...

Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ スペック シート

by user

on
Category: Documents
119

views

Report

Comments

Transcript

Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ スペック シート
スペック シート
Cisco UCS C460 M4
高性能ラックマウント
サーバ
CISCO SYSTEMS
170 WEST TASMAN DR.
SAN JOSE, CA, 95134
WWW.CISCO.COM
発行履歴
REV C.16
2016 年 2 月 2 日
目次
補足 ............................................................................................... 3
概要 ............................................................................................... 3
詳細図 ............................................................................................ 5
シャーシ正面図 ................................................................................................ 5
シャーシ背面図 ................................................................................................ 6
サーバ本体の標準機能と特徴 ................................................................. 7
サーバの構成 .................................................................................. 10
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
ステップ
1 ベース型番を選択する ....................................................................... 11
2 プロセッサを選択する ........................................................................ 12
3 メモリを選択する .............................................................................. 14
4 ドライブを選択する ............................................................................ 22
5 RAID 構成を選択する ......................................................................... 26
6 PCIe オプション カードを選択する............................................................ 31
7 PCIe ライザーを選択する ..................................................................... 36
8 ネットワーク カードのアクセサリの注文(オプション) ....................................... 37
9 GPU カードとアクセサリを選択する(オプション) ............................................ 42
10 電源ユニットのを選択する .................................................................. 44
11 AC 電源コードを選択する .................................................................. 45
12 スライド レール キット(オプション) ......................................................... 47
13 ケーブル マネジメント アームを選択する(オプション).................................... 48
14 Cisco Flexible Flash SD カード モジュールを選択する(オプション) .................... 49
15 USB ドライブを選択する(オプション) ...................................................... 50
16 トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)を選択する .............................. 51
17 ベゼルを選択する(オプション) ............................................................. 52
18 オペレーティング システムとオプション ソフトウェアを選択する ......................... 53
19 オペレーティング システム メディア キットを選択する .................................... 56
20 サポート サービスを選択する .............................................................. 57
参考資料 ....................................................................................... 59
シャーシ ....................................................................................................... 59
CPU と DIMM .................................................................................................. 60
物理レイアウト ........................................................................................ 60
メモリ搭載ルール ..................................................................................... 61
メモリ装着順序 ........................................................................................ 61
KVM ケーブル ................................................................................................. 68
技術仕様 ....................................................................................... 69
寸法と重量 .................................................................................................... 69
電力仕様 ...................................................................................................... 69
環境仕様 ...................................................................................................... 70
準拠要件 ...................................................................................................... 70
2
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
0B 補足
補足
本資料は、シスコサイトで公開された英語版 Spec sheet を基に、翻訳した日本語バージョンです。最新情報及び、
記載内容の不明点等は英語版資料もご確認ください。本資料の情報は、翻訳時期等により、最新でない可能性が
あります。
概要
Cisco UCS C460 M4 高性能ラック サーバ(図 1)は、Intel Xeon E7-8800 v2/v3、E7-4800 v2/v3、E7-2800 v2(Ivy
Bridge EX)シリーズ プロセッサ ファミリ CPU をサポートする 4 ラックユニット(4 RU)サーバです。最大 6 TB の
Double Data Rate 3(DDR3)または DDR4 メモリ 1 (96 個のスロット)、および最大 12 台の Small Form Factor
(SFF)SAS および SATA ディスク ドライブ(ホットスワップ可能 2)を搭載しています。
PCI Express(PCIe)スロット X 10 によって Cisco UCS C シリーズ ネットワーク アダプタがサポートされており、ギガ
ビット イーサネット LOM ポート X 2、10 ギガビット イーサネット ポート X 2、専用のアウトオブバンド(OOB)管理
ポートの追加 I/O も利用できます。シャーシには、RAID コントローラ カード用に予約済みの PCIe スロットが内蔵さ
れています。
図1
Cisco UCS C460 M4 高密度ラック サーバ
正面
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
3
1B 概要
背面
注記 . . .
1. 64 GB DIMM を利用することで、最大 6 TB のメモリ容量を使用できます。
2. ホットスワップ交換の場合は、ソフトウェアのコンポーネントを事前調整またはシャットダウンしなくても取り外すことがで
きます。
4
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
2B 詳細図
詳細図
シャーシ正面図
図 2 に、Cisco UCS C460 M4 汎用ラック サーバの詳細な正面図を示します。
図2
シャーシ正面図
1
冷却ファン(ホットスワップ可能、
前面パネルからアクセス可能)
7
温度ステータス LED
2
操作パネル
8
電源ステータス LED
3
電源ボタン/LED
9
ネットワーク リンク動作 LED
4
ID ボタン/LED
10
SAS/SATA ドライブ ベイ 1 ~ 12(ホットスワップ可能)
5
システム ステータス LED
11
KVM コンソール コネクタ(USB 2 個、VGA 1 個、
シリアル コネクタ 1 個を装備した KVM ケーブル
で使用)1
6
ファン ステータス LED
12
引き抜きアセット タグ
注記 . . .
1. KVM コネクタの詳細については、68 ページの「KVM ケーブル」 を参照してください。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5
2B 詳細図
シャーシ背面図
図 3 に背面パネルの外部機能を示します。
図3
シャーシ背面図
ライザー 1
ライザー 2
1
PCIe ライザー 1(スロット 1 ~ 5)
6
10 ギガビット イーサネット ポート X 2
2
PCIe ライザー 2(スロット 6 ~ 10)
7
USB 2.0 ポート x 3
3
シリアル ポート(DB-9 コネクタ)
8
1 ギガビット イーサネット ポート X 2
4
VGA ビデオ ポート(DB-15 コネクタ)
9
背面識別 LED
5
10/100/1000 イーサネット専用管理ポート M1
10
電源装置 1 ~ 4(ホットスワップ可能、2+2 とし
て冗長)
6
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
3B サーバ本体の標準機能と特徴
サーバ本体の標準機能と特徴
表 1 に、サーバ本体の機能と特徴を示します。特定の機能(プロセッサ数、ディスク ドライブ、メモリ容量など)に関す
るサーバの設定方法については、10 ページの「サーバの設定」 を参照してください。
表 1 機能と特徴
機能/特徴
説明
シャーシ
4 ラック ユニット(4 RU)シャーシ
CPU
2 基または 4 基の Intel Xeon E7-8800 v2/v3、E7-4800 v2/v3、または E7-2800 v2
(Ivy Bridge EX)シリーズ プロセッサ ファミリ
2 CPU および 4 CPU 構成には、4 台の電源装置が必要です。
InfiniBand
このサーバのバス スロットは、InfiniBand アーキテクチャをサポートしています。
チップセット
Intel® C602J チップセット
メモリ
メモリ ライザー ボード用マザーボード スロット X 8。各メモリ ライザーは、最大
12 枚の DIMM を搭載できます。DIMM の最大装着数は 96 枚です。各 CPU は 2 つ
のメモリ ライザー(最大 24 枚の DIMM)を制御できます。メモリ ライザーはホットプ
ラグ可能です1。
最大メモリ容量は 6 TB2 です。これは、4 CPU 構成時に 48 個の DIMM キット(キッ
トあたり 64 GB DIMM X 2)で構成された、96 枚の DIMM によって実現されます。
拡張スロット
10 個のフルハイト PCIe 拡張スロットを搭載しています。
■
スロット 1:CPU1 制御、Gen-3 8x、98 ピン
■
スロット 2:CPU1 制御、Gen-3 16x、NCSI、230 ピン
■
スロット 3:CPU2 制御、Gen-3 4x、NCSI、230 ピン
■
スロット 4:CPU2 制御、Gen-3 8x、NCSI、230 ピン
■
スロット 5:CPU2 制御、Gen-3 8x、NCSI、230 ピン
■
スロット 6:CPU4 制御、Gen-3 8x、98 ピン
■
スロット 7:CPU3 制御、Gen-3 16x、NCSI、230 ピン
■
スロット 8:CPU4 制御、Gen-3 8x、NCSI、230 ピン
■
スロット 9:CPU3 制御、Gen-3 16x、NCSI、230 ピン
■
スロット 10:CPU4 制御、Gen-3 8x、NCSI、230 ピン
注:CPU は、示されている特定のスロットをサポートするように取り付ける
必要があります。CPU は、CPU1 と CPU2 の 2 プロセッサ構成、または
CPU1、CPU2、CPU3、CPU4 の 4 プロセッサ構成のいずれかで取り付ける
ことができます。詳細については、31 ページの「PCIe オプション カードの
選択」 を参照してください。
Flexible Drive コネクタ
サーバの正面からは 12 個のコネクタを操作できます。次のようにホットプラグ可能
なドライブ スレッドまたは PCIe デバイスが柔軟にサポートされています。
■
12 個のコネクタすべてでホットプラグ SAS/SATA ハード ディスク ドライブ
(HDD)またはソリッドステート ドライブ(SSD)をサポートしています。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
7
3B サーバ本体の標準機能と特徴
表 1 機能と特徴(続き)
機能/特徴
説明
ストレージ コントローラ
出荷時の RAID 構成サポート オプション:
■
LSI MegaRAID SAS 9361CV-8i コントローラにより、最大 8 基の内部 SAS また
は SATA ドライブをサポートし、RAID 0、1、5、6、10、50、60 をサポートしてい
ます。この RAID コントローラには、オンボードの 1 GB キャッシュと、データ
キャッシュ電源バックアップ用にシャーシ マウントの(リモート)スーパーキャパ
シタが搭載されています。
■
Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート RAID コントローラでは、最大 8 基の内部
SAS または SATA ドライブがサポートされます。512 MB Flash-Backed Write
Cache(FBWC)と合わせることができます。このカードでは JBOD および RAID
0、1、5、10、50 がサポートされます。
■
Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID コントローラでは、最大 12 基のドライ
ブがサポートされます。このカードは、次の表に示す、オンボード FlashBacked Write Cache(FBWC)アップグレード オプションの 1 つと合わせること
ができます。
RAID カードのバージョン
サポート対象の RAID レベル
オンボード FBWC
UCSC-MRAID12G-1GB
JBOD、0、1、5、6、10、50、60
1 GB
UCSC-MRAID12G-2GB
JBOD、0、1、5、6、10、50、60
2 GB
UCSC-MRAID12G-4GB
JBOD、0、1、5、6、10、50、60
4 GB
RAID コントローラ カード専用のオンボード PCIe スロットが1つあります。以下の
RAID コントローラは外部接続用です。内蔵の PCIe ドライブを制御することはできま
せん。
■
Cisco 9300-8E 12G SAS PCIe 外部ドライブ コントローラ
• 8 つの外部ポートが搭載された Cisco 12G SAS 9300-8e HBA です。
SAS 3.0 に準拠しています。8 つの外部 SAS+SATA ポート(最大 1024 の非
RAID 外部デバイス)を利用できます。キャッシュまたはキャッシュ電源の
バックアップはありません。
内部ストレージ デバイス
最大 12 台の SFF 2.5 インチ SAS、SATA HDD または SSD。
UCS ストレージ アクセラレータ(PCIe フラッシュ ストレージ デバイス)も使用できま
す。PCIe フラッシュ ストレージ デバイスは、背面からアクセス可能な PCIe スロット
に取り付けることで、独立した高速ストレージを提供します。
Cisco Flexible Flash ドラ
イブ
オプションで 2 つの空の内部 Cisco Flexible Flash ドライブ(SD カード)を、内部メ
ディア ライザーに搭載できます。
内部 USB
内部メディア ライザーには、1 つの内部 USB 2.0 スロットがあります。
WoL
オンボードの 1 GB BASE-T イーサネット LAN ポートは、Wake-on-LAN(WoL)規格
をサポートしています。
ACPI
このサーバは、Advanced Configuration and Power Interface(ACPI)4.0 規格を
サポートしています。
8
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
3B サーバ本体の標準機能と特徴
表 1 機能と特徴(続き)
機能/特徴
説明
ビデオ
Cisco Integrated Management Controller(CIMC)は、Matrox G200e ビデオ/グラ
フィックス コントローラを使用してビデオを提供します。
インターフェイス
■
ハードウェア アクセラレーションを備えた内蔵 2D グラフィックス コア
■
DDR2/3 メモリ インターフェイスは最大 512 MB のアドレス可能メモリをサポー
トします(デフォルトで 8 MB がビデオ メモリに割り当てられます)。
■
最大 1920 X 1200 16bpp、60Hz のディスプレイ解像度をサポートします。
■
高速な内蔵 24 ビット RAMDAC
■
第一世代の速度で動作するシングル レーン PCI-Express ホスト インターフェイス
■
背面パネル
• 10/100/1000 専用管理イーサネット ポート X 1
• 1 ギガビット(10/100/1000 Mbps 対応) X 2 ポート。この統合型ギガビット
ポートは Wake on LAN(WoL)標準および TCP/IP オフロード エンジン
(TOE)標準をサポートしています。
• 10 ギガビット Base-T イーサネット X 2 ポート(1 Gbps/10 Gbps 対応)
• RS232 シリアル コネクタ X 1
• 15 ピン VGA コネクタ X 1
• USB 2.0 コネクタ X 3
■
前面パネル
• KVM コネクタ X 1
電源サブシステム
■
4 台の 1400 W 電源装置を搭載
■
電源ユニットはホットスワップ対応、背面アクセス、2+2 として冗長化が可能
サーバの電力消費容量の確認は、次の URL の Power Calculator を使用
してください。
http://ucspowercalc.cisco.com [英語]
ファン
シャーシ:
■
ファン X 4(ホットスワップ可能)
電源装置:
■
統合型管理プロセッサ
4 つの各電源装置にファンを装備
標準組み込みの Cisco Integrated Management Controller(CIMC)の GUI または
CLI インターフェイスを使用すれば、サーバ構成、稼働状態、およびシステム イベン
ト ログを監視することができます。
注記 . . .
