...

開識社記録 - HUSCAP

by user

on
Category: Documents
21

views

Report

Comments

Transcript

開識社記録 - HUSCAP
Title
開識社記録
Author(s)
Citation
Issue Date
北大百年史, 史料(二): 629-760
1981-07-30
DOI
Doc URL
http://hdl.handle.net/2115/30139
Right
Type
bulletin
Additional
Information
File
Information
siryo2_p629-760.pdf
Instructions for use
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers : HUSCAP
開識社記録
思橋記促場設
〔長社 ~IE百年十 1
e
c
u
t
i
v
eCommittee i
na
s
s
i
g
n
i
n
gt
h
ea
p
p
o
i
n
t
m
e
n
t
s,ands
h
a
l
lc
o
n
-
Qm
:
:
;J
b
a
t
e
s
. A
s
i
s
to
fReadings,D
e
c
l
a
m
a
t
i
o
n
s, Compositions and De
c
r
i
t
i
cs
h
a
l
lb
ea
p
p
o
i
n
t
e
df
o
re
a
c
h m配 t
i
n
gwhos
h
a
l
lc
r
i
t
i
c
i
s
et
h
e
C
o
n
s
t
i
t
u
t
i
o
n andBy-lawso
fK
a
i
s
h
i
k
i
s
h
a
A
r
t
i
c
l
e1
. Thenameo
ft
h
i
sS
o
c
i
e
t
ys
h
a
l
lb
eK
a
i
s
h
i
k
i
s
h
a
; and
p
r
o
c
e
e
d
i
n
g
sandp
e
r
f
o
r
m
a
n
c
e
sa
tt
h
ec
l
o
s
eo
ft
h
es
e
s
s
i
o
n
. The
i
t
so
b
j
e
c
ts
h
a
l
lb
et
h
e improvement i
nw
r
i
t
i
n
g,ands
p
e
a
k
i
n
go
f
i
n
gs
h
a
l
lb
ep
r
e
p
a
r
e
dbyt
h
eE
x
e
c
u
t
i
v
e
a
p
p
o
i
n
t
m
e
n
t
sf
o
re
a
c
h m配 t
i
t
sm
e
m
b
e
r
s
.
Committeea
tl
e
a
s
tt
h
r
町、v
田k
sb
e
f
o
r
e
h
a
n
d,whenp
r
a
c
t
i
c
a
b
l
e
,and
i
c
e
A
r
t
i
c
l
eI
I
.Theo
f
f
i
c
e
r
so
ft
h
eS
o
c
i
e
t
ys
h
a
l
lb
eaP
r
e
s
i
d
e
n
t,aV
announced by t
h
eS
e
c
r
e
t
呂r
ya
tar
e
g
u
l
a
rm配 t
i
n
g
.Theys
h
a
l
la
l
s
o
r
.Theset
h
r
配
p
r
e
s
i
d
e
n
tand aS
e
c
r
e
t
a
r
ywhos
h
a
l
la
l
s
ob
eT
r
e
a
s
u
r
e
m
m
e
d
i
a
t
e
l
yp
r
e
c
e
d
i
n
gt
h
em配 t
i
n
gf
o
r
b
ep
o
s
t
e
dduringt
h
ew出三 i
o
f
f
i
c
e
r
ss
h
a
l
la
l
s
oc
o
n
s
t
i
t
u
t
et
h
eE
x
e
c
u
t
i
v
e Committee o
ft
h
e
which t
h
e
y mayhaveb配 nm
a
d
e
.
機旧川記穏窓
S
o
c
i
e
t
y
. Theys
h
a
l
lb
ee
l
e
c
t
e
dbyb
a
l
l
o
ta
tt
h
el
a
s
tr
c
g
u
l
a
rm配 t
i
n
g
o
fe
a
c
h Co!
lege termand s
h
a
l
lh
o
l
do
f
f
i
c
日 d
uring t
h
en
e
x
t
urdaye
v
e
n
i
n
g,b
e
g
i
n
n
i
n
ga
t7o
'
c
l
o
ck
.
A
r
t
i
c
l
eV
I
. Any membero
fS
a
p
p
o
r
oA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
lC
o
l
l
e
g
emaybト
s
u
c
c
e
e
d
i
n
gt
e
r
mo
ru
n
t
i
lt
h
e
i
rs
u
c
c
e
s
s
o
r
sa
r
ec
h
o
s
e
n
.
A
r
t
i
c
l
e1
I
I
. 1ts
h
a
l
lb
et
h
edutyo
ft
h
e
s
eo
f
f
i
c
e
r
si
n
d
i
v
i
d
u
a
l
l
yt
o
comeamember
t
h
eS
o
c
i
e
t
ybys
i
g
n
i
n
gh
i
snamet
ot
h
i
sCons-
p
e
r
f
o
r
mt
h
eworku
s
u
a
l
l
yd
e
v
o
l
v
i
n
gupon s
u
c
ho
f
f
i
c
e
r
si
nt
h
e
i
r
t
i
t
u
t
i
o
n,b
u
tmayb
ee
x
p
el
!ed by a v
o
t
eo
f tw
o-t
h
i
r
d
so
ft
h
e
a
i
ddowni
nC
r
e
s
h
i
n
g
'
sManualo
fP
a
r
l
i
a
r
e
s
p
e
c
t
i
v
ep
o
s
i
t
i
o
n
s, 前 l
membersp
r
e
s
e
n
ta
tanyr
e
g
u
l
a
r
l
yc
a
l
l
e
dm
e
e
t
i
n
gf
o
rn
e
g
l
i
g
e
n
c
e
mentaryLaw. AsaCommittect
h
e
ys
h
a
l
l
o
fdutyo
ri
m
p
r
o
p
e
rc
o
n
d
u
c
t
.
時
。、、
A
r
t
i
c
l
e V. Them
e
e
t
i
n
g
so
ft
h
eS
o
c
i
e
t
ys
h
a
l
lb
eh
e
l
de
v
e
r
yS
a
t
-
a
r
r
a
n
g
eandt
r
a
n
s
-
四ピゴ Society,accordingtotheirbestabilityas
a
c
tt
h
eb
u
s
i
n
〕
[
o
ff
h
eヵ
i
n
s
t
r
u
c
t
e
dbyv
o
t
e
so
rd
i
r
e
c
t
e
di
nt
h
巴 C
o
n
s
t
i
t
u
t
i
o
nandB
y
l
a
w
s
.
A
r
t
i
c
l
eV
I
I
. ThisC
o
n
s
t
i
t
u
t
i
o
n andt
h
e
s
eBy-lawsmayb
eamended
A
r
t
i
c
l
eN
. Thel
i
t
e
r
a
r
ye
x
e
r
c
i田 so
ft
h
eS
o
c
i
e
t
ys
h
a1
1b
ec
o
n
d
u
c
t
e
d
m
e
e
t
i
n
go
ft
h
eS
o
c
i
e
t
y,p
r
o
v
i
d
e
dt
h
ep
r
o
p
o
s
e
d amendments h
a
s
byav
o
t
eo
f tw
o-t
h
i
r
d
so
ft
h
e membersp
r
e
s
e
n
ta
tanyr
e
g
u
l
a
r
N
i
nt
h
eEnglishand]
a
p
a
n
e
s
eLanguagesa
sd
i
r
e
c
t
e
d by t
h
e Ex-
e
a
do
n
c
ea
tsomep
r
e
v
i
o
u
sm
e
e
t
i
n
go
ft
h
esame
b田 nr
N
D
'
K
.Uchida
T
.Watase
K
.Nishimura
,a
sp
r
a
c
t
i
c
e
dnow,t
h
ei
n
c
o
n
v
e
n
i
e
n
c
y
o
l
db
o
o
k
si
n
t
ot
h
enews
t
y
l
e
J
.K
.I
t
o
T.Takagi
o
fwhich i
st
h
esamew
h
e
t
h
e
rt
h
e
s
eb
o
o
k
sw
i
1
1 changed i
n
t
ot
h
e
S
.1
d
e
t
a
Y. Yamada
M. Adachi
Y.Kamimura
M. Yanagimoto
T.Minami
EnglishAlphabeto
rm
i
x
t
u
r
eo
fC
h
i
n
e
s
eandJ
a
p
a
n
e
s
e,&c. Byt
h
i
s
t
h
ev
i
c
t
o
r
yf
a
1
1i
n
t
ot
h
ehandso
ft
h
ea
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e
.
S
. Arakawa
Y.Kuroiwa
N. Yasuda
N Sakuma
S
.Nakashima
1
. Ota
1H
i
r
o
i
K
.Ono
K
.Miyabe
K
.Fujita
T.Ono
Y. 1
w
a
s
a
k
i
江
S Suw
M.Oshima
K
.Menjiu
I
.Sato
K 1
t
o
O.Nag
旦i
SS
a
t
o
S Tanouchi
K
.Tamaoki
E
.1
t
o
呂w
aguchi
M.K
N.Okuda
h
ee
x
t
e
m
p
o
r
a
r
ye
x
e
r
c
i
s
eb
o
t
hi
nEnglisha
n
c
l
S
i
n
c
et
h
i
smating,t
J
a
p
a
n
e
s
ewas i
n
t
r
o
c
l
u
c
e
c
lt
oours
o
c
i
e
t
y
.
The n
e
x
t mating was h
e
l
d on t
h
e1
6
t
ho
ft
h
e month. The
n
c
l Oshima. The e
x
r
e
g
u
l
a
rs
p
e
a
k
e
r
sw
e
r
e Nakashima, Watase a
込四wa
,1
c
l
e
t
aandKuroiwa.
t
e
m
p
o
r
a
r
ys
p
e
a
k
e
r
sw
e
r
eYasuda,Ar
,f
o
r E
n
g
l
i
s
h
Nakashima f
o
rJ
a
p
a
n
e
s
e Composition, Watase
eb
r
i
e
f
l
ys
t
a
t
e
c
l
; Oneo
ft
h
e most imDeclamation,which mayb
〔これより前の部分は欠洛
p
o
r
t
a
n
tc
o
n
s
i
c
l
e
r
a
t
i
o
no
ft
h
ei
m
p
r
o
v
e
m
e
n
t
so
fHokkaidoi
st
oi
n
c
r
e
a
s
e
by s
a
y
i
n
g
; Thes
t
y
l
eo
fwhicha
l
m
o
s
ta
1
1t
h
eb
o
o
k
sa
r
enoww
r
i
t
t
e
n
ti
sp
r
o
d
u
c
t
so
fac
o
u
n
t
r
yt
h
a
tmakes h
e
rw
e
a
l
t
h
y
t
h
ep
r
o
c
l
u
c
t
s
.I
h
ed
i
f
f
e
r
e
n
c
eo
f
i
sa
l
r
e
a
d
yd
i
f
f
e
r
sfromwhat h
a
sb
e
e
np
r
a
c
t
i
c
e
d,t
andp
r
o
s
p
e
r
i
o
u
s&nd i
n tum,i
ti
s wea1
th t
h
a
t makes t
h
ep
e
o
p
l
e
f
1yo
fn
o
tb
e
i
n
gt
h
ep
u
r
eC
h
i
n
e
s
e,b
u
tmixwhichc
o
n
s
i
s
t
i
n
gc
h
i
e
happyandc
o
m
f
o
r
t
a
b
l
e
. Butwhy i
si
tt
h
a
t Hokkaido with a
1
1i
t
s
f such s
t
y
l
ea
s
t
u
r
eo
ft
h
eJ
a
p
a
n
e
s
eand t
h
eC
h
i
n
e
s
ec
h
a
r
a
c
t
e
r
s
.I
r
i
c
h
e
s both i
nt
h
es
o
i
la
n
c
lmines,i
ss
op
o
o
r and u
n
i
m
p
r
o
v
e
c
l
?
p
r
a
c
t
i
c
e
d now w
i
1
1p
r
e
v
a
i
lh
e
r
e
a
f
t
e
r, t
h
e
nt
h
eo
l
db
o
o
k
s which
w
e
r
ew
r
i
t
e
ni
np
u
r
eC
h
i
n
e
s
ec
o
u
l
c
ln
o
tb
eu
n
d
e
r
s
t
a
n
dt
ot
h
o
s
ewho
This i
sfromb
e
c
a
u
s
e
,t
h
ep
e
o
p
l
edon
o
tknowhowt
omakeu
s0
1
1
t
〕
[
u
s
eヵ
o
fi
t
ss
o
i
la
n
c
l minesand some o
t
h
e
r
s
. T
h
e
r
e
f
o
r
et
oi
n
c
r
e
a
s
et
h
e
comea
f
t
e
r
w
a
r
d
s
.T
h
e
r
e
f
o
r
et
op
r
e
v
e
n
tt
h
i
swemustrenewa
1
1t
h
e
ei
t
p
r
o
d
u
c
t
swemustf
i
r
s
tknowt
h
eestamo
ft
h
ep
r
o
d
u
c
t
s
. 夜 間c
i
sv
e
r
ymuchd
e
s
i
r
a
b
l
ef
o
ru
st
oknowt
h
ev
a
l
u
eo
f,andt
h
e
n1am
w
i
l
lcomeuponyou and d
e
v
o
u
ry
o
u
"
. This s
a
y
i
n
ga
n
s
w
e
r
st
h
e
s
u
r
et
h
a
tt
h
ep
r
o
d
u
c
t
smayb
ei
n
c
r
e
a
s
e
dwithoutanyt
r
o
u
b
l
e
; and
p
u
r
p
o
s
ef
o
rt
h
emostc
a
s
e
s,b
u
tbyd
e
c
i
e
v
i
n
gc
o
n
s
t
a
n
t
l
ywhenyoung,
t
h
ef
r
u
i
t
so
ft
h
ep
r
o
d
u
c
t
s,t
h
ec
o
u
n
t
r
yw
i
l
lbecomew
e
a
l
t
h
yand
t
h
e
yg
e
n
e
r
a
l
l
yb
e
l
i
e
v
et
h
i
ss
a
y
i
n
gt
ob
et
r
u
e
,andthus l
e
a
dt
h
e
i
r
在日
p
r
o
s
p
e
n
o
u
s
.
c
h
i
l
d
r
e
ni
n
t
oi
g
n
o
r
a
n
c
y
.T
h
e
r
e
f
o
r
es
u
c
hd
o
c
t
r
i
n
es
h
o
u
l
db
ea
v
o
i
d
e
d
.
Oshima; 1
ti
sw
e
l
l known f
a
c
tt
h
a
tc
h
i
l
d
r
e
no
f bad c
h
a
r
a
c
嶋
Yasuda,J
a
p
a
n
e
s
eD配 l
a
m
a
t
i
o
na
b
o
u
tt
h
ec
1a
u
s
e
,“
One who h
a
s
sgrowupb
a
d,andp
e
o
p
l
eu
n
d
e
rbad,immoralr
u
l
e
r
s
t
e
r
i
z
e
dp倒 的 t
t
h
ef
e
w
e
s
twantsi
st
h
eh
a
p
p
i
e
s
t
."
1
ti
sv
e
r
ymuchd
e
s
i
r
a
b
l
ef
o
ra
l
l
becomes
o
. This i
sa
c
c
u
s
t
o
m
e
d回 byi
m
i
t
a
t
i
n
gt
ot
h
o
s
ewhoa
r
ea
t
ment
oh
a
v
eag
r
e
a
td
e
a
lo
fwants i
nr
i
g
h
t
f
u
lp
a
t
hb
u
tmust n
o
t
h
es
t
u
d
e
n
t
si
ne
v
e
r
yc
o
u
n
t
r
ya
r
et
h
ec
h
i
e
fl
e
a
d
e
r
s
t
h
e
i
rh
e
a
d
. Now,t
h
a
v
eany i
nu
n
l
a
w
f
u
lway,&c.
機出促記穏叩ぬ
o
ft
h
e
i
rp
e
o
p
l
e
,s
ot
h
a
ta
l
lt
h
ec
o
n
d
u
c
t
sw
h
e
t
h
e
rbado
rgoodd
e
p
e
n
d
a
p
a
n
e
s
eD
e
c
l
a
m
a
t
i
o
n a
b
o
u
t Honor Every one must
1
d
e
t
a, J
l
a
r
g
e
l
yupont
h
o
s
eo
ft
h
es
t
u
d
e
n
t
sa
l
t
h
o
u
g
hb
u
ts
m
a
l
lc
1a
s
so
ft
h
e
e
n
d
e
a
v
o
rt
og
e
th
o
n
o
r
;b
u
ts
i
n
c
ei
ti
sv
e
r
ye
a
s
i
l
ys
e
p
a
r
a
b
l
e from
,t
h
es
t
u
d
e
n
t
so
fS
a
p
p
o
r
oA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
lC
o
l
l
e
g
e
p
e
o
p
l
e
.T
h
e
r
e
f
o
r
e,we
a
r
巴
, c
o
n
s
i
s
t
s
him,agoodc
a
r
emustb
et
a
k
e
na
f
t
e
rg
o
ti
t
. This c
mustb
ε
h
a
v
ew
e
l
lo
u
r
s
e
l
v
e
si
no
r
d
e
rt
h
a
tt
h
ep
e
o
p
¥
emayi
m
i
t
a
t
eu
s,
s
i
m
p
l
yo
fb
e
h
a
v
i
n
gw
e
l.
lHencet
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fc
u
l
t
u
v
a
t
i
n
gt
h
e
ands
e
tg
r
e
a
tv
a
l
u
a
b
l
eexamplef
o
ro
u
rf
e
l
l
o
wmen.
goodc
o
n
d
u
c
t
s,&c.
且
AboutLovei
n]
a
p
a
n
e
s
e
,which hesays,belongs t
Arakaw
o
Yanagimotowase
l
e
c
t
e
df
o
rt
h
ec
r
i
t
i
c
. Thuse
n
d
e
dt
h
em
e
e
t
i
n
g
.
e
v
e
r
yi
n
d
i
v
i
d
u
a
le
v
e
nmostc
r
u
e
ls
a
v
a
g
e
swhoi
nac
e
r
t
a
i
no
c
c
a
s
i
o
n
Then
e
x
tm
e
e
t
i
n
gwash
e
l
d on t
h
e2
7
t
ho
fJ
a
n
u
a
r
y,1
8
7
7i
n
p
r
e
s
e
n
tg
r
e
a
tl
o
v
i
n
gquaI
it
y
.
Kuroiwa,J
a
p
a
n
e
s
eD
ecl
a
m
a
t
i
o
na
b
o
u
tG
h
o
s
t
.1
ti
s most com
命
品川町唱
monwayt
os
t
o
pc
r
yo
fc
h
i
l
d
r
e
nbyt
a
k
i
n
gnameo
fg
h
o
s
t,
t
h
u
ss
a
y
嶋
i
n
g,
s
O
r
n
ef
e
a
r
c
eg
h
o
s
t
whichKuroiwa,T
. Ono,andYamadaw
e
r
er
e
g
u
l
a
rand
S
a
t
o,
Tanouchi,andOshimae
x
t
e
m
p
o
r
a
r
y,s
p
e
a
k
e
r
s
.
thasheencustomary i
nJ
a
p
a
nt
ob
l
a
c
k
e
nt
h
et
町t
h
Kuroiwa=I
o
fwomenwhich i
sv
e
r
yd
i
v
e
r
s
et
ot
h
eLawso
fN
a
t
u
r
e
.T
h
e
r
e
f
o
r
e,
寸
、
付
'
"
i
ti
sv
e
r
yd
e
s
i
r
a
b
l
et
oe
r
a
d
i
c
a
t
et
h
er
o
o
to
ft
h
i
se
v
i
lh
a
b
i
t,h
e
r
e
a
f
t
e
r,
r
a
b
l
eworks,whichw
e
r
et
h
ef
r
u
i
t
so
ft
h
er
e
s
t
l
e
s
sa
c
t
i
v
i
t
y
.
S
. Oshima, i
nJ
a
p
a
n
e
s
e l
a
n
gl1a
g
e
出
Many i
l
ll1s
t
r
i
o
l
1s p
e
r
耐
fromamid t
h
e women, e
x
c
e
p
th
a
r
l
o
t
s who a
r
et
h
u
st
ob
ed
i
s
-
s
o
n
a
g
e
s,s
u
c
ha
sS
i
r1
s
s
a
cNewton,James羽Ta
t
t,&c. haveg
o
t
t
e
n
t
i
n
g
u
i
s
h
e
dfrom t
h
er
e
s
tbyt
h
e
i
rb
l
a
c
kt
ε
e
t
h
. This s
t
a
t
a
m
e
n
t he
l
1la
c
t
swithp
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e
. The
t
h
e
i
rgoodnamesbydoingwonderf
g
e
.
d
e
l
i
v
e
r
e
di
n]
a
p
a
n
e
s
el
a
n
gl1a
i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
ft
h
i
sp
a
s
s
i
o
ni
sc
l
e
a
r
l
ys
e
e
ni
n manyc
呂 田s
,a
s,f
o
r
r
t
e
ro
ft
h
ee
a
r
t
h, t
h
e
r
e have b
e
e
n many
T. Ono=1ne
v
e
r
yql1a
p
e
r
s
o
n
swhod
i
dl1nworthya
c
t
si
na
t
t
e
m
p
t
i
n
gt
og
e
th
o
n
o
r
. I
ti
s
旦n
c
e,i
nt
h
ec
呂s
eo
f aw
a
r
;t
h
a
ts
i
d
eo
fc
o
n
t
e
n
d
i
n
gp
a
r
t
i
e
s
i
n
s
t
whicha
c
t
swithp
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e,w
i
l
lg
a
i
nt
h
ev
i
c
t
o
r
y
.
fwewisht
oo
b
t
a
i
ngoodname
,weshol1l
d
v
e
r
yw
i
c
k
e
d,indeed! I
n
e
s
s
. Thisn
a
r
a
l
w
a
y
se
n
d
e
a
v
o
rt
os
e
a
r
c
hf
o
rt
h
ep
a
t
ho
fr
i
g
h
t
e
ol1s
The n
e
x
tm
e
e
t
i
n
g was h
e
l
d on t
h
e 3d o
fF
e
b
r
u
a
r
y, 1
8
7
7
.
T. Ono
,K. Ono,and1
. K. 1to,wer巴 r
e
g
1
1
1
a
r
,andN. Yasl1da,
r
a
t
i
v
eheu
t
t
e
r
e
di
nJ
a
p
a
n
e
s
el
a
n
g
l
1a
g
e
.
1
.S
a
t
o,i
nJ
a
p
a
n
e
s
eI
anguage= What i
st
h
e main o
b
j
e
c
to
f
ti
st
oc
o
n
v
e
r
s
et
h
emindo
ft
h
ewickedi
n
t
ogo口d
n
e
s
s
.
r
e
l
i
g
i
o
n
?I
What i
st
h
eb
e
s
to
fa
l
lr
e
l
i
g
i
o
n
si
nr
e
g
a
r
dt
ot
h
i
s point? I
ti
s
S
. Nakashima,andWatase
,extemporary,s
p
e
a
k
e
r
s
.
S
. Uchida
wasa
p
p
o
i
n
t
e
da
sc
r
i
t
i
c
.
T. Ono, i
nJ
a
p
a
n
e
s
e,田 Every men s
h
o
l
1l
da
l
w
a
y
sb
ec
al1-
o
b
v
i
o
l
1s a
t ag
l
a
n
c
et
h
a
tt
h
e
r
ec
a
nb
e nothing t
h
a
ts
u
r
p
a
s
s
e
s
t
i
o
u
st
oa
c
th
i
m
s
e
l
fi
nt
h
et
r
u
t
hb
u
tn
o
ta
d
o
r
nt
h
eol1t
s
i
d
e
.1
tf
r
ト
C
h
r
i
s
t阻 n
i
t
y
. Hence
,the importance o
fi
n
t
r
o
d
u
c
i
n
gt
h
er
e
l
i
g
i
o
n
ql1e
n
t
l
yhappenst
h
a
tmen o
fg
r
e
a
ti
n
g
e
nl1i
t
yu
r
f
o
r
t
u
n
a
t
e
l
yoccupy
am:mgt
h
eJ
a
p
a
n
e
s
ep
e
o
p
l
e,a
tt
h
i
sb
r
i
l
l
i
a
n
tM
e
i
j
ip
e
r
i
o
d
.
l
o
w
e
rg
r
a
d
ei
no
f
f
i
c
et
h
a
nt
h
o
s
ewhoa
r
ei
n
f
e
r
i
o
rt
othemi
nr
e
g
a
r
d
Tanol1c
h
i,i
nJ
a
p
a
n
e
s
el
a
n
gl1a
g
e= May we pa
田
away a l
i
t
t
l
e
fwehaveanoccasionf
r
e
efrom work,we s
h
o
1
1
1
d
timevainly? I
t
ot
h
ed
e
g
r
e
eo
fa
t
t
a
i
n
m
e
n
t
sandk
n
o
w
l
e
d
g
e
. Fort
h
ef
o
r
m
e
r,i
ti
s
n
o
tr
i
g
h
tt
od
e
s
p
i
s
eands
c
o
r
nt
h
e
i
rr
i
v
a
l
st
og
e
tb
e
t
t
e
rr
e
p
o
r
t
.
Tl1r
ny
o
u
re
y
e
s
K I
to,i
n]
a
p
a
n
e
s
e,
出 Therea
r
esomemen whop
r
o
t
e
s
ta
g
a
i
n
s
t
andc
o
n
s
i
d
e
rt
h
e
i
radmit
og
r
e
a
tmen o
fa
n
c
i
e
n
tandmodernt
i
m
e
s,
t
h
ed
o
c
t
r
i
n
e
so
fC
h
r
i
s
t
i
a
n
i
t
ya
sc
o
r
r
u
p
to
n
e
s
.1
ti
sag
r
e
a
tm
i
s
t
a
k
e,
OCC
l
1p
yt
h
et
i
m
ei
n doingw
h
a
t
e
v
e
ri
sgood f
o
rl1S
f
o
rt
h
i
sr
e
l
i
g
i
o
ni
sv
e
r
ys
i
m
p
l
e and e
a
s
i
l
y comprehended by any
Uchidawasa
p
p
o
i
n
t
e
d ar
e
g
u
l
a
rs
p
e
a
k
e
r
. Oshima,Yamada,Yana-
h
eb
a
s
i
s on which t
h
er
e
l
i
g
i
o
ns
t
a
n
d
s, i
s
man and m
o
r
e
o
v
e
r, t
gimoto,1
d
e
t
a,
“
l
o
v
e
" T
h
e
r
e
[
o
r
e,i
ti
st
h
eheado
fa
l
lr
e
l
i
g
i
o
n
s
.
nJ
a
p
a
n
e
s
e
N. Yasuda, i
S
a
t
owcree
x
t
e
m
p
o
r
a
r
ys
p
e
a
k
e
r
s
.
n]
a
p
a
n
e
s
e,
ニ1
ti
sc
l
e
a
rt
h
a
tg
r
c
a
tt
h
i
n
g
sc
a
nd
c
v
e
l
o
p
Uchida,i
The p
o
p
u
l
a
rc
o
n
d
u
c
ta
f
f
e
c
t
sv
e
r
y
{rom l
i
t
t
l
et
h
i
n
g
s
. Hence,w
h
a
t
e
v
e
rl
o
o
k
sg
r
e
a
tcomese
s
s
e
n
t
i
a
l
l
y
o
n
s
e
q
u
e
n
t
l
y,am日t
t
e
r
g
r
e
a
t
l
yt
h
ep
r
o
g
r
e
s
so
fac
o
u
n
t
r
yand i
ti
s,c
from i
n
c
o
n
s
i
d
e
r
a
b
l
et
h
i
n
g
s
. Behold,
日 d
r
o
po
fw
a
t
e
r, i
fs
u
c
c
e
e
d
e
d
。
fg
r
e
a
ti
m
p
o
r
tn
c
et
or
e
f
i
n
et
h
ec
o
n
d
u
c
t
so
ft
h
en
a
t
i
o
n
.1
ti
sv
e
r
y
by a s
e
r
i
e
so
fd
r
o
p
sf
o
rc
c
n
t
u
r
i
e
s,c
o
u
l
da
tl
a
s
t form a l
a
r
g
e
s
o
r
r
yt
os
a
yt
h
a
tt
h
emosto
ft
h
eJ
a
p
a
n
e
s
e low p
e
o
p
l
e have t
h
e
i
r
o
c
e
a
n
.
