...

New UI 操作手順 - Engine Yard

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

New UI 操作手順 - Engine Yard
New UI 操作手順!
!
!
株式会社 Engine Yard!
2014年6月!
事前準備
Agenda!
事前準備
•  Microsoft Azure へのサインアップ!
–  http://azure.microsoft.com/ja-jp/!
•  Engine Yard へのサインアップ!
–  https://ui.engineyard.com/signup?locale=ja!
•  開発済のアプリケーションを GitHub もしくは Git サーバーにプッシュ!
–  GitHub : https://github.com
注意事項!
•  Engine Yard on Azure を操作することで、Microsoft Azureのダッシュボ
ード上に多数のアイテムが作成されますが、これらを直接操作しないよう
お願いします。!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
3!
基本操作
Agenda!
1.  ログイン!
2.  プロジェクトの作成!
3.  Blueprint の選択!
4.  アプリ環境定義とシステム構成確認!
5.  システムの起動
6.  アプリのデプロイとアクセス!
7.  ログアウト
ログイン
•  ログインページ ( https://ui.engineyard.com/?locale=ja) からログイン
Email とパスワードを
入力してクリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
5!
プロジェクトの作成 (1/2)
•  新しいプロジェクトを作成
クリックして新しいプロジェクトの
作成ステップを開始
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
6!
プロジェクトの作成 (2/2)
•  プロジェクトとアプリケーション環境の名称を設定
プロジェクトと環境の名
称を入力してクリック!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
7!
Blueprint の選択 (1/2)
•  必要なシステム構成の基本となる Blueprint を選択
4つからクリックして選択!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
8!
Blueprint の選択 (2/2)
•  必要なシステム構成の基本となる Blueprint を決定
クリックして
Blueprint を決定!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
9!
アプリ環境定義とシステム構成確認 (1/2)
•  開発済アプリに基づいて環境を定義
1. アプリの開発言語を選択!
2. アプリに必要なスタック
やデータセンターを入力!
3. クリックしてアプリ環境を作成!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
10!
アプリ環境定義とシステム構成確認 (2/2)
•  選択した Blueprint どおりのシステム構成であることを確認
システム構成
を確認!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
11!
システムの起動 (1/3)
•  選択した Blueprint をベースとしたシステムを起動
クリックしてシステムの起動準備
² “UPDATE CLUSTERS” では、以下を行
うことができます。!
•  仮想インスタンスの起動!
•  仮想インスタンスのソフトウェアアップデート!
•  仮想インスタンスの停止!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
12!
システムの起動 (2/3)
•  すべてのクラスタを選択してシステムを起動
1.  すべてのクラスタを選択!
2. クリックしてシステムを起動
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
13!
システムの起動 (3/3)
•  それぞれの仮想インスタンスが起動したことを確認
それぞれの仮想インスタンスが
になっていることを確認
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
14!
アプリのデプロイとアクセス (1/12)
•  開発済アプリのデプロイステップを開始
クリックしてアプリの
デプロイステップを開始
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
15!
アプリのデプロイとアクセス (2/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): デプロイキーの表示を確認
GitHubに登録するための
デプロイキーを確認
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
16!
アプリのデプロイとアクセス (3/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): GitHub にデプロイキーを設定
“Settings” をクリック
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
17!
アプリのデプロイとアクセス (4/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): GitHub にデプロイキーを設定
“Deploy keys” をクリック
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
18!
アプリのデプロイとアクセス (5/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): GitHub にデプロイキーを設定
“Add deploy key” をクリック
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
19!
アプリのデプロイとアクセス (6/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): デプロイキーをコピー
GitHubに登録するため
デプロイキーをコピー
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
20!
アプリのデプロイとアクセス (7/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): GitHub にデプロイキーを設定
1.  デプロイキーをペースト
2.  クリックしてデプロイキーを登録
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
21!
アプリのデプロイとアクセス (8/12)
•  (Git リポジトリがプライベートの場合): GitHubにデプロイキーを設定
デプロイキーが登録されたことを確認
² Git リポジトリがパブリックの場合には
「アプリのデプロイとアクセス (9/12)」
までスキップ可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
22!