1. ホットプラグ可能 = サーバの電源が入っている間に取り外しを行うには、コンポーネントのソフトウェア シャットダウンが必要です。
2. 64 GB DIMM を使用
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
9
4B サーバの構成
サーバの構成
次の手順に従って、Cisco UCS C460 M4 高性能ラック サーバを構成します。
10
■
ステップ 1 ベース型番を確認する(11 ページ)
■
ステップ 2 プロセッサを選択する(12 ページ)
■
ステップ 3 メモリを選択する(14 ページ)
■
ステップ 4 ドライブを選択する(21 ページ)
■
ステップ 5 RAID 構成を選択する(26 ページ)
■
ステップ 6 PCIe オプション カードを選択する(31 ページ)
■
ステップ 7 PCIe ライザーを選択する(36 ページ)
■
ステップ 8 ネットワーク カードのアクセサリを注文する(オプション)(37 ページ)
■
ステップ 9 GPU カードとアクセサリを選択する(オプション)(42 ページ)
■
ステップ 10 電源ユニットを選択する(44 ページ)
■
ステップ 11 AC 電源コードを選択する(45 ページ)
■
ステップ 12 スライド レール キット(オプション)(47 ページ)
■
ステップ 13 ケーブル マネジメント アームを選択する(オプション)(48 ページ)
■
ステップ 14 Cisco Flexible Flash SD カード モジュールを選択する(オプション)(49 ページ)
■
ステップ 15 USB ドライブを選択する(オプション)(50 ページ)
■
ステップ 16 トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)を選択する(51 ページ)
■
ステップ 17 ベゼルを選択する(オプション)(52 ページ)
■
ステップ 18 オペレーティング システムとオプション ソフトウェアを選択する(52 ページ)
■
ステップ 19 オペレーティング システム メディア キットを選択する(56 ページ)
■
ステップ 20 サポート サービスを選択する(57 ページ)
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 1
ベース型番を選択する
表 2 に示すサーバのモデル製品 ベース型番(PID)を選択します。
表 2 C460 M4 ラック サーバの ベース(モデル)製品 ID
製品 ID(PID)
説明(PID description)
UCSC-C460-M4
UCS C460 M4 base chassis no CPU/DIMM/HDD/PCIe/memory risers
ベース型番の内容:
■
■
同梱品:
—
ディスクドライブが挿入されていないスペースに使用するブランキング パネル(冷却用のエ
アー フローを維持するため)
—
レール キット
次の主要パーツは含まれません。
—
CPU
—
DIMM
—
メモリ ライザー
—
電源装置
—
ハードディスク ドライブ(HDD)
—
ソリッドステート ドライブ(SSD)
—
プラグイン PCIe カード
—
PCIe ライザー
注:以降の手順に従い、必要なコンポーネントでサーバを構成してください。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
11
4B サーバの構成
ステップ 2
プロセッサを選択する
標準の CPU 機能は次のとおりです。
■
Intel Xeon E7-8800 v2/v3、E7-4800 v2/v3、または E7-2800 v2(Ivy Bridge EX)シリーズ プ
ロセッサ ファミリ CPU
■
Intel C602J チップセット
■
v2 CPU 用に最大 37.5 MB、v3 CPU 用に最大 45 MB のキャッシュ サイズ
CPU の選択
使用可能な CPU を表 3 に示します。
表 3 選択可能な CPU:Intel Xeon E7-8800 v2/v3、E7-4800 v2/v3、E7-2800 v2 ファミリ
キャッシュ
サイズ
(MB)
コア
QPI(GT/s)
サポートする DDR
DIMM の最大
クロック(MHz)
v3 CPU(DDR4 メモリと DDR4 メモリ ライザーで構成)
UCS-CPU-E74809D
E7-4809 v3
2.0
115
20
8
6.4
1866
UCS-CPU-E74820D
E7-4820 v3
1.9
115
25
10
6.4
1866
UCS-CPU-E74830D
E7-4830 v3
2.1
115
30
12
8.0
1866
UCS-CPU-E74850D
E7-4850 v3
2.2
115
35
14
8.0
1866
UCS-CPU-E78860D
E7-8860 v3
2.2
140
40
16
9.6
1866
UCS-CPU-E78870D
E7-8870 v3
2.1
140
45
18
9.6
1866
UCS-CPU-E78880D
E7-8880 v3
2.3
150
45
18
9.6
1866
UCS-CPU-E78890D
E7-8890 v3
2.5
165
45
18
9.6
1866
UCS-CPU-E78891D
E7-8891 v3
2.8
165
45
10
9.6
1866
UCS-CPU-E78893D
E7-8893 v3
3.2
140
45
4
9.6
1866
UCS-CPU-E78880lD
E7-8880L v3
2.0
115
45
18
9.6
1866
UCS-CPU-E78867D
E7-8867 v3
2.5
165
45
16
9.6
1866
v2 CPU(DDR3 メモリと DDR3 メモリ ライザーで構成)
UCS-CPU-E72850B
E7-2850 V2
2.3
105
24
12
7.2
1600
UCS-CPU-E72870B
E7-2870 V2
2.3
130
30
15
8.0
1600
UCS-CPU-E72880B
E7-2880 V2
2.5
130
37.5
15
8.0
1600
UCS-CPU-E72890B
E7-2890 V2
2.8
155
37.5
15
8.0
1600
UCS-CPU-E74809B
E7-4809 v2
1.9
105
12
6
6.4
1333
UCS-CPU-E74820B
E7-4820 v2
2.0
105
16
8
7.2
1600
UCS-CPU-E74830B
E7-4830 v2
2.2
105
20
10
7.2
1600
UCS-CPU-E74850B
E7-4850 v2
2.3
105
24
12
7.2
1600
UCS-CPU-E74860B
E7-4860 v2
2.6
130
30
12
8.0
1600
製品 ID(PID)
12
Intel 番号
クロック
周波数
(GHz)
消費
電力
(W)
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 3 使用可能な CPU:Intel Xeon E7-8800 v2/v3、E7-4800 v2/v3、E7-2800 v2 ファミリ(続き)
クロック
消費電
周波数
力(W)
(GHz)
キャッシュ
サイズ
(MB)
コア
QPI(GT/s)
サポートする DDR
DIMM の最大
クロック(MHz)
製品 ID(PID)
Intel 番号
UCS-CPU-E74870B
E7-4870 v2
2.3
130
30
15
8.0
1600
UCS-CPU-E74880B
E7-4880 v2
2.5
130
37.5
15
8.0
1600
UCS-CPU-E74890B
E7-4890 v2
2.8
155
37.5
15
8.0
1600
UCS-CPU-E78880LB
E7-8880L v2
2.2
105
37.5
15
8.0
1600
UCS-CPU-E78857B
E7-8857 v2
3.0
130
30
12
8.0
1600
UCS-CPU-E78891B
E7-8891 v2
3.2
155
37.5
10
8.0
1600
UCS-CPU-E78893B
E7-8893 v2
3.4
155
37.5
6
8.0
1600
動作確認済みのプロセッサ搭載構成
(1) 2 CPU 構成
■
表 3 から同一仕様の CPU を 2 つ選択します。
(2) 4 CPU 構成
■
表 3 から同一仕様の CPU を 4 つ選択します。
注意
■ 同一仕様のプロセッサを 2 つまたは 4 つ選択する必要があります。
■
Intel E7 v2 CPU は、DDR3 DIMM と DDR3 メモリ ライザーで構成する必要があります。
■
Intel E7 v3 CPU は、DDR4 DIMM と DDR4 メモリ ライザーで構成する必要があります。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
13
4B サーバの構成
ステップ 3
メモリを選択する
標準メモリの機能は次のとおりです。
■
■
プラグイン メモリ ライザ ボード
—
ライザー ボードあたり最大 12 の DIMM
—
ライザー ボードはマザーボードに垂直に取り付けます。
—
2 CPU 搭載時には 4 つのライザー ボード
—
4 CPU 搭載時には 8 つのライザー ボード
DIMM
—
クロック速度:DDR3 DIMM で 1600 MHz、DDR4 DIMMS で 1866 MHz
—
DIMM あたりのランク:2、4、または 8
—
動作時の電圧:1.5 V または 1.35 V
—
Registered DIMM(RDIMM)または Load-reduced Registered DIMM(LRDIMM)
■ 各 CPU は 4 つのシリアル メモリ インターフェイス 2(SMI-2)チャネルを制御します。メモリ ライザー
上のメモリ バッファは、各 SMI チャネルを 2 つの DDR3 サブチャネルに変換します。各 CPU に
2 つのメモリ ライザーがあります。図 4 に示すように、メモリはサブチャネルあたり 3 つの DIMM と
して構成できます。
14
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
図4
C460 M4 メモリ構成
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
15
4B サーバの構成
メモリ ライザー ボードを選択
次のようにライザー ボードを選択できます。
■
2 CPU システム用の 4 つのメモリ ライザー ボード
■
4 CPU システム用の 8 つのメモリ ライザー ボード
表 4 使用可能なメモリ ライザー ボード
PID の説明
ライザあたりの最大
DIMM 数
UCSC-MRBD-12
Memory riser board with 12 DDR3 DIMM slots
12
UCSC-MRBD2-12
Memory riser board with 12 DDR4 DIMM slots
12
製品 ID(PID)
ライザ ボードのオプション
動作確認済みの構成
(1) 2 CPU システム
■
表 4 から 4 つのメモリ ライザー ボードを選択します。
(1) 4 CPU システム
■
表 4 から 8 つのメモリ ライザー ボードを選択します。
注意
■ 利用予測されるメモリ要件に対応できるだけのソケット数が得られるように、十分な数のライザーを構
成する必要があります。
DIMM とメモリ ミラーリングの選択(オプション)
メモリの構成とメモリ ミラーリング オプションが必要かどうかを選択します。使用可能なメモリ DIMM とミ
ラーリング オプションを表 5 に示します。
注:メモリ ミラーリングを有効にすると、メモリ サブシステムにより、同じデータが 2 つの
チャネルに同時に書き込まれます。解決できないメモリ エラーにより、一方のチャネルから
のメモリ読み取りで正しくないデータが返された場合、自動的にもう一方のチャネルから
データが取得されます。いずれかのチャネルで一時的または軽度のエラーが発生しても、ミ
ラー データには影響しません。DIMM とミラー DIMM のまったく同じ場所で同時にエラーが
発生しない限り、処理を継続することができます。メモリ ミラーリングを使用すると、搭載さ
れた 2 つのチャネルの一方でしかデータが提供されないため、オペレーティング システム
で使用できるメモリの容量は 50 % 減少します。
16
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
DDR3 DIMM は、DIMM X 2 のキットとして注文できます。DDR4 DIMM は単一の DIMM として注文できま
す。必要に応じて、DIMM の数とメモリ ミラーリング オプションを選択します。表 5 に、使用可能なメモリ
DIMM を示します。
表 5 使用可能な DIMM および DIMM キット(キットあたり DIMM X 2)
製品 ID(PID)
PID の説明
電圧(V)
ランク/
DIMM
DDR3 DIMM キット オプション(DDR3 メモリ ライザ ボード、UCSC-MRBD-12 を使用)
UCS-ML-2X648RY-E1
2x64 GB DDR3-1600-MHz LRDIMM/PC-10600/octal rank
1.5
8
UCS-ML-2X324RY-E
2x32 GB DDR3-1600-MHz LRDIMM/PC-12800/quad rank 1.35v
1.5/1.35
4
UCS-MR-2X162RY-E
2X16 GB DDR3-1600-MHz RDIMM/PC-12800/dual rank 1.35v
1.5/1.35
2
UCS-MR-2X082RY-E
2X8 GB DDR3-1600-MHz RDIMM/PC-12800/dual rank 1.35v
1.5/1.35
2
DDR4 DIMM オプション(DDR4 メモリ ライザ ボード、UCSC-MRBD2-12 を使用)
UCS-MR-1X322RU-G
32 GB DDR4-2133-MHz RDIMM/PC4-17000/2R/x4/1.2v
1.2
2
UCS-MR-1X162RU-G
16 GB DDR4-2133 MHz RDIMM/PC4-17000/2R/x4/1.2v
1.2
2
UCS-MR-1X081RU-G
8 GB DDR4-2133 MHz RDIMM/PC4-17000/1R/x4/1.2v
1.2
1
メモリ ミラーリング オプション
N01-MMIRROR
Memory mirroring option
注記 . . .
