...

「屋外体育施設のルール」2011年の規則変更点

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

「屋外体育施設のルール」2011年の規則変更点
「屋外体育施設のルール」2011年の規則変更点について
9.ラグビーフットボール
P.132 図
・グラウンドの図を下記のように変更する。(競技規則第1条 グラウンド)
但し、人工芝で表面が覆われているグラウンドで、線の改修に工事を要する場合、当該工事が完了
するまでの間、改正前の線の状態で試合を行うことができる。(日本ラグビーフットボール協会:「競技
規則の改正」について(通達) 平成23年7月13日)
100000以内
10.0m~22.0m
22000
18000
10000
10.0m~22.0m
10000
18000
22000
5000
2000
5000
タッチイン
ゴールライン
5メートルライン
インゴール
15メートルライン
デッドボールライン
5000
5000
5メートルライン
2000
5000 10000
タッチイン
ゴールライン
インゴール
5000
5000
15メートルライン
ゴールライン
5000
22メートルライン
10メートルライン
ハーフウェイライン
10メートルライン
ゴールライン
22メートルライン
中央線
5600
デッドボールライン
40000
70000以内
10000 5000
タッチライン
タッチイン
ゴールライン
タッチライン
タッチイン
ゴールライン
(単位:mm)
P.132 10行目
・競技場の線
ライン幅の規定はないが、通常約8~10cmの実線と線分(5m)で引く。
P.133 1~13行目
・競技場の線
2)線分
・実線を除くすべての線を長さ5メートルの線分とする。
・ハーフウェイラインの両側10メートルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの
線分が10メートルラインである。10メートルライン上の線分は、各サイドのタッチライン
から5メートルと15メートルの地点に引かれた水平な線分と交差する。
・各タッチラインから5メ-トルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの線分は、
両側のゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分から引き始め、両側
の22メートルライン、10メートルライン、および、ハーフウェイラインと交差する。これら
の線分が5メートルラインである。
・各タッチラインから15メ-トルの地点に水平な線分をそれぞれ引く。これらの線分は、
両側のゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分から引き始め、両側
の22メートルライン、10メートルライン、および、ハーフウェイラインと交差する。これら
の線分が15メートルラインである。
・各ゴールラインから5メートルの地点に水平に引かれた線分は、全部で6つである。
両側の各タッチラインから5メートルと15メートルの地点の真ん中にそれぞれ1つずつ、
残りの2つの線分は、ゴールポストの前に引き、その2つの線分の間隔が5メートルと
なるようにする。
3)中央
ハーフウェイラインの中央を交差する、長さ0.5メートルの線を1本引く。
P.133 15行目以降 表の削除
P.135 15~17行目
・競技場
フィールドオブプレー及びインゴールの広さは以下の通りとする。ゴールポストは
使用しない。
40m以内×28m以内、インゴール3メートル以内
P.135 図
28m以内
3m
5m
40m
以内
1/2
5m
P.136 3~5行目
・競技場
フィ-ルドオブプレー及びインゴールの広さ、ゴールポストの大きさは以下の通りとする。
フィ-ルドオブプレー 60m以内×35m以内 インゴール5メートル以内
P.136 図
35m以内
インゴール
5m以内
3m 5m
10m
4.6m
15ft
60m
以内
5m
1/2
2.6m
8.5ft
10m
インゴール
5m以内
P.136 12~16行目
・チーム
9人(フォワード3人、ハーフバック1人、バックス5人)により構成される。
・競技場
フィールドオブプレー及びインゴールの広さ、ゴールポストの大きさは以下の通りとする。
フィールドオブプレー 60m以内×40m以内 インゴール5メートル以内
P.137 10~12行目
・ハーフタイム
ハーフタイム後、サイドを交換する。休憩時間は2分以内とする。
・延長期間
引き分け試合があり延長が必要な場合には、1分間の中断後前後半5分ずつの延長戦
を行う。ハーフタイム後、休憩時間なしでサイドを交換する。
P.137 図
40m以内
インゴール
5m以内
3m 5m
15m
4.6m
15ft
60m
5m
1/2
2.6m
8.5ft
15m
インゴール
5m以内
P.137 16行目
(財)日本体育協会の国民体育大会開催基準要項の規定。(平成23年8月25日)
P.138 2行目
『平成23年度(2011年度)競技規則』 (財)日本ラグビーフットボール協会 平成23年7月13日通達
『競技規則2010 タグ・ジュニア・ミニ』 (財)日本ラグビーフットボール協会 平成22年9月1日発行
追 加
タグ・ラグビー競技規則
・競技場
30m
横30m×縦40m(ゴールラインからゴールライン)
デッドライン
インゴール
インゴール(インゴールからゴールライン)は各5mずつ。
5m
ゴールライン
(プレーヤーと入替可能な2名以上5名以下のプレーヤーにより構成)
タッチライン
・プレイヤーの人数 5名
40m
グラウンドセンター
【補足】
小学校等の「教育現場」においては、コートの広さは、
横15~20m×30~35m、1チーム4人制で試合を
行うことができる。
導入時期によりプレーヤーの経験又はスキル等を
見極めて「広さ、人数」等の指導的アレンジは可能。
ゴールライン
インゴール
デッドライン
5m
Fly UP