...

Port State Control 年次報告書 August 2015

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

Port State Control 年次報告書 August 2015
August 2015
Port State Control 年次報告書
[日本語/Japanese]
Photographs of Deficiencies identified during
Port State Control
Life Saving
Broken safety belt
Cracked window of lifeboat
Side view
Poor condition of lifeboat hull
Seize of on-load release gear by
excessive paint
Fire Safety
Leaked fire line
Illegal remove of self-closing device
Unacceptable hold-back hook
for door (required to be
self-closing)
MARPOL
Oily inside of discharge pipe
Oily water separator clogged
Machinery Space
Oily and dirty engine room
Oily lagging of F.O. piping
Load Line
Holed ventilator body
Wasted hatch cover securing
device
Gap of hatch cover
Others
Corrosion holes of strength deck
Wasted mooring line
ClassNK Annual Report on Port State Control
序文
この年次報告は、世界各国の港においてPort State Control (PSC)によりdetainされた船舶や指摘
された欠陥についての報告を取り纏めることにより、PSCの現状の認識、今後の船舶の保守・検査
の一助及び安全管理システムの改善に資することを目的に作成された資料である。
第1章
最近の国際条約の改正、地域MOUやUSCGの活動状況、及び本会のPSCへの
取り組みについて紹介
第2章
2014年の1年間に、PSCにおいて欠陥を指摘されDetainされた本会登録船舶の
集計結果の分析について解説
第3章
2014年の1年間に、本会が発行した安全管理証書を所持する船舶に対する
PSCにおいて指摘されたISM Code関連欠陥の集計・分析結果を解説
第4章
Tokyo MOU及びParis MoUが発表しているPSCに関してのAnnual Report等の
公表データについて概要を紹介
PSCは、サブスタンダード船を撲滅し、海上における船舶の安全確保と船舶からの海洋汚染防止の
ために有効な手段であると考えられ、関連する国際条約の改正とあいまってPSCの活動が強化さ
れてきている。さらに効果的なPSCの実施を行なうため、多くの地域においてPSCの協力に関する
覚書(Memorandum of Understanding)が交わされ、データベースの共有や統一した検査体制が確立
されている。
PSC検査の手順もISM Codeの全船舶への適用を機会として、船舶のハードウェアのみを対象にす
るのではなく、本船の保守や操作に関するシステム上の欠陥まで多く指摘されるようになってきてい
る。また、ISPSコード、ばら積み貨物船への安全対策、大気汚染防止規則等、本船へ適用される規
則が多様化するとともにPSCの対象範囲も拡大している。
こうした背景のもと、本会もPSCに関連する情報の透明性を確保し、サブスタンダード船の削減に向
け、一層の努力をしていく所存である。
2015年8月
注)NKはこのレポートに記載されている情報、判断又は結論についてのいかなる責めにも任ずることはない。
ClassNK Annual Report on Port State Control
目次
第1章 PSCの
PSCの実施状況及び
実施状況及び最近の
最近の世界の
世界の動き
1.1 関連法規の改正について
1.1.1 電子海図情報表示装置の設置 ······························································································ 1
1.1.2 2006年の海上労働条約(Maritime Labour Convention, 2006) ··································· 1
1.1.3 海上漂流者回収に関する計画および手順書 ··································································· 2
1.1.4 消防員用呼吸具の再充填に関する要件 ············································································ 2
1.1.5 消防員のための通信手段 ········································································································ 2
1.1.6 消防員用呼吸具の空気残量低下警報装置 ······································································ 2
1.1.7 閉囲区域への立入及び救助に関する操練 ······································································· 3
1.2 最近の世界各地域の動き
1.2.1 世界各地域のMOU
(1) 欧州地域(Paris MoU) ··················································································································· 4
(2) アジア太平洋地域(Tokyo MOU) ······························································································ 5
(3) 南米地域(Viña del Mar又はLatin-America Agreement))················································ 6
(4) カリブ海沿岸地域(Caribbean MOU)························································································ 6
(5) 地中海地域(Mediterranean MOU) ··························································································· 7
(6) インド洋地域(Indian Ocean MOU) ··························································································· 7
(7) 黒海地域(Black Sea MOU) ········································································································ 7
(8) 西及び中央アフリカ地域(Abuja MOU) ··················································································· 7
(9) ペルシャ湾ガルフ地域(Riyadh MOU) ····················································································· 7
1.2.2 United States Coast Guard(USCG) ························································································ 8
1.2.3 Equasisデータベースについて ·································································································· 8
1.3 PSCに対する本会の取り組み
1.3.1 PSC検査により指摘された欠陥の取扱い
(1) 寄港国政府への協力支援及び欠陥の処理········································································ 9
(2) 寄港国政府検査レポートに関する処理 ················································································ 9
1.3.2 Detained Shipの増加防止対策
(1) 内部会議での特別研修 ·············································································································· 9
(2) 船主に対する活動 ·······················································································································10
1.3.3 各Port Stateへの訪問 ···············································································································10
第2章 PSCにおいて
PSCにおいてDetain
においてDetainされた
Detainされた本会船級船
された本会船級船の
本会船級船の統計
2.1 一般 ·······························································································································································11
2.2 Detentionに関するデータ
2.2.1 船籍国別 ·········································································································································11
2.2.2 船舶の種類別 ·······························································································································13
2.2.3 船齢別 ··············································································································································14
2.2.4 総トン数別·······································································································································15
2.2.5 Port State別 ··································································································································16
2.2.6 MOU(及びUSCG)別·····················································································································17
2.3 Detentionにつながった欠陥の分析
2.3.1 カテゴリー別 ···································································································································18
2.3.2 報告件数の多い欠陥 ·················································································································19
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4 Port State別Detentionにつながった欠陥の分析
2.4.1 中国···················································································································································25
2.4.2 オーストラリア ································································································································26
2.4.3 アメリカ ·············································································································································26
2.4.4 日本···················································································································································27
2.4.5 インド ·················································································································································27
2.4.6 ロシア················································································································································27
2.4.7 イタリア ·············································································································································28
2.4.8 イギリス ············································································································································28
2.4.9 韓国···················································································································································28
2.4.10 エジプト···········································································································································29
2.4.11 トルコ ···············································································································································29
2.4.12 ドイツ ···············································································································································29
第3章 ISM欠陥
ISM欠陥を
欠陥を指摘された
指摘されたNK
されたNK SMC船
SMC船の統計と分析
3.1 ISM欠陥指摘ケース
3.1.1 ISM欠陥指摘ケースの総数およびISM欠陥指摘率 ························································ 30
3.1.2 ISM欠陥指摘の傾向 ··················································································································· 30
3.1.2.1 船舶の船種・船齢・総トン数・船籍国別 ··········································································· 30
3.1.2.2 管理会社の管理船隻数・所在国 ·························································································· 34
3.1.2.3 PSC実施国別 ···························································································································· 36
3.2 ISM欠陥の分析
3.2.1 地域別のISM拘留欠陥指摘傾向 ························································································· 37
3.2.2 Paris MoU及びTokyo MOU主要国における拘留欠陥指摘の傾向 ·························· 40
第4章 Tokyo MOU及
MOU及びParis MOUの
MOUのPSC実施公表
PSC実施公表データ
実施公表データ
4.1 Tokyo MOU
4.1.1 PSC実施データ·····························································································································43
4.1.2 ブラックリスト··································································································································44