1. 64 GB DIMM を使用するシステムでは、最大周囲温度が 32 °C(89.6 °F)に制限されます。また、64 GB DIMM を
使用するシステムには GPU カード を実装できません。
動作確認済みの構成
(1) メモリ ミラーリングなしの最小構成
■
メモリ ミラーリングなしの最小構成では、CPU1 または CPU2 のスロットに 1 つのメモリ ライザー
を取り付け、1 枚の DIMM を搭載します。DIMM の合計最小容量は、インストールされている OS
の要件に適合する必要があります。
(2) メモリ ミラーリングなしの最大構成
■
8 つのメモリ ライザーにそれぞれ 12 枚の DIMM(合計 DIMM X 96)を搭載します。
(3) メモリ ミラーリングありの最小構成
■
1 つのメモリ ライザーに最小 2 組の DIMM ペアを搭載します。
(4) メモリ ミラーリングありの最大構成
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
17
4B サーバの構成
■
8 つのメモリ ライザーに、ライザーあたり最小 2 組の DIMM ペア(合計 DIMM X 16)、ライザー
あたり最大 6 組の DIMM ペア(合計 DIMM X 96)を搭載します。
注:メモリ ミラーリング モードは 3 つあります。
1 ソケット内ミラーリング
2 ソケット間クロス メモリ コントローラ ミラーリング
3 ソケット間の完全なマスタースレーブ ミラーリング
ミラーリング モードは、UCS Manager の [BIOS ポリシー(BIOS Policy)] の [RAS メモリ
(RAS Memory)] タブを使用して構成できます。
使用可能な DIMM 構成
2 CPU および 4 CPU システムで可能な DIMM 構成については、表 6 を参照してください。
表 6 使用可能な DIMM 構成
CPU あたりの
DIMM 数
2 CPU システム
DIMM キット数量
4 CPU システム
合計 DIMM 数
(17 ページの表 5 を参照)
18
DIMM キット数量
合計 DIMM 数
(17 ページの表 5 を参照)
2
2
4
4
8
4
4
8
8
16
6
6
12
12
24
8
8
16
16
32
10
10
20
20
40
12
12
24
24
48
14
14
28
28
56
16
16
32
32
64
18
18
36
36
72
20
20
40
40
80
22
22
44
44
88
24
24
48
48
96
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
注意
■
メモリ モード: システムの速度は、チャネルあたりの DIMM の装着数、CPU の DIMM 速度サポート、
BIOS のメモリ モードによって異なります。BIOS のデフォルトのメモリ モードは、パフォーマンス モー
ドです。ただし、BIOS 設定でロックステップ モードにも変更できます。
—
メモリ パフォーマンス モード: このモードでは、CPU からメモリ バッファへのメイン メモリ
チャネルは、バッファから DIMM への 2 つの各メモリ サブチャネルの 2 倍のクロック レー
トで動作します。各 DIMM サブチャネルは順次アクセスされます。たとえば、CPU チャネル
のクロック速度が 2667 MHz である場合、各 DIMM サブチャネルは 1333 MHz で動作しま
す。したがって、パフォーマンス モードは 2:1 になります。パフォーマンス モードにはデー
タ保護機能はありませんが、ロックステップ モードの 1.5 倍のパフォーマンスが得られま
す。高スループットが必要な場合に最適です。
—
メモリ ロックステップ モード: このモードでは、CPU からメモリ バッファへのメイン メモリ
チャネルは、バッファから DIMM への 2 つの各メモリ サブチャネルと同じクロック レートで
動作します。ダブル幅アクセスの場合、各 DIMM サブチャネルは同時にアクセスされます。
たとえば、CPU チャネルのクロック速度が 1600 MHz である場合、各 DIMM サブチャネル
は 1600 MHz で動作します。したがって、ロックステップ モードは 1:1 になります。メモリ
ロックステップ モードでは、シングルビットとマルチビットのエラーに対する保護が得られま
す。メモリ ロックステップでは、2 つのメモリ チャネルが 1 つのチャネルとして機能し、
2 チャネル幅でのデータ移動と、8 ビットのメモリ補正が可能になります。
■
v2 CPU は、DDR3 DIMM と DDR3 メモリ ライザーで構成する必要があります。
■
v3 CPU は、DDR4 DIMM と DDR4 メモリ ライザーで構成する必要があります。
■
DIMM のパフォーマンスに対する CPU の影響
表7
DDR3 DIMM のパフォーマンスに対する CPU の影響
CPU メモリ モード
Advanced CPU1
8.0 GT/s QPI
Standard CPU2
7.2 GT/s QPI
Basic CPU3
6.4 GT/s QPI
ロックステップ モード(1:1)
1600 MHz
1600 MHz
1333 MHz
パフォーマンス モード(2:1)
1333 MHz
1066 MHz
1066 MHz
注記 . . .
1. CPU の例:E7-4890/4880/4870/4860 v2、E7-8893/8891/8857 v2
2. CPU の例:E7-4850/4830/4820 v2
3. CPU の例:E7-4809 v2
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
19
4B サーバの構成
■
DIMM (メモリ)のクロック速度
DIMM 電圧とチャネルあたりの DIMM の数によって、DIMM クロック速度は異なります。表 8、
表 9、表 10 を参照してください。
表8
DDR3 DIMM のパフォーマンス(1.5 V)
DIMM GB/ランク/タイプ
ロックステップ モード(1:1)
1.5 V DIMM
1 DPC
2 DPC
3 DPC
1 DPC
2 DPC
3 DPC
8 GB/2R/RDIMM
1333 MHz
1333 MHz
1066 MHz
1333 MHz
1333 MHz
1066 MHz
16 GB/2R/RDIMM
1333 MHz
1333 MHz
1066 MHz
1333 MHz
1333 MHz
1066 MHz
32 GB/4R/LRDIMM
1333 MHz
1333 MHz
1333 MHz
1600 MHz
1600 MHz
1333 MHz
64 GB/8R/LRDIMM
1066 MHz
1066 MHz
1066 MHz
1066 MHz
1066 MHz
1066 MHz
表9
DDR3 DIMM のパフォーマンス(1.35 V)
パフォーマンス モード(2:1)
1.35 V DIMM
ロックステップ モード(1:1)
1.35 V DIMM
DIMM GB/ランク/
タイプ
1 DPC
2 DPC
3 DPC
1 DPC
2 DPC
3 DPC
8 GB/2R/RDIMM
1333 MHz
1066 MHz
N/A
1333 MHz
1066 MHz
N/A
16 GB/2R/RDIMM
1333 MHz
1066 MHz
N/A
1333 MHz
1066 MHz
N/A
32 GB/4R/LRDIMM
1333 MHz
1333 MHz
N/A
N/A
N/A
N/A
1333 MHz
N/A
N/A
64 GB/8R/LRDIMM
1333 MHz
N/A
表 10
20
パフォーマンス モード(2:1)1.5 V
DIMM
N/A
DDR4 DIMM のパフォーマンス(1.2 V)
ロックステップ モード
(1:1)1.2 V DIMM
パフォーマンス モード(2:1)
1.2 V DIMM
DIMM GB/ランク/
タイプ
1 DPC
2 DPC
3 DPC
1 DPC
2 DPC
3 DPC
8 GB/1R/RDIMM
1600 MHz
1600 MHz
1600 MHz
1866 MHz
1866 MHz
1600 MHz
16 GB/2R/RDIMM
1600 MHz
1600 MHz
1333 MHz
1866 MHz
1866 MHz
1333 MHz
32 GB/2R/RDIMM
1600 MHz
1600 MHz
1333 MHz
1866 MHz
1866 MHz
1333 MHz
■
最小 DIMM 構成は、CPU1 または CPU2 のメモリ ライザーに、DIMM ペアを 1 つ以上取り付ける
必要があります。4 CPU の場合、CPU ごとに 1 つの DIMM ペアを構成します。
■
DIMM は、ペアで装着する必要があります。このサーバの DIMM は 2 つの DIMM キットとして販売
されています。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
■ ペアの DIMM は同一メモリ タイプである必要があります。
■
空の CPU スロットに対応するメモリ ライザーに取り付けられた DIMM はアクセス不可能になります。
■
最適なパフォーマンスを得るため、取り付けられているすべての CPU およびメモリ バッファに均等に
DIMM を分散させます。
■
RDIMM と LRDIMM タイプの混在はできません。
■
チャネル内の DIMM は、スロット搭載ルールに基づき、メモリ バッファから最も遠い DIMM から装着し
ていきます。
■
DDR3 チャネル ペアに使用するライザ ペアは同種の DIMM で構成する必要があります。
■
GPU カードを搭載する場合は、サーバで許容される DIMM メモリは、1 TB 未満にする必要がありま
す(例:UCS-MR-2X162RY-E(2 X 16 GB)は 30 以下、UCS-ML-2X324RY-E(2 X 32 GB)は 14 以下、
UCS-MR-1X162RU-G(1 X 16 GB)は 60 以下、UCS-MR-1X322RU-G(1 X 32 GB)28 以下)。
■
64 GB DIMM を使用するシステムでは、最大周囲温度が 32 °C(89.6 °F)に制限されます。また、
64 GB DIMM を使用するシステムには GPU カードを実装できません。
メモリの詳細については、60 ページの「CPU と DIMM」 を参照してください。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
21
4B サーバの構成
ステップ 4
ドライブを選択する
標準ハードディスク ドライブ(HDD)とソリッドステート ドライブ(SSD)の機能は次のとおりです。
■
2.5 インチ スモール ファクタ
■
ホットスワップ
■
スレッド マウント
HDDS と SSD を選択する
表 11 に使用可能なドライブを示します。
表 11 構成可能なホットプラグ可能スレッドマウント HDD および SDD
製品 ID(PID)
ドライブ
タイプ
PID の説明
容量
HDD
12 Gbps ドライブ
UCS-HD18TB10KS4K1、2
1.8 TB 12G SAS 10K RPM SFF HDD(4K)
SAS
1.8 TB
UCS-HD600G10KS4K1、2
600 GB 12G SAS 10K RPM SFF HDD(4K)
SAS
600 GB
UCS-HD600G15K12G
600 GB 12G SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
600 GB
UCS-HD450G15K12G
450 GB 12G SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
450 GB
UCS-HD300G15K12G
300 GB 12G SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
300 GB
UCS-HD12TB10K12G
1.2 TB 12G SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
1.2 TB
UCS-HD900G10K12G
900 GB 12G SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
900 GB
UCS-HD600G10K12G
600 GB 12G SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
600 GB
UCS-HD300G10K12G
300 GB 12G SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
300 GB
UCS-12T10KS2-E
1.2 TB 6 G SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
1.2 TB
UCS-HDD900GI2F106
900 GB 6 Gb SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
900 GB
UCS-HD600G15KS2-E
600 GB SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
600 GB
A03-D600GA2
600 GB 6 Gb SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
600 GB
UCS-HD450G15KS2-E
450 GB SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
450 GB
UCS-HDD300GI2F105
300 GB 6 Gb SAS 15K RPM SFF HDD
SAS
300 GB
A03-D300GA2
300 GB 6 Gb SAS 10K RPM SFF HDD
SAS
300 GB
6 Gbps ドライブ
22
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 11 構成可能なホットプラグ可能スレッドマウント HDD および SDD(続き)
製品 ID(PID)
PID の説明
ドライブ
タイプ
容量
SSDs
12 Gbps ドライブ
UCS-SD16TB12S4-EP
1.6 TB 2.5 インチ Enterprise Performance 12 G SAS SSD
(10 倍の耐久性)
SAS
1.6 TB
UCS-SD400G12S4-EP
400 GB 2.5 インチ Enterprise Performance 12 G SAS SSD
(10 倍の耐久性)
SAS
400 GB
UCS-SD16T12S2-EP
1.6 TB 12 Gb SAS 2.5 インチ Enterprise performance SSD
(Toshiba PM2)
SAS
1.6 TB
UCS-SD800G12S4-EP
800 GB 2.5 インチ Enterprise Performance 12 G SAS SSD
(10 倍の耐久性)
SAS
800 GB
UCS-SD400G12S2-EP
400 GB 12 Gb SAS 2.5 インチ Enterprise Performance SSD
(Toshiba PM2)
SAS
400 GB
UCS-SD16TB12S3-EP
1.6 TB 2.5 インチ Enterprise Performance 6G SATA SSD
(3 倍の耐久性)(Intel 3610)
SATA
1.6 TB
UCS-SD800G0KS2-EP3
800 GB SAS 2.5 インチ Enterprise Performance SSD
(Samsung 1625)
SAS
800 GB
UCS-SD400G0KS2-EP3
400 GB SAS 2.5 インチ Enterprise Performance SSD
(Samsung 1625)
SAS
400 GB
UCS-SD200G0KS2-EP3
200 GB SAS 2.5 インチ Enterprise Performance SSD
(Samsung 1625)
SAS
200 GB
UCS-SD16TBKS4-EV
1.6 TB 2.5 インチ Enterprise Value 6G SATA SSD
(Intel 3510)
SATA
1.6 TB
UCS-SD480GBKS4-EV
480 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6G SATA SSD
(Intel 3510)
SATA
480 GB
UCS-SD120GBKS4-EV
120 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6G SATA SSD
(Intel 3510)
SATA
120 GB
UCS-SD960G0KS2-EV
960 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6 G SATA SSD
(Samsung 853T)
SATA
960 GB
UCS-SD480G0KS2-EV
480 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6 G SATA SSD
(Intel 3500)
SATA
480 GB
UCS-SD240G0KS2-EV
240 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6 G SATA SSD
(Samsung 853T)
SATA
240 GB
UCS-SD120G0KS2-EV
120 GB 2.5 インチ Enterprise Value 6 G SATA SSD
(Intel 3500)
SATA
120 GB
6 Gbps ドライブ
注記 . . .
