...

山梨県有林における森林管理上注意が必要な主要猛禽類(1056KB)

by user

on
Category: Documents
10

views

Report

Comments

Transcript

山梨県有林における森林管理上注意が必要な主要猛禽類(1056KB)
山梨県有林における
森林管理上注意が必要な主要猛禽類
-イヌワシ・クマタカ・オオタカ・サシバ-
平成 27(2015)年 4 月
山梨県森林総合研究所
はじめに
山 梨 県 有 林 は 、第 2 次 県 有 林 管 理 計 画( 平 成 23 年 度 ~ 平 成 32 年 度 )に 基 づ
き 、 管 理 を 行 っ て い ま す が 、 FSC の 10 の 原 則 と 56 の 規 準 に 沿 っ た グ ロ ー バ
ル ス タ ン ダ ー ド( 世 界 標 準 )な 視 点 を 付 加 し 、持 続 可 能 な 森 林 経 営 を さ ら に 推 進
し て い く た め に FSC 森 林 管 理 認 証 を 取 得 し て い ま す 。そ の 中 で 、FSC 森 林 管 理
認 証 の 大 き な テ ー マ が 環 境 へ の 配 慮 で あ り 、希 少 種 の 保 護 を 考 慮 し た 森 林 管 理 が
求められています。
本 資 料 で は 、「 持 続 可 能 な 生 態 的 森 林 管 理 に お け る 希 少 種 管 理 支 援 ツ ー ル の 開
発 ( 平 成 25-29 年 度 県 単 試 験 研 究 課 題 )」 の 一 部 と し て 、 森 林 に 生 息 し 、 特 に
配 慮 が 必 要 な 猛 禽 類 4 種( イ ヌ ワ シ・ク マ タ カ・オ オ タ カ・サ シ バ )に つ い て 、
森 林 施 業 上 の 留 意 点 及 び 営 巣 木・営 巣 地 の 特 徴 を 紹 介 し て い ま す 。今 後 の 業 務 の
参考になれば幸いです。
な お 、す べ て の 写 真 提 供 お よ び 執 筆 は 山 梨 県 猛 禽 類 研 究 会 の 青 木 進 会 長 に 大 変
お世話になりました。ここに記してお礼申し上げます。
【本資料の取り扱いについて】
希 少 猛 禽 類 に つ い て は 、生 息 地 を 公 表 す る こ と で 、そ の 繁 殖 活 動 等 に 支 障 を 及
ぼ す こ と が こ れ ま で 指 摘 さ れ て い る 。本 資 料 で は 生 息 地 は 特 定 で き な い よ う に し
ている。
【 参 考 図 書 ( こ れ ら の 図 鑑 等 も 活 用 下 さ い )】
・新訂ワシタカ類飛翔ハンドブック 山形則男 文一総合出版
・ワシタカ・ハヤブサ識別図鑑 真木広造 平凡社
山梨県有林における希少猛禽類の保全について
山梨県猛禽類研究会
会長
青木進
国では平成 8 年に「猛禽類保護の進め方」を策定し、イヌワシ・クマタカ・
オ オ タ カ の 3 種 に つ い て 、 保 護 の 指 針 を 示 し 活 用 さ れ て き て お り 、 平 成 24 年
12 月 に は 、 そ の 改 訂 版 が 示 さ れ 公 表 さ れ た 。
ま た 、 平 成 25 年 12 月 に は 「 サ シ バ の 保 護 の 進 め 方 」 が 公 表 さ れ る に 至 り 、
国 で は 各 種 開 発 行 為 に 際 し て の 保 全 措 置 の 検 討 の た め の 考 え 方 と 、調 査 方 法 や 保
全措置の指針が定められたところである。
そ の た め 、林 業 施 業 等( 森 林 管 理・施 行・治 山 工 事・林 道 開 設 等 )を 行 う に あ
た り 、注 意 す べ き 猛 禽 と し て の 注 目 種 と し て は 、ま ず こ の 4 種 に 注 意 を す る 必 要
があると考えられる。
そ こ で 、当 該 4 種 に つ い て の 生 息 と 森 林 施 業 と の 調 整 を 図 る た め 、森 林 施 業 上
の留意点及び営巣木・営巣地の特徴について、次のとおり紹介する。
○イヌワシ
・森林施業上の留意点
県内に生息するイヌワシは、南アルプス山塊のみに限られる。広大な行動圏
( 25-250 平 方 キ ロ ) を 有 す る も の の 、 本 種 の 生 息 に と っ て 重 要 な エ リ ア は 営
巣 地 周 辺 と 採 食 地 で あ る 。採 食 環 境 は 、開 放 的 な 空 間 が 形 成 さ れ て い る 植 生 や 環
境となっている。
そ の た め 、森 林 施 業 上 留 意 す る エ リ ア と し て は 、採 食 環 境 及 び 営 巣 環 境 と な る
エ リ ア と い う こ と に な る も の の 、広 い 行 動 圏 内 に は 数 多 く の 採 食 環 境 が あ る た め 、
本 種 の 場 合 は 営 巣 環 境 に 留 意 す る こ と が 大 事 で 、営 巣 地 周 辺 に お け る 森 林 施 業 は
充 分 に 注 意 す る 必 要 が あ る 。特 に 大 規 模 な 森 林 伐 採・治 山 工 事・林 道 の 新 設 等 に
