字 日 を 設 定 す る 。
プ リ ン タ 内 部 の [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ の 操 作 で 設 定 し ま す 。
4)毎 正 時 に 積 算 値 ( デ ー タ 値 、 サ ブ ト ー タ ル 値 ) を 印 字 し 、 デ ー タ 値 は 自 動 的 に ゼ ロ リ セ ッ
トされます。
5)各 積 算 値 は 外 部 か ら の 印 字 指 令 に よ っ て も 印 字 し ま す 。
3.注意
1)デ ィ ッ プ ス イ ッ チ 4 , 5 の 両 方 を O N に す る と 無 効 処 理 と し て イ ン タ ー バ ル 、 毎 正 時 の
印字は行いません。
2)イ ン タ ー バ ル 印 字 の 場 合 は サ ブ ト ー タ ル 値 、 グ ラ ン ド ト ー タ ル 値 の 自 動 印 字 は 行 い ま せ ん 。
Ⅰ -18
□
積算用カウンタについて
1.積算用カウンタの種類
1)データ:毎正時印字の場合は、1時間毎の積算用カウンタです。
2)サブトータル:データ値を加算するカウンタです。
データ値の印字とともに印字されますが決められた時刻にサブトータル値のみを印字さ
せることもできます。
3)グランドトータル:データ値を加算するカウンタです。
決められた日に印字させることができます。月末を選ぶと1日に印字します。
印字時刻はサブトータル値の印字時刻です。
印字時刻はプログラムV1.7からサブトータル値の印字時刻となりました。
( 旧 製 品 CCP-160と の 互 換 性 の た め ) プ ロ グ ラ ム V 1 . 6 ま で は 零 時 零 分 と な り ま す 。
プログラムのバージョンはテスト印字で判別できます。
2.積算値のゼロリセットについて
1)データ、サブ、グランドの各積算値は下表の印字時にゼロリセットを行います。
○:ゼロリセットをする
条
件
×:ゼロリセットをしない
データ値
サブトータル値
グランドトータル値
自動データ印字
○
×
×
外部データ印字指令
○
×
×
操作スイッチによるデータ印字
×
×
×
自動サブトータル印字
○
○
×
外部サブトータル印字指令
○
○
×
自動トータル印字
○
○
○
外部トータル印字指令
○
○
○
2)手動操作による各積算値のゼロリセット
テ ス ト 印 字 終 了 後 の 用 紙 送 り の 終 了 時 に [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ が 押 さ れ て い る と 各 積 算 値 の
ゼロリセットを実行します。
テ ス ト 印 字 の 開 始 を 確 認 後 、 [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ を 押 し 、 テ ス ト 印 字 終 了 後 の 用 紙 送 り が
終了するまで押し続けます。
□
計数エラーについて
入力パルスの計数中に電源が切れた場合に、次回の
電源投入時に右の印字を行う場合があります。
この場合には必ず計数値(積算値)の内容を確認し、
決められた手順にて修正してください。
たびたび発生する場合は、無停電電源(UPS)を使用してください。
□
入力チャンネルの名称と単位について
付 属 の ア プ リ ケ ー シ ョ ン ソ フ ト ( Toolkit) に て 行 い ま す 。
パ ソ コ ン と プ リ ン タ の 接 続 は Ⅰ -13 □
結線
2.シリアル入出力 を参照してください。
Toolkitに は 参 考 デ ー タ を 用 意 し て い ま す の で 利 用 し て く だ さ い 。
Ⅰ -19
□
RS-232Cの使用について
1.RS-232C入力
1)各 チ ャ ン ネ ル の 名 称 等 の 登 録 や プ リ ン タ の 動 作 を 制 御 出 来 ま す 。
①名称の登録
制御コード
DC3
B
を使用して行います。
通常半角ANK8文字分登録します。(最大256文字登録可能)
漢字を入力する事も可能です。
②単位の登録
制御コード
DC3
F
を使用して行います。
通常半角ANK5文字分を登録します。
③小数点の登録
制御コード
DC3
G
を使用して行います。
④レートの登録
制御コード
DC3
H
を使用して行います。
⑤上記登録の他積算値の印字や積算データの消去も可能です。
詳細は□
制御コード解説
で確認して下さい。
Ⅰ -20
2)一 般 的 な プ リ ン タ と し て 使 用 出 来 ま す 。
①印字データを入力する事で自由に印字が可能です。
RS-232Cを用いて右図の印字が可能です。
※1部を制御コードを参照してデータを入力する ※1
事で印字させます。
※2は積算値印字制御コード(DC3
C)を
用いるか、CN2のデータ値印字指令を使用して
印字させます。
注意:※1の印字中に自動印字や手動印字による
※2の印字が始まると※1の内容中に積算 ※2
値の印字を行う場合があります。データの
転送と積算値印字のタイミングに注意して
下さい。
②バッファフル印字について
入 力 し た 印 字 デ ー タ を プ リ ン ト ア ウ ト す る の に は 通 常 印 字 改 行 コ ー ド ( 0 D H) を 入 力
しますが、当プリンタにはバッファフル印字機能があります。
これは、印字バッファに印字データが1行分入力されると自動的に印字するもので、印字
改行コードを必要としていないものです。
印字を開始する条件は、印字データの最後に文字間スペースが取れなくなった場合と、
印字バッファの残りが7ドット未満となった時です。
文字間スペース1ドットにおいてANK7×7フォントの文字データを29文字分入力
すると印字バッファの残りが8ドットになります。これを印字させるには、印字改行
コードを入力するか、30文字目のデータを入力します。
30文字目がANK7×7フォントの文字であれば30文字目を最後として印字します。
30文字目が漢字16×16フォントの場合は29文字目を最後として印字し、30文字
目のデータは次の行の最初のデータとして記憶されます。
③受信バッファフルについて
データ受信バッファは1024バイトありあす。
受信バッファフルとは、受信可能バイト数が16バイト未満になることを言います。
受信バッファは、1024バイトですがリングバッファ形式となっていますので受信した
データを順次処理していくことにより1024バイト以上のデータが受信可能です。
Ⅰ -21
2.RS-232C出力
ペーパーエンドやメカニズムエラーが発生するとホスト(プログラマブルコントローラ、
パソコン)へ出力します。
1)印 字 情 報
日付、時刻情報
積算値情報
ESC A DD HH MM SS CR
△ 123456CR
12345.6CR
△△ 123.4CR
△ 1234.5CR
12.3456CR
1.23456CR
0.01234CR
△△△ 1234CR
NULL
計 11バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 8バ イ ト
計 1バ イ ト
2)用 紙 情 報
ペーパーエンド発生
ペーパーエンド解除
ESC E DD HH MM SS NULL
ESC e DD HH MM SS NULL
計 11バ イ ト
計 11バ イ ト
3)K E Y 操 作 情 報
KEY操作終了
KEY操作開始
ESC K DD HH MM SS NULL
ESC k DD HH MM SS NULL
計 11バ イ ト
計 11バ イ ト
4)メ カ エ ラ ー 情 報
発生
ESC M DD HH MM SS DULL
計 11バ イ ト
5)電 源 情 報
電源ON
ESC Z DD HH MM SS NULL
計 11バ イ ト
ESC A は 1B H 41 H を 示 し 、 NULL は 00 H で す 。 積 算 値 情 報 の △ は ス ペ ー ス コ ー ド (20 H )で す 。
DD HH MM SS は 、 日 、 時 、 分 、 秒 を 示 し ま す 。
積算値情報はASCⅡコードで使用チャンネル分を出力します。
15日 10時 23分 45秒 に ペ ー パ ー エ ン ド が 発 生 す る と
1B H 45 H 31 H 35 H 31 H 30 H 32 H 33 H 34 H 35 H 00 H を 出 力 し ま す 。
メッセージの登録時や印字時にもRS-232C出力を用いてデータを送信します。
こ の 時 、 当 プ リ ン タ の シ リ ア ル 信 号 入 出 力 コ ネ ク タ (C N 3 )の 6 番 端 子 ( 信 号 名 は D S R )
が“HIGH”レベルでなければなりません。
送 信 時 1 0 0 m s以 上 “ L O W ” レ ベ ル で あ る 時 に は 出 力 を 中 止 し ま す 。
したがって、ホスト側の状態により全データを出力せずに終了する時があります。
ホスト側の受信プログラムは常に受信可能状態を維持してください。
Ⅰ -22
□
テスト印字
FEEDスイッチを押しながら 電源を投入すると、キャラクタセット内のデータをアドレス
順に印字(セルフテスト)します。
押し続けている間はセルフテストを行い、押すのを止めるとその時 印字している行を印字
し終え、HEXダンプの状態になります。
テスト印字はペーパーエンド時には行いません。
□
HEXダンプ
テ ス ト 印 字 を 終 了 す る と 、 シ リ ア ル 信 号 に て 入 力 さ れ た デ ー タ を そ の ま ま H E X (1 6 進 )
コードで印字します。
この機能を使用する事により 外部入力データのチェックを行う事が出来ます。
1ライン分のデータを受信した時点において、HEXダンプの印字を行います。
1ライン分以下の場合は、FEEDスイッチを押す事により印字を行います。
HEXダンプを解除し、通常の使用状態に戻るには電源の再投入が必要です。
Ⅰ -23
□
ペーパーエンドについて
印字中にペーパーエンドになった場合は、新しい記録紙をセットして下さい。
最後には必ずFEEDスイッチを操作して下さい。
プリンタはこのFEEDスイッチの操作により 記録紙のセットが完了したものと判断し、
記録紙の確認後に印字を開始します。
ペーパーエンドの解除は、前述の内容の他に記録紙をセット後30秒間連続して記録紙を
“有り”と認識した場合には自動的に解除されます。
またペーパーエンドの発生、解除時はRS-232C出力を用いて状態を出力します。
(□ RS-232Cの使用について 参照)
ぺーパーエンド中に印字すべき状態となった場合はこの時の印字データを記憶し、記録紙が
セットされた時に印字を開始します。
記憶できるのは8チャンネルの使用にて約80回分の印字情報です。
記憶容量を越えた場合は各積算値はゼロリセットを行わずそのまま加算され、ペーパーエンド
解除後の最後の印字情報として解除時の時刻をもって印字されます。
□
印字中のドット誤差 及び 紙送り許容差について
CCP-192Gは8個の印字ソレノイドを横一列に配置し、このソレノイドを動作させる
事で、印字しています。印字させる文字パターンやビットイメージのパターンがこのソレノ
イドの間に渡る場合に小さなギャップがあく場合や、隣り合う印字文字の大きさにバラツキが
出る場合があります。これはソレノイドの間隔のバラツキによるもので、印字動作にともなう
各 ド ッ ト ラ イ ン の バ ラ ツ キ は ± 0 . 2 mmと な っ て い ま す 。
プリンタ単体での紙送り許容差(同一プリンタで同じフォーマットでの印字を行った時の
長さの違い)は±10%、プリンタ固体間の紙送り許容差(他のプリンタとの同じフォー
マットでの印字を行った時の長さの違い)は、±20%となっています。
Ⅰ -24
□
登録データのコピー
プリンタ間で登録データの通信を行うものでプリンタ1の登録データをプリンタ2へコピー
します。(シリアル通信にて行います)
1.コピーの方法
積算制御入出力コネクタ(CN2)は未接続の状態とします。
SW1が“ON”の状態で電源を入れます。
接 続 図(市販のケーブルが使用出来ます。)
コ ピ ー 元 の [メ ニ ュ ー ]ス イ ッ チ を 押 す と
2
2
コピー先へ登録されている全データが出力
3
3
4
4
コピー先の同一チャンネルの登録データは
5
5
上書きされるので注意して下さい。
6
6
されます。
プリンタ 1
コピー元
CN3
( SW1.ON)
2.通信完了
全データの出力が終了すると
正常終了の印字を行います。
正常に終了しなかった場合は、
不正終了の印字を行います。
3.確認
通信ケーブルを取り外し、SW1を“OFF”にして電源を入れます。
[ハ イ ]ス イ ッ チ を 押 し て 手 動 印 字 を 実 行 し 、 名 称 等 の 確 認 を 行 い ま す 。
プリンタ 2
コピー先
( SW1.ON)
Ⅰ -25
□
操作スイッチについて
プリンタの扉を開けると日付、時刻修正用の
スイッチがあります。
[メニュー]を押すと現在時刻を印字し、
再度押すと次の印字を行います。
[ハイ]/[>>]と[イイエ]/[+1]は
各印字に対する応答として使用します。
具体的な日付、時刻の修正方法が操作説明書に
記載されていますので参照して下さい。
また当スイッチは使用チャンネルの指定等にも使用します。
操作説明書に記載されています手順にて設定して下さい。
注1
スイッチを操作するとキーモードになり、DTR信号を“LOW”レベルにし、
外部データの受信を禁止します。この状態は、30秒以上スイッチを操作しなければ
解除されます。(DTR信号が“HIGH”レベルになり、外部からのデータの受信が
可能となります。)
注2
印字や外部データの処理が残っている場合にはスイッチの操作は無効となります。
注3
スイッチの操作時にペーパーエンドを発生した場合にはペーパーエンドが回復するまで
引き続きキーモードになります。
Ⅰ -26
□
内蔵時計と停電対策用電池について
1.内蔵時計
1)精 度
月差
±1分
2)停 電 対 策
ニッカド充電池によるバックアップを実施
3)バックアップ期 間
1ヶ月
2.停電対策用電池
1)電 池 寿 命
充放電500回または5年の使用
2)充 電 方 法
フローティング充電方式
(電源が入っている時間が充電時間となります。)
3)注 意
通常プリンタの電源は使用後も切らない様にして下さい。
8時間の使用で毎日電源を切った場合には、放電時間が充電時間より
長いために電池を消耗し、使用する時に日付、時刻の修正が必要になる
場合があります。
(電池は48時間以上の連続通電で充電されます。)
3.電池交換
工場引き取りにて実施しますので、販売元に御連絡下さい。
Ⅱ-1
□
制御コード一覧
名
称
機
能
参照ページ
CAN
データ抹消
Ⅱ-3
CR
印字改行
Ⅱ-3
DC4
横倍幅拡大解除
Ⅱ-3
LF
改行
Ⅱ-3
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-4
ESC
&
外字登録
Ⅱ-4
ESC
3
行間スペース量指定
Ⅱ-5
ESC
@
初期化
Ⅱ-5
ESC
A
行間スペース量指定
Ⅱ-5
ESC
H
漢字モード解除
Ⅱ-5
ESC
I