呂
c
o
n
d
u
c
t
sv
e
r
yi
l
l
. Thish
a
so
r
i
g
i
n
a
t
e
di
nt
h
e
i
ri
m
p
e
r
f
e
c
tl
i
v
e
l
i
h
o
o
d
nE
n
g
l
i
s
h,
Oshima,i
Therea
r
esomep
e
r
s
o
n
s who deny t
h
e
o
rp
e
n
u
r
y
. Toremedyt
h
i
s,i
ti
st
h
eb
e
s
tmeanst
opromotea
g
r
i
o
m
n
i
p
r
e
s
e
n
c
eo
f God. The a
b
s
u
r
d
i
t
yo
ft
h
i
sn
o
t
i
o
n i
sc
l
e
a
r
l
y
l
o
t
h
e
s,ando
t
h
e
rn
e
ι
e
s
s
a
n
e
s
.
c
u
l
t
u
r
ewhich g
i
v
e
sthem f
o
o
d,c
s
e
e
ni
n ah
o
u
s
e,t
h
ef
r
a
m
co
fwhichc
a
nn
o
tb
ec
o
n
s
t
r
u
c
t
e
dt
ot
h
e
悶
刑制旧同点機密
乱s
hima, i
n]
a
p
a
n
e
s
e 田If any man a
p
p
l
i
e
sh
i
s mind
S Nak
a
ns
u
r
e
l
ya
c
c
o
m
p
l
i
s
ht
h
ep
u
r
p
o
s
e
s
.
z
e
a
l
o
u
s
l
yt
osomee
n
d
s,hec
n]
a
p
a
n
e
s
e
T Watase, i
Health i
so
n
eo
ft
h
eb
e
n
e
v
o
l
e
n
t
g
i
f
t
so
f Almightyupon mankind. Withh
e
a
l
t
h,wec
a
ns
u
s
t
a
i
no
u
r
b
u
i
l
d
i
n
gu
n
l
e
日 b
yt
h
ehando
fac
a
r
p
e
n
t
e
r
. E
x
a
c
t
l
yt
h
e same i
s
t
r
u
eo
fa
l
ln
a
t
u
r
a
lo
b
j
e
c
t
swhi
c
h haven
o
ty
e
tb
e
e
nb
r
o
u
g
h
tf
o
r
t
h,
w
e
r
et
h
e
r
enot
h
eG
r
e
a
tMaker
Yamada,i
n]
a
p
a
n
e
s
e,= The p
o
v
e
r
t
yo
f]
a
p
a
nt
a
k
e
si
t
so
r
i
gi
n
l
i
f
eo
rdowhateverwep
l
e
a
s
e
. Ther
e
a
s
o
nwhy t
h
e]
a
p
a
n
e
s
ep
e
o
p
l
e
h
巴
fromt
h
ei
m
p
e
r
f
e
c
td
e
v
e
l
o
p
m
e
n
to
ft
h
ep
o
p
u
l
a
r mind. Now, t
iv
el
o
n
g
e
rt
h
a
no
t
h
e
rc
i
v
i
l
i
z
e
dn
a
t
i
o
n
s,
m
o
s
t
l
yc
a
nn
o
ts
u
c
c
e
s
st
o1
b
e
s
tp
l
a
nt
oe
n
r
i
c
ht
h
eEmpire i
st
oc
o
n
v
e
r
tS
h
i
z
o
k
ui
n
t
o{
a
r
m
e
r
s
i
sb
e
c
a
u
s
eo
ft
h
e
i
ri
n
d
i
f
f
e
r
e
n
c
ei
nr
e
g
a
r
dt
ot
h
emodeo
fp
r
e
s
e
r
v
i
n
g
ands
e
n
dthemt
ot
h
ed
i
f
f
e
r
e
n
tp
a
r
t
so
ft
h
e Empiτe where t
h
e
r
e
t
h
e
i
rh
e
a
l
t
h
a
r
es
u
f
f
i
c
i
e
n
tt
r
a
c
t
so
fl
a
n
ds
u
i
t
a
b
l
ef
o
rc
u
l
t
i
v
a
t
i
o
n
仇町甲
Yanagimoto,i
nJ
a
p
a
n
e
s
e
,
Then
e
x
tm
e
e
t
i
n
gwash
e
l
di
nt
h
e1
1
t
h(
)
f Feb.1877 i
n which
出
1
ti
sd
e
s
i
r
a
b
l
ef
o
rt
h
ep
e
o
p
l
eo
f
]
a
p
a
nt
h
a
tt
h
e
ys
h
o
u
l
dg
e
to
u
to
ft
h
e
i
rl
o
n
g
e
s
t
a
b
l
i
s
h
e
di
g
n
o
r
a
n
c
y
.
[
s
i
c
J
'
D
Todot
h
i
s,t
h
e
ymust a
l
w
a
y
sb
et
h
o
u
g
h
t
f
u
lt
oa
t
t
a
i
nknowledge
。、、 which i
st
h
emost i
m
p
o
r
t
a
n
tt
h
i
n
gt
ob
ep
o
s
s
e
s
s
e
dbyman.
havet
h
i
sp
a
s
s
i
o
ni
st
og
i
v
ethem l
i
b
e
r
t
y
.
w
n]
a
p
a
n
e
s
e,
ぉ
1
d
e
t
a,i
M. Yanagimoto
間
i
nEnglish= Theh
a
p
p
i
n
e
s
sandp
r
o
g
r
e
s
so
f
Tomakecommunionwitha
n
o
t
h
e
r,e
v
e
r
y
working with m
a
c
h
i
n
e
s
"
;
ac
o
u
n
t
r
yc
a
nb
epromotede
h
i
e
f
l
yby “
mans
h
o
u
l
da
l
w
a
y
sb
ec
a
r
e
f
u
lt
os
a
yt
r
u
t
h
.1
ti
sag
r
e
a
td
e
f
e
c
tf
o
r
ot
os
a
y,n
o
tt
odomosto
fo
u
rworkswithhanda
st
h
e
t
h
a
ti
s,t
t
h
ecommon]
a
p
a
n
e
s
et
h
a
tt
h
e
y have a s
t
r
o
n
gt
e
n
d
e
n
c
yt
os
p
e
a
k
]
a
p
a
n
e
s
ed
o
.
[
s
i
c
J
f
a
l
s
e
h
o
o
d
. This i
st
h
ec
a
s
eo
fad
y
a
rwho i
no
r
d
e
rt
oa
v
o
i
dt
h
e
K
.1
t
oi
n E
n
g
l
i
s
h,ロ Whenever we do wrong, t
h
e
r
e i
s
r
o
c
r
a
s
t
i
n
a
t
e
s without making any d
e
c
e
n
s
u
r
e
so
fh
i
sc
u
s
t
o
m
e
r, p
somethingt
h
a
tp
i
n
c
h
e
su
sv
e
r
yh
a
r
d
. This i
sc
a
l
l
e
dC
o
n
s
c
i
e
n
c
e
.
c
l
s
l
v
ea
n
s
w
e
r
.
Wemust a
l
w
a
y
sl
i
s
t
e
nt
o and o
b
e
yi
t
;f
o
ri
ti
st
h
ev
o
i
c
eo
f
1
. Sato, i
nE
n
g
l
i
s
h,
Nothing i
st
r
o
u
b
l
e
s
o
m
et
h
a
tc
a
nb
e
d
o
n
ew
i
1
1
i
n
g
l
y
;t
h
a
ti
s,t
os
a
y,t
h
e
r
ec
a
nh
a
r
d
l
yb
eanyworkt
h
a
t
o
u
rkindHeavenlyF
a
t
h
e
r
.
S
. Tanouchi,i
nE
n
g
l
i
s
h
出
Almost a1
l 五ard works can be
twith a
1
1h
i
sw
i
l
l
. Hence
,the
c
a
nn
o
tb
ep
e
r
f
o
r
m
e
d i
fo
n
ed叩'S i
p
e
r
f
o
r
m
e
d by a
c
t
i
n
gh
e
a
r
t
i
l
y
.D
r
. S
a
l
u
t
ed
i
d many r
e
m
a
r
k
a
b
l
e
e
s
e
l
fc
h
e
e
r
f
u
l
l
y
.
i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fa
c
t
i
n
g口n
worksa
l
t
h
o
u
g
h hewasv
e
r
yi
d
l
ewhenhewass
t
u
d
e
n
t
. This was
〔
ワ
〕
F
e
b
.1
8
t
h,1
8
7
7
.
.1
t
o,
N YasudaandM. Yanagimotowerer
e
g
u
l
a
rs
p
e
a
k
e
r
s
.K
S
. Tanouchi,S
. Nakashima,andY. Kuroiwa,weree
x
t
e
m
p
o
r丘r
y
s
p
e
a
k
e
r
s
.
n]
a
p
a
n
e
s
e= Thef
l
o
u
r
i
s
handd
e
c
a
yo
fac
o
u
n
t
r
y
N. Yasuda,i
dependupon t
h
eg
r
e
a
t
e
ro
rl
e
s
sd
e
g
r
e
eo
ft
h
ep
a
t
r
i
o
t
i
s
mo
fi
t
s
r
i
o
t
i
s
m,a
c
c
o
r
d
i
n
gt
omyo
p
i
n
i
o
n,i
st
h
e
p
e
o
p
l
e
. Theo
r
i
g
i
no
fp丘t
v
i
v
i
d
n
e
s
so
ft
h
e populaτmind and t
h
eb
e
s
t means t
ol
e
tthem
s
i
m
p
l
yt
h
er
e
s
u
l
to
fh
i
s having a
p
p
l
i
e
dh
i
s mind t
oh
i
s works
i
sf
r
i
e
n
d
.
a
f
t
e
rhew呂sadmonishedby h
n]
a
p
a
n
e
s
e
S
. Nakashima,i
The p
r
e
s
sh
a
s much t
o do with
ta
s
s
i
s
t
st
h
ed
e
v
e
l
o
p
m
e
n
to
ft
h
ep
o
p
u
l
a
r
t
h
ep
r
o
g
r
e
s
so
fac
o
u
n
t
r
y日si
le
c
t
.T
h
e
r
e
f
o
r
eane
d
i
t
o
ro
[t
h
ep
r
e
s
swhod
e
a
l
swiths
u
c
han
i
n
t
e1
i
m
p
o
r
t
a
n
tt
h
i
n
g,mustb
ean e
d
u
c
且t
e
dman.
n]
a
p
a
n
e
s
e
Y. Kuroiwa, i
出
These a
r
e some men who a
d
o
r
n
t
h
eo
u
t
s
i
d
ei
no
r
d
e
rt
omaket
h
e
m
s
e
l
v
e
sa
p
p
e
a
rs
u
p
e
r
i
o
r
. Such a
o
ri
fi
tb
e
c
o
l
1
1
ep
r
e
v
a
l
e
n
tt
h
r
o
u
g
h
o
u
ta
s
tb
ea
v
o
i
d
e
d,f
h
a
b
i
tl11u
f
o
rt
h
e
ya
r
emenwhohavemoreknowledge t
h
a
nt
h
er
e
s
to
ft
h
e
c
o
u
n
t
r
y,i
twould,a
tl
a
s
t
,bringf
o
r
t
hg
r
e
a
ti
n
j
u
r
yt
ot
h
ec
o
u
n
t
r
y,
p
e
o
p
l
e, 1
ti
sam
a
t
t
e
ro
fg
r
e
a
td
o
u
b
tt
h
a
t1
1
1
0
s
ts
t
u
d
e
n
t
sa
r
ed
e
s
p
i
s
e
d
Feb,2
5
t
h,1
8
7
7,
byo
t
h
e
r
s, Why,t
h
i
si
sp
r
o
b
a
b
l
ydue t
ot
h
ebadc
o
n
d
u
c
t
so
ft
h
e
S,Tanouchi,1
,Sato,andS,I
d
e
t
awerer
e
g
u
l
a
rs
p
e
a
k
e
r
s, K
x
t
e
m
p
o
τ
a
r
ys
p
e
a
k
c
r
s,S,NaOno,S,OnoandK,Uchidaweree
k且shima
f
o
r
m
e
r,
K
. Uchida,
Ther
e
a
s
o
n whyap
e
r
s
o
no
fg
r
e
a
ta
b
i
l
i
t
yi
sg
c
n
e
r
a
l
l
yo
fl
i
v
e
l
y
c
h
a
r
a
c
t
e
randh
e
a
l
t
h
y,i
sb
e
c
a
u
s
ehe h
a
sg
r
e
a
tc
a
r
eo
fh
i
s body,
C
r
i
t
i
c
ss
u
r
et
op
e
r
f
e
c
tany o
b
j
e
c
t which he
By p
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e,aman i
Moreover,aman o
fg
r
e
a
tl
a
b
o
ri
st
h
emano
fh
e
a
l
t
hf
o
rt
h
er
e
a
s
o
n
h
a
sa
i
r
n
e
da
t, I
n
d
e
e
d,t
h
e
r
ec
o
u
l
dh
a
r
d
l
yb
e any work t
h
a
tc
a
n
t
h
a
th
el
e
t
sh
i
sbodys
e
ti
na
c
t
i
o
nc
o
n
t
i
n
u
a
l
l
yanda
tt
h
esamet
i
m
e,
e
e
n
n
o
tb
ep
e
r
f
o
r
m
e
d by a
c
t
i
n
g with p
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e, There have b
h
a
sg
r
e
a
tc
a
r
eo
fi
t, Hencet
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fp
r
e
s
e
r
v
i
n
gh
e
a
l
t
h,
撤回侃制緩密
T Ono
n
s
t
a
n
c
e
sshowing t
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
ft
h
i
sp
a
s
s
i
o
n,
m呂nyi
S
. Tanouchi
Every man s
h
o
u
l
da
c
te
x
a
c
t
l
y what he s
a
y
s, But u
n
f
o
r
t
u
n
a
t
e
-
a
nb
ed
e
s
t
r
o
y
e
dr
e
a
d
i
l
y, This
Thingst
h
a
tc
a
nb
er
n
a
d
ee
a
s
i
l
y,c
h
e
r
ei
sag
r
e
a
td
e
a
lo
fp
e
r
s
o
n
swhoa
r
el
i
a
b
l
et
ov
i
o
l
a
t
et
h
i
s
I
y,t
n
s
t
a
n
c
e
,ahouse that i
sc
o
n
s
t
r
u
c
t
e
do
f
i
st
r
u
ei
na
l
lc
a
s
e
s, For i
r
u
l巴
, I
ftheya
r
en
o
tc
a
u
t
i
o
l
1st
odoa
c
c
o
r
d
i
n
gt
ot
h
i
sr
u
l
e,t
h
e
ya
r
e
a
nn
o
tw
i
t
h
s
t
a
n
dt
h
ea
c
t
i
o
no
fs
t
o
r
m
st
h
a
n one made l1p
wood,c
l
1e
n
t
l
yc
a
nn
o
t
s
u
r
et
ol
o
s
et
h
ef
a
v
o
ro
ft
h
e
i
rn
e
i
g
h
b
o
r
sandc
o
n
s
e
q
froms
t
r
o
n
g
e
rm
a
t
e
r
i
a
l
s,
L S
a
t
o
keepon with them i
n company.
S
.1
d
e
t
a
,a
si
ti
st
h
e Law o
f Nature
S
l
e
e
p
i
n
gi
sn
e
c
e
s
s
a
r
yf
o
ra
n
i
m
a
l
s
8
7
7
.
Mar, 3d,1
t
h
a
tt
h
e
yr
e
q
u
i
r
er
e
s
ta
f
t
e
rt
h
e
i
rt
o
i
l, Altho
l
1g
hs
l
e
e
p
i
n
gi
si
n
d
i
s
-
t
o,y,Kl1r
o
i
w
a,andS,Nakashimawerea
p
p
o
i
n
t
e
ds
p
e
a
k
e
r
s
.
K,1
p
e
n
s
a
b
l
et
othem,i
ti
sa
tt
h
esamet
i
m
ec
o
n
t
r
a
r
yt
ot
h
eLawand
y,Yamada,T,Watase,M, Yanagimoto and N, Yasl1da were
h
os
l
e
e
pe
x
c
e
s
s
i
v
e
l
y,
n
o
th
e
a
l
t
h
yf
o
rthem,t
品川市W
l
1d
e
n
t
shavemuch t
odowitht
h
ee
n
l
i
g
h
t
m
e
n
to
f丘
St
K Ono
C叩
n
t
r
y
;
e
x
t
e
m
p
o
r
a
r
ys
p
e
a
k
e
r
s,
Y
Kl1r
o
i
w
ai
n English= A g
r
e
a
ti
m
p
o
r
t
a
n
tf
a
c
tf
O
t a man
崎
。、、
t
oberemembered i
st
oa
c
twith 丘 s
i
n
g
l
ea
i
m
. Many i
l
l
u
s
t
r
i
o
u
s
e
x
e
r
t
sh
i
m
s
e
l
fv
e
r
yh
a
r
d
. Hencet
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fa
c
t
i
n
gi
n
d
u
s
t
r
i
p
e
r
s
o
n
a
g
e
s,s
u
c
ha
sColumbus,Napoleon,&c. had a
c
c
o
m
p
l
i
s
h
e
d
o
u
s
l
y
.
姻
N
t
h
e
i
re
x
t
r
a
o
r
d
i
n
a
r
yd
c
e
d
sbys
i
m
p
l
yc
a
r
r
y
i
n
gont
h
e
i
rs
i
n
g
l
eo
b
j
e
c
t
.
N. Yasuda,-The f
a
c
tt
h
a
tt
h
e
r
ea
r
et
h
i
n
g
st
h
a
tc
a
nb
e&
I
ti
so
f no a
v
a
i
lf
o
r any
ss
i
m
p
l
yc
l
u
et
ot
h
en
a
t
u
r
a
lf
i
t
n
e
s
sandunt
h
a
tc
a
nn
o
tb
ec
l
o
n
e,i
n
a
t
i
o
nt
oa
t
t
e
m
p
tt
oi
n
t
r
o
d
u
c
et
h
ep
o
l
i
c
y,c
u
s
t
o
m
s,&c. o
fo
t
h
e
r
f
i
t
n
e
s
so
fo
n
e
'
sa
b
i
l
i
t
y
.N
e
v
e
r
t
h
l
e
s
s,t
h
e
r
ea
r
eworkst
h
a
ta
r
eaccom-
r
ec
o
n
s
i
d
e
r
e
dt
ob
eb
e
t
t
e
rt
h
a
ni
t
s
e
l
f,without
c
o
u
n
t
r
i
e
s,whicha
p
l
i
s
h
e
dwithe
a
s
ea
n
c
lt
h
o
s
et
h
a
ta
r
ed
i
f
f
i
c
u
l
tt
ob
ed
o
n
e
.
n]
a
p
a
n
e
s
e,
S Nakashima, i
m
e
d
i
t
a
t
i
n
gwhethert
h
e
s
em
a
t
t
e
r
sa
r
ew
e
l
lf
i
t
t
e
dt
oi
t
s
e
l
fo
rn
o
t
.
K
.1
t
o
The p
r
o
c
l
u
c
t
so
fH
o
k
k
a
i
c
l
oa
r
ej
u
s
tl
i
k
et
h
et
r
e
a
-
os
t
r
e
n
g
t
h
e
no
re
n
l
i
g
h
t
e
n ac
o
u
n
t
r
y, i
ti
st
h
ef
i
r
s
t
T
h
e
r
e
[
o
r
e,t
n
c
lwe,t
h
es
t
u
c
l
e
n
t
so
fS
a
p
. Ag.
s
u
r
e
sl
o
c
k
e
c
lup i
na s
t
r
o
n
gbox,a
i
m
p
o
r
t
旦n
ts
t
e
pt
oc
o
n
t
e
m
p
l
a
t
et
h
ec
i
r
c
u
m
s
t
a
n
c
e
so
ft
h
et
i
m
eb
u
tn
o
t
r
et
h
ek
e
yt
oopeni
t
. So,1e
a
r
n
e
s
t
l
yhopet
h
a
twes
h
o
u
l
c
l
C
o
l
l
e
g
e,a
t
ob
ee
a
g
e
ri
ni
m
i
t
a
t
i
n
gi
t
ss
u
p
e
r
i
o
rn
e
i
g
h
b
o
r
s
.
becomeav
e
r
ys
t
o
uta
nda
c
c
u
r
at
ek
e
y
.
To do c
h
a
r
i
t
yt
oo
t
h
e
r
s
,i
sn
o
t
8
7
7
.
March 1
0
t
h,1
o
n
l
y呂 田 町 c
eo
fg
e
n
e
r
a
lf
a
v
o
r
s
h
i
pb
u
ti
na
c
c
o
r
d
a
n
c
ew
i
t
ht
h
ecom-
K
. Ono,T. Ono,M. Oshima,S Uchicla,Y. Yamacla,and
旦
Y. Yamad
i
nE
n
g
l
i
s
h
出
、
h
i
sa
c
ti
smuchr
e
g
a
r
d
e
dbyC
h
r
i
s
t
i
a
n
s
mandmentso
fo
u
rL
o
r
d
.1
M. Yanagimoto,
There i
s乱 v
e
r
yd
i
s
g
u
s
t
f
u
l,c
o
n
t
e
m
p
t
i
b
l
e
c
o
n
d
u
c
ti
n
t
owhich mostp
c
r
s
o
n
se
v
c
ni
n
t
e
l
l
i
g
e
n
to
n
e
ss
o
m
e
t
i
m
e
s,
r
el
i
a
b
l
et
of
a
l
l
. This i
sn
o
t
h
i
n
gb
u
tl
e
w
d
n
e
s
s
,which would a
t
旦
l
a
s
tb
r
i
n
gt
h
cman i
n
t
o am
i
s
町a
b
l
es
t
a
t
e
. Thisoughtt
ob
ea
vo
i
d
e
c
l
ア
a
sp
o
s
s
i
b
l
c
.
T. Watase
There c
a
nb
e no man who d
o
e
sn
o
tw
i
s
ht
o
世 間i
o
nu
n
l
e
s
s he
e
n
j
o
yp
l
e
a
s
u
r
e
. Thisc
a
nn
o
t come i
n
t
oh
i
sp
o
s
T
. Watasewere clebators on the subject that “
R
e
l
i
g
i
o
n may b
e
c
o
n
s
i
s
t
e
n
twithr
a
t
i
o
n
a
l】sm
S T
a
n
o
u
c
h
i
.C
r
i
t
i
c
Y. Kuroiwa
Thec
l
e
b
a
t
o
r
swere i
n harmony i
nt
h
e
i
ro
p
i
n
i
o
n
sa
n
c
lt
h
cp
r
i
n
c
i
p
l
e
。
ft
h
e
i
rargumentswasa
sf
o
l
l
o
w
s:
“Thep
r
o
s
p
e
r
i
t
ya
n
c
la
c
l
v
e
r
s
i
t
y
。
fac
o
u
n
t
r
yc
l
e
p
e
n
c
l upon t
h
ec
o
n
c
l
u
c
to
fi
t
sp
e
o
p
l
e
;t
h
eb
e
t
t
e
r
u
c
t, t
h
e morc t
h
ec
o
u
n
t
r
yc
l
e
v
e
l
o
p
s
. Now t
h
eo
n
l
y
t
h
e
i
rc
o
n仁l
meanso
fmaki
時 t
hem
i
sf
O
¥
ln
c
li
nr
e
l
i
g
i
o
n
.I
ti
sa
l
s
oc
l
e
u
r
t
h
a
tt
h
eg
r
e
a
t
e
rknowledget
h
e
yc
a
na
t
t
a
i
n,t
h
emoret
h
e
ybecome
n
e
a
rOsiu a
tt
h
ep
u
b
l
i
ce
x
p
e
n
s
eandemployed a
sf
a
r
m
e
r
s
. Now,
e
l
i
g
i
o
n
a
c
q
u
a
i
n
t
e
dw
i
t
ht
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fr
e
l
i
g
i
o
n
. Moreover, r
t
h
eb
e
s
tmeanst
og
e
tmoneyf
o
rt
h
e
i
re
x
p
e
n
s
ei
st
ol
e
t Kuazoku
e
x
p
l
a
i
n
st
h
er
e
l
a
t
i
o
ne
x
i
s
t
i
n
gb
e
t
w
e
e
nb
o
d
i
l
yands
p
i
r
i
t
u
a
lr
e
a
l
i
t
i
e
s
.
吋 money
d
e
p
o
s
i
tt
h
e
i
rs
u
p
e
r
f
l
u
o
u
smoneyt
ob
a
n
k
s
. Thust
h
er
e司Ulr
h
o
u
l
db
emorei
m
p
r
e
s
s
e
dbyt
h
em
y
s
t
e
r
i
o
u
sandg
r
a
n
d
e
s
t
Hence,wes
c
a
nb
ea
c
q
u
i
r
e
d throught
h
eb
a
n
k
.
M. Yanagimoto.
work o
f an I
n
f
i
n
i
t
eMind i
np
r
o
p
o
r
t
i
o
na
s we a
t
t
a
i
nk
n
o
w
l
e
d
g
e
.
1
ti
s only from t
h
eh
e
a
r
t
ya
c
t
i
o
no
f a man t
h
a
t he c
a
n
Thusi
ti
ss
a
f
et
oc
o
n
c
l
u
d
et
h
a
tr
e
l
i
g
i
o
nc
a
nmakei
t
sp
r
o
g
r
e
s
swith
a
c
c
o
m
p
l
i
s
h what he d
e
s
i
r
e
s
.T
h
e
r
e
f
o
r
ei
ti
so
fno a
v
o
i
df
o
rt
h
e
s
c
i
e
n
c
e
."
i
m
p
l
yt
or
e
s
o
r
tt
ot
h
emeanso
ft
r
a
n
s
p
r
o
s
p
e
r
i
t
yo
ft
h
i
sI
s
l
a
n
d,s
1
. Sato
s Mr. Yanagimoto s
a
i
d
.
f
e
r
r
i
n
gt
h
o
s
e low-minded p
o
o
r men,a
“
Nameand Conduct"
-税問侃ギ繕密
1
. Sato.
S
. Tanouchi 口Co
venant
.
Mar. 1
6
t
h,1
8
7
7
.
S
.I
d
e
t
a and N. YasudawereEnglish s
p
e
a
k
e
r
s
.
Theq
u
e
s
t
i
o
nwasd
e
c
i
d
e
dbym
a
j
o
r
i
t
yi
nf
a
v
o
ro
fMr.S
a
t
o
'
sv
i
e
w
.
Top
r
e
v
e
n
tt
h
e impoverishmento
f]
a
p
a
n from t
h
eg
e
t
t
i
n
go
u
t
. Sato,M. Yanagimoto were debators and the
S
. Tanouchi,1
h
e
r
ei
snodoubtt
h
a
tt
h
emostr
e
l
i
a
b
l
emeansi
st
o
o
fh
e
rmoney,t
s
u
b
j
e
c
t was t
h
i
s
: “
1
ti
so
f
g
r
e
a
tc
o
n
s
e
q
u
e
n
c
ef
o
r Hokkaido t
o
promotea
g
r
i
c
u
l
t
u
r
ewhichg
r
e
a
t
l
ya
s
s
i
s
t
st
h
edevelopmento
fw
e
a
l
t
h
i
m
m
i
g
r
a
t
et
h
ec
h
i
l
d
r
e
no
fp
o
o
rf
a
m
i
l
i
e
sfrom t
h
en
o
r
t
h
e
r
np
a
r
t
so
f
i
nac
o
u
n
t
r
y
. We now b
e
i
n
gf
o
r
t
u
n
a
t
e
l
yt
h
es
t
u
d
e
n
t
so
f an
Nippon t
ot
h
i
sI
s
l
a
n
dand employ them a
f
t
e
rn
o
u
r
i
s
h
i
n
ga
tt
h
e
A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
lC
o
l
l
e
g
e,s
h
o
u
l
ds
t
r
i
v
eh
e
r
e
a
f
t
e
rt
omaket
h
e Empire
o
rt
h
ep
u
r
p
o
s
et
h
a
tt
h
ep
r
o
d
u
c
t
so
ft
h
eI
sland
p
u
b
l
i
ce
x
p
e
n
s
e,f
c
t
i
n
ga
sf
a
r
m
e
r
s
.
wealthy,a
s
h
o
u
l
db
ei
n
c
r
e
a
s
e
d
.
