...

平成22年度(PDF:1035KB)

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

平成22年度(PDF:1035KB)
平成 22 年度事業報告
1 地域密着推進事業
(1)ベガルタ仙台が実施する各種スポーツ教室の支援
ベガルタ仙台が実施する、県内全域を対象としたサッカーや他種目のスポーツ教室等の活動
に対して助成を行った。
15 回開催、1839 名が参加
▼サッカー教室
▼指導者講習会
2 回開催、27 名が参加
▼各種スポーツ教室
4 回開催、265 名が参加
※震災の影響により 1 回分は中止
(2)ベガルタウン整備支援
泉中央駅前地区活性化協議会が計画する、ベガルタウンギャラリーの今後のあり方につい
て同協議会と協議し、展示スペースや電気料金等の事情から、撤去することになった。引き
続き、泉中央地区におけるベガルタ仙台の活用を検討していく。
(3)地域間交流事業
①ベガルタ仙台のキャンプ地「延岡市」との交流事業
日
程:平成 22 年 8 月 6 日(土)~8 月 8 日(日)
内
容:延岡市選抜 U-12 チームを招聘し、8 月 7 日(土)に
ベガルタ仙台スクール選抜チームとの交流試合を
実施した。首藤 正治(すどう まさはる)延岡市長
をはじめとする応援訪問団も来仙された。
②キャンプ地激励訪問
日
程:平成 23 年 2 月 10 日(木)~2 月 12 日(土)
内
容:延岡市でキャンプ中のチームを 2 月 11 日(金)に
訪問し、仙台いちご 100 パックを差し入れした。
仙台市サッカー少年団選抜が延岡市に招待され、
交流試合を実施している。
(4)ベガルタカップ少年サッカー大会の開催
仙台市内各区(5 ブロック)及び県内市町1ブロックの少年サッカー大会の決勝戦をホーム
ゲームの前座試合としてユアテックスタジアム仙台で開催した。
日 程
ブロック
対 戦
結 果
5 月 26 日(水)
青葉
COPAMUNDIAL FC
対
仙台 YMCA サッカークラブ
3-0
7 月 24 日(土)
太白
四郎丸サッカースポーツ少年団
対
太白サッカースポーツ少年団
4-0
7 月 27 日(火)
若林
S・K(七郷・蒲町)SC
対
おきのサッカースポーツ少年団
7-0
8 月 14 日(土) 宮城野
FC クオーレ
対
なかの FC
2-0
8 月 28 日(土)
泉
FC セレスタ
対
将監サッカースポーツ少年団
1-0
9 月 19 日(日)
仙南
荒浜ジュニオール FC
対
NASPA・JEF UNITED 1-1(PK3-2)
平成 22 年度事業報告
(5)フラッグの作成・掲出
①ストリートフラッグの掲出
泉中央、ユアテックスタジアム仙台周辺にストリートフラッグ
を設置した。
②県内各地域・商店街への掲出
応援ノボリ 2,040 枚を作成したうえで、クラブを通じて県内
市町村に提供し掲出いただくとともに、おおまち商店街、平
成商工会への提供と掲出支援を行った。
(6)選手地域交流促進
ベガルタ仙台選手の学校等施設訪問に伴うグッズ等の支援を行った。
(7)「2010 みやぎチャレンジリーグ(MCL)」の共催
内容等:ベガルタ仙台が県内の各地域で試合を行うことにより、観戦機会を提供すること等
を目的に共催した。
主
催:㈳宮城県サッカー協会、㈱ベガルタ仙台
共
催:指定管理者グランディ 21 グループ、ベガルタ仙台ホームタウン協議会
参加チーム:ベガルタ仙台、モンテディオ山形、ソニー仙台、NEC トーキン、塩釜ヴィー
ゼ、コバルトーレ女川、東北学院大学、仙台大学、東北大学
開催期間:平成 22 年 5 月 16 日~12 月 5 日
ベガルタ仙台の試合結果:7勝1敗(詳細は以下のとおり)
日 程
対 戦 相 手
結 果
場 所
5 月 16 日(日) モンテディオ山形
2-1
ユアテックスタジアム仙台
