...

Answer

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Description

Transcript

Answer
©Tezuka Productions
こちらのサイトに掲載中
>>>
逆食
検索
現在、逆流性食道炎の治療中なのですが、
お酒を飲んでも大丈夫ですか?
Answer
胃と食 道の境 界には「 下 部 食 道 括 約 筋(かぶしょくどう
かつやくきん)」という筋肉があり、普段は胃の内容物が
食道のほうにいかないように食道を締めてストッパーの
役割を果たしています。
ものを飲み込んだときに緩み、飲食物が胃に入った後は
また締まって逆流を防ぎます。
ところがアルコールはこの筋 肉の働きを鈍くするため、
逆流が起こりやすくなってしまいます。またアルコールは
胃酸の分 泌を増やす、胃の運 動を抑えてしまう、粘 膜を
傷 つける、といった 性 質 もあるため 、逆 流 性 食 道 炎 の
引き金になるだけでなく、悪化させる要因にもなります。
お酒をほとんど飲まない人と比べた場合、週に缶ビール
(350mL)2∼3本以上飲む人のほうが逆流性食道炎に
なる危険性が高い、
といった調査結果もあります。
また、炭 酸 飲 料は、夜 間の胸やけがふえるという結 果もありますので、ビールやシャンパンなどを控える
ことで症状が軽くなるかもしれません。
特に、胃カメラなどで、食 道 裂 孔 ヘルニアの診 断がついているかたは、就 寝 前 3 時 間の多 量の飲 酒は、
症状を悪化させる可能性が高く、避ける方がいいと考えられます。
アルコールといっても、40度のウィスキー・ブランデー、25度の焼酎、12度のワイン・日本酒、5度のビール
などアルコール濃度に差がありますので、一概には言えませんが、特に高濃度の飲酒では、水割りなどで
薄めたほうが食道にはやさしいのです。
酒は百 薬の長といわれ 、適 度にたしなむのは良いとされていますが 、逆 流 性 食 道 炎のかたの場 合には
上記の点に注意して控えめにしたほうが良いでしょう。 DOCTOR’S PROFILE
松原 健朗先生
松原医院
診療科
: 内科、消化器科、
胃腸科、循環器科、呼吸器科、
アレルギー科、
内分泌内科、神経内科、肛門科、皮膚科
専門領域 : 消化器内科
役職名
: 院長
Fly UP