"
S
.1
d
e
t
a
.
e
b
a
t
et
o
o
l
王 p
l
a
c
eupon t
h
es
u
b
j
e
c
tt
h
a
t
Att
h
e1
a
s
tmeeting,ad
The i
n
c
r
e
a
s
eo
fp
o
p
u
l
a
t
i
o
ni
n ac
o
u
n
t
r
yh
a
sag
r
e
a
tc
o
n
c
e
r
n
t
whetherr
e
l
i
g
i
o
nmayb
ei
nharmonywiths
c
i
e
n
c
eo
rn
o
t,and i
,
e
i
n
gn
a
t
u
r
a
l
l
yr
i
c
hi
nf
e
r
t
i
l
es
o
i
l
s
t
so
p
u
l
e
n
c
e
. Hokkaido b
、
。、toi
h
e
r
ec
a
nb
enoo
b
j
e
c
t
i
o
n
wasf
i
n
a
l
l
yd
e
c
i
d
e
dt
h
a
ti
tmay. I
n
d
e
e
d,t
N
福〉
wouldbecomew
e
a
l
t
h
yi
fp
o
o
rp
e
r
s
o
n
ss
h
o
u
l
db
ec
a
l
l
e
df
o
r from
t
ot
h
i
sd
e
c
i
s
i
o
n
.
N. Yasuda.
。寸甲
March
1
8
7
7
.
Englishs
p
e
a
k
e
r
s S
. Nakashima,& T
. Ono.
.1
t
o
,Y. Kuroiwa & M. Oshima. The subject
D
e
b
a
t
o
r
s 1
巴c
u
t
et
h
ef
ol
¥owing law,-Whenac
h
i
l
d
w
a
s
:I
si
tw
i
s
et
oe
x
ti
scompel
¥edbylawt
ogot
os
c
h
o
ol
.I
fthe
r
e
a
c
h
e
sc
e
r
t
a
i
na
g
e,i
t
h
em証nn
巴ro
fe
d
u
c
a
t
i
o
n,whichf
a
c
tc
a
nb
e done by i
n
t
r
o
d
u
c
i
n
g
t
h
i
slawt
ot
h
eEmpire."
。
i
f
f
e
r
e
n
tn
a
t
i
o
n
shaved
i
f
f
e
r
e
n
tc
u
s
t
o
m
s
.
M. Yanagimoto.
Thea
d
v
a
n
t
a
g
eo
fi
m
m
i
g
r
a
t
i
n
gp
o
o
rp
e
o
p
l
e from t
h
eN
o
r
t
h
e
r
n
Nippont
oHokkaido.
T
. Watase.
p
a
r
e
n
t
sdon
o
tal
¥owt
h
ec
h
i
l
dt
ogot
h
e
r
e,t
h
e
ys
h
o
u
l
db
eo
b
l
i
g
e
d
d
a
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s-Y. Yamada,& K. Uぬ i
t
opayc
e
r
t
a
i
n sumo
fmoneyt
ot
h
eg
o
v
e
r
n
m
e
n
t
.
. Wata田 & K
.
Extemporary s
p
e
a
k
e
r
s - M. Yanagimoto, T
D
e
b
a
t
o
r
s K
. Ono,T. Ono,す. Watase & M. Oshima. The
s
u
b
j
e
c
tw
a
s
:“
The]
a
p
a
n
e
s
emodeo
fm
a
r
r
i
a
g
em呂yb
er
e
f
o
r
m
e
d
..
.
U
c
h
i
d
a
.
Extemporary s
p
e
a
k
e
r
s - N. Yasuda,S
. ぺr
a
n
o
u
c
h
i, & S
.
C
r
i
t
i
c- 1
. Sato.
. K. Uchida-e
x
c
u
s
e
.
T
. Onowasa
b
s
e
nt
Thea
b
s
u
r
d
i
t
yo
fr
e
b
e
l
l
i
o
n
.
1
8
7
7
.
I
d
e
t
a
S
. Nakashima.
.I
t
owasi
na
c
c
o
r
d
a
n
c
e with t
h
a
to
f Y.
Theo
p
i
n
i
o
no
f1
C
r
i
t
i
c
s-1
.1
t
o
.
Y. Yam
且d
a a
b
s
e
n
t
.
Kuroiwa & t
h
c
i
rargumentsw
e
r
eb
a
s
e
d on t
h
i
sp
r
i
n
c
i
p
l
e
:“
This
As i
ti
sn
e
c
e
s
s
a
r
yf
o
rp
o
o
rment
oa
c
td
i
l
i
g
e
n
t
l
y,i
no
r
d
e
rt
o
i
n
c
ei
tmightl
l
l
J
u
r
et
h
el
i
b
e
r
t
yo
f
laws
h
o
u
l
dn
o
tb
ee
x
e
c
u
t
e
d,s
s
u
p
p
l
yt
h
e
i
rw
a
n
t
s,t
h
e
yc
a
na
c
c
o
l
1
1p
l
i
s
hg
e
n
e
r
a¥
ly d
i
f
f
i
c
u
l
tworks
i
n
d
i
v
i
d
u
a
l
s
.
"b
u
tt
h
eviewo
fOshimawase
n
t
i
r
e
l
yd
i
f
f
e
r
e
n
tf
r
o
l
1
1
w
h
i
l
ei
ti
ss
e
l
d
o
l
1
1t
h
a
tr
i
c
hmenwhoc
a
nhavee
v
e
r
yt
h
i
n
gn
e
c
e
s
s
a
r
y
t
h
e
i
r
'
s
. Thep
r
i
n
c
i
p
l
eo
fh
i
so
p
i
n
i
o
nw
a
s
:“
1
ti
sam
a
t
t
e
ro
fg
r
e
a
t
f
o
rh
i
sn
e
e
dw
i
t
h
o
u
tanye
x
e
r
t
i
o
n,s
t
r
i
v
et
odot
h
es
a
m
e
.
e
'sc
h
a
r
a
c
t
e
rwhich
i
m
p
o
r
t
a
n
c
et
oamendt
h
emeannesso
ft
h
eJ
a
p
a
n
e
s
may h
a
v
eo
r
i
g
i
n
a
t
e
d from t
h
ei
m
p
e
r
f
e
c
t development o
ft
h
e
i
r
h
e
r
ei
sn
o
t
h
i
n
gb
e
t
t
e
rt
h
a
nt
oi
m
p
r
o
v
e
k
n
o
w
l
e
d
g
e
. Todot
h
i
s,t
K
. Uchida.
The d
e
b
a
t
o
r
sw
e
r
e al
¥i
nf
a
v
o
ro
ft
h
es
u
b
j
e
c
t, & t
h
et
h
r
e
e
p
r
i
n
c
i
p
a
la
r
t
i
c
l
e
sc
a
nb
ed
e
r
i
v
e
do
u
to
ft
h
e
i
ra
r
g
u
m
e
n
t
s
:1
s
t
. Bト
t
r
o
t
h
m
e
n
ts
h
o
u
l
db
eo
u
to
fp
r
a
c
t
i
c
e
. 2n
d
. Thea
c
to
fd
i
v
o
r
c
i
n
g
s
h
o
u
l
db
ec
e
a
s
e
d
. 3r
d
. Thea
g
ei
nwhichm
a
r
r
i
a
g
emayb
ee
H
e
c
t
e
d
mustb
el
i
m
i
t
e
d
R
e
l
i
g
i
o
ni
st
h
emost i
n
d
i
s
p
e
n
s
a
b
l
e means f
0
1
" t
h
ep
r
o
m
o
t
i
o
no
f
e
t
y
.
SO
Cl
M. Y
a
n
a
g
i
m
o
t
o
.
The i
n
j
u
r
yo
fe
x
c
e
s
s
i
v
es
l
e
e
p
.
Every man s
h
o
u
l
dt
r
e
a
th
i
sf
r
i
e
n
d
sw
i
t
hk
i
n
d
n
e
s
s, w
i
t
h
o
u
t
t
a
k
i
n
gi
n
t
oa
c
c
o
u
n
tt
h
e
i
rbadc
o
n
d
u
c
t
s
.
N Yasuda
τ
obecome thoroughly acquainted with the English language,
we s
h
o
u
l
ds
p
e
a
ki
ta
l
w
a
y
s
.
S
.T
a
n
o
u
c
h
i
.
Everyman i
sendowedwithac
e
r
t
a
i
nd
e
g
r
e
eo
ff
a
c
u
l
t
y beyond
Y. K
u
r
o
i
w
a
.
K
. Ono.
SeH
…p
r
a
i
s
ei
st
h
es
o
u
r
c
eo
fd
e
s
t
r
u
c
t
i
o
n
.
r
i
n
c
i
p
l
e
s
Thed
e
b
a
t
o
r
sw
e
r
eunanimous i
nt
h
e
i
ro
p
i
n
i
o
n
s
. The p
o
ft
h
e
i
r arguments were a
sf
o
l
l
o
w
s
: As a c
o
l
l
e
c
t
i
o
no
fp
e
o
p
l
e
h
e
ymustb
ea
l
l
o
w
e
dt
op
a
r
t
a
k
et
h
emanagemakesupac
o
u
n
t
r
y,t
mento
ft
h
ep
u
b
l
i
ca
f
f
a
i
r
so
ft
h
es
t
a
t
e
.
whichhec
a
nbynomeansa
c
ts
u
c
c
e
s
s
i
v
e
l
y
.I
fhe attempt t
oa
c
t
議旧制対縫問山
h
a
l
ls
u
r
e
l
yf
a
i
li
nanye
n
t
e
r
p
r
i
s
e
.
beyond h
i
sendowment,hes
S
.I
d
e
t
a
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s-J
.K
.I
t
o
,Y. KuroiwaandM. Oshima.
a
t
a
s
eand I
.S
a
t
o
.
Extemporarys
p
e
a
k
e
r
s T. 羽T
D
e
b
a
t
o
r
s- K
. Ono,T. OnoandS
. Nakashim
旦. T
he s
u
b
j
e
c
t
I
. Sato,S
. Tanouchi,and M. Yanagimoto-E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s
.
May l
i
b
e
r
t
yb
eboughtby t
h
es
h
e
d
d
i
n
go
fb
l
o
o
d?
Y. KuroiwaandK. Ono-e
x
t
e
m
p
o
r
a
r
ys
p
e
a
k
e
r
s
.
The i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
ft
h
ee
x
i
s
t
e
n
c
eo
fs
o
c
i
e
t
i
e
si
nacount
r
y
.
S
.I
d
e
t
a,Y. Yamada and N. Yasuda
J
.K
.I
t
o
.
u
b
j
e
c
t
d
e
b
a
t
o
r
s
. The s
一
“
I
ti
sn
e
c
c
e
s
s
a
r
ynow i
n]
a
p
a
nt
oo
r
g
a
n
i
z
ean
a
t
i
o
n
a
lc
o
n
g
r
e
s
s
.
"
Ac
o
u
n
t
r
ymayn
o
tbecomew
e
a
l
t
h
ys
i
m
p
l
y from t
h
e abundance
Thei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fgoods
t
a
r
t
.
M. Oshima.
o
fi
t
sn
a
t
u
r
a
lr
e
s
o
u
r
c
e
sb
u
tfromt
h
ei
n
d
u
s
t
r
yo
fi
t
sp
e
o
p
l
e
.
Mマ
L唱
1
.S
a
t
o
.
P
o
l
i
t
e
n
e
s
smayo
b
t
a
i
nh
a
p
p
i
n
e
s
s
.
S
.T
a
n
o
u
c
h
i
.
Y. K
u
r
o
i
w
a
.
Ap
a
r
t
i
c
u
l
a
ra
t
t
e
n
t
i
o
nmustb
ep
a
i
df
o
rgoode
n
d
.
且n
.
Gentlem
l
o
t
h
i
n
gand l
i
v
i
n
g
.
E
a
t
i
n
g,c
I
.S
a
t
o
.
T. W
a
t
a
s
e
.
寸唱
MW
Thed
e
b
a
t
o
r
sw
e
r
ea
1
1i
nf
a
v
o
ro
ft
h
es
u
b
j
e
c
t
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s K
. Ono,T
. Watase,K
. Uchida and Y.
A
c
t
i
o
nw
i
t
h
o
u
tname.
N. Yasuda.
Ac
o
u
n
t
r
yi
st
h
er
e
f
l
e
c
t
i
o
no
fi
t
sp
e
o
p
l
e
.
Y. Yamada.
J
.K
.1
t
o
.
A
l
m
i
g
h
t
i
n
e
s
so
fGod.
L
i
t
t
l
et
h
i
n
g
sc
a
nn
o
tb
ed
i
s
d
a
i
n
e
d
.
Yamad
乱.
S
.1
d
e
t
a
.
D
e
b
a
t
o
r
s - M. Oshima, T
. Ono and S
. Nakashima. The
T
. Watase and M. Yanagimoto w
e
r
ei
n one opmlon b
u
t1
.
s
u
b
j
e
c
t-L
i
b
e
r
a
lr
e
l
i
g
i
o
nmayb
ea
d
m
i
t
t
e
da
tt
h
ep
r
e
s
e
n
tt
i
m
ei
n
S
a
t
o
'
sv
i
e
wwase
n
t
i
r
e
l
yd
i
f
f
e
r
e
n
t
. Hei
n
s
i
s
t
e
dont
h
ed
i
s
a
d
v
a
n
t
a
g
e
]
a
p
a
n
.
o
fd
i
v
i
d
i
n
gt
h
ec
e
n
t
r
a
lpower,s
乱y
i
n
gt
h
a
ti
ft
h
i
spowers
h
o
u
l
db
e
AmbitionandS
e
l
f
c
o
n
t
r
o
.
1
K
. Ono.
d
i
v
i
d
e
d,t
h
ep
e
o
p
l
eo
ft
h
es
t
a
t
己 w
ouldg
r
a
d
u
a
l
l
yi
s
o
l
a
t
efromt
h
e
Thee
x
i
s
t
e
n
c
eo
foneGod.
T
.W
a
t
a
s
e
.
c
e
n
t
r
a
l government
. Butt
h
eo
t
h
e
rd
e
b
a
t
o
r
sa
s
s
e
r
t
e
dt
h
eo
t
h
e
rs
i
d
e
R
e
l
i
g
i
o
ni
st
h
eg
u
i
d
eo
fo
u
rf
u
t
u
r
el
i
f
e
.
K
. Uchid乱
o
ft
h
eq
u
e
s
t
i
o
n
. Atl
e
n
g
t
hd
e
c
i
s
i
o
nwasm呂d
ebym
a
j
o
r
i
t
yi
nf
a
v
o
r
Everymans
h
o
u
l
da
c
ta
c
c
o
r
d
i
n
gt
oh
i
sownw
i
1
1
. Y
. Yamada.
o
f1
.S
a
t
o
'
so
p
i
n
i
o
n
.
Thed
e
b
a
t
o
r
sa
1
1a
g
r
e
e
dw
i
t
ht
h
es
u
b
j
e
c
t
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
陪a
k
e
r
s-1
.K
.I
t
o,K
. OnoandT. Ono.
. Uchida,S
. Tanouchi,andN. Y
a
s
u
d
a
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s K
]
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
r Y. K
u
r
o
i
w
a
.
D
e
b
a
t
o
r
s- 1
. Sato,T. Watase,andM. Yanagimoto.
D
e
b
a
t
o
r
s-S
.1
d
e
t
a,M. OshimaandN. Nakashima.
]
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
r-Y
. Yamada.
Extemporarys
p
e
a
k
e
r
s- 1
. Sato,& S
.T
a
n
o
u
c
h
i
.
.K
.I
t
oandS
.I
d
e
t
a
.
Extemporarys
p
e
a
k
e
r
s J
C
r
i
t
i
c K
. Uchida.
百n
t
r
y
.
Thes
u
b
j
e
c
t-Thed
i
v
i
s
i
o
no
ft
h
ec
e
n
t
r
a
lpowero
fac
o
Thes
u
b
j
e
c
to
fd
e
b
a
t
e-Dutyon i
m
p
o
r
t
sf
o
rt
h
ep
r
o
t
e
c
t
i
o
no
f
Thei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fa
m
b
i
t
i
o
n
.
P
r
o
m
p
t
n
e
s
s
.
K
. Uchida.
S
.T
a
n
o
u
c
h
i
.
n
a
t
i
o
n
a
li
n
d
u
s
t
r
y
.
T
. Ono-a
b
s
e
n
t
.
R
i
s
i
n
ge
a
r
l
yi
st
h
ef
i
r
s
ts
t
e
po
fi
n
d
u
s
t
r
y
.
J
.1
t
o
.
P
a
s
s
i
o
n andS
e
l
f
c
o
n
t
r
o.
l
Ther
e
l
a
t
i
o
no
ft
h
ea
i
rt
ot
h
eh
e
a
l
t
ho
fman.
N
a
t
u
r
a
lp
r
o
v
i
s
i
o
n
s
.
A man t
口D much i
na
n
x
i
e
t
yi
sn
o
tf
o
r
t
u
n
a
t
e
.
K
. Ono
N. Nakashima.
Y.Kuroiwa.
1
. Sato-The existence o
fp
a
r
t
i
e
si
n ac
o
u
n
t
r
y may b
et
h
e
1
. Sato.
o
r
i
g
i
no
fi
t
sd
i
s
o
r
d
e
r, s
i
n
c
ee
a
c
hp
a
r
t
yi
n
s
i
s
t
i
n
g on i
t
s own
四 t
h
3
th
a
sb町 n madebyC
r
e
a
t
o
r
.
Nothing i
su
s
e
l
e
o
m
e
t
i
m
e
sc
o
n
t
e
n
dwitht
h
eo
t
h
e
r
.T
. 羽T
a
t
a
s
eandY.
o
p
i
n
i
o
nm旦ys
S
.T
冶n
o
u
c
h
i
.
Yanagimoto- I
ti
sad
i
f
f
i
c
u
l
tm
a
t
t
e
rt
od
e
c
i
d
ew
h
e
t
h
e
rt
h
eo
c
c
u
r
-
S
. 1
d
e
t
a, and S
. Nakashima t
o
o
kp
o
s
i
t
i
v
es
i
d
ew
h
i
l
e M.
b
e
c
a
u
s
e
r
e
n
c
eo
fp
a
r
t
i
e
si
n ac
o
u
n
t
r
y may t
e
n
dt
oi
t
sb
e
n
i
f
i
to
rn
o
t,
Oshima,n
e
g
a
t
i
v
e
. Bym
a
j
o
r
i
t
y,t
h
ep
o
s
i
t
i
v
es
i
d
ewasv
i
c
t
o
r
i
o
u
s
.
wec
a
nf
i
n
di
nt
h
eh
i
s
t
o
r
yo
ft
h
eworldt
h
a
tsome c
o
u
n
t
r
i
e
s may
.
haveb
e
e
np
r
o
s
p
e
r
o
u
sfromt
h
ee
x
i
s
t
e
n
c
eo
fp
a
r
t
i
e
swhileo
t
h
e
r
s,not
税問侃以制緩密
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s-S
. Tanouchi,andK
. Uchida.
E
n
g
l
i
s
h-J
.K
.I
t
o
,Y. Kuroiwa,S
. Nakashimaand K
.Ono.
]
a
p
a
n
出 es
p
e
a
k
e
r-Y. Yamada.
Extemporarys
p
c
a
k
e
r
s
n
dS
. Nal
王a
s
h
i
m
a
.
M. Oshima & a
D
e
b
a
t
o
r
s- 1
. Sato, T
. Watase and M. Yanagimoto. The
s
u
b
j
e
c
t-Thee
x
i
s
t
e
n
c
eo
fc
o
n
f
e
d
e
r
a
t
e
si
n ac
o
u
n
t
r
y
.
1、heimportanceo
fa
g
r
i
c
u
l
t
u
r
e
.
S
. Tanouchi
K
. Uchida.
Y. Yamada.
同寸唱
Education i
st
h
ef
i
r
s
t means o
fl
e
a
d
i
n
gp
e
o
p
l
et
o
w
a
r
d
sc
i
v
i
l
i
z
a
t
i
o
n
.
.Y
a
s
u
d
a
.
C
r
i
t
i
c 乱1
S
u
b
j
e
c
t
G
r
e
a
t improvementsmade i
n]
a
p
a
nwithina[
e
wy
e
a
r
s
.
Time i
sp
r
e
c
i
o
u
s
.
D
e
b
a
t
o
r
s-S
.1
d
e
t
a andM. Oshima.
M. Oshima.
“
Fr
e
eP
r
e
s
s
.
"
Thep
r
i
n
c
i
p
a
lo
b
j
e
c
to
fl
i
v
i
n
gi
st
op
r
e
p
a
r
ef
o
raf
u
t
u
r
eg
l
o
r
i
o
u
s
l
i
f
e
.
Ourduty a
sC
i
t
i
z
e
n
.
L
i
t
t
l
et
h
i
n
g
scann
o
tb
ed
e
s
p
i
s
e
d
.
1
.K
.I
t
o
.
K
. Ono.
Y. Kuroiwa.
F
r
e
ep
r
e
s
smayn
o
ta
l
w
a
y
sb
egood f
o
rs
o
c
i
e
t
y
. -S
.I
d
e
t
a
. But
n
s
i
s
t
i
n
g on t
h
ei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
f
M. Oshima d
e
n
i
e
dh
i
so
p
i
n
i
o
n, i
寸寸唱
M. Oshima.
“
FraP
r
e
s
s
.
"
K. Ono-Viewo
fS
u
r
u
g
a
.
English-KUchida,T
.Watase,Y.Yamad乱 andM.Yanagimoto.
De
b
a
t
o
r
sw
e
r
ea
l
li
nf
a
v
o
ro
ft
h
es
u
b
j
e
c
t
.
D
e
b
a
t
o
r
s- 1
. Sato, S
. Tanouchi and N. Y
a
s
u
d
a
. 5ubjectD
i
v
i
s
i
o
no
fL
a
b
o
r
.
]
a
p
a
n
e
s
e-M. Y
a
n
a
g
i
m
o
t
o
.
M. Oshima C
r
i
t
i
c
.
E
n
g
l
i
a
h- I
. Sato,K Uchida,T. WataseandY. Yamada.
K Uchida-P
r
e
s
e
n
c
eo
fA
l
m
i
g
h
t
y
.
S
.I
d
e
t
a-C
r
i
t
i
c
.
a
t
a
s
e-Thinkd
e
e
p
l
y &doj
u
s
t
l
y
.
T
. 羽T
D
e
b
a
t
o
r
s-N. Yasuda,S
.T
a
n
o
u
c
h
i
.S
u
b
j
e
c
t-P
a
p
e
rc
u
r
r
e
n
c
y
.
Y. Yamada - The w
e
a
l
t
ho
fac
o
u
n
t
r
yd
e
p
e
n
d
s upon t
h
e
M. Yanagimoto-H
e
a
t
h
e
n
i
s
m
.
I
. 5ato-R
e
b
e
l
l
i
o
no
fSatsum
旦.
i
n
d
u
s
t
r
yo
fi
t
sp
e
o
p
l
e
.
I
. Sato,S
. Tanouchi andN. Yasuda w
e
r
ei
no
n
eo
p
i
n
i
o
n&
t
h
ep
r
i
n
c
i
p
l
eo
ft
h
e
i
ra
r
g
u
m
e
n
t
sw
a
s
: Hewhoa
t
t
e
m
p
t
st
odomuch
a
ton
巴 t
i
m
ei
sonewhoc
a
nn
o
tp
e
r
f
o
r
me
v
己nb
u
tonet
h
i
n
g
.
K Uchida
E
a
r
t
h
q
u
a
k
e and v
o
l
c
a
n
i
ca
c
t
i
o
n
sr
e
l
a
t
ec
l
o
s
e
l
y
t
oe
a
c
ho
t
h
e
r
.
T. Watase-Thei
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
Y. Yamada. -P
h
y
s
i
c
a
lE
x
e
r
c
i
s
e
.
E
n
g
l
i
s
h
S
.I
d
e
t
a,Y. Kuroiwa,M. OshimaandK Ono.
1
. K I
t
o
,S
. Nakashim
昌 &T
. Ono - D
e
b
a
t
o
r
s
. S
u
b
j
e
c
t
T
. Ono-s
i
c
k
.
Them
i
l
d
e
rt
h
ec
l
i
m
a
t
e
,t
h
emoret
h
ep
e
o
p
l
ed
e
v
e
l
o
p
.
P
a
p
e
rmoneys
h
o
u
l
db
eu
s
e
c
lf
o
r
c
o
n
v
e
n
i
e
n
c
e
.
S
e
pt
. 9t
h1
8
7
7
.
o
r
eu
s
e
f
u
lt
h
a
nl
a
wi
nOurC
o
u
n
t
r
y
.
-S
c
i
e
n
c
e 目 立l
Advantagesr
e
s
u
l
t
i
n
gfromD
i
v
i
s
i
o
no
fL
a
b
o
r
.
N. YasudaandS
. Tano
吐c
h
i
S
.I
d
e
t
a
.
1
. Sato,M. Oshima,S
. Nakashima & S
.I
d
e
t
aw
e
r
er
e
g
u
l
a
r,
andK I
t
o& T
. Watase
,extemporarys
p
e
a
k
e
r
s
.
T
. Ono,M. YamadaandN. Yasudaw
e
r
ea
b
s
e
nt
.
S
. 1
d
e
t
a, i
n]
a
p
a
n
e
s
e
出
The i
n
t
r
o
d
u
c
t
i
o
no
fC
h
r
i
s
t
i
a
n
i
t
yi
n
Fromt
h
i
sm配 t
i
n
g,Y. 1
w
a
s
a
k
i,K
. Miyabe,and 1
. Ota have
]
a
p
a
n
.
S
. Nakashima,i
nE
n
g
l
i
s
h
M. Oshima,i
nE
n
g
l
i
s
h
1
. Sato,i
nE
n
g
l
i
s
h
P
a
t
i
e
n
c
eandE
n
e
r
g
y
.
P
l
e
a
s
u
r
e
.
C
r
i
t
i
c
i
s
m
.
S
e
p
t
.1
6
t
h,1
8
7
7
.
E
d
u
c
a
t
i
o
no
fWoman.
NakashimaandYanagimoto,e
x
t
e
m
p
o
r
a
r
y,s
p
e
a
k
e
r
s
.
.
N. Yasudawasa
b
s
e
nt
Y. Kuroiwa
K
. Ono
Tanouchi
O
c
t
.1
s
t,1
8
7
7
.
M. Yanagimotowasad
e
c
l
a
m
a
t
o
ri
n]
a
p
a
n
e
s
el
a
n
g
u
a
g
e
.
J
.K
.1
t
o and 1
. Sato were d
e
b
a
t
o
r
s on t
h
es
u
b
j
e
c
tt
h
a
t“
1
s
a
sc
r
i
t
i
c
.
、
Y. Yamada
T
e
m
p
e
r
a
n
c
e
.
Y. ぬ
K
ω
ふ
也
1
u
l
r
o
i
N. Yasudawas]
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
randK. Uchida was a
p
p
o
i
n
t
e
d
v
s
u
f
f
e
r
i
n
gi
ns
i
c
k
n
e
s
s
.
T
. 羽T
a
t
a
s
e
機
。、
i
nE
n
g
l
i
s
hl
a
n
g
u
a
g
e
. M. Oshimawasc
r
i
t
i
c
.
