...

2001年9月(Vol.26)

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

2001年9月(Vol.26)
●病気と薬
ー 感染症シリーズ ⑨ー
性感染症
パレットの上でさまざまな色を調和させていくように
薬剤師さんにとっての理想の姿、
求めている色をつくりだすためのお手伝い ができたら…
そんな願いをこめてお届けします。
●フェイス&フェイス
済生会横浜市南部病院
●レポート
第56回日本消化器外科学会総会
ランチョンセミナー
●Otsuka Information
●情報キャンバス
横浜市港南区にある済生会横浜市南部
病院は、昭和58年の開院以来、地域の
﹁ ﹁
●
薬
剤
部
・
薬
局
訪
問
●
第
26
回
済
生
会
横
浜
市
南
部
病
院
・
薬
剤
部
患薬薬
者剤剤
さ師部
ん﹂ ﹂
にとで
1 しは
対てな
1
く
で
、
接
す
る
中核病院として多くの患者さんの信頼を
得てきました。全医療スタッフが患者さ
ん中心の医療を目指して協調し、スタッ
フ間のコミュニケーションも活発です。
そのような中、薬剤部はどのように病棟
業務に取り組んでいるのかを、薬剤部長
薬剤部長 加賀谷 肇先生
の加賀谷先生にお話していただきました。
病棟業務は
コミュニケーションから
病棟業務はかなり早い段階から
その業務にもローテーションで関わ
っています。他にもクリーンルーム
での無菌製剤なども行っています。
行われていたようですね。
加賀谷
薬の1本渡しを行っていますので、
昭和63年にいわゆる100
病棟業務に必要な資質というよ
点業務がスタートしたわけですが、そ
うなものはありますか?
れとほぼ同時に当院でも開始してい
加賀谷 まず、好奇心が旺盛なこと。
ます。私は大学病院からこちらに
これは問題点を発見するためには大
移って2年余りですが、以前から“患
切です。次に、物怖じしないことで
者さんとの直接の関わり”を自分自
す。薬剤師は控えめなタイプが多く、
身のテーマとしてきました。その実
なかなか医師・ナース・患者さんの
践にあたり、既に下地が院内にでき
輪の中に入りづらいのですが、しか
ていたのは幸いでした。
し、これはトレーニングで何とかな
どれくらいの薬剤師が病棟業務
ります。また、人間好きだというこ
に関わっているのですか?
とも非常に重要です。今後はますま
加賀谷
す人間相手の仕事が増えていきます
全部で10病棟あるうち9
病棟に薬剤師を配置し
から、人とうまく
ています。各病棟には
コミュニケーショ
基本的に2名ずつ薬剤
ンがとれるかどう
師を置いていますか
かは極めて大きな
ら、18名が病棟に関
問題だと思います。
一般的に医師や
わっていることになり
ます。
1日の仕事の流れと
〔 済生会横浜市南部病院〕
横浜市港南区港南台3ー2ー10
●病 床 数:500床
●外来患者数:1日平均約1,500名
●外来患者への処方箋発行枚数:1日平均約1,000枚
院外処方箋発行率:約10%
●薬 剤 師:22名
1
しては、毎日、必ず全
員が調剤を行い、病棟
業務には時間を決めて
入ります。また、注射
化学療法の際は、薬剤や副作用
について丁寧に説明します。ま
た患者さんの退院時には、副作
用を自分でチェックできるシー
トを渡し、来院時に、そのシー
トをもとにきめ細やかに指導し
ています。
産婦人科病棟 布施京子先生
ナースは患者さん
と1対1の
“個”
の対
応をしますが、薬
剤師は薬剤部とい
う組織をバックに
した対応をしがち
です。たとえばナース
すと、教える側にと
は患者さんに対して通
・
常「看護婦の○○です」
っても自分がよくわ
と自己紹介しますが、
・
薬剤師は「薬剤部の○
に気づくというメ
○です」ということが
多いようです 。「 薬 剤
・
師の」というと自分の
かっていない部分
リットがあります。
病棟業務を始めて3年目。
日々の経験が全て勉強につなが
ります。
また、毎週「火
海外研修生の受け入れは
薬剤部の活性化にも
つながった
昨年はJ ICAの海外研修生を受
け入れられたとうかがいましたが。
加賀谷
普通は大学病院などのよう
曜会」という勉強
にマンパワーに余裕がないと受け入
会を開いていま
れは難しいのですが、薬剤部の皆に
責任で患者さんと対応することにな
す。病棟での症例検討会が中心にな
相談したところ、快く受け入れに同
ります。しかしこのような意識で患
るのですが、メーカーにお願いして
意してもらえました。想像した以上
者さんに接することは非常に大切だ
薬剤の使用方法などをテーマにする
に皆、気持
と思います。
こともあります。
ちよく対応
外科病棟 原田知彦先生
最近では、糖尿病や循環器、緩和
まずは専門性を持ち、
それを確立したうえで
ジェネラリストになる
してくれて、
医療、TDMなど専門性を持ったグ
アフターファ
ループによる勉強会も活発です。専
イブに 中 華
門性がないと、臨床の現場ではなか
街を案内す
なか薬剤師の必要性が認知されにく
るなど、心の
育は行っていますか?
