...

2012年度「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

2012年度「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
The world needs science, Science needs women
2012 年度
第 7 回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」
応募要項
日 本 ロレアル株 式 会 社
(http://www.nihon-loreal.co.jp)
後援: 日本ユネスコ国内委員会
(http://www.mext.go.jp/unesco/)
第 7 回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」募集のお知らせ
はじめに - ロレアルグループとユネスコが推進する女性科学者のためのプロジェクトとは?
パリに本社を置くロレアルグループと国連専門機関のユネスコは、世界の女性科学者の業績を称えるとともに、
同分野で活躍する女性たちの世界レベルでの更なる飛躍と地位向上を目的に、1998年に共同で女性科学者を支援する
プロジェクトを創設しました。
同プロジェクトには次の3つのカテゴリーがあり、プロジェクト1、2は、いずれも世界規模で展開しています。全プロジェクトを
通じて、これまでに約1,300名の女性科学者が表彰されました。
1.
「ロレアル-ユネスコ女性科学賞」:
世界の科学の発展に寄与した女性科学者の業績を称えるものです。日本からは、2000年に分子生物学の草分け的存在で、DNAの
不連続複製「岡崎フラグメント」で知られる岡崎恒子氏'名古屋大学 名誉教授(が、2005年に物理学者 米沢富美子氏'慶応義塾
大学 名誉教授(が、アモルファス半導体および液体金属の先駆的理論とコンピューター・シミュレーションによる解明の功績により、
それぞれ受賞しています。2009年には化学者 小林昭子氏'日本大学文理学部化学科教授、東京大学名誉教授(が世界で初めて、
単一分子性金属の設計と合成に成功し、分子性伝導体の開発研究への多大な貢献により、新たに受賞しています。
また、ロレアル‐ユネスコ女性科学賞の2008年の米国受賞者であるエリザベス・ブラックバーンと、欧州受賞者であるアダ・ヨナットが、
それぞれ2009年ノーベル医学・生理学賞およびノーベル化学賞を受賞するという快挙を遂げています。
2.
「ロレアル-ユネスコ奨学金」:
博士課程または博士研究員レベルの若手女性科学者が、自国以外の希望する研究・教育機関で二年間研究できるよう奨励し、
助成しています。
3.
「ロレアル-ユネスコ国内賞」:
ロレアルグループでは、現在、世界60カ国において、同プロジェクトの理念を継承し、博士課程や博士研究員レベルの若手女性科
学者が国内の研究・教育機関で一年間研究を継続できるよう奨励し、助成しています。
「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」は、この3つめのカテゴリーに位置づけられるもので、ロレアルグループの日本法人
である日本ロレアル株式会社が日本ユネスコ国内委員会の協力のもと、2005年11月に創設しました。
これまでに24名の女性科学者が受賞し、様々な分野で活躍しています。
なぜ、ロレアルグループとユネスコとの共同創設賞なのでしょう?
ロレアルグループは、1909年の創立当初から研究活動を最重要視し、化粧品科学を一つの独立した科学分野へと
育て上げてきました。また、女性研究者を積極的に登用しており、約3 ,400人の研究者のうち、女性が占める割合は、
55%以上にも上ります。一方、ユネスコも、女性の科学への参画を優先課題に掲げ、数多くのプログラムを推進して
います。こうした共通の理念のもと、ロレアル-ユネスコの共同プロジェクトは創設されました。
「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を通じて、生命科学および物質科学の分野において、研究意欲に溢れる
若手女性科学者の研究を助成し、日本の将来の科学の発展に寄与していきたいと願っています。
多くの方々のご応募をお待ちしております。
「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局
【ロレアルグループについて】
ロレアルグループは、1909年にパリで化学者によって設立され、世界130カ国・地域で事業を展開し、65,000人の従業員を擁する
世界最大の化粧品会社です。「ヘレナ ルビンスタイン」「ランコム」「シュウ ウエムラ」「キールズ」「イヴ・サンローラン」「ロレアル パリ」
「メイベリン ニューヨーク」など23の主要ブランドをグローバル規模で展開しています。2009年には、創立100周年を迎え、「より良い
世界を」目指すべく、新たに100の社会貢献活動を各国にて創設しました。日本では、女性癌患者の方や難病のお子さんを抱える母親