7 月 10 日(土) NEC トーキン
3-0
泉サッカー場
7 月 18 日(日) 東北学院大学
6-0
泉サッカー場
8 月 8 日(月) 仙台大学
5-1
宮城スタジアム
9 月 26 日(土) 塩釜ヴィーゼ
3-0
泉サッカー場
10 月 10 日(日) ソニー仙台
1-2
ダイナヒルズ
10-0
泉サッカー場
5-0
ダイナヒルズ
10 月 24 日(月) 東北大学
10 月 31 日(日) コバルトーレ女川
2 ファン拡大事業
新規ファン・観戦機会拡大にむけた各種招待事業を実施した。
(1)シルバー招待
県内に在住の 65 歳以上の高齢者を対象に、17 試合に 1,120 人を招待した。
(2)福祉施設招待
児童養護施設等に入所する児童を対象に、17 試合に延べ 448 人を招待した。
平成 22 年度事業報告
(3)ベガルタカップ招待
ベガルタカップ少年サッカー大会参加チームの児童、応援する児童を対象に、6 試合に 1,800
人を招待した。
(4)県内及び県外からの集客企画
▼県内応援バスツアーへの支援
内
容:東北ダービーにあわせ催行された県内各地からの観戦バスツアー参加者へ、特典
(グッズ)の提供を行った。
主
催:河北新報社
日
程:平成 22 年 9 月 19 日(日)
対モンテディオ山形
@宮城スタジアム
3 広報事業
(1)広告掲出
①交通広告等
▼地下鉄ホームパネル広告
▼地下鉄仙台駅ショウウィンドウ広告
▼地下鉄各駅内照パネル
▼地下鉄泉中央駅・八乙女駅の装飾
▼地下鉄車両ドアステッカー・網棚上パネル
②ラジオ3アウェイ中継のスポット広告
平成 22 年 8 月から 11 月までのアウェイ戦中継 10 試合を対象に
「365 日サポーター宣言」
のスポット広告を実施した。
③アウェイサポーター歓迎映像広告
平成 22 年 9 月 18 日~12 月 4 日の期間のうち、ホームゲーム開催日の前日及び当日に、
JR 仙台駅前アオバビジョン、JR 仙台駅 2 階 i-station で放映した。
④その他広告
▼カントリーロード 2010-2011 表4広告
▼SENDAI 光のページェント「SENDAI ウィンターパーク」会場広告
平成 22 年度事業報告
(2)クラブ情報誌配付
クラブ情報誌「ベガルタ仙台プレミアムファンブック」を購入し、県内各市町村等へ送付した。
送付数等:1回あたり 450 冊、年間 3 回
送付先:各市町村教育委員会、仙台市内図書館・市民センターなど
(3)試合告知横断幕の掲出
▼ユアテックスタジアム仙台
▼地下鉄仙台駅・泉中央駅改札口
4 イベント事業
(1)パブリックビューイングの開催
①7.17 山形対仙台「みちのくダービー」パブリックビューイング
内
容:モンテディオ山形とのアウェイゲームを車載式ビジョンで放映した。また、会場に
は仙台・山形の特産品等の飲食・物販ブース 20 店舗を出店した。
日
時:平成 22 年 7 月 17 日(土)12 時 00 分~21 時 00 分
場
所:勾当台公園市民広場
協
力:株式会社ベガルタ仙台、スカパーJSAT 株式会社
来場者:500 人
②ユアテック presents ラストスパート!ベガルタ仙台パブリックビューイング
内
容:アルビレックス新潟とのアウェイゲームを放映した。
日
時:平成 22 年 11 月 23 日(火)16 時 00 分~19 時 30 分
場
所:ユアテックスタジアム仙台
協
賛:株式会社ユアテック
協
力:株式会社ベガルタ仙台、スカパーJSAT 株式会社
来場者:800 人
③ベガルタ仙台 2011 シーズン開幕戦パブリックビューイング
内
容:サンフレッチェ広島との 2011 年開幕戦を車載式ビジョンで放映した。
日
時:平成 23 年 3 月 5 日(土)13 時 00 分~16 時 00 分
場
所:勾当台公園市民広場
協
力:株式会社ベガルタ仙台、スカパーJSAT 株式会社