K. Uchidawase
x
c
u
s
e
d from s
p
e
a
k
i
n
g on a
c
c
o
u
n
to
fh
i
sl
o
n
g
S
. Tanouchi was a
p
p
o
i
n
t
e
da
sC
r
i
t
i
c and s
a
i
dn
o
t
h
i
n
ga
b
o
u
t
需
緩
草
思
S
e
pt
. 24th,1
8
7
7
.
K
. Uchida,T. Watase,andY. Yamadawereappointeds
p
e
a
k
e
r
s
1
n
d
u
s
t
r
y
.
,i
n]
a
p
a
n
e
s
e
S
. Watase
becomememberso
fK
a
i
s
h
i
k阻 h
a
.
Thepowero
fs
p
e
a
k
i
n
g
.
K
.1
t
o
,i
n]
a
p
a
n
e
s
巴謂 T
hee
x
i
s
t
e
n
c
eo
foneGod.
語
K
. Uchidac
r
i
t
i
c
i
s
e
dn
o
t
h
i
n
g
.
S
e
l
e
c
t
i
o
nfroma
u
t
h
o
r
i
t
i
e
s
.
出
Nos
u
c
c
e
s
sw
i
t
h
o
u
td
i
f
f
i
c
u
l
t
y
.
p
y
.
Whosoeverb
e
l
i
e
v
e
si
nGodi
sh呂p
S
. Nakashima
出
Moneyi
st
h
eo
r
i
g
i
no
fd
i
s
s
e
n
s
i
o
n
.
l
a
b
o
rab
l
e
s
s
i
n
go
rac
u
r
s
e?
"
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
sw
e
r
eS
.1
d
e
t
a,S
. NakashimaandM. Oshima.
C
r
i
t
i
c
T
.W
a
t
a
s
e
.
C
o
n
s
c
i
e
n
c
e
田
S
.I
d
e
t
awasa
b
s
e
n
t
.
M. Y
a
n
a
g
i
m
o
t
o
.
Argumentss
h
o
u
l
db
ee
x
p
r
e
s
s
e
ds
h
a
r
p
l
y
.
S
.N
a
k
a
s
h
i
m
a
.
寸
M. Yanagimoto
C
o
n
t
e
n
t
m
e
n
t
.
Heavenp
r
o
t
e
c
t
st
h
o
s
ewhoh
e
l
pt
h
e
m
s
e
l
v
e
s
.
M. Oshima.
。、
The a
r
g
u
m
e
n
t
so
ft
h
ed
e
b
a
t
o
r
sw
e
r
ej
u
s
ti
na
c
c
o
r
d and t
h
e
i
r
J p
r
i
n
c
i
p
l
ew
a
s
:“
Ther
e
s
u
l
to
ft
o
i
li
sp
r
o
f
i
t・
"Thes
u
b
j
e
c
twasd
e
c
i
d
e
d
bym
a
j
o
r
i
t
yandt
h
ed
e
c
i
s
i
o
nwasi
nf
a
v
o
ro
ft
h
ed
e
b
a
t
o
r
s
.
T
. Watase
Thep
r
o
c
e
s
so
fd
e
b
a
t
i
n
gs
h
o
u
l
db
ea
m
e
n
d
e
c
l
. He
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s K
. Uchida,T. Watase,& Y
. Yamada, &
M. Yanagimoto-J
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
r
.C
r
i
t
i
c S
. Nalωshima.
K
. Uchida,一“ H
a
b
i
t
s
."
T
. Watase“P
a
t
e
n
t
."
c
o
n
s
i
c
l
e
r
e
c
li
tb
e
s
tt
od
i
v
i
d
et
h
ec
l
e
b
a
t
i
n
g members i
n
t
op
o
s
i
t
i
v
e
Thinkingf
o
n
c
l
l
yo
fo
n
e
'
sn
a
t
i
v
ep
l
a
c
e
.
"
Y. Yamada- “
andn
e
g
a
t
i
v
ep
a
r
t
i
c
s
.
M. Yanagimoto - The h
a
p
p
i
e
s
t a man who e
n
j
o
y
st
h
e most
. Uchi江1¥1r
a,K. Machimura,K. Muraoka,
Att
h
i
sm
e
e
t
i
n
g,K
E
.I
t
o,K
. Nishimura,T. Takagi,M. Adachi,T. Minami,H.
b
l
e
s
s
i
n
g
so
fGod.
Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
S
a
l
四 ma
,1
.H
i
r
o
i, K
. Fujita, S
. Suwa, K
. Menjiu, and K
.
M. A
c
l
a
c
h
i,I
. Hiroi,E. I
t
o
. Y. Kuroiwa-巳ng1
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s
.
I
t
oh
a
v
ee
n
t
e
r
e
dt
h
eS
o
c
i
e
t
y
.
Oct
. 6th,1
8
7
7
.
. Ota,K
. Miyabe,a
n
c
lK
. Ono wer巴 s
p
e
a
k
e
r
s
S
. Tanouchi,I
i
nE
n
g
l
i
s
hl
a
n
g
u
a
g
e
.
N. Iw
呂s
a
k
iwas J
a
p
a
n
e
s
ec
l
e
c
l
a
m
a
t
o
r
.C
r
i
t
i
c
O
c
t
.2
0
t
h1
8
7
7
.
K
. Machimura,T
. Minami
J
a
p
a
n
e
s
es
p
e
込町s
. C
r
i
t
i
c - M.
Yanagimoto.
M. A
c
l
a
c
h
i-E
d
u
c
a
t
i
o
n
.
出
I
c
l
e
t
a
.
K
. Onowase
x
c
u
s
e
d
.
I
. Hiroi-F
r
i
e
n
c
l
s
h
i
p
.
E
.I
t
o-A
v
a
r
i
c
e
.
S
. Tanouchi-R巴v
o
l
to
fS
p
a
r
t
a
c
u
s
.
Y. Kuroiwa-E
x
c
u
s
e
.
I
. Ota-ReligionandSuperstition.
K
. Machimura - An agreement o
f p
e
r
s
o
n
s i
n mind and
K
. Miyabe-AppetiteandP
a
s
s
i
o
n
.
s
t
r
e
n
g
t
hi
st
h
eb
a
s
i
so
ft
h
巴 e
n
l
i
g
h
t
m
e
n
to
fan
a
t
i
o
n
.
N. I
w
a
s
a
k
i-TheI
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fP
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e
.
T
. Minami-Pen i
sg
e
n
e
r
a
l
l
ym
i
g
h
t
i
e
rt
h
a
n sword!
O
c
t
.1
3
t
h1
8
7
7
.
Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
O
c
t
.2
8
t
h1
8
7
7
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s K
. Uchimura,T. Takagi,S
. Suwa,& N.
A man i
ss
a
i
dt
ob
ep
e
r
f
e
c
t who p
o
s
s
e
s
s
e
se
q
u
a
l
l
yp
a
s
s
i
o
n,
p
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e& p
a
t
r
i
o
t
i
cm
i
n
d
.
Covenant-1
. K. I
t
o
.
S込mma.
出1
e
s
es
p
e
a
k
e
r-K. Nishim
山 a
.(
S
. Suwa & K
. Nishimura
J
a
p
Thosewhob
e
l
i
e
v
ei
ni
m
a
g
e
smayb
ec
a
l
l
e
dt
h
et
r
u
eb
e
l
i
e
v
e
r
s
p
p
o
r
t
u
n
i
t
yb
u
t
G
r
e
a
tr
e
s
u
l
t
sc
a
nn
o
t come from a
c
c
i
d
e
n
t& o
N
e
c
e
s
s
i
t
yo
[Keepingp
e
a
c
eamongt
h
ei
n
d
i
v
i
d
u
a
l
si
nac
o
u
n
t
r
y
.
K
. Uchimura.
K
.I
t
o
.
fromh
a
r
dl
a
b
o
r
s
.
. Takagi.
Useo
fMoney. -K
D
i
s
t
i
n
c
t
i
o
nb
e
t
w
e
e
nmananda
n
i
m
a
l
s
.
The i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
ff
r
i
e
n
d
s
h
i
p
.
N. Sakuma.
磯問問料緩回出
. Menjiu.
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-M. Oshima & K
Y. Kuroiwawhod
i
dn
o
ts
p
e
a
k,& S
. Suwawho was a
b
s
e
n
t,
m巴etmg.
N
e
g
a
t
i
v
e-S
. Nakashima & T. Minami
Revenge-Y. K
u
r
o
i
w
a
.
Thes
u
b
j
e
c
t-P
a
t
r
i
o
t
i
cmind i
st
h
eb
a
s
i
so
fn
a
t
i
o
n
lp
r
o
s
p
e
r
i
t
y
.
Human I
if
ei
ss
h
o
r
t& a
r
ti
sl
o
n
g
.
Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
3
6
t
hS
e
s
s
i
o
n
C
r
i
t
i
c
i
s
m-To s
p
e
a
kl
o
u
d
l
yi
sd
e
s
i
r
a
b
l
e
.
O
c
t
.
1
8
7
7
.
世 田 -K
. Miyabe,K
. Ono,1
. Ota,1
. S
a
t
o&
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
l
K
. Fujita, S
. I
d
e
t
a,K
. I
t
o, & N.
M. Yanagimoto.
J
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
r-T. Watase.
I
w
a
s
a
k
i
.
寸
C
r
i
t
i
c-Machimura.
Nov.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
1
8
7
7
J
a
p
a
n
e
s
es
p
e
a
k
e
r
s-K
. Muraoka,& J
.I
t
o
.
E
n
g
l
i
s
hs
p
e
a
k
e
r
s
N. I
w
a
s
a
k
i
.
i
nt
h
ep
r
e
v
i
o
u
sm
e
e
t
i
n
g
s, committed t
h
e
i
rd
e
c
l
a
m
a
t
i
o
n
sa
tt
h
i
s
D
e
b
a
t
e
.
C
r
i
t
i
c- 1
. Sato.
uコ
K
. Fuj出 .
i
nGod.
w
e
r
ea
b
s
e
nt
.)
r
.
.
.
K. M
u
r
a
o
k
a
.
S
.I
d
e
t
a
s
i
c
k
.
C
r
i
t
i
c M
. Adachi.
. Hiroi,E
.I
t
oandK
. Machimura.
English-M. Adachi,1
∞寸唱
E
x
e
r
c
i
s
e
s
K
. Miyabe-H四 l
t
h
.
]
a
p
a
n
e
s
e-S
. Tanouchi,S
. Uchida.
K
.Ono-Physicale
x
e
r
c
i
s
ei
n
c
r
e
a
s
e
st
h
es
t
r
e
n
g
t
ho
ft
h
eb
o
d
y
.
C
r
i
t
i
c Oshima.
1
. Ota-Pledgeshouldnotbev
i
o
l
a
t
e
d
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
1
. Sato-Goodbeginningandgoode
n
d
.
1
. Hiroi
The i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fs
t
r
e
n
g
t
h
e
n
i
n
gb
o
t
hb
r
a
i
n and
丘1p
o
w
d
e
r
.
p
h
y
s
i
c
〕
(
p
o
w
e
rヵ
E
.I
to-Amusement.
M. Yanagimoto-Labori
sb
l
e
s
s
i
n
g
.
M. Adachi-n
o
n
e
.
T. i
九
T
a
t
a
s
e-The i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fs
e
l
f
r
e
l
i
a
n
c
ef
o
rt
h
ec
i
v
il
i
z
f
ト K .Machimura-Nationalp
r
o
s
p
e
r
i
t
yd
e
p
e
n
d
supon i
n
d
u
s
t
r
y
.
t
i
o
no
fan
a
t
i
o
n
.
S
. Tano
日c
hi-P
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
e
.
S
.I
d
e
t
awhowasa
b
s
e
n
t,t
h
el
a
s
tmeeting-Wari
n
e
v
i
t
a
b
l
e
.
Appointment
K
. Uchida-Timei
sp
r
e
c
i
o
u
s
.
M. Oshima-n
o
n
e
.
E
n
g
l
i
s
h-K
. Fujita,J
.I
to,K
. Muraoka.
Appointment
English-K
. Uchida,S
. Tanouchi andT. W
a
t
a
s
e
.
.I
t
oandK
. Miyabe.
]
a
p
a
n
e
s
e-K
]
a
p
a
n
e
s
e
Debate
S
u
b
j
e
c
t-O
p
p
r
e
s
s
i
o
ni
st
h
eb
e
s
tp
o
l
i
c
yf
o
rd
e
v
e
l
o
p
i
n
gt
h
e
,S
. Suwa and M. YanaY. Kuroiwa, K. Ono
g
i
m
o
t
o
.
M. Adachi-s
i
c
k
.
c
h
a
r
a
c
t
e
ro
fp
e
o
p
l
e
.
Negative
1
. Satoand1
. Ota.
38thS
e
s
s
i
o
n
w
a
s
a
k
i
.
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-S
.I
d
e
t
a,andN. I
37thS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
sandC
r
i
t
i
c
e
c
.1
8
7
7
.
2ndD
S
p
e
a
k
e
r
sandC
r
i
t
i
c
2
4
t
hNov. 1
8
7
7
.
E
n
g
l
i
s
h
Oshima.
(
s
i
c
J
K
. Menjiu, T. Minami, M. Oshima and S
.
]
a
p
a
n
e
s
e
Y. Yamada,K
.Uchimura,N. Sakuma, and T.
. SatoandI
. Ota.
N
e
g
a
t
i
v
e-I
T
a
k
a
g
i
.
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-S
.I
d
e
t
a,N. I
w
a
s
a
k
i
.
C
r
i
t
i
c K
. Muraoka.
E
x
c
e
r
s
i
s
e
s
S
u
b
j
e
c
t- O
p
p
r
e
s
s
i
o
ni
st
h
eb
e
s
tp
o
l
i
c
yf
o
rd
e
v
e
l
o
p
i
n
gt
h
e
K.Menjiu-Thea
d
v
a
n
t
a
g
eo
fi
m
p
a
r
t
i
n
gk
n
o
w
l
e
d
g
e
.
T. Minami
思
設
c
h
a
r
a
c
t
e
ro
fp
e
o
pl
e
.
H
o
n
e
s
t
y
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
M. Oshima-B
e
l
i
e
v
ei
nGodanda
c
c
e
p
th
i
sd
o
c
t
r
i
n
e
s
.
K
. Fujita-Fr
田 s
c
h
o
ol
.
S
. トl
a
k
a
s
h
i
m
a Theo
p
p
r
e
s
s
i
o
no
fG
r
e
e
c
e
.
1
.K
.I
t
o-Theg
r
i
e
fo
fi
r
o
n
.
Y. Yamada-Thei
n
j
u
r
yo
fo
v
e
r
s
t
u
d
y
.
K
. Muraoka-Dutieso
fwoman.
K
. Uchimura- Theindependenceo
f ac
o
u
n
t
r
yi
sb
a
s
e
d upon
K. Miyabe-Angeri
st
h
es
o
u
r
c
eo
fm
i
s
e
r
y
.
T hdmsimoft
h
ed
e
b
a
t
ewasmadeby m
a
j
o
r
i
t
yi
nf
a
v
o
ro
f
stheb
o
l
d
n
e
s
so
fi
t
sp
e
o
p
l
e
護
D
e
b
a
t
e
N. Sakuma-H
e
a
l
t
h
.
t
h
ea
f
f
i
r
m
山 es
地
T. Takagi-Mena
r
eboma
l
i
k
e
.
4
0
t
hS
e
s
s
i
o
n
M. Adachi-Theu
n
c
l
l
l
t
i
v
a
t
e
dmindmayb
ei
n
f
l
u
e
n
c
e
dby t
h
e
S
p
e
a
k
e
r
sandC
r
i
t
i
c
. Uchida,S
. Tanouchi,andT
. 羽Ta
t
a
s
e
.
E
n
g
l
i
s
h-K
e
x
a
m
p
l
e
so
fo
t
h
e
rmen.
]
a
p
a
n
e
s
e - Y. Kuroiwa,K. Ono,S
. Suwa and Y. Yana-
K. MlIr
a
o
k
a n
o
n
e
.
3
9
t
hS
e
s
s
i
o
n
8
t
hD
e
c
.1
8
7
7
.
S
p
e
a
k
e
r
sandC
r
i
t
i
c
血寸唱
English-K
. Fujita,1
.K
.1
t
o,andK
. Muraoka.
]
a
p
a
n
e
肥 -K
.I
t
o,andK
. Miyabe. C
r
i
t
i
c-N. Y
a
s
u
d
a
.
g
i
m
o
t
o
.
.I
¥
:
.I
t
o
.
C
r
i
t
i
c-J
E
x
e
r
c
i
s
e
s
K
. Uchida-A nationt
ob
ep
r
o
s
p
e
r
o
u
s must h
a
v
ei
n
t
e
l
l
i
g
e
n
t
。
$
&i
n
d
u
s
t
r
i
o
u
sp
e
o
p
l
e
.
i
n
d
u
s
t
r
y
.
T
. Watase C
u
l
t
i
v
a
t
i
o
no
fMind.
42ndS
e
s
s
i
o
n
Y. Kuroiwa- "Beh
e
a
l
t
h
yanddow
e
l
ly
o
u
rd
u
t
y
.
"
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
K
. Ono-Patriotismi
st
h
eb
a
s
i
so
fn
a
t
i
o
n
a
li
n
d
e
p
e
n
d
e
n
c
e
.
E
n
g
l
i
s
h-Sakuma,
Ono
,& Ota.
S
. Suwa-M
e
a
n
n
e
s
s
.
]
a
p
a
n
e
s
e-S
.S
a
t
o
,1
. Sato & Suwa.
Y. Yanagimoto- Be
n
e
v
o
l
e
n
c
e
.
C
r
i
t
i
c-Muraoka.
K
.1
t
o-Allmenhaveb
o
t
hgoodandbadn
a
t
u
r
e
s
.
1
.K
.1
t
o Speaki
ngoodp
o
s
t
u
r
e
.
4
1
s
tS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s& C
r
i
t
i
c
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Sakuma 一
釘
f
e
町r
s
却O
nノ誤カ]
[
T
.
J
e
f
p
h
e
r
s
o
n
.
Ono-1
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fl
i
t
t
l
et
h
i
n
g
s
.
e
n
j
i
u
.
E
n
g
l
i
s
h Kuroiwa,Machimura,M
Ota-Mount
呂i
no
fKnowl
e
d
g
e
.
t
a
.
J
a
p
a
n
e
s
e Arakawa,Adachi,Fuji
S
.S
a
t
o-B呂l
a
n
c
eo
fPowe
r
.
C
r
i
t
i
c
1
. Sato-1mportanceo
f]
a
p
.S
p
i
r
i
t
.
W
a
t
a
s
e
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
(
F
e
b
.9
.'
7
8
)
Suwa-1
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
f]
a
p
.S
p
i
r
i
ta
st
oi
n
t
e
r
c
o
u
r
s
et
of
o
r
e
i
g
n
e
r
s
.
註 -T
o
t
a
la
b
s
t
i
n
e
n
c
ef
r
o
mi
n
t
o
x
i
c
a
t
i
n
gD
r
i
n
k
s
.
Kuroiw
4
3
r
dS
e
s
s
i
o
n
a
t
ho
fC
a
e
s
a
r
."
Machimura- "
B
r
u
t
u
sont
h
eDe
F
e
b
.1
6
t
h'
7
8
.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
Menjiu-Loveo
ft
h
ec
o
u
n
t
r
y
.
E
n
g
l
i
s
h-E
.1
t
o
.
o
u
t]
a
p
a
n
e
s
eP
o
l
y
g
a
m
i
e
s
.
F
u
j
i
t
a-1
n
q
u
i
r
i
e
s丘b
D
e
b
a
t
e
;1
n
t
e
l
l
e
g
e
n
c
ei
smorei
m
p
o
r
t
a
n
t thank
n
o
w
l
e
d
g
e
.
Adachi
R
i
c
h
n
e
s
si
nmind i
sp
r
e
f
e
r
a
b
l
et
oa
c
t
u
a
lw
e
a
l
t
h
.
Arakawa - Wanting i
np
e
r
s
e
v
e
r
i
e
n
c
eb
r
i
n
g
sl
e
s
sd
e
g
r
e
e o
f
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-Nagai,Uchi日
.
mr
a
.
N
e
g
a
t
i
v
e Muraoka,Miyabe.
Eng1
ish-Uchicla,Kuroiwa,& I
. Sato.
C
r
i
t
i
c-K
u
r
o
i
w
a
.
4
4
t
hS
e
s
s
i
o
n
F
e
b
.2
3
t
h1
8
7
8
.
S
p
e
a
k
e
r
s& C
r
i
t
i
c
E
n
g
l
i
s
h
.S
a
t
o,Arakawa
]
a
p
a
n
e
s
e-Tanouchi,S
C
r
i
t
i
c-Uchimura.
a
k
a
g
i
.
I
c
l
e
t
a,Yamada,& T
E
x
e
r
c
i
s
e
s
]
a
p
a
n
e
s
e-H
i
r
o
i,1
.I
t
o
,& Iwasaki.
1r
i
n
k
sdomoreharmt
h
a
nt
oc
10 anyg
o
o
c
l
.
U
c
h
i
c
l
a I
n
t
o
x
i
c
a
t
i
n
gc
1
.S
a
t
o-F
r
u
g
a
l
i
t
y,a
se
s
s
e
n
t
i
a
lq
u
a
l
i
t
yf
o
rn
a
t
i
o
n
s
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
I
d
e
t
a- "
T
r
u
eAmbition."
Kuroiw
旦… N
ame & r
e
a
l
i
t
ymustgot
o
g
e
t
h
e
r
.
Takagi-G
r
e
a
te
v
e
n
t
sa
l
w
a
y
sr
e
s
u
l
tf
r
o
m minute t
h
i
n
g
s
.
S
.S
a
t
o-C
u
l
t
i
v
a
t
i
o
no
fv
i
g
o
rb
o
t
hm
e
n
t
a
l
l
ya
n
c
lp
h
y
s
i
c
a
l
l
y
.
J
.I
t
o-I
n
v
e
n
t
i
o
n
smightb
ee
f
f
e
c
t
e
c
l by t
h
e
s
eq
u
a
l
i
t
i
e
s
Arakawa-I
n
d
e
p
e
n
d
e
n
c
ea
sab
a
s
i
so
fc
i
v
i
l
i
z
a
t
i
o
n
.
出蝋出川以制緩問山
e
r
s
e
v
e
r
a
n
c
ea
n
c
lc
l
o
s
eo
b
s
e
r
v
a
t
i
o
n
.
I
n
c
l
u
s
t
r
y,p
Tanouchi
Bot
ht
h
e
o
r
y& p
r
a
c
t
i
c
e
.
H
i
r
o
i-P
e
o
p
l
ewhoa
r
ed
e
s
t
i
t
u
t
eo
ft
h
eLoveo
fC
o
u
n
t
r
y
.
4
5
t
hS
e
s
s
i
o
n
4
7
t
hS
e
s
s
i
o
n
March 1
6
t
h1
8
7
8
.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
March 2n
c
l1
8
7
8
.
Eng1
ish-Fujita,Suwa & Aclachi.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
E
n
g
. Yamada-Speecho
faPicomuckI
n
c
l
i
a
n
.
]
a
p
a
n
e
s
e-Ota,Sakuma & Menj註.
Debate Nott
oa
l
l
o
wF
o
r
e
i
g
n
e
r
st
ot
r
a
v
e
lt
h
r
o
u
g
ht
h
eI
n
l
a
n
d
.
C
r
i
t
i
c-S
.S
a
t
o
.
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-Watase & K
.I
t
o
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
N
e
g
a
t
i
v
e-Minami & Yanagimoto.
Sakuma-A
f
f
e
c
t
i
o
n
.
1
e
f
i
c
i
e
n
c
ywit
ht
h
ee
x
c
e
l
l
e
n
c
eo
fo
t
h
e
r
s
.
Ota-Tos
u
p
p
l
yo
u
rc
C
r
i
t
i
c- 1
.S
a
t
o
.
4
6
t
hS
e
s
s
i
o
n
March 9t
h'
7
8
.
i
s
a
c
l
v
a
n
t
a
g
e
so
fp
a
p
e
rmoney.
Menj己 -D
m
uコ
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
s one o
fy
o
u
rg
r
e
a
t
n good h
e
a
l
t
h, a
A
c
l
a
c
h
i -“K田 p you i
Takagi-I
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fw
o
r
k
i
n
g
.
Nm甲
d
u
t
i
e
s
."
F
u
j
i
t
a-
5
0
t
hS
e
s
s
i
o
n
4
8
t
hS
e
s
s
i
o
n
A
p
r
i
l 6t
h1
8
7
8
.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
March2
3
r
d1
8
7
8
.
is
h-I
w
a
s
a
k
i& ]
a
p
a
n
e
s
e-Watase
,Yanagimoto& Miyabe.
Eng1
E
n
g
l
i
s
h-Uchimura.
C
r
i
t
i
c-Minami.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
E
x
e
r
c
i
s
e
s
r
o
g
r
e
s
so
ft
h
en
a
t
i
o
n
.
Uchimura-R
i
s
e& P
旦c
yi
st
h
eb
e
s
tp
o
l
i
c
yf
o
ro
u
rc
o
u
n
t
r
y
m
e
n
.
D
e
b
a
t
e-O
b
s
t
i
n
〔記載なし〕
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e Machimura & E
.I
t
o
.
d
e
t
a
.
N
e
g
a
t
i
v
e-Ono,& I
FourthTerm
. Ono.
R
e
c
o
r
d
e
dbyK
C
r
i
t
i
c Tanowuchi.
4
9
t
hS
e
s
s
i
o
n
March3
0
t
h1
8
7
8
.
r
i
t
i
c
S
p
e
a
k
e
r
s& C
h
et
h
r
e
e
Accordingt
ot
h
enewlya
d
d
e
da
r
t
i
c
l
eo
ft
h
eS
o
c
i
e
t
y,t
o
f
f
i
c
e
r
s,P
r
e
s
i
d
e
n
tOshima,V
i
c
e
p
r
e
s
i
d
e
n
tI
w
a
s
a
k
i and S
c
c
r
e
t
a
r
y
E
n
g
l
i
s
h-Adachi,J
.K
.I
to,andH
i
r
o
i
.
Nakashima,w
e
r
er
e
t
i
r
e
dfrom t
h
e
i
rs
e
r
v
i
c
e
s on t
h
e Apri
1 6t
h,
]
a
p
a
n
e
s
e-Takagi,Muraoka.
t
h
el
a
s
tr
e
g
u
l
a
rm
e
e
t
i
n
go
fh
a
l
ft
h
eC
o
l
l
e
g
et
e
r
m, and f
o
rt
h
i
s
C
r
i
t
i
c-Menju.
t
e
r
m, 乱1
e
s
s
r
s
. Watase and Kuroiwa e
l
e
c
t
e
d, r
e
s
p
c
c
t
i
v
e
l
y f
o
r
E
x
e
r
c
i
s
e
s
P
r
e
s
i
d
e
n
tandV
i
c
e
p
r
e
s
i
d
e
n
t
.
Adachi-Valueo
fTime.
5
1
s
tS
e
s
s
i
o
n
1
.K
.I
t
o-A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
ea
so
n
l
yt
h
eb
a
s
i
so
fn
a
t
i
o
n
a
lw
e
a
l
t
h
.
S
p
e
a
k
e
r
s
ot
h
eC
h
r
i
s
t
i
a
n
.
H
i
r
o
i … Advicet
E
n
g
l
i
s
h-Nagaiand Suwa.
Muraoka-Anxietya
b
o
u
tn
a
t
i
o
n
a
lw
e
l
f
a
r
e
.
]
a
p
a
n
e
s
e-Yamada.
A
p
r
i
l1
3
t
h1
8
7
8
.
Naga.
i
Deb
呂t
e
r
s
A
r
a
k
a
¥
¥
叫 ν
l
e
n
j
u,1
. andS
.S
a
t
o
s
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
K
.1
t
o “
S
e
a
."