印字方向指定
Ⅱ-6
ESC
J
指定量紙送り
Ⅱ-6
ESC
K
漢字モード指定
Ⅱ-6
ESC
L
大数字指定/解除
Ⅱ-6
ESC
N
縦倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-7
ESC
SI
横倍幅拡大解定
Ⅱ-7
ESC
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-7
ESC
SP
文字間スペース量指定
Ⅱ-7
ESC
W
横倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-8
ESC
h
ANK文字フォント指定
Ⅱ-8
ESC
l
印字位置移動
Ⅱ-8
ESC 〈n〉
文字間スペース量指定
Ⅱ-8
ESC
w
縦倍幅拡大指定/解除
Ⅱ-9
FS
&
漢字モード指定
Ⅱ-9
Ⅱ-2
名
称
機
能
参照ページ
FS
DC4
横倍幅拡大解除
Ⅱ-9
FS
SO
横倍幅拡大指定
Ⅱ-9
FS
W
4倍角指定/解除
Ⅱ-10
FS
.
漢字モード解除
Ⅱ-10
FS
*
ビットイメージの登録/印字
Ⅱ-10
DC2
T
内蔵時計データ指定
Ⅱ-11
DC3
A
積算データの消去
Ⅱ-12
DC3
B
名称の登録
Ⅱ-12
DC3
C
積算値印字
Ⅱ-13
DC3
E
状態要求
Ⅱ-13
DC3
F
単位登録
Ⅱ-14
DC3
G
小数点登録
Ⅱ-14
DC3
H
レート登録
Ⅱ-15
DC3
I
比較値登録
Ⅱ-15
初期値表
行間スペース量
3ドット(約1㎜)
文字間スペース量
1ドット
ANK文字指定
5×7
拡大指定
すべて解除
ドットフォント
Ⅱ-3
□
制御コード解説
CAN
〔名
称〕
データ抹消
〔コード〕
18H
〔機
能〕
プリントバッファ内のデータを抹消します。
称〕
印字改行
CR
〔名
〔コード〕
0DH
〔機
能〕
1行分の印字を開始し、設定されている行間ピッチ分を改行します。
プリントバッファ内にデータが無い場合には、
7ドット+行間スペース量 の改行となります。
バッファプリント機能があるため桁数分のデータを入力される時は
当コードの入力は必要ありません。(1行分のデータが入力された
時点で自動的に印字を開始します。)
称〕
横倍幅拡大解除
DC4
〔名
〔コード〕
14H
〔機
能〕
SO、ESC SO、FS SOによる横倍幅拡大指定を解除します。
ESC SI、ESC W0、FS DC4 と同じです。
〔注
意〕
拡大を解除するとともに文字間スペース量を現在の半分にします。
ただし、すでに解除されている場合、あるいは他の横倍幅拡大解除
コードの場合には、そのままのスペース量です。
称〕
改行
LF
〔名
〔コード〕
0AH
〔機
一行分改行を行います。
通常10ドットの送りですが行間スペース量の指定(ESC+3/
ESC+A)を行うと、LFコード入力前の印字の内容により
決まります。
改行量は、前回印字によるドットフォント分+行間スペース量と
なります。
行間スペース量を8ドットにし、漢字(16×16)の縦倍幅印字を
行った後のLFは40ドット分の送り(約15mm)となります。
能〕
Ⅱ-4
SO
〔名
称〕
横倍幅拡大指定
〔コード〕
0EH
〔機
能〕
以後受信した英数、カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
ESC SO、ESC W1、FS SO と同じです。
〔注
意〕
拡大を指定するとともに文字間スペース量を現在の2倍にします。
ただし、すでに指定されている場合、あるいは他の横倍幅拡大指定
コードの場合には、そのままのスペース量です。
ESC
〔名
&
称〕
外字登録
〔コード〕
1BH
〔機
外字登録を行います。
1) 〈n1〉〈n2〉は文字コードを指定します。
指定は漢字JISコードの範囲内であれば自由に指定できます。
JISコード内の空番地を利用して専用文字を作成する、
あるいは 特定のJISコードの文字を他のフォントに変更する
事も可能です。
登録する場合の漢字コードはシフトJISコードではなく、
JISコードで行って下さい。
8文字まで登録可能です。同一JISコードによる再登録は、
登録文字数に加算されません。
8文字以上入力されると常に最初に登録された文字が上書き
されます。
能〕
26H
〈n1〉〈n2〉〈d1〉~〈d32〉
2) 〈d1〉…〈d32〉
フォントのデータで32バイトのデータを入力して下さい。
bit
bit
7 6 5 4 3 2 1 0
各ビットは1で印字 0で未印字
1
3
2
4
31
32
3) 参考例
JISコード 3021H (亜)を他のフォントに変更する。
入力するコードは
1BH 26H 30H 21H d1 ~ d32
印 字 す る 場 合 に は 漢 字 指 定 を 行 い 3 0 2 1 Hを 選 択 す る か 、
亜 の シ フ ト J I S コ ー ド 8 8 9 F Hを 入 力 し ま す 。
Ⅱ-5
ESC
〔名
3
称〕
行間スペース量指定
〔コード〕
1BH
〔機
印字後の行間スペース量を指定します。
〈n〉≦FFH まで指定可能です。
電源投入時は 3ドット(約1mm)です。
ESC A と同じです。
ESC
〔名
能〕
33H
〈n〉
@
称〕
初期化
〔コード〕
1BH
〔機
プリンタを初期化し、各種設定を初期状態にします。
プリントバッファ内のデータを抹消します。
外字登録、ビットイメージの登録によるデータは 抹消せずにそのまま
残ります。
ESC
〔名
能〕
40H
A
称〕
行間スペース量指定
〔コード〕
1BH
〔機
印字後の行間スペース量を指定します。
〈n〉≦FFH まで指定可能です。
電源投入時は 3ドット(約1mm)です。
ESC 3と同じです。
ESC
〔名
能〕
41H
〈n〉
H
称〕
漢字モード解除
〔コード〕
1BH
〔機
漢字モードを解除します。
FS . と同じです。
能〕
48H
Ⅱ-6
ESC
〔名
I
称〕
印字方向指定
〔コード〕
1BH
〔機
印字方向(リスタ、テキスタ)を指定します。
n = 3 0 Hま た は 0 0 H リ ス タ 印 字 を 指 定 し ま す 。
n = 3 1 Hま た は 0 1 H テ キ ス タ 印 字 を 指 定 し ま す 。
電源投入時は DIP SW による指定となります。
ESC
〔名
能〕
49H
J
称〕
指定量紙送り
〔コード〕
1BH
〔機
〈n〉ドット分の紙送りを行います。
0 1 H≦ 〈 n 〉 ≦ F F Hの 範 囲 で 指 定 出 来 ま す 。
印字バッファ内にデータがある場合には、印字後〈n〉ドット分の
紙送りを行います。
印字バッファ内にデータがない場合には、〈n〉ドット分の紙送りを
行います。
0 0 Hを 指 定 し た 時 は 、 無 視 さ れ ま す 。
ESC
〔名
能〕
4AH
〈n〉
K
称〕
漢字モード指定
〔コード〕
1BH
〔機
漢字モードを指定します。
以後 漢字コード2バイトで1文字分となります。
FS & と同じです。
ESC
〔名
能〕
4BH
L
称〕
大数字指定/解除
〔コード〕
1BH
〔機
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H
能〕
4CH
〈n〉
大数字(24×32ドット)の指定を
解除します。
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 大 数 字 ( 2 4 × 3 2 ド ッ ト ) を 指 定
します。
指定後送られてきた 30~39H は0~9の大文字フォントで印字
されます。
30~39H 以外は24×32ドットのスペースとなります。
大数字印字には、横倍幅拡大等の拡大機能はありません。
Ⅱ-7
ESC
〔名
N
称〕
縦倍幅拡大指定/解除
〔コード〕
1BH
4EH
〈n〉
〔機
能〕
英数 カナ文字、漢字の縦倍幅拡大の指定、解除を行います。
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H 縦 倍 幅 拡 大 を 解 除 し ま す 。
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 縦 倍 幅 拡 大 を 指 定 し ま す 。
ESC w と同じです。
ESC
SI
〔名
称〕
横倍幅拡大解除
〔コード〕
1BH
0FH
〔機
能〕
SO、ESC SO、FS SO による横倍幅拡大指定を解除します。
DC4、ESC WO、FS DC4 と同じです。
ESC
SO
〔名
称〕
横倍幅拡大指定
〔コード〕
1BH
0EH
〔機
能〕
以後 受信した英数 カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
SO、ESC W1 と同じです。
ESC
SP
〔名
称〕
文字間スペース量指定
〔コード〕
1BH
〔機
文字と文字との間隔をどっと単位で指定します。
〈n〉はドット単位のスペース量で0≦〈n〉≦8としてください。
電源投入時は1となっています。
ESC 〈n〉 と同じです。
能〕
20H
〈n〉
Ⅱ-8
ESC
〔名
W
称〕
横倍幅拡大指定/解除
〔コード〕
1BH
〔機
英数 カナ文字、漢字の横倍拡大の指定、解除を行います。
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H 横 倍 幅 拡 大 を 解 除 し ま す 。
(DC4、ESC SI、ESC W0、FS DC4 と同じです)
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 縦 倍 幅 拡 大 を 指 定 し ま す 。
(SO、ESC SO、ESC W1、FS SO と同じです)
ESC
〔名
能〕
57H
〈n〉
h
称〕
ANK文字フォントの指定
〔コード〕
1BH
〔機
ANK文字のドットフォントの指定を行います。
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H 7 × 7 ド ッ ト フ ォ ン ト を 指 定 し ま す 。
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 8 × 1 6 ド ッ ト フ ォ ン ト を 指 定 し ま す 。
電源投入時は、7×7ドットフォントが指定されています。
ESC
〔名
能〕
68H
〈n〉
l
称〕
印字位置移動
〔コード〕
1BH
〔機
次に印字する文字の位置を〈n〉ドット位置で指定します。
〈n〉はヘッドのドット端からの位置を示し
1≦〈n〉≦233 (範囲外は無視します。)
2 0 ド ッ ト の 位 置 か ら 印 字 し た い 時 に は 1 4 Hを 入 力 し ま す 。
中央付近での印字時に当制御コードを使用すれば、スペースコードを
入力して桁の移動をする必要はなく、また決まった位置に印字する時
にも使用します。
能〕
6CH
〈n〉
ESC 〈n〉
〔名
称〕
文字間スペース量指定
〔コード〕
1BH
〈n〉
〔機
能〕
文字と文字との間隔をドット単位で指定します。
〈n〉はドット単位のスペース量で 0≦〈n〉≦8として下さい。
電源投入時は 1 となっています。
〔注
意〕
DC4、SOコードで2倍あるいは半分のスペース量になります。
DC4、SOコードを参照して下さい。
Ⅱ-9
ESC
w
〔名
称〕
縦倍幅拡大指定/解除
〔コード〕
1BH
〔機
能〕
英数 カナ文字、漢字の縦倍拡大の指定、解除を行います。
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H 縦 倍 幅 拡 大 を 解 除 し ま す 。
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 縦 倍 幅 拡 大 を 指 定 し ま す 。
ESC N と同じです。
称〕
漢字モード指定
FS
〔名
77H
〈n〉
&
〔コード〕
1CH
〔機
漢字モードを指定します。
以後 漢字コード2バイトで 1文字となります。
ESC K と同じです。
FS
〔名
能〕
26H
DC4
称〕
横倍幅拡大解除
〔コード〕
1CH
〔機
SO、ESC SO、FS SOによる横倍幅拡大指定を解除します。
DC4、ESC SI、ESC W0 と同じです。
FS
〔名
能〕
14H
SO
称〕
横倍幅拡大指定
〔コード〕
1CH
〔機
以後 受信した英数 カナ文字、漢字を横倍幅拡大して印字します。
SO、ESC SO、ESC W1 と同じです。
能〕
0EH
Ⅱ -10
FS
W
〔名
称〕
4倍角指定/解除
〔コード〕
1CH
〔機
能〕
文字の4倍角印字の指定、解除を行います。
〈 n 〉 = 3 0 Hま た は 0 0 H 4 倍 角 印 字 を 解 除 し ま す 。
〈 n 〉 = 3 1 Hま た は 0 1 H 4 倍 角 印 字 を 指 定 し ま す 。
称〕
漢字モード解除
FS
57H
〈n〉
.
〔名
〔コード〕
1CH
〔機
漢字モードを解除します。
ESC H と同じです。
FS
〔名
能〕
*
2EH
e
称〕
ビットイメージの印字
〔コード〕
1CH
〔機
〈n1〉〈n2〉で指定されるライン数分のイメージデータを
1ラインごとに印字します。
1) 〈n1〉〈n2〉は垂直方向の印字ライン数を指定します。
1 ≦〈n1〉〈n2〉≦ 65535
01H ≦〈n1〉〈n2〉≦ FFFFH
能〕
2AH
〈 6 5 H〉 〈 n 1 〉 〈 n 2 〉 〈 d 1 〉 … 〈 d n 〉
2) 〈d1〉~〈dn〉は展開するイメージです。
データ数は 印字ライン数 × 1ライン分のバイト数となります。
1ライン分のバイト数は 240/8=30バイト となります。
bit
bit
7 6 5 4 3 2 1 0
各ビットは1で印字 0で未印字
1
31
61
2
32
62
30
60
90
第1ライン
第2ライン
第3ライン
30n 第nライン
240ラインまでビットイメージを展開する時の
〈n1〉〈n2〉の値は、240をHEXコードにすると
0 0 F 0 H で す の で 、〈 n 1 〉 = 0 0 H 、 〈 n 2 〉 = F 0 H と な り ま す 。
〈d1〉~〈dn〉の総バイト数は
240×30=7200バイト となります。
3) リスタ、テキスタの制御について
入力されるデータを順に印字するのみですので、リスタ、
テキスタの制御は有効ではありません。
Ⅱ -11
DC2
T
〔名
称〕
〔コード〕
〔機 能〕
〔
例
〕
内蔵時計データ指定
12H 54H 〈n〉
n
動 作
内
容
R
読み出し 内蔵時計データを読み出します。
52H
印字データは、当コードの処理により得られ
たデータを使用します。
X
年4桁
西暦年4桁を印字します。
58H
印字 印字は下2桁の内容により
1990~1999
2000~2089 となります。
Y
年2桁
西暦年下2桁を印字します。
59H
印字
00~99
M
月データ 月のデータ2桁を印字します。
4DH
印字
01~12
D
日データ 日のデータ2桁を印字します。
44H
印字
01~31
H
時データ 時のデータ2桁を印字します。
48H
印字
