...

Page 1 バリューワイン最前線2010 国はすでに消費量、生産量と も世界

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 バリューワイン最前線2010 国はすでに消費量、生産量と も世界
国 はす でに消費量 、生 産量 と
ば、﹁
中国と いう木 の幹 に西洋 の飲
み物を接ぎ木した﹂と いう表現にな
スのボ ルドー、しかもボ ルドーでも
﹁シ ャト ー ラ フィ ット﹂ など特定
化粧箱 に入 って いる。そし て フラン
今や世界ト ップ5のワイン大国とな った中国では、ワインはどう飲まれているか。
ジャーナリスト●ロ
ロ
出T置墨夢
の醸造 を開始。それに学 んだ華僑 の
張 弼士が 1892年 に コ張裕葡萄醸
つ酒を生国式
るだろう。 ワインと いヽ
中国社会 の習慣 では、食事を 一人
でとることは少な′ お酒も大勢集
、
長幼
ま って飲む ことが多 い。また ﹁
とか、上
の序六年上 の人を尊重する︶
の銘柄だ けが売 れる。皆それしか知
らな いから、それ以外 は贈 る意味 が
な いのだ。
中国 では ﹁ワイ ン﹂と いえば、 ほ
, シ ン ●,
と んどが赤 ワイ ンを指すo 市場 の8
割 以上が赤 ワイ ンと見られ、紅酒 は
ぶどう酒︶とに
庶 民 の間 では ワイ ン ︵
贈り物文化﹂
また中国社会 では ﹁
ぷ ど う 酒 を 飲 ん で いた 。 そ の後 、
徐 々に ﹁
甘くな いワイ ン﹂が広がり
誕生 日や結婚式など、慶事 に甘 い赤
す ると いう観念も
建近はこ
根強 い。︼
れ を ワイ ン で や
ン ド ﹁C H A N G Y U ﹂日 本 総 代 理 店 ヽ
イーストワン代表取締役 嶋田駿 一
、
氏によれば、日本 での生 国ワインの
販路は、ω滋絆ス至社が中国面け, ア
ー客など の ﹁
お土産自宅直送サービ
ス﹂として販売、②国内 のレストラ
が広が ってきた。﹁ソムリ エに飲ん
でもらえば品質 のよさはわかる。質
∼ 2年 いく つか
、
の新し い動き が出
はあ るが、 こ ¨
01
根 強 い中国 市場 で
イナリーが続 々と投資 や技術協力を
場 への拠点確保を 狙う欧 州 の有カ ヮ
5万平方 X のワ
弁 で山東省蓬粟市た 2
トが虫 国政府系 の
シ ャト ー ラ フィ
4月 、 ボ ルド ー の
有力投資会社 と合
92
刊東洋経済
も世 界 ト ップ 5 に入 る ﹁ワイ
ン大国 ﹂ であ る。 しかも ここ数年 、
年率十 数% の勢 いで増 加 し、す でに
消費量 は日本を大きく超え て いる。
生 国のワイ ンの歴史は古 い。現在、
空 国で ﹁ワイ ンの都﹂と称される山
■ヽ 外
東省 煙台 の港 が 186〇一
国人 に開放され、欧米 の貿易商など
が住 み着 いた。煙台 は Z フンスのポ
ルドーと近 い緯度 上に位置す ること
酒公 司﹂を設立した のが始まりとさ
の飲み方 で飲む。西欧流 の ﹁フイン
文化﹂は、少なくとも現時点 では中
夏家用 ヮイ ン
から、
一部 の欧米人 が,
れ る。そ の後は戦争 や革命 など によ
る停滞が長く、本格的 にワイ ンの市
念が強く作用している。そう で,又
脈にワイ ンと いう新し い飲み物が流
れ込んだ。そ のため必然的に コU口﹂
司が強 い力を持 つ、主人は客をも て
なす義務がある︱︱と いった社会通
化 の中心は マオタイ酒などに代表さ
れる蒸留酒 の で日
的な飲み方 になる。 ワイ ン消を書雲一
増の背景 にはそうした構造がある。
場が広が った のは1990年代 に入
酒 ﹂ であ る 。 宴
会 ではこれをグ ラ
こと であり、勧 め
が根強 い。社会シる アムが未成熱 で、
冨 ,社会
人的ネ ツト ワークがも のを一
渋 い﹂と不 評
始めた が、庶民には ﹁
で、 ワイ ンと は長 い闘 炭 酸 飲 料 の
は回義語 であ る。生 国では ﹁
紅 ︵
赤こ
はおめ でた い色と され、慶事 には必
0年代ヽ中一
日社
ず赤 が用 いられる。 8
会 に ワイ ンが入り始 めた頃、子供 の
られた酒を飲み千
