...

砂の上の企画)(PDF:770KB)

by user

on
Category: Documents
16

views

Report

Comments

Transcript

砂の上の企画)(PDF:770KB)
主 催
日 程
会 場
砂の上の企画
平成26年8月28日(木)~8月31日(日)全8公演
東京キネマ倶楽部(台東区根岸1-1-14 ワールド会館6階)
通常の劇場空間では味わえない演劇体験にこだわり続けて、作品づくりを行っている、気鋭の演
劇ユニット「砂の上の企画」。
その「砂の上の企画」による、秋田のコメ農家出身の少女「おこめ」の波乱万丈の半生を描く、生
バンド演奏とお料理つきのユニークな演劇公演が行われました。
会場は鶯谷駅南口からすぐの
「東京キネマ倶楽部」。
大正ロマンのオペラハウスを再現した
レトロな雰囲気が漂うホールです。
エレベータ前には、スナックおこめの
看板が置かれていました。
今回の公演では、お芝居と生演奏に加えて、お料理
つきの席が設けられました。
開演前に、出演者の給仕によるプレートランチをいた
だきます。夜の回では、お弁当がふるまわれました。
秋田の農家から提供されたお米で作られた料理や、
公演の舞台である台東区の味覚が楽しめます。ちらし
寿司やおにぎり、米粉のビスケットなど、「おこめ」にま
つわる料理が出されました。
(↑) チケット代わりに観客に渡されたのは、地元・根岸の
煎餅屋さんのひと口のおせんべい。
当日配られたプログラムには、会場周辺の地元の飲食
店を紹介したマップ・「鶯谷まち歩き帳」も載っています。
(←)観客はお料理をいただきながら、開演を待ちます。
開演前には、観客にお料理にまつわるエピソードを書いて
もらい、それをお芝居のなかで取り上げるシーンも。
(↓)開演10分前くらい前から、この公演のために結成さ
れたバンド・「さんずのリバーサイド」による生演奏が始まり、
徐々に観客をお芝居の世界に引き込んでいきます。
(←)お芝居の舞台は、「おこめ」の生まれ育った秋田
のコメ農家から、小樽のお寿司屋、そして東京へと、
テンポよく展開していきます。
(※以下の3枚は、場当たり稽古時の写真)
クライマックスに向けて、会場の構造を活かした
様々な演出で、観客を楽しませました。
4日間、全8回の公演は、盛況のうちに終了しました。
Fly UP