00~23
N
分データ 分のデータ2桁を印字します。
4EH
印字
00~59
S
秒データ 秒のデータ2桁を印字します。
53H
印字
00~59
ヘッドゼロサプレス(上桁が0の場合にスペースに置き換える)
機能はありません。
転送データ(HEX)
印字結果
Ⅱ -12
DC3
A
〔名
称〕
積算データの消去
〔コード〕
13H
〔機
積算されたデータ値、サブトータル値、グランドトータル値の内容を
消去します。(ゼロリセットします。)
1)〈n1〉=00H の場合(DC3 A NULL)
全チャンネルを消去します。
この場合、〈n2〉は必要ありません。
消 去 が 終 了 す る と 、 D C 3 a N U L L ( 1 3 H 6 1 H 0 0 H)
をホスト側へ送信します。
能〕
41H
〈n1〉〈n2〉
2)〈n1〉=消去したいチャンネル番号
3 1 H≦ 〈 n 1 〉 ≦ 3 8 H
3 ) 〈 n 2 〉 = 0 0 H( 〈 n 1 〉 = 0 0 Hの 時 に は 必 要 あ り ま せ ん 。 )
〈n1〉で指定されたチャンネルの関係分のみ消去します。
消去が終了すると、DC3 a 〈n1〉 NULL をホスト側へ
送信します。(〈n1〉はチャンネル番号)
1 3 H 4 1 H 3 2 H 0 0 Hと 入 力 す る と 、 チ ャ ン ネ ル 2 関 係 の
デ ー タ が 消 去 さ れ 、 1 3 H 6 1 H 3 2 H 0 0 Hを 送 信 し ま す 。
DC3
B
〔名
称〕
名称の登録
〔コード〕
13H
〔機
名称を登録します。
1)〈n1〉はチャンネル番号を指定します。
3 1 H≦ 〈 n 1 〉 ≦ 3 8 H
0 0 Hは 無 視 さ れ 、 次 の コ ー ド は 通 常 の デ ー タ と し て 処 理 さ れ ま す 。
能〕
42H
〈n1〉〈d1〉・・・〈dn〉〈n2〉
2)〈d1〉・・・〈dn〉
登録する名称の内容を入力します。
漢字コードはシフトJISコードを使用して下さい。
登録できるデータ数は〈d1〉・・・〈d2〉〈n2〉までを
256バイト内として下さい。
3)〈n2〉=00H
登 録 の 最 後 に は N U L L コ ー ド ( 0 0 H) を 必 要 と し ま す 。
(登録する内容の途中にNULLが入ると、NULL位置までが
有効となります)
〔
例
〕
4)登録が完了すると、DC3 b 〈n1〉0 NULLをホスト側へ
送信します。(〈n1〉はチャンネル番号)
登録が出来なかった場合には、DC3b 〈n1〉 1 NULL
をホスト側へ送信します。
13H 42H 31H 43H 48H 2EH 31H 20H 20H 20H
20H 00H を入力すると、チャンネル1の名称がCH.1として
登録され、ホスト側へ13H 62H 31H 30H 00H を送信します。
Ⅱ -13
DC3
〔名
C
称〕
積算値印字
〔コード〕
13H
〔機
積算されたデータを印字します。
印字を終了するとDC3 c NULL(13H
ホスト側へ送信します。
DC3
〔名
能〕
43H
00H
63H
00H )を
E
称〕
記録紙状態要求
〔コード〕
13H
〔機
記録紙の有無の状態をホスト側へ出力します。
出力フォーマットは DC3 e 〈d〉 NULL となります。
1)〈d〉は状態を示します。
記録紙有りの場合は、
D C 3 e 0 N U L L ( 1 3 H 6 5 H 3 0 H 0 0 H)
記録紙無し(ペーパーエンド)の場合は、
D C 3 e 1 N U L L ( 1 3 H 6 5 H 3 1 H 0 0 H)
をそれぞれ送信します。
能〕
45H
00H
2)ペーパーエンド発生時、ペーパーエンドの解除時は当入力がなく
ても状態発生時に出力します。
3)ペーパーエンド時は DTR が“LOW”レベルとなっています
のでホスト側から当コードを入力する場合には、DTRを無視し
て入力しなければなりません。
当コードを入力する場合、DTRが長時間連続して“LOW”
レベルである時にホスト側がプリンタの状態を知る時のみに使用
します。応答が無い場合は、メカニズムエラーを発生している可
能性があります。
Ⅱ -14
DC3
〔名
F
称〕
単位登録
〔コード〕
13H
〔機
各チャンネル毎に単位を登録します。
1)〈n〉チャンネル番号を指定します。
3 1 H≦ 〈 n 〉 ≦ 3 8 H
0 0 Hは 無 視 さ れ 、 次 の コ ー ド は 通 常 の デ ー タ と し て 処 理 さ れ ま す 。
能〕
46H
〈n〉〈d1〉…〈d5〉 00H
2)〈d1〉…〈d5〉
登録する単位の内容を入力します。
必ず5文字分入力して下さい。
3)登録が完了するとDC3 f 〈n〉 0 NULL をホスト側へ
送信します。(〈n〉はチャンネル番号)
DC3
〔名
G
称〕
小数点登録
〔コード〕
13H
〔機
各チャンネル毎に小数点を追加します。
1)〈n〉チャンネル番号を指定します。
3 1 H≦ 〈 n 〉 ≦ 3 8 H
0 0 Hは 無 視 さ れ 、 次 の コ ー ド は 通 常 の デ ー タ と し て 処 理 さ れ ま す 。
能〕
47H
〈n〉〈d〉 00H
2)〈d1〉
小数点位置を指定します。
3 0 H≦ 〈 d 〉 ≦ 3 5 H
小数点位置は1桁目と2桁目の間を1として順次左へ移動します。
0は小数点無しとします。
654321
d=30H
65432.1
d=31H
6543.21
d=32H
654.321
d=33H
65.4321
d=34H
6.54321
d=35H
3)登録が完了するとDC3 g 〈n〉 0 NULL をホスト側へ
送信します。(〈n〉はチャンネル番号)
Ⅱ -15
DC3
〔名
H
称〕
レート登録
〔コード〕
13H
〔機
1パルスに対する加算値を登録します。
1)〈n〉チャンネル番号を指定します。
3 1 H≦ 〈 n 〉 ≦ 3 8 H
0 0 Hは 無 視 さ れ 、 次 の コ ー ド は 通 常 の デ ー タ と し て 処 理 さ れ ま す 。
能〕
48H
〈n〉〈d1〉〈d2〉 00H
2)〈d1〉〈d2〉
レートを指定します。
1パルスに対して1~99カウントの指定が出来ます。
0 0 0 1 H≦ 〈 d 1 〉 〈 d 2 〉 ≦ 0 9 0 9 H
3 0 3 1 H≦ 〈 d 1 〉 〈 d 2 〉 ≦ 3 9 3 9 H
1パルスにて16カウントさせる場合は
〈d1〉〈d2〉=3136H となります
3)登録が完了するとDC3 h 〈n〉 0 NULL をホスト側へ
送信します。(〈n〉はチャンネル番号)
DC3
〔名
I
称〕
比較値登録
〔コード〕
13H
〔機
チャンネル1、2の比較出力用の比較値を登録します。
1)〈n〉チャンネル番号を指定します。
3 1 H≦ 〈 n 〉 ≦ 3 2 H
0 0 Hは 無 視 さ れ 、 次 の コ ー ド は 通 常 の デ ー タ と し て 処 理 さ れ ま す 。
能〕
49H
〈n〉〈d1〉…〈d6〉 00H
2)〈d1〉…〈d6〉
比較値を6桁で入力します。
3 0 H≦ 〈 d n 〉 ≦ 3 9 H
3)登録が完了するとDC3 i 〈n〉 0 NULL をホスト側へ
送信します。(〈n〉はチャンネル番号)
Ⅲ-1
□
シフトJIS漢字指定
漢字を印字させる場合には通常
ESC + K
により漢字モード指定とし、
JIS第一、第二水準の2バイトコードにより漢字を印字しますが、
エスケープシーケンスを使用しなくても、シフトJISコードにより直接漢字
コードを指定することが出来ます。
例."漢字"を印字する場合(□内の数字は16進コードです)
① エスケープシーケンスでの設定
1B + 4B + 34 + 41 + 3B + 7A + 1B + 48 + 0D
ESC+K
②
"漢"
"字"
シフトJISコードでの設定
8A + BF + 8E + 9A + 0D
"漢"
"字"
CR
ESC+H
CR
Ⅲ-2
□
キャラクタ・コード表
b7
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
1
1
1
1
b6
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
0
0
1
1
1
1
b5
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
b4
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F
b3
b2
b1
b0
0
0
0
0
0
SP
0
@
P
‘
p
SP
ー
タ
ミ
0
0
0
1
1
!
1
A
Q
a
q
。
ア
チ
ム
0
0
1
0
2
DC2
”
2
B
R
b
r
「
イ
ツ
メ
0
0
1
1
3
DC3
#
3
C
S
c
s
」
ウ
テ
モ
0
1
0
0
4
DC4
$
4
D
T
d
t
、
エ
ト
ヤ
0
1
0
1
5
%
5
E
U
e
u
・
オ
ナ
ユ
0
1
1
0
6
&
6
F
V
f
v
ヲ
カ
ニ
ヨ
0
1
1
1
7
’
7
G
W
g
w
ァ
キ
ヌ
ラ
1
0
0
0
8
(
8
H
X
h
x
ィ
ク
ネ
リ
1
0
0
1
9
)
9
I
Y
i
y
ゥ
ケ
ノ
ル
1
0
1
0
A
*
:
J
Z
j
z
ェ
コ
ハ
レ
1
0
1
1
B
ESC
+
;
K
[
k
{
ォ
サ
ヒ
ロ
1
1
0
0
C
FS
,
<
L
¥
l
|
ャ
シ
フ
ワ
1
1
0
1
D
CR
-
=
M
]
m
}
ュ
ス
ヘ
ン
1
1
1
0
E
SO
.
>
N
^
n
 ̄
ョ
セ
ホ
゛
1
1
1
1
F
/
?
O
_
o
SP
ッ
ソ
マ
゜
CAN
LF
Ⅲ-3
□
漢字コード表の見方
通常数字は、0,1,2,・・・7,8,9,10,11,12・・・となりますが、当コード表では、
0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F,10,11,12・・・となります。
表1は、ひらがな部のコード表の一部ですが、「ぐ」は、シフトJISでは82AE、JISでは
2430と表します。
表1を理解しやすい様に表すと表2の様になり、「ず」は、シフトJISでは82B8、JISでは
243Aと表すことがわかります。
<表1>
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
82AE
・
・
2430
・
・
ぐ け げ こ
・
・
ご さ ざ し
・
・
じ す ず せ
・
・
ぜ そ ぞ た
・
・
<表2>
シフトJIS
シフトJIS
JIS
82AE
2430
ぐ
82AF
2431
け
82B0
2432
げ
82B1
2433
こ
82B2
2434
ご
82B3
2435
さ
82B4
2436
ざ
82B5
2437
し
82B6
2438
じ
82B7
2439
す
82B8
243A
ず
82B9
243B
せ
82BA
243C
ぜ
82BB
243D
そ
82BC
243E
ぞ
82BD
243F
た
これらのことにより、「神戸市東灘区」は表3の様になります。
<表3>
シフトJIS
JIS
905F
3F40
神
8CCB
384D
戸
8E73
3B54
市
938C
456C
東
93E5
4667
灘
8BE6
3668
区
Ⅲ-4
漢字コード表
(JIS第1水準)
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
゜
ー
〔
+
′
●
↑
シフトJIS
JIS
813F
814F
815F
816F
8180
8190
819E
2120
2130
2140
2150
2160
2170
2220
^
\
{
÷
$
 ̄
~
}
=
¢
◆
、
_
∥
〈
≠
£
□
。
ヽ
|
〉
<
%
■
,
ヾ
…
《
>
#
△
.
ゝ
‥
》
≦
&
▲
・
ゞ
‘
「
≧
*
▽
:
〃
’
」
∞
@
▼
;
仝
“
『
∴
§
※
?
々
”
』
♂
☆
〒
!
〆
(
【
♀
★
→
824F
825F
826F
8280
8290
2330
2340
2350
2360
2370
0 1
A
P Q
a
p q
2
B
R
b
r
3
C
S
c
s
4
D
T
d
t
5
E
U
e
u
6
F
V
f
v
7
G
W
g
w
8
H
X
h
x
9
I
Y
i
y
J K
Z
j k
z
L M N O
ひ
ら
が
な
829E
82AE
82BE
82CE
82DE
82EE
2420
2430
2440
2450
2460
2470
ぐ
だ
ば
む
ゐ
ぁ
け
ち
ぱ
め
ゑ
あ
げ
ぢ
ひ
も
を
ぃ
こ
っ
び
ゃ
ん
い
ご
つ
ぴ
や
ぅ
さ
づ
ふ
ゅ
う
ざ
て
ぶ
ゆ
ぇ
し
で
ぷ
ょ
え
じ
と
へ
よ
ぉ
す
ど
べ
ら
お
ず
な
ぺ
り
か
せ
に
ほ
る
が
ぜ
ぬ
ぼ
れ
き
そ
ね
ぽ
ろ
ぎ
ぞ
の
ま
ゎ
く
た
は
み
わ
カ
タ
カ
ナ
833F
834F
835F
836F
8380
8390
2520
2530
2540
2550
2560
2570
グ
ダ
バ
ム
ヰ
ァ
ケ
チ
パ
メ
ヱ
ア
ゲ
ヂ
ヒ
モ
ヲ
ィ
コ
ッ
ビ
ャ
ン
イ
ゴ
ツ
ピ
ヤ
ヴ
ゥ
サ
ヅ
フ
ュ
ヵ
ウ
ザ
テ
ブ
ユ
ヶ
ェ
シ
デ
プ
ョ
エ
ジ
ト
ヘ
ヨ
ォ
ス
ド
ベ
ラ
オ
ズ
ナ
ペ
リ
カ
セ
ニ
ホ
ル
ガ
ゼ
ヌ
ボ
レ
キ
ソ
ネ
ポ
ロ
ギ
ゾ
ノ
マ
ヮ
ク
タ
ハ
ミ
ワ
ギ文
リ
シ
ア字
839E
83AE
83BE
83CE
2620
2630
2640
2650
Α
Π Ρ
α
π ρ
Β
Σ
β
σ
Γ
Τ
γ
τ
Δ
Υ
δ
υ
Ε
Φ
ε
φ
Ζ
Χ
ζ
χ
Η
Ψ
η
ψ
Θ Ι Κ Λ
Ω
θ ι κ λ
ω
Μ Ν Ξ Ο
843F
844F
845F
846F
8480
8490
2720
2730
2740
2750
2760
2770
А
П
Я
а
п
я
Б В
Р С
Г Д Е Ё
Т У Ф Х
Ж З И Й
Ц Ч Ш Щ
К Л М Н
Ъ Ы Ь Э
б в
р с
г д е ё
т у ф х
ж з и й
ц ч ш щ
к л м н
ъ ы ь э
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
記
号
英
・
数
字
゛
〇
)
】
°
○
←
´
―
〕
-
″
◎
↓
`
‐
[
±
℃
◇
〓
¨
/
]
×
¥
l m n o
μ ν ξ ο
ロ
シ
ア
文
字
О
Ю
о
ю
JIS X 0208-1978
Ⅲ-5
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ア
889E
88AE
88BE
3020
3030
3040
亜  娃
旭 葦  鰺
粟 袷 安 庵
阿 哀 愛 挨
梓 圧 斡 扱
按 暗 案 闇
姶  葵 茜
宛 姐 虻 
鞍 杏
穐 悪 握 渥
絢 綾 鮎 或
イ
88BE
88CE
88DE
88EE
893F
3040
3050
3060
3070
3120
以
椅 為 畏
域 育 郁
因 姻 引
位
移
一