1. 4 K セクター サイズのドライブをサポートするオペレーティング システムは以下のとおりです。
- Windows:Win2012 および Win2012R2。
- Linux:RHEL 6.5/6.6/7.0/SLES 11 SP3 および SLES 12。
- ESXi/VMware はサポートされません。
EFI モードはブート サポートのみ使用可能。従来のブート モードはサポートされません。EFI モードは 4 K フォーマッ
ト ドライブからブートする場合のみ必要です。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
23
4B サーバの構成
4 K セクター サイズ ドライブと 512 バイト セクター サイズ ドライブを同じ RAID ボリュームに構成していないことを確
認してください。
2. Intel E7 v3 CPU(v2 CPU ではなく)を搭載したシステムでのみ使用(12 ページの表 3 を参照)
3. Intel E7 v2 CPU(v3 CPU ではなく)を搭載したシステムでのみ使用(12 ページの表 3 を参照)
24
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
動作確認済みの構成
(1) LSI MegaRAID SAS 9361CV-8i RAID コントローラ
■ 表 11 から最大 8 個の SAS または SATA 内部ドライブを選択します。この構成は RAID 0、1、5、6、
10、50、60 をサポートしています。
注:9361CV-8i コントローラは v2 CPU の場合のみ使用できます。
(2) Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート RAID コントローラ
■
表 11 から最大 8 個の SAS または SATA 内部ドライブを選択します。この構成は RAID 0、1、5、10、
50 をサポートしています。
(3) Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID コントローラ
■
表 11 から最大 12 個の SAS または SATA 内部ドライブを選択します。この構成は RAID 0、1、5、6、
10、50、60 をサポートしています。
注意
■ SAS と SATA ドライブを混在させることができます。また、すべての HDD が同じ RAID ボリューム内に
あり、すべての SSD も同じ RAID ボリューム内にあれば、HDD と SSD ドライブを混在させることもでき
ます。
■ SSD と HDD は、同じ RAID ボリューム内で混在させることはできません。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
25
4B サーバの構成
ステップ 5
RAID 構成を選択する
C460 M4 サーバには、内部ドライブ用に次のいずれかの RAID コントローラを搭載できます。
■
LSI MegaRAID SAS 9361CV-8i RAID コントローラ
■
Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート RAID コントローラ
■
Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID コントローラ
C460 M4 サーバには、外部ドライブ用に次の HBA を搭載できます。
■
Cisco 9300-8E 12G SAS HBA(JBOD のみサポート)
C460 M4 シャーシには、前面ドライブ ベイがあり、最大 12 の HDD または SSD を取り付けることができ
ます。
選択した RAID 実装、RAID コントローラ、および注文するドライブ数に応じて、RAID 0、1、5、6、および
10 システムをあらかじめ構成した状態で出荷できます。出荷時の RAID 構成オプションは、表 12 の最
後に記載されています。Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID では RAID レベル 50 および 60 もサ
ポートされますが、出荷時には構成されないことに注意してください。
内部ドライブ RAID コントローラを選択する
表 12 から 1 つの内部 RAID コントローラと必要な RAID 構成オプションを選択し、必要に応じて 1 つの
外部ドライブ RAID コントローラを選択します。
表 12 使用可能な内部ドライブ RAID オプション
製品 ID(PID)
PID の説明
RAID コントローラ
UCS-RAID9361CV-8I
26
LSI MegaRAID SAS 9361CV-8i controller (RAID 0, 1, 5, 6, 10, 50, 60
supported)
■
サーバのマザーボードの専用 PCIe スロットに取り付けます(59 ページの
図 7 を参照)。
■
1 ~ 8 基の内部 SAS または SATA ドライブをサポート
■
1 GB の Transportable Memory Module(TMM)と、データ キャッシュ電源
のバックアップ用にシャーシ マウント(リモート)スーパーキャパシタを搭載
■
出荷時の RAID 構成オプション:RAID 0、1、5、6、10(この表の RAID PID の
部分を参照)。
■
この RAID コントローラがサポートするドライブ ベイ:3、4、6、7、8、10、11、
12(5 ページの図 2 を参照)
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 12 使用可能な内部ドライブ RAID オプション(続き)
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-MRAID12G, plus
Cisco 12G SAS Modular 8-port RAID Controller (JBOD, RAID 0, 1, 5, 10, 50
supported)
UCSC-MRAID12G-512
■
サーバのマザーボードの専用 PCIe スロットに取り付けます(59 ページの
図 7 を参照)。
■
最大 8 基の内部 SAS または SATA ドライブをサポート
■
出荷時の RAID 構成オプション:RAID 0、1、5、10(この表の RAID PID の部
分を参照)
■
この RAID コントローラがサポートするドライブ ベイ:3、4、6、7、8、10、11、
12(5 ページの図 2 を参照)
512 MB の Flash-Backed Write Cache(FBWC)と合わせて注文する必要がありま
す。これには、512 MB のデータ キャッシュに加えて、Cisco 12G SAS モジュラ
8 ポート RAID コントローラのデータ キャッシュ電源バックアップ用スーパーキャパ
シタが含まれています。JBOD、RAID 0、1、5、10、50 をサポートしています。
FBWC の PID は UCSC-MRAID12G-512 です。
UCSC-MRAIDC460, plus
one of the following:
■
UCSC-MRAID12G-1GB
■
UCSC-MRAID12G-2GB
■
UCSC-MRAID12G-4GB
Cisco 12G SAS Modular 12-port RAID controller (JBOD, RAID 0, 1, 5, 6, 10, 50,
60 supported)
■
サーバのマザーボードの専用 PCIe スロットに取り付けます(59 ページの図 7
を参照)。
■
最大 12 基の内部 SAS または SATA ドライブをサポート
■
次の表に示す、オンボード Flash-Backed Write Cache(FBWC)アップグレード
オプションの 1 つと合わせて注文する必要があります。
RAID Card Version
Supported RAID Levels
Onboard FBWC
UCSC-MRAID12G-1GB
JBOD, 0, 1, 5, 6, 10, 50, 60
1 GB
UCSC-MRAID12G-2GB
JBOD, 0, 1, 5, 6, 10, 50, 60
2 GB
UCSC-MRAID12G-4GB
JBOD, 0, 1, 5, 6, 10, 50, 60
4 GB
■
UCSC-SAS9300-8E
出荷時の RAID 構成オプション:RAID 0、1、5、6、10(この表の RAID PID の部
分を参照)。
LSI MegaRAID SAS 9300-8E external drive controller
■
12 Gbps
■
JBOD をサポート
■
背面パネルの PCIe スロットに取り付け
■
最大 1024 台の外部デバイスをサポート
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
27
4B サーバの構成
表 12 使用可能な内部ドライブ RAID オプション(続き)
製品 ID(PID)
PID の説明
RAID 構成
R2XX-RAID0
出荷時の RAID 構成オプション(ストライピング)
RAID 0 設定が有効になります。必要な最小ハード ドライブ数は 1。
R2XX-RAID1
出荷時の RAID 構成オプション(ミラーリング)
RAID 1 設定が有効になります。同じサイズ、速度、容量のドライブが 2 個必要。
R2XX-RAID5
出荷時の RAID 構成オプション
RAID 5 設定が有効になります。同じサイズ、速度、容量のドライブが 3 個以上
必要。
R2XX-RAID6
出荷時の RAID 構成オプション
RAID 6 設定が有効になります。同じサイズ、速度、容量のドライブが 4 個以上
必要。
R2XX-RAID10
出荷時の RAID 構成オプション
RAID 10 設定が有効になります。同じサイズ、速度、容量のドライブが偶数個(4 個
以上)必要。
注:次のいずれかの構成では、RAID オプションは選択できません。
• SAS と SATA ドライブ タイプの混在
• RAID 構成に必要なドライブ数に満たない場合
外部ドライブ コントローラの選択
必要に応じて、表 12 から 1 つの内部ドライブ コントローラと、さらに必要に応じて 1 つの外部ドライブ
RAID コントローラを選択します。
表 13 使用可能な外部ドライブ コントローラ RAID オプション
製品 ID(PID)
PID の説明
SAS HBA for External JBOD Attach
次のコントローラを選択すると、PCIe スロット 5(ライザー 1)にデフォルトで取り付けられます。このカードの 2 つの
SFF8644 mini-SAS x4 コネクタは、シャーシ背面からアクセスできます。
28
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 13 使用可能な外部ドライブ コントローラ RAID オプション(続き)
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-SAS9300-8E
Cisco 12G SAS 9300-8e HBA for external JBOD attach
■
x4 および x8 幅の SAS ポートを使用して外部 JBOD をサポート
注:Cisco 12G SAS 9300-8e HBA 外部ドライブ エンクロージャのサポートに
ついては、次のリンクから互換性リストのエンクロージャ セクションを参照し
てください。
http://tinyurl.com/pp83xyk [英語]
外部 JBOD エンクロージャに関するテクニカル サポートについては、スト
レージ ベンダーに問い合わせてください。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
29
4B サーバの構成
確認構成
(1) 内部ドライブ用の 1 つの RAID コントローラ カード
■
表 12 に示す 9361CV-8i、Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート、または Cisco 12G SAS モジュラ
12 ポート RAID コントローラを選択します。9361CV-8i および Cisco 12G SAS モジュラ 8-port RAID
コントローラでは 1 ~ 8 基のドライブを制御でき、Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID コント
ローラでは最大 12 基のドライブを制御できます。
(2) 外部ドライブ用の 1 つのコントローラ カード
■
表 13 に示す、外部 JBOD 接続用の Cisco 12G SAS 9300-8e HBA を選択します。ドライブの外部
JBOD シャーシを制御できるようになります。
(3) 内部ドライブ用の 1 つの RAID コントローラ カード、および外部ドライブ用の 1 つのコントローラ カード
■
表 12 に示す 9361CV-8i、Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート、または Cisco 12G SAS モジュラ
12 ポート RAID コントローラを選択します。さらに、表 13 に示す外部 JBOD 接続用 Cisco 12G SAS
9300-8e HBA を選択します。
注意
■ 選択できる内部ドライブ RAID コントローラは 1 つだけです。
■ 必要に応じて、1 つの内部ドライブ RAID コントローラと合わせて 1 つの外部ドライブ コントローラを
選択できます。
■ 内部ドライブ RAID コントローラ用に、オプションの RAID 構成(RAID 0、1、5、6、または 10)を選択で
きます。その構成で事前設定され、出荷されます。RAID 構成を選択しないと、ディスクは JBOD とし
て構成されます。
■ Cisco 12G SAS モジュラ 8 ポート RAID コントローラを購入する場合は、512 MB FBWC も注文する必
要があります。FBWC の PID は UCSC-MRAID12G-512 です。
■ Cisco 12G SAS モジュラ 12 ポート RAID コントローラを注文する場合は、1 つの FBWC(1 GB、2GB、
または 4GB)も注文する必要があります。
■ LSI MegaRAID 9300-8e 外部ドライブ RAID コントローラは、背面パネルの PCIe スロット 3(x4 で帯
域幅が制限されている)には取り付けないでください。
■ LSI MegaRAID SAS 9361CV-8i コントローラは、v3 CPU または DDR4 メモリ PID と合わせて選択する
ことはできません。
30
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 6
PCIe オプション カードを選択する
搭載可能な PCIe カード
■
統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
■
ネットワーク インターフェイス カード(NIC)
■
ホスト バス アダプタ(HBA)
■
UCS ストレージ アクセラレータ
PCIe オプション カードを選択する
使用可能な PCIe オプション カードを表 14 に示します。
表 14 使用可能な PCIe オプション カード
製品 ID(PID)
PID の説明
カード
の高さ
統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
UCSC-PCIE-C10T-02
Cisco VIC 1225T Dual Port 10GBaseT CNA
ハーフ
UCSC-PCIE-C40Q-02
Cisco VIC 1285 Dual Port 40Gb QSFP CNA
ハーフ
UCSC-PCIE-CSC-021
Cisco VIC 1225 Dual Port 10Gb SFP+ CNA
ハーフ
UCSC-PCIE-C40Q-03
Cisco VIC 1385 Dual Port 40Gb QSFP+ CNA w/RDMA
ハーフ
UCSC-PCIE-ESFP
Emulex OCe11102-FX Dual Port 10Gb SFP+ CNA
ハーフ
UCSC-PCIE-Q8362
Qlogic QLE8362 dual-port 10 GbE FCoE CNA
ハーフ
ネットワーク インターフェイス カード(NIC)
N2XX-ABPCI03-M3
Broadcom 5709 Quad Port 1Gb w/TOE iSCSI for M3 Servers
ハーフ
N2XX-AIPCI01
Intel X520 Dual Port 10Gb SFP+ Adapter
ハーフ
UCSC-PCIE-B3SFP
Broadcom 57810 10Gb AFEX SFP+
ハーフ
UCSC-PCIE-IRJ45
Intel i350 Quad Port 1Gb Adapter
ハーフ
Intel X540 Dual Port 10GBase-T Adapter
ハーフ
UCSC-PCIE-ITG
1
ホスト バス アダプタ(HBA)
N2XX-AEPCI03
Emulex LPe 11002 Dual Port 4Gb Fibre Channel HBA
ハーフ
N2XX-AEPCI05
Emulex LPe 12002 Dual Port 8Gb Fibre Channel HBA
ハーフ
UCSC-PCIE-E16002
Emulex Lpe 16002-M6, 16Gb Dual Port Fibre Channel HBA with
SR Optics
ハーフ
N2XX-AQPCI03
Qlogic QLE2462 Dual Port 4Gb Fibre Channel HBA
ハーフ
N2XX-AQPCI05
Qlogic QLE2562 Dual Port 8Gb Fibre Channel HBA
ハーフ
UCSC-PCIE-Q2672
Qlogic QLE2672-CSC, 16Gb Dual Port Fibre Channel HBA with SR Optics
ハーフ
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
31
4B サーバの構成
表 14 使用可能な PCIe オプション カード(続き)
製品 ID(PID)
カード
の高さ
PID の説明
UCS ストレージアクセラレータ2
UCSC-F-FIO-1000PS
UCS 1000 GB Fusion ioMemory3 PX Performance line for Rack M4
ハーフ
UCSC-F-FIO-1300PS
UCS 1300 GB Fusion ioMemory3 PX Performance line for Rack M4
ハーフ
UCSC-F-FIO-2600PS
UCS 2600 GB Fusion ioMemory3 PX Performance line for Rack M4
ハーフ
UCSC-F-FIO-5200PS
UCS 5200 GB Fusion ioMemory3 PX Performance line for Rack M4
フル
UCSC-F-FIO-3200SS
UCS 3200 GB Fusion ioMemory3 SX Scale line for C-Series
ハーフ
UCSC-F-FIO-6400SS
UCS 6400 GB Fusion ioMemory3 SX Scale line for C-Series
フル
注記 . . .
