...

水の下で裸の女性

by user

on
Category: Documents
44

views

Report

Comments

Transcript

水の下で裸の女性
H 2 8 .9 . 1
黒 野 こ ども園
保 護 者 各 位
9が つ あ お ぐ み だ よ り
( 5 歳 児 )
ま だ ま だ 暑 い 日 が 続 い て い ま す が 、子 ど も 達 は 暑 さ に 負 け ず に 元 気 に 遊 ん で い ま す 。楽 し か っ
た プ ー ル 遊 び も 2 日 に 終 わ り ま す が 、ま だ ま だ 暑 い の で 引 き 続 き 水 遊 び を 取 り 入 れ て い き た い と
思 っ て い ま す 。さ て 、い よ い よ 運 動 会 の 練 習 が 始 ま り ま す 。子 ど も 達 の ワ ク ワ ク し た 気 持 ち を し っ
か り と 受 け 止 め な が ら 、運 動 会 で は 精 一 杯 輝 け る よ う に 、一 緒 に 頑 張 っ て い き た い と 思 い ま す 。
ま た 、運 動 会 の 活 動 を 通 し て 、少 し 難 し い こ と で も 友 達 や 先 生 と 一 緒 に 乗 り 越 え る た く ま し さ や
心 地 良 さ を 味 わ い た い と 思 って い ま す 。
<子どもが安心して元気に生活できるために保育教諭が子どもにすること>
* 夏 の 疲 れ が 出 や す い 時 期 な の で 、一 人 ひ と り の 健 康 状 態 を き ち ん と 把 握 し 、異 常 の あ る 時 は 速
や か に 対 応 しま す 。
* 行 事 に 向 け て 意 欲 的 に 取 り 組 め る よ う に 見 守 り 、不 安 や 自 信 の な い 様 子 の 子 ど も に は 、気 持 ち
を 受 け 止 め 一 人 ひ と りに 応 じた 援 助 を 行 い ま す 。
* 戸 外 で 身 体 を 十 分 に 動 か す 心 地 よ さ を 味 わ わ せ る と 共 に 、各 種 の 運 動 機 能 を 伸 ば し て い き ま
す 。
* 運 動 会 に 向 け て の 活 動 を 通 し て 、友 達 の 得 意 な こ と や 挑 戦 し て い る 姿 な ど に 子 ど も 同 士 が 気
付 き 、お 互 い に 励 ま し 合 い 認 め 合 え る よ う に 見 守 り ま す 。
* 保 育 教 諭 と の 信 頼 関 係 の も と で 、安 心 し て 自 分 の 気 持 ち や 考 え を 表 現 で き る よ う 関 わ っ て い き
ます 。
* 食 事 が 身 体 づ く り や 健 康 に 結 び つ い て い る こ と 、食 品 ご と に 身 体 へ の 働 き が 違 う こ と を 分 か り
や す く伝 え て い きま す 。
<子どもの遊びやその他の活動>
* 夏 期 に 乱 れ が ち だ った 生 活 リズ ム を 取 り戻 しま す 。
* 色 々 な 運 動 遊 び ( 組 み 立 て 体 操 、縄 跳 び 、リ レ ー 、フ ラ フ ー プ 等 ) を 楽 し み 、積 極 的 に 取 り 組 も う
と しま す 。
* 演 技 、競 技 の 練 習 を 通 し て 、一 人 ひ と り が 力 を 出 し 切 っ た り 、友 達 と 力 を 合 わ せ た り す る 経 験 を
重 ね ます 。
* 歩 く 、走 る 、止 ま る 、跳 ぶ 、方 向 転 換 す る 等 、基 本 的 な 運 動 能 力 を 高 め て い き ま す 。
* 友 達 と 共 通 の 目 標 に 向 か っ て 取 り 組 み 、協 力 し 合 っ て や り 遂 げ る 充 実 感 を 味 わ い ま す 。
* リ ズ ム を 感 じ 取 り 、み ん な で 息 を 合 わ せ て 鼓 隊 演 奏 の 練 習 に 取 り 組 み ま す 。
* ル ー ル や 約 束 を 守 り な が ら 、友 達 と 競 い 合 う 遊 び を 楽 し み ま す 。
