...

小児慢性特定疾患の治療研究事業 (ぜんそく) 主任研究者 加藤忠明

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

小児慢性特定疾患の治療研究事業 (ぜんそく) 主任研究者 加藤忠明
小児慢性特定疾患の治療研究事業(ぜんそく)
主任研究者加藤忠明
研究協力者森川昭廣
(国立成育医療センター研究所生育政策科学研究部)
(群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学)
A.研究目的
小児慢性特定疾患のうち、ぜんそくを取り上げ、平成15年度の登録状況を検討
するとともに、ぜんそくの重症者の動向、および転帰、 さらには、医療意見書に
ついての記載状況について検討した。
B.研究方法
小慢事業に関して、都道府県から報告された平成15年度電子データから、その
内容について集計・解析した。
C・結果
ぜんそくの年度別登録者と新規登録数の推移では、平成11年度の登録者数は8924
人で、新規登録者は5903名。平成12年度に増加したが、その後、徐々に減少し、
平成15年度では、登録者数は4203人と半減し、新規登録者数も1272名と4分の
1以下に減少している。重症者数も平成12年以降減少しているが、登録者数に占
める割合は増加している傾向であった。すなわち、軽症者の減少が著しいことを
示している。さらに、重症者に占める乳児の割合を検討した結果、平成13年度以
降は横這いで、約20%程度占めていた。
年齢別登録者の転帰を平成11年度と15年度で比較すると、改善がやや増加した
傾向は認められたが、不変、悪化、再発など全体的な傾向には変化はなかった。
また、年度別検査実施率に関しては、IgE、RASTや肺機能の実施率には大きな変化
は見られなかった。
D.考察
ATS-DLDやISSACの方法を用いての調査では、本邦での小児の気管支喘息は、その
増加は少なくなった、またはほぼ停止したと考えられる。また、ガイドラインの
普及に従って重症者が減少していると考えられる。平成15年度の登録状況をみ
てもそれが伺える。しかし、重症者中にしめる乳幼児の比率が高く、乳幼児の重
症化または治療の不十分さが考えられる。今後の大きな課題である。
一方、登録に際しての医療意見書については、乳児・幼児の比率が高いこともあ
って、肺機能や採血を要する検査についてはその施行率が低い。また書類作成に
あたっての参考書類の整備、記載例の提示も必要であると思われた。なお、本登
録のような重症児に限っての貴重なデータは諸外国にも少なく、今後とも継続の
必要があると考えられた。
−71−
小児慢性特定疾患の治 療研究事業
(ぜんそく)
進
研究目的と方法
鎚
小児慢性特定疾患のうち、ぜんそくを取り上げ、
主任研究者加藤忠明
平成15年度の登録状況を検肘するとともに、ぜ
国立成育医療センター研究所
生育政策科学研究部
んそくの重症者の動向、および転帰、さらには、
医疫慧見書についての記鮫状況について検肘した。
研究協力者森川昭展
小慢率業に関して、都道府県から報告された
平成15年度電子データから、その内容につ
群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学
いて菜計・解析した。
結果
11鬼4人
−
│
鰯
麺唖
11
’
一人
111
岬麺岬唖州唖緬0
一人
樹
齢
そく)
5年度の比較)
小児慢性特定疾患(ぜんそく)
年度別登録者と新規登録数の推移
…人
園
8“,
’
:
M
0123456789101$1213141516171819
平戚1112131415年度
年齢
平成12年度
平鹿15年度
10%2%
霞
32鵠
謁鵠
%
小児慢性特定疾患(ぜんそく)
年度別登録者数の推移と愈症度の 頻度
岬岬岬諏輌唖麺0
幾一
の比較)
−
一
一
一
一
一
一
一
一
二
一
一
画
一
一
一
a
一
一
空”
263%
肌
平成11平成12早成13平成14平成15
−72−
園
碓郵綿恥蝉睡
幾
小児慢性特定疾患(ぜんそく)
年 度と15年度の比較)
小児慢性特定疾患 (ぜんそく)
画症考に占める0-3鰻の年齢層の割合