1. UCSC-PCIE-ITG と UCSC-PCIE-CSC-02 は同じシステムに装着できません。
2. Fusion-io ストレージ アクセラレータ の製品シリーズは混在させないでください。"PS" または "SS"(ioMemory3)と "M"
(ioDrive2)ファミリ カードを混在させないでください。
動作確認済みの構成
(1) 最大 10 枚の PCIe カードを選択する
■
表 15 と 33 ページの表 16 は、PCIe カード追加のガイドとして使用できます。スロットの位置に
ついては図 5 を参照してください。
表 15 PCIe 拡張スロット番号
スロット番号
スロットの特徴
1
CPU1 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、フルレングス カード、コネクタ X 8
2
CPU1 制御、PCIe Gen 3、レーン X 16、NCSI、フルレングス カード、コネクタ X 16
3
CPU2 制御、PCIe Gen 3、レーン X 4、NCSI、3/4 レングス カード、コネクタ X 16
4
1
CPU2 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、NCSI、3/4 レングス カード、コネクタ X 16
5
1
CPU2 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、NCSI、1/2 レングス カード、コネクタ X 16
6
CPU4 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、フルレングス カード、コネクタ X 8
7
CPU3 制御、PCIe Gen 3、レーン X 16、NCSI、フルレングス カード、コネクタ X 16
8
CPU4 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、NCSI、3/4 レングス カード、コネクタ X 16
91
10
CPU3 制御、PCIe Gen 3、レーン X 16、NCSI、3/4 レングス カード、コネクタ X 16
1
CPU4 制御、PCIe Gen 3、レーン X 8、1/2 レングス カード、コネクタ X 16
注記 . . .
1. スロット 4、5、9、10 は、12 V VIC スタンバイ電源用に(一度に 1 つ)有効にできます。
32
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 16 PCIe 拡張スロットの優先順位
PCIe カード タイプ
LSI MegaRAID カード
プライマリ スロット(最初にこ
のスロットに上から下の順に
取り付ける)
内部 RAID スロット(59 ページ
の図 7 を参照)
セカンダリ スロット(2 番
目にこのスロットに上か
ら下の順に取り付ける)
—
代替スロット(上から下の
順に取り付ける。機能が
低下する場合がある)
—
外部ドライブ用
ロープロファイル
ネットワーク カー
ド X 8 または
RAID カード
スロット 5(ライザー 1)
スロット 10(ライザー 2)
スロット 8(ライザー 2)
スロット 9(ライザー 2)
スロット 2(ライザー 1)
スロット 7(ライザー 2)
スロット 1(ライザー 1)
スロット 6(ライザー 2)
スロット 3(ライザー 1)
スロット 4(ライザー 1)
VIC カード
スロット 4(ライザー 1)1
スロット 5(ライザー 1)1
スロット 9(ライザー 2)
スロット 10(ライザー 2)
スロット 3(ライザー 1)
スロット 8(ライザー 2)
スロット 2(ライザー 1)
スロット 7(ライザー 2)
GPU2
スロット 7 および 6(ライ
ザー 2)
スロット 2 および 1(ライ
ザー 1)
—
—
UCS Storage
Accelerator3
Fusion ioDrive2
スロット 8(ライザー 2)
スロット 2(ライザー 1)
スロット 7(ライザー 2)
スロット 6(ライザー 2)
スロット 1(ライザー 1)
スロット 9 および 10(ライ
ザー 2)
スロット 5(ライザー 1)
スロット 3(ライザー 1)4
スロット 4(ライザー 1)
Fusion ioMemory3
スロット 8(ライザー 2)
スロット 2(ライザー 1)
スロット 7(ライザー 2)
スロット 6(ライザー 2)
スロット 1(ライザー 1)
スロット 9 および 10(ライ
ザー 2)
スロット 5(ライザー 1)
スロット 3(ライザー 1)1
スロット 4(ライザー 1)
注記 . . .
1.
2.
3.
4.
UCS 統合および Cisco Card NIC モード用のプライマリ スロット
GPU をスロット 7 に取り付け、同時にスロット 9 に QLE2562 HBA(N2XX-AQPCI05)を取り付けることはできません。
Fusion ioDrive2 および Fusion ioMemory3 ストレージ アクセラレータを混在させることはできません。
このスロットは x4 スロットであるため、このスロットにストレージ アクセラレータを取り付けると、パフォーマンスが多
少低下する場合があります。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
33
4B サーバの構成
図5
34
PCIe スロットの位置
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
注意
■
PCIe スロット 1 ~ 5 をサポートするには、CPU1 と CPU2 を取り付ける必要があります。
■
PCIe スロット 6 ~ 10 をサポートするには、CPU3 と CPU4 を取り付ける必要があります。
■
ビデオ カードのようなレガシー I/O デバイスは、スロット 1、2、4、5、6、7、8、9、10 だけでサポート
されています。
■
Cisco Card NIC モードは現在、PCIe スロット 4、5、9、または 10 に取り付けられている Cisco VIC
カードだけでサポートされています。
■
C460 M4 サーバはシスコ仮想インターフェイス カードに対応しており、主にスロット 4 でサポートし
ます。
—
C460 M4 サーバの UCSM 管理トラフィックとデータ トラフィックには、1 つの Cisco 1225
VIC のみ使用できます。
—
スロット 4 の Cisco 1225 VIC は、管理トラフィックとデータ トラフィックを処理します。
—
2 つ目の Cisco 1225 VIC をスロット 5、9、または 10 に取り付けた場合は、データ ト
ラフィック専用として使用されます。
—
UCSM モードでサポートされる VIC は合計 2 つだけです。
■
すべての PCIe スロットは標準的な高さであり、PCIe カードには標準的な高さの取り付けブラケット
が必要です。
■
UCSC-PCIE-ITG と UCSC-PCIE-CSC-02 は同じシステムに装着できません。
■ GPU を スロット 7 に取り付け、同時にスロット 9 に QLE2562 HBA(N2XX-AQPCI05)を取り付け
ることはできません。
■
■
Cisco 1225 VIC カードに関するその他の考慮事項
—
10G SFP+ 光ファイバおよび銅線 Twinax 接続をサポート
—
Cisco Card NIC モードを使用するには、このカードを PCIe スロット 4、5、9、または 10 に取
り付ける必要があります。サーバがスタンバイ電源モードの間、スロット 4、5、9、10 は動作
できます。
—
サーバに CIMC ファームウェア バージョン 1.4(6)以降がインストールされている必要があ
ります。カードの上部にはハートビート LED があり、ファームウェアがアクティブであることを
示します。
—
Cisco UCS Manager 2.1(0) 以降を使用してこのカードを UCS 統合(Cisco UCS Manager
モード)で使用するには、カード ファームウェアと uboot イメージのレベルが 2.1(0.306) 以
降である必要があります。
選択したカードにオペレーティング システムが対応しているかどうかは、次の URL のハードウェア互
換性リストで確認してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps10477/prod_technical_reference_list.html
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
35
4B サーバの構成
ステップ 7 PCIe ライザーを選択する
各 PCIe ライザーはマザーボードに取り付けます。それぞれ 5 つの PCIe スロットがあります。
PCIe ライザーを選択する
使用可能な PCIe ライザー オプションを表 17 に示します。
表 17 使用可能な PCIe ライザー
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-PCIE-RSR-05
Riser card with 5 PCIe slots
動作確認済みの構成
(1) 2 CPU システム
■
1 つのライザー カードを注文します。
(2) 4 CPU システム
■
サポートが必要な PCIe カードの数に応じて、1 つまたは 2 つのライザー カードを注文します。
注:各 GPU カードを取り付けると、隣接する 2 つの PCIe スロットが塞がることを考慮してく
ださい。詳細については、42 ページの「GPU カードとアクセサリの注文(オプション)」 を参
照してください。
36
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 8
ネットワーク カードのアクセサリの注文(オプション)
サーバで使用可能な 2 ポートのネットワーク カードをサポートする Twinax 銅ケーブルや SFP 光モジュールを注文
できます。
オプションの Twinax ケーブルの選択
表 18 に、PCIe カードで使用可能な銅線 Twinax ケーブルを示します。ケーブルの長さは 1、3、5、7、
または 10 m の中から選択できます。このうち 7 m と 10 m の 2 つのケーブルはアクティブ ケーブルで
あり、信号品質の向上のために SFP+ のアクティブ コンポーネントが搭載されています。
表 18 使用可能な Twinax ケーブル
製品 ID(PID)
PID の説明
SFP-H10GB-CU1M
10GBASE-CU SFP+ Cable (1 M)
SFP-H10GB-CU3M
10GBASE-CU SFP+ Cable (3 M)
SFP-H10GB-CU5M
10GBASE-CU SFP+ Cable (5 M)
SFP-H10GB-ACU7M
10GBASE-CU SFP+ Cable (7 M)
SFP-H10GB-ACU10M
10GBASE-CU SFP+ Cable (10 M)
動作確認済みの構成
(1) ネットワーク カードごとに最大 2 本の Twinax ケーブルを選択
■
注文した互換 PCIe ネットワーク カードごとに、1 本または 2 本の Twinax ケーブルを選択できま
す。ケーブルの長さは任意に選択できますが、通常は、同じ長さのケーブルを 2 本使用して、プラ
イマリおよび冗長構成のネットワーク スイッチング機器に接続します。
オプションの SFP モジュールの選択
表 19 に、シスコの SFP+ 光モジュールを示します。
表 19 使用可能な SFP モジュール
製品 ID(PID)
PID の説明
SFP-10G-SR
10GBASE-SR SFP+ Module
850 nm, multimode, SR, 3.3V, LC connector, with Digital Optical Monitoring
SFP-10G-LR
10GBASE-LR SFP+ Module
1310 nm, single mode, LR, 3.3V, with Digital Optical Monitoring
DS-SFP-FC8G-SW
8 Gbit SFP+ Module
850 nm, multimode, SR, 3.3V, LC connector, with Digital Optical Monitoring
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
37
4B サーバの構成
動作確認済みの構成
(1) ネットワーク カードごとに最大 2 つの SFP+ モジュールを選択
■ 注文した互換 PCIe ネットワーク カードごとに、1 つまたは 2 つの SFP+ 光モジュールを選択できま
す。通常は、2 つのモジュールを使用して、プライマリおよび冗長構成のネットワーク スイッチング機
器に接続します。SFP+ 光モジュールでは、広く普及している一般的な光ファイバ ケーブルを使用で
きます。
ネットワーク カードへの SFP+ および Twinax の一般的な接続については、41 ページの図 6 を参照して
ください。
注意
PCIe ネットワーク カードと SFP または Twinax ケーブルとの互換性については、次のページの表を確
認してください。
注:この表では、すべての C シリーズ サーバについて、対応する PCIe ネットワーク カード
を示しています。表に示すカードには、このサーバでサポートされていないものも含まれて
います。この表は、カードと Twinax ケーブルまたは SFP との互換性を示すことを意図した
ものです。
38
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 20 PCIe カードの互換性
PCIe カード
Cisco SFP モジュール
Twinax
ケーブル SFP-10G-SR SFP-10G-LR DS-SFP-FC8G-SW
統合型ネットワーク アダプタ(CNA)
UCSC-PCIE-BSFP
(Broadcom 57712 デュアル ポート 10 Gb SFP+
w/TOE iSCSI)
○
○
UCSC-PCIE-CSC-02
(Cisco VIC 1225 デュアル ポート 10 Gb SFP+ CNA)
○
○
○
×
UCSC-PCIE-C10T-02
(Cisco VIC 1225T デュアル ポート 10GBaseT CNA)
×
×
×
×
UCSC-MLOM-CSC-02
(Cisco UCS VIC1227 VIC MLOM デュアル ポート
10 Gb SFP+)
○
○
○
×
UCSC-MLOM-C10T-02
(Cisco UCS VIC1227T VIC MLOM - デュアル ポート
10GBaseT)
×
×
×
×
UCSC-PCIE-C40Q-02
(Cisco VIC 1285 デュアル ポート 40 Gb QSFP CNA)
○
×1
×
UCSC-PCIE-C40Q-03
(Cisco VIC 1385 デュアル ポート 40 Gb QSFP+ CNA
w/RDMA)
○
×1
×
UCSC-PCIE-ESFP
(Emulex OCe11102-FX デュアル ポート 10 GbE
FCoE CNA(Gen 3 CNA))
○
○
×
UCSC-PCIE-QSFP
(QLogic QLE8242-CU デュアル ポート 10 GbE FCoE
CNA)
○
UCSC-PCIE-B3SFP
(Broadcom 57810 10 Gb A-FEX SFP+)
○
UCSC-PCIE-Q8362
(Qlogic QLE8362 デュアル ポート 10 GbE FCoE CNA)
○
UCSC-PCIE-E14102
(Emulex OCe14102-UX デュアル ポート 10 GbE
FCoE CNA)
○
×
Qlogic SFP を使用
○
×
Qlogic SFP を使用
○
×
ネットワーク インターフェイス カード(NIC)
N2XX-ABPCI01-M3
(M3 サーバ向け Broadcom 5709 デュアル ポート
イーサネット PCIe アダプタ)
RJ45 イーサネット ケーブルを使用
N2XX-ABPCI03-M3
(M3 サーバ用 Broadcom 5709 クアッド ポート
10/100/1 Gb NIC w/ TOE iSCSI)
RJ45 イーサネット ケーブルを使用
N2XX-AIPCI01
(Intel X520 デュアル ポート 10 Gb SFP+ アダプタ)
○
Intel SFP を使用
CDE2-SFP-1WLR または CDE2-SFP-1WSR
UCSC-PCIE-ITG
(Intel X540 デュアル ポート 10GBase-T アダプタ)
RJ45 イーサネット ケーブルを使用
UCSC-PCIE-IRJ45
(Intel i350 クアッド ポート 1 Gb アダプタ)
RJ45 イーサネット ケーブルを使用
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
39
4B サーバの構成
表 20 PCIe カードの互換性(続き)
PCIe カード
UCSC-PCIE-BTG
(Broadcom 57712 デュアル ポート 10GBASE-T
w/TOE iSCSI)
Cisco SFP モジュール
Twinax
ケーブル SFP-10G-SR SFP-10G-LR DS-SFP-FC8G-SW
○
×
×
ホスト バス アダプタ(HBA)
N2XX-AEPCI03
(Emulex LPe 11002 デュアル ポート 4 Gb ファイバ
チャネル HBA)
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
N2XX-AEPCI05
(Emulex LPe 12002 デュアル ポート 8 Gb ファイバ
チャネル HBA)
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
N2XX-AQPCI03
(Qlogic QLE2462 デュアル ポート 4 Gb ファイバ
チャネル HBA)
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
N2XX-AQPCI05
(Qlogic QLE2562 デュアル ポート 8 Gb ファイバ
チャネル HBA)
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
UCSC-PCIE-Q2672
(Qlogic QLE2672-CSC、16 Gb ファイバ チャネル
HBA(SR 光ファイバ))
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
UCSC-PCIE-E16002
(Emulex LPe16002-M6、16 Gb ファイバ チャネル
HBA(SR 光ファイバ))
×
事前インストール済み - SFP を変更しないでくだ
さい
注記 . . .
