...

PDF (約1514KB) - G-FOOT | 株式会社ジーフット

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

PDF (約1514KB) - G-FOOT | 株式会社ジーフット
2015年2月期
株式会社ジーフット
決算説明会
2015年4月9日
1
営業成績について
■営業利益・当期利益は公表達成
■ローコストオペレーションの徹底により、営業利益は前年比23.3%増の55億7百万円
単位:百万円
15/2月期
営業収益
前年比
前年差
公表差
103,467
105.2%
5,097
47,563
107.6%
3,351
営業利益
5,507
123.3%
1,041
+7
経常利益
5,465
123.6%
1,041
-14
当期純利益
2,801
128.4%
620
+301
29.79円増
14.46円増
売上総利益
1株当たり当期純利益
134.49円/株
-
-3,532
-
当社は、平成26年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該
株式分割が行われたと仮定して、「1株当たり当期純利益」を算定し比較しております。
2
2015年2月期
トピックス
売上高1,000億突破
売上高1,034億円と前年比5.2%増
新店の拡大
2014年度店舗数は、出店99店舗、退店24店舗
期末店舗数は810店舗
PB比率向上と荒利益率の改善
PB比率34.9%と前期比5.9%改善。
荒利益率は前期比1.1%改善し46.0%へ
新規ブランド取得
Lee,コールマンに続き、Keds,Pro-Keds、ディッキーズ、
パトリックコックスと新たにライセンス契約
インバウンドの対応
免税対応店舗の認可を151店舗取得
株主数の増加
株主数は2月末日現在で3,141名
期首から2,498名増加
新体制の発足
コンプライアンス、ガバナンス態勢の整備
営業・商品・現場力強化のために専任体制
3
営業利益・当期利益の推移
■1株あたりの当期利益は順調に増加
■当期利益が公表数値を上回ったことにより2円増配予想
■当期純利益は4期連続増益
営業利益
(億円)
60
134円
当期利益
営業利益
50
55.0
1株当り利益
(円)
140
130
120
1株当たり当期利益
44.6
40
104円
110
40.2
100
30
90
30.2
79円
20
28.0
70
21.8
16.5
10
9.7
80
60
47円
50
0
40
12/1月期
13/2月期
14/2月期
4
15/2月期
株価・時価総額の推移
■市場の流動性の向上を図るため、立会外分売を実施(5月・8月)
株価
■普通株式1株につき2株に分割を実施した事により、株価も順調に推移(9月)
株式分割
時価総額
立会外分売
(億円)
300
2円増配予想
(円)
1,341円
立会外分売
279億円
250
200
150
100
50
0
12/1月 12/4月 12/7月 12/10月 13/2月 13/5月 13/8月 13/11月 14/2月 14/5月 14/8月 14/11月 15/2月 15/3月
当社は、平成26年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。各事業年度の期首に当該株式分割が
行われたと仮定して、「配当金/株」を算定しております。
5
財務状況
■流動資産431億円のうち341億円は商品で ■営業活動によるキャッシュフローは、期末の2月28日
が土曜日のため、売上預け金が20億円増加
積極的な出店により期首に比べ22億円増加
■ROEは14.2%(前期比1.7%増)
貸借対照表
15/2月期
流動資産
期首差
43,113
34,175
4,144
4,036
2,201
2,018
固定資産
14,893
-349
資産合計
58,007
3,687
流動負債
34,592
783
固定負債
2,355
358
商品
預け金
キャッシュフロー計算書
単位:百万円
純資産
21,059
2,544
負債・純資産合計
58,007
3,687
単位:百万円
15/2月期
営業活動による
キャッシュフロー
投資活動による
キャッシュフロー
財務活動による
キャッシュフロー
現金及び現金同
等物の増減額
現金及び現金同
等物の期首残高
現金及び現金同
等物の期末残高
6
前年差
△2,203
-810
△1,084
290
3,085
640
△202
120
2,561
-323
△2,358
202
2016年/2月期
重点取組み事項
7
新たなPB商品の開発
■付加価値商品の開発や商品展開を推進
■ケッズ、ディッキーズ、パトリックコックス等を加え、PB比率の更なる向上を推進
PB構成比の向上
+
・スニーカーブーム
へ更なる対応
・カジュアル化への
対応
8
PB構成比・売上総利益率
■自社ブランドを中心に拡大、PB構成比は今期40.0%(前年比5.1ポイント増)
■売上総利益率はPB構成比の向上にともない、今期47.0%(前年比1.0ポイント増)
47.0(計画)
47.0(目標)
PB構成比
(%)
PB構成比
45.0
40.0
40.0
44.9