4.1.3 船級協会別detention ·················································································································45
4.1.4 欠陥別集計 ····································································································································46
4.2 Paris MoU
4.2.1 PSC実施データ·····························································································································47
4.2.2 ブラックリスト··································································································································48
4.2.3 欠陥別集計 ····································································································································49
4.2.4 船級協会別実績···························································································································50
4.2.5 海上労働条約(MLC,2006)·······································································································51
ClassNK Annual Report on Port State Control
第1章
PSCの
PSCの実施状況及び
実施状況及び最近の
最近の世界の
世界の動き
1.1 関連法規の
関連法規の改正について
改正について
2012 年から 2014 年に発効した又は発効される条約、関連法規の改正のうち、主なものは次の通り
である。
1.1.1 電子海図情報表示装置の
電子海図情報表示装置の設置(SOLAS
設置(SOLAS 条約第 V 章第 19 規則)
規則)
発効日:2012 年 7 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0907 参照】
電子海図情報表示装置(ECDIS)に係わる SOLAS 条約第 V 章 19 規則 2.1.4 の改訂、2.10 及び
2.11 が追加された。これによりバックアップ装置を含め ECDIS が段階的に導入されます。
(1) 旅客船
(i)
2012 年 7 月 1 日以降に建造された旅客船は、登録検査の日
(ii) 2012 年 7 月 1 日前に建造された旅客船は、2014 年 7 月 1 日以降の最初の安全設備
検査の日
(2) タンカー
(i)
2012 年 7 月 1 日以降に建造されたタンカーは、登録検査の日
(ii)
2012 年 7 月 1 日前に建造されたタンカーは、2015 年 7 月 1 日以降の最初の安全設備
検査の日
(3) タンカー以外の貨物船
(i)
2013 年 7 月 1 日以降に建造された 10,000GT 以上の貨物船は、登録検査の日
(ii) 2014 年 7 月 1 日以降に建造された 3,000GT 以上 10,000GT 未満の貨物船は、登録検
査の日
(iii) 2013 年 7 月 1 日前に建造された 50,000GT 以上の貨物船は、2016 年 7 月 1 日以降の
最初の安全設備検査の日
(iv) 2013 年 7 月 1 日前に建造された 20,000GT 以上 50,000GT 未満の貨物船は、2017 年 7
月 1 日以降の最初の安全設備検査の日
(v) 2013 年 7 月 1 日前に建造された 10,000GT 以上 20,000GT 未満の貨物船は、2018 年 7
月 1 日以降の最初の安全設備検査の日
(4) 上記(1)(ii), (2)(ii), (3)(iii),(iv)及び(v)の船で、引き渡し日が適用日より後になる場合は、登録
検査の日
1.1.2 2006 年の海上労働条約 (Maritime Labour Convention, 2006)
2006)
発効日:2013 年 8 月 20 日
2006 年の海上労働条約は国際労働機関(ILO)において 1920 年以降に採択された海事分野の
68 の条約・勧告を統合し、更新する条約で、船舶で働く船員のための最低限の要件を定めたもの
です。国際航海に従事する総トン数 500 トン以上の船舶には同条約への適合を検証するための
検査が要求され、適合の証明として当該船舶に対して発行される海上労働証書(Maritime Labour
1
ClassNK Annual Report on Port State Control
Certificate)とそれに添付して海上労働適合申告書(Declaration of Maritime Labour Compliance)
を備え置く必要があります。
1.1.3 海上漂流者回収に
海上漂流者回収に関する計画
する計画および
計画および手順書
および手順書(
手順書(SOLAS 条約第Ⅲ
条約第Ⅲ章第 17‐
17‐1 規則)
規則)
発効日:2014 年 7 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0985 参照】
「海上漂流者回収に関する計画及び手順書」の備え付けを義務化する SOLAS 条約第 III 章第
17-1 規則が新たに加わり、国際航海に従事するすべての船舶(ロールオン・ロールオフ旅客船を
除く旅客船及び総トン数 500 トン以上の貨物船)について以下の時期までにその備え付けが要
求されます。
(1) 2014 年 7 月 1 日以降に建造開始(起工)される新造船: 登録検査時
(2) 2014 年 7 月 1 日前に建造開始(起工)された現存船: 同日以降の最初の中間検査又は更新
検査のいずれか早い方の検査まで
1.1.4 消防員用呼吸具
消防員用呼吸具の
呼吸具の再充填に
再充填に関する要件
する要件(
要件(SOLAS 条約第Ⅱ‐
条約第Ⅱ‐2
Ⅱ‐2 章第 15.2.2.6
15.2.2.6 規則)
規則)
発効日:2014 年 7 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0947 & 0990 参照】
SOLAS 条約第Ⅱ‐2 章第 15 規則の改正により、船上訓練及び操練に使用される消防員用呼吸具
のシリンダを再充填する装置又は使用されたシリンダを交換するための適切な数の予備シリンダ
を船上に備えることが以下の時期までに要求される。
(1) 2014 年 7 月 1 日以降に建造開始(起工)される新造船: 登録検査時
(2) 2014 年 7 月 1 日前に建造開始(起工)された現存船: 2014 年 7 月 1 日から適用
1.1.5 消防員の
消防員のための通信手段
ための通信手段(
通信手段(SOLAS 条約第Ⅱ‐
条約第Ⅱ‐2
Ⅱ‐2 章第 10.10.4
10.10.4 規則)
規則)
発効日:2014 年 7 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0947 & 0990 参照】
SOLAS 条約第Ⅱ‐2 章第 15 規則の改正により、持ち運び式無線通信装置を消火班毎に少なくと
も 2 つ備えることが義務化される。なお、当該無線通信装置は、双方向通信が可能でまた、耐圧
防爆形もしくは本質安全防爆形のものとすることが要求される。適用時期は以下である。
(1) 2014 年 7 月 1 日以降に建造開始(起工)される新造船: 登録検査時
(2) 2014 年 7 月 1 日前に建造開始(起工)された現存船: 2018 年 7 月 1 日以降の最初の定期的
検査まで
1.1.6 消防員用呼吸具の
消防員用呼吸具の空気残量低下警報装置
空気残量低下警報装置(
低下警報装置(SOLAS 条約第Ⅱ‐
条約第Ⅱ‐2
Ⅱ‐2 章第 1 規則、
規則、第 10.1
10.1 規
則)
発効日:2014 年 7 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0947 & 0990 参照】
SOLAS 条約第Ⅱ‐2 章第 1 規則及び第 10 規則の改正により、消防員用の呼吸具には、シリンダ
内の空気の量が 200l 以下に低下する前に使用者に対して警告を発する可聴警報及び可視装
2
ClassNK Annual Report on Port State Control
置、もしくはその他の装置を備える必要があります。
(1) 2014 年 7 月 1 日以降に建造開始(起工)される新造船: 登録検査時
(2) 2014 年 7 月 1 日前に建造開始(起工)された現存船: 2019 年 7 月 1 日まで
1.1.7 閉囲区域への
閉囲区域への立入及
への立入及び
立入及び救助に
救助に関する操練
する操練(
操練(SOLAS 条約第Ⅲ
条約第Ⅲ章第 19 規則)
規則)
発効日:2015 年 1 月 1 日
【ClassNK テクニカルインフォメーション TEC-0965 参照】
閉囲された区域に立入又は救助に従事する船員について、船上での当該訓練に少なくとも2か
月に1度参加することを新たに要求され、2015 年 1 月 1 日から適用されます。
新しく採択
しく採択された
採択された条約
された条約や
条約や改正された
改正された条約
された条約については
条約については、
については、NK の Website 上にも‘IMO
にも‘IMO 国際条約
カレンダー’として紹介
紹介している
カレンダー’として
紹介している。
している。 (http://www.classnk.or.jp/hp/en/)
3
ClassNK Annual Report on Port State Control
1.2 最近の
最近の世界各地域の
世界各地域の動き
1.2.1 世界各地域の
世界各地域の MOU
PSC をより効果的に実施するために、地域協力の組織化を促進する勧告が IMO により決議として
採択されており、1982 年 7 月に欧州各国が Paris Memorandum of Understanding on Port State
Control(Paris MoU)を採択したのを皮切りに、今日まで多くの地域で覚書(MOU)が結ばれてきてい
る。 現在、世界には次の 9 つの MOU が存在し、その概要・現況につき紹介する。
欧州地域
:Paris MoU
(http://www.parismou.org/)
アジア太平洋地域
:Tokyo MOU
(http://www.tokyo-mou.org/)
南米地域
:Viña del Mar
(http://www.acuerdolatino.int.ar/)
カリブ海沿岸地域
:Caribbean MOU
(http://www.caribbeanmou.org/)
地中海地域
:Mediterranean MOU
(http://www.medmou.org/)
インド洋地域
:Indian Ocean MOU
(http://www.iomou.org/)
黒海地域
:Black Sea MOU
(http://www.bsmou.org/)
西及び中央アフリカ地域
:Abuja MOU
(http://www.abujamou.org/)
ペルシャ湾ガルフ地域
:Riyadh MOU
(http://www.riyadhmou.org/)
(1)欧州地域(
欧州地域(Paris MoU)
MoU)
1)活動状況
設立:1982 年 7 月 1 日
加盟国:Belgium、Bulgaria、Canada、Croatia、Cyprus、Denmark、Estonia、Finland、France、
Germany 、Greece、 Iceland 、 Ireland 、 Italy 、Latvia 、Lithuania、 Malta、 Netherlands 、
Norway、Poland、Portugal、Romania、Russian Federation、Slovenia、Spain、Sweden、
United Kingdom
-1 現在 27 ヶ国がメンバーとなっており、MOU の目的として、「メンバー間で調和した PSC を実
施することで、サブスタンダード船の航行を排除していく事」が謳われている。
-2 Paris MoU から最近発表された主なプレスリリースは次の通り。
2014 年 11 月 17 日プレスリリース
2006 年海事労働条約(MLC 2006)発効後の最初の 1 年で、Paris MoU 管内で 113 隻が
MLC2006 関連の欠陥で拘留され、同期間での拘留総数(649 隻)の 17.4%であったことが
公表されている。
2015 年 1 月 22 日プレスリリース
2014 年 9-11 月に実施された、「STCW Hours of Rest」に関する集中検査キャンペーンの
結果が公表されている。
・集中検査キャンペーン期間の3か月間で、キャンペーン事項に関する指摘は全部で
912 件あり、そのうちの 16 隻 (同期間の拘留全体の 14%)が拘留された。
2015 年 6 月 2 日プレスリリース
4
ClassNK Annual Report on Port State Control
第 48 回 PSC 委員会が、2015 年 5 月 18-22 日にオランダで開催され、2016 年に MLC2006
に関する集中検査キャンペーンを実施することを承認した。
2015 年 6 月 8 日プレスリリース
2015 年 7 月 1 日から有効なパフォーマンスリストを公表している。
2) New Inspection Regime (NIR)
2011 年 1 月 1 日より、Paris MoU 管内に入港する船舶に対して実施する PSC 検査において、
対象とする船舶の評価基準を変更し、新しい PSC 検査制度(New Inspection Regime)を導入し
た。
-1 評価基準及び
評価基準及び Ship Risk Profile の分類
船舶の種類、船齢に加え、過去 3 年間の Paris MoU における PSC 検査結果に基づいた、
旗国、船級協会及び管理会社の PSC パフォーマンス、指摘欠陥数、拘留回数をパラメー
ターとしたリスク評価により、Low Risk Ship, High Risk Ship, Standard Risk Ship の 3 段階
に分類される。
その分類に応じて PSC 検査の実施間隔が決められる。
・ Low Risk Ship (LRS): 24 – 36 ヶ月
・ Standard Risk Ship (SRS): 10 – 12 ヶ月
・ High Risk Ship (HRS): 5 – 6 ヶ月
-2 入港拒否船 (Banned Sh
Ship)
1 回目、2 回目入港拒否船の判定基準は次のように変更される。
1. 旗国ブラックリストの船籍船は 3 年間に 3 回 detention を受けた場合。
2. 旗国グレーリストの船籍船は 2 年間に 3 回 detention を受けた場合。
2 回目入港拒否船が detention を受けた場合は、船籍に関係なく入港拒否船となる。
-3 入港報告
High Risk Ship 及び船齢 12 年以上のケミカル船、バルクキャリア、ケミカルタンカー、ガス
キャリア、油タンカー及び客船に対して、入港 72 時間前の事前報告が、また、全ての船舶
に対して、入港 24 時間前の事前報告及び実際の入出港時間の報告が義務付けられる。
(2)アジア太平洋地域
アジア太平洋地域(
太平洋地域(Tokyo MOU)
MOU)
1)活動状況
設立:1993 年 12 月 1 日
加盟国:Australia、Canada、Chile、China、Fiji、Hong Kong、Indonesia、Japan、Republic of
Korea、Malaysia、New Zealand、Papua New Guinea、Philippines、Russian Federation、
Singapore、Thailand、Vanuatu、Vietnam
-1 海上安全の促進、海洋汚染の防止及び本船の作業や生活環境の保護のため、メンバー
が協力し調和の取れた活動を通して、アジア太平洋地域での効率的な PSC の実施をおこ
なう事が覚書の目的とされている。
-2 Tokyo MOU から発表された主なプレスリリースは次の通り。
5
ClassNK Annual Report on Port State Control
2014 年 11 月 17 日プレスリリース
・第 25 回 PSC 委員会が 2014 年 11 月 10 日から同 13 日にニュージーランドにて開催され
た。
・第 25 回 PSC 委員会では、2014 年 1 月 1 日から導入された、新しい PSC 検査制度(New
Inspection Regime)が首尾よく実行されていることが確認されたとともに、2015 年に Paris
MoU と共同で「Crew Familiarization for Enclosed Space Entry」に関する集中キャンペーン
を実施することを承認した。
・第 26 回 PSC 委員会は、2015 年10月にマレーシアで開催予定である。
2015 年 5 月 18 日プレスリリース
2014 年 9-11 月に実施された「STCW Hours of Rest」に関する集中検査キャンペーンの結果
が公表されている。
・集中検査キャンペーン期間中に東京 MOU 域内で 16 隻(同期間の拘留数全体の 7.77%)
が関連指摘にて拘留された。
・キャンペーン結果の詳細は、2015 年 10 月に開催される PSC 委員会での審議を経て国際
海事機関(IMO)に提出予定である。
2) New Inspection Regime (NIR)
2014 年 1 月 1 日より、Tokyo MOU 域内に入港する船舶に対して実施する PSC 検査において、
対象とする船舶の評価基準を変更し、新しい PSC 検査制度(New Inspection Regime)が導入さ
れた。
-1 評価基準及び
評価基準及び Ship Risk Profile の分類
船舶の種類、船齢に加え、過去 3 年間の Tokyo MOU における PSC 検査結果に基づいた、旗
国、船種、船齢、船級協会及び管理会社の PSC パフォーマンス、指摘欠陥数、拘留回数をパラ
メーターとしたリスク評価により、Low Risk Ships, High Risk Ships, Standard Risk Ships の 3 段
階に分類される。
その分類に応じて PSC 検査の実施間隔が決められる。
・ Low Risk Ship (LRS): 9 – 18 ヶ月
・ Standard Risk Ship (SRS): 5 – 8 ヶ月
・ High Risk Ship (HRS): 2 – 4 ヶ月
(3)南米地域(
Latin-America Agreement)
Agreement)
南米地域(Viña del Mar 又は Latin設立:1992 年 11 月 5 日
加盟国:Argentina、Bolivia、Brazil、Chile、Colombia、Cuba、Dominica, Ecuador、Guatemala,
Honduras、Mexico、Panama、Peru、Uruguay、Venezuela
(4)カリブ海沿岸地域
カリブ海沿岸地域(
海沿岸地域(Caribbean MOU)
MOU)
設立:1996 年 2 月 9 日
加盟国:Antigua and Barbuda、Aruba、Bahamas、Barbados、Belize、Cayman Islands、Cuba、
Curacao, Grenada、Guyana、Jamaica、Netherlands Antilles、Suriname、St. Kitts and
Nevis, Trinidad & Tobago
6
ClassNK Annual Report on Port State Control
(5)地中海地域(
地中海地域(Mediterranean MOU)
MOU)
設立:1997 年 7 月 11 日