C
r
i
t
i
c
T
a
n
o
u
c
h
i
.
Sakuma Envyand1
t
sE
f
f
e
c
t
s
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Uchida C
r
u
e
l
t
yt
oA
n
i
m
a
l
s
.
Nagai-D悦 st
h
ef
l
o
w
e
rb
l
o
s
S
0
1
1
1w
i
t
h
o
u
tas
t
c
m?
}有一雑?誠一I防長l~ ノ緊要
Suwa
藤田一同心力ハ史ヲ研窮スノレニ山ル
“
A
d
d
r
e
s
st
oa]
u
r
y
.
"
i
J
<
<
心
改
法
山田一皇国汲民安 1
S
u
b
j
e
c
to
fd
e
b
a
t
e
町内一土地ノ元質ヲ以テ造化妙工ノ一端ブ見ノレニ足ノレ
.
"
“
Loveo
fmoncy i
st
h
er
o
o
to
fe
v
il
Noc
r
i
t
i
s
m
.
議出同点綴窓
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e- 1
. SatoandMenju.
5
3
r
dS
e
s
s
i
o
n
N
e
g
a
t
i
v
e-ArakawaandS
.S
a
t
o
.
S
p
e
a
k
e
r
s
A
p
r
i
l27th 1
8
7
8
.
E
n
g
l
i
s
h-I
d
e
t
a,Kuroiwa,andMuraoka.
G
e
n
e
r
a
lD
e
b
a
t
e
r
s-OshimaandI
w
a
s
a
k
i
.
Yeas-1
5
.
]
a
p
a
n
e
s
e-E
.1
t
oandUchimura.
Nays-1
3
.
C
r
i
t
i
c
S
.S
a
t
o
.
-Noc
r
i
t
i
s
m
.
52ndS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s
E
x
e
r
c
i
s
e
s
A
p
r
i
l20th'
7
8
.
I
d
e
t
a-TheI
m
p
o
r
t
a
n
c
巴 o
fT
r
a
n
s
p
o
r
t
a
t
i
o
nF
a
c
i
l
i
t
yi
nH
o
k
k
a
i
d
o
.
mm唱
E
n
g
l
i
s
h-K
.I
t
o
,Sakum呂 andUchida.
Kuroiwa-Th
巴 I
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fS
t
o
c
kFarming i
nJ
a
p
a
n
.
J
a
p
a
n
e
s
e-F
u
j
i
t
a,MinamiandT
a
n
o
u
c
h
i
.
Muraokaー
ペ
ヘT
ar
."
C
r
i
t
i
c
伊藤英一依頼心ノ害
由
y
m喝
5
5
t
hS
e
s
s
i
o
n
内村一平語ヲ用ユベキ説
5
4
t
hS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s
May 4t
h1
8
7
8
.
E
n
g
l
i
s
hS
p
e
a
k
e
r
s
Machimura,Oshima,Ota & Suwa.
,Sato,S
. andYanagimoto.
E
n
g
l
i
s
h-Miyabe
]
a
p
a
n
e
s
e-I
w
a
s
a
k
iandN
a
g
a
i
.
C
r
i
t
i
c
]
a
p
a
n
e
s
色De
b
a
t
e
r
s
H
i
r
o
i,J
.1
t
o
,NakashimaandTakagi.
王a
wa
A
r
a
l
C
r
i
t
i
c
E
x
e
r
c
i
s
e
s
1
.S
a
t
o
.
ぬe-P
u
n
c
t
u
a
l
i
t
y
.
Miy
E
x
e
r
c
i
s
e
s
o,S
. -An A
e
r
i
a
lE
x
p
e
d
i
t
i
o
ni
naDream.
S丘t
i
g
h
t
s
o
i
l, 1
t
s1
m
p
o
r
t
a
n
c
e, and I
ts Method o
f
Oshim呂 - N
a
p
p
l
y
i
n
gi
tt
ot
h
eFarm.
Yanagimoto-S
p
e
c
i
a
l
i
t
i
e
si
nF
a
r
m
i
n
g
.
永井一志欲大ナルベシ
n
f
l
u
e
n
c
eo
fD
o
m
e
s
t
i
cH
a
b
i
t
s
.
Ota… TheI
Machimura-B
e
g
i
n
n
i
n
gandEndmustgot
o
g
e
t
h
e
r
.
Suwa
May1
1
t
h1
8
7
8
.
O
p
p
o
s
i
t
i
o
ni
sn
e
c
e
s
s
a
r
yt
op
r
o
m
o
t
et
h
eC
i
v
i
J
i
z
a
t
i
o
no
fa
岩崎一偏見論
5
6
t
hS
e
s
s
i
o
n
May 1
8
t
h1
8
7
8
.
RegularS
p
e
a
k
e
r
s
E
n
g
l
i
s
h-MenjuandYamada.
c
o
u
n
t
r
y
.
対論題一人民ノ性質ハ気候ニ関ス
ExtemporaryD
e
b
a
t
e
r
s
積 局 - rl~ 締高木
I
d
e
t
a,1
t
o,]
.
,I
w
a
s
a
k
i,M日r
a
o
k
,
乱 Oshi日1
aandO
t
a
.
治局一広井伊藤一
ヲ ~Ic トスル者
人人
九
十十
本題ヲ是トスノレ者
]
a
p
a
n
e
s
e-Adachi,ArakawaandI
t
o,K.
C
r
i
t
i
c
l
¥
:
u
r
o
i
w
a,
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Machimura.
Menju-Aboutt
h
eE
s
t
a
b
l
i
s
h
m
e
n
to
fP
a
r
l
i
a
m
e
n
ti
n]
a
p
a
n
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
.
Yamada“L
i
b
e
r
t
yo
fP
r
e
s
s
.
"
F
u
j
i
t
a-E
s
t
a
b
l
i
s
h
m
e
n
to
fP
u
b
l
i
cH
a
l
li
nH
o
k
k
a
i
d
o
.
足立一復鱗論
Minami-E
x
p
e
c
t
a
t
i
o
no
fReward i
sag
r
e
a
t
e
ri
n
s
e
n
t
i
v
et
oe
x
e
r
t
i
o
n
[
s
i
c
J
荒)
1
1- f=l撃耳防ノ;嬰
t
h
a
nt
h
ef
e
a
ro
fPunishment.
伊藤護軍一普通教育欠クベカラザル論
.
S
a
t
o,1
S
u
b
j
e
c
to
fExtemporaryD
e
b
a
t
e
:一
内田一天功ノ預備
Truths
h
o
u
l
da
l
w
a
y
sb
es
p
o
k
e
n
.
As
p
e
a
c
ha
g
a
i
n
s
tt
h
earmsf
o
rt
h
eh
u
n
g
e
r
si
nC
h
i
n
a
.
投論題一欧洲全土ノ戦争ハ日本ノ国是
穣局一諏訪
N
e
g
a
t
i
v
e-Muraoka,Oshim
呂 a
ndO
t
a
.
消 局 一 黒 岩 佐久間
積局ニ同意、スノレ者
Yeas
消局ニ同意スノレ者
1
0 Nays-1
6
.
5
7
t
hS
e
s
s
i
o
n
七人
人
G
e
n
e
r
a
lD
e
b
a
t
e
r-N
a
g
a
i
.
一
一十
一
一
州制間判記穏密
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e-I
d
e
t
a,I
t
o,J
.
, I
wasak.
i
5
8
t
hS
e
s
s
i
o
n
乱1
a
y2
5
t
h1
8
7
8
.
S
p
e
a
k
e
r
s
S
p
e
a
k
e
r
s
E
n
g
l
i
s
h-F
u
j
i
t
a,Minami & S
a
t
o,1
.
E
n
g
l
i
s
h- I
t
o,E
. andUchimura.
]
a
p
a
n
e
s
e-U
c
h
i
d
a
.
]
a
p
a
n
e
s
e I
d
e
t
a
.
RegularD
e
b
a
t
e
r
s
b
s
e
n
t on
Kuroiwa,Sakl1ma, Suwa and Tanouchi who was a
ExtemporaneousD
e
b
a
t
e
r
s
a
n
a
g
i
m
o
t
o
.
Kuroiwa,Menju,NagaiandY
山山市W
C
r
i
t
i
c
a
c
c
o
u
n
to
fh
i
ss
i
c
l
m
e
s
s
.
C
r
i
t
i
c
i
t
a
.
Fl1j
June 8t
h1
8
7
8
.
甲山市 W
1
.K
.I
t
o-Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
I
t
o,E
. -I
r
a
s
c
i
b
i
l
i
t
yi
sac
丘u
s
己 o
fL
o
s
s
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Uchimura Mys
t
r
u
g
g
l
ei
nS
a
p
p
o
r
oandi
t
sr
e
s
u
lt
.
Machimura I
n
j
u
r
yo
fP
a
r
t
i
a
l
i
t
yamongHumanS
o
c
i
e
t
y
.
出回一思想、ノ要ヲ論ス
u
l
t
i
v
a
t
i
o
no
f Corn f
o
rt
h
eP
r
o
d
u
c
t
i
o
no
f Sugar
Oshim丘 一 C
S
u
b
j
e
c
to
fDe
b呂t
e C
a
p
i
t
a
l Punishmentoughtt
ob
ea
b
o
l
i
s
h
e
d
.
Recommendedf
o
rt
h
en
o
r
t
h
e
r
np
a
r
to
f Hol
伐a
i
d
o
.
A
f
f
i
r
m
a
t
i
v
e
. MenjuandN
a
g
a
i
.
小野
N
e
g
a
t
i
v
e
. Kuroiwa & Yanagimoto.
中島一笑着務メンスンハアノレ可ラス
Yeas
3
人ノ位置ニ依テ言ヲ廃ス可ラス
渡瀬ー苦アレハ楽アリ
Nays 22
6
1
s
tS
e
s
s
i
o
n
Noc
r
i
t
i
s
m
.
O
c
t
. 6t
h'
7
8
.
S
p
e
a
k
e
r
s
E
n
g
l
i
s
h
R
e
c
o
r
d
e
dbyK
. Tsurus旦k
i
.
5
9
t
hS
e
s
s
i
o
n
Uchimura,Sakum
呂 &O
t
a
.
日本語一岩崎黒岩
S
e
p
t
.2
1
s
t'
7
8
.
Nor
e
g
u
l
a
rS
p
e
a
k
e
r& C
r
i
t
i
c
i
s
m
.
C
r
i
t
i
c
Minami-Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
社長田演説会の功能
6
0
t
hS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s
Sept
. 28th 1
8
7
8
.
Uchimura-I
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
fmanyS
c
i
e
n
t
i
f
i
cp
e
r
s
o
n
si
n]
a
p
a
n
.
Sakuma-F
r
i
巴n
da
sR
e
g
a
r
d
si
t
sD
u
t
y
.
E
n
g
l
i
s
h-Machimura & Oshima.
Ota WorkG
r
e
a
t
l
yNeededi
nH
o
k
k
a
i
d
o
.
]
a
p
a
n
e
s
e-N呂kashima,Watase & Ono.
岩崎一
C
r
i
t
i
c
黒岩一
62ndS
e
s
s
i
o
n
Oct
. 12th1
8
7
8
.
S
p
e
a
k
e
r
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Uchida - S
e
l
e
c
td
e
c
l
a
m
a
t
i
o
n on t
h
es
u
b
j
e
c
t
:
-A S
p
e
e
c
h on
E
n
g
l
i
s
h-T
a
n
o
u
c
h
i
.
T
e
m
p
e
r
a
n
c
e
.
消局
持
日 柳本
積局
佐藤ィ
Hiroy-WorstHabito
ft
h
eN
a
t
i
o
n
.
回
出
邦語討論者
諏訪
C
r
i
t
i
c
風説ヲ郎テ感アリ
荒川一人心一致ナル能ハス
Adachi-Noc
r
i
t
i
c
i
s
m
.
伊藤ぜ一北海道ノ;農業ハ如何シテ進ム乎
E
x
e
r
c
i
s
e
s
6
4
t
hS
e
s
s
i
o
n
Tanouchi-Modeo
fImprovemento
fA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
ei
nH
o
k
k
a
i
d
o
.
S
p
e
a
k
e
r
s
i
自
局
問山
出
援旧幅﹂制緩窓
.I
t
o,Miyabe& T
a
k
a
k
i
.
E
n
g
l
i
s
h-F
u
j
i
t
a,E
投論題一国ノ役人ノ利口ハ人民ノ頭痛
積局一佐藤ィ
日本語
足立 伊藤コ
m
I
w
a
s
a
k
i-None.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
消局ニ同意、ノ者{時
6
3
r
dS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s
i
r
o
i
.
Uchida& H
日本語一諏訪
毛受
C
r
i
t
i
c
積局ニ同意、ノ者(皆無
E
n
g
l
i
s
h
Oct
. 26th 1
8
7
8
.
伊藤ぜ
Takaki-A t
h
i
n
gn
e
x
ti
nI
m
p
o
r
t
a
n
c
e
st
oA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
e
.
Miyabe MakeHayw
h
i
l
et
h
eSunS
h
i
n
e
.
呂n
c
eo
f Emul乱t
i
o
n Among Human
E
.I
t
o - The I
m
p
o
r
t
S
o
c
i
e
t
y
.
荒川
hn司
C
r
i
t
i
c
Kuroiwa-None.
Oct
. 19th'
7
8
.
F
u
j
i
t
a-HowwouldMen f
i
n
do
u
tF
o
o
d
.
足立一
ノ尻馬
司m唱
毛受ー交際論
RecordedbyI
.S
a
t
o
.
伊藤コ一学問ノ大徳
6
5
t
hS
e
s
s
i
o
n
S
p
e
a
k
e
r
s
E
n
g
l
i
s
h-Watase必 Nakashima.
積局大島
間活討論者
6
6
t
hS
e
s
s
i
o
n
Nov. 2nd'
7
8
.
)
;
:
I
J
I
i
湾局氷井内村
Nov.9t
h'
7
8
.
S
p
e
a
k
e
r
s
:ー
E
n
g
l
i
s
h -Kuroiwa& Ono.
J
a
p
a
n
e
s
e-Sakuma & T
a
n
o
u
c
h
i
.
C
r
i
t
i
c
:
-S
.S
a
t
o
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
C
r
i
t
i
c
Kuroiwa- "Toh
せ
Tanouchi-None.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Nakashima - S
e
l
e
c
t
i
o
no
n
; N
e
c
e
s
s
i
t
yo
fM
i
l
i
t
a
r
y P
o
s
t
st
o
r
o
n
t
i
e
r
s
.
p
r
o
t
e
c
tt
h
eF
Watase-U
s
e
f
u
lB
i
r
d
s& t
h
巴 N
e
c
e
s
s
i
t
yo
ft
h
e
i
rP
r
o
t
e
c
t
i
o
n by
Law.
I
ti
st
h
e most common f
o
o
d among u
s
; and i
sa
c
c
e
s
s
i
b
l
et
o
a
l
lc
l
a
s
s
e
so
ft
h
ep
e
o
p
l
e,r
i
c
ho
rp
c
o
r,higho
rl
o
w
.1
t
smode o
f
m
a
n
u
f
a
c
t
u
r
ewasi
m
p
o
r
t
e
dfromChinamanyc
e
n
t
u
r
i
e
s ago and i
s
v
e
r
ys
i
m
p
l
eandc
h
e
a
p
.I
t
sc
o
m
p
o
s
i
t
i
o
nshowsu
st
h
a
ti
ti
sav
e
r
y
n
u
t
r
i
c
i
o
u
sf
o
o
d
. 1
tc
o
n
t
a
i
n
sa l
a
r
g
e amount o
fn
i
t
r
o
g
e
n and i
t
s
[
s
i
c
J
一男女ノ教育呉ニス可ラス
(悶大嶋太田
消局…永;1
:
1 内村
compounds. 1
na
p
p
e
a
r
e
n
c
ea
sw
e
l
la
si
ni
t
sc
o
m
p
o
s
i
t
i
o
ni
ti
sv
e
r
y
mucha
l
l
i
e
dt
ot
h
ec
h
e
e
s
emadefromc
o
w
'
smilko
re
v
e
nwhiteo
f
l
lo
fwhicha
r
ee
q
u
a
l
l
y
e
g
g
. Therea
r
emanym
o
d
i
f
i
e
df
o
r
m
so
fi
t,a
(闘/同意者(皆無
b
e
n
e
f
i
c
i
a
lt
o a
n
i
m
a
ls
y
s
t
e
m
. Sot
o
h
uwasandi
sv
e
r
yd
e
a
rt
ou
s
治局ノ同意、者〈皆
f
o
ri
ti
st
h
eo
n
l
yf
o
o
dwhichp
r
e
s
e
r
v
e
dt
h
eh
e
a
l
t
ho
fo
u
rf
a
t
h
e
r
s,
論者ノ外聞ニ階、ンテ糊スル者(鴇コ)則チ臨時論者
f
o
r
e
f
a
t
h
e
r
s and f
a
t
h
e
r
so
ff
o
r
e
f
a
t
h
e
r
sf
o
rs
omanyc
e
n
t
u
r
i
e
s
.
Ono-A s
e
l
e
c
t
i
o
non吐 d
d
r
e
s
so
fP
r
e
st
. W. S
.C
l
a
r
kont
h
eOp
e
n
-
自
主
主
~~\将
i
n
go
fSapporoA
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
lC
o
l
l
e
g
e
",(Aug. 1
8
7
6
),b
e
f
o
r
eG
e
n
e
r
a
l
車
率
ト
¥
"
"
:
t
n
Klく主主総!j総支印¥ト I
}
:
¥t'-科!日捜隊 m
"
"理主夫作
足
立
)
;
:
!
j j
Kuroda,D
i
r
e
c
t
o
rZusho,o
f
f
i
c
e
r
sands
t
u
d
e
n
t
so
ft
h
esame,e
x
p
r
e
s
s
i
n
g
w玉ミヰEゆ ~I}-:\ i'.
h
i
sp
r
i
d
eand p
l
e
a
s
u
r
eandhighp
r
e
v
e
l
a
g
et
ob
et
h
ef
i
r
s
tp
r
e
s
i
d
e
n
t
(
s
i
c
J
o
ft
h
eC
o
l
l
e
g
ea
tt
h
esamet
i
m
eh
o
l
d
i
n
gt
h
esameo
f
f
i
c
ei
nM
a
s
s
.
句者士~~く~\ト〈機悶己最詩権ヘ漆縦判(主主事組セヘ鍵盤整給ト""<Íf拠ぶ!
t
さ-<1
~サヘ 4く~~ff\繍くヤ!ト付ト医薬!j民会堂く
A
g
r
i
c
u
l
t
u
r
a
lC
o
l
l
e
g
eont
h
eo
p
p
o
s
i
t
es
i
d
eo
ft
h
eworld,manyt
h
o
u
-
2
長"(0
s
a
n
dm
i
l
e
so
f
f
;h
i
so
b
j
e
c
t
st
ob
ep
e
r
f
o
r
m
e
di
nt
h
eC
o
l
l
e
g
ef
o
r im
〈詩lIK~賢司え!j ~部吋\潟十宍ト\""~ま 1 !j密m~翌!j lト~!j H時々1 会斗-1 n\ 繕 E
p
r
o
v
i
n
ga
g
r
i
c
u
l
t
u
r
eandd
e
v
c
l
o
p
i
n
gi
n
d
u
s
t
r
i
a
la
r
t
s
;d
e
s
i
r
i
n
gt
h
ep
r
o
s
-
議士ト ""î選〈引トエ~Iト緩や代えト""総 11 !jく 4くるミ託制(~怜 ~t寝ぷ iト 4く
p
e
r
i
t
yo
ft
h
eC
o
l
l
e
g
ef
o
re
v
e
randf
i
n
a
l
l
ya
d
v
i
c
i
n
gt
h
es
t
u
d
e
n
t
st
ob
e
(
s
i
c
J
h
o
n
e
s
t,o
b
e
d
i
e
n
t,h
e
a
l
t
h
y,s
e
l
f
co
n
t
r
o
l
i
n
g,meno
fknowledge,and
七え紐!j~型ぷ祇B .ll魁 iト慣性ど付ト陵 d えト""þ\科〈主ヨサ塩E 溢1俳給 \4くる
出印区灘~:;j lト刊~在E: rl 斗〈誌報特l ",+<~""認を士ト\寝千r
vanousS
C
l
e
n
c
e
s
.
ぅ、支印¥( H筏 111ト 1.叶 f く十回\~互主~毒~t<:
司
磯白川記機密
単語 0~-< ヘ綴 ~illj !jまぎれ¥鞠
経!j桝帯主端医認さト¥巴まぎれ ぐ千「ト¥己認t'-(RI
トtえ印¥ト b ぐ
ト
ヰ
ヨ
!
jく
ト
¥
h 主主ヘ 1濯\税E樹3笹 l\iÆト地平代思~,';\ ~付!j紹t'- ~\1ト〈味線認~
士\ヰー!騎!j fll~ 約代会\'"ト iト代将制IT þ\~
67th S
e
s
s
i
o
n
:
B
;
i
<
<
醍
,
'
;
¥1ト表~
1古学女宗主主主主民夫役¥採短
]
a
p
a
n
e
s
e
: ExtemporaryD
e
b
a
t
o
r
s
:
-
やま誕\草案遺言吋程!トく将、刊ト恕 h 刊ト将司穏ぷ〈\功lIT ~alトく刊 h 絡
N
e
g
a
t
i
v
e
: Watase& Nalmshima.
1~廷判\眠れ鎖rr t<:
1刑事主¥議長ト近くれ総 11'
向山仇唱
総1
1
1!j也漏~:l:lくれ総 SJ !j憾!j銭入 1ト-Nト来遊 K え灘( t<:~底下付!j !
三
穏
。れ母{ゐ旧ト革主ムぷ iト〈れ盟関 ι ふ喜怒 4 く!j~キE\ 銀!~ネト主主民者{わう、 b
Nov. 1
6
t
h'
7
8
.
E
n
g
l
i
s
h
:
-Minami.
P
o
s
s
i
t
i
v
e
:S
.S
a
t
o& Oshima.
1総
科〈\+<
S
p
e
a
k
e
r
s
:ー
昔ど\特命 R\~ ¥ t<記司同 11 ト\れ!ト-<~部IT t<:え~rrg:,';\科目ゐヘト!j日~01ト〈
t
さ
t
<
:
<
I
f
持
制Eト1
1
1
1
0(
入
!ば¥翌れ樹君窓!j
C
r
i
t
i
c
:
-1
.K
.I
t
o
.
E
x
e
r
c
i
s
e
s
Minami:-A s
e
l
e
c
t
i
o
non "
P
u
b
l
i
cV
i
r
t
u
e
"a
so
n
et
h
a
ti
sw
i
d
e
l
y
660
日阿佐官ぞえ伶
身ヲ傷ノ蒸ナリ立ツ若シ両親一一シテ幼少身体未熟ナレハ英子モ亦壮
az
白血可︽凶臣官一
J}
門
戸町一∞
H
r
o
其人ヲ得レハ又申告ナシ反対論者ハ政府ヨリノ平ク此早婚ヲ禁止スベシ
一間折口一一品ブアリ快楽成功アレハ以テ姿ルベシト然レハ早婚タルトモ
(消局 渡瀬、中鳩﹀
論スレハ回ナ婚ハ家ヲ敗リ身ヲ傷フノ媒介タル明絞タリ
g ロLC円円
GBPえ豆、rwyP53
︽長刊号ゆえ同門
ロ
回一一自呂田ゲロ巾的問・
CHEωgcp
唱 え ユ ♀s o Rrgω 均一同門
日
昨
倦ナル能ハスシテ多ハ天死スルニ至ル又悲シカラスヤ此ヲ以テ之ヲ
﹀
55日)門ω
ω
片山口牛耳}=円Y M
r
}ぬい門
H
H
Cロ
ωurc片片y⋮回目ω M
ωロ品目出町閉山Gロ
ω一円。一ω
m 円
C
Z
H
s
m
w
m
o
r一向}百円防ロハ山口c
FSHrω
OB
件
同
可
唱
団 mgハ戸間)}山口一口問}凶吉田内}同町内戸同町円
ュ5 ・
55
GZg仲田口ふ EZMHH凶器同 chm一 一 吉 区
日記立再三江口♂任問ロ
臨時討論︿題ハ早婚ハ家ヲ絞り身ヲ傷フノ媒介
ヲ知一ア其ニヲ知ラサルノ云ナリ如何トナレハ早婚
ヲ為スト為サルトノ人ノ内心ニアリ外部ヨワ之ヲ禁スルモ益ナシ反
ト一広ヒトモム之レ
夫レ早婚ノ人間社会一一在テ答ヲナス甚シト一広ベシ然レトモ北日比吋我日
テ為ニ陰風ヲ生シ間夫淫婦ヲ増スノミ抑人ノ性タル淫道既-一通シ之
佐藤え大嶋)
本ノ如キ封建ノ時代一一アツテハ又止ヲ得サル事情ノ其間ニアリ早ク
ヲ男女ノ交接ニ漏サレハ必ス他一一山山スルモノナリ故白玉 f厳司一早婚ヲ
(結局
妻ヲ妥リ子孫ヲ設ケテ災家業ヲ統カシムルコトアリシモ今ヤ兵幾一
掛川スルハ偽々以テ放蕩手淫密通ノ悪明日ヲ招グニ口応ル、採テ今ノ人間
︹??︺
可ナヮ
︺-
同ハ
.H
w
m
片
品
}μ
M
m
JPB包
︿与由吉伸﹀
J
P
M
M同町一go同三円門山内山門ω ︿ 耳 目 己 者 自
ω岳山間山一門︾ロ
件
(
︾
一
出∞門﹁
積局一一同窓スル者多数ヲ以一ア勝積局ニアリ
ω日)伶即日的。
﹀L
Rrw
一
口
M
M
F
H 門知 C 円
ωrH
ザ︿円
ZC︿・印p
。 d∞・
之ヲ禁スルノ害ハ之ヲ許スヨリモ甚シキ持ハネ婚泣ニ中古ナシト一去一ア
社会ハ至能至善ノ集合ニ非ス夫レ早婚ノ如キハ望ム所一一アラサルモ
-一焔シ復タ昔日ノ常一一戦地ヲ跡ミ身ヲ死地一一四日比クノ時一一非ス早ク此
家ヲ経営シ子孫ヲ養育スルハ人ノ果ヲ結ブ時一一シテ設
弊ヲ改メサルベカラス
抑妻ヲ妥リ
モ難キ役ナリ然ルニ其人未熟未練ノ身ヲ以テ此難事-一当ル如何ソ兵
成功ヲ虫ムヲ得ン今草木ヲ見ルニ其果ヲ結フノ時ハ則チ線幹共一一充
分ノ生長ヲ遂ケテ而シテ後一一ス此自然ノ浬ナリ遊山一人間ノミ之ニ背
ヒテ可ナ一ブンヤ
HW
口問一出円三 i
ω
1
H
T 学未練一一シテ家事ヲ斉理スルハ只
今愛ニハ英樹一口ヲ挙ケンニ一夫一婦 小
各自己)
γ 同出口何百 ui m,口﹄広ω
成功ナキノミナラス必ス家土佐ヲ敗ルノ基ナリ又少年一一シテ妻子ヲ得
ル者ハ多グハ其妻亭/為メニいな志ヲ失ヒ勇進敢,為ノ気一一乏シ是レ其
t
i
m
eo
fd
o
i
n
gworks,t
h
ea
d
a
p
t
a
t
i
o
n
so
fc
r
o
p
st
oc
e
r
t
a
i
nC
Ii
m
a
t
e
sand
C
r
i
t
i
c
: Nakashima.
p
p
l
i
c
a
t
i
o
no
f
h
e management o
fs
o
i
l
s,f
e
e
d
i
n
ga
n
i
m
a
l
s, a
s
o
i
l
s,t
E
x
e
r
c
i
s
e
s
1
.K
.1
t
o
: On 1mmensityo
fU
n
i
v
e
r
s
e Look i
n
t
ot
h
ev
a
l
l
e
yo
f
1
s
h
i
k
a
r
i
; howe
x
t
e
n
s
i
v
ei
ti
s
Yeti
si
tn
o
tas
m
a
l
lp
o
r
t
i
o
no
ft
h
e
i
s
l
a
n
d which i
sa
g
a
i
n av
e
r
ys
m
a
l
lp
a
r
to
fAsia? A
s
i
ai
sa
g
a
i
na
p
o
r
t
i
o
no
ft
h
eg
l
o
b
eo
c
c
u
p
y
i
n
go
n
l
yo
n
e
t
e
n
t
ho
fi
t
. How l
a
r
g
e
and immence i
st
h
eg
l
o
b
e on which we l
u
t when
i
v
e, b
l
t I
S
i
m
p
o
r
t
a
n
c
eo
ft
h
es
t
u
d
yo
fe
n
t
o
m
o
l
o
g
y
;n
e
c
e
s
s
i
t
yo
fe
x
e
τ
c
i
s
i
n
gt
h
e
b
o
d
y
; and o
t
h
e
r
sa
l
lo
fwhich t
h
ef
a
r
m
e
r
soughtt
oknow.