1. このカードは、QSFP から SFP への 4 X 10 Gbps ブレイクアウト ファイバ ケーブルをサポートしています。
40
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
図6
ネットワーク カードの接続
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
41
4B サーバの構成
ステップ 9 GPU カードとアクセサリを選択する(オプション)
提供している GPU を次に示します。
■
GPU PCIe カード
■
GPU 電源ケーブル
GPU オプションを選択する
使用可能な GPU PCIe オプションを表 21 に示します。
表 21 使用可能な PCIe オプション カード
製品 ID(PID)
PID の説明
カード サイズ
UCSC-GPU-VGXK1
NVIDIA GRID K1
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-VGXK2
NVIDIA GRID K2
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-K10
NVIDIA K10
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-K20
NVIDIA K20
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-K20X
NVIDIA K20X
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-K40
NVIDIA K40
フルハイト、ダブル幅
UCSC-GPU-K80
NVIDIA K80
フルハイト、ダブル幅
GPU PCIe カード
VGXK1/VGXK2/K10/K20/K20X/K40 GPU 用 GPU 個別電源ケーブル
UCSC-AUXCBL8-EX
PCIe auxiliary power cable kit with adapter cable and 8-pin
K80 GPU 用 GPU 個別電源ケーブル
UCSC-300W-460M4
300 Watt Cable for UCS C460M4 Rack Server
動作確認済みの構成
(1) GPU 電源ケーブル
■ 注文した VGXK1/VGXK2/K10/K20/K20X/K40 GPU それぞれについて、電源ケーブル(UCSC-
AUXCBL8-EX)1 本を注文する必要があります。電源ケーブルの一端を GPU に接続し、もう一方を
PCIe ライザーの GPU に近い電源コネクタに接続します。
■ 注文した各 K80 GPU について、電源ケーブル(UCSC-300W-460M4)1 本を注文する必要がありま
す。電源ケーブルの一端を GPU に接続し、もう一方を PCIe ライザーの GPU に近い電源コネクタに
接続します。
(2) NVIDIA GPU スロットの装着規則
43 ページの表 22 に、NVIDIA GPU カードをサーバに装着する場合の規則を示します。
42
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
注:2 CPU 構成では最大 1 つの GPU、4 CPU 構成では最大 2 つの GPU を使用できます。
GPU を含む構成では、サーバに 4 つの 1400 W 電源が必要です。
表 22 サーバのバージョンごとの NVIDIA GPU の装着規則
シングル GPU
デュアル GPU
シングル GPU
デュアル GPU
スロット 71
スロット 71 および 22
スロット 71
スロット 71 および 22
注記 . . .
1. GPU がスロット 7 に取り付けられている場合、スロット 6 は塞がれるため使用できません。
2. GPU がスロット 2 に取り付けられている場合、スロット 1 は塞がれるため使用できません。
注意
■
NVIDIA GRID K1 と K2 GPU は混在できます。その他の GPU を混在することはできません。
■
注文した各 GPU について、電源ケーブル 1 本を注文する必要があります。電源コードは、マ
ザーボードの GPU 電源コネクタと、該当する GPU に接続します。
■
スロット 7 は、最初の GPU について優先されるスロットです。
注:GPU の 8 ピンの電源コネクタは、各 PCIe ライザーにあります。必要に応じて、このコネク
タから GPU の電源コネクタにケーブルを接続します。
■ GPU を スロット 7 に取り付け、同時にスロット 9 に QLE2562 HBA(N2XX-AQPCI05)を取り付けるこ
とはできません。
■
64 GB DIMM を使用するシステムには GPU を実装できません。
■
GPU が取り付けられている場合は、サーバで許容される DIMM メモリは、1 TB 未満にする必要が
あります(例:UCS-MR-2X162RY-E(2 X 16 GB)は 30 以下、UCS-ML-2X324RY-E(2 X 32 GB)は
14 以下、UCS-MR-1X162RU-G(1 X 16 GB)は 60 以下、UCS-MR-1X322RU-G(1 X 32 GB)28 以下)。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
43
4B サーバの構成
ステップ 10 電源ユニットのを選択する
表 23 に、使用可能な電源ユニットを示します。
表 23 電源装置
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-PSU2V2-1200W1
1200W/800W V2 AC Power Supply for 2U C-Series Servers
UCSC-PSU2-1400W
1400W AC Power Supply (200 - 240V) 2U & 4U C Series Servers
UCSC-PSU2V2-1400W
1400W AC Power Supply (200 - 240V) 2U & 4U C Series Servers
注記 . . .
1. 電源出力は 1200 W(入力 200 ~ 240 V の場合)、および 800 W(入力 100 ~ 120 V の場合)。
注意
44
■
UCSC-PSU2V2-1200W を選択した場合は、これらの電源装置から 4 つ選択する必要があります。
これらの電源装置を使用する場合は、GPU カードを選択することはできません。
■
UCSC-PSU2-1400W の場合:2 CPU と 0 GPU で、64 GB DIMM の数が 32 以下である場合は、これ
らのうち 2 つまたは 4 つの電源装置を構成できます。その他の場合、電源装置は 4 つ必要になり
ます。これらの電源装置は v2 CPU でのみ使用できます(v3 CPU は不可)。
■
UCSC-PSUV2-1400W の場合:2 CPU と 0 GPU で、64 GB DIMM の数が 32 以下である場合は、こ
れらのうち 2 つまたは 4 つの電源装置を構成できます。その他の場合、電源装置は 4 つ必要にな
ります。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 11 AC 電源コードを選択する
表 24 から適切な AC 電源コードを選択します。電源コードは最大 2 本選択できます。まったく選択しな
くてもかまいません。オプションの R2XX-DMYMPWRCORD を選択した場合、出荷されるサーバに電源
コードは含まれません。
表 24 使用可能な電源コード
製品 ID(PID)
PID の説明
製品イメージ
R2XX-DMYMPWRCORD
No power cord (dummy PID to allow
for a no power cord option)
該当なし
CAB-N5K6A-NA
Power Cord, 200/240V 6A,
North America
CAB-C13-C14-2M
CABASY,WIRE,JUMPER CORD, PWR,
2 Meter, C13/C14,10A/250V
CAB-250V-10A-AR
Power Cord, SFS, 250V, 10A, Argentina
CAB-9K10A-AU
Power Cord, 250VAC 10A 3112
Plug, Australia
CAB-250V-10A-CN
Power Cord, SFS, 250V, 10A, China
CAB-250V-10A-CN
AC Power Cord - 250V, 10A - PRC
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
45
4B サーバの構成
表 24 使用可能な電源コード
製品 ID(PID)
PID の説明
CAB-9K10A-EU
Power Cord, 250VAC 10A CEE 7/7
Plug, EU
CAB-250V-10A-ID
Power Cord, SFS, 250V, 10A, India
CAB-250V-10A-IS
Power Cord, SFS, 250V, 10A, Israel
CAB-9K10A-IT
Power Cord, 250VAC 10A CEI 23-16/VII
Plug, Italy
CAB-9K10A-SW
Power Cord, 250VAC 10A MP232
Plug, Switzerland
CAB-9K10A-UK
Power Cord, 250VAC 10A BS1363
Plug (13 A fuse), UK
CAB-250V-10A-BR
Power Cord - 250V, 10A - Brazil
46
イメージ
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 12 スライド レール キット(オプション)
表 25 に示すスライド レール キットを選択できます。
表 25
スライド レール キット
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-RAIL-4U
Rail Kit for UCS C460 M4
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
47
4B サーバの構成
ステップ 13 ケーブル マネジメント アームを選択する(オプション)
ケーブル マネジメント アームは、ツールなしのスライド レール キット(PID UCSC-RAIL-4U)に使用できま
す。ケーブル マネジメント アームはサーバ背面の左右のスライド レールに取り付けて、ケーブル管理
に使用します。表 26 に示すケーブル マネジメント アームを注文できます。
表 26
48
ケーブル マネジメント アーム
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-CMA-4U
Cable Management Arm for C460 M4
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 14 Cisco Flexible Flash SD カード モジュールを選択する(オプション)
オプションで、空の Cisco Flexible Flash セキュア デジタル(SD)カードを最大 2 つ注文できます。
表 27 に注文情報を示します。
表 27
セキュア デジタル(SD)カード(空)
製品 ID(PID)
PID の説明
UCS-SD-32G-S
32 GB Sandisk 3.0 SD Card for UCS servers (optional)
SD カードの位置については、59 ページの図 7 を参照してください。SD1 と SD2 の 2 つの場所を使用でき
ます。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
49
4B サーバの構成
ステップ 15 USB ドライブを選択する(オプション)
オプションで最大 1 つの空の USB ドライブを注文できます。表 27 に注文情報を示します。
表 28
USB ドライブ(空)
製品 ID(PID)
PID の説明
UCS-USBFLSHB-16GB
UCS Servers 16 GB Flash USB Drive (optional)
USB ドライブ ソケットの位置については、59 ページの図 7 を参照してください。
50
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 16 トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)を選択する
トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)は、プラットフォーム(サーバ)の認証に使用される情報
を安全に格納できるコンピュータ チップ(マイクロコントローラ)です。このような情報には、パスワード、
証明書、暗号キーなどがあります。TPM は、プラットフォームの信頼性維持の確保に役立つプラット
フォーム測定値の格納にも使用できます。認証(プラットフォームが主張どおりの存在であることを証明
できることを確認)と証明(プラットフォームが信頼できる存在であり、違反のないことの証明に役立つプ
ロセス)は、あらゆる環境でより安全なコンピューティングを保証するのに必要な方法となります。
表 29 に、TPM の注文情報を示します。
表 29
トラステッド プラットフォーム モジュール
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSX-TPM1-001
Trusted Platform Module for UCS
注:このサーバで使用されるモジュールは、Trusted Computing Group(TCG)で定義され
ている TPM v1.2/1.3 に準拠しています。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
51
4B サーバの構成
ステップ 17 ベゼルを選択する(オプション)
表 30 に、ベゼル情報を示します。
表 30
トラステッド プラットフォーム モジュール
製品 ID(PID)
PID の説明
UCSC-BZL-EX1
Optional bezel for UCS C460 M4 rack server
UCSC-BZL-EX-UPG2
C460 M4 Security Bezel and Upgrade Kit
注記 . . .