加盟国:Algeria、Cyprus、Egypt、Israel、Jordan、Lebanon、Malta、Morocco、Tunisia、Turkey
(6)インド洋地域
インド洋地域(
洋地域(Indian Ocean MOU)
MOU)
設立:1998 年 6 月 5 日
加盟国:Australia、Bangladesh、 Djibouti、 Eritrea、France (La Reunion Island)、India、Iran、
Kenya 、 Maldives 、 Mauritius 、 Mozambique 、 Seychelles 、 South Africa 、 Sri Lanka 、
Sudan、Sultanate of Oman、 Tanzania、Union of Comoros、Yemen
-1 2014 年は、Paris MoU 及び東京 MOU と同様に、同年 9-11 月の3か月間に「STCW Hours
of Rest」に関する集中キャンペーンが行われた。
-2 同 MOU 発行の 2014 年 Annual Report によれば、2014 年の検船数は 6,059 件で、このう
ち 379 隻が拘留された。
-3 2015 年 9-11 月に「Crew Familiarization for Enclosed Space Entry」に関する集中キャンペ
ーンを実施予定である。
(7)黒海地域:
黒海地域: (Black Sea MOU)
MOU)
設立:2000 年 4 月 7 日
加盟国:Bulgaria、Georgia、Romania、Russian Federation、Turkey、Ukraine
-1 2014 年は、Paris MoU 及び東京 MOU と同様に、同年 9-11 月の3か月間に「STCW Hours
of Rest」に関する集中キャンペーンが行われた。
-2 Annual Report によれば 2014 年の検船数は 5,092 件で、このうち 151 隻が拘留された。
-3 2015 年 9-11 月に「Crew Familiarization for Enclosed Space Entry」に関する集中キャンペ
ーンを実施予定である。
(8)西及び
西及び中央アフリカ
中央アフリカ地域
アフリカ地域(
地域(Abuja MOU)
MOU)
設立:1999 年 10 月 22 日
加盟国:Angola、Benin、Cote D’ivoire、Gabon、Ghana、Nigeria、Republic of Congo、Republic of
Guinea、Sao Tome & Principe、Senegal、Sierra Leone、South Africa、The Gambia、
Togo
(9)ペルシャ湾
ペルシャ湾ガルフ地域
ガルフ地域:
地域: (Riyadh MOU)
MOU)
設立:2004 年 6 月 30 日
加盟国:The Kingdom of Bahrain、 Kuwait、 Qatar、 The Kingdom of Saudi Arabia、 The
Sultanate of Oman、United Arab Emirates
7
ClassNK Annual Report on Port State Control
1.2.2 United States Coast Guard (USCG)
1)活動概要
USCG は前述のいずれの地域 MOU の正式メンバーとはなっておらず、各地域 MOU へオブザ
ーバーとして参加することで協力体制を築き、独自の PSC を効果的に実施している。その活動
は、1970 年代に外国籍船舶への新しい米国の海洋汚染防止法及び航海安全法に適合してい
ることを確認する目的で検査を行ったことに始まり、1994 年には、国内水域へ入港するサブス
タンダード外国籍船の排除プログラムを制定し、国際条約上の責任を十分に果たしていないと
判断される船舶、船主、船級協会及び旗国政府を識別している。また 2001 年には、”Quality
Shipping in the 21st Century” (QUALSHIP 21)と呼ばれる優良な船舶を認識し品質の高いオペ
レーションを促進する制度が設立され、今日まで効果的に運用されている。
2) USCG ターゲッティングシステム
USCG は米国に入港する米国籍以外の船舶により曝される恐れのある危険性を、Safety
Targeting Matrix を使い、合理的及び組織的に評価している。この Matrix は、カテゴリー別に計
算したポイント数の合計で、Port State Control Officers が、どの船に乗り込むべきであるか優
先度を決定するために使われている。
3) 外国籍サブスタンダード
外国籍サブスタンダード船
サブスタンダード船の入港禁止
米国の法規、国際条約等の要件を満足するよう要求される米国領域内を航行する全ての外国
籍船舶に対して、過去 12 ヶ月以内に 3 度、USCG によって拘留され、安全管理システム(SMS)
を効果的に実施できなかったことが拘留の一因と判断された場合、入港禁止通知書 “Letter
of Denial”が発行される。ただし、拘留回数が 12 ヶ月以内に 3 回未満の場合であっても、以下
の場合においては、USCG 本部の判断に従い“Letter of Denial”が発行されることがある。
1.船舶、乗組員の安全あるいは海洋環境に対して著しい危険がある場合
2.過去に海洋環境に対して安全でない、あるいは脅威をもたらすような船舶事故、海洋汚染
事故あるいは重大な修理上の問題がある場合
3.米国の法規に違反するような油流出などがある場合
詳細については、USCG ホームページ(http://www.uscg.mil/hq/cgcvc)を参照。
1.2.3 Equasis データベースについて
Equasis は、公的及び私的機関から世界の商船フリートの安全に関する情報を集めるユニークな
データベースであり、インターネット( http://www.equasis.org/ )により容易にアクセスすることを可
能にしている。 Equasis は、公的機関からの情報(Paris MoU、Tokyo MOU 及び USCG から提供
された個船の PSC に関わる情報)及び関連団体からの情報(船級、保険、産業検査組織及び品
質認定機構への加入に関わる情報)を、無料で提供している。
8
ClassNK Annual Report on Port State Control
1.3 PSC に対する本会
する本会の
本会の取り組み
1.3.1 PSC 検査により
検査により指摘
により指摘された
指摘された欠陥
された欠陥の
欠陥の取り扱い
(1)寄港国政府への
寄港国政府への協力支援及
への協力支援及び
協力支援及び欠陥の
欠陥の処理
船級船の欠陥に関する通知を寄港国政府から受けた場合、本会は次に示す協力を行っている。
寄港国政府の PSC に於いて欠陥が指摘され、寄港国政府からのレポートに船級や条約に係わる
欠陥が発見された場合は、本会検査員の臨検が必要か寄港国政府に確認する。
寄港国政府から報告された欠陥内容に関し、船級や条約の要件の解釈に違いがあると判断され
た場合、又は同政府から解釈を求められた場合は、IACS の解釈や本会の解釈を担当 PSC 検査
官に説明する。
寄港国政府の PSC 検査官より、過去の船級検査や条約検査の検査結果又は指定事項に関する
情報の提出を求められた場合、その概要を通知する。
なお、PSC に於いて欠陥を指摘された船舶に検査員が立会した場合、原則として寄港国政府の
PSC 検査官に指摘された欠陥のみならず、その欠陥の重大さを考慮のうえ、船体・機関及び艤
装について年次検査で要求される程度の現状検査を行っている。
(2)寄港国政府検査レポートに
寄港国政府検査レポートに関
レポートに関する処理
する処理
検査員が寄港国主管庁より PSC 検査についてのレポートを受け取った場合、受け取ったレポート
は ClassNK 本部に送付され、欠陥の原因を調査している。 この調査は、拘留された船を含めレ
ポートを受け取った全ての船舶について実施され、その結果は本会関係部所に回覧されるととも
に、本会検査員へ本船の PSC 関連情報を提供するため、本会のデータベースに反映させてい
る。
また調査結果は、必要に応じ船舶の旗国政府にもその事実を通知している。 同時に当該船舶
の船主にも通知し、船舶の安全を守り海洋環境を汚さない最終的な責任を負っていることを認識
し船舶の日常の保守管理を強化していただくよう直接船主を訪問し、意見交換やアドバイスを行
っている。
なお、調査の結果、PSC により指摘された欠陥が、本会の検査員により行われた過去の検査に
関係していると判断された場合、その検査は不適合なサービスとして取り扱われ、本会の品質シ
ステムにより定められた手順に従い、必要な是正・予防措置を行なっている。
1.3.2 Detained Ship の増加防止対策
(1) 内部会議での
内部会議での特別研修
での特別研修
定期的に開催している内部の検査会議において、PSC で class-related と判定された欠陥事例の
紹介、サブスタンダード船や高齢船の検査にあたり前述の PSC に関するデータベースの活用あ
るいは検査員への継続的な OJT の実施を指示し、検査員が厳正な検査を行なうよう現場での指
導・監督の徹底を要求している。
9
ClassNK Annual Report on Port State Control
(2)船主に
船主に対する活動
する活動
(a) 船主との
船主との意見交換
との意見交換
NK 船が拘留された場合、前述の通り個別に船主訪問を行い、detention 防止対策や保守の強
化につきアドバイスを行い、また意見交換を行っている。
(b) 委員会・セミナー
委員会・セミナー等
・セミナー等
国内外の船主との各懇談会や技術委員会等で、detention 防止対策のための方策につき意見
交換を行なうとともに、保守整備及び乗組員の教育が重要である事について資料を示し説明
を行っている。
(c) 刊行物
本会が発行している「Annual Report on PSC」や入港前に手軽に船内で点検できるチェックリス
ト(Good Maintenance On Board Ships)及び Pocket チェックリストを、本会に登録されている船
主及びオペレーターに配布し、本会船級船の品質の向上に役立てていただいている。
また本会船級船に対する PSC 検査において同様の指摘が増加傾向にある欠陥情報を船舶管
理会社にメール配信するサービス「ClassNK PSC Bulletin」を開始し、2015 年 5 月 11 日に第 1
報を送付しており、今後続報を不定期で配信する予定である。
1.3.3 各 Port State への訪問
への訪問
本会の活動の紹介や PSC 関連事項の意見交換を目的とし、NK 本部及び海外事務所から定期的
に各国の PSC 当局を訪問している。2014 年に NK 本部から訪問した主な Port State の関係機関は
次のとおりである。
- オーストラリア
- 中国
- カナダ
- ニュージーランド
- アメリカ
Australian Maritime Safety Authority (AMSA)
Maritime Safety Administration (MSA)
Transport Canada(TC)
Maritime New Zealand(MNZL)
United States Coast Guard (USCG)
2015 年については Paris MoU 管内の主要 PSC 当局訪問についても計画している。
10
ClassNK Annual Report on Port State Control
第2章
PSC において Detain された本会船級船
された本会船級船の
本会船級船の統計
2.1 一般
この章で示す PSC 検査により欠陥が指摘され detain された本会船級船のデータは、以下の情報に
基づいている。
(1)IMO 決議 A.1052(27)“Procedure for Port State Control”に従った寄港国からの通知
(2)USCG、Paris MoU 及び Tokyo MOU が公表している detain 船に関する情報
2014 年 1 月から 12 月までに、386 隻の NK 船級船について計 429 件の PSC による detention が報
告された。2014 年 12 月末の時点で 500GT 以上の NK 船級船の総隻数は 7,986 隻であり、2014 年
に PSC で detain された 386 隻は全体の約 4.8%になる。また、2014 年の NK 船級船の detention
率(Detention 総数/ NK 船級船の総隻数)は、約 5.4%となる。
2.2 Detentions
Detentions に関するデータ
2.2.1 船籍国別
表 2.2.1 船籍国別 Detentions (NK)
Flag State
Panama
Liberia
Malta
Marshall Islands
Hong Kong
Singapore
Indonesia
Vanuatu
Bahamas
Viet Nam
Thailand
Turkey
Philippines
Cyprus
Others
Total
Number of
Registered Ships
(500GT or over)
Number of
Detentions
2012 2013 2014 2012 2013 2014
3,160 3,160 3,194
258
246
228
349
396
468
17
36
43
184
200
216
16
21
21
307
343
402
19
21
19
435
458
432
17
14
14
649
691
729
21
17
10
160
170
168
4
9
8
47
48
53
4
4
7
134
144
149
9
7
6
89
91
89
8
2
6
72
67
73
10
8
5
68
69
66
3
7
4
89
87
73
8
5
4
85
86
89
6
5
3
‐
‐
‐
37
41
51
7,319 7,620 7,986
437
443
429
11
Detention Ratio (%)
(= Detentions /
Registered Number
in each year)
2012 2013 2014
8.2
7.8
7.1
4.9
9.1
9.2
8.7 10.5
9.7
6.2
6.1
4.7
3.9
3.1
3.2
3.2
2.5
1.4
2.5
5.3
4.8
8.5
8.3 13.2
6.7
4.9
4.0
9.0
2.2
6.7
13.9 11.9
6.8
4.4 10.1
6.1
9.0
5.7
5.5
7.1
5.8
3.4
‐
‐
‐
6.0
5.8
5.4
ClassNK Annual Report on Port State Control
300
250
258
246
2012
2013
2014
200
150
100
51
50
36
43
37 35
17
16
21 21
19 21 19
21 17
17 14 14
10
4
9 8
4 4 7
9 7 6
8
10 8
2 6
5
3
7
8 5
4
4
6 5 3
Othe
rs
s
Cypr
u
pines
Philip
Turk
ey
Thail
an d
Viet
Baha
Nam
ma s
atu
Vanu
esia
apor
e
Indon
Hong
Sing
Kong
s
hall I
sland
Mars
Malta
Pana
ma
Liber
ia
0
Flag State
図 2.2.1-1 船籍国別Detentions
(NK)
船籍国別
20.0
2012
15.0
2013
13.9
13.2
2014
11.9
10.5
10.0
9.1 9.2
8.2
10.1
9.7
8.7
9
8.5 8.3
9
7.8
7.1
6.7
6.2 6.1
7.1
6.8
6.7
6.1
5.3
4.9
5.0
5.5
5.8
4.4
4
3.1 3.2
5.7
4.9
4.8
4.7
3.9
3.4
3.2
2.5
2.5
2.2
1.4
Flag State
図 2.2.1-2 船籍国別Detentions
(NK)
船籍国別
12
s
Cypr
u
pines
Philip
Turk
ey
Thail
an d
Nam
Viet
ma s
Baha
atu
Vanu
esia
Indon
apor
e
Sing
Kong
Hong
s
hall I
sland
Mars
Malta
Liber
ia
ma
0.0
Pana
Detentions(%)
Detentions
228
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.2.2 船舶の
船舶の種類別
表 2.2.2 船舶の
船舶の種類別 Detentions (NK)
Number of
Detention Ratio (%)
Registered
Number of Detentions (= Detentions / Registered
Ships in 2014
Number in each year)
(500GT or
2012
2013
2014
2012
2013
2014
over)
7.2
7.6
7.2
216
3,409
243
246
100
13.6
10.3
9.3
809
79
75
38
6.5
5.9
4.2
615
35
26
9
6.5
4.7
4.0
125
6
5
0
0
1.0
1.8
113
1
2
6
12.8
13.6
6.8
44
6
3
18
12.1
12.7
10.4
134
18
14
10
2.8
4.0
4.0
350
14
14
6
0.8
1.3
1.2
751
10
9
4.2
3.3
3.0
27
690
22
21
6
1.7
1.6
2.4
381
6
9
0.2
0.6
0.9
1
565
3
5
437
7,986
443
429
Ship Type
Bulk Carrier
General Cargo
Container Carrier
Chip Carrier
Cement Carrier
Ro-Ro Ship
Reefer Carrier
Vehicles Carrier
Oil Tanker
Oil/Chemical Tanker
Gas Carrier
Others
Total
冷凍貨物船の detention 率(船舶の種類別 detention 数÷種類別 NK 船級登録総隻数)が 10%を超
え、他の船種に比べ高くなっている。
300
Detentions
250
243 246
2012
2013
2014
216
200
150
100
100
79 75
38 35
50
26
9 6
5
0
1
6
2
6
3
18 18 14
10 14 14
27 22 21
6 10 9
6
6
9
1
3
5
th
er
s
C
O
en
er
al
C
G
Bu
lk
C
ar
rie
r
ar
on
go
ta
in
er
C
ar
ri e
r
C
hi
p
C
ar
rie
C
r
em
en
tC
ar
ri e
r
R
oR
o
Sh
ip
R
ee
fe
rC
ar
Ve
rie
r
hi
cl
es
C
ar
rie
r
O
il
Ta
O
il/
nk
Ch
er
em
ic
al
Ta
nk
er
G
as
C
ar
rie
r
0
13.6
13.6
12.8
12.1
2012
12.7
10.3
2013
10.4
9.3
7.2
7.6
7.2
6.5
2014
6.8
6.5
5.9
4.7
4.2
4
4
4.2
4
3.3
2.8
3
2.4
1.8
1
0.8
1.7 1.6
1.3 1.2
0.2
s
th
er
O
ar
r
C
as
G
図 2.2.2-2 船舶の
率 (%)
船舶 の 種類別Detention率
種類別
13
ie
r
er
an
k
m
ic
al
T
il/
Ch
e
r
il
Ta
nk
er
O
C
ar
ri e
O
Ve
h
ic
le
s
C
ar
r
ie
r
p
Sh
i
R
ee
fe
r
oR
o
R
ar
rie
r
C
r
ar
rie
em
en
t
C
C
p
C
hi
ar
ri
C
ne
r
al
C
on
ta
i
G
en
er
C
ar
rie
er
C
ar
go
0
r
16.0
14.0
12.0
10.0
8.0
6.0
4.0
2.0
0.0
Bu
lk
Detention率(%)
図 2.2.2-1 船舶の
(NK)
船舶 の 種類別Detentions
種類別
0.6
0.9
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.2.3 船齢別
表 2.2.3 船齢別 Detentions (NK)
Detention Ratio (%)
Number of
Number of Detentions (= Detentions / Registered
Registered
Number in each year)
