...

スタディツアー報告会プレスリリース [PDF:204.6KB]

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

スタディツアー報告会プレスリリース [PDF:204.6KB]
2009年10月19日
プレスリリース
報
教
道
育
関
関
係
係
者
者
各位
名古屋学院大学
学長
小嶋
博
《公開:学生によるグループ報告会》
~タイ、ラオス「スタディ・ツアー」~
本学の外国語学部国際文化協力学科は、2007 年度から学科独自の海外研修プログラム「スタディ・ツアー」を実施
し、日本の国際貢献の意味と実態を知るため、実際に現地へ足を運んできました。日本政府が提供している開発援
助(ODA)プロジェクトの現場を訪問し、また、海外で活躍する日本の国際協力団体(NGO)や現地の NGO 活動に参加
しながら実態を把握してきました。日系企業も訪問してきました。2007 年度はフィリピン、2008 年度はマレーシア
で実施しました。
今夏は、8 月 6 日~16 日まで国際文化協力学科の 1-4 年生 19 名がタイ、ラオスを訪問しました。タイ
では都市貧困地域、ラオスでは日本政府が援助したラオス日本人材センター、日本の NGO シャンティ国
際ボランティア会の活動訪問、農村の小学校訪問を実施しました。
大学祭開催中の 10 月 31 日(土)13 時 30 分から、学生たちにより国際協力実習の授業で実施したタイ、
ラオスにおける「スタディ・ツアー」のグループ報告会を下記の日程で行います。学生たちが日本の国
際貢献について何を感じてきたか、また、タイ・ラオスの人たちから何を学んできたのか、報告します。
報告会は公開といたしますので、日本の国際協力、NGO 活動やタイ、ラオスの現状などに興味のある方の
ご参加をお待ちしています。
<報告会>
日時 10 月 31 日(土)13 時 30 分~15 時まで
場所 名古屋学院大学名古屋キャンパス 白鳥学舎 202 教室
(名古屋市熱田区熱田西町 1 番 25 号)
<「スタディ・ツアー」写真展示、タイ、ラオス民芸品販売>
日時 10 月 31 日(土)、11 月 1 日(日)10 時~16 時 白鳥学舎 202 教室
※ 販売による収益金は、来年 2 月にラオスを再訪する職員により、学生たちが訪問したラオスのバンノンフ
ォン村などに直接届けられます。
学校法人名古屋学院大学
資料を送付いたします。
貴メディアでご取材周知いただきますようお願いします。
広報室
大塚 啓子
名古屋市熱田区熱田西町 1 番 25 号
TEL:052-678-4074
携帯:090-2773-8111
<「スタディ・ツアー」:日程 >
8月6日
7日
タイのバンコク着
午前
午後
ナコンポトムの日系企業 SHARP 工場見学
カンチャナブリにて泰緬鉄道の「戦場にかける橋」見学
8日 都市住民の生活向上のための NGO 活動をタマサート大学の学生と一緒に手伝う。
9日
バンコク市内研修(水上マーケット、王宮、エメラルド寺院)
夜 バンコクからラオスのビエンチャンへ空路移動
10日
ビエンチャン市内研修(仏教寺院、黄金の塔、午後:ブッダパーク、友好橋)。
11日
午前
12日
ラオス国立大学にてラオス日本人材開発センター訪問
13日
ビエンチャン郊外のバンノンフォン村訪問: 鍛冶屋、機織、カゴつくりを見学、デザート参
加。仏教寺院で昼食。村人に学生たちが村について質問。学生が日本の踊りを披露。村人が
ラオスの踊り、音楽を披露。
14日
村を再訪:午前 小学校で子どもたちと交流。踊りを見せ、絵を教え、縄跳びをした。子ど
もたちもラオスの歌を披露。昼、バシーという儀式に参加。
午後、小学校を訪れ、持参したボールで子どもたちとサッカー、バレーボール、バトミント
ンなど。寄贈式では学生たちが出し合って持参した文房具、大学から持参したボール、コン
ピュータを小学校に寄贈。
村からは籠を一人一つずついただいた。
15日
午前、
「ナショナル・リハビリテーション・センター」にて、Co-operative Orthotic Prosthetic
Enterprise(COPE)という義手・義足を提供するリハビリ施設を訪問。米軍による不発弾の被
害を受けた人々のリハビリの状況も知る。クラスター爆弾の被害を含め、ラオスの歴史・現
状の厳しさを知る。
昼:タラートサオ(朝市)で買物。夕方、ホテルのロビーにて、エバリュエーション会。
夜:ビエンチャン空港発。バンコク空港着。
16日
0時20分
ビエンチャン近郊のソムサガ小学校にて、日本の NGO シャンティ国際ボランティ会の
活動を訪問、小学生たちと交流。
午後 日系企業サンティラオ社訪問 スーツ製造
同
ラオ山喜訪問 ワイシャツ製造。
引率担当教員
同発、8時中部空港着。解散。
和田幸子名古屋学院大学国際文化協力学科教授
佐竹眞明
〃
学生・若者と討論、交流
Fly UP