* 人 の 話 を 集 中 し て 聞 い た り 、自 分 の 考 え を 相 手 に 分 か る よ う に 伝 え た り し ま す 。
* 遊 具 の 準 備 、楽 器 の 準 備 、後 片 付 け を 自 分 の 力 で 行 い ま す 。
<挨拶を元気にしよう>
先 日 子 ど も 達 に 挨 拶 の 大 切 さ に つ い て 話 を し ま し た 。挨 拶 を す る と 気 持 ち が 良 い こ と 、元 気 が
伝 わ っ て く る こ と 等 を 子 ど も 達 と 一 緒 に 考 え ま し た 。「朝 の 挨 拶 だ け で は な く 、昼 や 帰 り に も 出 会
っ た 人 に は 挨 拶 が で き る と い い よ ね 」と 話 を す る と 次 の 日 か ら 大 き な 声 で 挨 拶 を す る 子 が 増 え て
き ま し た 。こ れ か ら も 子 ど も 達 の 挨 拶 が 飛 び 交 う よ う 、た く さ ん 素 敵 な 姿 を 見 つ け て い き た い と
思 い ます 。
<お願い>
* 生 活 リ ズ ム を 徐 々 に 取 り 戻 し て い き た い と 思 い ま す 。栄 養 の あ る 食 事 、十 分 な 休 息 、睡 眠 を と
り 、疲 れ を 次 の 日 に 残 さ な い よ う に し て 下 さ い 。
* 園 で の 給 食 の 準 備 の 時 机 を ふ き ん で 拭 い た り 、皿 を 配 っ て く れ た り と と て も 手 際 よ く 手 伝 っ て
く れ る 子 が い ま す 。「上 手 だ ね 」と 言 う と 「だ っ て お 家 で も お 手 伝 い し て い る も ん 」と 得 意 げ に
い う 子 が い ま す 。箸 や ス プ ー ン を 並 べ た り 、机 を 拭 く 等 の 簡 単 な 手 伝 い を 通 し て 、認 め た り 励
ま し た り し な が ら 、家 族 の 一 員 で あ る 事 を 実 感 さ せ て あ げ て く だ さ い 。
* 運 動 会 に 向 け て の 練 習 が 増 え て き て い ま す 。服 は 活 動 し や す い 衣 服 を 選 ん で 下 さ い 。ま た 、女
の 子 も ズ ボ ンを 履 くよ う に して 下 さ い 。
* ま だ 暑 い 日 が 続 き ま す 。活 動 の 際 に 髪 の 毛 が 長 い と 活 動 し に く い で す 。髪 の 毛 を 結 ん で 登 園 し
て き て 下 さ い 。と て も 長 い 髪 は 三 つ 編 み な ど し て ま と め て 下 さ い 。
* 遊 ん だ 玩 具 を 上 手 に 片 付 け ら れ る よ う に な り ま し た 。ご 家 庭 で も 自 分 で 使 っ た 物 は 自 分 で 片 付
ける習 慣 を徐 々 につ けて あ げて 下 さい 。
* 爪 が 伸 び て き て い る 子 が い ま す 。組 み 立 て 体 操 は 裸 足 で 行 い ま す 。爪 が 伸 び て い る と 怪 我 を
しま す の で 手 足 の 爪 を しっか り切 って 下 さ い 。
<8月のエピソード>
〈お 祭 り っ て 楽 し い ね 〉
楽 し み に し て い た 夏 祭 り 当 日 、自 分 達 で 作 っ た お 面 を つ け 、ブ レ ス レ ッ トや 指
輪 も 身 に つ け て 、お 祭 り 気 分 の 子 ど も 達 。い ろ い ろ な コ ー ナ ー に 遊 び に 行 き 、
時 間 い っ ぱ い 楽 し み ま し た 。果 物 割 り の コ ー ナ ー で は 、目 が 回 っ て 倒 れ こ ん で
し ま っ た り 、ま っ す ぐ 歩 け ず 全 く 違 う 方 向 に 歩 い て 行 く 子 も お り 、そ れ を 見 て
周 り の 子 達 は 大 笑 い し て い ま し た 。中 に は 、「○ ○ 君 、も っ と 左 だ よ 」「こ っ ち
だ よ 」と 声 を か け て あ げ る 子 も お り 、ど の 子 も 全 力 で 楽 し ん で い る 姿 が 見 ら れ
ま し た 。昼 か ら の お 楽 し み の く じ 引 き で は 、壁 に か か っ て い る 様 々 な 景 品 を 見