Ships in 2014
(500GT or over) 2012
2013
2014
2012
2013
2014
Ship’s age
Up to 5 years old
3,017
67
56
60
2.2
1.8
2.0
Over 5 and up to 10
1,944
78
114
98
5.4
6.9
5.0
Over 10 and up to 15
1,075
86
77
79
7.4
7.0
7.3
Over 15 and up to 20
1,162
98
100
102
10.4
9.5
8.8
Over 20 and up to 25
445
35
43
43
9.2
10.6
9.7
Over 25
343
73
53
47
18.8
15.5
13.7
7,986
437
443
429
Detentions
Total
120
100
80
60
40
20
0
114
102
98 100
98
86
78
67
56
77
2012
79
2013
73
60
53
43
43
47
2014
35
Up to 5
Over 5 and
up to 10
Over 10 and Over 15 and Over 20 and
up to 15
up to 20
up to 25
Over 25
Detention率 (%)
図 2.2.3-1 船齢別Detentions
(NK)
船齢別
18.8
20.0
15.5
13.7
15.0
10.4
10.0
5.0
10.6
8.8
9.2
2013
9.7
2014
7.4 7.0 7.3
6.9
5.4
9.5
5.0
2.2 1.8 2.0
0.0
Up to 5
Over 5 and
up to 10
Over 10
and up to
15
Over 15
and up to
20
Over 20
and up to
25
図 2.2.3-2 船齢別Detention率
率 (NK)
船齢別
14
2012
Over 25
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.2.4 総トン数別
トン数別
Gross Ton (x 1,000)
Up to 10
Over 10 and up to 20
Over 20 and up to 30
Over 30 and up to 40
Over 40 and up to 50
Over 50 and up to 60
Over 60 and up to 80
Over 80
表 2.2.4 総トン数別
トン数別 Detentions (NK)
Detention Ratio (%)
Number of
Number of Detentions (= Detentions / Registered
Registered
Number in each year)
Ships in 2014
(500GT or over) 2012 2013 2014
2012
2013
2014
4.9
2,682
147
136
131
5.8
5.3
7.5
1,327
97
100
100
7.8
7.9
7.1
958
64
54
68
7.4
5.9
5.2
1,111
68
74
58
6.9
7.0
4.0
658
26
20
26
4.6
3.4
3.0
330
8
16
10
2.6
4.8
3.7
216
9
14
8
4.3
6.6
4.0
704
18
29
28
2.8
4.4
Detentions
Total
7,986
160
140
120
100
80
60
40
20
0
437
443
429
147
136
131
2012
2013
97 100100
2014
68
64
68
74
58
54
26
20
29 28
26
8
Up to 10
16
10
9
14
18
8
Over 10 and Over 20 and Over 30 and Over 40 and Over 50 and Over 60 and
up to 20
up to 30
up to 40
up to 50
up to 60
up to 80
Over 80
x 1,000 GT
図 2.2.4-1 総 トン数別
(NK)
トン 数別Detentions
数別
9.0
7.8 7.9
8.0
7.5
2012
7.4
7.1
Detention率(%)
7.0
6.0
5.0
6.9
7
2013
6.6
5.9
5.8
5.3
4.9
2014
5.2
4.8
4.6
3.7
3.4
2.6
3.0
4.4
4.3
4
4.0
3
4
2.8
2.0
1.0
0.0
Up to 10
Over 10 and Over 20 and Over 30 and Over 40 and Over 50 and Over 60 and
up to 20
up to 30
up to 40
up to 50
up to 60
up to 80
Over 80
x 1,000 GT
図 2.2.4-2 総 トン 数別Detention率
率 (NK)
数別
15
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.2.5 Port State 別
95
China
表 2.2.5 Port State 別 Detentions (NK)
Port State
China
141
77
79
82
U.S.A.(*1)
18
23
32
Japan
31
27
22
India
32
20
21
14
9
Italy
15
United Kingdom
6
6
15
Republic Korea
15
15
10
Egypt
Egypt
6
5
10
Turkey
Turkey
5
4
10
Germany
Germany
3
2
10
Indonesia
24
14
8
Indonesia
Spain
11
3
8
Spain
6
10
7
Canada
4
7
Hong Kong,China
7
2
7
21
20
32
17
9
14
15
9
2
15
United Kingdom
9
4
27
31
Russian Federation
17
Chile
22
India
2
Canada
23
18
Japan
Italy
Republic of Korea
32
U.S.A.(*1)
95
Australia
Russian Federation
82
79
77
Australia
2012 2013 2014
120
141
120
6
6
10
15
15
10
5
6
10
14
24
8
3
11
7
10
6
7
4
4
7
2
4
0
7
Cyprus
1
0
6
Greece
0
Iran
6
5
5
Cyprus
0
1
Netherlands
8
7
4
France
2
6
4
Taiwan
Others
Total
2
6
1
4
4
3
0
27
437
1
46
443
3
17
429
7
7
4
6
5
5
6
Iran
4
Netherlands
France
Poland
7
8
4
6
2
4
1
2
3
4
6
Singapore
Taiw an
(*1) Puerto Rico を含む
2012
8
Greece
Poland
Singapore
2013
10
2
3
Chile
Hong Kong,China
2014
4
5
3
1
0
図 2.2.5 Por t St at e 別
2014 年は中国における Detention が 2013 年と比較して約 3 分の 2 へと減少している。
16
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.2.6 MOU (及
(及び USCG) 別
表 2.2.6
MOU (及
及び USCG)別
別 Detentions (NK)
500
MOU(and USCG)
400
2012 2013 2014
292
304
243
Paris MoU
50
59
87
USCG
18
23
32
Others
77
57
67
437
443
429
Total
Detentions
Tokyo MOU
437
300
443
429
Paris MOU
292
Tokyo MOU
304
243
200
100
0
NK Total
USCG
87
50
18
2012
59
23
2013
32
2014
図 2.2.6 MOU (及
及び USCG)別
別 Detentions(NK)
2014 年は TokyoMOU 地域内の detention が約 20%減少し、一方で Paris MoU 地域内及び USCG
の detention が増加している。
17
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.3 Detention につながった欠陥
につながった欠陥の
欠陥の分析
2.3.1 カテゴリー別
カテゴリー別
2014 年は、1,195 件の欠陥が船舶の耐航性や乗組員の安全を損なうか海洋環境に対し害となる不
合理な脅威を呈するものとして指摘され、計 429 件の船舶の detention につながった。
それらの欠陥を分類すると、図 2.3.1 の通りとなる。 分類は基本的に Tokyo MOU の分類方法に準
じており、消防設備及び救命設備に分類される欠陥だけで、全体の約 3 分の 1 を占めている。
221
214
215
FIRE SAFETY
163
ISM
119
129
137
LIFESAVING APPLIANCES
166
122
109
EMERGENCY SY STEMS
123
118
97
93
SAFETY OF NAVIGATION
65
65
PROPULSION AND AUXILIARY MACHINERY
50
39
61
POLLUTION PREVENTION - MARPOL ANNEX Ⅰ
49
65
51
CERTIFICATE AND DOCUMENTATION -CREW CERTIFICATE
25
27
2014
2013
43
43
42
RADIO COMMUNICATIONS
37
36
CERTIFICATE AND DOCUMENTATION -SHIP CERTIFICATE
2012
27
36
WATER / WEATHERTIGHT CONDITIONS
51
35
24
21
POLLUTION PREVENTION - MARPOL ANNEX Ⅳ
35
23
STRUCTURAL CONDITIONS
30
34
20
ALARMS
8
14
18
WORKING AND LIVING CONDITIONS - WORKING CONDITIONS
24
20
17
CERTIFICATE AND DOCUMENTATION -DOCUMENTS
10
11
13
LABOUR CONDITIONS-CONDITIONS OF EMPLOY MENT
7
0
LABOUR CONDITIONSLABOUR
CONDITIONS-ACCOMMODATION,RECREATIONAL
ACCOMMODATION
RECREATIONAL
FACILITIES,FOOD AND CATERING
FACILITIES,FOOD AND CATERING
LABOUR CONDITIONSLABOUR CONDITIONS-HEALTH PROTECTION,MEDICAL CARE SOCIAL
HEALTH PROTECTION,MEDICAL CARE SOCIAL SECURITY
SECURITY
12
2
0
11
1
0
10
12
WORKING AND LIVING CONDITIONS - LIVING CONDITIONS
5
8
POLLUTION PREVENTION - MARPOL ANNEX VI
18
10
6
OTHER
11
10
0
50
図 2.3.1 カテゴリー別
カテゴリー 別 Deficiencies (NK)
18
100
150
Deficiencies
200
250
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.3.2 報告件数の
報告件数の多い欠陥
NK 船級船舶の detention につながった欠陥項目で、報告件数が多いものを図 2.3.2 に纏めた。
2014 年には初めて ISM が拘留原因のトップとなっている。それ以外では救命艇、及び非常用消火
ポンプに係わる欠陥が相変わらず上位になっている。 2012 年から 2014 年に指摘された主な欠陥
の詳細を項目を(1)から(15)で紹介する。
ISM
72
33
0
57
Lifeboats
78
50
41
Emergency Fire Pump and its pipes
53
57
31
Oil filtering equipment
20
24
30
Fire-dampers
35
Charts
30
23
20
38
28
Development of plans for shipboard operations
21
21
Fire pump and its pipes
27
12
17
2014
22
Other (machinery)
9
2013
11
21
Fixed fire extinguishing installation
Sew age treatment plant
2012
32
26
21
16
24
20
Emergency souce of pow er- Emergency Generator
32
15
Fire detection
20
15
18
19
Auxiliary engine
12
12
Fire drills
19
11
21
18
Means of control(opening,pumps ventilation,etc)
13
Endorsement by flag State
6
19
18
9
17
Maintenance of the ship and equipment
Propulsion main engine
22
30
16
16
5
Fire fighting equipment and appliances
15
14
10
14
Ventilators ,air pipes ,casings
19
12
14
Launching arrangements for survival craft
9
0
10
19
20
30
40
Deficiencies
図 2.3.2 報告件数の
報告件数 の 多 い 欠陥(NK)
欠陥
19
50
60
70
80
ClassNK Annual Report on Port State Control
(1)消防設備
消防設備に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(1)に示す。
表 2.3.2-(1) 消防設備 (Fire Safety)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
Item
防火ダンパ
35
38
30 防火ダンパの作動不良・腐食衰耗
消火ポンプとその配管
17
12
27 消火主管の腐食衰耗・破口
固定消火装置
26
32
21 CO2 ラインの腐食衰耗・破口
固定式消火装置の作動不良
火災探知装置
18
15
20 火災探知装置の作動不良
危急遮断弁、遠隔装置等
19
13
18 燃料油タンク危急遮断弁の作動不良
消火用装具
10
14
15 消火ホースの劣化・破口
防火構造
12
18
12 A 級仕切りのケーブル貫通部の不燃材料の劣化
機械式通風装置
11
11
12 機械式通風装置の作動不良・腐食衰耗
防火仕切りの防火戸及び開口
10
11
12
3
10
脱出設備
自己閉鎖装置の作動不良
防火戸の腐食衰耗
8 脱出経路に妨害物
(2)ISM
ISM コードに関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(2)に示す。
Item
表 2.3.2-(2) ISM コード(ISM
Related Deficiencies)
コード
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
ISM Code(一般)
15
33
72 SMS が全般的に機能していない
船内業務
21
21
28
船舶及び設備の保守
30
22
17 保守整備が SMS に従って行われていない
経営資源及び要員配置
21
12
12 船員が船上機器の操作に精通していない
その他(ISM)
13
7
緊急事態への準備
12
8
休息時間の記録の管理が SMS に従って行われ
ていない
12 ISM System が確立していない等
6
消防設備に精通していない
緊急操舵の実演に失敗
20
ClassNK Annual Report on Port State Control
(3)救命設備
救命設備に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(3)に示す。
Item
救命艇
表 2.3.2-(3) 救命設備 (Life Saving Appliances)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
エンジンの作動不良(バッテリー不良を含む)
50
78
57
負荷離脱装置の復旧不良
生存艇の進水及び揚収装置
9
19
救助艇
8
7
14
13
救命設備の操作準備
14 ダビットの腐食衰耗・破口
11
エンジンの作動不良(バッテリー不良を含む)
舵の作動不良
8 救命艇負荷離脱装置の作動不良
(4)緊急体制
緊急体制に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(4)に示す。
Item
表 2.3.2-(4) 緊急体制 (Emergency Systems)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
非常用消火ポンプ
57
53
41 非常用消火ポンプの作動不良/吐出圧力不足
非常電源
15
32
20 非常用発電機が(手動又は自動で)始動しない
防火操練
21
11
19 防火操練の失敗
非常用照明、電源、スイッチ
6
6
船体放棄の操練
8
10
13
バッテリー・非常用発電機の作動不良
非常灯の故障
10 船体放棄の操練の失敗
(5)航海設備
航海設備に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(5)に示す。
Item
海図
表 2.3.2-(5) 航海設備 (Safety of Navigation)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
海図の update が未実施
20
23
30
予定している航海の海図が未搭載
航海用刊行物
5
10
航海灯、形象物、音響物
4
7
13
12
2
3
航海情報記録装置
(VDR/S-VDR)
航海計画
13 最新の灯台表、潮汐表、水路通報等の未搭載
航海灯の不良
N.U.C ライトの配置不良
VDR/S-VDR の作動不良
9
アラームパネルにエラー表示
13
5 前の航海計画の紛失
21
ClassNK Annual Report on Port State Control
(6)機関
機関に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(6)に示す。
Item
表 2.3.2-(6) 機関 (Propulsion and auxiliary machinery)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
その他(機関)
11
9
22 補機関周りに大量の漏油
補機関
12
12
19 補機関の作動不良、油漏れ、汚れ
主機関
5
16
16
Oil Mist Detector の不具合
油及び冷却水の漏れによる汚れ
(7)MARPOL Annex I
MARPOL Annex I に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(7)に示す。
Item
油水分離装置
表 2.3.2-(7) MARPOL Annex I
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
油水分離装置、ビルジポンプの作動不良
油水分離装置の油排出ラインの油汚れ
24
20
31
乗組員が油水分離装置の操作に精通していな
い
15ppm 警報装置
9
12
油排出制御装置
5
4
11 警報装置の作動不良
6 自動排出停止装置の作動不良
(8)乗組員の
乗組員の証書
乗組員の証書に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(8)に示す。
表 2.3.2-(8) 乗組員
乗組員の
の証書(Certificate
&Documentation-Crew Certificate)