ウ
893F
894F
895F
3120
3130
3140
碓 臼 渦 嘘
雲
895F
896F
8980
8990
3140
3150
3160
3170
荏
頴 英
園 堰
艶 苑
8990
899E
89AE
3170
3220
3230
押 旺 横
屋 憶 臆 桶
89AE
89BE
89CE
89DE
89EE
8A3F
8A4F
8A5F
8A6F
8A80
8A90
8A9E
8AAE
8ABE
8ACE
8ADE
3230
3240
3250
3260
3270
3320
3330
3340
3350
3360
3370
3420
3430
3440
3450
3460
8ADE
8AEE
8B3F
8B4F
8B5F
8B6F
8B80
3460
3470
3520
3530
3540
3550
3560
シフトJIS
JIS
エ
オ
カ
キ
夷 委 威 尉
萎 衣 謂 違
稲 茨 芋 
院 陰 隠
伽
火

介
外
垣
覚
橿
叶
完
汗
莞
巌
価
珂
過
会
魁
咳
柿
角
梶
椛
粥
官
漢
観
玩
基 奇
機
軌 輝
 義
黍 却
朽 求

衛
奄
薗
佳
禍
霞
解

害
蠣
赫
鰍
樺
刈
寛

諫
癌
嬉
帰
飢
蟻
客
汲
叡
詠
宴
遠
加
禾
蚊
回
械
崖
鈎
較
潟

苅
干
灌
貫
眼
寄
毅
騎
誼
脚
泣
0 1 2 3
惟
遺
允
韻
意 慰 易
医 井 亥
印 咽 員
吋
伊
異
磯
飲
依
維
壱
胤
偉 囲
緯 胃
 逸
蔭
右 宇
唄  蔚 鰻
烏 羽  雨
姥  浦 瓜
卯 鵜 窺 丑
閏  云 運
営
鋭
延
鉛
影 映
疫 益
掩 援
塩
曳 栄 永 泳
駅 悦 謁 越
沿 演 炎 
洩 瑛 盈 穎
閲 榎 厭 円
煙 燕 猿 縁
於
欧 殴 王 翁
牡 乙 俺 卸
汚 甥 凹 央
 鶯  黄
恩 温 穏 音
奥 往 応
岡 沖 荻 億
可
稼
俄
塊
海
慨
劃
郭
割
株
瓦
幹
環
還
岩
家
茄
画
怪
絵
蓋
拡
学
活
釜
寒
憾
竿
関
頑
岐
気
鬼
議
虐
灸
嬰
液
怨
鴛
嘉
箇
峨
壊
灰

嚇
閣
喝
兜
乾
患
甘
鑑

希
汽
亀
掬
逆
球
夏
花
我
廻
界
涯
各
隔
恰
竈
侃
感
監
間
贋
幾
畿
偽
菊
丘
究
嫁
苛
牙
快
皆
碍
廓
革
括
蒲
冠
慣
看
閑
雁
忌
祈
儀
鞠
久
窮
4 5 6 7
揮
季
妓
吉
仇
笈
寡
荷
臥
悔
芥
街
攪
岳
渇
鎌
刊
換
管
陥
顔
机
稀
宜
吃
休
級
科
華
芽

蟹
該
格
楽
滑

勘
敢
簡
韓
願
旗
紀
戯
喫
及
糾
暇
菓
蛾
懐
開
鎧
核
額

鴨
勧
柑
緩
館
下
果
蝦
賀
戒
階
骸
殻
顎
褐
栢
巻
桓
缶
舘
化
架
課
雅
拐
貝
浬
獲
掛
轄
茅
喚
棺

丸
仮
歌
嘩
餓
改
凱
馨
確
笠
且
萱
堪
款
肝
含
企
既

技
桔
吸
給
伎
期
規
擬
橘
宮
旧
危
棋
記
欺
詰
弓
牛
喜
棄
貴
犠
砧
急
去
8 9 A B
何
河
貨
駕
劾
蛙
穫
樫
鰹
姦
歓
艦
岸
器
起
疑
杵
救
居
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-6
キ
ク
ケ
コ
サ
シ
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
8B90
8B9E
8BAE
8BBE
8BCE
8BDE
3570
3620
3630
3640
3650
3660
巨 拒
供
彊 怯
鏡 響
勤 均
謹 近
渠
兇
挟
仰
斤
銀
鋸
協
狂
業
禁
亨
喬
脅
玉
芹
8BDE
8BEE
8C3F
8C4F
3660
3670
3720
3730
駒 具 愚 虞
掘 窟 沓
薫 訓 群 軍
8C4F
8C5F
8C6F
8C80
8C90
8C9E
8CAE
8CBE
3730
3740
3750
3760
3770
3820
3830
3840
8CBE
8CCE
8CDE
8CEE
8D3F
8D4F
8D5F
8D6F
8D80
8D90
8D9E
8DAE
拠

恐
饗
巾
金
挙
僑
恭
驚
錦
吟
虚
競
教
凝
欣
許
共
橋
堯
欽
距
凶
況
暁
琴
九 倶 句
 空 偶 寓
靴 轡 窪 熊
郡
漁
匡
狭
局
禽
禦

矯
曲
筋
魚
叫
胸
極
緊
享
境
興
桐
菌
京
峡
蕎
粁
衿
強
郷

襟
区 狗 玖 矩
遇 隅 串 
隈 粂 栗 繰
苦  駆 駈
釧  屈
桑 鍬 勲 君
恵
罫
激
兼
牽
験
慶
茎
隙
券
犬

卦
慧

桁
剣
献
元
3840
3850
3860
3870
3920
3930
3940
3950
3960
3970
3A20
3A30
乎
湖 狐 糊 袴
伍 午 呉 吾
乞 鯉 交 佼
后 喉 坑
弘 恒 慌 抗
浩 港 溝 甲
腔 膏 航 荒
項 香 高 鴻
告 国 穀 酷
此 頃 今
紺 艮 魂
個
股
娯
侯
垢
拘
皇
行
剛

困
古
胡
後
候
好
控
硬
衡
劫
黒
坤
呼
菰
御
倖
孔
攻
稿
講
号
獄
墾
固
虎
悟
光
孝
昂
糠
貢
合
漉
婚
姑
誇
梧
公
宏
晃
紅
購
壕
腰
恨
孤
跨
檎
功
工
更
紘
郊
拷

懇
己
鈷
瑚
効
巧
杭
絞
酵
濠
忽
昏
庫
雇
碁
勾

校
綱
鉱
豪
惚
昆
弧
顧
語
厚
幸
梗
耕
礦
轟
骨
根
戸
鼓
誤
口
広
構
考
鋼

狛
梱
故
五
護
向
庚
江
肯
閤
克
込
混
枯
互
醐
8DAE
8DBE
8DCE
8DDE
8DEE
8E3F
8E4F
8E5F
3A30
3A40
3A50
3A60
3A70
3B20
3B30
3B40
些
挫

冴
朔
撮
山
暫
佐
債
犀
坂

擦
惨
残
叉
催
砕
阪
窄
札
撒
唆
再
砦
堺
策
殺
散
嵯
最
祭

索

桟
左
哉
斎
肴
錯
雑
燦
差
塞
細
咲
桜
皐

査
妻
菜
崎
鮭

産
沙
宰
裁
埼
笹
捌
算
瑳
彩
載
碕
匙

纂
砂
才
際
鷺
冊
鮫
蚕
詐
採
剤
作
刷
皿
讃
鎖
栽
在
削
8E5F
8E6F
8E80
8E90
3B40
3B50
3B60
3B70
姉 姿 子 屍
死 氏 獅 祉
諮 資 賜 雌
仕 仔 伺
市 師 志 思
私 糸 紙 紫
飼 歯 事 似
使
指
肢
侍
刺
支
脂
児
司
孜
至
字
史
斯
視
寺
嗣
施
詞
慈
四
旨
詩
持
士 始
枝 止
試 誌
時
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
契
経
劇
倹
形
継
戟