いといえます。単に病棟の担当者と
交流もあり
加賀谷
いうのではなく、その中でも何を行
ました。また、医師の中にも熱心に
のスタッフを決めて導
うのかを意識する
協力してくれる方がいて、とても
入教育のカリキュラム
ことが大切です。
アットホームな対応ができました。
を作り、6ヵ月間、教
キャリアを積んだ
研修生の側からの当院に対する評
育にあたります。評価
後はジェネラリス
価も非常に高かったと聞きます。い
システムを作り、それ
トであることが求
ろいろな点で薬剤部内の活性化につ
に基づいて各プロセス
められるでしょう
ながりましたから、今年も受け入れ
が、それまではそ
を予定しています。病院の規模も
れぞれの専門性を
ちょうど良かったようなので、同程度
持つように努力す
の規模の病院は受け入れを考えてみ
べきだと思います。
たらいいのではないかと思いますね。
薬剤師に対して、何か特別な教
新人に対しては、新人担当
での試験や、各現場の
スタッフからの評価を
受けながら先に進んで
行きます。この方法で
緊張感の中にもアットホームな雰
囲気が。
医 師 やナースとのコミュニケー
ションもスムーズです。
整形外科病棟 林 豊子先生
平成12年11、12月にはJICAからの
研修生を受け入れました。
医師の処方に対するチェック機能は薬剤師の責任
医療行為は、その全てが患者さんのメリットにつながることが大前提です。そのた
めには薬効評価と副作用のモニタが基本だと考えています。また、ドクターが出した
処方内容に対してチェック機能を果たすことも薬剤師に求められます。薬物治療に
対してドクターと責任を共有する気構えが必要だと思います。
TDMチームは平成7年に発足したのですが、これも患者さん中心の医療の一環で
す。院内感染対策委員会にお願いして、バンコマイシン投与の際はTDMもセットで
行うようにマニュアル化しました。また、それまで外注していた血中濃度の測定を
課長補佐 田中恒明先生
院内で行うようにしたことで、測定結果を治療に即座に活かせるようになりました。
2
感染症シリーズ─ ⑨
性の健康医学財団会頭
熊本悦明 先生
性感染症(STD)
が、予想以上に広く深く、われわれの社会に浸透して、著しく増加し
ていることが明らかになってきています。性感染症全体の増加は、H IV感染(エイズ)
の
増加と密接に関連しています。性感染症もH IV感染も、世界的には予防活動が次第に効
果をあげて、抑制される傾向になってきていますが、日本だけは増加傾向が著しい、と
いう現状です。一体、何故なのか、どうすればいいのか、性の健康医学財団会頭、札幌医
科大学名誉教授の熊本悦明先生にうかがいました。
ここでいう花柳界というのは、いわばセックス産
性感染症の現状
業の世界というような意味です。つまり当時の花
◆◆性感染症は、かつては性病といわれていたと
柳病予防は、セックス産業に遊びに行った男性か
思うのですが、いまいわれる性感染症とは違いが
ら一般社会に性病が広がることを防ぐための戦略
あるのでしょうか。
が中心でした。
熊本
そのような経過の中で、性病という言葉には、
わが国の性感染症予防活動は、古い歴史を
持っています。この「性と健康医学財団」の前身は、
セックス産業でうつる病気という観念が染みつい
1921年、大正10年に後藤新平を総裁として設立
てしまいました。
された日本性病予防協会です。しかし、その主な
しかし、現状はそのセックス産業のものよりも
活動対象は、いわゆる花柳病の予防という点にあ
一般市民の性生活の中により深く浸透して、性生活
りました。花柳病、花柳界などといっても、いま
のいわば“生活環境汚染”
的動向をみせております。
の人には何のことか分からないかもしれません。
病気の種類も、異なってきています。かつては
グラフ1 日本における10万人当たりの性別STD推定年間罹患者数の推移
性器クラミジア(女性)
性器ヘルペス(女性)
性器クラミジア(男性)
淋菌感染症(女)
性器ヘルペス(男性)
260
260
240
240
淋菌感染症(男)
尖形コンジローム(男)
220
220
年
対
罹
患
率
\
10
万
人
尖形コンジローム(女)
200
年
対
罹
患
率
\
10
万
人
180
160
140
120
100
80
60
200
180
160
140
120
100
80
60
40
40
20
20
0
0
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
(年)
1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999