なので贈り物は欠かせな い。となれ
ば、知名度 があ って見栄えがよく、
﹁スプ ライ ト﹂ で割 って飲 むも のだ
った。 この習慣は地域によ ってはま
さな いのは礼を失
高そうなも のほどメンツが立 つ。そ
のため高級品はほぼ例外な′ゝ巨大な
一。
ラ
¨ 哺r嚇口漏″ 一到翔
鶉
、 る。特に広東省、福
く
χ
一 物 の凛 ■で 多い。 こ
ン需要 の二 つが中心。ネ ット販売U
2
あるが、量的にはまたまだと いヽ
最近伸びているのがレストラン需
者 も いる。
第 二 が国産 ワイ ン の質 の向 上 であ
要だ。以前は中華料理店が中心だ っ
たが、イタリア料理店などにも販路
る。中一
国 の国産 ワイ ン の3大 プ ラ ン
R EA TWA LL﹂ ︵
長 城 ︶、 ﹁D Y
てき て いる。第 一
は マー ケ ット の裾 野 の広 がり であ
行 って いる。そ のため中国産 のレベ
5年 以
イ ン畑を 造成す ると発表 。 ﹁1
内 に0﹃
グ ラン クリ ユー
営 002 ︵
最高位 のワイ ン畑︶を造 る﹂と逃 ベ
個人向けは難し い﹂ ︵
嶋田氏︶
。
中国は山東省などに広大な ワイ ン
畑が広がり、潜在力は大き い。今年
んだと いう のが定説 だ。さらに生 回
は歴史的 に海産物より肉類 の消費量
る。 一部 のワイ ン愛好 者 や接待需要
もしくは ﹁ハレ﹂の日 の飲み場から、
ルは急速 に向 上し て いる。中一
国国内
市 場 の大 き さ が有 力 外 資 を 引 き 寄
ロワイ ンのグ ローバル化は急
た。中一
速 に進 みそうだ 。
﹁C H A N C Y U L 霞 暦 ︶、 ﹁G
に比 べてかなり高 い。﹁
接待 や贈答
の需要が中心な ので、業者は意図的
に値段を高く つける。どうせ味はわ
NASTY﹂ ︵
王朝︶
。これらを中心
に各地 の有カ メーカーには、中国市
が多 か った。そ のことも自 ワイ ンの
日常的な酒 に変化 し つつある。都市
部 の健康ブ ームに乗 り、女性 や高齢
せ、結果的に生 国製品 のレベルが上
国
ツト ロ ー ト シ ル
普及 が遅 い 一つの原因 とされる。
国内市場 の9割 は国産 ワイ ンであ
0元 ︵
る。価澪 帯 は普及品が 2
1元は
0元台ぐ ら い。
4円 ︶台前 半 から 4
約1
0∼ 100元台ヽ 200∼
中級品 で4
400元あたりが国産 では高級品 に
者など の間 で ﹁フイ ンは健康 によ い﹂
がると いう 、自動車などと同様 の構
自動車産業と同じ構造が
ワインでも起きている
な る。揚子江下流域 で多く飲ま れる
0
紹興 酒 ︵
老涵 ︶ は普及 品 なら 1本 1
元 以下 から あ る ので、 やはリ ワイ ン
と のイ メージが浸透 、霊 要増 に つな
ドは
からな いからね﹂︵
上海 の輸入業者︶。
こうした ﹁
中国的 ワイン文化﹂が
の割に価格‘菱い 。ただプランドカ
がな い。だからプ ロには売 れるが、
レ
け れら地域では近年、
, 自ワイン比率が5割
を手潔
” 急 え
の海外輸出も始ま った。ト ツププ ラ
造が ワイ ンの世界 にも起き て いる。
こう した流れを受け、中国 ワイ ン
続々と中ロ ヘ進出
欧州 の有カ ワイナリーが
るで日興洒のよう。写■■はプ
レゼン ト月の鏑趙め
輸入 ワインは欧米や日本 での価格
比率 の上昇だ。都市
る
ヽ 部 では コ西欧流 ワイ
ι
て ン文化﹂が徐々に浸
つ
が って いる。
第 二は、自 ワイ ン
飲む。乾杯と はま
さに ﹁
杯を千す﹂
スに注 いで 一気 に
国社会には浸透していな い。
地域差はあるが、宝 国では飲酒文
つてから のこと である。
中 国 の ワイ ン事 情 を 一言 で言 え
だ楓 強くあ る。
このよう にし て、 ワイ ンとはおめ
でた い席 で飲む高級な酒と いうイ メ
ージが広まり、それが ﹁ワイ ンはぼ
●.人気の赤ワインはま
は庶 民 には高 い酒 であ る。
イ コー ル赤 ワイ ン﹂と いう状 況を生
圏 なスーバーのヮイ
2∞ 9125週
週刊東洋経済 200,125
93
│
Fly UP