検
鍵 険
言 
裟
歳
材
咋
坐
済
罪
搾
察
三 傘
酸 餐
径

撃
健
権
顕
限
座
災
財
昨
拶
参
斬
袈
憩
蛍
傑
喧
研
原

掲
計
欠
圏
硯
厳
係
携
詣
決
堅
絹
幻
傾
敬
警
潔
嫌
県
弦
刑
景
軽
穴
建
肩
減
兄
桂
頸
結
憲
見
源
啓
渓
鶏
血
懸
謙
玄
圭
畦
芸
訣
拳
賢
現
珪

迎
月

軒
絃
型
系
鯨
件
遣
舷
康
洪
肱
降
刻
痕
晒
賛
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-7
シ
ス
セ
ソ
タ
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
8E9E
8EAE
8EBE
8ECE
8EDE
8EEE
8F3F
8F4F
8F5F
8F6F
8F80
8F90
8F9E
8FAE
8FBE
8FCE
8FDE
8FEE
903F
904F
905F
906F
3C20
3C30
3C40
3C50
3C60
3C70
3D20
3D30
3D40
3D50
3D60
3D70
3E20
3E30
3E40
3E50
3E60
3E70
3F20
3F30
3F40
3F50
906F
9080
9090
909E
3F50
3F60
3F70
4020
909E
90AE
90BE
90CE
90DE
90EE
913F
914F
4020
4030
4040
4050
4060
4070
4120
4130
914F
915F
916F
9180
9190
919E
91AE
4130
4140
4150
4160
4170
4220
4230
91AE
91BE
4230
4240
太 汰 詑 唾
堕 妥 惰 打
柁 舵 楕 陀
他 多
駄  体 堆
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
式
疾
斜
酌
腫
衆
柔
出
準
署
尚
樟
笑
鉦
情
唇
神
塵
次
識
質
煮
釈
趣
宗
襲
汁
術
潤
書
勝
庄
樵
粧
鍾
擾
拭
娠
秦
壬
滋
鴫
実
社
錫
酒
就
讐
渋
述
盾

匠
床
沼
紹
鐘
条
植
寝
紳
尋
治
竺
蔀
紗
若
首
州
蹴
獣
俊
純

升

消
肖
障
杖
殖
審
臣
甚
 吹 垂 帥
瑞 髄 崇 嵩
澄  寸
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
爾
軸
篠
者
寂
儒
修
輯
縦
峻
巡
諸
召
彰
渉
菖

浄
燭
心
芯
尽
示
叱

蛇
取
授
秀
集
夙
舜
処
序
嘗
掌
照
裳
乗
蒸
触
晋
身
陣
蒔
室
写
尺
殊
囚
習
充
縮
旬

除
宵
昭
礁
詳
場
嘱
尻
深
震
磁
七
芝
遮
主
寿
洲
酬
叔
竣
順
女
唱
招
焦
衝
丞
穣
色
新
診
迅
而
執
蘂
邪
守
樹
秋
醜
宿
駿
初
徐
奨
捷
症
訟
冗
譲
食
森
辛
靱
耳
失
縞
借
手
綬
終
什
淑
准
所
恕
妾
昇
省
証
剰
醸

榛
進
自
嫉
舎
勺
朱
需

住
祝
循
暑
鋤
娼
昌
硝
詔
城
錠
辱
浸
針
辞
悉
射

狩
収
臭
十
粛
楯

傷
将
晶
祥
象
壌
埴
伸
申
人
汐
湿
捨

珠
周
舟
従
塾
殉
庶
償
小
松
称
賞
嬢
飾
信
疹
仁
鹿
漆
赦
爵
種
蒐
戎
熟
淳
緒
少

章

常
侵
真
刃
笥 諏
粋  衰 遂
据 杉 椙 菅
須 酢 図 厨
酔 錐 錘 随
頗 雀 裾
瀬
正
静
責
舌
浅
船
禅
畝
清
斉
赤

洗
薦
繕
是
牲
税
跡
仙
染
詮
膳
凄
生
脆
蹟
先
潜
賤
糎
租
奏
槽
装
促
袖
粗
爽
漕
走
側
其
素
宋
燥
送
則
揃
組
層
争
遭
即
存
星
請
積
節

繊
前 善
晴
逝
籍
説
詮
羨
漸
棲
醒
績
雪
栴
腺
然
狙
双
操
草
疎
倉
曹
葬
蔵
族
礎
喪
巣
蒼
贈
続
祖
壮
槍
藻
造
卒
疏
叢
早
荘
臓
属 賊
痔
雫
柴
車
惹
呪
拾

銃
瞬
醇
叙
商
抄
焼
蕉
丈
畳
職
振
親
訊
推 水 炊 睡
数 枢 趨 雛
世
栖
青
脊
絶
泉
舛
全
整
誓
石
窃
扇
璽
宍
偲
謝
弱
受
愁
週
重
春
遵
助

承
湘

上
状
織
慎
薪
腎
制
盛
隻
碩
千

践
勢
精
席
切
占

選
姓
聖
惜
拙
宣
旋
遷
征
声
戚
接
専
穿
銭
性
製
斥
摂
尖
箭
銑
成
西
昔
折
川
線
閃
政
誠
析
設
戦

蘇
匝

鎗
息
孫
塑
訴
惣
相
霜
捉
尊
岨
阻
想
窓
騒
束
損
措

捜
糟
像
測
村
曾
鼠
掃
総
増
足

曽
僧
挿
綜
憎
速
楚
創

聡
鮮
俗
JIS X 0208-1978
Ⅲ-8
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
91CE
91DE
91EE
923F
924F
925F
4250
4260
4270
4320
4330
4340
対 耐 岱 帯
退 逮 隊 
宅 托 択 拓
叩 但 達
丹 単 嘆 坦
胆 蛋 誕 鍛
待
鯛
沢
辰
担
団
怠
代
濯
奪
探
壇
態
台
琢
脱
旦
弾
戴
大
託

歎
断
替
第
鐸
竪
淡
暖
泰
醍
濁

湛
檀
滞
題
諾
棚
炭
段
胎
鷹
茸
谷
短
男

滝
凧
狸
端
談
925F
926F
9280
9290
929E
92AE
92BE
4340
4350
4360
4370
4420
4430
4440
弛 恥 智 池
逐 秩 窒 茶
 酎 鋳 駐
帖 帳 庁
聴 脹 腸 蝶
沈 珍 賃 鎮
痴
嫡
樗
弔
調
陳
稚
着

張
諜
置
中
猪
彫
超
致
仲
苧
徴
跳
蜘
宙
著
懲
銚
遅
忠
貯
挑
長
馳
抽
丁
暢
頂
築
昼
兆
朝
鳥
畜
柱

潮
勅
ツ
92BE
92CE
92DE
4440
4450
4460
槻 佃 漬 柘
釣 鶴
テ
92DE
92EE
933F
934F
935F
4460
4470
4520
4530
4540
悌 抵
邸
徹 撤
点 伝
935F
936F
9380
9390
939E
93AE
93BE
93CE
ナ
タ
チ
苔
瀧



袋
卓
只

綻
貸

値
竹
注
喋
牒

知
筑
虫
寵
町
直
地
蓄
衷
誰
耽
眺
朕
津 墜 椎
 蔦 綴 鍔
 追  痛
椿 潰 坪 壺
通 塚 栂 
嬬 紬 爪 吊
低
提
釘
迭
澱
停
梯
鼎
鉄
田
偵
汀
泥
典
電
4540
4550
4560
4570
4620
4630
4640
4650
登   途
凍 刀 唐 塔
盗 淘 湯 濤
董 蕩 藤
動 同 堂 導
得 徳  特
鳶 苫 寅 酉
都

灯
討
憧
督

鍍
套
燈
謄
撞
禿

93DE
93EE
4660
4670
奈 那 内 乍
軟 難 汝
凪 薙  
捺 鍋  馴
縄 畷 南 楠
ニ
93EE
943F
4670
4720
二
如 尿 韮
尼 弐 邇 匂
任 妊 忍 認
賑 肉 虹 廿
日 乳 入
ヌ
943F
4720
ネ
943F
944F
4720
4730
念 捻 撚 燃
944F
945F
4730
4740
農 覗 蚤
シフトJIS
JIS
ト
ノ
亭
挺

轍
殿
剃
碇
摘

貞
禎

天
呈
程
敵
展
堤
締
滴
店
定
艇
的
添
帝
訂
笛
纏
底
諦
適
甜
庭
蹄
鏑
貼
廷 弟
逓
 哲
転 
兎
砥
宕
当
豆
洞
篤
屯
吐
礪
島
痘
踏
瞳
毒
惇

努
嶋

逃
童
独
敦
塗
度
悼
等
透
胴
読
沌
妬
土
投
答
鐙
萄
栃
豚

奴
搭
筒
陶
道
橡

徒
怒
東
糖
頭
銅
凸

斗
倒
桃
統
騰
峠
突
呑
杜
党
檮
到
闘

椴
曇
渡
冬
棟
働
匿
届
鈍
濡
0 1 2 3
 祢 寧
葱 猫 熱 年
乃 廼 之
埜  悩 濃
納 能 脳 膿
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
粘
JIS X 0208-1978
Ⅲ-9
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
945F
946F
9480
9490
949E
94AE
94BE
94CE
4740
4750
4760
4770
4820
4830
4840
4850
巴
俳 廃 拝 排
楳 煤 狽 買
柏 泊 白 箔
函 箱 硲
 髪 伐 罰
叛 帆 搬 斑
釆 煩 頒 飯
把
敗
売
粕

抜
板

波
背
蠅
曝
幡
噺
犯
磐
破
配
萩
縛
畠
隼
繁
婆
倍
伯
莫
八
伴
般
罵
培

駁
鉢
判
藩
芭
媒
博
麦

半
販
ヒ
94CE
94DE
94EE
953F
954F
955F
956F
4850
4860
4870
4920
4930
4940
4950
卑
緋
琵
必
票
斌
否
罷
眉
畢
表
浜
妃
肥
美
筆
評

フ
956F
9580
9590
959E
95AE
4950
4960
4970
4A20
4A30
府
阜
復
分
怖
附
幅
吻
扶 敷
侮 撫
服
噴 墳
ヘ
95AE
95BE
95CE
4A30
4A40
4A50
ホ
95CE
95DE
95EE
963F
964F
965F
966F
4A50
4A60
4A70
4B20
4B30
4B40
4B50
圃 捕 歩
俸 包 呆
法 泡
飽 鳳 鵬
棒 冒 紡
撲 朴 牧
マ
9680
9690
969E
4B60
4B70
4C20
摩 磨 魔 麻
 桝 亦 俣
漫 蔓
埋 妹 昧 枚
又 抹 末 沫
毎 哩 槇 幕
 儘 繭 麿
膜 枕 鮪 柾
万 慢 満
969E
96AE
4C20
4C30
味
未 魅 巳 箕
岬 密 蜜 湊
蓑 稔 脈 妙
ム
96AE
4C30
務
夢 無 牟 矛
霧 鵡 椋 婿
娘
メ
96AE
96BE
4C30
4C40
明 盟 迷 銘
鳴 姪 牝 滅
免 棉 綿 緬
冥 名 命
面 
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ハ
ミ
彼 悲 扉
誹 費 避
鼻 
檜 姫 
 描 病
賓 頻 敏
斧 普 浮
武 舞 葡
福 腹
憤 扮 焚
批
非

紐
秒
瓶
父
蕪
複
奮
弊 柄 並 
偏 変 片 篇
甫
報
烹
乏
肪
睦
播
杯
賠
舶
肇
筏
氾
晩
覇
盃
陪
薄
筈
閥
汎
番
杷


迫
櫨
鳩
版
盤
派
肺

漠
肌
塙
班
蕃
琶
輩
矧
爆
畑
蛤
畔
蛮
披
飛
匹
百
苗
斐

疋

錨
比
簸
髭
俵
鋲
泌
備
彦
彪
蒜
疲
尾
膝
標
蛭
皮
微
菱
氷
鰭
碑
枇
肘
漂
品
匪
秘
毘
弼
瓢
彬
不
符
部
覆
粉
付
腐
封
淵
糞
埠
膚
楓
弗
紛
夫
芙
風
払
雰
婦
譜
葺
沸
文
富
負
蕗
仏
聞
冨
賦
伏
物
布
赴
副
鮒
閉 陛 米 頁
編 辺 返 遍
補
奉
砲
亡
膨
穆
輔
宝
縫
傍
謀
釦
穂
峰
胞
剖
貌
勃
募
峯
芳
坊
貿
没
丙 併
僻 壁 癖 碧
便 勉  弁
墓
崩
萌
妨
鉾
殆
慕