巡回
「絡¥雪之球 J
額:縫〈蛍1¥1
翠!ト長時代え内¥ぷ 1
ト中区〈¥株ム Kえ省中くや1¥持
01
トmWム
機間四日制緩殴
comparedw
i
t
ht
h
es
u
n, i
ti
s,
1400,
000 t
i
m
e
sl
e
s
s
! Then how
代えト "'î選く 1--<\ \ii'ム代交住宅ヨ干'./~ドキ\ii'ム代士井早ト"'þ\旧トli1!!1''\
g
r
e
a
tt
h
er
u
l
e
ro
fs
u
c
han i
m
m
e
n
s
i
t
ymustb
e
: Napoleon, C
a
e
s
a
r
1ト〈ト~平令交中\ト~,. ~J志向帯主挺ヘ斜 11 i翁トえ持i 々\'K~'" ム童話
&c. t
h
em
i
g
h
t
y
e
s
tr
u
l
e
r
st
h
ee
a
r
t
he
v
e
rhad p
r
o
d
u
c
e
da
r
en
o
t
h
i
n
g
ムI
,¥ <ir取:;.--<\?潟ト耐え1\文民 ~~Iト h 締結ト巴ム醤ム印刊れ経世
b
e
f
o
r
et
h
ee
y
eo
ft
h
i
sMightyI
ミ
u
l
e
r
.
平t¥,
'
¥1ト lば!ト常設備穏ト裕ふ!ト-Nト溢 K 土砂ト斗〈凶!ト〈\欄~~
A
d
a
c
h
i
: Myf
i
r
s
tExperimentonFarming-1
nf
a
r
m
i
n
gt
h
ec
o
n
舗
s
i
d
e
r
a
t
i
o
no
ft
i
m
ei
sv
e
r
yi
m
p
o
r
t
a
n
t
; much dependupon t
h
ep
r
o
p
e
r
h え1\附夫容~君主印魚屋,
∞1主~\1 駄
;
¥"争え γ夜 1
ト代
主
主
文
t
i
m
eo
fd
o
i
n
gwork; afewd
a
y
sd
e
l
a
yo
[
t
e
nr
e
s
u
l
t
si
nf
a
i
l
u
r
e
.]
l
l
S
t
〈く去rrrg:持¥鑓塁手れ常れ中¥-h'"綬斗ム印出翠童話j
定¥ド'-1
¥f
単純ヂ iト
s
ow
i
t
hh
i
se
x
p
e
r
i
m
巴n
t
. Atonet
i
m
et
h
ep
l
a
n
t
a
t
i
o
no
fh
i
sc
o
r
nwas
夫〆幣1\附 1トく刊ト要E巡代え沼〈 κ 尽ゆ\~事ト h ム農芸ム印回線1\偽
c
o
v
e
r
e
dw
i
t
hd
e
n
s
e growth o
f weeds,b
l
l
tn
e
g
l
c
c
t
i
n
gt
ot
a
k
eo
f
f
~ギ lト λκ;三,'\ 1ト区 ~Iト ~]j ム符令 K 再再斗豆か告さ~\会 11 制令\言語 K
a
te
a
r
l
ys
t
a
g
e,he hade
n
t
i
r
e
l
yf
a
i
l
e
d froms
u
c
c
e
s
s
. Thec
o
n
c
l
u
s
i
o
n
1さ-h'"主;î i怒1凶!\生当く珪去三\性~ 11 まぎ!ト倒(弘会印\七 E 綬斗ム印{[TI~霊~,~
i
st
h
a
t,t
ol
e
tweedsgrowon t
h
efarm i
sas
u
r
es
i
g
no
ff
a
i
l
u
r
e
.
摺!ト毛主主ð'~ ムネ士1iI~斗球主主1\ ,
'
¥
1
ト〈¥媛印鎖ぶて 4
ト忠弘斗 (
{
m
j
:
;
'
Yanagimoto: Maxims f
o
r Young Farmers-Many good and
5
3
m
a
n
u
r
e
s
; economyo
ft
i
m
e
s, c
r
o
p
s and i
nr
e
g
a
r
dt
o form f
e
n
c
e
;
i
m
p
o
r
t
a
n
t maxims,i
n
c
l
u
d
i
n
gt
h
es
e
l
e
c
t
i
o
no
fl
a
n
d
s,t
h
ep
r
o
p
e
r
、
~盆ト呉れ'てふ
長総意.
¥
'
l
綿
主巴
662
ノ用誌⋮タ多クシテ
RL
ツ大ナリ欧米各国ノ箆鏡ハ別チ牛館内ヲ使用
スルニアリ我国耕地ノ狭キ収穫ノ少キハ之ヲ多ク用ヘスシテ徒一一人
例ヲ挙ンニ彼ノ牛/如キハ死テハ則チ肉ヲ食ニ供シ骨ヲ肥
力一一ノミ依頼スルニ在リ故ニ牧斎ヲ盛一一スルハ国家ヲ作曲マスノ基ナ
日
ノ
愛
第七拾を会
批評者
無
臼
北海道ノ農業ヲ進歩サスルニハ如何ナル方法ヲ用ユルカ
月
悠守ナリ
。oH
同
Cロ
ノ改良、牛馬ノ牧宮、
ノ培養、農業ノ結社
運輸及ピ移転/法、道路ノ便宜、家屋ノ建築、農兵
U
料一一変シ生日アハ乳ヲ与へカヲ人一一貸シ災益突一一大ナリ故一一関ヲ箆マ
書記小野
A"
;
f
.
^
A
zM
︾
円
。 一
品
め
三月八日
23rc可間!のめロ房付 HUH-3
巾
。 PEn-28
第七拾弐会
イ マ ホ ク カ イ ド lデ モ チ ユ ル ニ ハ ウ シ ガ ヨ カ ロ ウ カ ウ
マガヨカロヲカ?・
日的ノ説
人民ヲ北海道一一招募スルハ自今ノ急務
臨時投論
人口ノ多キハ国家ノ不卒
宮部
佐
呂
世
主
問
題
LB 回 目 白 仲 HYゆり市円四一円忠一cロ 色 町
H
M片戸山znor-mkJ仏
ωm
コ
ヲ
サント欲セハ牧寸山田ヲ盛ンニスベシ
第七期
明治十一
同
副社長中嶋
四十弐名
月八日
荒
国 大
鳴
内 l
校長渡瀬
総社員
第六拾九会
伊英
快楽ハ人世ニ必用ナリ
漢学勤メザル可ラズ
佐日日
震
onnE5p ヨ
会
名
目
一月廿一一日
H2033 HNS-5.;33
・出向
無償産菌無恒心
3
・
出
回
J
I
I
田
関
一
⋮
山
石
荒
川
中
高
事
鶴
批評者
第七拾会
文武井行ヲ要ス
道ハ要用デゴザル
無
太
伊
伊
町
村
崎
役
員
間識社記録一
6
6
3
3
,..---A-帽、
岩崎
{
伊
一
消極{
︹柳本
積
極
消極日一向意スル者
積極一一同意スル者
二拾五名
八名
無
金力ハ人智ヲ圧倒セズ
巾
書記高閲夜士口
佐勇
斎藤
高資
佐久間
町村
﹀関門守口一昨包括色町﹄告白九日
E
一一一月サ九日
宗旨ヲ悶今一スルハ国乱ノ基ヒデ有タリキ
牧羊ハ急務
批評者
厩ヲ建ル法
第七拾五会
百姓ハ独立デ有ラネパナラヌ
高岡
SF
河町宮内同
閉山見出口同町
︿
第八刑期
XGQF江氏自
同
ロ
︽
凶
広
明
同HU日 開 仏c
山
n
M
W 片D
・
ロ
︹寸︺
A
H
F
m
d ωロg D C
.
3
ロ
円
。ι
i 切可 Y805ゲゲZ050めの名門Dロ・
H
C
H
H
M
P
σ
出国
積
極
一
日
副社長荒川重秀
従明治十二年間月五日
至同年六月七日
社長佐藤岡田介
余浅学薄識ヲ顔ミス徒一ブ一一重任ヲ奉シ既一一己主共努免カル可カラス。
役員
藤 南
田
柳
本
積極一一同意スル者多数
己v
r
εヨ
f
品
P一
一
三
口44
第七拾一ニ会
勉強論
精神論
共同論
一一一月サ一一日
ふ
同
gugHMS円。吋三 ωロロ可・
公
無
20 民自由同CHKG詔ョ
批評者
第七拾問会
)
1
1
林
大
嶋
宮
部
南
雑
論
出荒
田 J
I
I
小荒
岩
崎
大
嶋
無
日
北海道ニ鉄道ヲ建築スルハ目今ノ急務
投
論
664
レヲ正スニ国管ス。是レ全ク余カ山口山悩ノ致ス所ロナレハ斧欽ノ罪白
ヤ原稿簿往々失シテ完全ナルモノ砂ナシ加之筆記セシ所錯雑シテ之
期満ルニ及ビ当獄中ノ記事ヲ更一一大簿一一清議セントスレハ量図ラン
幸ニシテ事務其皮ヲ失セサリシハ何ノ幸福カ之レニ如カン。然而任
シ、爾来聴明ナル社長副社長関下/鰐尾山一附シ社務ヲ整理シ任期中
一ア異議ヲ主張セハ校刻一二氏スルノ恐レアルヲ以テ護テ此重任ヲ拝受
余白ラ議一一謂ラク余ガ鈍才駕ソ能ク比重任一一様エント。雄然若シ強
均ヲ失シ農業繁庇ナラス工業盛大ナラス商業間関起セス茶他凡百ノ事
呼又悲シカラスヤ退テ方今我国ノ形勢ヲ察スル一一輸出入ハ常一一其平
如シ故一一国益貧図表頚シ往々強悶ノ為メニ暴圧セラル、所以ナリ鳴
一ブス真ニ独立独行数テ他人ト交通シテ天斌ノ智カヲ研究セサモノ、
市シテ夫ノ蹟非利加蛮民ノ如キハ全グ之レニ反シ交際ノ何タルヲ知
又感ンナ一ブス哉
レリ尽レリ之レヲ以テ国益富強盛大ノ域一一進ミ其勢奔馬ノ如シ鳴呼
望スルガ故ニ電線ト一一日ヒ気蒸気船ト畳一日ヒ荷モ交際ヲ補スルノ兵ハ歪
4
品目記敬白
久島
我農業ヲ盛ナラシメ窓ニハ輸出入ノ平均ヲモ得セシメラレンコトヲ
之レ知レリ会汝一一諸君笠シク交際ヲ一浮クシ談窓励玄ニ相利シテ以一ア
ル然市均一一北海道ノ如キハ大ニ農業一一適応スル風土ナルハ役人皆能グ
︹ママ︺
ヨリ免ル可カラスト錐トモ復少シグ他一一原因ナキニシモ非レハ何レ
業米タ武ハ旺盛ニト趣カサルハ職トシテ我国人交際ノ胡綿密ナラサルニ由
四月五日
スルコト能ハサレハ喰概腕時ヲ記スル而巴
謝辞ハ衆会ノ日目一談ル。故一一当第八期中ニ生シタル事件数多アリト
難トモ之レヲ細密一一
第七拾六会
交際一日モ欠ク可カラス
欲スルヲ以一アナ日ノ人表シ交際セサル時ハ時勢ノ如何ヲモ知ルニ出ナ
所以ノモノハ彼ノ長ヲ取テ以一ア我短ヲ祷ヒ我ヲ利シ己レヲ福セント
ナシト哲一口フ可カラス放ニ五日一相交通シテ以テ知識ヲ交換スルトキハ
少ナルヲ円程テ喫セリ縦令ヒ己一一如カサル者ト難トモ必シモ其人所能
製足ノ語一一一以グ己ニ如カサル者ヲ友トスル勿レト余ハ此一諮意ノ甚狭
友ヲ沢山御持なさい
ク閉恩益忠一一五ルハ是レ間然ノ理ナリ抜一二家有ランニ英夫婦兄弟各
自己ヲ益スル而巴ミ
ラズ併テ人ヲ利スルナヲ隊二ハ数ニ鎖港ヲ以
意ヲ兵一一シテ互ニ信義ヲ以テ交ハ一ブサレハ常一一紛援ハ絶品サル可シ
テ国是トナシ一一公モ他邦ト交通セサル国有ランニ天下太平ノ日三訪日ア
︹
マ
左スレハ何ソ其家ノ霞栄ヲ期ス可ケンヤ比理ハ一一凶一洲ニ於ケル亦
ハ敢一ア其レニテ妨ケナカル可シト雛トモ万一ダモ天災雄一士一澄逢スル
交際ナル者ハ人世一日モ欠グ可カラサル者ナリ凡ソ人五一一交際スル
品
、
然リ夫ノ泰西文明国ノ人民ノ如キハ常一ニ父際ノ親密ナランコトヲ潟
中
富
山
望
関識社記録
66ラ
カ一ブ可シ而シテ若シ広グ万邦ト交通セシトキハ如何ナル地異有ルモ
トキハ何ニ出テ比大難ヲ遊クヘキヤ蓋シ路頭ノ迷鬼タルノ外他道ナ
リ凡ソ友ヲ得ルノ必舟ナルコトハ余ガ腎頭一一棟セシ如シト難トモ茶
ソ夫ノ信義ヲ願ミルニンヤ是レ小人ノ交ハリノ深カラサル所以ナ
人与小人以同和為用比自然之理也ト土人レ既一一小人ハ利ヲ以テ交ル何
マ
︺
如何ナル天変アルモ需用ノ与給ハ他邦ヨリ得ラル可シ是レ郎チ万邦
必要的ノ物ヲ得ント欲サハ笠シグ右ノ事情ヲ服隠セサル可カラズ
︹ママ︺
五ニ交通シテ以一ア得ル所ロノ大益ノ一ナリ
大凡ソ邦家ノ山崎強旺盛一一趣クト流離顕治ノ禍ヲ招クト業開銭円壌ノ差
外国ノ侮慢ヲ防クハ染シテ書生ノ任ナル哉
ト交通スルトキハ一良一不測ノ幾一一逢フト難トモ或ハ友人ノ補助ヲ得
そ菅ナラサルモノハ実ニ国民ノ愛関心ノ深浅一一白ラサルハナシ国
人事ニ於ケルモ十必然リ室唯邦国ノ間ニノミニ止ランヤ常一一広ク衆人
テ設ハ危急ヲ免ル、コトハ往々余ノ見聞スル所ナリ然而衆人ト交通シ
︹ママ︺
得サルナリ一 シ 此 恐 侮 ノ 二 字 ヲ 放 棄 ス ル ト モ 猶 ホ 交 通 ノ 深 カ ラ サ ル
併容ヲ免カレサルニ至ル量不戒可ケンヤ
テ同氏、国ヲ愛スルノ心浅ケレハ悶勢日ニ月ニ表組問シ党ニハ強国ノ
シ用問勢日ニ月三振ヒ宇内ヲ雄稗卑統スル一一変ルト難トモ之レ一一反シ
者アリノ之レハ是レ性質ノム口サルヨヲシテ生スルモナレハ人力ノ如何
少シグ韓鉾ヲ宇内ノ形勢一一転スレハ一一一尺ノ童児ト緩トモ獄今世ハ磁
77
ントモス可カラサル所ナリ縦令ヒ兄弟姉妹ノ問ト難トモ性質ノ呉ナ
んベトシテ小成一一安ンスルノ日ニ非ルヲ知ル須ラグ間同勢ヲ振起スルノ
︹
ルガ為メニハ其交リタルヤ親密ナラサル者古今砂カラス夫ノ﹁ケイ
時ナリ而シテ我国ヲ顧ミレハ往々外万邦ノ侮慢スル所トナ
︹ママ︺
ン﹂ガ其弟﹁アベル﹂ヲ殺害シ﹁ロモロlス﹂ガ兄弟ヲ暴殺セン等
歯鈎腕一一堪サルモノ有ルハ我国勢ノ振ハサルニ
小人ノニツニ在ル荷巳凡ソ今日交際関ノ必要約ハ出向チ
深キ者ヲ索レハ当時一一テハ指ヲ第一ニ土ニ一周セサルヲ得ス何ントナ
ハサルヲ得ス先ツ我国民ヲ区別シテ士農工商ノ四トス就中愛間ノ心
以テ己レノ喜愛トナス者砂キニ涼出スルト一一一一一口
v
mル其国勢ノ振ハサ
ny
実-一切
ハ全ク放(性質ノ協ハサルニ由ル兄弟ト難トモ猶然リ況ンヤ他人一一於
ルハ箇民中間ノ
トモ信義ナルモノハ聖人君子ノ湖一一行レテ小人ノ向日一行ハレス故一一
レハ夫ノ士族ナルモノハ昔日ヨリ文学武芸ヲ事トシ豪遜ノ気象アツ
︹ママ︺︹ママ︺
君子ト宥子ノ交際ハ終始一ノ如シト難トモ小人ト小人ノ交際ハ恰モ
テ由同カラ他ノ三民ニ超越スル所アリシガ故一一今日ニ一会ルト難トモ未
︹??︺
瀦限ノ如シ欧陽公用党論一一部一三ル有リ大凡君子与君子以同道為用小
η
ノ然レ
テヲヤ然間交際⋮一一広続スルモノト一部続セサル者トノニ様アルハ君子
m
ル可カラス此二字ノ胸中ニ存スル時ハ決シ一ア災交際親密ナルヲコト
民、国ヲ愛スルノ心深ケレハ農ト一一同ヒヱト一マ一口ヒ百般ノ事業悉ク興起
伊
其交際ヲ深カラシメント欲レハ須カラグ先ツ恐侮ノ二学ヲ放念セサ
︺
吹
666
全夕蝉脱セサル所以ナリ(平氏悉山首如此ト言フニ非ス概シテ之レヲ
ニヨリ今日ニ至ルト難トモ其羽田ヒタルヤ性トナワ未タ卑屈ノ区域ヲ
日ヨリ常ニ圧制束縛ヲ受ル円以モ甚シク後々トシ一ア卑屈/点目一安セシ
タ全ク消滅セサレハナリ而シテ他ノ一二氏ノ如キハ全ク之レニ一反シ菅
智ガアツテ而後一一財力ノ周顕ハルレハナリト
ハ天造ナリ。財貨ハ人造ナリ。智カハ活物ナリ。財力ハ死物ナリ。
エハ智カハ基ナリ財カハ末ナリト一ヲロハサルヲ得ス何ントナレハ智力
総ノ如シ然レトモ今、国ヲ立ツルニ智力ト財力何レカ貴重ナルト問
臼ク凡ソ民家ヲ維持スルニハ智力財力雨一ブ必要ナリ之レ猶ホ箪ノ雨
布一一⋮氏ノ論旨大同小異皆、智カノ財カニ一俊ル所以ヲ説ケロツ英大意一一
四月十九日
一一一口ブナリ)故ニ余ハ方今我国勢ヲ振起シ国威ヲ海外一一輝カシ以テ外
第七拾入会
四月廿六臼
此日欠席人多数一一助テ休会ス
第七拾九会
﹃町山
出版ヲ穏テ山ニナサヒ
姉病論
町内
C
S
F宅ローに520 E
r
r
-
井底之鮭
m
第八拾会
五月四日
山 叫E
, C巳の
rFl吋﹁ゆりムω丹
念
E 一回EE
校長ヨり殊更一一諸殺エ御相談⋮一被及度事件有之候曲一一付来ル十日
メンコトヲ欲シ書記ヲシテ左ノ廻章ヲ作リ社員ニ告知セシム
会セシメ以テ社務ヲ論議セシメ若シ改革ヲ姿スル事件有一フハ之ヲ改
社長頃日ニ一会リ会員ノ欠席スル多ヲ憂ヒ次会一一於テ成丈社員ヲシ一ア
比日例ノ如ク場ヲ関クト雛トモ会長/欠席過半十一一付随チニ場ヲ閉ツ
円・
侮ヲ防クノ重任ヲ暫一ブク国民一般一一望マス否認マサルニ非ラス何回記ム
︹ママ︺
モ設ナキヲ信スルヲ以一ア深ク之レヲ士族子弟一一望ム所ナリ然苅夫ノ
侮慢ヲ防カント欲セハ徒一ブニ之レヲ兵力ニ訴ブ可カス必ス百折不投
︹ママ︺
mノ 気 象 ヲ 布 シ 知 識 ヲ 発 達 シ 才 カ ヲ 以 テ 諮 奴 ヲ 圧 倒 λルノ策
耐 忍 不m
ヲ為サル可カラ市シ一ア堂上ノ諸おハ紫外侮ヲ紡クノ最災器ナルヲ信
原間
小林
内
村
尾
泉
中
根
ス故ニ諸君希グハ捻据奮励門口夜情一ブズ知識ヲ研究シ外ハ他邦ノ侮俊
E伊 藤
郎氏ヲ奨励シテ以テ我田郷ヲ愈隊長セシメ一ブレンコト
ヲ防キ内ハ我 m
ヲ封紺フ
﹀
ロ
大鳥
柳
人智ノ発達ハ廉恥ヲ減消ス
北海道ノ潟穂ヲ改良スル説
四月十二日
,
u
r
h件。。口一山口百円ル C
町
凶 l-H
Yωdg︿耳目・ハm
dnr丘
第七拾七会
中島
大卒業ヲ起サント欲セバ立シク良友ヲ択フヘシ
議題
国ヲ立ツルハ財カカ智力一一夜ルカ
本
続j
識社記録
667
五月十日
則チ会日ハ成丈御操合之上御出席有之皮此段及田章候也
五月五日
第八拾一会
六月校外演舌表
一日ハ校外政舌者ノ為メ
荒川、小林、中島、佐藤島介、古川間
六月七日
右撰挙思十品ノ場ヲ間ツ(次ノ土限目別チ
一開場セサルニ決ス
第八拾五会
当日ハ全体校外一一一プ持古スヘキノ所ロ官ヨリ未タ其許容ナキニ付不
此日集会スル者殊一一多シ而シテ例ノ如夕涼舌討論スルヲ止メ社長起
一ア社員⋮⋮向と、頃日校長中欠席スルモノ実一一多シ此徳一一テハ述一アモ
得巴通常ノ如グ社員ヲ会シ一ア校外演舌ノ義一一付種々ノ要件ヲ相談シ
書記大船正健
当社ヲ永遠一一維持スルコトハ難キヨウニ市川山フ故一一若シ諸君市T 一一ア今
テ開場ス
一熱心セシムルノ法方プレハ障りナク吐蕗セ一ブ
少シ社員ヲシテ
当期中広井、諏訪ノ両氏脱社ス
5
L丘q
努ブ
/
一二十八名
社長岩崎行親
社員総数
九月六日
九月十三日
欠席十四名内無断欠席凶名
第八拾七会
欠席二十三名内無断火山町七名
此民社員ノ欠席過半ナルヲ以一ア照会ス
第八拾六会
別副社長小林秀太郎
レンコトヲ望ム云々ヲ述ブ於弦乎社員各忠ブ所ヲ政ス就中当社ノ
スルモノ
淡舌人公ヲ公ケニ市中ニ於一ア開場シ庶人ヲシテ傍聴七シメハ大一一社員
ノ心ヲ励マサントノ説ヲ主張スル者プリテ復タ之レ
モ多カリシ故武ハ規則或ハ其他右}一関シテ取説委員トシテ荒川、山石崎、
Pノ規則来日ヲ古記部読シ
小林、佐藤昌介、高岡、鶴崎、渡瀬ノ七名ヲ投票一一一ア撰挙シ規則苔
五月十七日
ノ卒按ハ次会迄一一立(稿ヲ修ルヘキ出国ヲ約ス
第八拾二密
当日約ノ如ク七名ノ委長ガ卒定シタルトコ
テ以テ社員ヲシテ之レヲ論議セシム
五月廿五日
書記大島
第八拾八会
臼
九月 AU
此日社率一一付社長ヨリ社日一一一相談一一及ピ潟阿波瀬其他諮ヴナノ異論ア
副社長小林
当日ハ前会一一於テ未タ決定セサル的条ヲ論議シ且次期ノ役員弁⋮一来
社長者崎
リタレトモ決シ難キニヨリ次会ニ議ル
次期ノ役員
月校外一一於テ演舌スル者ヲ投票一一テ撲挙スルコト如左
第八拾三会
役
員
668
欠席十五名内無断。九名
第一条
校内演舌ハ従来ノ通リ取行ブベキコト
校外演舌ハ当分ノ内見合セ置グベキコト
比日前会ノ如ク社事ヲ議シ国内ア取リノ定メシ処ノ条件左ノ如シ
第二条
ム出向ハ一ヶ月二会ト定ムベキコト
第四条
社業ハ七時ニ始日九時ヲ過ギザルベキコト
右二会ノ内一会ヲ演千日会一会ヲ討論会トスベキコト
第一一一条
第五条
無断欠席三回ニ及ブ者ハ退社申シ付ベキコト
伯一シ第二及ピ第四ノ土隈日トス
第六条
此臼伊藤一援、黒岩、田内、内田及ピ柳本ノ五殺事故アルヲ以テ送
社ヲ乞ヘリ
九月廿七日
ルニ外人虚一一乗シテ我ヲ窺フトキハ我侭ヲ以一アカ能之ヲ拒ン故一一我
国ノ独立ヲ保存シ東洋ノ安ヲ計ント欲セパ支那ト聯合スルヲ以テ上
策トス
近頃琉球事件一一付キ殺々ノ説アレド琉球ハ悶ヨリ我属日出ナリ今若シ
我怠ヲ曲ゲテ支那ノ望一一随フトキハ是弱ヲ示シ恥ヲ顕スナリ支那ハ
大国一一シテ人心和合セズ故一一共一一事ヲ為スベカラズ今我国ノ安ヲ計
ルハ外ニ依ラスシテ市川ヲ固ブスルエアリ
治局ニ同意スル者多数
鶴崎氏モ当分ノ内出席難致治ヲ山中出セリ
第九拾会
第九拾一一回
十月廿五日
此白藤臼佐久間内村太田ノ四氏自諜多忙一一付退社ヲ乞ブ
ノ上閉会ス
此日講堂中未ストーブノ設ナク寒気犠エ難キヲ以テ社長社員ト相談
十
十一月八日
77
︹
︺
此門口出問ストーブノ設ナク五社員ノ欠席多キヲ以テ別段社本一一取掛一プ
ズ
第九拾二回