(年)
(熊本ほか:日本性感染症学会誌, 11, 72-103, 2000)
3
グラフ2 性器クラミジア感染症疫学調査(1999年度)
グラフ3 妊婦の性器クラミジア陽性率
(全国検査施行施設 19,002例)
1400
男性
1200
女性
女性/男性比
(%)
(%)
5.0
30
未婚
全体
25
4.0
年 1000
対
罹
患 800
率
\ 600
10
万
人 400
既婚
27.3
4.5
女
性
3.0 /
男
2.5 性
比
3.5
20.5
20
18.4
陽
性 15
率
14.9
12.9
2.0
11.1
10
1.5
7.6
8.3
1.0
4.5
5
200
3.1
0.5
0
3.3
2.0 2.3 2.0
1.4
1.4
2.1
3.1
3.4
0
0
0.0
16∼19歳
15歳∼ 20歳∼ 25歳∼ 30歳∼ 35歳∼ 40歳∼ 45歳∼ 50歳∼ 55歳∼ 60歳∼ 65歳<
2.3
20∼24歳 25∼29歳 30∼34歳 35∼39歳 40∼45歳
全体
(熊本:日本産婦人科学会ランチョンセミナー報告)
(熊本ほか:日本性感染症学会誌, 11, 72-103, 2000)
性病というと、症状の激しい梅毒、淋病、軟性下
の患者数となります。さらに問題なのは、このデ
疳などが代表的なものとされていました。そして、
ータは何らかの症状があって医師に診断された症
かつての性病予防活動は、症状の激しいそれらの
例数であって、無症状で潜在している無自覚感染
性病群に対し、感染リスクの高い性行動の抑制を
例も含めると、女性はこの数の5倍、男性は2倍も
中心にさまざまな活動を展開し、それなりに大き
いるとされております。
な成果をあげたといえます。
しかし現在、性感染症という形で広がっている
性器クラミジア感染症の激増
病気は、クラミジア感染症(女性の5分の4、男性
の2分の1は無症候)、淋菌感染症、性器ヘルペス
(7割は無症候)、それにB型肝炎やエイズなどで、
◆◆女性の性器クラミジア感染症の増加を、どの
ように考えればいいのでしょうか。
あまり症状が出ないでどんどん広がる症状がほと
熊本
んどです。そのため、どこで感染したのかわから
ミジア感染症は生殖年齢の若い人々を中心に、男
ないので、リスクの高い性生活でない日常の性生
女合わせて百万人近くにも達すると考えられます。
活でうつる感染症になっているのです。
◆◆現在の性感染症の実態は、どういうものなの
でしょうか。
熊本
現在、性感染症としてまん延している主な
このようなデータから推定すると、性器クラ
まさか、と思われるでしょうが、その証拠とな
るデータをお示ししましょう。
(グラフ3)
このグラフは、全国の大学医学部産婦人科教室
の協力で調査したもので、妊娠検査の時に同時に
感染症の動向を示すと、グラフ1となります。これ
行った子宮頸管部からのクラミジア検出率です。
は、厚生省国立感染症研究所情報センターのSTD
既婚の一般家庭夫人の20歳代前半の陽性率は
動向調査をもとに、われわれの調査データも加え
1人/15人、20歳代後半で1人/30人となって
て手直ししたものです。
います。既婚の16∼19歳では1人/5人となって
ご覧のように、最近の女性の性器クラミジア感
おり、クラミジア感染の驚くべき流行が示されて
染が非常に増えています。もちろん、それにほぼ
います。さらに、未婚で望まざる妊娠をし、人工
平行して、男性の性器クラミジア感染も増加傾向
妊娠中絶をした女性では、10歳代の後半で1人/
を示していますが、女性側の感染率が非常に高い
3.6人、20歳代前半で1人/7人、20歳代後半で
ですね。年齢別の10万人あたりの罹患率を示した
1人/9人となっています。
のがグラフ2です。
女性が全体として高率で、女性が男性の2.3倍
このように若年女性、ことに10歳代から20歳
代前半の女性に、高い感染率が出ています。
4
グラフ4 未婚妊婦とCSWのクラミジア陽性率
(%)
30
未婚陽性率
性器クラミジア感染症とは
CSW陽性率
25
◆◆では、性器クラミジア感染症とは、どういう
20
陽
性
率 15
病気なのでしょうか。
熊本
性器クラミジア感染症というのは、細菌で
10
すが、ウイルスほどに小さいクラミジアという病
5
原体が性器に感染することによって起こります。
0
16∼29歳
20∼24歳
25∼29歳
30∼34歳
35∼39歳
40∼45歳
全体
(熊本:日本産婦人科学会ランチョンセミナー報告)
昔の目のトラコーマを起こした病原菌で、いまは
性器のトラコーマとなっているのです。しかし、
先ほどお話ししたように、感染しても、男性の場