証書
Noted Deficiencies
Item
2012 2013 2014
船籍国による裏書
船長及び士官の証明
安全配員証書による配員指定
9
6
14
12
2
2
18 証明書の紛失、有効期限切れ
8
STCW 証書に船籍国による裏書なし
証明書の有効期限切れ
6 配員不足
(9)通信設備
通信設備に関するオペレーショナルな欠陥の内訳を表 2.3.2-(9)に示す。
表 2.3.2-(9)通信設備
通信設備(Radio
Communications)
通信設備
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
装置の作動不良
16
14
13
MF/HF 無線電話装置
DC 電源による作動不良
Item
予備電源
EPIRB
12
9
9 予備電源で GMDSS 機器を起動できない
3
2
6
22
作動不良
年次テスト期限切れ
ClassNK Annual Report on Port State Control
(10)
10)証書と
証書と書類
証書と書類に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(10)に示す。
表 2.3.2-(10) 証書と
証書と書類 (Certificate &Documentation-Ship Certificate)
Item
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
安全管理証書(SMC/ISM
3
2
7 証書の期限切れ
Code)
その他(証書)
2
3
5 証書の期限切れ
適合書類(DOC/ISM Code)
2
3
4 オリジナル証書の不所持、期限切れ
燃料油による海上汚染事故か
ら生じる民事責任に対する保
障証明書
0
0
4 オリジナル証書の不所持、期限切れ
国際船舶保安証書
1
3
3 オリジナル証書の不所持、期限切れ
(11) 水密/風雨密の
風雨密の状態
水/風雨密の状態に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(11)に示す。
表 2.3.2-(11) 水密/風雨密
風雨密の
風雨密の状態 (Water/Weathertight conditions)
Noted Deficiencies
Item
2012 2013 2014
通風筒、エアーパイプ、ケーシ
空気管・通風筒の腐食衰耗・破口
12
19
14
ング
管頭内フロート・通風筒閉鎖装置の破損・固着
ハッチカバーの腐食衰耗・破口
6
14
6 ハッチカバークリートの腐食衰耗
ハッチカバー
ラバーパッキンングの劣化
風雨密ドア
5
3
5 風雨密性が保たれていない
(12) MARPOL Annex Ⅳ
MARPOL Annex Ⅳに関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(12)に示す。
Item
汚水処理装置
表 2.3.2-(12) MARPOL Annex Ⅳ
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
24
16
21 作動不良
(13) 構造一般
構造一般に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(13)に示す。
表 2.3.2-(13) 構造一般 (Structural Conditions)
Noted Deficiencies
Item
2012 2013 2014
バラストタンク、燃料タンク及び
1
2
5 破口、油漏れ
その他のタンク
緊急操舵装置の作動不良
9
4
4
操舵装置
緊急操舵装置の操作に精通していない
23
ClassNK Annual Report on Port State Control
(14) 警報装置
警報装置に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(14)に示す。
Item
表 2.3.2-(14) 警報装置(
)
警報装置(Alarms)
Noted Deficiencies
2012 2013 2014
機関制御関連警報
3
2
4 主機警報不良
火災警報
1
3
3 火災警報手動発信器不良
ボイラー警報
3
1
3 ボイラー低水位警報不良
操舵装置警報
1
0
3 操舵機ポンプ及び位相異常警報の故障
(15) 労働条件
労働条件に関する欠陥の内訳を表 2.3.2-(15)に示す。
表 2.3.2-(15) 労働条件 (Working Living ConditionsConditions-Working Conditions)
Noted Deficiencies
Item
2012 2013 2014
機関室の汚れ
15
9
11 機関室内に多量の油及びビルジ
24
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4 Port State 別 Detention につながった欠陥
につながった欠陥の
欠陥の分析
NK 船級船の detention につながった欠陥項目で報告件数が多いものについて、Detention 数が多
い Port State 別に表 2.4.1 から表 2.4.12 に纏めた。
2.4.1 中国(
)
中国(China)
表 2.4.1 China
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Fire Safety
Lifesaving Appliances
ARPOL Annex Ⅰ
ISM
Emergency Systems
Radio Communications
MARPOL Annex Ⅳ
Alarms
Crew Certificates and Documents
Safety of Navigation
Propulsion and auxiliary machinery
Ships Certificates and Documents
Water/Weathertight conditions
ISPS
Documents
2012 2013 2014
84
67
69
41
58
40
17
19
19
23
18
17
33
42
16
8
13
12
12
7
12
4
0
12
6
7
10
11
14
8
3
11
7
8
15
5
11
24
4
6
3
1
4
3
0
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
救命艇
防火構造
油水分離装置
汚水処理装置
非常用消火ポンプ
防火ダンパ
生存艇の進水及びその揚収装置
消火ポンプとその配管
危急遮断弁、遠隔装置等
機械式通風装置
固定消火装置
消火用装具
船籍国による裏書
船内業務
経営資源及び要員配置
高圧燃料管の飛散防止対策
航海灯、形象物、音響物
火災探知装置
15ppm 警報装置
2012 2013 2014
36
19
17
10
12
6
10
11
11
8
4
10
24
22
9
13
11
7
7
3
7
9
2
7
10
8
6
3
7
6
14
5
6
2
4
6
1
0
6
1
4
5
10
3
5
5
6
4
3
4
1
2
4
6
3
2
4
2014 年は 95 隻の detention に対し、244 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(2.6 件/隻)
25
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4.2 オーストラリア(
)
オーストラリア(Australia)
表 2.4.2 Australia
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
ISM
Lifesaving Appliances
Emergency Systems
Fire Safety
Radio Communications
Water/Weathertight conditions
MARPOL Annex Ⅳ
MARPOL Annex Ⅰ
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
船内業務
救命艇
救命設備の操作準備
その他(ISM)
非常用消火ポンプ
ISM コード全般
防火ダンパ
非常電源
船舶及び設備の保守
汚水処理装置
予備電源
2012 2013 2014
36
24
37
16
19
21
14
12
0
14
7
16
4
8
6
9
10
5
1
0
4
4
1
3
2012 2013 2014
17
14
16
1
3
10
13
11
8
1
4
8
3
9
6
0
0
6
7
6
5
3
3
5
7
2
5
7
6
4
1
2
3
2014 年は 82 隻の detention に対し、106 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(1.3 件/隻)
2.4.3 アメリカ(
)
アメリカ(U.S.A.)
表 2.4.3 U.S.A.
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Fair Safety
ISM
Lifesaving Appliances
MARPOL Annex Ⅰ
Propulsion and auxiliary machinery
Emergency Systems
Living Conditions
2012 2013 2014
14
14
7
4
14
4
1
9
4
2
5
7
3
2
4
1
3
3
0
0
3
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
固定消火装置
船舶及び設備の保守
消火ポンプとその配管
油水分離装置
救助艇
2012 2013 2014
9
5
0
1
4
1
0
4
0
3
1
3
0
0
3
2014 年は 32 隻の detention に対し、59 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(1.8 件/隻)
26
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4.4 日本(
)
日本(Japan)
表 2.4.4 Japan
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Emergency Systems
ISM
Fire safety
2012 2013 2014
14
7
10
10
9
11
9
7
11
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
防火操練
経営資源及び要員配置
防火ダンパ
2012 2013 2014
6
7
11
6
6
6
0
4
3
2014 年は 22 隻の detention に対し、37 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(1.7 件/隻)
2.4.5 インド(
)
インド(India)
表 2.4.5 India
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Prorulsion and auxiliary machinery
Fire safety
Emergency Systems
Lifesaving appliances
Radio Communications
2012 2013 2014
3
7
16
16
9
12
13
13
9
5
7
6
7
3
6
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
非常用消火ポンプ
その他(機関)
補機関
主機関
2012 2013 2014
10
8
9
1
1
6
0
3
5
0
3
5
2014 年は 21 隻の detention に対し、94 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(4.5 件/隻)
2.4.6 ロシア(
)
ロシア(Russian Federation)
表 2.4.6 Russian Federation
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
2012 2013 2014
3
6
12
Safety of Navigation
4
8
8
Lifesaving appliances
6
5
5
Fire safety
6
1
5
Emergency Systems
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
救命艇
海図
非常用消火ポンプ
2012 2013 2014
4
6
5
0
5
0
4
1
3
2014 年は 17 隻の detention に対し、43 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(2.5 件/隻)
27
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4.7 イタリア(
)
イタリア(Italy)
表 2.4.8 Italy
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Fire safety
ISM
Safety of Navigation
Emergency Systems
2012 2013 2014
1
12
24
1
8
13
0
15
8
0
4
8
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
ISM コード全般
危急遮断弁、遠隔装置等
海図
2012 2013 2014
1
6
13
0
1
8
0
6
5
2014 年は 15 隻の detention に対し、78 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(5.2 件/隻)
2.4.8 イギリス(
)
イギリス(United Kingdom)
表 2.4.7 United Kingdom
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
ISM
Fire safety
Emergency Systems
Living Conditions
2012 2013 2014
4
6
11
3
10
2
1
7
4
0
1
7
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
ISM コード全般
防火操練
2012 2013 2014
6
11
3
0
3
2
2014 年は 15 隻の detention に対し、60 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(4.0 件/隻)
2.4.9 韓国(
)
韓国(Republic of Korea)
表 2.4.9 Republic of Korea
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
2012 2013 2014
9
5
5
ISM
9
Fire safety
8
2
5
9
2
Lifesaving appliances
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
船舶及び設備の保守
救命艇
防火仕切りび防火戸及び開口
2012 2013 2014
4
1
4
3
1
2
1
3
1
2014 年は 10 隻の detention に対し、15 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(1.5 件/隻)
28
ClassNK Annual Report on Port State Control
2.4.10 エジプト(
)
エジプト(Egypt)
表 2.4.10 Egypt
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Propulsion and auxiliary machinery
Safety of Navigation
Ship Certificates and Documents
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
その他(機関)
主機関
航海情報記録装置(VDR/S-VDR)
2012 2013 2014
2
2
7
2
0
6
0
3
1
2012 2013 2014
0
2
5
0
2
1
0
2
1
2014 年は 10 隻の detention に対し、27 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(2.7 件/隻)
2.4.11 トルコ(
)
トルコ(Turkey)
表 2.4.11 Turkey
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Crew Certificates and Documents
Fire safety
MARPOL Annex Ⅰ
2012 2013 2014
1
1
8
2
3
7
0
0
7
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
船籍国による裏書
油水分離装置
MF/HF 無線電話装置
機関室の汚れ
2012 2013 2014
0
0
5
0
0
3
1
1
2
2
0
2
2014 年は 10 隻の detention に対し、43 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(4.3 件/隻)
2.4.12 ドイツ(
ドイツ(Germany)
)
表 2.4.12 Germany
カテゴリー別
カテゴリー別 欠陥指摘件数
Safety of Navigation
ISM
Fire safety
2012 2013 2014
0
5
14
2
1
10
0
1
10
指摘件数の
指摘件数の多い欠陥項目
ISM コード全般
海図
航海灯、形象物、音響物
航海用刊行物
2012 2013 2014
0
1
10
0
3
5
0
0
5
0
2
3
2014 年は 10 隻の detention に対し、66 件の detention に繋がる欠陥が指摘された。
(6.6 件/隻)
29
ClassNK Annual Report on Port State Control
第3章
ISM 欠陥を
欠陥を指摘された
指摘された NK SMC 船の統計と
統計と分析
本章に示すデータは、本会が 2014 年に入手した各国の PSC 検査報告書に基づいている。
それらのうち一部は本会の web-site (http://www.classnk.or.jp/) 上に、 “ISM コード関連”の
“PSC 月例情報”として掲載している。
本章で用いる用語の定義は以下のとおりである。
「NKSMC 船」
本会が発行した SMC を所持する船舶
「NKDOC 会社」
本会が発行した DOC を所持する会社
「ISM 欠陥」
ISM コードの要件に係る欠陥
「ISM 欠陥指摘ケース」 PSC 検査において何らかの ISM 欠陥が指摘されたケース
「ISM 欠陥指摘率」注)
NKSMC 船(全体または対象グループ)の隻数に対する ISM 欠陥指摘
ケースの割合
注)
「NKSMC 船に対して実施された PSC 検査の件数」に対する ISM 欠陥指摘ケースの割合を ISM 欠陥
指摘率とするのがより有意であるが、同件数は不明のため代わりに「NKSMC 船の隻数」を用いる。
3.1
ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケースの
ケースの統計
3.1.1
3.1.1 ISM 欠陥指摘ケースの
欠陥指摘ケースの総数
ケースの総数および
総数および ISM 欠陥指摘率
過去 4 年間の ISM 欠陥指摘ケースの総数および ISM 欠陥指摘率を表 3.1.1.1 に示す。 2014 年の
NKSMC 船全体の欠陥指摘率は 5.6%で、増加傾向が継続している。
表 3.1.1.1 ISM 欠陥指摘ケースの
欠陥指摘ケースの総数
ケースの総数および
総数および ISM 欠陥指摘率
年次
欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース総数
ケース総数
(A)
2011 年
2012 年
2013 年
2014 年
202
237
251
286
NKSMC 船総数
(B)
4505
4677
4868
5104
欠陥指摘率 (%)
(A/B)
A/B)
4.5
5.1
5.2
5.6
3.1.