帽
防
堀
戊
抱
蜂
忘
吠
幌
暮
捧
褒
忙

奔
馬
梅
拍
発
反
範
庇
被

豹
貧
兵 塀 幣 平
別  蔑 箆
鞭
母
放
訪
房
北
本
保
簿
方
豊
暴
僕
翻
舗
菩
朋
邦
望
卜
凡
鋪
倣
鋒
某
墨
盆
粍 民 眠
JIS X 0208-1978
Ⅲ-10
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
96BE
96CE
96DE
4C40
4C50
4C60
茂 妄 孟 毛
尤 戻  貰
猛 盲 網 耗
問 悶 紋 門
蒙  木 黙
匁
96DE
96EE
4C60
4C70
薬 訳 躍 靖
也 冶 夜
柳 藪 
爺 耶 野 弥
矢 厄 役 約
96EE
973F
974F
4C70
4D20
4D30
佑 優 勇 友
祐 裕 誘 遊
愉
宥 幽 悠 憂
邑 郵 雄 融
 油 癒
揖 有 柚 湧
夕
974F
975F
976F
9780
4D30
4D40
4D50
4D60
誉 輿 預 傭
熔 用 窯 羊
沃 浴 翌 翼
幼 妖 容 庸
 葉 蓉 要
淀
揚 揺 擁 曜
謡 踊 遙 陽
予 余 与
楊 様 洋 溶
養 慾 抑 欲
9780
9790
4D60
4D70
羅 螺 裸
濫 藍 蘭 覧
来  頼 雷
洛 絡 落 酪
乱 卵 嵐 欄
9790
979E
97AE
97BE
97CE
4D70
4E20
4E30
4E40
4E50
利
率
慮
糧
輪
梨
略
亮
量
97CE
97DE
4E50
4E60
類
レ
97DE
97EE
983F
4E60
4E70
4F20
令 伶 例
齢 暦 歴 列
 連 錬
ロ
983F
984F
985F
4F20
4F30
4F40
楼  浪 漏
論
985F
986F
4F40
4F50
シフトJIS
JIS
モ
ヤ
ユ
ヨ
ラ
リ
ル
ワ
諭 輸 唯
涌 猶  由
痢 裏 裡
琉 留 硫 粒
寮 料 梁 涼
緑 倫 厘 林
里
隆
猟
淋
離
竜
療
燐
陸
龍
瞭
琳
律
侶
稜
臨
吏
立
旅
良
隣
履
葎
虜
諒
鱗
李
掠
了

麟
C D E F
摸 模
目 杢 勿 
理
劉
僚
陵
璃
流 溜
両 凌
領 力
瑠 塁 涙 累
冷 励 嶺 怜
劣 烈 裂 廉
玲 礼 苓 鈴
恋 憐  
隷 零 霊 麗
簾 練 聯
呂 魯 櫓 炉
牢 狼 籠 老
賂 路 露 労
聾  郎 六
婁 廊 弄 朗
麓 禄 肋 録
倭 和 話
椀 湾 碗 腕
歪 賄 脇 惑
枠 鷲 亙 亘
鰐 詫 藁 蕨
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-11
漢字コード表
0 1 2 3
(JIS第2水準)
シフトJIS
JIS
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
ー
989E
5020
|
989E
5020
丶
989E
5020
丿
989E
5020
乙
989E
5020
亅
989E
98AE
5020
5030
ニ
98AE
5030
亠
98AE
5030
人
98AE
98BE
98CE
98DE
98EE
993F
994F
5030
5040
5050
5060
5070
5120
5130
儿
994F
5130
入
995F
5140
八
995F
5140
冂
995F
5140
冖
995F
996F
5140
5150
冫
996F
5150
几
996F
9980
5150
5160
凵
9980
5160
凵 凾
刀
9980
9990
999E
5160
5170
5220
刄
剞 剔 剪 剴
辧
刋 刔 刎 刧
剩 剳 剿 剽
刪 刮 刳 刹
劍 劔 劒 剱
剏 剄 剋 剌
劈 劑 辨
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
弌 丐 丕
个 丱
丶 丼
丿 乂 乖 乘
亂
亅 豫 亊
舒
弍 于 亞
亟
亠 亢 亰
仞
佩
俥
偃
仭
佰
倚
假
僉
儖 儕
仟
侑
倨
會
僊
儔
价
佯
倔
偕
傳
儚
伉
來
倪
偐
僂
儡
佚
侖
倥
偈
僖
儺
估
侭
倅
做
僞
儷
佛
俔
伜
偖
僥
儼
亳 亶
佝
俟
俶
偬
僭
儻
佗
俎
倡
偸
僣
从
佇
俘
倩
傀
僮
仍
佶
俛
倬
傚
價
儿 兀 兒
仄
侈
俑
俾
傅
僵
仆
侏
俚
俯
傴
儉
仂
侘
俐
們
傲
儁
仗
佻
俤
倆
儂
兌  兢 竸
兩 兪
兮 冀
冂 囘 册 
冏 冑 冓 
冖  冦 冢
冩 冪
冫 决
冱 冲 冰 况
冽 凅 凉 凛
几 處 凩 凭
凰
JIS X 0208-1978
Ⅲ-12
シフトJIS
JIS
999E
99AE
5220
5230
勹
99AE
5230
匕
99AE
5230
匚
99AE
5230
匸
99AE
5230
十
99BE
5240
ト
99BE
5240
卩
99BE
5240
厂
99BE
99CE
5240
5250
厶
99CE
5250
又
99CE
5250
口
99CE
99DE
99EE
9A3F
9A4F
9A5F
9A6F
9A80
9A90
5250
5260
5270
5320
5330
5340
5350
5360
5370
9A90
9A9E
5370
5420
土
9A9E
9AAE
9ABE
9ACE
9ADE
5420
5430
5440
5450
5460
士
9ADE
5460
夂
9ADE
5460
シフトJIS
JIS
力
囗
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
劬 劭
劼 劵 勁 勍
勗 勞 勣 勦
飭 勠 勳 勵
勹 匆 匈
甸 匍 匐 匏
勸
匕
匚 匣 匯
匱 匳
匸 區
卆 卅 丗 卉
卍 凖
卞
卩
卮 夘 卻 卷
厂 厖 厠 厦
厥 厮 厰
厶
參 簒
雙 叟
呀 听 吭
咒 呻 咀
咫 哂
 啀 啣
喟 啻 啾
嗤 嗔 嘔
噫 噤 嘯
嚼 囁 囃
坩
埓
墅
壜
吼
呶
咤
啌
喘
嗷
噬
囀
吮
咄
咾
售
喞
嘖
噪
囈
吶
咐
咼
啜
單
嗾
嚆
囎
吩
咆
哘
啅
啼
嗽
嚀
囑
吝
哇
哥
啖
喃
嘛
嚊
囓
曼 燮
呎
咢
哦
啗
喩
嗹
嚠
咏
咸
唏
唸
喇
噎
嚔
叮
呵
咥
唔

喨
噐
嚏
叨
咎
咬
哽
啝
嗚
營

圈 國 圍
圓 團 圖 嗇
囗 囮 囹 圀
圜
埀
堊
墹
壤
垈 坡
埖 埣
墟 墫
壟
坿 垉 垓 垠
 堙 堝 塲
墺 壞 墻 墸
圦 圷 圸
垳 垤 垪 垰
堡 塢 塋 塰
墮 壅 壓 壑
壯
壷 壹 壻 壼
壽
叭
呟
哄
哮
喙
嗅
嘴
嚮
叺
呱
哈
哭
喀
嗟
嘶
嚶
吁
呷
咨
哺
咯
嗄
嘲
嚴
囿 圄 圉
坎
埃
毀
壗
圻
埆
塒
壙
址
埔
堽
壘
吽
呰
哢
喊
嗜
嘸
囂
坏
埒
塹
壥
夂
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-13
シフトJIS
JIS
夊
9ADE
5460
夕
9ADE
5460
大
9ADE
9AEE
5460
5470
夭 夲 夸 夾
竒 奕 奐 奎
奚 奘 奢 奠
奧 奬 奩
9B3F
9B4F
9B5F
9B6F
5520
5530
5540
5550
奸 妁 妝
娑 娜 娉 娚
媽 嫣 嫗 嫦
孃 孅 孀
佞 侫 妣 妲
婀 婬 婉 娵
嫩 嫖 嫺 嫻
姆 姨 姜 妍
娶 婢 婪 媚
嬌 嬋 嬖 嬲
姙 姚 娥 娟
媼  嫋 嫂
嫐 嬪 嬶 嬾
子
9B6F
5550
孑
孕 孚 孛 孥
孩 孰 孳 孵
學 斈 孺
宀
9B6F
9B80
9B90
5550
5560
5570
它 宦 宸 
寳
寤 實 寢 寞
宀
寥 寫 寰 寶
寸
9B90
5570
尅 將 專
小
9B90
5570
尤
9B90
5570
尸
9B90
9B9E
5570
5620
9B9E
5620
9B9E
9BAE
9BBE
9BCE
5620
5630
5640
5650
巛
9BCE
5650
工
9BDE
5660
己
9BDE
5660
已 巵
巾
9BDE
9BEE
5660
5670
帋
幟 幢 幤 幇
干
9BEE
5670
幺
9BEE
5670
シフトJIS
JIS
女
屮
山
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
夊 夐
夛 梦 夥
夬
寇 寉 寔 寐
對
尓 尠
尢
屐  孱
尨
尸 尹 屁
屆 屎 屓
岌
峭
嵒
嶼
妛
崋
嵬
巓
屬
屮
岼 岷 峅 岾
崟 崛 崑 崔
嶄 嶂 嶢 嶝
乢 屶
峇 峙 峩 峽
崢 崚 崙 崘
嶬 嶮 嶽 嶐
屹
峺
嵌
嶷
岑
嶌
嵎
巉
岔
峪
嵋
巍
岫
崕
嵳
巒
岻 岶
崗 嵜
嵶 嶇
巖
巛
巫
帚 帙 帑 帛
帶 帷 幄 幃
幀 幎 幗 幔
8 9 A B
C D E F
幵 并
幺 麼
0 1 2 3
4 5 6 7
JIS X 0208-1978
Ⅲ-14
シフトJIS
JIS
9BEE
9C3F
5670
5720
廴
9C3F
5720
廾
9C4F
5730
弋
9C4F
5730
弓
9C4F
5730
彑
9C5F
5740
彡
9C5F
5740
彳
9C5F
9C6F
5740
5750
9C6F
9C80
9C90
9C9E
9CAE
9CBE
9CCE
9CDE
9CEE
5750
5760
5770
5820
5830
5840
5850
5860
5870
9CEE
9D3F
5870
5920
9D3F
5920
9D3F
9D4F
9D5F
9D6F
9D80
9D90
9D9E
9DAE
5920
5930
5940
5950
5960
5970
5A20
5A30
9DAE
9DBE
5A30
5A40
收 攸 畋 效
9DBE
9DCE
5A40
5A50
斟
シフトJIS
JIS
广
心
戈
戸
手
攴
斗
0 1 2 3
廖 廣 廝
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
廚 廛 廢 廡
广 庠 廁 廂
廨 廩 廬 廱
廈 廐 廏
廳 廰
廴 廸
廾 弃 弉 彝
彜
弋 弑
弖
弩 弭 弸 彁
彈 彌 彎 弯
彳 彷
徃 徂 彿 徊
很 徑 徇 從
忖
怕
恂
悧
惷
愼
慟
應
懼
忤
怦
恫
惡
惴
愴
慓
懈
戀
悳
恁
惧
悴
惻
慳
憇
懋
彑 彖 彗 彙
彡 彭
徙 徘 徠 徨
怙 怐 怩
恊 恆 恍
悄 悛
悵 惘 慍
慇 愾 愨
慚 慫 慴
憊 憑 憫
懣 懶 懺
怎
恣
悖
愕
愧
慯
憮
懴
戞 戡 截
徭 徼
怱
恃

愆
慊
慥
懌
懿
怛
恤
悒
惶
愿
慱
懊
懽
忻
怫
恬
悋
愀
愬
慝
懷
懾
忸
怏
恙
悸
惺
愽
慵
懃
忱
怺
悁
惠
愃
慂
憙
懆
忝
恚
悍
惓
愡
慄
憖
憺
忿
恪
悃
忰
惱
慷
憬
罹
怡
恷
悚
悽
愍
慘
憔
懍
戈 戉 戍
戌 戔 戛
扎
拗
拮
捶
揄
撕
擧