て 、「わ ぁ ∼ 」と 目 を 輝 か せ て い ま し た 。「僕 は 12番 の 玩 具 が 欲 し い な 」「欲 し
い 玩 具 が も ら え た 」と 子 ど も 同 士 で も た く さ ん 会 話 を し な が ら 、楽 し い ひ と 時
を 過 ご し ま し た 。夏 祭 り の 準 備 を 始 め た こ ろ か ら 、部 屋 の 遊 び で も 夏 祭 り ご っ
こ が 始 ま り ま し た 。浴 衣 を 着 た り 、盆 踊 り を し た り 、お 店 屋 さ ん で 玩 具 を 売 っ た り … 。子 ど も 達 は
経 験 し た こ と を ど ん ど ん 遊 び に 取 り 入 れ て い き ま す 。今 後 も 子 ど も 達 の 興 味 の あ る こ と を 遊 び に
取 り入 れ て い き た い と 思 い ま す 。
〈み ん な で 「ひ よ こ 音 頭 」を 踊 っ た よ 〉
夏 祭 り で は み ん な で 「ひ よ こ 音 頭 」を 踊 り ま し た 。歌 詞 の 中 に 「ピ ヨ ピ ヨ ピ ー
ピ ヨ ピ ヨ ピ ー 」と い う 可 愛 ら し い 歌 詞 が あ り 、子 ど も 達 も 元 気 よ く 歌 い な が ら
踊 る こ と が で き ま し た 。ま た 「あ っ そ れ ー ! 」と 言 う 掛 け 声 も 大 き な 声 で 言 い 、
み ん な で 楽 し く 踊 る こ と が 出 来 ま し た 。ま た 、各 ク ラ ス か ら 2人 ず つ 出 て 和 太
鼓 を 叩 き ま し た 。音 楽 に 合 わ せ て “ドン ドン ”“カ チ カ チ ”な ど 、太 鼓 と フ チ の 叩
き 方 を 使 い 分 け 、み ん な の 前 で 堂 々 と 叩 く 姿 は と て も 立 派 で し た 。夏 祭 り の 始
ま りを 感 じさ せ て くれ る 踊 りを み ん な で 行 う こ と が で き ま した 。
〈顔 が つ け ら れ る よ う に な っ た よ 〉
プ ー ル 遊 び が 始 ま っ て 1ヶ 月 が た ち ま し た 。
A 君 と B君 は 顔 を 水 に つ け る 事 が 苦 手 で 、プ ー ル 活 動 が 始 ま っ た 当 初 は 顔 に 水 が か か ら な い よ
う に プ ー ル の 端 の 方 で 、2人 で 静 か に 遊 ぶ 事 が ほ と ん ど で し た 。
あ る 日 、み ん な で ワ ニ 歩 き を し て フ ラ フ ー プ の トン ネ ル を く ぐ る 時 、A 君 が 思 い 切 っ て 水 に 顔 を
つ け て く ぐ り ま し た 。「A 君 す ご い ね 、頑 張 っ た ね 」と そ の 頑 張 り を ク ラ ス み ん な の 前 で 大 い に 認
め て い き ま し た 。す る と 同 じ 日 、B君 も は じ め て 水 に 顔 つ け が 出 来 ま し た 。友 達 の 頑 張 る 姿 に 刺 激
さ れ 、“A 君 も 頑 張 っ た か ら 自 分 も や っ て み よ う ”と 苦 手 な 事 で も 挑 戦 す る 気 持 ち が 持 て た よ う
で 、A 君 と B君 が 「出 来 た ! 」と 嬉 し そ う に 目 を 合 わ せ て い る 姿 が と て も 印 象 的 で し た 。
ど の 子 も プ ー ル 活 動 が 始 ま った 当 初 か らそ の 子 な りの 目 標 を 持 ち な が ら取 り
組 み 、顔 が つ け ら れ る よ う に な っ た り 、伏 し 浮 き が 出 来 る よ う に な っ た り 、バ タ
足 で 泳 げ る よ う に な っ た り と 沢 山 の 成 長 が み ら れ 、嬉 し く 思 い ま す 。後 日 、プ ー
ル が ん ば り ひ ょ う を 持 ち 帰 り ま す 。是 非 、お 家 の 方 が 子 ど も 達 と 一 緒 に 頑 張 り 表
を 見 て 、成 長 を 一 緒 に 喜 ん で あ げ て 下 さ い ね 。
Fly UP