...

パルシード - 日本パーカライジング

by user

on
Category: Documents
450

views

Report

Comments

Transcript

パルシード - 日本パーカライジング
日本パーカライジング株式会社
ド
ー
シ
パル
e
Pallucid
パルシード の特徴
① 環境対応
⇒6価も3価も含まない完全 Crフリー
Crフリー
② 無機アモルファス酸化物膜(+有機膜)
⇒無色透明の高耐食性膜
③ 耐薬品性
パルシードは、RoHS指定対象物質を含まず、3価Crも含まない
⇒酸、アルカリ、溶剤にも強い
④ 密着性
完全クロムフリー高耐食性皮膜です。
⇒塗装、樹脂との密着性が良い
1.パルシードの概要
①金属材料を脱脂したのち40~50℃の化成処理浴に浸漬し、
アモルファス酸化物皮膜を形成します。
②さらに有機シーリング浴に浸漬、熱風乾燥することによ
脱脂
水洗
り、無塗装でも高耐食性が得られます。
Crフリー
Crフリー
化成処理
水洗
パルシード化成処理
パルシード
有機
シーリング
(CT-J4510)
水洗
熱風乾燥
対象素材:鉄合金、アルミ合金、各種亜鉛メッキ材
2.皮膜状態
アモルファス酸化物膜
有機シーリング膜
(パルシード化成処理皮膜CT-J4510)
素材金属
パルシード皮膜の断面構造
3.高耐食性の理由(CT-J4510単体)
4.皮膜の密着性(塗装後)
(CT-J4510単体)
耐水2次密着性 → 良好
パルシード化成処理は、皮膜の持つ高いバリ
アー性と耐アルカリ、耐酸性により塗膜下地
としても優れた耐食性・密着性を示します。
温水浸漬 (DI水, 40℃, 240h)
水滴除去
2mm碁盤目カット
H 2O,O 2
アルカリ性
カソード
テープ剥離
りん酸亜鉛
評価:碁盤目の剥離個数を測定
塗膜欠陥部
酸性
アノード
基材種
剥離個数
塗膜
アルカリ性
カソード
0/100
GA
0/100
AL
0/100
0/100
0/100
パルシー
ド
基材
e
剥離後写真
剥離個数
図 塗膜下腐食のモデル図
5.皮膜成分と膜厚
0/100
CRS
(CT-J4510単体)
8
6
Intensity
50nm
Fe
4
Main component
2
O
0
0
写真 化成処理皮膜CT-J4510の断面
[透過型電子顕微鏡による]
6.皮膜の耐薬品性
図
10
20
30
40
Tim e (s)
50
60
GDSによる皮膜深さ方向の元素分布
(CT-J4510単体)
酸
アルカリ
溶剤
リン酸亜鉛
り
ん 酸 亜 鉛
80
新
表 面 処 理
パルシード化成皮膜
(CT-J4510)
40
良好
耐薬品性良好
MEK
BC
エーテル
トルエン
ヘキサン
TEA
K4P2O7
NH4OH
KOH
NaOH
クエン酸
HF
酢酸
H3PO4
HNO3
0
H2SO4
20
HCl
皮膜溶解率
60
エタノール
(%)
100
7.耐食性
(CT-J4510単体)
…… SRV摺動試験
SRV摺動試験
①温塩水浸漬
CRS
840h
1680h
結果:
リン酸塩処理より
良好
りん酸塩処理
パルシード
②複合サイクル試験
電着塗装後
CCT 90cycles後
CRS
結果:
リン酸塩処理より
8.注意事項
良好
AL
基材
リン酸亜鉛処理
パルシード処理
③ 耐食性(SST)
結果:有機シーリングあり(塗装なし)でグリーンクロメートと同等
9.連絡先
比較材(グリーンクロメート)
パルシード(ジンケート浴)
パルシード(シアン浴)
パルシード(酸性浴)
写真 SST240時間後の外観(亜鉛めっき板)
8.パルシードの応用
※ 目的・用途に応じた各種プロセスとの組み合わせが可能です
※ パルシードは、パルシード化成処理皮膜(CT-J4510)と有機シーリングの組み合わせ
により、優れた耐食性、耐薬品性等を発揮しますが、塗装下地としては化成処理
皮膜(CT-J4510)単体でもご使用頂けます。
前処理
パルシード処理
パルシード化成
処理皮膜
BK-A
脱脂
黒色化
ケミブラスト
後処理
潤滑塗装
(CT-J4510)
+
防錆塗装
有機シーリング
接着剤
表面粗化
2007.1.18
9.連絡先
本社(加工事業本部)〒103-0027
東京都中央区日本橋1-15-1
03(3278)4466
総合技術研究所 〒254-0012
神奈川県平塚市大神2784
0463(55)4431
宇都宮工場
〒321-0905
栃木県宇都宮市平出工業団地26-2
028(663)1621
前橋工場
〒371-0852
群馬県前橋市総社町総社2110
027(251)1891
平塚第三工場
〒254‐0012
神奈川県平塚市平塚市大神1784
0463(55)4840
愛知工場
〒475-0032
愛知県田市潮干町1-6
0569(29)2481
九州第三工場
〒807-0001
福岡県遠賀郡水巻町猪熊10-5-1
093(202)1451
仙台工場
〒989-2421
宮城県岩沼市下野郷字中野馬場34-46
0223(24)2683
勝田工場
〒312-0062
茨城県ひたちなか市大字高場字下原1700-2
029(272)5435
古河工場
〒306-0206
茨城県猿島郡総和町丘里14-3
0280(98)1240
新潟工場
〒959-1286
新潟県燕市大字小関字野中1095
0256(64)4621
船橋工場
〒273-0017
千葉県船橋市西浦3-5-1
047(433)5171
平塚第二工場
〒254‐0027
神奈川県平塚市堤町3-9
0463(22)5751
伊丹工場
〒664-0842
兵庫県伊丹市森本9-62
0727(82)0999
福山工場
〒721-0926
広島県福山市大門町5-11-3
0849(41)7605
九州第二工場
〒807-0813
北九州市八幡西区夕原町4-7
093(631)0961
Fly UP