アプリのデプロイとアクセス (9/12)
•  アプリのブランチやSHA、マイグレーションを入力してデプロイ実施
1.  デプロイするアプリのブランチ
またはSHA、そして、必要に応
じてマイグレーションを入力
2. クリックしてデプロイを実行開始!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
23!
アプリのデプロイとアクセス (10/12)
•  アプリのデプロイが完了したことを確認
デプロイ中
デプロイ完了
デプロイが完了すると、ボタンが
“DEPLOYING” から “DEPLOY”
に変わり、アプリへのリンクが表示
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
24!
アプリのデプロイとアクセス (11/12)
•  デプロイが完了したアプリにアクセス
リンクをクリックして
アプリにアクセス
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
25!
アプリのデプロイとアクセス (12/12)
•  デプロイが完了したアプリにアクセス
² このアプリはEngine Yardが提供する
サンプルの Ruby on Rails アプリです。
サンプルの Rails アプリのソース :
https://github.com/engineyard/todo!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
26!
ログアウト
•  右上のメニューアイコンからログアウト
クリック
“Log Out” を選択して
ログアウト
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
27!
応用操作
Agenda!
1.  デプロイログの確認!
2.  仮想インスタンスへのSSH接続!
3.  各種ログの確認!
4.  各種設定
デプロイログの確認 (1/4)
•  アプリのデプロイ時のログを確認
application クラスタの
“Cluster Configuration” をクリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
29!
デプロイログの確認 (2/4)
•  アプリのデプロイ時のログを確認
クリックしてデプロイログ
のリストにアクセス
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
30!
デプロイログの確認 (3/4)
•  アプリのデプロイ時のログのリストから該当のログを選択
該当のリンクをクリック
して詳細ログを確認
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
31!
デプロイログの確認 (4/4)
•  アプリのデプロイ時にエラーが発生した場合などに確認
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
32!
仮想インスタンスへのSSH接続 (1/12)
•  仮想インスタンスにログインするためのSSHキーをクライアントPCで作成
$ ssh-keygen -t rsa コマンド実行時に求められるパスフレーズは適宜設定
•  公開鍵の “id_rsa.pub” が出来ていることを確認
$ ls $HOME/.ssh!
id_rsa !
!id_rsa.pem!
!id_rsa.pub 参考情報!
•  SSHキーの作成
https://support.cloud.engineyard.com/entries/22341138?locale=67!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
33!
仮想インスタンスへのSSH接続 (2/12)
•  仮想インスタンスにログインするためのSSHキーを登録
1. クリックしてSSHキーを登録!
2. 予め作成したローカルPCのSSH公開鍵を入力!
ローカルPCでのSSH公開鍵の確認コマンド :!
!
$ cat $HOME/.ssh/id_rsa.pub 3. クリックしてSSHキーを追加登録!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
34!
仮想インスタンスへのSSH接続 (3/12)
•  追加登録したSSHキーを有効 (ENABLED) に設定
2. クリックして戻る!
² 複数のローカルPCからアクセス
する場合など、必要に応じて、追加
でSSHキーを登録可能!
1. “ENABLED” であることを確認!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
35!
仮想インスタンスへのSSH接続 (4/12)
設定したSSHキーを仮想インスタンスに反映
クリックしてSSHキーを
仮想インスタンスに反映
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
36!
仮想インスタンスへのSSH接続 (5/12)
設定したSSHキーを仮想インスタンスに反映
1.  すべてのクラスタを選択!
2. クリックしてSSHキーを反映
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
37!
仮想インスタンスへのSSH接続 (6/12)
•  クラスタのアップデートが完了したことを確認
アップデート中
アップデート完了
それぞれの仮想インスタンスが
になっていることを確認
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
38!
仮想インスタンスへのSSH接続 (7/12)
•  SSH接続を試みるクラスタを選択
application クラスタの
“Cluster Configuration” をクリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
39!
仮想インスタンスへのSSH接続 (8/12)
•  application クラスタの仮想インスタンスにSSH接続
クリックして
SSH接続
² 本資料では、Mac OS上のGoogle Chromeから
SSH接続をする場合を例として示しています。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
40!