1. 2015 年 4 月以降に出荷されたシステム向け型番
2. 2015 年 4 月以前に出荷されたシステム向け型番。ベゼルとアップグレード キットが含まれま
す。2015 年 4 月以前出荷のシャーシにベゼルを固定するには、アップグレード キットが必要
です。
52
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 18 オペレーティング システムとオプション ソフトウェアを選択する
さまざまなオペレーティング システムとオプション ソフトウェアを選択して利用できます。表 31 から必
要に応じて選択します。
表 31 OS および付加価値ソフトウェア(4 CPU サーバ用)
PID の説明
製品 ID(PID)
Cisco One(シスコ製ソフトウエアスイートパッケージ)
C1F2PUCSK9
Cisco ONE Foundation Perpetual UCS
C1F2SICFBK9
Cisco ONE Foundation Subsr Intercloud Fabric For Business
C1A1PUCSK9
Cisco ONE Enterprise Cloud Perpetual UCS
C1UCS-OPT-OUT
Cisco One Data Center Compute Opt Out Option
Microsoft Windows Server
MSWS-12-ST2S
Windows Server 2012 Standard (2 CPU/2 VMs)
MSWS-12-DC2S
Windows Server 2012 Datacenter (2 CPU/Unlimited VMs)
MSWS-12-ST2S-NS
Windows Server 2012 Standard (2 CPU/2 VMs) No Cisco Svc
MSWS-12-DC2S-NS
Windows Server 2012 Datacenter (2 CPU/Unlim VM) No Cisco Svc
MSWS-12R2-ST2S
Windows Server 2012 R2 Standard (2 CPU/2 VMs)
MSWS-12R2-DC2S
Windows Server 2012 R2 Datacenter (2 CPU/Unlimited VMs)
MSWS-12R2-ST2S-NS
Windows Server 2012 R2 Standard (2 CPU/2 VMs) No Cisco SVC
MSWS-12R2-DC2S-NS
Windows Server 2012 R2 Datacen (2 CPU/Unlim VM) No Cisco Svc
SUSE
SLES-2S2V-1A
SUSE Linux Enterprise Srvr (1-2 CPU,1 Phys); 1yr Support Reqd
SLES-2S2V-3A
SUSE Linux Enterprise Srvr (1-2 CPU,1 Phys); 3yr Support Reqd
SLES-2S2V-5A
SUSE Linux Enterprise Srvr (1-2 CPU,1 Phys); 5yr Support Reqd
SLES-2SUV-1A
SUSE Linux Enterprise Svr (1-2 CPU,Unl Vrt); 1yr Support Reqd
SLES-2SUV-3A
SUSE Linux Enterprise Svr (1-2 CPU,Unl Vrt); 3yr Support Reqd
SLES-2SUV-5A
SUSE Linux Enterprise Svr (1-2 CPU,Unl Vrt); 5yr Support Reqd
SLES-2S2V-1A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,1 Phys); 1yr Support Reqd
SLES-2S2V-3A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,1 Phys); 3yr Support Reqd
SLES-2S2V-5A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,1 Phys); 5yr Support Reqd
SLES-2SUV-1A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,Unl Vrt); 1yr Support Reqd
SLES-2SUV-3A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,Unl Vrt); 3yr Support Reqd
SLES-2SUV-5A
SUSE Linux Enterprise Srvr (4 CPU,Unl Vrt); 5yr Support Reqd
SLES-2S-HA-1S
SUSE Linux High Availability Ext (1-2 CPU); 1yr Support Reqd
SLES-2S-HA-3S
SUSE Linux High Availability Ext (1-2 CPU); 3yr Support Reqd
SLES-2S-HA-5S
SUSE Linux High Availability Ext (1-2 CPU); 5yr Support Reqd
SLES-2S-GC-1S
SUSE Linux GEO Clustering for HA (1-2 CPU); 1yr Support Reqd
SLES-2S-GC-3S
SUSE Linux GEO Clustering for HA (1-2 CPU); 3yr Support Reqd
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
53
4B サーバの構成
表 31 OS および付加価値ソフトウェア(4 CPU サーバ用)(続き)
PID の説明
製品 ID(PID)
SLES-2S-GC-5S
SUSE Linux GEO Clustering for HA (1-2 CPU); 5yr Support Reqd
SLES-SAP-2S2V-1A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,1 Phys); 1yr Support Reqd
SLES-SAP-2S2V-3A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,1 Phys); 3yr Support Reqd
SLES-SAP-2S2V-5A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,1 Phys); 5yr Support Reqd
SLES-SAP-2SUV-1A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,Unl Vrt); 1yr Support Reqd
SLES-SAP-2SUV-3A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,Unl Vrt); 3yr Support Reqd
SLES-SAP-2SUV-5A
SLES for SAP Applications (1-2 CPU,Unl Vrt); 5yr Support Reqd
Hyper-V および vSphere 向け Nexus 1000V
N1K-VSG-UCS-BUN
Over half off N1K and VSG w/ purchase of UCS B/C Series
N1K-VLEM-UCS-1
Nexus 1000V License Paper Delivery (1 CPU) for bundles
VSG-VLEM-UCS-1
VSG License Paper Delivery (1 CPU) for bundles
UCS Director
CUIC-PHY-SERV-BM-U
Cisco Cloupia Resource Lic - One Phy Server node bare metal
CUIC-PHY-SERV-U
Cisco Cloupia Resource Lic - One physical Server node
CUIC-TERM
Acceptance of Cisco Cloupia License Terms
UCS Performance Manager
UCS-PM-IE
UCS Performance Manager
UCS-PM-EE
UCS Performance Manager Express
EVAL-UCS-PM-IE
UCS Performance Manager - 60 days evaluation
EVAL-UCS-PM-EE
UCS Performance Manager Express - 60 days evaluation
NFR-UCS-PM-IE
UCS Performance Manager - Not For Resale
NFR-UCS-PM-EE
CS Performance Manager Express - Not For Resale
IMC Supervisor
EVAL-CIMC-SUP
EVAL: IMC Supervisor-Branch Mgt SW for C/E-Series - 50 Svrs
EVAL-CIMC-SUP-BAS
EVAL: IMC Supervisor One-time Site Installation License
CIMC-SUP-B01
IMC Supervisor-Branch Mgt SW for C-Series & E-Series up to 100 Svrs
CIMC-SUP-B02
IMC Supervisor- Branch Mgt SW for C-Series & E-Series up to 250 Svrs
CIMC-SUP-B10
IMC Supervisor- Branch Mgt SW for C-Series & E-Series up to 1K Svrs
CIMC-SUP-BASE-K9
IMC Supervisor One-time Site Installation License
CIMC-SUP-TERM
Acceptance of Cisco IMC Supervisor License Terms
VMWare 5
VMW-VS5-STD-1A
VMware vSphere 5 Standard for 1 Processor, 1 Year, Support Rqd
VMW-VS5-STD-2A
VMware vSphere 5 Standard for 1 Processor, 2 Year, Support Rqd
VMW-VS5-STD-3A
VMware vSphere 5 Standard for 1 Processor, 3 Year, Support Rqd
VMW-VS5-STD-4A
VMware vSphere 5 Standard for 1 Processor, 4 Year, Support Rqd
VMW-VS5-STD-5A
VMware vSphere 5 Standard for 1 Processor, 5 Year, Support Rqd
VMW-VS5-ENT-1A
VMware vSphere 5 Enterprise for 1 Processor, 1 Year Support Rqd
54
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
表 31 OS および付加価値ソフトウェア(4 CPU サーバ用)(続き)
PID の説明
製品 ID(PID)
VMW-VS5-ENT-2A
VMware vSphere 5 Enterprise for 1 CPU, 2 Yr Support Rqd
VMW-VS5-ENT-3A
VMware vSphere 5 Enterprise for 1 CPU, 3 Yr Support Rqd
VMW-VS5-ENT-4A
VMware vSphere 5 Enterprise for 1 Processor, 4 Year Support Rqd
VMW-VS5-ENT-5A
VMware vSphere 5 Enterprise for 1 CPU, 5 Yr Support Rqd
VMW-VS5-ENTP-1A
VMware vSphere 5 Enterprise Plus for 1 Processor, 1 Year Support Rqd
VMW-VS5-ENTP-2A
VMware vSphere 5 Enterprise Plus for 1 CPU, 2 Yr Support Rqd
VMW-VS5-ENTP-3A
VMware vSphere 5 Enterprise Plus for 1 Processor, 3 Year Support Rqd
VMW-VS5-ENTP-4A
VMware vSphere 5 Enterprise Plus for 1 Processor, 4 Year Support Rqd
VMW-VC5-STD-1A
VMware vCenter 5 Server Standard, 1 yr support required
VMW-VC5-STD-2A
VMware vCenter 5 Server Standard, 2 yr support required
VMW-VC5-STD-3A
VMware vCenter 5 Server Standard, 3 yr support required
VMW-VC5-STD-4A
VMware vCenter 5 Server Standard, 4 yr support required
VMW-VC5-STD-5A
VMware vCenter 5 Server Standard, 5 yr support required
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
55
4B サーバの構成
ステップ 19 オペレーティング システム メディア キットを選択する
表 32 の出荷可能なオペレーティング システム インストールメディアから選択できます。
表 32
OS メディア
製品 ID(PID)
PID の説明
RHEL-6
RHEL 6 Recovery Media Only (Multilingual)
MSWS-12-ST2S-RM
Windows Server 2012 Standard (2 CPU/2 VMs) Recovery Media
MSWS-12-DC2S-RM
Windows Server 2012 Datacenter (2 CPU/Unlimited VM) Rec Media
上記以外のメディアについては、各社ソフトウエア会社のサイトからダウンロードいただく、もしくは、ソフト
ウエア販売リセラーからのメディア販売を確認ください
56
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
4B サーバの構成
ステップ 20 サポート サービスを選択する
(1) SNTC for UCS 24 時間日本語サポート
UCS のサポート サービスとして、シスコは Smart Net Total Care (SNTC) for UCS を提供します。SNTC
for UCS では、各種ハードウェア交換オプションをご用意し、2 時間以内の交換などにも対応しています。
(時間内対応の提供可能エリアは、事前に確認ください)。
このサービスでは、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエキスパートによるソフトウェアおよび
ハードウェアへのサポートを行い、ユニファイド コンピューティング環境におけるパフォーマンスの維持と
高可用性の実現へのお手伝いをいたします。
また、シスコの豊富なオンライン テクニカル リソースにもアクセスできます。ユニファイド コンピューティ
ング環境において最大の効率性とアップタイムを実現するためにご活用いただけます。
Cisco UCS の SNTC には、オプションとしての「UCS 24 時間日本語サポート」があり、TAC のエキスパー
トが、土日夜間を通じ 24 時間体制で Cisco UCS 製品のハードウェアおよびソフトウェアの障害対応を
行います。電話やリモートによる技術支援だけでなく、オプションのオンサイト サービスでも、24 時間対
応でエンジニアを派遣し、お客様サイトでのパーツ交換を行います。
SNTC for UCS 24 時間日本語サポート (ドライブ リテンションなし)
サービス SKU
オンサイト
障害切り分け後のパーツ配送時間
CON-SNTPL-<モデル>
非対応
24 x 7 x 4 時間以内対応
CON-S2PL-<モデル>
非対応
24 x 7 x 2 時間以内対応
CON-C4PL-<モデル>
対応
24 x 7 x 4 時間以内対応
CON-C2PL-<モデル>
対応
24 x 7 x 2 時間以内対応
<モデル>の部分には C460M4, B200M4 などのサーバ モデルを表すテキストが入ります。例:
CON-SNTPL-C460M4, CON-S2PL-B200M4
(2) SNTC for UCS 24 時間日本語サポート(ドライブ リテンション)
本サービスは、SNTC for UCS 24 時間日本語サポートに、故障したディスク ドライブの返却がなくても交
換用の新しいドライブを提供するオプションを付加したサービスです。お客様は交換用ドライブの受領後
に、故障したドライブを当該システムから取り外し、再使用せずに廃棄したことを確認する内容の確認書
(CoD)に署名してご提出いただきます。機密データ、所有権を有するデータを管理する必要がある場合
はこちらのサービスを選択してください(このサービスには証明書付きドライブ破壊サービスは含まれま
せん)。
SNTC for UCS 24 時間日本語サポート (ドライブ リテンションあり)
サービス SKU
オンサイト
障害切り分け後のパーツ配送時間
CON-USD7L-<モデル>
対応
24 x 7 x 4 時間以内対応
<モデル>の部分には C460M4, B200M4 などのサーバ モデルを表すテキストが入ります。例:CONUSD7L-C460M4, CON-USD7L-B200M4
SNTC には上記の 24 時間日本語サポートの他にも、障害重要度が 2 以下の場合は営業時間内で日
本語対応する標準の SNTC for UCS や、ハードウェアのみにサポート範囲を限定したサービスもあり
ます。
SNTC for UCS の詳細については、下記を参照ください。
http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/tss/uc_supportservice.html
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
57
4B サーバの構成
(3) サード パーティ製ソフトウェア サポート サービス
Cisco UCS 製品と共に出荷される、シスコの型番で提供する OEM ソフトウェアのサポート サービスです。
本サービスでは、Cisco Technical Assistance Center(TAC)のエキスパートへの 24 時間アクセスとソ
フトウェアへのサポート、ソフトウェア アップデートおよびアップグレードを提供します(Windows の場合
はアップグレードはなく、アップデートのみ)。
本サービスは、該当ソフトウェア製品の発注時に、同時に購入いただく必要があります。
サード パーティ製ソフトウェア サポート サービス
サービス SKU
オンサイト
CON-ISV1-<ソフトウェア
製品名>
本サービスはソフトウェア サポートのため、パーツ配送やオンサイト対応は
ありません。
障害切り分け後のパーツ配送時間
<ソフトウェア製品名> の部分には、ソフトウェア製品と契約年数を表す数字が入ります。例:CON-ISV1RH2S1G3A(Rhel/2 Socket/3Year), CON-ISV1-ES2S2V3A (SUSE Linux Enterprise Svr 3Year)
(4) ソリューション サポート
このサービスでは、複雑なマルチベンダー ソリューションで発生する問題の管理、トラブルシューティン
グ、および迅速な解決のための専門知識を持った専任リソースへのアクセスを優先的に提供します。こ
のサービスは、製品レベルのテクニカル サポートを強化して、次のことを支援します。
■
ソリューションにおいて発生する可能性のある問題を迅速に切り分けて解決
■
IT およびネットワーク運用のパフォーマンスを向上
■
アプリケーションの可用性の向上
現在、以下のソリューションサポートが提供されています。
Solution Support for SAP HANA(PDF - 736 KB)
Solution Support for CI(PDF - 571 KB)
Solution Support for ACI(PDF - 747 KB)
ソリューション サポート の詳細については、下記を参照ください。
http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/solutions-support/index.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Cisco UCS サービスとサポートの詳細については、次の URL を参照ください。
http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/tss/uc_supportservice.html
Cisco UCS のサポートには、この他に、販売パートナー様が独自に行っているサポートがあります。こち
らは、お客様から販売パートナーへお問い合わせください。
サービス契約なしの場合は、Warranty が適用されます。Warranty の詳細は各販売パートナーにお問
い合わせください。
58
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5B 参考資料
参考資料
シャーシ
図 7 は、上部カバーを外した状態の C460 M4 シャーシの内部です。
図7
1
C460 M4(上部カバーを外した状態)
ドライブ ベイ(最大 12 台の 2.5 インチ ドラ
イブ)
8
メディア ライザー カード
(Cisco FlexFlash ドライブと内部 USB ポートの 2 つ
のベイを含む)
12 個のすべてのベイで SAS/SATA ドライブが
サポートされています。
SAS および SATA ドライブはホットスワップ可能
です1。
2
ファン モジュール
9
(ホットスワップ可能、前面アクセス可能 X 4)
3
4
Cisco FlexFlash ドライブ(SD カード)ベイ
(メディア ライザー カードに 2 つ)
シャーシ側面の RAID バックアップ ユニット
10
(スーパーキャパシタ電源モジュール)取り付け
ブラケット
内部垂直 USB 2.0 ポート
RAID コントローラ カード ソケット
PCIe ライザー 1(PCIe スロット 1 ~ 5)
11
(メディア ライザー カード上)
(専用内部 PCIe ソケット)
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
59
5B 参考資料
5
DIMM を搭載するメモリ ライザー
12
PCIe ライザー 2(PCIe スロット 6 ~ 10)
13
TPM ソケットおよびネジ穴(マザーボード上、この
図ではライザーの下にあるため見えていません)
14
RTC バッテリー(マザーボード上、この図ではライ
ザーの下にあるため見えていません)
(8 つのライザーにそれぞれ 12 個の DIMM ソ
ケットを搭載)
メモリ ライザーはホット プラ
6
CPU およびヒートシンク(2 または 4)
CPU とそれぞれのヒート シンクは、メモリ ライ
ザーと PCIe ライザーの下にあります。
7
電源装置(4 台)
2+2 の冗長構成、ホットスワップ可能
注記 . . .