注目すべきことは、この未婚の妊娠女性でのク
合でも軽い尿道炎を起こす程度で、半分以上の人
ラミジア感染率の高さは、セックス産業従業者
がほとんど気づきません。女性の場合も軽い子宮
(Commercial Sex Worker : CSW)をしのいでい
頚管炎を起こすのですが、自覚症状が少なく気が
ることです。
(グラフ4)
つく人はごく少数(5分の1)だと考えられていま
◆◆この状況を、どう受けとめればいいのでしょ
す。しかも女性では多くの場合、子宮から卵管、
うか。
腹腔へとクラミジアが侵入し、7∼8年のうちには
熊本
まず、性感染症というものが、かつてのよ
うなセックス産業に遊びに行った結果うつされる、
くないのです。
「悪所通いの報い」というようなものではなく、ご
卵管狭窄や卵管閉塞が起こると、当然、精子や
く普通の市民の日常の性生活に入り込んでいる病
卵子の通過障害が起こり、不妊症、あるいは子宮
気だと考えなければならないということです。い
外妊娠のような危険な病気が引き起こされる可能
まや性器クラミジア感染症はセックス産業のもの
性が出てきます。
だけではなく、一般の人々の間に広がり、先ほど
現在、内分泌性の不妊症に対する治療は非常に
説明したように性生活を持つ人々の“生活環境汚
進歩しました。しかし、卵管閉塞など器質的な不
染”
となってしまっているのです。
妊症には、まだ対策が確立していません。体外受
この背景としては、いうまでもなく、若年者を
精といった難しい手段を考えることになり、しか
中心とした性行動が大きく変化し、初体験年齢が
もその成功率はいまだ2∼3割にとどまっている上
低下していること、また複数のセックスパート
に、経費も2∼3百万円もかかるのです。性器クラ
ナーを持つことがごく普通であるというような状
ミジア感染症は、いまや女性の不妊症の、非常に
況があります。
大きな部分を占めているのではないかと考えます。
それからもう一つ、病気の側から考えられる大
きな特徴もあります。
5
卵管狭窄のような器質的な異常を残すことが少な
また、そのようになる前に妊娠したとしても、
母体がクラミジアに感染していると母子感染を起
それはこの感染症が、感染していてもほとんど
こし、生まれてくる赤ちゃんにも、かなりな悪影
症状がないということです。性器クラミジア感染
響が及びます。母体のクラミジアが分娩時に新生
症は、ことに女性で症状が非常に少ないという特
児の目に感染してトラコーマ眼瞼結膜炎を起こす
徴をもっています。ですから、診察・治療を受け
危険があります。
る動機がなく、感染しているという自覚なしに複
また、肺に入って、新生児クラミジア肺炎を起
数のセックスパートナーに感染させてしまうとい
こして、重篤な結果を招くこともあります。女性
うことが、いくらでも起こりうるのです。
の性器クラミジアは、不妊症とか新生児の障害と
いう、いわば女性にとって非常に大切なリプロダ
その他の性感染症
クティブ・ヘルス(母性としての健康)を強く障害
◆◆クラミジア以外の性感染症については、いか
するものなのです。
このような事態を避けるためには、クラミジア
がでしょう。
感染を早期に発見して、器質的な異常が起こる以
熊本
前に適切な抗生物質治療をしなければなりません。
す。男性の場合、尿道炎による排尿時の痛みに
問題は、自覚症状もないのに、婦人科医を訪れ、
淋菌感染症の増加も、最近注目されていま
よって自覚することが多いのですが、女性の場合、
診検台にあがって検体をとってもらうというのは、
膿性の帯下が出ることが多いのですが、最近はほ
現実になかなか難しいということです。
とんど無症状の感染がかなり増えていて、気がつ
最近は、綿棒を使って、自分で簡単に検体を採
取できる器具が開発されていますし(図)、さらに
かないことが少なくありません。放置するとやは
り不妊症になってしまいます。
4∼5時間つけていたサニタリーナプキンでも検査
この淋菌治療にはニューキノロンがよく使われ
できるようにもなりつつあります。このような方
てきたのですが、最近はこれに対する耐性菌がだ
法で、自分で採取した検体を医師のところへ持っ
いぶ増えてきているので、これも淋菌感染症が増
ていけばいいので、患者さんとしては心理的抵抗
えてきている事情の一つといえます。
淋菌感染症も、診断がつきさえすれば、容易に
感が少ないのではないかと思います。
いずれにしても、性器クラミジア感染症を予防
治療できますから、クラミジアと同じように、進
するためには、普通の性生活を送っている女性、
んで検査を受けることが望まれます。この淋菌感
ことに若い女性であれば、少なくとも一度は検査