来場者:500 人
平成 22 年度事業報告
(2)各種イベント
①「日韓親善マッチ
内
ポハン
ベガルタ仙台 VS浦項スティラーズ」への支援
容:仙台・宮城と韓国・浦項市との国際交流・友好親善、市民・サポーターへ夢と感動を与
えることを目的として、J リーグ中断期間中に開催された親善試合開催経費の支援
を行った。
日
時:平成 22 年 7 月 4 日(日)18 時 00 分~20 時 00 分
場
所:ユアテックスタジアム仙台
主
催:㈶日本サッカー協会、㈳日本プロサッカーリーグ
主
管:㈳宮城県サッカー協会、㈱ベガルタ仙台
②2010 応援感謝!観戦スタンプラリーの共催
内
容:集客を図るスタンプラリー企画を共催し、チラシ等の制作や特典グッズの制作・提
供の支援を行った。
期
間:平成 22 年 9 月 19 日(日)~10 月 30 日(土)
主
催:ベガルタ仙台・市民後援会
共
催:ベガルタ仙台ホームタウン協議会
協
力:㈱ベガルタ仙台、河北新報社
応募総数:1,604 通
③「ベガルタスマイルアートプロジェクト」
内
容:ホームゲーム来場者のうち約 4,000 人分の笑顔を撮影し、フォトモザイク処理によ
るポスターを制作した。2010 年ホーム最終戦にスタジアムコンコースに掲出した。
期 間:平成 22 年 10 月 16 日(土)~12 月 4 日(土)
主
催:ベガルタ仙台ホームタウン協議会、
ベガルタ仙台・市民後援会
協
力:㈱ベガルタ仙台、河北新報社
④「ユアテック感動サポート賞」受賞団体の推薦
内
容:㈱ユアテック主催の、スタジアム運営等に貢献した団体を讃えることを目的と
する賞の受賞団体の推薦を行った。
推薦団体:仙台市立仙台商業高等学校
推薦理由:同校各運動部の生徒によるユアスタのピッチの除雪協力は、スタジアムの
みならず、ベガルタ仙台への多大な貢献であるため。
表 彰:平成 22 年 10 月 17 日(日)開催の「ベガルタ仙台ファン感謝の集い」で行われた。
平成 22 年度事業報告
⑤2010 最終戦イベント・支援等
内
容:「最終戦チアペーパー」の来場者全員プレゼント、「選手へのありがとうメッセー
ジを書こう!」ブースの設置を行った。
日
時:平成 22 年 12 月 4 日(土)対川崎戦
主
催:㈱ベガルタ仙台
共
催:ベガルタ仙台・市民後援会、ベガルタ仙台ホームタウン協議会
協
力:河北新報社
⑥2010 ベガルタ仙台激励会「飛躍~もっと高く~」に協力
内
容:宮城県サッカー協会主催による、新体制となったチーム
の激励会で使用する花束の提供を行った。
日
時:平成 23 年 1 月 23 日(日)17 時 30 分~19 時 00 分
主
催:㈳宮城県サッカー協会
協
力:ベガルタ仙台ホームタウン協議会
会
場:ホテル仙台プラザ
⑦ベガルタ仙台キャンプ出発壮行式
内 容:キャンプ地へ出発するベガルタ仙台を激励する壮行式
を開催した。ベガルタ仙台・市民後援会さとう宗幸会長
から激励の言葉を送っていただいた。
日
時:平成 23 年 1 月 25 日(火)7 時 00 分~7 時 15 分
場
所:仙台空港1階センタープラザ
来場者:200 人
⑧2011 開幕戦チアペーパーの製作
内
容:平成 23 年 3 月 12 日(土)開催予定だった、2011 年
開幕戦で配布するため、㈱ユアテックの協賛をいた
だき、製作した。5 月 3 日(火・祝)に来場者全員に
プレゼントし、選手入場時のコレオグラフィ(人文字)
に活用された。
平成 22 年度事業報告
(3)在仙プロスポーツ連携
①仙台プロスポーツネット(※)との連携
容:第 5 回せんだいプロスポーツフェスティバル関連イベントとして、3 球団のコーチ
内
による指導者向けクリニックを共催した。
主
催:仙台プロスポーツネット
共
催:ベガルタ仙台ホームタウン協議会、楽天イーグルス・マイチーム協議会、