1. ホットスワップ可能 = サーバの電源が入っている間に取り外しを行うために、コンポーネントの事前調整またはシャット
ダウンを行う必要はありません。
CPU と DIMM
物理レイアウト
各 CPU は 4 つのシリアル メモリ インターフェイス 2(SMI-2)チャネルを制御します(15 ページの図 4 を参照)。2 つ
の CPU チャネルごとに 1 つメモリ ライザーがあります。したがって、CPU ごとに 2 つのメモリ ライザーがあることに
なります。各 CPU チャネルはライザー カード上のメモリ バッファを使用します。各メモリ バッファは、CPU SMI を
2 つの DDR3 サブチャネルに変換し、それぞれがメモリ ライザー上の 3 つの DIMM の読み書きを行います。
図 8 にメモリ ライザーの DIMM レイアウトを示します。
図8
メモリ ライザーの DIMM レイアウト
図 8 のバッファとチャネルは次のとおりです。
■ バッファ 1、サブチャネル A:スロット A1(青)、A2(白)、A3(黒)
■ バッファ 1、サブチャネル B:スロット B1(青)、B2(白)、B3(黒)
■ バッファ 2、サブチャネル C:スロット C1(青)、C2(白)、C3(黒)
■ バッファ 2、サブチャネル D:スロット D1(青)、D2(白)、D3(黒)
60
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5B 参考資料
メモリ搭載ルール
サーバのメモリ構成は、次のルールに従って計画してください。
■ システムを起動するために必要なのは、いずれかの CPU 上の 1 つのメモリ ライザーだけです。
■ 取り付けられていない CPU 上のメモリ ライザーは機能しません。
■ メモリ ライザーはペアで装着する必要はありません。
■ すべてのライザーを取り付ける必要がない場合は、CPU のエアー フローを最適にするため、番号
が偶数のライザーを先に取り付けてください。
■ 各メモリ ライザーには 2 つのメモリ バッファがあり、それぞれがチャネルごとに最大 3 つの DIMM
を使用して、2 つの DDR チャネルを制御します。
■ 最適なパフォーマンスを得るには、すべての CPU と DDR チャネルに DIMM を均等に分散させます。
■ チャネルの DIMM1 を最初に取り付け(青いソケット)、続いて DIMM2(白いソケット)、DIMM3(黒い
ソケット)を取り付けます。
メモリ装着順序
メモリ ライザー カードに DIMM を装着する場合は、次の表に示す順番で装着します。
■
4 つの CPU と 8 つのライザーの場合の装着順序:62 ページの表 42 を参照してください。
■
2 つの CPU と 4 つのライザーの場合の装着順序:66 ページの表 43 を参照してください。
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
61
5B 参考資料
表 33 4 つの CPU と 8 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序
装着順序
DIMM
CPU
ライザー
ソケット
色
最初に取り付け
1
CPU 1
1
A1
青色
2
CPU 2
3
A1
青色
3
CPU 3
5
A1
青色
4
CPU 4
7
A1
青色
5
CPU 1
2
A1
青色
6
CPU 2
4
A1
青色
7
CPU 3
6
A1
青色
8
CPU 4
8
A1
青色
9
CPU 1
1
C1
青色
10
CPU 2
3
C1
青色
11
CPU 3
5
C1
青色
12
CPU 4
7
C1
青色
13
CPU 1
2
C1
青色
14
CPU 2
4
C1
青色
15
CPU 3
6
C1
青色
16
CPU 4
8
C1
青色
17
CPU 1
1
B1
青色
18
CPU 2
3
B1
青色
19
CPU 3
5
B1
青色
20
CPU 4
7
B1
青色
21
CPU 1
2
B1
青色
22
CPU 2
4
B1
青色
23
CPU 3
6
B1
青色
24
CPU 4
8
B1
青色
25
CPU 1
1
D1
青色
26
CPU 2
3
D1
青色
27
CPU 3
5
D1
青色
28
CPU 4
7
D1
青色
62
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5B 参考資料
表 33 4 つの CPU と 8 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序(続き)
装着順序
DIMM
CPU
ライザー
29
CPU 1
2
D1
青色
30
CPU 2
4
D1
青色
31
CPU 3
6
D1
青色
32
CPU 4
8
D1
青色
33
CPU 1
1
A2
ホワイト
34
CPU 2
3
A2
ホワイト
35
CPU 3
5
A2
ホワイト
36
CPU 4
7
A2
ホワイト
37
CPU 1
2
A2
ホワイト
38
CPU 2
4
A2
ホワイト
39
CPU 3
6
A2
ホワイト
40
CPU 4
8
A2
ホワイト
41
CPU 1
1
C2
ホワイト
42
CPU 2
3
C2
ホワイト
43
CPU 3
5
C2
ホワイト
44
CPU 4
7
C2
ホワイト
45
CPU 1
2
C2
ホワイト
46
CPU 2
4
C2
ホワイト
47
CPU 3
6
C2
ホワイト
48
CPU 4
8
C2
ホワイト
49
CPU 1
1
B2
ホワイト
50
CPU 2
3
B2
ホワイト
51
CPU 3
5
B2
ホワイト
52
CPU 4
7
B2
ホワイト
53
CPU 1
2
B2
ホワイト
54
CPU 2
4
B2
ホワイト
55
CPU 3
6
B2
ホワイト
56
CPU 4
8
B2
ホワイト
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
ソケット
色
63
5B 参考資料
表 33 4 つの CPU と 8 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序(続き)
装着順序
64
DIMM
CPU
ライザー
57
CPU 1
1
D2
ホワイト
58
CPU 2
3
D2
ホワイト
59
CPU 3
5
D2
ホワイト
60
CPU 4
7
D2
ホワイト
61
CPU 1
2
D2
ホワイト
62
CPU 2
4
D2
ホワイト
63
CPU 3
6
D2
ホワイト
64
CPU 4
8
D2
ホワイト
65
CPU 1
1
A3
ブラック
66
CPU 2
3
A3
ブラック
67
CPU 3
5
A3
ブラック
68
CPU 4
7
A3
ブラック
69
CPU 1
2
A3
ブラック
70
CPU 2
4
A3
ブラック
71
CPU 3
6
A3
ブラック
72
CPU 4
8
A3
ブラック
73
CPU 1
1
C3
ブラック
74
CPU 2
3
C3
ブラック
75
CPU 3
5
C3
ブラック
76
CPU 4
7
C3
ブラック
77
CPU 1
2
C3
ブラック
78
CPU 2
4
C3
ブラック
79
CPU 3
6
C3
ブラック
80
CPU 4
8
C3
ブラック
81
CPU 1
1
B3
ブラック
82
CPU 2
3
B3
ブラック
83
CPU 3
5
B3
ブラック
84
CPU 4
7
B3
ブラック
ソケット
色
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5B 参考資料
表 33 4 つの CPU と 8 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序(続き)
装着順序
最後に取り付け
DIMM
CPU
ライザー
85
CPU 1
2
B3
ブラック
86
CPU 2
4
B3
ブラック
87
CPU 3
6
B3
ブラック
88
CPU 4
8
B3
ブラック
89
CPU 1
1
D3
ブラック
90
CPU 2
3
D3
ブラック
91
CPU 3
5
D3
ブラック
92
CPU 4
7
D3
ブラック
93
CPU 1
2
D3
ブラック
94
CPU 2
4
D3
ブラック
95
CPU 3
6
D3
ブラック
96
CPU 4
8
D3
ブラック
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
ソケット
色
65
5B 参考資料
表 34 2 つの CPU と 4 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序
装着順序
DIMM
CPU
ライザー
ソケット
色
最初に取り付け
1
CPU 1
1
A1
青色
2
CPU 2
3
A1
青色
3
CPU 1
2
A1
青色
4
CPU 2
4
A1
青色
5
CPU 1
1
C1
青色
6
CPU 2
3
C1
青色
7
CPU 1
2
C1
青色
8
CPU 2
4
C1
青色
9
CPU 1
1
B1
青色
10
CPU 2
3
B1
青色
11
CPU 1
2
B1
青色
12
CPU 2
4
B1
青色
13
CPU 1
1
D1
青色
14
CPU 2
3
D1
青色
15
CPU 1
2
D1
青色
16
CPU 2
4
D1
青色
17
CPU 1
1
A2
ホワイト
18
CPU 2
3
A2
ホワイト
19
CPU 1
2
A2
ホワイト
20
CPU 2
4
A2
ホワイト
21
CPU 1
1
C2
ホワイト
22
CPU 2
3
C2
ホワイト
23
CPU 1
2
C2
ホワイト
24
CPU 2
4
C2
ホワイト
25
CPU 1
1
B2
ホワイト
26
CPU 2
3
B2
ホワイト
27
CPU 1
2
B2
ホワイト
28
CPU 2
4
B2
ホワイト
66
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
5B 参考資料
表 34 2 つの CPU と 4 つのメモリ ライザーの場合の DIMM 装着順序(続き)
装着順序
最後に取り付け
DIMM
CPU
ライザー
ソケット
色
29
CPU 1
1
D2
ホワイト
30
CPU 2
3
D2
ホワイト
31
CPU 1
2
D2
ホワイト
32
CPU 2
4
D2
ホワイト
33
CPU 1
1
A3
ブラック
34
CPU 2
3
A3
ブラック
35
CPU 1
2
A3
ブラック
36
CPU 2
4
A3
ブラック
37
CPU 1
1
C3
ブラック
38
CPU 2
3
C3
ブラック
39
CPU 1
2
C3
ブラック
40
CPU 2
4
C3
ブラック
41
CPU 1
1
B3
ブラック
42
CPU 2
3
B3
ブラック
43
CPU 1
2
B3
ブラック
44
CPU 2
4
B3
ブラック
45
CPU 1
1
D3
ブラック
46
CPU 2
3
D3
ブラック
47
CPU 1
2
D3
ブラック
48
CPU 2
4
D3
ブラック
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
67
5B 参考資料
KVM ケーブル
KVM ケーブルはサーバへの接続用のケーブルで、DB9 シリアル コネクタ、モニタ用の VGA コネクタ、キーボードお
よびマウス用のデュアル USB 2.0 ポートが付いています。このケーブルを使用すると、サーバで稼動するオペレー
ティング システムや BIOS に直接接続できます。
表 45 に、KVM ケーブルの注文情報を示します。
表 35 KVM ケーブル
製品 ID(PID)
PID の説明
N20-BKVM
KVM cable for server console port
図 11
KVM ケーブル
1
コネクタ(サーバ前面パネルに接続)
3
VGA コネクタ(モニタ用)
2
DB-9 シリアル コネクタ
4
2 ポート USB 2.0 コネクタ(マウスおよびキー
ボード用)
68
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
6B 技術仕様
技術仕様
寸法と重量
表 36 UCS C460 M4 の寸法と重量1
パラメータ
説明
高さ
175 mm(6.9 インチ)
幅
482 mm(19.0 インチ)
奥行
830 mm(32.7 インチ)
前面の隙間
7.62 cm(3 インチ)
横の隙間
25.4 mm(1 インチ)
背面の隙間
152.4 mm(6 インチ)
重量(スライド レール ブラケットおよびケーブル マ
ネジメント アームを含めた最大構成)
64.4 kg(142 ポンド)
注記 . . .
1. ここに記載するシステム重量はフル構成のシステムの推定重量です。周辺機器や電源ユニットの数によって重量は
異なります。
電力仕様
表 47 に、C460 M4 サーバ全体の電力仕様を示します。
表 37 UCS C460 M4 1400 W 電源(UCSC-PSU2-1400W)電力仕様
説明
仕様
AC 入力電圧
公称 200 ~ 240 VAC(範囲:180 ~ 264 VAC)
AC 入力周波数
公称 50 ~ 60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)
最大 AC 入力電流
8.5 A @ 200 V AC
最大 AC 突入電流
30 A(サブサイクル ピーク時)
各電源ユニットの最大出力
1400 W
電源の出力電圧
12 VDC
電源効率
ピーク時 94 %(80Plus プラチナ スタンダードに準拠)
入力コネクタ
IEC320 C14
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
69
6B 技術仕様
個別構成による電力容量は、次のページにある Cisco UCS Power Calculator を使用してください。
http://ucspowercalc.cisco.com [英語]
環境仕様
表 48 に、C460 M4 サーバの電力仕様を示します。
表 38 UCS C460 M4 の環境仕様
パラメータ
最小
温度(動作時)
10 °C ~ 35 °C(50 °F ~ 95 °F)
温度(非動作時)
-40 °C ~ 70 °C(-40 °F ~ 158 °F)
高度
-30 ~ 1500 m(-100 ~ 5000 フィート)
湿度(非動作時)
95%、25 ~ 30 °C(77 ~ 86 °F)で結露しないこと
準拠要件
表 49 に、C シリーズ サーバの規制準拠要件を示します。
表 39 UCS C シリーズの準拠要件
パラメータ
説明
適合認定
本製品は、指令 2004/108/EC および 2006/95/EC による CE
マーキングに準拠しています。
安全性
UL 60950-1 第 2 版
CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1 第 2 版
EN 60950-1 第 2 版
IEC 60950-1 第 2 版
AS/NZS 60950-1
GB4943 2001
EMC:エミッション
47CFR Part 15(CFR 47)Class A
AS/NZS CISPR22 Class A
CISPR22 Class A
EN55022 Class A
ICES003 Class A
VCCI Class A
EN61000-3-2
EN61000-3-3
KN22 Class A
CNS13438 Class A
EMC:イミュニティ
EN55024
CISPR24
EN300386
KN24
70
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
6B 技術仕様
©2016 Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。
本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。
「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1502R)
この資料の記載内容は2015年2月現在のものです。
この資料に記載された仕様は予告なく変更する場合があります。
お問い合せ先
シスコシステムズ合同会社
〒107‐6227 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー
http://www.cisco.com/jp
Cisco UCS C460 M4 高性能ラックマウント サーバ
16.02
71
Fly UP