...

セブンイレブンの発注・納品時間変更による廃棄物量と店舗利益への影響

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

セブンイレブンの発注・納品時間変更による廃棄物量と店舗利益への影響
平成 17 年度
流通情報工学課程
卒業論文要旨
セブンイレブンの発注・納品時間変更による廃棄物量と店舗利益への影響
学籍番号:2002723
氏名:杉山
雷蔵
指導教官:鶴田
三郎
教授
1.はじめに
黒川
生ごみ
現在コンビニエンスストアからは毎日 1 店舗あたり約
60kg廃棄物が排出されている。この内、多くを占めるの
が有価物と生ごみ(販売期限切れの弁当)である(図1)。
コンビニエンスストアにおける有価物とはおもに配送や
梱包時に用いられるダンボールのことである。これらダン
ボールについては削減の取り組みがされているが弁当に
ついては削減の取り組みはなされていない。また弁当を廃
棄するには、廃棄処理の費用がかかり、店舗の経営に悪影
響を及ぼす。このような状況で行われたセブンイレブンの
発注・納品時間の変更を理論的に見ると廃棄物量に悪影響
を与えるものである。
そこで本研究ではセブンイレブンの発注・納品時間の変
更前と変更後の比較から発注・納品時間の変更が廃棄物量
と店舗利益に与える影響を検討する。また、新方式の発
注・納品時間に対応した、店舗における利益最大化につい
て検討する。
セブンイレブン
14.7
久幸
びん
缶
助教授
有価物
その他
20.9
6.0
74.1
30.1
2.4
ローソン
15.9
15.2
14.9
48.8
1.0 1.8
ファミリーマート
12.2
4.2
16.9
31.2
68.0
3.5
0
10
20
30
40
50
60
70
80
重量(kg)
コンビニエンスストア 3 社の廃棄物の内訳
図1
3便を抑えた場合 総廃棄数
3便を積極的にした場合 総廃棄数
20
2.セブンイレブンの発注・納品時間変更
15
総廃棄数量(個)
セブンイレブンは 2005 年 11 月に主力商品である弁当や
調理パンなどの発注・納品時間の変更を行った。主な変更
点は発注締め時間を 1~3 便すべて前日の 11 時にし、納品
時間は、1 便は遅く、3 便は早く着くようにしたことであ
る。本社としてはこれにより 3 便の欠品率を下げることが
狙いだが、店舗では廃棄が増えることを懸念している。
10
5
新方式では1.6倍
の廃棄数!
3.従来方式と新方式の比較
0
4.店舗における利益の最大化
店舗における利益を決定する欠品率の設定は重要な経
営上の意思決定項目である。図4に新方式における店舗の
利益と欠品率との関係を示す。これにより今回のシミュレ
ーションでは欠品率の設定を約 7%にしたとき、店舗の利
益が最大になることがわかった。また高めの欠品率の設定
になっていることから、店舗では多少の欠品を出しても、
廃棄を少なくすることで利益が大きくなることがわかる。
従来方式
図2
新方式
総廃棄数量についての比較
3便を抑えた場合 店舗営業利益
3便を積極的にした場合 店舗営業利益
105000
店舗の営業利益(円)
セブンイレブンの発注・納品時間の変更による影響を店
舗における販売と発注を模擬したシミュレーションによ
り検討する。図2に廃棄数量の比較結果を示す。これによ
り新方式のほうが従来方式に比べ廃棄数量が 1.6 倍になる
ことがわかる。次に店舗の利益について比較を行う。図3
に店舗の利益の比較結果を示す。従来方式から 3 便の発注
を抑えた状態のまま新方式を導入すると、利益は 5%減少
する。さらに新方式で、3 便の発注を抑えた場合と 3 便を
積極的に発注した場合では 4%の増加になるが、従来方式
での利益と比較すると減少している。
102500
100000
3.5%回復
5%減少
97500
95000
従来方式
図3
新方式
店舗の利益の比較
欠品による損失
25000
5.おわりに
110000
20000
105000
15000
100000
10000
95000
廃棄による損失
5000
0
0.5%
90000
3.5%
6.5%
85000
9.5% 12.5% 15.5% 18.5% 21.5% 24.5% 27.5% 30.5%
欠品率
約7%
キーワード:コンビニエンスストア
廃棄物
在庫
発注
図4
廃棄と欠品の損失と店舗の利益
店舗の利益(円)
セブンイレブンの発注・納品時間の変更に関してシミュ
レーションを行い、廃棄物量と店舗利益に及ぼす影響につ
いて検討した。その結果この変更は、店舗の経営や廃棄物
量に対して悪影響を及ぼすことがわかった。また新方式の
発注・納品時間に対応した店舗における利益最大化につい
て検討した。その結果今回のシミュレーションでは欠品率
を約 7%に設定したとき店舗の利益は最大となることがわ
かった。
損失額(円)
店舗の利益
Fly UP