...

08-1 `CŸ_‚èŒÚ‹êŠŠ

by user

on
Category: Documents
8

views

Report

Comments

Transcript

08-1 `CŸ_‚èŒÚ‹êŠŠ
帝京大学 心理学紀要
2007, No.11, 103 − 145
2006 年度 大学院臨床心理学専攻
修士論文要旨
学籍番号 氏名
05ML6002 阿部 裕士
指導教員
張田 真美
修士論文題目
就職活動中の大学生に対する心理的支援
――両親の関わりに注目して――
青年の逸脱行動について――個人志向性・社会志向性、ア
イデンティティ形成の視点から――
中学生のカウンセラーへの援助要請に関する研究
――自己隠蔽尺度との関連に着目して――
大学生における非行少年への偏見に関わる要因
05ML6003 新井 由佳
白倉 憲二
05ML6004 大橋 典子
張田 真美
05ML6005 小澤 範真
毛利 伊吹
05ML6006 加藤 まり
春日 喬
05ML6007 加藤 美帆
張田 真美
05ML6008 上江 昇一
春日 喬
05ML6009 川本 貴枝
白倉 憲二
05ML60010 北 将吾
白倉 憲二
05ML60011 久野 光雄
元永 拓郎
05NL60012 古賀絵美子
毛利 伊吹
05ML60013 高田 幸子
藤崎 春代
05ML60014 高橋 英樹
春日 喬
05ML60015 竹内 ゆり
元永 拓郎
05ML60016 田中真由美
春日 喬
05ML60017 田中 美穂
毛利 伊吹
05ML60018 松永 明佳
元永 拓郎
05ML60019 村上 桃代
池田 政俊
05ML60020 横田久美子
春日 喬
中学生の同性友人グループがもたらす問題とその影響
――大学生を対象にした中学生時代の同性友人グループに
対する認識調査から――
ADHD症状のある子どもにおける社会情報処理モデルから
見た対人コミュニケーション――半構造化面接による質的
研究――
大学コミュニティにおける学生相談室の機能についての研
究――学生支援サービスのニーズ調査から――
大学生における社会的ひきこもり傾向と両親の養育態度に
ついての研究――家族の凝集性に着目して――
大学生における対人依存性に関する研究――依存のあり方
と自尊感情及び抑うつ傾向との関連から――
インターネット上のメンタル系サイト利用は、心理的悩み
の改善に有効か?――大学生の精神健康度も含めて――
自我同一性危機と学生相談室の利用希望との関連
――大学生と専門学校生の調査を通して――
セルフエフィカシーについての質的研究
05ML60021 吉川 麻里
張田 真美
大学生による両親間の関係の認知と自己愛傾向との関連
05ML60022 鈴木 麻由
元永 拓郎
過去の食制・食卓状況と後の対人不安との関連について
――家族の凝集性の観点も含めて――
抑うつ傾向と家族内コミュニケーションについての一考察
―― Locus of Control をふまえて――
適応指導教室通級者の社会的スキル及び在籍校との関わり
について――入級時と退級時に焦点をあてて――
Self-Discrepancy が及ぼす精神的健康への影響
――大学生の個人特性を考慮して――
不登校傾向の中学生が望む対応について
思春期における両親の養育態度と攻撃性及び逸脱行動との
関連――大学生に対する質問紙調査による検討――
中学生を対象としたメンタルヘルス教育プログラムの効果
評価
大学生における自己受容と友人関係の関連
103
Fly UP