伊藤、氷
t
、
、
第八拾九人公
日
斎藤
杉
山
欠席十三人ヴ添削欠路七人
村
宮部
t 山宮
J
之部
野凶高
木
ハ伊
欠E
事
席永
7
.j
,
内
比日伊藤鍬君ハ事故アルヲ以テ暫時退社ヲ乞フ又伊藤一隆黒岩国内
一
十
月
高
木
内問及柳本ノ五氏モ退社ヲ市中出セリ
回I
野
討論
渡
瀬
#
1
:
日清阿国ノ交際ヲ破ルハ東洋政略ノ円以非ナルモノナリ
小林
演古老
佐藤日間
久々我国ノ景持ヲ考フルニ国未箆兵米強若シ此時一一当リ一五支那ト不
務局
消
局
合資会社
J
I
I
和ヲ生、スルトキハ百業不盛物産不起我国ノ因微笑一一不可言之一一加フ
荒
関議社記録
669
也然リ而シ一ア有一事業/成効ヲ郊センニハ之ヲ主任スル者信義ト熱
一ア社務ヲ取扱フノ行フ一円カラザルハ論ヲ待タズシテ昭々夕刊ツタレパ
セシムルニ一夜役人ヲ用ヰザルベカラズ是レ幾百幾千万ノ株主ノ会シ
一ブザルヲ得ズ今一ノ合資会社プランニ其資金ヲ支配シ立ツ之ヲ使用
一一伴ハザル者ハアラザル也合資会社既一一共益アリ又之一一伴フ摂袋ア
然りト難モ得失ハ虚影実形⋮一於ケルカ如シ未一得アツテ一失ノ之
ハム日資ノ利議白ラ昭々タ一ブン
威力条一一存スル者アレバ也政府ハ一大合資会社ナリ投入是一一一終セ
造ニ開銀一一一一政府ノ企及シテ毎々茶効ヲ竣ル者ハ何ゾヤ他ナシ合資ノ
ナシトセザルニ於テヲヤ鉄道布設ノ如キ敢一ア排刑事一一非ル也鉄道一一製
自白ア忽一千万円ノ資金ヲ生ズベシ矧ンヤ幾千幾万ノ資金ヲ者スル者
ん口資生ハカシテ之ヲ為ストキハ千円ノ資金ヲ有スル者一万人ノム口カニ
許ナラン乎我日本ノ如キニ於一アハ未タ共人ヲ見ザル也然汁ツト難モ今
万ノ資金ヲ姿ス一個人ノ金力能之
シ得ル者天下山一党ハ人アル幾
ト一一山フニ外ナラズ例ヘパ一線ノ鉄道ノ如シ之ヲ布設スルニ無慮幾百
領ヲ約一マ一口セン一二個人ノ金カヲ以為シ能ハサル所ノ事業ヲ成シ克フ
金力結合ノ援タルヤ千種万類一々接指スルニ一般アラズト縫モ今其嬰
ツ合資会社ヲ設ケテ天下一一散没シタル金カヲ結合セザル可ラズ夫レ
ノ綴多ナランコトヲ妥ス可用資本ヲシテ銭多ナラシメント欲セバ先
モ之ヲ振起シ之ヲ隆盛ナラシメ γト 欲 セ パ 先 ツ 可 用 資 本
極メ一円以下ノ如キハ本銭ト等シグ一計算スル一一室ルハ其例砂カラズ
昇進スルヲ希望スル能ハザルノミナラズ会計上等ニ於テモ不精細ヲ
ンヤ受任者既一一熱心ナク日明ンゾ其注意精密ナルヲ得ンヤ唯社業ノ愈
フ)ノ事務ヲヤ之ガ受任者ヲシテ熱心ナ一ブシメント欲スルモ笠能ハ
議一浮キ政府ノ事務スラ猪口品然り況ンヤ一小会社(政府一一比較シテ云
テ僅一一二三ヲ得ベキノミ之ヲ怠ルノ罰ハ間以モ重グ之ヲ勤ムルノ貴乃
一ブズ熱心其率一一従事シ進ンデ公衆ノ利益ア計ル者古今ニ其人ヲ要メ
アルノミ是一一於テカ在庭ノ管支一一シテ其位ノ高グ其任ノ震キニモ係
日一俊ヒ月々ノ俸給ニ収受シテ無事平穏一一凌ンコトヲ勤ムルノ一途ユ
ハ直接一一受任者ノ頭上一一落チザル也受任者ノ得失ハ人気一一議ヒ世情
レパ也政府ハ一大会社ナリ在庭ノ官吏一履役人也受任者也政府ノ得失
ノミ存ジテ自他ノ得失ノアル所一一存ゼザルハ自然ノ恋人情基ク所ナ
ヲ保存セシムルノ方法甚媛シトス蓋熱心ハ自己ノ得失ノ関スル所ニ
守護スベシト難モ其熱心ノ如キニ一全テハ規則モ之ヲ悶絞スル能ズ之
ヲ被ルヲ難一ブシムル者アリ之一一加フルニ適宜ノ社則ヲ設ケテ猶之ヲ
キハ輿論ノ批評之レガ護衛ヲナシテ度外ノ鉄面皮渓ヲ除クノ外ハ之
即一辰一役人ヲシテ信義ト熱心保タシムルノ方法ハアル乎臼其信義ノ如
妙ノ際三波紋シテ郭底其成効ハ期ス一同二フザランム 7合 資 会 社 ノ 受 任 者
本モ私欲資質ニ投入センノミ之ヲ主任スル者一一熱心ナクンバ事業微
心ノニ者無カルベカラズ之ヲ支配スル者一一信義ナクンパ幾百万ノ資
670
ヲ計算外ニポ菊地スル如キハ共栄ノ哀倣ヲ来タスノ基トナラザルヲ得
能知ル所ニシテ一円以下ノ金銭モ集合スレパ一大金額ヲ為スベシ之
ラスト難モ大資金ノ利用ハ常ニ小利
セザルニアルハ理財家/
又 敢 テ 怪 ム ニ 足 ラ サ ル 也 幾 百 万 円 中 / 円ハ小分子ナリ敬一三谷一一足
トア一ブンヤ況ンヤ主任者一一既定ノ俸給ヲ与へズシ
視ニ勝ルヲ以テ若主任者茶人ヲ得パ社業ノ成功髭期スベカラザルコ
ルベシト縫モ才土ノ寸考ハ魯淡ノ尺考一一勝リ才士ノ一瞥ハ魯漢ノ百
為ノ士ト雄三民人ノ事ナレバ其業ニ熱心従事能ハザルハ人情ノ常ナ
ヲ客マズ才能敢為ノ土ヲ撰ンデ而シテ之一一委任スル即是ナリ才能敢
ノ利益幾分
ンヤ抑事業ヲ間関起スルヤ或ハ之ヲ成効シ之ヲ永続センコトヲ嬰ス中
ルノ法アルニ於テヲヤ由之テカ余ハ断乎シテ発一一一口ス臼ク資金結合ハ
ノ一ヲ与へンコトヲ約シ間接一一主任者ト会社トノ得失ヲ一ナラシム
生スル者也之ヲ阿国シテ無キ一一如カザルノ起業ト⋮寸一口ハザル可ケンヤ然
和アリ議アリ有大事業ヲ会テント欲セパ之一一依頼セズンバアルベカ
スル如キ者ハ徒ラ一一資本ヲ笠授スル者也天下一一損亡ヲ
市シ一ア合資会社ノ如キ之ヲ責任スル者一一熱心ナグ到底其事業ノ成効
書記佐藤勇
斎藤祥三郎
ラザル也宥合、資会社一一シテ中途一一シテ欧廃スル如キコトア一ブバ是川知
決舌者未草稿ヲ寄セズ
第十期
副社長約野田男士口
佐藤昌介、稲山清利、高岡直吉、和野四努吉、鶴崎粂一、渡瀬笈
中根閉山、尾泉良太郎、小野兼基、大島正健、斎藤祥一一一郎、佐藤勇、
太郎、岩崎行親、小林秀次郎、町村金弥、毛受腕次郎、宮部金吾、
荒川重秀、原田成点、久島平成義、伊吹鈴造、池図版陥次郎、伊藤英
社長人名似ジ一一万汁八日調衣
社長渡瀬寅次郎
只
人心ヲ小一一スル勿レ
期シ難シトセン乎即チ資金結合ハ其利益其損害ヲ償フテ足一フズ
除一アハ其成功到底郷スベカラズト揚言スル所以ナリノ
然ト難モ翻一ア一考スルトキハ縦令多少ノ不便アルニモセヨ資金結合
ノ益ハ説明んベトシテ其不便ノ上一一銭ユル者アルヲ見ルベシ今表シ合資
ノ不便ヲ鳴ラシテ之ヲ御ケバ鉄道ノ如キ銀行ノ如キ開墾ノ如キ一個
人ノカ能ク之一一及パザル所ノ事業ハ果シテ何ノ時ヲ待ツテ市シテ成
ルヲ得ンヤ我日本ノ如キ奈ロノ氏ナキ国一一於テハ到底其期ナカルベ
キ也由之観之ハム口資一一多少ノ不便アルニセヨ円以此不使ヲ医治スベキ
ノ方法ヲ設ケテ而後合資ノ威力ヲ借一ブザル可カラザルハ多締ヲ嬰セ
ズシテ明了ナラン不便ヲ医治スルノ方法トハ何ゾヤ日夕多量ア
役
精密ナル規則ヲ製シテ社務大小トナク皆之一一白テ行ハシムベキ所ヲ
主任者其人ヲ得サルノ探也敢会社ノ失一一プラザル也(未完)
ン
、
一一容アル者ト一一一ロサルベカ一フズ是論者ノ往々金力結合ノ不使ヲ説ヒテ
途
総数弐拾参入
第九拾一一一会
討論会
一月二十二日夜
佐,耐力侭 γ当時役只タルヲ以テ小林代ル
北海道品川小猟制限法ハ経済一一合へリ
務局
二月二十八日夜
m
m紙を欠く。
繭来本社就業ハ午後六時半ヨリト決ス
第九十五回
討論会
稲山
農業ハ北海道開拓一一最大急務
積局
岡
当夜演舌者ノ外出席人人名、内問名ハ務局ヲ是トシ余四名ハ消局一一
ノ演舌アリ
演説表二名南側)欠席スルヲ以テ本会ヲ閉ツ前会三談リ霞シ大島氏
トニ決ス
第九十七回
該会ニテ役員ノ任期満ツルヲ以テ当夜ハ新ニ役員ヲ撰挙ス、左ノ諸
当会一一足立一万太郎氏退社ノ願書ヲ出ス、許可ス
ス閉会ス
当会ハ前会一一延ハセシ討論会ノ所復タ欠席人多キヲ以テ社業一一就カ
一一一月二十七日夜
本社討論会ハ出席人名ノ多数一一ナルマテ見合主演舌会ノミヲ関クコ
当会ハ本社出席人不足ヲ以テ通常社栄一一就グ能ハス次田ニ引延ス
一一一月十一一一日夜
挙手スルヲ以テ勝敗ヲ決セス
原稿全文別紙
第九十六回
間氏論題ハ理外ノ潔ナリ然レトモ演舌者ヨリ草稿之レナキヲ以テ登
第十一期
第九拾四回
︺
荒川、約野、大嶋
同心毅カ論
演舌者
荒川
77
リ
当夜ハ不快ニ付演舌一一犠へス臨席スルノ
︹
合資論第篇
野
二月十四日夜
期末マテノ処俣日二回ナレハ第十一期ノ全期ヲ取扱ブ率一一決ス
度モ社栄一一取掛一フス遂一一第十一期マテ引延ス故ヲ以テ役員在任モ十
当会一二中島信之出間隔太郎氏ノ同名退社ノ届出サル
鶴崎斎藤
高
十
録スルヲ得ス
局
次
此ノ後数回開クベキノ処社長欠席多キヲ以テ何レモ後閉ニ延ハシ一
尾
泉
伊
吹
~
罰
題
消
題
j
肖
長F
局
f
:
l
!
大
虫
色
訴j~社記録
671
672
君任ニ当ル
磁社長鶴組問粂
書記椙山治利
ヨη 〆
書記椙山清和
“一一主ル
明
尾出水良太郎
重義
副社長鶴崎久米
金弥
約埜四男古
池田篤二郎
兼基
渡瀬寅二郎
久嶋常一義
+同出土日
四月廿四日夜
斎藤祥一一一郎
~LI:ュ
社長佐藤田田介
社長佐藤田日介
正健
総計十五名
第九十入会
出席九名
中根問問
五月七日夜
此会ニ原図成良退社ヲ願出
佐藤莞 鶴崎久米一
間後之演説者ヲ定ムル事左ノ如シ
立(他之演壬口者依所労欠席ス
原稿未寄セズ
習慣之勢力
成
点
第十二期
役員
四月サ四日明州
設
⋮
秀
社員
荒
其他無記事
第九十九会
野
鈴
ユ
旦
1
良
伊
吹
間
t
可
蹄I
際
問
村
久
1
¥
鳥
中
守安r
行
親
J
I
I
I
U
.
I
¥
岩
崎
大
尾泉良太郎
五月サ二日夜
欠席過半ナルヲ以テ暫時ニシテ散ス
無記事
第百会
伊吹鈴造
出席者七名
演説者
養護
原稿ヲ得ザルヲ以テ記載セズ
其他欠席ス
︹男ノ誤カ
栂野田芳士口
約野田芳士口
発一一一同者臼グ近者出席者少数且卒業之期日一安リ生等ニ於テモ又多事願
クハ木月中臨時会ヲ設ケ関識社第十二期ヲ皐ラント衆之一一間同意スル
五月廿九日夜
ヲ以テ木月サ九日︿土隠日﹀ニ右会問問クコト一一決ス
第百一会部臨時会
出席者人名
此会ハ即チ臨時ニ設ケタルモノニシテ卒業諸氏ニ対シ離日経トモ称ス
可キモノナレパ之ヨリ演説者ヲ定メシニ非ス唯諸君ノ適宜一一任セ
リ、第一一一足泉氏立一ア﹁一日モ楽ミナカル可カラズ﹂ノ題ヲ演説ス
次ニ約林一一氏ハ異説者ヲ友ト為ス一吋シノ点ヨリ論及シ古今ノ諸例ヲ挙
ケ若シ友誼ヲ結バザル時ハ互ニ怨ヲムザ口ミ其結果ハ却チ国乱ヲ構ユル
山一到ル可一広々次ニ高岡氏ハ﹁社間気中将ニム人学ニ入一ブントスル諸表ノ
為メ一一祝シ併セテ卑見ヲ演。フ﹂ノ題ヲ説ク次一一渡瀬氏ハ諸氏一一対シ
関識字土記録
673
謝一一日ヲ演フ臼グ光陰ハ矢ノ如シ我楚此校ヲ去ル僅⋮一回匂ヲ残スル己
ミ一広々鳴呼問問識校ヨ汝ハ我々ヲシテ権理ノ何者タルヲ教ヒ汝ハ我々
ヲシテ義務ノ何者タルヲ知一フシメタザ一広々我輩ハ諸君ヨリ得タル所
WT
素之ヲ試ルニ皆
副社長池田鷹次郎
第拾三期記録
岩崎
中川
行親
栂野四男士口
高岡
m
m治十三年十月廿二日調
社長官向田附庭士口
校長人名
池田鷹次郎
粂士口
清利
ふ同県士口
口μ
町村
書記斎藤祥三郎
盟問官口
始メニ慣習及ピ先例之勢力ヲ説キ市中ロニ国民日一致事之思想ナキノ寄
社長高岡直吉
的村金弥
ノ如シ
レカノ西人ノ以テ待機之弾金一一比シ古人ノ以テ悶之大本ナリトスル
当ムマ我悶之大閤難タル条約之改正ヲ行ヒ紙幣之下落ヲ済フハタマ其
右鶴崎久米一演舌
所ロノ農ヲ修ムル諸君ノカニアル耶否諸君ノ任アル耶一広々
書記斎藤祥一一一郎
鶴崎久米一
副社長池田隊二郎
栂埜凶田刀士口
右料開野間間力士口演舌
荒川氏日夕諸君ノ高論点叫説吾輩ヲシテ黙座スル能ハサラシメタリ一広
次会演説者一一一名
第十一一一期役員
小集会ヲ関キ後期役員ヲ撰挙シ井一一次会演説者ヲ定ムル
九月十八日夜︿土曜日)
ヲ述べ終り一一夫ノ集会条例ノ我国民ヨリ漸ク政事之思怒ヲ奪ヒ遂日一
斎藤祥三郎
金
少ナカラズ吾輩ハ諮君一一向テ深ク謝ス一広々次ニ大嶋氏演説ス臼グ諺
pgHSF25去仏語∞ト笠ナルカナ一一一口也若人ハ
帝国多キモノハ突地⋮一之ヲ為ス殊ニ稀ナリ是レ五日人ノ常一一遺憾ト為ス
総拾四人
弥
生大ヨリ演説ノ要点ヲ述べ終一ア二年一一一年諸氏一一向テ謝言ヲ述ブ次一一
と
郊 古
住
我国ヲシテ復政談ナキノ惨状ヲ是セシムルヲ虞リ一策ヲ述ブ其策一一
と良
次期ノ役員ヲ撲挙セント欲セシモ出席少数ナルヲ以テ衆議本社率務
粂と太 武
日グ後来我国ヲシテ政談ナキノ惨状ヲ見政談ナキノ浩容ヲ被ラシメ
明治十三年九月分五日
鶴と尾
崎と泉
フ
じ
貞
明
一
日
処ナリ諸君ヨ願、クハ虚論空説ニ走テ以テ其宮沢ヲ失セラレザランコト
︹ママ︺
ヲ一広々次ニ鶴崎氏ハ単一一本社設立ノ原田等ヲ演ベ本社ノ益盛大ナラ
コトヲ翠ム一広々依テ今回卒業ノ諸君此校ヲ出ツルト難モ猶社員同様
中 頭
根 本
ヲ右ロ良撰挙迄鶴崎氏及ヒ余一一委任セントス余於之ヲ諾ス依一ア袋一一関
演説
太
ザル書生ガ常⋮一致事之思想ヲ其脳中ニ蔵ムルニ十位日一広々
百
識社第十二期ヲ閉ヅ
尽力アランコトヲ希袈ス一広々次ニ佐藤岡田氏ハ言論自由ノ題述ブ次一一
第
郎
役
員
雪
キ
山 増
6
7
4
町村金弥欠席
明治九年十一月
本社之レヲ関識社ト名ク
関識社規則則
第一条
投票ヲ以テ社員一ニ名ヲ挙テ之レヲ校長、副社長、書記トナ
。次会ヨリ午後六時半ヲ以一ア防会ノコトニ決ス
O頭本元点、一一一増久米吉、中川太郎ノ入社ヲ穏ルス
第二条
第一一一条
社長ハ社中ノ事務ヲ総轄ス
社長、副社長、書記之レヲ総称シテ役員ト云フ
シ社中細大ノ事務悉ク之レヲ統轄セシム
。ランプハ同会ヨリ一一人出席スル者ノ内二ノ繰合セ持込ムコト
O岩崎行線、尾自民良太郎病アリ暫ク欠席ヲ議フ
第四条
副社長ハ社長若シタパ書記疾病事故アリ欠席スルトキ之レ
O松野四回力士口ノ建議ヲ用ヒ本社ノ規則ヲ編条シテ新入生徒一一凶達順
覧セシムルコトニ決ス
第五条
︺
第七条
第六条
社ニ関スル非常ノ事件ハ通常会若クバ臨時会一一於テ出席社
役員ノ任郊ハ本校学期ヲ折半シタル其一トス
書記ハ記録芥ニ金銭出納ノ事ヲ可ル
定期ノ時日ニ集会スルヲ通常会ト一広ヒ其他ノ時口三一一於テス
社長ハ其意見若クパ社員大半数ノ意見ヲ以テ臨待会ヲ慌ク
毎月第二第鴎ノ両土曜ヲ会臼トス
但シ時限ハ随時便宜之レヲ定ム
第十一条
ノ権ア汀ノ
第十条
ルヲ臨時会ト一広フ
第九条
但シ社員向数一一般ル、トキハ社長其意見ヲ以テ之レ、ヲ決ス可シ
ロ民大半数ノ怠見ヲ以テ之レヲ決ス
第八条
一一代ツテ其織ヲ理ムル者トス
此決議一一ヨリヤM記 ノ 編 纂 シ テ 十 月 二 日 ヲ 以 テ 新 入 一 年 生 徒 へ 回 途
セル規則左ノ如シ
開識社規則
シメント欲スト云爾
学見知識ヲ広ブシ以テ奇人ヲシテ明治之聖代一一一惚ヂザルノ忠臣タラ
リ故一一五日人ハ弦⋮一此社ヲ結ピ以一ア吾人ガ天賦之性ヲ磁キ以テ吾人ガ
︹
77
ハザルヤ、選シ億んベコレ何ノ故ゾヤ多一一冊目ヲ姿セズ識見ニ乏シケレパナ
度ハ巳一一コ、一一達セリ然レドモ其未ダ以一ア富強ヲ欧米ト誤煩スル能
法ヲ得法律檎其衡ヲ得銭的問百般之事亦腕時々サハ絡一一就ケリ夫レ間切之
未ダハ川口テアラズ他国未ダぢテ有ラザルノ一大進歩ヲ絞教脊殆ンド投(
精神ハ文芸学術之進歩ヲ以テ振起ス惟ルニ我国ハナエ政復古之後前代
J
国 之 開 明 ハ 大 ヒ ニ 民 人 独 行 自 立 之 精仰 ニ 陶 ル 雨 シ テ 民 人 独 行 自 立 之
緒
関与現役記録
67ラ
本社ノ社業ヲ演説、討論、
第サ二条
第サ一条
退社セント欲スル者アルトキハ社長ハ之レヲ社員一五日、ゲ
退社セント欲スル者ハ其出ヲ書面ヲ以テ願出、ツベシ
ノ一一一者トス
第十二条
二会ノ内第二土限日ヲ演説日トシ第四土曜日ヲ討論日ト
第サ一一一条
第廿四条
社業終了ノ後相談会ヲ関キ本校生徒トシテ社員一尚一一関
無断欠席一一一回一二次ブ者ハ除名スベシ
此規則ハ臨持会又ハ通常会一一於テ出席社員大半数ノ意見
池間際次郎、中根拐、椙山清利
明治十三年十月九日
市甲板明
我抗ハ一事ヲ勤メ一業ヲナスモ帝国現今ノ実況ヲ熟察シテ其鼓モ急
態一一効シ以一ア我 帝国ヲシテ開明域ニ進マシメントスルニアルノミO
国ノ赤心一一基キ社会ノ鴻福ヲ同日トシ怠ヲ事々物々ニ注ギカヲ千状万
ヲ謀ルヲ以テ一片/同制途単純ノ期望トナスニ非ザルナヲマタ将一一愛
我長少品仏学生ノ今日奈々強勉以テ学業一一追従スルハ一身一日ノ私利
ハ精神気カヲ振起セザルベカラズ
書記事故アジ出席セズ副社長池田驚次郎之レニ代ハル
第百一一一会
O次 会 ノ 演 説 者
ヲ以テ更改スルヲ得ルモノナリ
第サ六条
スル事件ヲ論議スルコトアルベシ
第廿五条
欠席スル者ハ開会ノ前誉回ヲ以テ共事由ヲ役員二絢出可
其大半数ノ意見ヲ以テ之レヲ許否ス可シ
第十一一一条
後会ノ討論者或ハ演説者二叩会一一於テ社長之レヲ指名ス
但シ議案務議ハ議案アルトキ討論同一一於テ之レヲ行ブモノトス
第十四条
可シ
ト欲スルモノアルトキハ社庶民ハ之レヲ許ス可シ但シ時限ニ差詞
但シ通常会一一於テ社長自一フ奮テ本会若クパ次会ノ演説者タラン
演説者ハ始業ノ前其論題ヲ書記ニ致シ授キ終業ノ後其稿
演説考討論者ハ書一記ノ指名ヲ倹テ其佼均一一就キ講談論議
ナキヲ要ス
スベシ
第十五条
第十六条
ヲ書記ニ出ス可シ書記ハ却チ之レア記録者一一上ス可シ
毎会始業ノ前一社長ハ社中一人ヲ指名シテ批評者トナス可
演
説
/
第十七条
入社セント欲スル者ハ通常会一一出席シテ其趣キノ願書ヲ
ル者ハ皆社員タルヲ得ベシ
シ而シテ終業ノ後書記ハ其批評ヲ促ス可シ
第十八条
第十九条
入社セント欲スル者アルトキハ社長ハ其姓名ヲ社長ニ告
出ダス可シ
第廿条
ゲ英大半数ノ意見ヲ採テ之レヲ許一合ス可シ
シ
今
ス
676
ナ ル 者 ニ 就 カ ザ ル 可 カ ラ ズO 当 今 ノ 急 務 ハ 物 産 ヲ 輿 シ 製 造 ヲ 援 ニ ス
翌日山ヲ陳セントス
ト枚挙スルニ法アラズ今兵二三ヲ挙ゲテ以テ m
シテ主張
当今飲洲各国一一於テ社会党ナル者プリ其勢甚ダ恐ルベキモノアリ其
社会ニ障害ヲ与フル蓋シ鮮少ニ非ザル也而シシ
︹ママ
ルニアリ、マタ一様外国人ヲ、口芯クルニアジ我輩少壮生カ翠々強勉シ一ア
グ学土トナワ雇外国人ヲ返クルハ最モヨシ、何ソウタカウニ足一ブ
日T
スル所/者ハ侭ゾヤ蓋シ財産一半分、位級平等ノ類一一外ナラズ其墓ク
ヲ修ムルニア
ンヤ
所ロハ敢テ理ナキ一一非ラズト餓今日欧洲各国ノ有様一一テハ未タ行フ
(?)07 タ此大卒業ヲナス
O精 心 気 カ ヲ 振
O 当今壮年 川
l 市川ノ突況此だノ気力一一乏シキコト其例
リ
可カラザルノ説ニシテ却一ア摘答一ブ与フルコト論ヲ勿ズ苅シテ其比一一
一ア閥、クパ精神気カヲ振起シ実学ヲ修メ其活用ヲナサンコトヲ之レツ
鳴呼当今ノ
楽ヲ究ムルコト至レリト云フ一月シ而シテテ下等社会一一歪テハ貧第甚
川州各思ニ於一アハ社会上中等ノ位地一一立ツモノハ甚ダ富俊一一シテ其快
誌記リシ一所以ヲ考フルニ蓋シ反動力ノ為ス所ロナリツ何トナレバ目今欧
︹??︺
起セザル可カラズ其用立ハ加山
トメ以テ我帝国ヲ真正/文明協化ノ域一一進メ我独立ノ間旗ヲシテ世
ダシ夕日夕ノ衣食一一笹口シムモノ油田然リ此ノ如グ焚富ノ冊一日甚ダシキ一一
ヨロハ字ヲ知リ率三論スルヲ以テ足レリトナサズシ
界万国一一照臨セシメヨ
至リタルガ故遂ニ其反動力投ハ反対ノ点一一至リ今日ノ如キ社会党等ヲ
引起ス⋮一室リタジ
松山清利
O池田際次郎代理書記タルヲ以テ演説セズ
仏国革命ノ如キモ兵一例ナリ蓋シ仏国路易十四世及十五十六世一一及
山林之説
。黒宮武雄ノ入社ヲ可ルス
欧川州各国ノ争乱ヲ引起シ民叫共栄ヲ為ス能ハズ国其威ヲ張ル能ハザル
獄 屋 ニ 終 ηノ或ハ刑場ノ露ト消ユルニ需品日ノ民傷未ダ愈エザルニ又尋一ア
命ノ乱起日ノシヨロツ日々殺気甚ダシク昨日ノ王室后妃ニ至ルマデ或ハ
ピ其専制愈廿甘いダシクナリタルガ故一一遂ニ其反対ノ極一一及、と一タピ卒
明治十一一一年十月廿二日
