...

News Release

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

News Release
News Release
平成27年9月29日
木
更
津
市
経 済 部 農 林 水 産 課
市長の韓国渡航について
2015年9月17日(木)~19日(土)の間、市長が韓国(槐山郡)に渡航し、
18日(金)に開会した「ISOFAR2015 槐山世界オーガニック産業EXP
O&産業フェア」を視察、主催者・関係者等と意見交換を実施するとともに、19日
(土)に開催された第1回ALGOAサミットに出席し、別添(写)のとおり、AL
GOAメンバーの覚書を締結いたしましたのでご報告いたします。
1.第1回ALGOA(Asian local Governments for Organic Agriculture)
サミットの概要
1)ALGOAの目的
ALGOAの目的は、地方自治体とIFOAM オーガニクスアジアの間で交わ
した覚書に基づく。その設立目的は、アジアの有機農業化を100%にするための
もの。ALGOAは、IFOAM オーガニクスアジアの活動を尊重し、アジアの
有機農業化の積極的な採用を実施する。
2)サミット参加国(16ヵ国) ※地方自治体、民間団体等
韓国、中国、台湾、香港、インド、インドネシア、フィリピン、スリランカ、
タイ、キルギスタント、パキスタン、ブータン、イラン、ベトナム、マレーシア、
日本(順不同)※日本(地方自治体)からの参加は木更津市のみ。
3)事務局:韓国 槐山郡(2015~2016 年の2年間)
4)覚 書:別添(写)のとおり
※IFOAM オーガニクスアジアと木更津市の間で締結
2.韓国渡航に関する市長コメント
国や地方自治体が先頭に立って推進している、アジア各国・各地域のオーガニック
(有機農業)の取組みをお聞きし、本市における農業振興の一つとして、その可能性
に大いに期待するとともに、オーガニックという言葉が有する「環境や社会に対する
思いを共有して、希望ある未来を創ること」を新たな視点としたまちづくりを、市民
の皆さんとともに進めて参りたいと考えております。
3.本発表資料の問い合わせ先
〒292-8501
千葉県木更津市富士見1-2-1 木更津市役所駅前庁舎
木更津市経済部農林水産課
(農林調整担当)野村
TEL:0438(23)8445
FAX:0438(23)0075
E-mail:[email protected]
<覚書締結の様子>
(写真 左側からIFOAM オーガニクスアジア代表理事の Mr.Zhou Zejiang、
渡辺木更津市長、大石リカ・デリシャス氏(OASIS))
参考1
第1回「ALGOA サミット」の概要
平成27年9月
木
更
津
市
経済部農林水産課
1.ALGOA(アルゴア)設立の背景
 過去 30 年、アジアにおける有機農業は、個人そして公的セクター両方の努力に
よって実現してきた。
 アジア各地における「ビオ・ビレッジプロジェクト」成功の背景にも、公私両