は留意が必要である。
・営巣木・営巣地の特徴(近縁種との相違点等)
営 巣 地 の ほ と ん ど は 、切 り 立 っ た 岩 場( 崖 )や 、急 峻 な 斜 面 に あ る 大 木 に 巣 を
か け て い る 。樹 木 に 営 巣 す る 場 合 は コ メ ツ ガ 、ア カ マ ツ 、モ ミ 等 の 針 葉 樹 の 大 径
木 を 選 択 し 、ク マ タ カ の 巣 に 似 る も 、本 県 に お い て は 岩 場 に 営 巣 す る こ と が ほ と
んどである。
○クマタカ
・森林施業上の留意点
森林の発達した山地帯に好んで生息し、森林内を主な活動エリアにしている。
採 食 環 境 は 成 熟 し 林 内 に 侵 入 し や す い 高 木 林 を 好 む も の の 、獲 物 を 見 つ け る こ と
が 容 易 な 林 縁 部 や 開 放 地( 伐 採 跡 地・自 然 草 地・崩 壊 地 等 )も 好 ん で 採 食 地 と し
て利用している。また、急斜面の大径木で営巣する。
そ の た め 、林 道 建 設 や 治 山 工 事 等 よ り も 、広 域 的 に 行 わ れ る 森 林 伐 採 に よ り 生
息地や採食環境を失う可能性があるため、留意することが必要である。
・営巣木・営巣地の特徴
本 種 は コ メ ツ ガ・ア カ マ ツ・モ ミ な ど の 大 径 木 に 営 巣 す る 事 が 多 く 、そ の よ う
な 樹 種 が 残 る 場 所 近 く に 生 息 し て い る 可 能 性 が 高 く 、集 落 の 周 辺 で あ っ て も 営 巣
に適した森林があれば営巣する。
ノ ス リ や オ オ タ カ な ど の 猛 禽 と 生 息 地 が 重 な る 場 合 が あ る が 、本 種 の 巣 は 1m
を 越 え る ほ ど の 大 き さ で あ り 、大 径 木 に 営 巣 す る こ と か ら 他 種 と の 区 別 を つ け る
ことができる。
○オオタカ
・森林施業上の留意点
急峻な山岳地帯よりも傾斜の緩やかな丘上の地形を好む傾向にあり、富士山
麓・八 ヶ 岳 山 麓・茅 ケ 岳 山 麓 な ど の よ う な 緩 傾 斜 地 に 多 く 生 息 す る 。ほ と ん ど の
場 合 、植 林 さ れ た 針 葉 樹 に 営 巣 す る 。行 動 圏 は 生 息 地 に よ り 異 な る が 、そ れ ほ ど
広 く な い こ と が 知 ら れ て お り 、森 林 内 だ け で は な く 、周 辺 に あ る 農 耕 地 や 河 原 な
どがモザイク的に広がる環境に生息している。
そ の た め 、採 食 環 境 よ り も 営 巣 環 境 の 保 全 が 必 要 で あ り 、営 巣 地 を 直 接 的 に 破
壊してしまう森林伐採等に留意する必要がある。
・営巣木・営巣地の特徴
営 巣 は ア カ マ ツ・カ ラ マ ツ・モ ミ・ス ギ・ヒ ノ キ な ど で 、営 巣 す る 木 は 胸 高 直
径 が 40cm~ 60cm 程 度 の 伐 期 に 達 し た 木 が ほ と ん ど で あ る 。
ノ ス リ や ハ チ ク マ も 同 じ よ う な 環 境 に 営 巣 し 、し ば し ば 同 じ 巣 を 共 有 し 、年 に
よ っ て 繁 殖 す る 種 が 変 わ る こ と も あ る が 、営 巣 地 の 重 要 性 に 差 が 生 じ る こ と は な
い。
○サシバ
・森林施業上の留意点
本 種 は 県 内 の 低 山 地 帯 に 広 く 分 布 し 、丘 陵 地 や 低 山 地 が 浸 食 さ れ て 形 成 さ れ た
水田を中心とした農耕地が広がる環境に好んで生息している夏鳥である。
採 食 地 は 林 縁 部・農 耕 地・河 原・小 河 川 な ど で 、そ こ に 生 息 し て い る 両 生 類 ・
爬虫類・昆虫類などを主に採食している。
ま た 、比 較 的 樹 齢 の 若 い 細 い 樹 木 で も 営 巣 で き る こ と と 、毎 年 同 じ 巣 を 使 う こ
と も そ れ ほ ど 多 く な い こ と か ら 、他 種 と 違 っ て 営 巣 木 の 重 要 性 は 低 く 、採 食 環 境
を維持していくことが重要であると考えられている。
そのため、農地や用水路等を健全に維持していくことが重要であることから、
中 山 間 地 に お け る 農 林 業 を 振 興 し 、集 落 を 存 続 さ せ る こ と が 重 要 で あ る と 考 え ら
れる。
・営巣木・営巣地の特徴
県 内 で は 、餌 種 と し て 利 用 す る の は カ エ ル が 多 い た め 、カ エ ル の 生 息 環 境 で あ
る 水 辺 や 水 田 、小 河 川 な ど に 隣 接 し て い る ア カ マ ツ・ス ギ・モ ミ な ど の 針 葉 樹 に
営 巣 し 、巣 は オ オ タ カ よ り も か な り 小 さ く 粗 末 で あ り 、他 種 と 混 同 す る こ と は 少
ない。
Fly UP