染症もグラフ1のようにかなり増えており、こと
を受けることをお勧めします。そしてパートナー
に男性側に症状が出やすいため、診断される症例
が変わればまた検査が必要です。パートナーを愛
が増えております。
情があるから、信頼しているから、大丈夫という
その他、カンジダ、尖型コンジローム、性器ヘ
ことではまったく通用しない、
“生活環境汚染”な
ルペス、B型肝炎、C型肝炎、HIV感染なども注意
のです。
しなければいけません。
たとえば、ピルを処方してもらう時に、必ずク
ラミジアの検査も受けるというようなことが日常
性感染症としてのHIV/エイズ
的に行われるようになるのが、望ましいのではな
いでしょうか。もちろん、妊娠時には、必ず検査
◆◆そのHIV感染(エイズ)に関しては、どのよう
を受ける必要があります。
に考えればいいのでしょうか。
熊本
ると知らされて、少し危機感が生まれ、コンドー
図 クラミジア自己検査キット
ム使用率が高くなりました。そのように皆で予防
①
綿棒
一時、性感染症としてのエイズが増えてい
②綿棒の先を膣口から2∼3cm挿入し、
数回回転させ分泌物を拭います。
子宮
①キャップをはず
し綿棒を取り出
します。
この際、綿球の
部分に手を触れ
ないようにします。
性器クラミジア感染症の上昇が止まったのです。
子宮頚部
膣
③綿棒を容器に
戻しキャップを
しっかり閉めま
す。
膣口
②
するようになったため淋菌感染例が激減し、また
ところが1992∼1993年頃から、血液製剤によ
る 薬 害 エ イ ズ 問 題 が 大 き な 注 目 を 集 め た た め、
すっかりエイズは特殊なもの、自分には関係ない
として、性感染症としてのエイズへの危機感を忘
③
れ、予防しなくなってしまいました。そのために、
6
グラフ5 日本におけるHIV感染者・エイズ患者の性的接触による感染の年次推移
(人)
異性間性的接触で感染したHIV感染者(男・女)
異性間性的接触で感染したエイズ患者(男・女)
同性間性的接触で感染したHIV感染者(男)
同性間性的接触で感染したエイズ患者(男)
250
そのため大変危険な状態にあるといっていい過ぎ
200
ではありません。
150
100
性感染症の予防
50
◆◆クラミジアやH I V感染まで含めて、性感染症
0
1985 1986 1987 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
の予防には、基本的にどのような注意が必要なの
(厚生省 エイズ動向委員会 平成13年エイズ発生動向年報より)
でしょうか。
また全ての性感染症が増えてきているのです。もち
熊本
ろん、H I V/エイズ感染症もいまや完全に性感染
られておりますが、いまやコンドームは、避妊器
症として広がっており、急上昇を示しているのは
具というより、
“性感染症を防ぐ器具”として再認
きわめて問題といえます。エイズも特殊なもので
識する必要があります。しかし現状は、若い人た
はなくなっています。
ちの調査でも、コンドームの使用目的のほとんど
残念ながら日本は、世界の先進国の中でほとん
が避妊のためであり、性感染症防止のためという
ど唯一、淋菌感染症が急増し、エイズ/HIV感染
認識を持っていた人は、わずか20%程度でした。
者数が増加している国になってしまっています。
(グ
また使ったとしても、射精の時だけというのでは、
ラフ5)
性感染症予防にはまったくなっておりません。性
2000年度のサーベイランスで、公式に把握さ
感染症防止のためには、性行為の最初から最後ま
れているH I V感染者とエイズの患者さんは、6千
で、きちんと装着しなければなりません。またオ
人弱ですが、実際には、その数倍の感染者がいる
ラールセックスがかなり日常化してきたため、口
だろうと推定されています。
の中にも病原菌がいることが少なくないので、そ
そしてH I Vというのは、感染しても10年以上に
の点も要注意なのです。ピル解禁時代となって、
及ぶほとんど無症候の期間があります。この期間
避妊のために使用したいというのではなく、性生
に、感染を自覚せずにセックスパートナーにH I V
活の
“生活環境汚染”
から身を守るための新しい役
感染を広げてしまう可能性があります。
割を、社会的にPRする必要が大きいと思います。
性行動の活発化は、当然、性感染症の感染機会
◆◆性感染症の予防について、薬剤師が果たすべ
を増やします。そして、クラミジアや淋菌感染症
き役割をどのようにお考えでしょうか。
といった性感染症にかかると、粘膜の炎症で感染
熊本