セクターからのサポートがある。
当プロジェクトは、IFOAM アジアから韓国槐山郡(Goesan-gun:クェサン=
グン)へ提案されたのが始まり。
槐山郡は、小さな拠点都市だが、環境保全型の地域づくりをしており、韓国初
の本格的なオーガニックシティへ取り組むなど、有機農業への意欲が高い町。
槐山郡は、「ISOFAR2015 槐山世界オーガニック産業 EXPO&産業フェア」を
主催。そして、アジアの有機農業と関連産業発展の鍵を握る地方自治体間の相
互協力を築く会をサポートしている。
槐山郡は、ALGOA(Asian Local Governments for Organic Agriculture)
の設立への出資と、初年度の事務局サポートを合意。
2.ALGOA 設立に向けて
ALGOA への関心は、IFOAM アジア理事、そしてメンバーを中心に広がり、2014
年には、槐山郡とインド、フィリピンの自治体の間で覚書を交わした。
3.第1回「ALGOA サミット」の概要
1)日
程:2015 年 9 月 19 日(土)
2)場
所:Chungbuk Organic Agriculture Research Center
3)主
催:Goesan County(槐山郡)
4)実行組織:IFOAM Organics Asia
5)参加人数:約 60 名(海外ゲスト約 20 名を含む)
6)招 待 者:
 The Honorable LyonpoYesheyDorji(ブータン王国/農務大臣)
他
参考2
「ISOFAR2015 槐山世界オーガニック産業 EXPO&産業フェア」の概要
平成27年9月
木
更
津
市
経済部農林水産課
1.主
催
国際有機農業学会(ISOFAR)
2.対
象
有機・ナチュラル等のこだわり商品の輸入業者・流通業者、飲食店経営、一般消費
者
3.開催日時
2015 年 9 月 18 日~10 月 11 日(24 日間)
4.会
場
槐山郡庁前のオーガニック EXPO ファーム
(韓国忠清北道槐山郡槐山邑イムコクジョン路 90)
5.参 加 者
66 万人/250 の国内及び国際企業や団体
6.概
要
通称韓国オーガニック EXPO は、国際有機農業学会(ISOFAR)が主催し、IFOAM
(国際有機農業運動連盟)が協賛する世界初の BtoBtoC 型展示会。人々が自然と調和
して生きる持続可能な農業の促進と持続可能な生態系を維持することを目的とする
2015 年最大のオーガニックイベント。
【10 のメインテーマ展示ホール】
①健康的で回復力のある土壌、②きれいな水、③きれいな空気、④豊かな生態系の
多様性、⑤良好な気候、⑥オーガニック畜産、⑦最適な製品と加工品質、⑧ウェル
ネス、⑨オーガニックライフスタイル、⑩有機農業のための実践的スキル
【7 つの屋外展示】
①農学スキル、②園芸、③ライフスタイル、④代替エネルギー、⑤家畜生産、⑥食
品加工、⑦建築
【体験及びイベント施設】
オーガニック EXPO パーク/教育的体験ホール/屋外教育空間/生態体験ホール
/オーガニック体験及び観光/伝統文化体験
7.そ の 他
国際見本市参加の条件として、食品は IFOAM の有機基準に基づくか、IFOAM に
認可された認定機関、または国の有機基準によって認定された製品のみ、見本市への
申請が可能。食品以外は第三者認定等の提示が求められる。
参考3
「IFOAM(国際有機農業運動連盟)
」の概要
平成27年9月
木
更
津
市
経済部農林水産課
1.IFOAM とは
 IFOAM(アイフォーム)とは、International Federation of Organic Agriculture
Movements (国際有機農業運動連盟)の略称。
 1972 年にパリ近郊で設立。それ以来、世界中で有機農業の普及に努めてきた草の






根の会員組織(国際 NGO)。
現在世界 111 カ国以上の約 770 団体が IFOAM に加盟。
構成メンバーは各国の小規模農家や有機農業団体、有機認証団体、コンサルタン
ト、研究者、消費者、国際企業など。
IFOAM の使命は、有機農業運動をそのすべての多様性において、リードし、結び
つけ、支援すること。
IFOAM の目標は、有機農業の原理に基づいた生態学的に、社会的に、そして経済
的に健全なシステムの世界的な導入。
IFOAM は、国連の社会経済理事会(ECOSOC)の認定 NGO。
有機農業を通じたアフリカ・アジア・ラテンアメリカ等の開発支援を FAO(国連
食糧農業機構)や UNCTAD(国連開発貿易会議)など国際機関との協力において
行っている。
 IFOAM は、ISO(国際標準化機構基準)から公式の基準設定機関として認定され
ている。
<出所:特定非営利活動法人 IFOAM ジャパン公式 HP>
ALGOA Membership Memorandum of Commitment
ALGOA メンバー覚書
The Memorandum of Commitment is a statement of agreement by the parties involved in
ALGOA to further the goals and activities of ALGOA and to promote the development of
organic agriculture and related industries in Asia. Although it is a non-binding agreement,
it should be understood as a declaration of active participation in ALGOA
by the signees below.
アジアの中で有機農業と関係産業を発展させるべく、ALGOA の活動に賛同し、協力す
ることに署名する。拘束力が無い協定ではあるが、以下への署名により、ALGOA への
積極的な参加を宣言する。
We, Kisarazu City and OASIS,
apply for membership in ALGOA and hereby pledge to fulfill our responsibilities as
FULL MEMBERS of ALGOA.
私達、
「木更津市」及び「OASIS(オアシス)1」は、ALGOA のメンバーになることを
誓います。
We pledge to increase the profile of ALGOA at local and regional levels
and to participate actively in assisting the development of the activities of ALGOA,
toward the full adoption of Organic Agriculture in Asia!
私達は、アジアの有機農業の振興に向けて、地域・地方のレベルで積極的に ALGOA に
参加し、ALGOA 発展の支えになることを誓います。
:OASIS(Organic Asia Super Innovative Supporters)は、アジアを軸に、食の伝統を革新し、
未来の食の可能性と情報を、ジャンルを超えたコラボレーションで世界に表現・提案する特有のチー
ムで2015年9月に発足。代表は、IFOAM オーガニクスアジアの大石理事が務める。
起業家、政治家、農家、エンジニア、研究者、メディアアートなどの若きエキスパートが結集。世
界の自治体・NGO・企業と連携する。
1
Fly UP