34.9
43.1
25.0
20.0
47.0
46.0
35.0
30.0
(%)
47.0
46.5
46.0
売上総利益率
40.0
37.5
荒利益率
45.0
44.0
43.0
29.0
41.3
42.0
20.5
15.0
41.0
18.4
10.0
40.0
5.0
39.0
0.0
38.0
12/1月期
13/2月期
14/2月期
15/2月期
16/2月期(計画)
16/2月期
*売上総利益率のグラフにおいて、16/2月期は計画のため、点線でグラフを表示しております。
9
商品部門別 売上
■スニーカーやスポーツの構成比を上げ、カジュアル化に対応
■当社の強みでもある婦人・シニア・子供を中心にシェアを更に拡大
その他
(億円)
運動靴・子供靴
1,200
スポーツ靴
婦人靴
1,000
1,000
7.9% 7.5%
紳士靴
800
8.0%
8.0%
17.2%
17.4%
25.8%
600
400
27.4%
17.5%17.7%
27.2%29.0%
31.3%
29.5%
29.8%28.1%
17.7%
17.7%
17.6%17.7%
200
0
12/1月期
13/2月期
14/2月期
10
15/2月期
16/2月期(目標)
四半期売上・営業利益の推移
■3月度は全規模前年比83.0%(一昨年比108.1%)、4月に入り好調に推移
営業利益
(億円)
350
売上
(億円)
300
250
294
262
242
241
237
13/2Q
13/3Q
13/4Q
200
246
246
247
14/2Q
14/3Q
14/4Q
150
100
50
0
13/1Q
14/1Q
11
15/1Q
15/1Q (計画)
店舗数の推移
■グリーンボックスは前年に比べ55店舗増、アスビーは14店舗増、フェミニンカフェは6店舗増
■2016/2月期はグループ外への出店も積極的に推進し、新規出店70店舗を計画
(店舗数)
900
868店舗(計画)
フェミニンカフェ
810店舗
49
グリーンボックス
800
700
アスビー
675店舗
735店舗
673店舗
62
53
47
600
410 408
443
355
500
400
300
200
333
347 335
363
100
0
12/1月期
13/2月期
14/2月期
12
15/2月期
16/2月期
改装・活性化の推進
■前期ダイエー55店の集中出店が全社売上に貢献、今期は既存店売上に嵩上げ見込み
■今期は50店舗の改装(前期23店舗) 、投資額3.4億円を計画
既
存
店
売
上
既
存
店
売
上
既
存
店
売
上
*売上高前年比推移のグラフにおいて、15/1Q~15/4Qは計画のため、点線でグラフを表示しております。
13
オムニチャネル化の推進
■2015年4月下旬、イオン幕張店にて総面積800坪、首都圏最大の品揃えにて
オムニチャネル化を実験
売価・在庫・顧客一元管理
お客さま
オムニチャネル幕張店
(新設サイト)
イオン幕張店
(実店舗)
送客
客注システム
幕張新都
心店
マリンピア
店
津田沼店
お客さま
14
船橋店
現場力の強化
■フィッティングアドバイザー制度の活用により現場力の向上を図る(資格保持者は2,194名)
■タブレット端末の活用によるウィークリーマネジメントの徹底、成果事例の水平展開
■足型計測器の配置により、顧客サービスを強化(全国289店舗に設置)
フィッティングアドバイザー資格制度
成果事例の水平展開
足型計測器の活用
(日経MJ誌掲載)
15
中国事業概況
営業収益・店舗数
(億円)
(店舗数)
17
8.0
18
営業収益
7.0
16
店舗数
7.0
14
6.0
12
11
5.0
蘇州:呉中出店 (4月オープン)
10
8
4.0
8
3.0
6
6
2.5
2.0
4
2.0
1.0
2
0.8
0.0
0
13/2月期
14/2月期
15/2月期
16/2月期(計画)
*店舗数の推移のグラフにおいて、16/2月期は計画のため、点線でグラフを
表示しております。
アスビー・アスビーキッズ武漢出店
16
(12月オープン)
2016年2月期 業績予想
■PB開発力の強化と出店を推進し、増収増益を目指します
■年間30円の配当予想(前期より8円の増配)
単位:百万円
中間
前年比
年間
前年比
営業収益
56,000
103.6%
107,500
103.9%
営業利益
3,100
112.9%
6,100
110.8%
経常利益
3,050
110.9%
6,050
110.7%
当期純利益
1,700
108.3%
3,150
112.4%
81.62円/株
6.24円増
1株当たり当期純利益
予想
1株当たり配当金(円)
中間
15円/株
151.23円/株 14.46円増
期末
15円/株
年間
30円/株
当社は、平成26年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該株式分割が
行われたと仮定して、「1株当たり当期純利益」を算定し比較しております。
本資料は、現時点で入手可能な信頼できる情報に基づいて当社が作成したものでありますが、リスクや不確実性を含んでおり、
当社はその正確性・完全性に関する責任を負いません。
17
Fly UP