3.1.2
1.2 ISM 欠陥指摘の
欠陥指摘の傾向
3.1.
3.1.2.1
1.2.1 船舶の
船舶の船種・
船種・船齢・
船齢・総トン数
トン数・船籍国別
(a)
船種別
船種別
船種別の ISM 欠陥指摘率を表 3.1.2.1 (a)および図 3.1.2.1 (a)に示す。
バルクキャリアおよびその他の貨物船の ISM 欠陥指摘率は、油タンカーおよびガスキャリアに比べ
て 2 倍以上高かった。
バルクキャリアの ISM 欠陥指摘率は、2013 年、2014 年と連続して大きく増加した。
油タンカーの ISM 欠陥指摘率は、2.0%~2.3%の間で安定している。
ケミカルタンカーの ISM 欠陥指摘率は、母数が小さいため指摘率の変動が大きい。
30
ClassNK Annual Report on Port State Control
船種
表3.1.
3.1.2
1.2.1 (a) 船種別の
種別のISM欠陥指摘率
ISM欠陥指摘率
ISM欠陥指摘
欠陥指摘 NKSMC
欠陥指摘率(%)
ISM
NKSMC船
SMC船
欠陥指摘率(%) (A)/(B)
ケース数
隻数
ケース数
2011年
2011年
2012年
2012年
2013年
2013年
2014年
2014年
(B)
2263
5.3
4.7
5.8
6.8
108
1816
5.1
6.7
6.4
5.9
タンカー
17
754
2.0
2.3
2.0
2.3
ケミカルタンカー
2
24
3.8
12.0
3.7
8.3
ガスキャリア
6
242
2.6
4.5
0.9
2.5
客船及びMODU
合計
0
5
0.0
0.0
0.0
0.0
286
5104
4.5
5.1
5.2
5.6
2014年
2014年
2014年
2014年
バルクキャリア
(A)
153
その他の貨物船
*船種は ISM Code 上の分類による。本表の「タンカー」は油または油・ケミカルを運搬するものを含む。
14.0
ISM 12.0
欠陥
指摘率 10.0
8.0
(%)
2011
2012
2013
2014
6.0
4.0
2.0
0.0
バルクキャリア
その他の貨物船
タンカー
ケミカルタンカー
ガスキャリア
客船及び MODU
図 3.1.
3.1.2
1.2.1 (a) 船種別の
船種別の ISM 欠陥指摘率
(b) 船齢別
船齢別
船齢別の ISM 欠陥指摘ケース数と NKSMC 船の隻数を表 3.1.2.1 (b)に、ISM 欠陥指摘率を図 3.1.2.1
(b) -1 に示す。また、2014 年の船種・船齢別欠陥指摘率を図 3.1.2.1 (b) -2 に示す。
全体では、船齢 20~25 年頃まで ISM 欠陥指摘率と船齢に正の相関があり、以降は船齢とともに
指摘率が下がる。
その他の貨物船は、船齢と ISM 欠陥指摘率に、常に正の相関が見られる。
バルクキャリアは船齢 15-19 年まで船齢と ISM 欠陥指摘率に正の相関が見られるが、それ以降、
ISM 欠陥指摘率に低下が見られる。これは、バルクキャリアの用船が船齢 20 年までの場合が多
い事と関係していると思われる。
油タンカーの欠陥指摘率は、他の船種に比べて、船齢は ISM 欠陥指摘率に影響が少ない。
31
ClassNK Annual Report on Port State Control
表 3.1.
3.1.2
1.2.1 (b) 船齢別の
船齢別の ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数・NKSMC
NKSMC 船の分布
船齢
ISM欠陥指摘
ISM欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数(A)
NKSMC船
NKSMC船の隻数(
隻数(B)
2011年
2011年
2012年
2012年
2013年
2013年
2014年
2014年
2011年
2011年
2012年
2012年
2013年
2013年
2014年
2014年
0~4年
52
46
47
58
1803
1865
1849
1852
5~9年
37
50
70
85
1064
1211
1391
1585
10~14年
47
44
38
43
744
670
652
681
15~19年
39
56
53
62
463
529
602
619
20~24年
16
24
26
22
218
193
204
219
25年以上
11
17
17
16
213
209
170
148
合計
202
237
251
286
4505
4677
4868
5104
14.0
2011年
12.0
2012年
ISM
10.0
欠陥
8.0
指摘率
6.0
(A/B)
4.0
(%)
2013年
2014年
2.0
0.0
0 ‐ 4年
5 ‐ 9年
10 ‐ 14年
15 ‐ 19年
20 ‐ 24年
25年以上
図 3.1.
3.1.2
(b)-1 船齢別欠陥指摘率
1.2.1 (b)20.0
ISM
15.0
欠陥
指摘率
(A/B) 10.0
(%)
バルクキャリア
その他の貨物船
油タンカー
5.0
0.0
0 ‐ 4年
5 ‐ 9年
10 ‐ 14年
15 ‐ 19年
20 ‐ 24年
図 3.1.2.1
3.1.2.1 (b) -2 船種・
船種・船齢別の
船齢別の ISM 欠陥指摘率
欠陥指摘率 (%)
32
25年以上
ClassNK Annual Report on Port State Control
(c) 総トン数
トン数別
総トン数(船舶の大きさ)別の ISM 欠陥指摘ケース数と NKSMC 船の隻数を表 3.1.2.1 (c)に、ISM 欠
陥指摘率を図 3.1.2.1 (c) に示す。
全体としては、総トン数が大きいほど ISM 欠陥指摘率が小さくなる傾向がある。
総トン数 10 千~60 千までの各グループで、2012 年以降、ISM 欠陥指摘率の大幅な増加が見ら
れる。
表 3.1.
3.1.2
1.2.1 (c) 総トン数別
トン数別の
数別の ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数と NKSMC 船隻数
総トン数
トン数
ISM欠陥指摘
ISM欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数(A)
( x 1,000)
1,000)
NKSMC船隻数
NKSMC船隻数(B)
船隻数(B)
2011年
2011年
2012年
2012年
2013年
2013年
2014年
2014年
2011年
2011年
2012年
2012年
2013年
2013年
2014年
2014年
~10
67
90
70
78
1106
1083
1096
1069
10~20
43
46
62
61
815
804
850
870
20~30
24
31
31
43
515
567
605
665
30~40
34
31
38
48
672
695
731
813
40~50
17
14
22
25
438
491
508
559
50~60
4
10
12
12
241
275
302
313
60~80
3
4
2
4
171
176
175
173
80以上
10
11
14
15
547
586
601
642
合計
202
237
251
286
4505
4677
4868
5104
9.0
2011
8.0
2012
ISM
欠陥
指摘率
(A/B)
(%)
7.0
2013
6.0
2014
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
0.0
0 ‐ 10
10 ‐ 20
20 ‐ 30
30 ‐ 40
40 ‐ 50
50 ‐ 60
60 ‐ 80
80以上
総トン数( x 1,000)
図 3.1.2.1
3.1.2.1 (c) 総トン数別
トン数別の
数別の ISM 欠陥指摘率
33
ClassNK Annual Report on Port State Control
(d) 船籍国別
船籍国別
船籍国別の ISM 欠陥指摘ケース数および ISM 欠陥指摘率を表 3.1.2.1 (d) に示す。
表 3.1.2.
3.1.2.1
1.2.1 (d) 船籍国別の
船籍国別の ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数および ISM 欠陥指摘率
欠陥指摘率(%)
2011年
2012年
2013年
2011年
2012年
2013年
船籍
ケース数
率
ケース数
率
ケース数
率
ケース数
ケース数
ケース数
アンティグア・バーブーダ
0
0.0
1
11.1
1
7.7
バハマ
1
0.9
5
4.2
4
3.5
キプロス
3
4.7
1
1.7
3
4.6
ギリシャ
0
0.0
0
0.0
2
9.1
香港
9
3.6
13
5.0
14
4.9
日本
3
1.6
9
4.4
3
1.4
キリバス
0
0.0
0
0.0
0
0.0
リベリア
11
5.1
7
3.1
14
6.2
マレーシア
1
2.6
3
7.9
0
0.0
マルタ
7
5.8
8
6.7
9
6.6
マーシャル諸島
9
4.6
9
3.7
13
4.7
ノルウェー
0
0.0
0
0.0
0
0.0
パナマ
126
5.1
143
5.6
151
5.8
フィリピン
4
9.1
4
8.5
5
11.9
サウジアラビア
0
0.0
0
0.0
0
0.0
シンガポール
16
3.1
21
4.0
14
2.5
タイ
5
8.8
5
7.8
7
10.0
トルコ
4
5.3
1
1.2
9
11.0
バヌアツ
2
4.2
5
11.1
1
2.1
(その他)
1
3.2
2
5.7
1
2.2
全体
202
4.5
237
5.1
251
5.2
2014年
2014年
ケース数
率
ケース数
4
16.0
5
4.3
3
4.3
3
13.0
11
3.5
9
3.9
0
0.0
27
9.5
0
0.0
10
6.3
16
5.4
1
7.1
152
5.8
2
6.7
0
0.0
27
4.6
4
5.6
4
6.1
5
11.6
3
4.5
286
*NKSMC 船の登録が 10 隻未満の船籍国は(その他)に含めた。
3.1.2.2 管理会社の
管理会社の管理船隻数・
管理船隻数・所在国
本項では、NKDOC 会社により管理されている NKSMC 船に関する統計を示す。
(a) 管理船隻数別
管理船隻数別
会社の管理船隻数別(8 グループ)の ISM 欠陥指摘率を表 3.1.2.2 (a)に示す。
管理隻数 15 隻を境に欠陥指摘率 5.0%未満のグループと 5.0%以上のグループに大別される。
管理隻数 51 隻以上のグループでは、欠陥指摘率は 2013 年の 2.1%から 4.9%に増加した。
34
5.6
ClassNK Annual Report on Port State Control
管理隻数
1~5
6~10
11~15
16~20
21~30
31~40
41~50
51以上
合計
表 3.1.2.2
会社の
の管理船隻数別
3.1.2.2 (a) 会社
管理船隻数別の
隻数別の ISM 欠陥指摘率
欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数 合計管理船隻数
会社数
(A)
(B)
472
79
1080
109
53
831
47
54
600
28
14
499
27
26
672
7
10
261
11
17
489
8
33
672
709
286
5104
欠陥指摘率(%)
欠陥指摘率(%)
(A/B)
7.3
6.4
9.0
2.8
3.9
3.8
3.5
4.9
5.6
(b) 所在国別
ISM 欠陥指摘船の管理会社の所在国・地域別の ISM 欠陥指摘率を表 3.1.2.2 (b) および図 3.1.2.2
(b)に示す。
2014 年はトルコの管理会社の ISM 欠陥指摘率が、その他の国・地域の管理会社に比べ明らか
に高かった。
国名・
国名・地域名
中国
ドイツ
ギリシャ
香港
インド
日本
韓国
マレーシア
フィリピン
シンガポール
台湾
トルコ
その他
合計
表 3.1.2.2 (b)
管理会社の
の所在国別
(b) 管理会社
所在国別の
国別の ISM 欠陥指摘率
欠陥指摘
合計管理隻数
ISM欠陥指摘率
ISM欠陥指摘率(
欠陥指摘率(A/B)(%)
A/B)(%)
管理会社数
ケース数
(B)
ケース数(A)
2013年
2014年
2013年
2014年
4.2
7.8
67
218
17
3.6
8.0
15
75
6
8.4
6.2
120
438
27
3.3
3.2
18
377
12
1.6
5.4
15
93
5
5.2
5.9
182
1845
108
7.2
7.5
35
147
11
0.0
1.1
12
88
1
7.3
4.5
28
242
11
2.7
3.3
70
891
29
9.4
7.7
22
207
16
9.4
15.4
54
175
27
308
4.7
71
16
5.2
5104
709
286
5.2
5.6
*合計管理会社数が 10 社以下の国/地域は「その他」に含めた。
35
ClassNK Annual Report on Port State Control
3.1.
3.1.2.3
1.2.3 PSC 実施国別
実施国別
PSC 実施国別の ISM 欠陥指摘ケース数を表 3.1.2.3 に示す。
過去 4 年間を通じて、オーストラリアでの ISM 欠陥指摘ケース数が目立って多い。
米国での ISM 欠陥指摘ケース数が、2014 年に大幅に増えた。
日本および韓国では、ISM 欠陥指摘ケース数は減少傾向である。
EU 諸国のうち、イタリアにおける ISM 欠陥指摘ケース数は 2013 年から、また、英国、ドイツにお
ける ISM 欠陥指摘ケース数は 2014 年に大幅に増加した。
2014 年、イタリア、英国、ドイツでは、指摘された ISM 欠陥が拘留欠陥となる比率が高く、それぞ
れ 78.6%, 78.6%および 66.7%であった。
国名・
国名・地域名
オーストラリア
中国
米国
日本
イタリア
英国
ドイツ
韓国
スペイン
ロシア
オランダ
カナダ
ベルギー
シンガポール
トルコ
その他
合計
表 3.1.