仙台 89ERS とともにまちづくりをすすめる会「イエローブースターズ」
協
力:㈱ベガルタ仙台、㈱楽天野球団、㈱仙台スポーツリンク
(※)仙台プロスポーツネット:楽天イーグルス・マイチーム協議会、仙台
89ERS とともにまちづく
りをすすめる会「イエローブースターズ」とともに3つのプロスポーツの連携を進め、更なる
地域密着、相互の活性化を目的に設立
▼バスケットボールコーチングクリニック
日
時:平成 22 年 4 月 15 日(木)19 時 00 分~21 時 00 分
場
所:仙台市青葉体育館
参加者:15 人
▼ベースボールコーチングクリニック
日
時:平成 22 年 4 月 23 日(金)19 時 00 分~21 時 00 分
場
所:仙台市青葉体育館会議室
参加者:16 人
▼サッカーコーチングクリニック
日
時:平成 22 年 4 月 25 日(日)19 時 00 分~20 時 30 分
場
所:ベガルタ仙台泉パークタウン練習場
参加者:12 人
②ベガルタ仙台×仙台 89ERS
内
W(ダブル)観戦企画「仙台が黄金に染まる日」の共催
容:ベガルタ仙台と仙台 89ERS の同日観戦企画に共催し、特典となるオリジナルステ
ッカーを製作・提供した。
期
間:平成 22 年 11 月 13 日(土)~11 月 21 日(日)
主 催:㈱仙台スポーツリンク、㈱ベガルタ仙台
共
催:仙台 89ERS とともにまちづくりをすすめる会「イエローブースターズ」、
ベガルタ仙台ホームタウン協議会
協
力:仙台プロスポーツネット
参加者:272 人
平成 22 年度事業報告
(4)地域におけるイベント開催支援
県内各地域でのベガルタ仙台およびサッカー応援・振興イベントへの支援を行った。
①ワールドカップパブリックビューイング
内
容:集客を図る地域活性化イベントに共催し、FIFA ワールドカップ南アフリカ大会日
本代表対オランダ代表の試合を放映した。
日
時:平成 22 年 6 月 19 日(土)19 時 00 分~23 時 00 分
場
所:元鍛冶丁公園
主
催:一般社団法人国分町街づくりプロジェクト
共
催:㈳宮城県サッカー協会、
ベガルタ仙台ホームタウン協議会
来場者:1,200 人
②せんだいマチナカアート 2010「Skin Project」への協賛
内
容:仙台市内の大学、高校、スポ少等から不用となったシューズ・ボールを回収し、ク
リーニング・解体の講座を開く。また、回収した素材をリサイクル利用し、サンダ
ルや財布を制作するワークショップを開くアートイベントに協賛した。
日程等:(靴磨き解体講座 WS)平成 22 年 8 月 28 日、30 日
(制作 WS)平成 22 年 10 月 16 日~17 日
主
@サンモール一番町商店街
催:㈶仙台市市民文化事業団
参加者:合計 109 人
5 支援活動助成
(1)ベガルタ仙台七夕作成助成
内
容:仙台七夕まつり期間に「ベガルタ七夕飾り」を掲出し
観光客等にアピールする企画に助成した。
主 催:ベガルタ仙台・市民後援会
(2)ベガルタウォーク等イベント助成
▼第 7 回ベガルタウォークイベント in みちのく公園
内
容:ウォーキング 2km・5km、サッカー教室、チア教室、
トークショーなどに助成した。
主
催:ベガルタ仙台・市民後援会、国営みちのく杜の湖畔公園
日
時:平成 22 年 10 月 3 日(日)
会
場:国営みちのく杜の湖畔公園
平成 22 年度事業報告
(3)ホームタウンサミット関連助成
▼第 11 回全国ホームタウンサミット in 甲府への参加助成
内
容:講演会、分科会、活動報告会など。事務局 1 名が参加したほか、ベガルタ仙台・市
民後援会の参加のための交通費を助成した。
日
時:平成 22 年 6 月 26 日(土)~27 日(日)
会
場:山梨学院大学メモリアルホールほか(山梨県甲府市)
Fly UP