性が高くなり、H I V感染を3∼5倍も受けやすい
しい知識と理解を持っていただきたいと思います。
状態になります。
まず、薬剤師の方々に、性感染症に対して正
ピルを処方するのは医師ですが、実際に薬を手
性器クラミジアや淋菌感染症が増えるというこ
渡すのは薬剤師です。先ほどもふれましたが、自
とは、結局、H I V感染の増加につながっていくこ
覚症状のない性感染症の検査については、ピルの
とになります。
処方を受ける時が検査の大きなチャンスなのです。
そのため、WHOをはじめ、国際的な常識とし、
7
従来から、コンドームは、避妊器具と考え
コンドームの感染防止器具としての使い方も含め
従来の性感染症を徹底したコンドーム使用で防ぐ
てパンフレットなどで、性感染症に関するいろい
ことが、すなわちエイズ/H I V感染の増加を防止
ろな情報を提供していただけるといいですね。
することにつながるとされていますし、事実その
医療関係者があげて性感染症やエイズ予防のた
通りになっております。ところがわが国では、淋
めの啓発活動をしないと、日本は大変なことにな
菌 や ク ラ ミ ジ ア 感 染 が 増 え 続 け て い る の で す。
ると心配しております。
第3回
クリニカルパス
医療セミナー
医師のための
「21世紀の医療とクリニカルパス」
お問合わせは担当MRまで
H.13
9
日
月
火
水
木
金
土
2
3
4
5
6
7
8
ー明日から使えるクリニカルパスー
主 催:日経ヘルスケア21
後援予定:各都道府県医師会
日本医師会
全日本病院協会
札幌会場:平成13年9月29日(土)
北海道経済センター
福岡会場:平成13年10月13日(土)
イムズホール
金沢会場:平成13年10月27日(土)
金沢読売会館
1
9 10 11 12
16 17 18 19
23
30
24 25 26
13 14 15
20 21 22
27 28
H.13
日
月
火
水
1 2
3
7 8 9 10
14 15 16 17
21 22 23 24
28 29 30 31
木
広島会場:平成13年12月15日(土)
広島国際会議場
大阪会場:平成14年1月26日(土)
大阪国際交流センター
月
火
水
木
金
H.13
ー診療報酬制度に取り入れられたクリニカルパスー
全会場:立川幸治先生(ドクターズ・オピニオン主宰)
講演2
「EBMに基づく病院感染対策とクリニカルパス」
ーSSI 防止を例にー
札幌:岡田晋吾先生(函館五稜郭病院外科医長)
福岡:野上哲史先生(済生会熊本病院呼吸器・糖尿病センター部長)
金沢:今田光一先生(黒部市民病院整形外科医長)
名古屋:小西敏郎先生(NTT東日本関東病院外科部長)
仙台:岡田晋吾先生(函館五稜郭病院外科医長)
広島:千田治道先生(済生会熊本病院脊髄関節外科センター部長)
大阪:今田光一先生(黒部市民病院整形外科医長)
東京:小西敏郎先生(NTT東日本関東病院外科部長)
講演3
「医療過誤対策のためのクリニカルパス」
札幌:副島秀久先生(済生会熊本病腎泌尿器センター部長)
福岡:森脇 要先生(国立南和歌山病院院長)
金沢:深谷 卓先生(NTT東日本関東病院耳鼻咽喉科部長)
名古屋:森脇 要先生(国立南和歌山病院院長)
仙台:副島秀久先生(済生会熊本病腎泌尿器センター部長)
広島:深谷 卓先生(NTT東日本関東病院耳鼻咽喉科部長)
大阪:須古博信先生(済生会熊本病院院長)
東京:須古博信先生(済生会熊本病院院長)
パネルディスカッション
「標準化は可能か、
ガイドライン作成を目指して」
「病院におけるリスクマネジメントの実際」
「総合討論」
11
土
1 2 3
4 5 6
7
8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
日
月
火
水
平成13年10月21日(日)
会場:リサイタルホール(大阪中之島)
ビデオ講義
クリニカルパスの基本と発展
セミナー1
感染事故とヒヤリ!ハット!を分析する
原 英樹先生(医真会八尾総合病院)
東京会場:平成14年2月9日
(土)
日本都市センター
講演1
「クリニカルパスの現状と展望」
主催:エキスパートナース
照林社
後援:
土
4 5 6
11 12 13
18 19 20
25 26 27
H.13
日
根拠に基づく感染対策と
クリニカルパス
10
金
名古屋会場:平成13年11月17日(土)
丸栄カーネーションセンター
仙台会場:平成13年11月24日(土)
仙台国際センター
29
エキスパート
ナース・フォーラム
2001
木
金
セミナー2
根拠パスの必要性とその実際
深谷 卓先生(NTT東日本関東病院耳鼻咽喉科部長)