扛
拏
挂
掉

撩
擡
攫
恠
恟
惆
愎
慙
憚
懦
戮 戰 戲 戳
扁
抂
拈
捐

攝
抉
拜
挾
掾
搗
據
攬 擶
找
拌
捍
揩
搨
擒
擴
抒
拊
搜
揀
搏
擅
擲
抓
拂
捏
揆
摧
擇
擺
抖
拇
掖
揣
摯
撻
攀
拔
抛
掎
揉
摶
擘
擽
抃
拉
掀
插
摎
擂
攘
敖 敕 敍 敘
抔
挌
掫
揶
撹
擱
攜
扞
拑
拱
掣
搖
撓
舉
攤
扣
抻
挧
掏
搴
撥
擠
攣
敞 敝 敲 數
扠
拿
挈
掟
搓
撈
抬
扨
拆
拯
掵
搦
撼
擣
扼
擔
拵
捫
搶
擯
攴 攵 攷
斂  變
斛
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-15
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
斤
9DCE
5A50
斫 斷
方
9DCE
5A50
旡
9DCE
5A50
9DCE
9DDE
9DEE
9E3F
5A50
5A60
5A70
5B20
曰
9E3F
5B20
月
9E3F
9E4F
5B20
5B30
9E4F
9E5F
9E6F
9E70
9E90
9E9E
9EAE
9EBE
9ECE
9EDE
9EEE
9F3F
9F4F
5B30
5B40
5B50
5B60
5B70
5C20
5C30
5C40
5C50
5C60
5C70
5D20
5D30
9F4F
9F5F
5D30
5D40
止
9F5F
5D40
歹
9F5F
9F6F
5D40
5D50
殳
9F6F
5D50
毋
9F6F
5D50
毛
9F6F
9F80
5D50
5D60
9F80
5D60
シフトJIS
JIS
日
木
欠
氏
旃
4 5 6 7
8 9 A B
旆 旁 旄 旌
旒 旛 旙
无
昃 旻 杳 昵
晟 晢 晰 暃
曄 暸 曖
昶 昴 昜 晏
暈 暎 暉 暄
曚 曠 昿 曦
晄 晉 晁 晞
暘 暝 曁 暹
曩
C D E F
旡
旱 杲 昊
晝 晤 晧 晨
曉 暾 暼
曰 曵 曷
朏 朖 朞 朦
朧 霸
枩
柞
梳
梵
椣
楡
榻
槲
樶
欅
杼
柝
栫
梠
棔
椡
楞
槃
槧
橸
檗
蘖
朮
杪
柢
桙
梺
棧
棆
楝
榧
樅
橇
蘗
櫺
朿
枌
柮
档
椏
棕
楹
榁
樮
榱
橢
檻
欒
歙 歔 歛 歟
朶
枋
枹
桷

椶
楷
楪
榑
樞
橙
櫃
欖
杁

柎
桿
桾
椒
楜
榲
榠
槭
橦
櫂
鬱
朸
枡
柆
梟
椁
椄
楸
榮
榜
樔
橈
檸
欟
朷
枅
柧
梏
棊
棗
楫
槐
榕
槫
樸
檳
杆
枷
桧
梭
椈
棣
楔
榿
榴
樊
樢
檬
杞
柯
栞
梔
棘
椥
楾
槁
槞
樒
檐
櫞
杠

框
條
椢
棹
楮
槓
槨
櫁
檍
櫑
杙
柬
栩

椦
棠
椹
榾
樂
樣
檠
櫟
杣
枳
桀
梃
棡
棯
楴
槎
樛
樓
檄
檪
杤
柩
桍
梼
椌
椨
椽
寨
槿
橄
檢
櫚
枉
枸
栲
梹
棍
椪
楙
槊
權
樌
檣
櫪
杰
柤
桎
桴
欸
欷 盜 欹 飮
歇 歃 歉 歐
歹 歿
殀 殄 殃 殍
殘 殕 殞 殤
椚
椰
槝
槹
橲
櫻
歡
歸
殪 殫 殯 殲
殱
殳 殷 殼
毆
毋 毓
毟
毬 毫 毳 毯
8 9 A B
C D E F
麾 氈
氓
0 1 2 3
4 5 6 7
JIS X 0208-1978
Ⅲ-16
シフトJIS
JIS
9F80
5D60
9F80
9F90
9F9E
9FAE
9FBE
9FCE
9FDE
9FEE
E03F
E04F
E05F
E06F
5D60
5D70
5E20
5E30
5E40
5E50
5E60
5E70
5F20
5F30
5F40
5F50
汾 汨
沺
洌 浣
淦 涸
 渮
滿 渝
溥 滂
漾
澎 澑
濱 濮
瀰 瀾
E06F
E080
E090
E09E
5F50
5F60
5F70
6020
烙 焉 烽 焜
熕 熨 熬 燗
燹 燿 爍
爪
E09E
6020
爻
E09E
6020
爿
E09E
E0AE
6020
6030
牛
E0AE
6030
牴 牾
犂 犁 犇 犒
犖 犢 犧
犬
E0AE
E0BE
E0CE
6030
6040
6050
狎 狒 狢 狠
猥 猾 獎 獏
狡 狹 狷 倏
默 獗 獪 獨
犹
猗 猊 猜 猖
獰 獸 獵 獻
犲 狃 狆 狄
猝 猴 猯 猩
獺
王
E0CE
E0DE
E0EE
6050
6060
6070
玻 珀 珥 珮
瑁 瑜 瑩 瑰
珞 璢 琅 瑯
瑣 瑪 瑤 瑾
琥 珸 琲 琺
璋 璞 璧 瓊
珈 玳 
瑕 琿 瑟 瑙
瓏 瓔 珱
瓜
E13F
6120
瓠 瓣
瓦
E13F
E14F
6120
6130
瓩 瓮 瓲 瓰
瓱 瓸 瓷 
甃 甅 甌 甎
  甓
甘
E14F
6130
生
E14F
6130
用
E14F
6130
シフトJIS
JIS
8 9 A B
C D E F
气
水
火
0 1 2 3
气
汳
泛
涓
淆
渙
游
溟
漓
濂
濛
瀲
沒
泯
浤
淬
湲
溂
潁
滷
潦
瀉
灑
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
汕
沽
洶
涕
淅
渫
滓
滾
澀
澹
瀏
沍
沮
洙
渕
淕
湃
溲
滯
潭
濕
潴
氛 氤 氣
沐
泙
浚
淞
湟
溪
漑
澆
澳
瀋
灣
泄
泪
浹
淌
渾
溘
潅
潺
澣
濺
泱
洟
浙
淨
渣
滉
滬
潸
澡
瀑
汞
泓
衍
涎
淒
湫
溷
滸
澁
澤
瀁
炙 炒 炯
焙 煥 煕 熈
熹 熾 燒 燉
爐 爛 
爭
汢
泗
洫
涛
淺
湶
溽
漿
潯
濆
濾
汪
泅
洽
涅
淙
湍
溯
滲
潛
澪
瀛
沂
泝
洸
淹
淤
渟
滄
漱
濳
濟
瀚
烱 炬 炸 炳
煦 煢 煌 煖
燔 燎 燠 燬
沚
沱
洵
渊
淪
渺
滔
漲
澂
濬
瀝
沁
沾
洳
涵
淮
湎
滕
滌
潼
濔
瀘
沛
洒
淇
渭
渤
溏
潘
濘
瀟
炮 烟 烋 烝
煬 熏 燻 熄
燧 燵 燼
爬 爰 爲
爻
爼
爿 牀 牆
牋 牘
瓧
甞
甦
甬
0 1 2 3
4 5 6 7
JIS X 0208-1978
Ⅲ-17
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
6130
6140
畍 畊 畉 畛
疊 疉 疂
畆 畚 畩 畤
畧 畫 畭 畸
甼 畄
當 疆 疇 畴
病
E15F
E16F
E180
E190
E19E
6140
6150
6160
6170
6220
痂 疳 痃 疵
痼 瘁 痰 痺
瘰 瘻 癇 癈
癲
疽 疸 疼 疱
痲 痳 瘋 瘍
癆 癜 癘 癡
疔
痍 痊 痒 痙
瘉 瘟 瘧 瘠
癢 癨 癩 癪
疚
痣
瘡
癧
癶
E19E
6220
癶 癸
白
E19E
6220
皋 皎 皖 
皙 皚
皮
E19E
E1AE
6220
6230
E1AE
6230
E1AE
E1BE
E1CE
E1DE
6230
6240
6250
6260
矛
E1DE
6260
矢
E1DE
6260
矣
石
E1DE
E1EE
E23F
6260
6270
6320
碚 碌 碣 碵
磧 磚 磽
矼 砌 砒
碪 碯 磑 磆
磴 礇 礒 礑
砿 砠 砺 硅
磋 磔 碾 碼
礙 礬 礫
碎 硴 碆 
磅 磊 磬
E23F
E24F
6320
6330
祀
祠 祗 祟 祚
祕 祓 祺 祿
禊 禝 禧 齋
禪 禮 禳
禺
E24F
6330
禹
禺
禾
E24F
E25F
E26F
6330
6340
6350
E26F
E280
田
皿
目
示
穴
立
竹
シフトJIS
JIS
E14F
E15F
疝
痞
瘢
癬
疥 疣
痾 痿
瘤 瘴
癰
發
皀 皃 皈
皰 皴
皸 皹 皺
盂
眄 眩 眤 眞
睾 睹 瞎 瞋
矗 矚
盍 盖 盒 盞
眥 眦 眛 眷
瞑 瞠 瞞 瞰
盡 盥 盧 盪
蘯
眸 睇 睚 睨
瞶 瞹 瞿 瞼
盻 眈 眇
睫 睛 睥 睿
瞽 瞻 矇 矍
矜
矮
秬 秡 秣 稈
穉 穡 穢 穩
稍 稘 稙 稠
 穰
稟 禀  稻
秉 秕 秧
稾 稷 穃 穗
6350
6360
窈 窗 窕 窘
窖 窩 竃 窰
窶 竅 竄 窿
穹 穽
邃 竇 竊
E280
E290
6360
6370
竍
竏 竕 竓 站
竚 竝 竡 竢
竦 竭 竰
E290
6370
笂
笏 笊 笆 笳
笘 笙 笞 笵
笨 笶 筐
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-18
シフトJIS
JIS
E29E
E2AE
E2BE
E2CE
E2DE
6420
6430
6440
6450
6460
箘
篝
簧
籥
E2DE
E2EE
6460
6470
籵 粃
粽 糀 糅 糂
E2EE
E33F
E34F
E35F
E36F
E380
E390
6470
6520
6530
6540
6550
6560
6570
E390
E39E
6570
6620
E39E
E3AE
6620
6630
羂 羆 羃 羈
E3AE
E3BE
6630
6640
羸 譱
羽
E3BE
6640
老
E3BE
6640
耒
E3CE
6650
耳
E3CE
E3DE
6650
6660
聿
E3DE
6660
肉
E3DE
E3EE
E43F
E44F
E45F
6660
6670
6720
6730
6740
臣
E45F
6740
至
E45F
6740
シフトJIS
JIS
竹
米
糸
缶
网
羊
0 1 2 3
絨
綫
縊
縲
辮
筺
箟
篩
簪
籬
紂
絮
總
縣
縺
繿
笄
箍
簑
簟
紜
絏
綢
縡
繧
纈
筍
箜
簔
簷
紕
絣
綯
縒
繝
纉
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
笋
箚
篦
簫
筥
筝
簇
籔
筱
篌
簗
籘
筌
箋
篥
簽
筅
箒
篭
籌
筵
箏
簀
籃
筴

簓
籏
筧
篋
篳
籀
筰
篁
篷
籐
筬
篏
簍
籟
筮
箴
篶
籤
箝
篆
簣
籖
 粤 粭 粢
糘 糒 糜 糢
粫 粡 粨 粳
鬻 糯 糲 糴
粲 粱  粹
糶
紊
經
緜
縱
繖
續
紲
絽
緘
縢
繹
纔
絳
綣
緻
縵
繻
纜
絅
綉
綸
縟
繞
纒
絋
絛

縉
繙
纐
紮
綏
綰
縋
繚
纓
紿

緝
繆
繪
纖
紵
綺
緤
繦
繩
纎
絆

緞
縻
繼
纛
糺
絖
綵
緲
縹
纃
紆
絎
緇
緡
繃
緕
絲
綽
縅
縷
繽
缸 缺
罅 罌 罍
翅 翆
罎 罐
网 罕
罔 罘 罟 罠
罨 罩 罧 罸
羌 羔 羞
羝 羚 羣 羯
羲 羹 羮 羶
翊 翕 翔 翡
翦 翩 翳 翹
飜
羇
耆 耄 耋
耒 耘 耙 耜
聳 聲 聰 聶
胛 胥
隋
膂 膠
臉 臍
胙
腆
膕
臑
胝
脾
膤
臙
耡 耨
耿 耻
聊 聆 聒 聘
聿 肄
肆 肅
胖
胼
膓
臚
肛 肓
胯 胱 脛 脩
腮 腥 腦 腴
膰 膵 膾 膸
臠
聚 聟 聢 聨
聹 聽
胄
腓
膣
臘
胚
腑
腟
臈
脉
腱
膩
臟
肚
脣
膃
膽
肭
脯
膈
臀
冐 肬
腋
膊 膀
臂 膺
臧
臺 臻
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-19
シフトJIS
JIS
E45F
E46F
6740
6750
舌
E46F
6750
舍 舐
舖
舟
E46F
E480
6750
6760
艢 艨 艪 艫

艮
E480
6760
色
E480
6760
艸
E480
E490
E49E
E4AE
E4BE
E4CE
E4DE
E4EE
E53F
E54F
E55F
6760
6770
6820
6830
6840
6850
6860
6870
6920
6930
6940
虍
E55F
6940
虫
E55F
E56F
E580
E590
E59E
E5AE
E5BE
6940
6950
6960
6970
6A20
6A30
6A40
血
E5BE
6A40
行
E5BE
6A40
衣
E5BE
E5CE
E5DE
E5EE
E63F
6A40
6A50
6A60
6A70
6B20
襾
E63F
6B20
見
E63F
6B20
シフトJIS
JIS
臼
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
臾 舁 舂 舅
與 舊
舩 舫 舸
舳 艀 艙 艘
艝 艚 艟 艤
艾
苻
荐
荼
菷
葷
蓙
蔕
薑
藐
芫
茆
茫

