...

防煙垂壁(スモークカーテン)(PDF:0.56MB)

by user

on
Category: Documents
27

views

Report

Comments

Transcript

防煙垂壁(スモークカーテン)(PDF:0.56MB)
防煙垂壁の標準施工
建築基準法施行令(第126条の2、3)では、建築物の火災時に発生する煙や有毒ガスの流動を妨げ、避難や消火活動が円滑に行
えるよう排煙設備を設けることが義務づけられています。防煙垂壁は、その排煙設備の重要な一部であり、当然不燃材で構成
しなければなりません。しかも、これは天井部に取り付けるために、視野を妨げない板ガラスが多く使用されており、弊社では
“スモークカーテン”という名称で、
線入板ガラス
「パラライン」を標準品として推薦しています。
■ 特長
①関連部品は天井下地材を利用して組込むため、溶接・釘付けなどの必
要がなく、吊り部の位置の変更も自由にできる構造です。また、曲げが
必要な部位にも対応が可能です。
②天井仕上げ後、板ガラスの吊り込みができますので、補修時にも天井
を取り外すことなく取り替えることができます。
③板ガラスは下部受け金具とシーリング材で支持していますので、万一
破損しても脱落しにくく安全性にもすぐれています。
④端部(壁面、柱面)に免震用成型ゴム付壁面方立を使用し、上下ネジ締
結式にしているため、地震時の揺れに対して安定が良く安全性にすぐ
れています。
断面詳細図
システム天井タイプ
一般天井タイプ
直付けタイプ
板ガラスの設計・施工
補強金物 C-75x45x15x1.6
(別途工事)
クリップ
35
18
天井ボード
(別途工事)
45
シーリング材
天井レール
吊り下げボルト
連用ガラス受
連用ガラス受
11.6
H=500以上
天井レール
線入磨板ガラス6.8ミリ
連用ガラス受
9
通しフレーム
線入磨板ガラス6.8ミリ
20
シーリング材
9
線入磨板ガラス6.8ミリ
H=500以上
ネジ切プレート
11.6
9
吊り下げボルト
天井レール
38
30
35
5
9.5
30
20.5 9.5
天井ボード
(別途工事)
H=500以上
防煙垂壁の標準施工
吊り下げボルト
アンカープラグ
ロックウール充填
(別途工事)
70
野縁
(別途工事)
19
85.5
38
25
野縁受
(別途工事)
11.6
はガラス工事から除きます。
86
■ 施工手順
①補強材(中空角材)などの取り付け位置を確認し、クリップセットの取
り付け位置を決め、スパンに合わせて板ガラスの割付けを行ってくだ
さい。
( 吊り上げボルトピッチは900〜1,200mm、板ガラスの幅は
1,200〜2,400mmが適当)
④免震用壁面方立を所定寸法に切断し、所定の位置にセットしてくださ
い。
⑤通しフレームやカクシナットなどを用いてガラスを取り付けてくだ
さい。
②ネジ切プレートを必要な数量だけアルミレールへ先に組込んでくだ
さい。
⑥ガラス突合せ部の目地(8mm程度)はシリコーン系シーリング材、ま
たはポリサルファイド系シーリング材を使用して、吊り下げボルトを
③アルミレールを吊り上げボルトでレベル調整しながら天井下地材へ
埋め込むようにシールしてください。
セットしてください。
組立納まり図
アルミレール
先ばめネジ切プレート
クリップセット
ジョイナー
吊り上げボルト
250∼800
吊り下げボルト
Rタイプ
壁面納まり図
間が5mm程度で弾性材を充填するのが理想的です
吊り上げボルト
吊り上げボルト
補強材
チャンネルクロス
野縁受け
(別途工事)
クリップ
野縁受け
(別途工事)
ネジ切プレート
ネジ切プレート
天井レール
天井レール
シーリング材
天井寸法
免震用壁面方立(アルミカラー色)
専用両ネジ吊り下げボルト(M3)
免震用壁面方立(アルミカラー色)
9
5
50
免震用壁面方立(アルミカラー色)
シーリング材
20
シリコーンスポンジ
シーリング材
連用ガラス受
通しフレーム
カクシナット
250∼800
シリコーンスポンジ
40
防煙垂壁の標準施工
野縁受
(別途工事)
板ガラスの設計・施工
円周辺
(延寸法
)
11.6
連用ガラス受
はガラス工事から除きます。
50
9
87
Fly UP