...

PD3注入ホテル消費燃料比較

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

PD3注入ホテル消費燃料比較
PD3注入ホテル消費燃料比較
1. A ホテル
本
館
宿
舎
期 間
2006年(12/16∼4/1)
日 数
105日
消費量
40,000L
1日平均消費量
380L/日
2007年(12/27∼4/18)
110日
41,000L
372L/日
2008年(12/19∼4/9)
113日
36,000L
318L/日
2007年(12/27∼3/26)
89日
5,000L
56L/日
2008年(12/30∼3/31)
92日
5,000L
54L/日
前年比
88%
※平成19年12月から使用 3月まで18本(500CC)9,000CCを注入
本年度温泉使用したことにより、浴槽湯の交換時における燃焼時間の減少もあることから、正確な数字を出し難いが、
参考にしていただければいいと思います。
★ 例年客室浴槽の使用が一斉に始まると給湯が間に合わず、低温のクレームに頭を痛めたが、今年に入ってからの
同様のクレームは皆無である。
★ 設定温度到達時間が昨年より早くなっているようだと、ボイラー担当から報告が上っている。
★ 従業員宿舎は昨年の使用部屋数が21室、今年度が24室である。
家庭用のファンヒーターを使用しているが、設定温度到達が早いことから、部屋の暖まりが早く稼働時間が短いようだ。
昨年は3月26日で5KLを消費したが、今年は3月31日時点で残量があった。
2. B ホテル
平成18年から平成19年
注入日
数量/㍑
10月16日
12,000
11月14日
12,000
12月26日
12,000
1月12日
12,000
2月1日
12,000
2月20日
14,000
3月16日
14,000
合 計
88,000
平成19年から平成20年
注入日
数量/㍑
10月6日
6,000
PD3注入開始
11月28日
10,000
12月26日
11,000
1月18日
13,000
2月8日
12,000
2月28日
12,000
3月19日
10,000
前年比
合 計
74,000
84%
※平成19年11月から使用 平成20年3月まで23本(500CC)11,500CCを注入 お客の減少もあるが燃費は前年に比べて削減できている。
3. C ホテル
平成18年から平成19年
注入日
数量/㍑
12月
4,702
5回
1月
7,772
11回
2月
8,370
10回
3月
7,699
10回
平成19年から平成20年
注入日
数量/㍑
12月
3,177
6回
1月
8,790
17回
2月
8,898
16回
3月
6,326
18回
合 計
合 計
28,543
36回
27,191
57回
PD3注入開始
前年比
95%
※平成19年12月から使用 平成20年3月まで60本(100CC)6,000CCを注入 お客様は前年比108%であったから、燃費の節減になっている。
4. D ホテル
※平成19年11月から使用 3月まで21本(500CC)10,500CCを注入
1年やってみないと結果は出ないと女将は言っている。
娘の自宅のダルマストーブにも入れているが、今まで朝起きてから寝るまで点けていて1日夕方必ず灯油を
追加していたが、PD3注入してから翌日の昼前位に灯油追加で実績は確実に出ている。
★上記の数値は注入実施テストによる実績ですが、気温など諸条件により若干の相違が
ございますのでご了承ください。
Fly UP