...

婚宴への招待

by user

on
Category: Documents
29

views

Report

Comments

Transcript

婚宴への招待
年間第 28 主日(Lectio Divina A 年)
10 月 12 日 年間第 28 主日
婚宴への招待
マタイによる福音書 22 章 1 ~ 14 節
1
イエスは、また、たとえを用いて語られた。2「天の国は、ある王が王子のために婚宴を催したの
に似ている。3 王は家来たちを送り、婚宴に招いておいた人々を呼ばせたが、来ようとしなかった。4 そ
こでまた、
次のように言って、別の家来たちを使いに出した。
『招いておいた人々にこう言いなさい。
「食
事の用意が整いました。牛や肥えた家畜を屠って、すっかり用意ができています。さあ、婚宴におい
でください。」』5 しかし、人々はそれを無視し、一人は畑に、一人は商売に出かけ、6 また、他の人々
は王の家来たちを捕まえて乱暴し、殺してしまった。7 そこで、王は怒り、軍隊を送って、この人殺
しどもを滅ぼし、その町を焼き払った。8 そして、家来たちに言った。『婚宴の用意はできているが、
招いておいた人々は、ふさわしくなかった。9 だから、町の大通りに出て、見かけた者はだれでも婚
宴に連れて来なさい。』10 そこで、家来たちは通りに出て行き、見かけた人は善人も悪人も皆集めて
来たので、婚宴は客でいっぱいになった。11 王が客を見ようと入って来ると、婚礼の礼服を着ていな
い者が一人いた。12 王は、
『友よ、どうして礼服を着ないでここに入って来たのか』と言った。この
者が黙っていると、13 王は側近の者たちに言った。『この男の手足を縛って、外の暗闇にほうり出せ。
そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう。』14 招かれる人は多いが、選ばれる人は少ない。」
他の朗読:イザヤ 25:6 ∼ 10 詩編 23 フィリピ 4:12 ∼ 14, 19, 20
Lectio … 読む
イエスの聴衆たちは、前週の悪い農夫たちのたとえ話によって打ちのめされたと感じていても不思
議はありません。しかしイエスはこの話題を続けます。天の国はどのようなものであるかを説明する
ために今日のたとえ話をします。
ある王が王子のために婚宴を準備しています。王は婚宴に招いておいた人々に、全て用意ができて
いると告げるために家来たちを送りますが、招待客たちは興味を示しません。彼らは王の家来たちを
虐待することによってさらに侮辱を加え、何人かを殺しさえします。王はその町を焼き払うことによ
って応じます。これはおそらく紀元 70 年のエルサレムの破壊にさりげなく言及しています。
王はその後家来たちに、町の通りから「善人も悪人も皆」招待するように指示します。王は客を見
ようとやってきて、婚礼の礼服を着ていない男を見つけると、宴から放り出します。イエスは「招か
れる人は多いが、選ばれる人は少ない」と言って話を締めくくります。
イエスは、このたとえ話の解釈を示してはいませんが、明らかに王は神で、王子はイエスです。ユ
ダヤ教の指導者たちやユダヤ人たちは招待リストの最初にあった人々です。王の家来たちの扱われ方
は神の預言者の取り扱いを反映しており、前のたとえ話の中での農夫たちの行動を繰り返しています。
王の招待は、その後広く開放されます。宗教上の支配階級の人々によって「罪人」と考えられた人々
がイエスの弟子になる例が聖書にはたくさん出てきます。そして今や、ユダヤ人と同じように異邦人
も宴に招かれているのです。
婚礼の礼服を着ていない男を私たちはどのように考えるべきでしょうか。「善人も悪人も皆」招待
されますが、神は私たちには、この男のようであって欲しくないと思っています。神の聖性を受けて
こそ、私たちは神の御前にいることができるのです。もし私たちが神の招きを拒むならば、私たちは
神の審判に直面し、御前から締め出されることになります。私たちは招かれているのです。私たちが、
その招きに応えるとき、神の御前にいることが出来るのです。
年間第 28 主日(Lectio Divina A 年)
Meditatio … 黙想する
イエスの招きに対するあなたの返答は何ですか。喜んで受け入れようとしていますか。それとも忙
しすぎますか。
自分たちは信心深いと思っていた人々を含めて、イエスの時代の多くの人々は、実際には霊的には
盲目で耳も聞こえていませんでした。彼らは神がイエスの中で働いているのが見えませんでした。私
たちはどのようにして霊的に油断しないでいられるでしょうか。
私たちが身につけるようイエスが期待している「婚礼の衣装」とは何でしょうか。
イエスはなぜこのたとえ話のために婚宴のイメージを用いたのだと思いますか。
Oratio … 祈る
詩編 23 編を今日のあなたの祈りの土台として使ってみましょう。
Contemplatio … 観想する
イザヤ 25 章 6 ∼ 10 節の中でイザヤが描く、見事な救いの描写について黙想してみましょう。
Fly UP