パス検討セッション
感染防止の根拠パスを検討する
セミナー3
感染対策を主眼にした根拠パスの作成
坂本すが先生(NTT東日本関東病院看護部長)
12
土
1
2 3 4
5
9 10 11 12
16 17 18 19
23 24
30 31 25 26
6 7 8
13 14 15
20 21 22
27 28 29
H.14
木
金
1
日
月
火
水
6
7
1
8
2
9
3 4 5
10 11 12
13 14 15 16
20 21 22 23
27 28 29 30
17 18 19
24 25 26
31
H.14
日
月
火
水
3 4 5
6
10 11 12 13
17 18 19 20
24 25 26 27
木
金
土
2
土
1 2
7 8 9
14 15 16
21 22 23
28
第2回
クリニカルパス学会
平成13年11月21日(水)∼22日(木)
会場:大阪国際交流センター
ランチョンセミナー(21日(水)開催)
「バッグ製品(キット品)と
(仮題)
リスクマネージメント」
講師:島田滋彦先生(北里大学教授)
司会:永井 勲先生(社会保険南紀綜合病院院長)
ランチョンセミナー(21日(水)開催)
「新たなる進化
」
“NST & Clinical Path Complex”
講師:東口高志先生(尾鷲総合病院外科・手術室部長
NST & CP Complex Chairman)
司会:野上哲史先生(済生会熊本病院呼吸器・糖尿病
センター部長)
8
Report
第 56 回 日本消化器外科学会総会ランチョンセミナー
外科手術部位感染(SSI)
サーベイランスの確立にむけて
ランチョンセミナー会場
第56回日本消化器外科学会総会(於:秋田市 2001年7月25日∼27日)のランチョンセミナーで、
「外科手術部位感染(SSI)サーベイランスの確立にむけて」と題して、NTT東日本関東病院外科部長・小
西敏郎先生が講演されました。司会は、社会保険紀南綜合病院院長・永井勲先生が務められました。
(共
催:本学会総会・ 製薬株式会社)
小西先生は、JNIS(Japanese Nosocomial Infection Surveillance=日本病院感染疫学調査)委
員長の立場から、主な調査項目であるSSI(Surgical Site Infection=外科手術部位感染)サーベイラ
ンスを確立するために、その概要を発表されました。
1 SSIサーベイランスとは
満足度を著しく損います。NNISによ
前提として
JNISは日本環境感染学会の事業の
ると、米国ではSSIによって、手術後
は、外科医
一環として、1999年1月にスタート
7.3日余分な入院を必要とし、費用
の理解と協
した病院感染サーベイランスで、米
は3,152ドル(約33万円)余分に必
力が不可欠
国CDCが20年以上前から行って
要となると報告されています。また、
といえます。
いる調査システム:NN I S(National
米国では、SSIサーベイランスの実施
JNIS参
Nosocomial Infection Surveillance)
によって、SS I 発生率を低下させら
加施設は現
れることが証明されています。
在20施設に増え、来年からは国家事
を基本に作
JN ISには10施設が参加して調査
業として厚生労働省がまとめていく
をしました。2年間のデータではSSI
予定です。それまでは、NTT東日本
JNISの
の発生率は6.4%で、他の調査項目で
関東病院が参加申込み及び相談など
主 要 調 査
ある血流感染、尿路感染と比べて高
に応じているとのことです。小西先
項目である
い発生率でした。
生は、より多くの病院に参加を求め
成したもの
です。
講師:小西敏郎先生
SSIサーベ
とりわけ消化器系手術で多くみられ
対象を、①切開創表層、②切開創深
ました。大腸手術、胃手術、肝胆道膵
層、③手術操作の加わった臓器/腔
手術、虫垂切除などでは10%以上の
の3種類の手術部位に分けています。
発生率でした。
SSIサーベイランスとしては、わが
国では初めての全国規模の調査です
3 SSIサーベイランスの今後
が、米国や英国、オランダに比べて
SSIサーベイランスは、より多くの
参加施設数、症例数とも少なく、まだ
施設が参加して、継続していくことが
十分なベースラインデータになって
課題です。そのため、収集データは
いません。
右の表のように最小限にしています。
2 SSIサーベイランスの必要性
9
SSI発生率を手術手技別にみると、
イランスは
NTT東日本関東病院 外科部長
司会:永井勲先生
社会保険紀南綜合病院 院長
