...

自治体の補助金の法的性質

by user

on
Category: Documents
310

views

Report

Comments

Transcript

自治体の補助金の法的性質
自治体の補助金の法的性質
自治体は、特 定の施策 を推進する方 法の一つ として、補助 金制度を 活用していま す。
補助金 の対 象や 条件は 「補助 金交 付要 綱」に のっと り、 補助 金の手 続は「 補助 金交 付規則 」
にのっとって 行われる ことが通例で す。
補助金 につ いて は、そ の支出 の適 正性 などに 関して 住民 訴訟 が多く 提起さ れて いま すので 、
判決のポイン トから補 助金の法的性 質を紹介 します。
*基礎知識1
地 方 自 治 法 第 232 条 の 2
普 通 地 方 公 共 団 体 は 、そ の 公 益 上 必 要 が あ る 場 合 に お い て は 、寄 附 又 は 補 助 を す る こ と が で き る 。
*基礎知識2
千葉県補助金等交付規則第 1 条
こ の 規 則 は 、法 令 、条 例 及 び 他 の 規 則 に 特 別 の 定 あ る も の の ほ か 、補 助 金 等 の 交 付 の 申 請 及 び 決
定 等 に 関 す る 事 項 そ の 他 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 事 項 を 規 定 す る こ と に よ り 、こ
れらに係る予算の執行の適正化を図ることを目的とする。
判決のポイント
①地方公 共団体 が地 方 自治法第 232 条の 2 に基づい て行う 補助 は 、原則と して私 法上の
贈与に 類する もので あ り、地 方公共 団体の 長 が行う 補助金 交付決 定 は、私 法上の 贈与契
約の申込みに対する承諾と同視できるから、交付決定は行政処分に該当しない。
②市の補 助金交 付規 則 ・補助金 交付要 綱は 交 付手続上 の内部 手続 を 定めたに 過ぎず 、交付
決定に行政処分的性質を付与するものではない。
③補助金交付決定の取消しは、贈与契約に付された解除特約に基づく解除権の行使である。
【参考裁判例】
東 京 高 裁( S56.11.25)、名 古 屋 地 裁 (S59.12.26)、東 京 高 裁 (H1.7.11)、東 京 地 裁 (H10.11.13)
等
H10.11.13)
実務での注意点
地方自治体の 補助金は 法的には「負 担 付 贈 与契 約 」とされています 。
「このよ うな条件(負担 )
を守っ た場 合に は、こ の金額 を補 助す る」と いう贈 与契 約を 、県と 補助事 業者 が対 等な関 係で
締結したとい うことに なります。
契約である以 上、補助 金交付規則の 手続や補 助金交付要綱 に定める 条件(負担)、補 助金返 還
(解約)とな る事由な どを補助金交 付決定通 知書(契約書 )に明示 しておく必要 がありま す。
※国庫補助金の交付決定は、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律(補助金適正化法)に基づく
ため行政処分とされています。
●コラム●
~政策法務一年生成長記~
時 の 経 つ の は 早 い も の で 、「 一 年 生 」 も 終 わ り が 近 づ い て き ま し た 。 落 第 せ ず に 無 事 、 進 級 す る
ことができるでしょうか?少し不安です。
さ て 、こ の 一 年 間 を 振 り 返 っ て み る と 、法 律 相 談 の 対 応 や 研 修 の 講 師 な ど 多 く の 経 験 を さ せ て い
ただきました。その中でも目から鱗がたくさん落ちたのは、行政手法との出会いです。行政手法と
は、許可制や補助金など政策課題を解決するためのツールを体系的に整理した理論のことです。
行 政 手 法 を 意 識 す る こ と に よ り 、自 分 が 携 わ っ て い る 日 常 業 務 の 意 味 が よ く 見 え て き ま し た 。ま
た、体系的な理論には、他の職員への伝播と、後世の職員への継承という効果もあります。私がし
て い た だ い た よ う に 、「 一 年 生 」に 政 策 法 務 を 伝 え る こ と の で き る 職 員 に な り た い と 思 っ て い ま す 。
4
政策法務ニュースレター VOL.7-3
Fly UP