仮想インスタンスへのSSH接続 (9/12)
•  それぞれのポップアップに応答
2. クリック
1. クリック
² 本資料では、Mac OS上のGoogle Chromeから
SSH接続をする場合を例として示しています。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
41!
仮想インスタンスへのSSH接続 (10/12)
•  SSH接続が行われたことを確認
“yes” と入力
² 本資料では、Mac OS上のGoogle Chromeから
SSH接続をする場合を例として示しています。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
42!
仮想インスタンスへのSSH接続 (11/12)
•  アプリの格納ディレクトリ (/data/<アプリ環境名>/current) の内部を確認
$ cd /data/production/!
$ ls -l!
total 12!
lrwxrwxrwx 1 deploy deploy
releases/20140407110929!
40 Apr
7 11:11 current -> /data/production/
drwxr-xr-x
3 deploy deploy 4096 Apr
7 11:09 releases!
drwxr-xr-x
2 deploy deploy 4096 Apr
7 10:55 releases_failed!
drwxr-xr-x 12 deploy deploy 4096 Apr
7 11:11 shared!
$ cd current!
$ ls!
app
db
Gemfile
log
README.md
test!
config
doc
Gemfile.lock
public
REVISION
tmp!
config.ru
ey_bundler_binstubs
lib
Rakefile
script
vendor!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
43!
仮想インスタンスへのSSH接続 (12/12)
•  sudo コマンドによって root ユーザーにスイッチできることを確認
$ id!
uid=1000(deploy) gid=1000(deploy) groups=1000(deploy),4(adm),27(sudo)!
$ sudo su -!
# id!
uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root),27(sudo)!
参考情報!
•  重要なログの場所 (日本語)
https://support.cloud.engineyard.com/entries/28372298?locale=67!
•  Find Important Log Files (英語)
https://support.cloud.engineyard.com/entries/20996741?locale=67!
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
44!
各種ログの確認
•  application クラスタのアップデートログ
クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
45!
各種ログの確認
•  database クラスタのアップデートログやバックアップ
クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
46!
各種ログの確認
•  load-balancer クラスタのログ
クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
47!
各種設定
•  OS Package の追加登録
² OS Package の追加登録は、
すべてのクラスタで設定可能です。
クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
48!
各種設定
•  Cron Jobs の設定
2. クリック
² Cron Jobsの設定は、すべてのク
ラスタで設定可能です。!
² クラスタ内の一部のインスタンス
のみに設定することも可能です。
1. クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
49!
各種設定
•  Cron Jobs の設定詳細画面
² Cron Jobsの設定は、すべてのク
ラスタで設定可能です。!
² クラスタ内の一部のインスタンス
のみに設定することも可能です。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
50!
各種設定
•  SSL Certificates の設定
2. クリック
1. クリック
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
51!
各種設定
•  SSL Certificate の追加登録画面
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
52!
Appendix
Agenda!
1.  ライブチャット!
2.  ナレッジコンテンツ
ライブチャット
•  New UI の各種ページ右下にライブチャット機能があります
ご不明点がある場合には、こちらからEngine Yardのエ
ンジニアとチャットを通してサポートを受けられます。!
営業時間(平日9時から17時)は、日本語でお問い合せ
いただけます。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
54!
ナレッジコンテンツ
•  URL : https://support.cloud.engineyard.com/forums?locale=67
² ナレッジコンテンツは、従来の英語のコンテンツに
加えて、日本語のコンテンツも増やしています。!
!
必要に応じて、ナレッジコンテンツをご活用ください。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
55!
免責事項
本資料は、弊社 Engine Yard ならびに弊社 Engine Yard の製品群に
関する情報提供を目的とするものです。Engine Yard 製品に関して記
載されている機能の開発については、弊社の裁量により決定されま
す。また、弊社は、本資料に記載された情報を通知なく変更または更
新する権利を保有します。
Engine Yard は、Engine Yard, Inc. 及び Engine Yard K.K. における登録商標です。
文中の社名、商品名、ロゴ等は各社の商標または登録商標である場合があります。
Copyright © 2014 Engine Yard. All Rights Reserved.!
56!
cloud application management platform
Fly UP