たちへのハンドマッサージなどのタッチセラピープログラム「100 LOVE HANDS」を推進しています。
日本においては、1963年から事業を開始し、1996年に日本法人である日本ロレアル株式会社が設立されました。2,200人の従業員を
擁し、化粧品の輸入、製造、販売、マーケティングを行っています。現在、上記のブランドを含め17のブランドを取り扱っています。
30 年以上前から、日本に研究開発拠点を置き、現在、日本ロレアル リサーチ&イノベーションセンター'川崎市・溝の口(として、日本を
はじめ、アジアの研究開発を統括しています。200 名以上の研究者を有し、うち女性研究者は、62%を占めています。
【ユネスコについて】
1945年に設立されたユネスコ'国際連合教育科学文化機関(は、本部をパリに置き、諸国民の教育、科学、文化の協力と交流を通じた
国際平和と人類の福祉の促進を目的とした国際連合の専門機関です。2011年10月30日現在の加盟国数は194カ国あり、また
世界53カ所に地域事務所を置いて活動を展開しています。
日本では「ユネスコ活動に関する法律」に基づき、文部科学省の特別の機関として 日本ユネスコ国内委員会が設置されています。
日本ユネスコ国内委員会は、教育、科学、文化等の各分野を代表する60名以内の委員で構成され、我が国におけるユネスコ活動の
基本方針の策定、ユネスコ活動に関する助言、企画、連絡及び調査等を行っています。日本ユネスコ国内委員会事務局は文部科学省に
置かれ、文部科学省国際統括官が日本ユネスコ国内委員会事務総長を務めています。
第 7 回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」応募要項
1. 趣旨
世界規模で展開するロレアル-ユネスコの女性科学者を支援する共同プロジェクトの理念を継承し、将来を担う
日本の若手女性研究者が研究を継続できるよう、奨励していま す。当賞は、国外で研究を行うことができる
「ロレアル-ユネスコ奨学金」とは異なり、国内の教育・研究機関において研究を継続できるよう支援するものです。
2. 対象
生命科学、物質科学の分野において、博士後期課程に在籍あるいは、博士後期課程に進学予定の40歳未満*の
女性を対象とします。
*下記、応募締切日現在、40歳未満で交付後1年間、国内で教育・研究に従事できる方。留学生は対象外とさせて
いただきます。
3. 奨学金授与の件数
生命科学、物質科学の分野からそれぞれ1年2件'2名(、計4件'4名(を選考し、受賞者にそれぞれ賞状および、
奨学金100万円を贈呈します。
4. 受付期間
2011年11月21日'月(から2012年2月29日'水(まで (締切日の消印は有効とします(
5. 応募方法
封筒に、「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」応募書類と必ず明記の上、下記必要書類を
「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局 宛に郵送ください。
e-mail での応募は受け付けておりません。応募書類は返却いたしませんのでご了承ください。
(1) 必要応募書類
● 応募申請書
2部
応募要項(PDF)および応募申請書・指導教員からの推薦状(word ファイル)は、
日本ロレアルホームページhttp://www.nihon-loreal.co.jpの
第 7 回「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」応募者募集からダウンロードできます。
●
●
●
履歴書 (身分証明書サイズの顔写真貼付) コピー可 2部
指導教員からの推薦状 2部
これまでの研究内容の概要 'A4版 2頁以内( 2部
)および別添(A4 版 1 頁以内)に、研究タイトルとアブストラクトを日英で併記ください (和文500字/英文200words)
●
●
●
今後一年間の研究題目とその概要および今後の展望 'A4版 2頁以内( 2部
発表論文リスト '口頭発表含む( 著者名は可能なかぎり全員記載 2部
論文別刷 'コピー可( 各2部
①既刊および刊行予定の論文(Acceptance Letter 添付) 3編以内 ②学会発表論文'アブストラクト(
)上記①、②に該当する書類がない場合、修士論文で代用可
●
官製はがき '返信先住所・宛名を必ず明記ください(
1枚
(2) 書類送付先
「ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」事務局 宛
〒163-1071 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
日本ロレアル株式会社
コーポレート・コミュニケーション本部
(3) お問い合わせ先
[email protected]
6. 選考
2012年半ばまでに選考委員会により選考のうえ、採否をご連絡します。
7. 発表
2012年に東京で開催予定の授賞式にて発表させていただきます。
Fly UP