毎月調査していくには、ICT(Infection Control Team)による定期的
SSIは、外科手術後の最も多い合併
なフォローと、データを事務局に毎
症であり、その発生は医療コストを
月提出する専任のICNなどドクター
増大させ、患者さんの医療に対する
以外のコーディネーターが必要です。
て締めくくられました。
(編集部)
SSIサーベイランス収集データ
手術手技分類(術式)
患者の年齢・性別
● 入院日
● 手術日
● 手術時間
● 創分類
● 麻酔法
● ASA分類
● 緊急性
● 外傷の有無
● 内視鏡手術の有無
● 退院日
● SSI発生の有無
●
●
【SSI発生例のみ】
● SSI発生日
● 感染の深さ
● 細菌学的検査結果
● SSIの推定原因
見落としがちだけど役立ちそうなちょっと気になるニュースや、話題の本をピック・アップ
禁煙20年後も、タバコの悪影響は続く
今後30年の技術予測、再生医療が大いに注目
文部科学省の科学技術政策研究所は、この7月、今後30年
でどのような新技術が実現しそうか専門家に質問した「第7
回技術予測調査」の結果を発表しました(その一部は昨年12
月に発表、本誌vol.22でも紹介)
。
今回の調査で目立ったのは、どの専門家もライフサイエン
ス分野を非常に重要視している点で、中でも再生医療に関連
する課題が大幅に増加したことが注目されます。
テキサス大学のM.D.アンダーソンがんセンターでは、喫
煙者120人と禁煙者207人(タバコを止めてからの中央値
は8.1年)の気管支上皮組織を分析。分裂中の細胞だけに現
れ、細胞の増殖しやすさを反映する“Ki-67抗原”の有無な
どを調べました。
その結果、喫煙者のK i - 67抗原の発現量は、喫煙年数よ
り1日に吸うタバコの量と相関関係があったといいます。ま
た、禁煙して1年経つとK i - 67抗原の発現量は減少するも
のの、20年以上経ってもその発現は認められ、タバコを止
めても気管支の上皮細胞に対する悪影響が長く続くことが
示唆されました。
この研究は、Journal of the National Cancer Institute
誌の7月18日号に掲載。下記でも概要を見ることができ
ます。
科学技術政策研究所
Journal of the National Cancer Institute
http://www.nistep.go.jp/
http:// jnci.oupjournals.org/cgi/content/abstract/93/14/1081
■ライフサイエンス、医療関連の主な予測
2011年
「脳」研究の最先端が、
すんなり脳に届く本
■バンコマイシン耐性菌を含む多剤耐性菌に対する有効
な治療薬の実用化
2013年
■生活習慣病、がんに代表される多因子疾患の全遺伝子
2歳や3歳の子どもに行う超早
期教育は本当に有効なのか?
赤ちゃんの頃に失明した人が成
長してから開眼すると、世界は
どのように見えるのか? 脳を
めぐる素朴な疑問を、ノンフィク
ション・ライターである著者が
「 脳を知りたい!」
野村進著
様々な研究者や体験者にぶつけ
新潮社/¥1,500(税別)
たレポートが本書です。
脳に関する研究は日進月歩ですが、意外なことに「痛い」
という感覚と脳の興奮がどう関係しているのかは、最も難
しい問題のひとつなのだそうです。内容は脳と意識の関係
など、かなり高度なものまで及びますが、一般の人にもわ
かりやすく、たとえ話を交えて巧みに解説してくれます。
群の同定と、分子病因論的分類の確立
■効率よく患部に到達する信号応答型ミサイルドラッグ
の普及
2017年
■分化した動物細胞から目的とする臓器を再生する技術
の開発
■がんの遺伝子治療法の普及
2020年
■アルツハイマー病を完治させる治療薬の開発
■神経幹細胞の移植により運動麻痺の回復を促進する治
療法の実用化
2021年
■生体内を自走する診断・治療用マイクロマシンの開発
2023年
■コンピュータを用いた義肢などの随意的制御技術の実
用化
薬価基準収載
無菌調製キット
無菌調製キ
隔壁を必ず
開通させてから
ご使用ください。
セフェム系抗生物質製剤
(点滴静注)
指定医薬品/要指示医薬品※
本バッグの
特 徴
1.無菌性
2.利便性
3.省スペース
4.易廃棄
◆本剤詳細については、製品添付文書をご参照ください。
(注射用セファゾリンナトリウム 略号
:CEZ)
1g キット
※注意−医師等の処方せん・指示により使用すること
<’
01.08.作成>
「Pallette Vol.26」2001年 9月20日発行
CZA7901I 01
(4391)KK
Fly UP