3.1.2
1.2.3 PSC 実施国別
実施国別 ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数
ISM 欠陥指摘ケース
欠陥指摘ケース数
ケース数 (ISM 拘留欠陥指摘ケース
拘留欠陥指摘ケース数
ケース数)
2011年
2012年
2013年
2014年
2011年
2012年
2013年
2014年
63
53
55
73
17
38
37
36
22
23
20
36
36
34
29
22
4
3
11
14
7
5
8
14
1
5
5
12
5
15
12
9
6
4
7
8
2
5
4
8
3
7
4
7
0
1
4
5
2
1
3
5
1
5
3
4
0
0
1
4
33
38
48
29
202
237
251
286
*2014 年の ISM 欠陥指摘ケース数が 3 以下の国・地域は「その他」に含めた。
36
(40)
(15)
(11)
(6)
(11)
(11)
(8)
(2)
(1)
(1)
(3)
(1)
(2)
(0)
(2)
(15)
(129)
ClassNK Annual Report on Port State Control
3.2
ISM 拘留欠陥
拘留欠陥の
欠陥の分析
3.2.1
3.2.1 地域別の
地域別の ISM 拘留欠陥指摘傾向
過去 4 年間の欠陥コードごとの ISM 拘留欠陥数を、表 3.2.1(a)から(d)に、地域別に示す。
1 回の PSC 検査で 2 つ以上の ISM 拘留欠陥が指摘される場合があるため、欠陥数は拘留ケース
数と等しくない。
Paris MoU では 2012 年 9 月以降、ISM 関連の欠陥コードが”15150- ISM”のみに集約されたため、
15150 と、15150 が使用されなかった ISM 欠陥の 2 種類のみ記載する。
米国(USCG)は 4 桁の欠陥コードを使用しているが、他地域との比較上の便宜のため、Tokyo MOU
のコードのうち相当するものに欠陥コードを変換して表示した。
なお、欠陥コード 15100 は、ISM 欠陥であるが PSC 検査記録書に欠陥コードの記載がない場合に
本会が便宜的に付したものであり、PSC の定めた欠陥コードではない。
(a) Paris MoU
ISM 拘留欠陥の指摘数は、2013 年から 2014 年にかけて急激に増加した。増加率は前年比で
それぞれ、75%および 60.7%である。
コード 15150 が付された ISM 拘留欠陥の指摘内容は、指摘数 45 のうち 44 の欠陥におい
て”The deficiencies marked (ISM) are objective evidence of a failure or luck of effectiveness of
implementation of ISM.”であった。すなわち、構造、設備等のハードウェアあるいは海図、航海
用図書、記録類の不備、操練などのオペレーション上の欠陥を客観的な証拠として ISM 拘留欠
陥が追加される場合がほとんどであった。(3.2.2 参照)
欠陥コード
欠陥コード
15150
-
表 3.2.
3.2.1.(a)
2.1.(a) 欠陥コードごとの
欠陥コードごとの ISM 拘留欠陥数 (Paris MoU)
MoU)
ISM 拘留欠陥指摘数
項目
2011
2012
2013
2014
3
25
45
ISM
13
3
1
(15150 が使用されなかった ISM 欠陥)
合計
23
16
28
46
37
ClassNK Annual Report on Port State Control
(b) Tokyo MOU
ISM 拘留欠陥の指摘数は、PSC 実施国別に差はあるものの、全体として増加傾向にある。
ISM 拘留欠陥の分類別では欠陥コード 15106 “Development of plans for shipboard operation”
の指摘は常に多く、2014 年の指摘数は 23 であった。
欠陥コード 15109 “Maintenance of the ship and equipment”は 2014 年には指摘数 6 に大幅に
減少した。
欠陥コード
欠陥コード
15100
15101
15102
15103
15104
15105
15106
15107
15108
15109
15110
15111
15112
15150
15199
表 3.2.
3.2.1.(b)
2.1.(b) 欠陥コードごとの
欠陥コードごとの ISM 拘留欠陥数 (Tokyo MOU)
MOU)
ISM 拘留欠陥指摘数
項目
2011
2012
2013
2014
0
2
0
3
ISM (Item not specified)
1
0
4
0
Safety and environmental policy
0
0
0
0
Company responsibility and authority
0
0
1
0
Designated person(s)
7
4
0
0
Master's responsibility and authority
11
19
10
12
Resources & personnel
14
19
18
23
Development of plans for shipboard operations
3
10
3
5
Emergency preparedness
Reports and analysis of NCs, accidents and
0
2
0
1
hazardous occurrences
15
16
14
6
Maintenance of the ship and equipment
2
0
2
0
Documentation - ISM
1
2
2
2
Company verification, review and evaluation
0
0
1
0
Certification, verification and control
0
1
1
5
ISM
3
1
6
11
Other (ISM)
57
76
62
68
合計
38
ClassNK Annual Report on Port State Control
(c) USCG
2012 年、2013 年は ISM 拘留欠陥の指摘数はそれぞれ 4 および 2 に減ったが、2014 年の指摘
数は 15 であった。これは、2011 年の指摘数 10 と比べても多い。
ただし、ISM 拘留欠陥指摘の総数は、欠陥の傾向分析が行えるほど多くはない。
欠陥コード
欠陥コード
15100
15101
15102
15103
15104
15105
15106
15107
15108
15109
15110
15111
15112
15150
15199
表 3.2.
3.2.1.(c)
2.1.(c) 欠陥コードごとの
欠陥コードごとの ISM 拘留欠陥数 (USCG)
USCG)
ISM 拘留欠陥指摘数
項目
2011
2012
2013
2014
0
0
0
0
ISM (Item not specified)
1
0
0
0
Safety and environmental policy
0
0
0
2
Company responsibility and authority
0
0
0
0
Designated person(s)
0
0
0
2
Master's responsibility and authority
1
0
0
0
Resources & personnel
4
0
0
0
Development of plans for shipboard operations
0
0
0
2
Emergency preparedness
Reports and analysis of NCs, accidents and
0
1
0
1
hazardous occurrences
2
1
2
3
Maintenance of the ship and equipment
2
0
0
2
Documentation – ISM
0
0
0
2
Company verification, review and evaluation
0
2
0
0
Certification, verification and control
0
0
0
0
ISM
0
0
0
1
Other (ISM)
10
4
2
15
合計
39
ClassNK Annual Report on Port State Control
(d) その他
その他の地域
その他の地域では ISM 拘留欠陥の指摘数は Paris MoU, Tokyo MOU および USCG と比較して
少なく、2014 年の指摘数は合計で 7 であった。PSC 実施国と指摘数の内訳は、ブラジル 1、エ
ジプト 1、インド 2、トルコ 3 であった。
欠陥コード
欠陥コード
15100
15101
15102
15103
15104
15105
15106
15107
15108
15109
15110
15111
15112
15150
15199
表 3.2.
3.2.1.(d)
2.1.(d) 欠陥コードごとの
欠陥コードごとの ISM 拘留欠陥数 (その他
その他の地域)
地域)
ISM 拘留欠陥指摘数
項目
2011
2012
2013
2014
0
0
0
0
ISM (Item not specified)
0
0
0
0
Safety and environmental policy
1
0
0
0
Company responsibility and authority
1
0
0
0
Designated person(s)
1
0
0
0
Master's responsibility and authority
1
0
0
0
Resources & personnel
0
2
0
3
Development of plans for shipboard operations
2
1
2
0
Emergency preparedness
Reports and analysis of NCs, accidents and
0
0
0
0
hazardous occurrences
1
7
1
2
Maintenance of the ship and equipment
0
1
0
2
Documentation - ISM
1
0
0
0
Company verification, review and evaluation
0
0
0
0
Certification, verification and control
0
0
1
0
ISM
0
2
1
0
Other (ISM)
8
13
5
7
合計
3.2
3.2.2 Paris MoU および Tokyo MOU 主要国における
主要国における拘留欠陥指摘
における拘留欠陥指摘の
拘留欠陥指摘の傾向
(a) Paris MoU
表 3.1.2.3 から分かるように、Paris MoU 管内での ISM 欠陥指摘ケース数は、ドイツ、イタリアおよび
英国の 3 か国が多くを占めている。また、3.2.1 で述べたように、Paris MoU における ISM 拘留欠陥
の指摘は、ハードウェア、図書・記録類およびオペレーション上の欠陥を客観的証拠とする場合が
ほとんどである。そこで、2014 年にこれら 3 国で ISM 拘留欠陥が指摘されたケースにおいて、同時
に指摘された構造、設備その他の拘留欠陥数を、欠陥のカテゴリー毎に表 3.2.2 に示す。
ドイツとイタリアでは、ISM 欠陥のみが単独で拘留欠陥となったケースは、なかった。
英国では ISM 欠陥のみが単独で拘留欠陥となったケースが 2 件あった。この場合、同一カテゴ
リーで多数の欠陥が同時に指摘されていた。欠陥のカテゴリーおよび指摘数は、それぞれのケ
ースで、Safety of Navigation (指摘数 10)と、Fire Safety (指摘数 6)であった。
ドイツでは ISM 拘留欠陥とともに Fire Safety(07)および Safety of Navigation(10)関連の拘留欠
陥が、ともに 8 件中 5 件で指摘され、指摘数はそれぞれ 8 および 7 であった。
イタリアでは ISM 拘留欠陥とともに Fire Safety (07)関連の欠陥が 11 件中 8 件で指摘され、指
摘数は 17 であった。
40
ClassNK Annual Report on Port State Control
(b) Tokyo MOU
表 3.1.2.3 から分かるように、Tokyo MOU 管内での ISM 欠陥指摘ケース数は、近年、オーストラリア
がおよそ半数を占めている。そこで、2014 年にオーストラリアで ISM 拘留欠陥が指摘されたケース
において、同時に指摘された構造、設備その他の拘留欠陥数を、カテゴリー毎に表 3.2.3 に示す。
拘留欠陥が ISM 関連のみであったケースが多く、40 件中 25 件あった。
ISM 拘留欠陥が指摘された場合、合わせて指摘された拘留・非拘留欠陥の総数は、平均 12.25
であった。すなわち多数の欠陥をもって ISM 拘留欠陥の客観的証拠とされた場合が多かった。
ただし、次の欠陥が発見された場合、欠陥総数が少なくても ISM 拘留欠陥を付された。
・ Working & Rest Hours
・ Voyage Plan
ISM 拘留欠陥と同時に指摘された構造、設備その他の拘留欠陥のカテゴリーに特定の傾向は
見られないが、Fire Safety (07)関連の拘留欠陥が比較的多く、6 件あった。
表 3.2.2. ISM 拘留欠陥
拘留欠陥と同時に
同時に指摘された
指摘された欠陥
された欠陥
(a)Paris
(a)Paris MoU 主要国
Nr. of
cases
PSC
ドイツ
イタリア
英国
8
11
11
欠陥カテゴリー
欠陥カテゴリー(*)
カテゴリー(*)ごとの
(*)ごとの拘留欠陥指摘数
ごとの拘留欠陥指摘数
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14
3 2 3 2
8 1 1 7
2
3 2
5 1
1 7 4
1 3
17
2 2 2 3 1
5
6 3 5 2 3
15
8
11
11
16
17
18
4
99
5
(b) オーストラリア
Nr. of
cases
40
欠陥カテゴリー
欠陥カテゴリー(*)
カテゴリー(*)ごとの
(*)ごとの拘留欠陥指摘数
ごとの拘留欠陥指摘数
01
02
03
3
04
3
05
06
07
6
08
09
*欠陥カテゴリー
01
Certificates & Documentation
02
Structural Condition
03
Water/ Weathertight condition
04
Emergency Systems
05
Radio communication
06
Cargo operations including equipment
07
Fire safety
08
Alarms
09
Working and Living Conditions
10
Safety of Navigation
11
12
13
14
15
16
17
18
99
**各ケースで指摘された欠陥指摘数の平均値
41
10
2
11
4
12
13
14
1
15
40
16
17
Life saving appliances
Dangerous Goods
Propulsion and auxiliary machinery
Pollution Prevention
ISM
ISPS
Other
MLC, 2006
Others or Not categorized
18
3
**
12
ClassNK Annual Report on Port State Control
第4章
Tokyo MOU 及び Paris MoU の PSC 実施公表データ
実施公表データ
地域 MOU 又は PSC 実施国によっては、その Website 上にて、実施した PSC のデータベースを公
表し、また PSC に関する Annual Report を毎年発行している。
本章ではこの中から、Tokyo MOU 及び Paris MoU が公表している 2014 年の PSC 実施に関するデ
ータについて、過去の公表データと合わせ概要につき紹介する。
Tokyo MOU
http://www.tokyo-mou.org
Paris MoU
http://www.parismou.org
公表されているデータの詳細又は Annual Report については、各 Website を参照。
42
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.1 Tokyo MOU
2014 年には、Tokyo MOU 加盟国内で 30,405 隻に対し PSC 検査が実施され、延べ 1,203 隻の船舶
が detain されたことが報告されている。
4.1.1 PSC 実施データ
実施データ
各 Tokyo MOU 加盟国により実施された PSC 検査実績を表 4.1.1 に示す。
表 4.1.1 Port State Inspections carried out by Port Authorities (Tokyo MOU)
Authority
Australia
Canada 1)
Chile
China
Fiji
Hong Kong, China
Indonesia
Japan
Republic of Korea
Malaysia
Marshall Islands 1)
New Zealand
Papua New Guinea
Philippines
Russian Federation 2)
Singapore
Thailand
Vanuatu
Vietnam
Total
No. of Inspection
2012
3,179
487
907
8,321
28
743
2,673
5,193
2,350
892
476
70
2,004
1,081
779
456
0
1,290
2013
3,342
416
896
8,078
27
740
2,784
5,365
2,214
898
1
329
106
2,128
972
782
499
3
1,438
No. of Detentions
Detention ratio (%)
2014 2012 2013 2014 2012 2013 2014
6.61
6.97
7.19
3,742
210
233
269
389
7
9
5
1.44
2.16
1.29
1.76
1.90
2.89
901
16
17
26
7,361
596
659
476
7.16
8.16
6.47
0
0
0
2
0
0
0
736
34
40
47
4.58
5.41
6.39
2.51
1.26
0.92
2,605
67
35
24
5,337
237
199
208
4.56
3.71
3.90
4.81
4.92
3.79
1,928
113
109
73
918
12
17
9
1.35
1.89
0.98
0
4.76
21
0
1
239
16
7
9
3.36
2.13
3.77
0
4.72
3.23
124
0
5
4
2,016
3
4
2
0.15
0.19
0.10
2.59
1.54
1.31
996
28
15
13
1,127
44
22
28
5.65
2.81
2.48
0.22
0.06
0
566
1
3
0
0
0
0
0
0
0
0
2.87
1.46
0.64
1,397
37
21
9
30,929 31,018 30,405 1,421 1,395 1,203 4.59% 4.50% 3.96%
1) 2013 年 11 月から 12 月のデータのみ
2) 太平洋側の港についてのみ
43
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.1.2 ブラックリスト