一
D 凸 句 一 一 = 今
ー
型
平成11年度
!;’
蔀”
。M
騨
│
2
岬F
1
‘
.
則
8
.
.
1
,
1
’
9
日
﹃1刑1
斤■いむ
1
ウ
9
■0.3,
F
蚕
豆
引
0
7』・'1
夕0U
ーGP
F
,
glI
…
43帖
00
平鹿11平成12平鹿13平成14平成15
縦
一 一 一 一 一 画 一 一 一 C ・ 閏 ① 樟
考察1
鰯画
|p﹂Oro1l言BU8ⅡU■flF016皇11
111■
記鮫率%
ー
ATS-DLD"ISSACの方法を用いての鯛査では、本邦で
の小児の気管支喘息は、その増加は少なくなった、ま
たはほぼ停止したと考えられる。また、ガイドライン
の普及に従って重症者が減少していると考えられる。
平成15年度の登録状況をみてもそれが伺える。
1年度
5年度
しかし、重痙者中にしめる乳幼児の比率が高く、乳幼
児の重遼化または治療の不十分さが考えられる。今後
|
IgE
RAST
肺楓能
の大きな牒題である。
考察2
篭
鬮
25%
小児慢性特定疾患(ぜんそく)
年度別検査記戦率(実施率)
1IFしけFP心一
印加釦釦細和銅泊0
蟻
平成15年度
l
.
i
E
_
、
j
一方、登録に際しての医擦愈見書については、乳
児・幼児の比率力塙いこともあって、肺槻能や採
血を要する検査についてはその施行率が低い。
また書頚作成にあたっての参考書類の整備、記戦
例の提示も必要であると思われた。なお、本登録
のような重症児に限っての貴重なデータは賭外国
にも少なく、今後とも継続の必要があると考えら
れた。
−73−
スライド
小児慢性特定疾患のうち、ぜんそくを取り上げ、平成15年度の登録状況を検討するとともに、ぜ
んそくの重症者の動向、および転帰、さらには、医療意見書についての記載状況について検討した。
方法は、小慢事業に関して、都道府県から報告された平成15年度電子データから、その内容につ
いて集計・解析した。
スライド
以下に結果を示す。ぜんそくの年度別登録者と新規登録数の推移を示す。平成11年度は8924人で
新規登録者は、5903名であり、平成12年度に増加したが、その後、徐々に減少し、平成15年度
では、登録者数は4203人、新規登録者数も1272名と4分の1以下に減少している。
スライド
年齢別登録者数を平成ll年度と15年度で比較した。両年度とも年齢は3∼6歳にピークを示した。
スライド
登録者年齢構成を平成12年度と15年度で比較すると、両年度とも年齢別登録者数には大きな変化
はなく、0-3歳は20%前後で、6歳未満で55%程度を占めていた。
スライド
年度別登録者数の推移と重症度の頻度を示す。黄色の棒グラフが重症者の数で、数字は登録者数に
対する重症者の割合を示した。登録者と同様に、重症者の数も平成12年以降減少しているが、割
合は増加している傾向であった。すなわち、軽症者の減少が著しいことを示している。
スライド
さらに、重症者に占める乳児の割合を検討した。その結果、平成13年度以降は横這いで、約20%
程度占めているのがわかった。
スライド
次に、年齢別登録者の転帰を平成11年度と15年度で比較した。改善群がやや増加した傾向はある
が、全体的な傾向は変化ないと考えられる。
スライド
年度別検査実施率に関しては、IgE,RASTや肺機能の実施率には大きな変化は見られなかった。
スライド
ATS-DLDやISSACの方法を用いての調査では、本邦での小児の気管支喘息は、その増加は少なくな
った、またはほぼ停止したと考えられる。また、ガイドラインの普及に従って重症者が減少してい
ると考えられる。平成15年度の登録状況をみてもそれが伺える。しかし、重症者中にしめる乳幼
児の比率が高く、乳幼児の重症化または治療の不十分さが考えられる。今後の大きな課題である。
スライド
ー方、登録に際しての医療意見書については、乳児・幼児の比率が高いこともあって、肺機能や採
血を要する検査についてはその施行率が低い。また書類作成にあたっての参考書類の整備、記載例
の提示も必要であると思われた。なお、本登録のような重症児に限っての貴重なデータは諸外国に
も少なく、今後とも継続の必要があると考えられた。
−74−
Fly UP