菲
葮
蓚
蕀
蕭
藥
芟
苜
茗
莠
萍
蒂
蓐
蕣
薔
藜
虍 乕 虔 號
虧
艱
艷
苣 苟
茵
莪 莟
萓 菫
萸 蔆
葯 葹
蒡 蔡
蕁
薜 蕷
蘋 藾

茴
莢
菎
菻
萵
蓿
蕊
蕾
藺
苴
茖
莖
菽
葭
蓊
蓴
蕋
薐
蘆
蚩 蚪 蚋 蚌
蛟 蛛 蛯 蜒
蜷 蜻 蜥 蜩
蝓 蝣 蝪
螳 蟇 蟆 螻
蠕 蠢 蠡 蠱
苳
茲

萃
萪
葢

蕕
藉
蘢
蚶
蜆
蜚
蝿
蟯
蠶
苺
茱
莎
菘
萼
蒹
蔘
薀
薺
蘚
蚯
蜈
蝠
螢
蟲
蠹
莓
荀
莇
萋
蕚
蒿
蔬
薤
藏
蘰
蛄
蜀
蝟
螟
蟠
蠧
艸
范
茹
莊
菁
蒄
蒟
蔟
薈
薹
蘿
蛆
蜃
蝸

蠏
蠻
蚰
蛻
蝌
螯
蠍

苹
荅
莵
萇
葫
蓍
蔔
薊
藕
蛉
蜑
蝎
蟋
蟾
芒
苞
茯
荳
菠
蒭
蒻
蓼
薨
藝
蛎
蜉
蝴
螽
蟶
蚫
蜍
蝗
蟀
蟷
蛔
蛹
蝨
蟐
蠎
芻
茉
茘
莉
萢
葩
蓁
蕘
薛
藹
芬
苙
莅
莨
萠
葆
蓆
蕈
薮
蘊
虱
蛞
蜊
蝮
雖

蚓
蛩
蜴
蝙
螫
蠑
苡
莚
菴
莽
萬
蓖
薇
蘓
蚣
蛬
蜿
蟄
蠖
衄 衂
衒 衙
衾 袞 衵 衽
袱 裃 裄 裔
褓 襃 褞 褥
襦 襤 襭
袵
裘
褪
襪
衲
裙
褫
襯
袂
裝
襁
襴
袗
裹
襄
襷
袒 袮 袙 袢
褂 裼 裴 裨
褻 褶 褸 襌
衞 衢
衫 袁
袍 袤 袰 袿
裲 褄 褌 
褝 襠 襞
襾 覃 覈 覊
覓 覘 覡 覩
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-20
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
見
E64F
6B30
覦 覬  覲
覺 覽 覿 觀
角
E64F
6B30
E64F
E65F
E66F
E680
E690
E69E
6B30
6B40
6B50
6B60
6B70
6C20
E69E
E6AE
6C20
6C30
豆
E6AE
6C30
豕
E6AE
6C30
豸
E6AE
E6BE
6C30
6C40
貔 豼 貘
貝
E6BE
E6CE
6C40
6C50
戝
賽 賺 賻 贄
赤
E6CE
E6DE
6C50
6C60
E6DE
6C60
赱 赳 趁
E6DE
E6EE
E73F
E74F
6C60
6C70
6D20
6D30
跟 跣 跼 踈
蹇 蹉 蹌
躇 躅 躄 躋
E74F
E75F
6D30
6D40
軅 軈
車
E75F
E76F
E780
6D40
6D50
6D60
軋 軛
輟 輛 輌 輦
轢 轣 轤
軣 軼 軻 軫
輳 輻 輹 轅
辛
E780
6D60
辜
辟 辣 辭 辯
E780
E790
E79E
E7AE
6D60
6D70
6E20
6E30
逅 迹 迺 逑
遏 遐 遑
邂 遽 邁 邀
逕 逡 逍 逞
遒 逎 遉 逾
邊 邉 邏
シフトJIS
JIS
0 1 2 3
4 5 6 7
言
谷
走
足
身
辷
訐
誂
諤
謳
訌
誄
諱
鞫
譟
訛
誨
謔
謦
譬
訝
誡
諠
謫
譯
訥
誑
諢
謾
譴
訶
誥
諷
謨
譽
詁
誦

譁
讀
詛
誚
諛
譌
讌
8 9 A B
C D E F
觚 觜 觝 觧
觴 觸
詒
誣
謌
譏
讎
詆
諄
謇
譎
讒
詈
諍
謚
證
讓
詼
諂
諡
譖
讖
詭
諚
謖
譛
讙
詬
諌
謐
譚
讚
訃
詢
諳
謗
譫
訖
誅
諧
謠
谺 豁
谿
豈 豌 豎
豐
豕 豢 豬
貭 貪 貽 貲
贅 贊 贇 贏
豸 豺 貂 貉
貅 貊 貍 貎
貳 貮 貶 賈
贍 贐 齎 贓
賁 賎 賣 賚
賍 贔 贖
赧
赭
趙
跂 趾 趺
 跿 踝 踞
蹐 蹈 蹙 蹤
躊 躓 躑 躔
跏
踐
蹠
躙

踟
踪
躪
跖 跌
蹂 踵
蹣 蹕
躡
跛 跋 跪 跫
踰 踴 蹊
蹶 蹲 蹼 躁
躬
躰 軆 躱 躾
軾 輊 輅 輕
轂 輾 轌 轉
輒 輙  輜
轆 轎 轗 轜
辷 迚 迥 迢
逖 逋 逧 逶
遖  遞 遨
 迯 迩 迴
逵 逹 迸
遯 遶 隨 遲
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-21
シフトJIS
JIS
E7AE
E7BE
6E30
6E40
鄒 鄙 鄲 鄰
E7BE
E7CE
6E40
6E50
醫 醯 醪 醵
釆
E7CE
6E50
里
E7CE
6E50
金
E7CE
E7DE
E7EE
E83F
E84F
E85F
E86F
6E50
6E60
6E70
6F20
6F30
6F40
6F50
門
E86F
E880
E890
6F50
6F60
6F70
E890
E89E
6F70
7020
隶
E8AE
7030
隹
E8AE
7030
雨
E8AE
E8BE
青
邑
酉
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
邨
邯 邱 邵 郢
郤 扈 郛 鄂
酊 酖 酘 酣
醴 醺 釀 釁
酥 酩 酳 酲
醋 醉 醂 醢
釉 釋
釐
釵 釶 鈞
鉋 鉐 銜
錙 錢
鎔 鎹 鏖
鐇 鐐 鐶
鑰 鑵 鑷
釿
銖
錚
鏗
鐫
鑽
鈔
銓
錣
鏨
鐵
鑚
鈬
銛
錺
鏥
鐡
鑼
鈕
鉚
錵
鏘
鐺
鑾
鈑
鋏
錻
鏃
鑁
钁
鉞
銹
鍜
鏝
鑒
鑿
鉗
銷
鍠
鏐
鑄
鉅
鋩
鍼
鏈
鑛
釖
鉉
錏
鍮
鏤
鑠
釟
鉤
鋺
鍖
鐚
鑢
釡
鉈
鍄
鎰
鐔
鑞
釛
銕
錮
鎬
鐓
鑪
釼
鈿
鎭
鐃
鈩
閼 閻 閹 閾
閂 閇 閊
闊 濶 闃 闍
閔 閖 閘 閙
闌 闕 闔 闖
阡 阨 阮 阯
陲 陬 隍 隘
陂 陌 陏 陋
隕 隗 險 隧
陷 陜 陞
隱 隲 隰 隴
隹 雎
雋 雉 雍 襍
雜 霍 雕
7030
7040
霎 霑 霏 霖
霙  霪 霰
雹
霹 霽 霾 靄
霄 霆 霈 霓
靆 靈 靂 靉
E8CE
7050
靜
非
E8CE
7050
面
E8CE
7050
革
E8CE
E8DE
7050
7060
靹 鞅 靼 鞁
韆 韈
靺 鞆 鞋 鞏
韋
E8DE
7060
韭
E8DE
7060
音
E8DE
E8EE
7060
7070
シフトJIS
JIS
阜
閠 閨 閧 閭
關 闡 闥 闢
陝 陟 陦
隶 隸
靠
靤 靦
鞐 鞜 鞨 鞦
靨
勒 靫 靭
鞣 鞳 鞴 韃
韋 韜
韭 齏 韲
竟
韶 韵
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-22
シフトJIS
JIS
頁
E8EE
E93F
7070
7120
風
E93F
7120
食
E93F
E94F
E95F
7120
7130
7140
首
E95F
7140
香
E95F
7140
馬
E95F
E96F
E980
7140
7150
7160
駮 駱 駲 駻
騾 驕 驍 驛
E980
E990
7160
7170
髏 髑 髓 體
高
E990
7170
髞
髟
E990
E99E
7170
7220
髟 髢 髣
鬚 鬟 鬢 鬣
鬥
E99E
7220
鬯
E99E
7220
鬲
E99E
7220
鬼
E9AE
7230
魄 魃 魏 魍
魎 魑 魘
E9AE
E9BE
E9CE
E9DE
7230
7240
7250
7260
鮴 鯀 鯊 鮹
鯰 鰕 鰔 鰉
鰰 鱇 鰲 鱆
魴
鯆 鯏 鯑 鯒
鰓 鰌 鰆 鰈
鰾 鱚 鱠 鱧
鮓
鯣
鰒
鱶
鳥
E9DE
E9EE
EA3F
EA4F
EA5F
7260
7270
7320
7330
7340
鴬 鴣 鴟 鵄
鵑 鵐 鵙 鵲
鶸 鶺 鷆 鷏
鳧
鴕 鴒 鵁
鶉 鶇 鶫
鷂 鷙 鷓
鹵
EA5F
7340
鹿
EA5F
7340
シフトJIS
JIS
骨
魚
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
頏 頌
顱 顴 顳
頚  頡 頷
頽 顆 顏 顋
顫 顯 顰
颪 颯 颱 颶
飄 飃 飆
餞 餤 餠 餬
飩
餮 餽 餾 饂
飫 餃 餉 餒
饉 饅 饐 饋
馮 馼 駟 駛
駢 騙 騫 騷
驤 驩 驫 驪
駝 駘 駑 駭
驅 驂 驀 驃
餔 餘 餡 餝
饑 饒 饌 饕
馗 馘
馥
馭
駸 騁 騏 騅
驗 驟 驢 驥
骭 骰 骼 髀
髻 鬆 鬘
髦 髯 髫 髮
髴 髱 髷
鬥 鬧 鬨 鬩
鬪 
鬯
鬲
鴃 鴆
鵝
鶲 鷄
鸚 鸛
鴪 鴦
鵞 鵤
鷁 鶻
鸞
鹵
0 1 2 3
鮃 鮑 鮖
鯢 鯤 鯔
鰊 鰄 鰮
鱸
鳬
鴿
鵯
鷸
 鮟 鮠 鮨
鯡 鯵  鯱
鰛 鰥 鰤 鰡
鳰
鴾
鵺
鷦
鴉
鵆
鶚
鷭
鴈 鳫
鵈
鶤 鶩
鷯 鷽
鹹 鹽
麁 麈
麋 麌 麒 麕
麑 麝
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
Ⅲ-23
シフトJIS
JIS
EA5F
EA6F
7340
7350
麻
EA6F
7350
黄
EA6F
7350
黍
EA6F
7350
黒
EA6F
EA80
7350
7360
黹
EA80
7360
黽
EA80
7360
皷
EA80
7360
鼠
EA80
7360
鼻
EA80
7360
齊
EA80
7360
齒
EA80
EA90
7360
7370
龍
EA90
7370
龜
EA90
7370
龠
EA90
7370
シフトJIS
JIS
麦
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
麥 麩
麸  麭
靡
黌
黎 黏 黐
黔 黜 點 黝
黠 黥 黨 黯
黴 黶 黷
黹
黻 黼
黽 鼇
鼈
皷 鼕
鼡
鼬
鼾
齊
齒
齔 齣 齟 齠
齡 齦 齧 齬
齪 齷 齲 齶
龕

龠
0 1 2 3
4 5 6 7
8 9 A B
C D E F
JIS X 0208-1978
本
社
神戸市東灘区本山南町1丁目4番43号
TEL(078)413-1111 FAX(078)412-2222
〒 658-0015
東 京(営)
東 京 都 港 区 芝 4 丁 目 5 - 1 1 芝 プ ラ ザ ビ ル 〒 108-0014
TEL(03)3455-4230 FAX(03)3455-4249
名古屋(営)
名古屋市名東区上社1-1304 北村第三ビル
TEL(052)776-1921 FAX(052)775-6080
福 岡(営)
福岡市博多区博多駅南1丁目7-16 オーリン7号ビル 〒 812-0016
TEL(092)471-8305 FAX(092)471-8355
〒 465-0025
Fly UP