Tokyo MOU の 2014 年度の Annual Report において、ブラックリストとして公表された船籍及び
detain の件数を表 4.1.2 に示す。
表 4.1.2 Black List of Flag States (Tokyo MOU)
No. of
No. of
Black to
Flag State
Inspections
Detentions
Grey limit
2012-2014
2012-2014
Papua New Guinea
38
11
Tanzania
84
20
Mongolia
410
78
Sierra Leone
706
121
Korea, Democratic People’s Republic
630
104
Cambodia
4,502
642
Indonesia
528
80
Bangladesh
169
21
Kiribati
692
70
Niue
35
6
Belize
1,319
116
Egypt
47
7
44
Black to
Grey limit
6
10
38
61
55
344
47
18
60
5
108
7
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.1.3 船級協会別 detention
Tokyo MOU における過去 3 年間の船級協会別 detention のデータを表 4.1.3 及び図 4.1.3 に示す。
表 4.1.3 Inspections and Detentions per Recognized Organization (Tokyo MOU) (*1)
RO
No. of
No. of
No. of RO
Recognized
Detention
responsibile
Inspections
Detentions
responsibile
Organization
ratio (%)
detention
2012-2014
2012-2014
detentions
ratio (%)
ABS
9,630
259
15
2.69
0.16
BV
9,967
405
17
4.06
0.17
CCS
8,428
79
2
0.94
0.02
DNV
10,849
261
9
2.41
0.08
GL
9,419
406
18
4.31
0.19
KR
8,582
142
3
1.65
0.03
LR
11,992
349
10
2.91
0.08
NK
29,280
945
38
3.23
0.13
2,410
105
0
4.36
0
RINA
RS
1,338
76
2
5.68
0.15
(*1) Tokyo MOU の Annual Report において、検船数については本船の条約証書が 1
つ以上の recognized organization (RO)によって発給されている場合はそれぞれの RO
に対して、detain 数については detain に関連した証書を発給している RO に対しての
集計値が掲載されている。
6.00%
Detention
RO responsibility
Detention ratio
5.00%
4.00%
3.00%
2.00%
1.00%
0.00%
ABS
BV
CCS
DNV
GL
KR
LR
NK
RINA
RS
図 4.1.3 Detention Ratio by Recognized Organization (Tokyo MOU)
45
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.1.4 欠陥別集計
Tokyo MOU 加盟国による PSC 検査において指摘された欠陥別の集計を図 4.1.4 に示す。
10,515
11,507
Life saving appliances
12,070
2014
16,654
17,539
Fire safety measures
2013
20,522
2012
2,671
3,511
Stability, structure and
related equipment
3,593
5,812
5,899
Load lines
6,753
14,231
16,275
Safety of navigation
17,124
2,699
3,099
ISM related deficiencies
3,292
36,978
37,433
Others
36,976
0
5,000
10,000
15,000
20,000
Deficiencies
図 4.1.4 Deficiencies per Category (Tokyo MOU)
46
25,000
30,000
35,000
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.2 Paris MoU
2014 年には、Paris MoU 加盟国内で 18,430 隻に対し PSC 検査が実施され、延べ 612 隻の船舶が
detain されたことが報告されている。
4.2.1 PSC 実施データ
実施データ
各 Paris MoU 加盟国により実施された PSC 検査実績を表 4.2.1 に示す。
表 4.2.1 Port State Inspections carried out by Authorities (Paris MoU)
Authority
Belgium
Bulgaria
Canada
Croatia
Cyprus
Denmark
Estonia
Finland
France
Germany
Greece
Iceland
Ireland
Italy
Latvia
Lithuania
Malta
Netherlands
Norway
Poland
Portugal
Romania
Russian Fed. 1)
Slovenia
Spain
Sweden
United Kingdom
Total
No. of Inspections
2012
1,068
567
983
223
103
334
169
283
1,233
1,208
1,164
70
285
1,468
267
173
176
1,531
572
425
424
728
951
199
1,668
493
1,543
2013
1,003
536
890
200
100
379
151
294
1,305
1,325
1,027
63
313
1,420
204
160
190
1,496
609
376
400
747
822
185
1,554
398
1,540
No. of Detentions
Detention ratio (%)
2014 2012 2013 2014 2012 2013 2014
1.22
2.10
1.36
1,028
13
21
14
491
25
20
14
4.41
3.70
2.85
2.75
3.70
2.24
981
27
33
22
256
5
13
10
2.24
6.50
3.91
5.83
8.00 14.29
126
6
8
18
439
4
3
6
1.20
0.80
1.37
0.59
0.70
0.00
191
1
1
0
285
1
3
2
0.35
1.00
0.70
3.65
3.10
2.73
1,321
45
41
36
1,318
46
29
44
3.81
2.20
3.34
3.61
4.80
6.30
1,079
42
49
68
71
0
2
6
0.00
3.20
8.45
7.37
7.30
5.09
275
21
23
14
1,326
110
131
88
7.49
9.20
6.64
0.75
0.50
0.00
308
2
1
0
184
5
4
0
2.89
2.50
0.00
6.82
8.90
5.53
199
12
17
11
1,334
36
57
27
2.35
3.80
2.02
1.92
1.50
0.17
585
11
9
1
450
17
12
24
4.00
3.20
5.33
0.94
2.30
1.86
429
4
9
8
775
16
16
24
2.20
2.10
3.10
3.05
4.50
3.56
984
29
37
35
196
6
12
4
3.02
6.50
2.04
7.01
4.10
3.81
1,813
117
63
69
530
5
3
4
1.01
0.80
0.75
4.08
3.30
4.33
1,456
63
51
63
18,308 17,687 18,430
1) バルト、アゾフ、カスピ及びバレンツ海の港のみ
47
669
668
612 3.65% 3.78% 3.32%
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.2.2 ブラックリスト
Paris MoU で公表された船籍国のブラックリストを表 4.2.2 に示す。
表 4.2.2 Black List of Flag States (Paris MoU)
Inspections
Detentions
Black to
2012-2014
2012-2014
Grey Limit
Tanzania, United Republic of
313
51
Moldova, Republic of
593
80
Togo
353
45
33
Cook Islands
310
39
30
Dominica
70
11
9
Comoros
280
34
Belize
591
59
St. Vincent and the Grenadines
861
79
73
Cambodia
442
43
40
Sierra Leone
316
32
30
Flag State
48
High Risk
30
Medium to
52
High Risk
Medium
Risk
27
52
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.2.3 欠陥別集計
Paris MoU 加盟国による PSC 検査において指摘された欠陥別の集計を図 4.2.3 に示す。
6195
Safety of Navigation
6861
6816
6176
6657
Fire safety
7488
4016
4526
4393
Life saving appliances
3491
3069
3297
Certificates & Documentation-Documents
2640
2754
2856
Certificates & Documentation-Ship Certificates
2234
2710
2442
Propulsion and auxiliary machinery
Working and Living Conditions (MLC,2006)-MLC,2006 Title4
2218
390
2195
Working and Living Conditions (ILO147)-Working Conditions
Emergency Systems
2092
2184
2029
Water/Weathertight condition
2015
2111
2121
4579
5067
1904
2202
2216
Structural Condition
2014
2013
1801
1821
1736
ISM
2012
1541
1013
1005
Certificates & Documentation-Crew Certificates
Working and Living Conditions (MLC,2006)-MLC,2006 Title3
1352
258
1240
1301
1476
Radio communication
874
1060
1127
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅰ
759
Working and Living Conditions (ILO147) -Living Conditions
1946
2182
596
889
303
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅴ
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅵ
458
492
449
Alarms
392
490
398
344
341
324
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅳ
Other
339
424
570
ISPS
337
401
485
Working and Living Conditions (MLC,2006)-MLC,2006 Title2
324
88
Cargo operations including equipment
234
329
319
107
100
98
Dangeorous goods
Working and Living Conditions (MLC,2006)-MLC,2006 Title1
57
14
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅱ
27
30
29
Pollution prevention -Anti Fouling
17
25
23
Pollution prevention -Marpol Annex Ⅲ
4
9
12
0
2000
4000
6000
Deficiencies
Fig. 4.2.3 Deficiencies per Category (Paris MOU)
49
8000
10000
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.2.4 船級協会別実績
Paris MoU で公表された船級協会別のデータのうち、IACS の加盟船級協会の実績を表 4.2.4 に示
す。
表 4.2.4 Recognized Organization Performance Table (Paris MoU)
Recognized
Organization
DNVGL
DNV
LR
ABS
CCS
RINA
KRS
BV
GL
NK
TL
RS
PRS
CRS
IRS
Inspections
2012-2014
Detentions
2012-2014
Medium /
High limit
0
7
10
4
0
6
1
37
47
24
2
23
3
0
0
24
181
205
89
8
48
11
200
227
118
9
65
4
0
0
1,718
10,219
11,485
5,327
769
3,072
936
11,239
12,674
6,894
776
4,011
471
169
73
50
Performance
Level
High
MEDIUM
ClassNK Annual Report on Port State Control
4.2.5 海上労働条約 (MLC, 2006)
2006)
Paris MoU は、MLC 条約に関する PSC 検査実施を表明している唯一の MOU である。
Paris MoU 加盟国による PSC 検査において指摘された MLC 条約の要素別欠陥指摘数を表 4.2.5 (a)
に示す。また、指摘の多かった欠陥カテゴリーおよび拘留欠陥を、表 4.2.5(b)および(c)に示す。
MLC,2006 Ship's certificates and documents
Area 1 Minimum age of seafarers
Area 2 Medical certification of seafarers
Area 3 Qualifications
of seafarers
Area 4 Seafarers' employment
agreements
Area 5 Use of any licensed or certified or regulated
% of Detainable
deficiencies of
MLC deficiencies
Nr MLC
Deficiencies
% of Total of Nr.
MLC deficiencies
MLC Deficiencies per Area
Nr Detainable
MLC Deficiencies
表 4.2.5 (a) Maritime Labor Convention, 2006
137
2.49
5
3.6
3
0.05
0
0.0
160
2.91
4
2.5
17
0.31
0
0.0
238
4.33
22
9.2
15
0.27
0
0.0
1,152
20.94
28
2.4
81
1.47
24
29.6
436
7.92
26
6.0
6
0.11
0
0.0
792
14.39
27
3.4
2,059
37.42
50
2.4
191
3.47
8
4.2
94
1.71
5
5.3
121
2.20
60
49.6
5,502
100.00
259
4.7
private recruitment and placement service for seafarers
Area 6 Hours of Works or rest
Area 7 Manning levels for the ship
Area 8 Accommodation
Area 9 On-board recreational facilities
Area 10 Food and catering
Area 11 Health and safety and accident prevention
Area 12 on-board medical care
Area 13 On-board complaint procedure
Area 14 Payment of wages
Grand Total
51
ClassNK Annual Report on Port State Control
表 4.2.5 (b) MLC deficiencies top 5
Category of deficiencies
Records of seafarers' daily hours of work or rest
Electrical
Shipboard working arrangements
Ropes and wires
Maximum hours of work or minimum hours of rest
Deficiencies
% Deficiencies
626
246
212
202
200
0.27
0.16
0.13
0.04
0.09
表 4.2.5 (c) MLC detainable deficiencies top 5
Deficiencies
Wages
Manning specified by the minimum safe manning doc
Seafarers' employment agreement (SEA)
Records of seafarers' daily hours of work or rest
Sanitary Facilities
Detainable deficiencies
52
24
22
15
14
52
% Deficiencies
20.08
9.27
8.49
5.79
5.41
Port State Control 年次報告書
(Port State Control Annual Report)
[日本語/Japanese]
一般財団法人 日本海事協会 検査本部
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町 3 番 3 号
Tel: 03-5226-2027, -2028
Fax: 03-5226-2029
E-mail: [email protected]
www.classnk.or.jp
August 2015
Fly UP