O 次会演説者、関本元長、中川太郎、三増久米士口
第百閉会
顕本一苅貞
ヨン﹂ 一一一ア一方ノ力強キニ退ギ却テ余力ヲ反倒ノ点ニ及ボス者是レ
ノ如キ者トナリ士口シハ礼譲ヲ震ジ質朴ヲ尚ビタル者モ今日ハ礼儀ヲ
我国一一於テハ士口シ頑固断壮ノ壮年輩そ今ハ生意気ノ無気無力婦女子
一歪リタルナリ
也此反動力ナル者士口ヨリ今日一一安ルマデ禍害一ブ社会一一及ボシタルコ
夫レ反動力ナル者ハ諸君モ能ク知一フル、如ク英一議ノ所前﹁レプグシ
反動力之説
演
説
関識社記録
677
土益起り其勢ヒ甚ダ盛ンナル一一五日夕リ荷シテ又熟考スレバ政府モ
府ニ追ル部シテ政府未ダ其望ヲ満足セシメズ怠比一一於テカ四方ノ有士山
日一及パズト雄ドモ今日間会開設願望者ナル者アリ白方一一起リ以テ政
ノ為ス所ロナジ上ニ述ブル如キ者ノミ日一止ル時ハ米ダ甚ダ歎息スル
一一至レリ畳一一致スベキニ非ラズヤ苅シテ其此一一室リタルモ亦反動力
正シ朴直ヲ重ズル表ヲ見レパ或ハ頭間ト一去ヒ迂同トナシテ賎シムル
﹁ソロモン﹂ガ小麦及油ヲタイヤ国王﹁ヒ一ブム﹂ニ送けどア材木一一換
足ヲ来タセリ故一二父開却ハ既ニ大古蛮野/時一一ダモ行ハレタリ彼ノ
業法ニ従テ己ノ作リ一ア余リアル表ヲ以テ抽出人ノ有余一一換へ己レノ満
リ凶ヲモ耕ヤシ衣服ヲモ製スルコトハ出来難キコトナリ是以所認分
姿用ナル者ヲ震皆自作スル能ハザレパナワ時三バムマ一人一一テ家ヲモ作
多少商売ノ姿ヲ形ハスモノナリ何トナレパ如何ナル人ニテモ己レニ
翻テ往士口蒙昧ノ世ヲ見ル一一人民集合シテ一小部落ヲナストキハ自然
者ハ紙幣之下落即是也
ヘタルガ如キ又﹁アブ一ブハム﹂ノ銀塊四百﹁シヱツケル﹂ヲ出シテ
廿四ダ戒厳スル所アリ人民モ少シク過激一一室リタルガ如シ或ハ一新郎
ヲ市中付ラレ或ハ罰金或ハ禁獄ニ処セ一フル、ニ百点ル余窃カ⋮一全国有士山
記者ニシテ菜地方向一遊ビ何々ノ事アワシトカ或ハ演説ヲナシテ停止
﹁マチベラ﹂ノ洞窟ト畑トヲ頁ヒタルガ如キ郎其
従テ問問問問ノ基礎トナワタリ錐然比買易一一テハ不都合ノ燦甚ダ多シ今
ロ問ヲ以一ア物品ュ換フルヲ貿易ト一一品フ貿易既日一盛ンナレパ交際弥広グ
例也此如総テ物
諸君ノ反動力ノ使ブ所ロトナ一ブザランコトヲ希望スル間己
時難ヲ放フハ一一一諸窓ノ任一一アジ
中川太郎
生ハ寅ロノ育寄生ナリ薄学微才口以テ明論ヲ吐グ能ハズ百以テ千史
不定ノ歎スベキアリ或ハ何或ハ何ト一々名状スベカラズシテ其流毒
現今我医ノ難事ハ一ニシテ足ラズ或ハ条約改正ノ事件アジ或ハ国憲
ク知テ一一言ハザルハ不義ナワト放一二一ず一間以テ諸君ノ一一笑ニ供セントス
日以テ一言ブ可シ長ンゾ理論ノ拙劣ナルヲ一線ミルニ遠プランヤ古人日
開口肢ヲ儲フル以上ハヰ以テ問ク可グ目以テ見ルベグ鼻以テ臭ク可ク
ト蜂モ之レヲ挙グルニ暇アラザレパ略ス
他何ニ付ケ蚊一一付ケ此種ノ貿易ノ不便利ヲ託スルニ沢山ノ事柄アリ
時ト場所トノ一致スル非一ブザルヨヲハ到底我満足ヲ充タス能ハス其
得ズ此ノ如キ有様一一テハ時ノ損失兆一ダシクサレパコソ比買易一一テハ
バ如何センヤ然ルトキハ方々定リノ廻テ之レヲ欲スル者ヲ探ラザルヲ
ナキトキハ我願意ハ付ブマジ縦令有之トスルモ其人羽織ヲ有セザレ
石ノ米ヲ以テ羽織一枚一一換ヘントスルニ若シ立ハ時米ヲ婆スル者
社会一一夜延シテ人文ノ害タルコトハ今更余波ノ喋々ヲ姿セザル税ナ
世人統一一此貿易ノ不便利ナルヲ発明セシテ以テ何ガカ比仲立者ヲ設
ヲ潟察スル能ハズ然レトモ耳目森口ハ各其用アリ有モ生ヲ天ニ菜ケ
レトモ就中最モ直接ノ害ヲ我法人民一一及ボシ難中ノ受難ト称スベキ
我
678
ルヤト間ブニ金銀ハ世間一一稀一一シテ市側ノ高下以ダ少キヲ以テ貿易
ヲ製造セリ是郎チ貨幣ナリ扱金銀ヲ以テ貨幣ヲ造リシコトハ何故ナ
ケテ交易ノ便利ヲ謀一フント種々思案ヲ凝一ブセシ後始メテ一種ノ機械
幣下溶ノ事ニハ竹一論者緩んベノ臆説ヲ吐キ議ハ大ヒニ外国債之れがワ一時
一一此困難ニ先タチテ紙幣下落ヲ挽匝スルハ有志者ノ一大友任夕日紙
危急ノ場合一一安打ソテニハ日ノ苔部十日ノ菊隣ヲ噛ムトモ及ブナシ故
多ノ日子ヲ経ナパ恐クパ
然レトモ紙幣ヲ以テスレバ十万弐十万ヲ持運ブハ紙一一帖ヲ携フルヨ
万円ヲ持速やブニ金銀賞ニ一アハ共容大キクシテ容泌ナラザル面倒ナリ
造出シテ余銀貸ノ不足ヲ裕ヒタリ夫レ紙幣ノ便益タル仮令ヒパ金一
ヲ以テ貿易ヲ行ヒ来リシト駿トモ役ノ伺幾貨幣ノ欠亡一一ヨリ緒幣ヲ
法ノ盛大一一成行キタルコトハ突一一軒クニ堪タリ此ノ如グ役一一金銀貨
大難事ナリ之レヲ救ブハ亦難キノ至リナリト雌モ余法ノ考フル所ヲ
ノ策タルヲ免カレズ既二郎ニモ一一一口ヘル如ク紙幣下落ハ突一一当時ノ一
シ五日活謂ラク論者ノ論或ハヨシトスル所アリト難トモ到底一刀両断
利子ヲ付セザルベカラズ然ルトキハ之レヲ償還スルハ法ダ難カルベ
一ア危キ話ナリ仮令一昨吋/危ヲ救と得ルトモ内外国債一一ハ年々許多ノ
ト州北(論経んベ様々ナ ηノト雌トモ此等ノ説タルヤ一刀両断ノ計一一シテ至
一紙幣ト交換スベシト一去ヒ或ハ内国債ヲ募リ
一横ハリノ飢声ヰヲ努カソトスヵ、ル
z
ノ仲立一一ハ最モ宣シキ者トスサレパコソ金銀貸出テヨリ世間一般 商
リモ易シ斯ク断論スレバ紙幣ノ発出ハ如何一一許多ナルモヨキ様ナレ
以一アスレパ大一一国産ヲ振起スルノ一プルノミ此策タルヤ
紙幣ノ発行多キニ過ギタルヲ以テ直的ノ下落低此スル所ロヲ知ラズ
一一至ルヤ必セリ円台、、、ニ米国南北戦争仏国革命ノ時ヲ見ヨ貨幣乏シク
パ其側弥市川ザク終日一件札(下落一一ヨリ国勢委燃袋顔シテ如何トモスルナキ
ダ国債多クシテ立ハ邦安寧幸福ナルヲ閉山カザルナリ立又格幣弥多ケレ
一一尽力セズトモ可ナリト云フニハ非ザレトモ)之レニ先一ア振興スベ
ミ貿易ノ盛ンナル待ニ至リ大ヒニ尽力シ得ベシ(決シテ当今ハ工皮
議多キヲ以テ門以そ法怠ヲ要スル一所ナレトモコハ先ヅ少シク文明ノ進
夫レ国産中工産農産ノ二種アリ工皮ヲ路一一スルハ資本少ナクシ一ア利
能ク成功ヲ期スベキ所一一アラズト駿モ円以モ即位間ナルモノト一公ブ可シ
朝一タノ
時ノ危急ヲ救フ可シ
スル益んべ多キハ恰モ国債ヲシテ読んベ増加七シムル一一外ナラズ吾作市米
トモ決シテ然ルモノニ非一ブズ抑モ紙幣ハ一関ノ国債ナリ紙幣ノ発行
数千﹁フラング﹂守ノ出シ一ア漸ク衣服一枚ヲ洗濯シ得ル一一至レリ我議
キハ則チ淡産ナリ土人レ一陣ノ野蛮ノ境ヲ脱シテ文明ノ域一一入リ大一一
︹
︺
仏国史ヲ絡キ此紀一一妥リ未ダ築ヲ閣一ア慨歎セザルアラザルナザ閉山シ
潟業ニ為スプラントスルトキハ必ラズ先、ツ天産物郎農産ヲ振起耕作
77
テ我国現今/有様ヲ見ヨ米価日一一安ク随テ語物価日一一他的資シバぶマル
セザル可カラズ没産既一一振起スレバ純一ア工産ヲ盛大ナラシメ終ニハ
ペママ︺
所ロヲ知ラザラントス食民為メニ其股服ヲ肥ヤス能ハズ此如シテ許
関識社記録
規則追加
O討 論 会 ノ 議 員 ハ 社 員 一 向 タ ル ベ シ
留邦強国タルベキ也我国ニ於一アモ亦然り農産既一一寂ンナレバ随一ア工
度ヲ振起シ物産既一一余裕プリヌ易権ヲ快復シ大とニ商法ニ尽力スレ
。討論題ハ一一一題以上ヲ設ケ殻ク可シ
但シ社員中ヨリ題ヲ取ルノ法ハ侶慣一一依ル
バ国富ミ邦治マルハ一一一一口ハズシテ明カナリ貨幣巴ニ田中ニ充満セバ紙
幣減少スルハ自然ノ勢一一シテ亦タ何ゾ紙幣下落ヲ憂へンヤ斯ク国富
サシム可シ十山シテ其新怒亦議一一ヵ、ラザルトキハ閉会ノコト
。若シ一一一題尽ク議ニヵ、ラザルトキハ役員一向ヨリ新タニ論題ヲ出
ハ外国ト対峠スルハ勿論姐日ノ旗本東風一一翻リノ世界万国ヲ威服スル
O社 外 生 徒 ノ 本 社 ニ 来 り 客 員 ト ナ リ テ 演 説 セ ン ト 欲 ス ル 者 ア ル ト キ
ミ兵強キ時ハ白一ブ外人ノ侮伎ヲ防ギ条約改正モ為シ得ラルベシ終一一
一一至ルモ蓋シ難キニ非一ブザルベシ以上論ズル所口ニヨリテ見レハ尚氏
置シ
副社長頭本一苅点
投票セシム其滅亡一当ル者
社長約野四問主口
書記中川太郎
日日
次ノ討論会ノ論題
二問
書記中川太郎
斎藤
頭
本
、
折t
野
開会開設尚早シ
フ
度ヲ盛一一スルハ当今ノ一大難事タル紙幣下落ヲ民救スルハ論ナク我
ヲi'iJ
第十四期
廿十
国富強ノ基礎ト云フ可シ然リ而シテ農産ヲ盛ンナラシムルハ来シテ
ニレ
。現任役員ノ任期本会ヲ以一ア尽ク即チ出席社長ヲシテ次期ノ役員ヲ
ム
可
誰レノ任ニゾアル即チ諸芳ノ外他ナカルベシ将又本道ハ日本ノ得蔵
止
ク ノv
副社長頭本一克貞
ブ-t:
ナリ諮君ノ学才ヲ以テ無線ノ利源ヲ発起セパ我国ヲシテ富強ノ域一一
ク
ヲ
助ザ
進入セシムル鏡ニ掛ケズシ一ア明カナリ故一一日夕当今ノ危難ヲ救ヒ盛
綴・ス
明家
ノ屋
進改
歩良
強ノ基ヲ関クハ諸君ノ任一一アリト勉メヨヤ諸君
極・可
消・ノレ
文之
O 一一一増久米吉ハ本会/演説者ナリシガ共用窓ナキヲ以テ之レヲ次会
O
社長人名
スi
J
J月
一怒引センコトヲ乞フ
里山宮武雄、鶴崎粂一、一一一増久米吉、
積・ヲ
制ご海
ハ道
社長彬野田男士口
厭:;~七
民
O次 会 ノ 演 舌 者
討ハ
論之
同 亡
3
役
O規 則 第 十 二 条 中 議 案 審 議 ノ 四 字 ヲ 除 キ ノ 一 一 一 ヲ 改 メ テ 一 一 ト ナ ス
O同十一一一条ノ但書ヲ側ル
O 間十四条中討論者或ハ之五字ヲ側ル
O 何十五条討論者ノ一一一字ヲ削ル
6
7
9
680
愛国心
岩崎
一綴本
フ
G
壁一宮
日
日
'
け
け
吋
4
t
見ヨ碧血ヲ染出ス十一一一州男女老若ノ別ナク油田挙一ア英国ノ椀ヲ免ヌカ
レント千挫万折屈セズ櫛風泳雨ノ販難ヲ厭ハズ遂一一希代ノ栄功ヲ奏
社ノ諒一︿
ガ如キノ不幸日一週ハサル可カラズ斯ノ如キモノハ禽獣視スルニ外ナ
反シテ却一ア禁固ヲ閉山ハサル者アリ甚タシキハ白歯ヲ亡ボサントスル
念ナキ者プランヤ是皆人情ノ然ラシムル所ナリ然レトモ或ハ之レニ
一ブンヤ設レカ努テ民カヲ盛ンニシ国光ヲ万邦-一燦カサントスルノ思
愛スルノ士山プラザル者プランヤ議レカ起テ持ノ困難ヲ救ハサル者ア
トシテ感覚ナキ者アラズ況ンヤ霊長タル人類一一於テオヤ設カ国家ヲ
情己ム能ハズシテ遂ニ此稿ヲ率スルニ至レリ議フ之ヲ陳述セン万物
身共ハ絃ニ薄学加熱識ヲ顧ミズ聯カ演ヘントスル所ノ者ハ敢一ア愛国ノ
サレパ走ヲ知ル能ハサレハナリ今此困難ハ一般国民ノ失害ナリ而シ
人一個ノ能クスルトイヘトモ千百万人ノ得失利害ハ千百万人一一アラ
ゾヤ独り国会ヲ関グニプルノミ何トナレパ一人一個ノ得失利害ハ一
ハサル可カラズ然日ノ一向シテ条約ヲ改正シ財政ノ限難ヲ救フモノハ何
国家ヲ愛スル者ハ奮一ア大策ヲ立テ一位一一我百千万人ノ塗一炭ニ苦ムヲ救
シテ笠ニ之ガ改正救済ヲ当局者ノミ三位スベケンヤ有モ国家ヲ憂ヒ
日一非ズ譲シ国家ノ困難ナリ然バ我一一一千有余万ノ日本隠民ハ之ヲ傍観
ノ秋ト云フベシ此ノ両難タルヤ唯リ政府ノ困難ニ非ス亦人民ノ困難
紙幣其価格ヲ失ヒ随テ物価騰貴シ商業ノ衰顔ヲ来ス突ニ
清利
ス是郊チ思ヲ愛スルノ厚キヨ刀ノ此義挙ヲ成スニ至レリ鳴呼
事ト一広ハザルヲ得ンヤ華盛頓作理拭ハ人掛一寸ノ如キ真一一愛国者ト一一品ブベ
図転シテ我国今日ノ形勢ヲ日比ヨ古来未曾有ノ大困難アリ何ヲカ来曾
有ノ鴎難ト去フ臼グ条約改正井ニ財政困難走ナリ外ハ欧米人ノ侮ヲ
受ケ未タ条約改正ノ挙行フルヲ見ズ内ハ政府ガ前一一発行シタル適用
一フズ亦喫スヘキノ至ナリ一例ヲ上ンニ現今魯思ノ虚無党ノ如キ却チ
一ア国会ノ如キハ一般国民ノ得失利害ヲ固定スル要共ナレパ此ノ失寄
AA
危急存亡
是ナリ常ニ財産平均論ヲ唱へ剰サへ英皇帝ヲ試セントスルノ無法モ
ヲ除クニ何ノ難キコトノアルベキ乎見ヨ今日ハ地トシテ盟会開設ヲ
盛山宮
金
弥
ノ之ヲ呼デ何トカ云ハン是所詞人面獣心ナルモノナリ其身ヲ忘レ自
月十四日
関I
三増久米士日
総十一一一人
斎藤祥三郎
武
雄
政府ニ建自若シクハ請願セザル処ナシ捻日本国民ノ安忠至誠ニシテ
明治十一一一年十
鶴脇町久米一
T
見
約野閉山男士口
太
郎
中
根
貞
明
fJ
中
)
1
¥
池間鷹次郎
三増久米吉
高岡
出席七人
第百五会
直
国ヲ思愛セサル亦甚シキニ非一ブズヤ是一一反シテ誠一一米菌独立ノ壮ヲ
愛国論
シ
τ
'
"
村
武
雄
演
説
関言紋士記録
681
国家ヲ愛スル斯ノ如シ然レトモ政府ハ我英昭間五聖ナル天妥即位ノ始
メエ於テ万機公論ニ決ス可キヲ神明ニ誓ヒ又明治八年一一於テハ漸次
ニ立議政体ヲ立ツルノ禦詔ヲ発シ絵ヒシニモ係一ブズ断乎トシテ米タ
国会ヲ開設セズ口ハ一一一ノ当務者ノ左右スル所トナリ如此我問頻リニ
尚早ノ論ヲ格へ日本国民ハ知識未タ此点一一至ラスト依然トシテ尚子
渉主義ヲ守ル者アリト長タシキハ民権家ヲ白シテ敵視シ之レヲ魯ノ
H
明治十四年一月廿二日
出席三人少数ナルヲ以テ閉会ス
第百七会
出席人九人
中制収明
椙山清利
附
附
清利 お
直士口
粂士口
池凶康二郎
斎藤祥一一一郎
中川
此会ハ討論会一一当ルトイヘトモ論題不用意一一付相談会片山変ス
頭本一克貞
早川鉄弥本土源二郎ノ入社ヲ許ルス
次会演説者
次之会討論題
父母ノ予ヲ愛スルハ習慣ニヨル
{応ハ議殺スヘカラズ
次期役員ノ撰ニ当レル者
細川文五郎
書記中根問問
書記中根回
副社長黒営武雄
副社長池田際二郎
社長一一一増粂吉
第拾五期
社長岩崎行親
役員
明治十四年三月仕六日叩洲本以
里山骨凸
太
皮無党一一 兆 セ ン ト 盲 人 ノ 彩 シ キ 恩 人 ノ 多 キ コ ト 驚 ク ニ 足 レ ワ 夫 レ 我
国ノ民権ト魯国ノ民権トハ全ク其形ヲ異ニスルコトハ一一一尺ノ玄テモ
能ク知ル所一一シテ身共ノ守口ブヲ侯タズシテ開閉カナリ聖慮ノ在ル処ヲ
顧ミズ人民ノ誌際ヲ⋮そ九重-一通セサル当務者ハ果シテ何者ゾ之レ
︹ママ︺
一一対スルニ不息不義匝冠字ヲ以テスルモ何ノ不可ノアル可一一ヤ
一一一千有余/留胞兄弟ヨ兄弟等ハ不知ヤ国ノ盛衰ハ人民ノ気象ノ如何
一一関スルコトヲ何ゾ進テ閉山椴ノ拡張ヲ企謀セザル m
w呼仰一ア芙答除ノ
社員人名
本土源二郎
斎藤祥三郎
武雄
;
な
く
明
堀
官同キヲ望ミ節シテハ琵琵減ノ深キヲ見ヨ何ゾ此ノ山河ノ晴天ナルヲ愛
太郎
d
ト
ゴ
ツ
郎
増
早川
ヰ川
1J 鉄
総数拾七人
金
弥
弥
親
七サルヤ起セヨヤ愛国ノ精神奮ヘヨヤ独立ノ気象努テ国家ノ隆盛ヲ
図リ海外ノ諸悶一一対スト雄モ敢一ア一歩ヲ譲一ブザル完然無欠ノ確乎タ
ル独立国ヲ成サンコトヲ熱望シテ己ム能ハサルナリ
明治十三年十二月十二日
鶴崎氏欠席高田川氏之レニ代ワ食物一一付キ演説ヲナセリ
第百六会
問I
村
杉
山
点
フ
ロ
粂
立
本
産
島
中
根
崎
岩
崎
682
第百八会
本被之説
一一一増粂士口
明治十四年二月十二日
約野凹男士口
一副本一苅点
中川太郎
4CHrHHMtZRgE2rH 明記BqmC﹃同crEH仏C
門戸
J
臨持演説者
批評者
頚木元良
部社長池田康次郎別紙ノ鴻リ願出侯一一付願ノ遜
O中根切ハ本会ノ演説者タリシモ書記ノ任アルヲ以テ之レヲ免ル
。本期社長鶴崎粂
リ之ヲ許ス(社員ノ之ヲ許スモノ過半数ナルヲ以テナリ)
関識社御中
O前 件 ノ 如 ク ナ ル ヲ 以 テ 本 会 ノ 仮 校 長 ヲ 撰 ブ
欠席回名制⋮間協
。投票ノ多数ニヨリ和野田男古ヲ本会ノ仮社長トナス
O出 席 社 員 十 二 名
O相 談 会 ヲ 開 キ 本 期 ノ 社 長 副 社 長 ヲ 撰 ブ
前副社長
潟市宮武雄
投票ノ多数ヲ以テ其撰一一当ル者
一一一増粂土日
O次 会 ノ 演 説 者 ハ 早 川 鉄 弥 、 沼 山 宮 武 雄 、 本 土 源 二 郎 、 細 川 文 五 郎 ノ
四名ナリトス
O 以来﹁ナリノヤ否ヤ﹂ト去フ討論題ヲ出スヲ得可シ
明治十四年二月サ六日
太
設(写
第百九会
父母ノ子ヲ愛スルハ習慣一一ヨル
郎
貞
制 μVZ
?
"
日寸
フ
乙
僕義以不肖之身除社長之任於生拡栄ナワ然シ不才不堪其任加之頃
習慣ニヨラズシテ天性一一ヨル
椙山
=
一
一
下
二
一
一
口
叫川ム附
中川太郎之説ヲ賛成スルモノハ
約野四男土日
中
J
I
l
日日課多忙不得巳辞職仕候開諸君乞御承諾且又更ニ御居住候迄出
日
池田際次郎
慣習ニヨル一去々ヲ賛成スルモノ
天性一一ヨル一以んベヲ賛成スルモノ
四名
名
討論スルコト二時バカリ双方屈セザルヲ以テ校長起テ之ヲ社員一一間
十
ヒ兵賛成スル多数ナルモノヲ勝トナス
届市上侠也
月
一一多忙⋮一付出席難致伎一一付職員ヲ免レンコトヲ偏一一希望ス此段御
制附崎粂
頭本一万兵之説ヲ賛成スルモノハ
E
長
本
席致兼伎一一付此段合テ御届中上候山川
明治十四年一月サ九日
開識社伽問中
長
利
t
1
4
私儀元ヨリ舎則一一従ヒ乍不及相勉ム可筈ノ処何分昨今ハ学課非常
届
社
キ
白
山
j
奇
説
1
u
i
J
天性一一ヨル一広々ト一公フモノヲ勝トナス
烏ハ援殺スベカラズ
烏ハ燦殺スベシ
斎藤祥三郎ノ説ヲ賛成スルモノ
栂野田男士口
早川鉄弥
頭本元点
。次会演育者
予備演舌者
本土源二郎、堀宗一、中川太郎、栂野四男士口
頭本一万点、杉山清利
第百十一会
野蛮人民ノ幸福ハ開化人民ノ率福一一勝ル
O人ノ性ハ不善ヵ蕃カ
O 日清ノ戦ハ東洋ノ大幸福
ー日と
さミ
開剖引主シ 栂野四男士口
第拾六期役員
叫す抹殺ス可シ
社長
明治十四年四月廿一一一日
3
3
ゴ広三同
早川
細川文五郎
本土源二郎
斎藤祥一一一郎
O十勾モ天下ノ律令ヲ破口ノ法則ヲ犯ス者ハ笠ハ犯罪ノ軽重微大ヲ問ハズ
ス
約野四男吉之説ニ同意スルモノ
円一川ハ市鴨川殺スベシヲ勝トナスコトヲ符ズシテ遂ニ烏ハ援殺スヘカラズ
早川
細川文五郎
細川文五郊
本土源二郎
復
太
ヲ勝トナス(社員ノ同窓者過半数ナルヲ以テナリ)
次回開論題
野蛮人民ノ幸福ハ開化人民ノ幸福一一勝ル
札幌銭磁市民ニ対シテ鉄道ノ利助役
演説
第百十会
人ノ性ハ警カ不惑カ
日
門玄g
)UEgtcロ C
括花之説
m⋮小牧口
第百十二会
点
日本ハ東洋英国ト称スルニ足ラズ
利
害
郎
約野四男士口
臼清ノ戦ハ東洋ノ大幸福
頭
批評者
百
月
意
」テ
中
O 早川鉄弥ハ本会ノ演説者タリツシモ用事アリ欠席一一付演舌セズ
m
m 附剛一齢、見附
会シ
全役界ハ数年ヲ出ズシテ沼野蛮一一復ス
フ
じ
ヲ
"
'
アI
く
ド
ヌ
堀
O出 席 十 コ 石 欠 席 じ 名
IH
現テ
シ
点
フ
乙
間ニ
,
ゴ
己
ァ
耳〈
,
ゴ
ヒ
ァ
論対
)
1
1
O 長ヨリ予備淡舌者ヲ設クルコトニ決ス(侭シ人員一一名︺
-;~ハ
鉄
弥
頭
本
刀守
/
77
1
'
ご
と民
r
,
何書数
堀
堀
同fU
三β為
題銭
界
語I
H
キよ込
7
J
'
C
'
間
凶札
論幌
全
堀
i
a
5
i
次市
会民
号
事E
三年
のヲ
快出
男ズ
子
ミ
野
日
!
O
O
仁
三
云
・
鉄
弥
武
雄
t
t
t
r
J
1
]
[
H
J滋1
土記録一
683
附附昨吋演説者
O広 井 勇 若 之 入 社 ヲ 許 ス
O外良太田氏之淡説ヲ許ス
。本土源二郎演説者之所書記タルヲ以テ演説セズ
直吉
本土源一一郎
高岡
早川鉄冶
耶刊紙宗ハ日本国ニ一小用ナリ
O武藤亥一一一郎入社ヲ許ス
次会演説者
社長一級本一万点
3
4記潟宗一
明治十回年九月十日
刻投防火中川太郎
学術ハ援ニス可シ
一苅素論
予備演説者里山宮武雄事故プリ演説セズ
同演説者一一一増粂吉向上斎藤之ニ代ル
人ハ良友ヲ選へ
本土涼一一郎事故アリ当分欠席演説セス
高岡一隆士口
斎藤祥一一一郎
北郷文一本郊
鉄冶
部会一一ヨリ演武場一一
斎藤祥三郎
細川文五郎都合ニ関門ソ改姓ノ同日届出ツ絹川文五郎改北郷文五郎
広井、池凶、岩崎、町村、鶴崎、椙山欠席ス
批評者
細川文五郎
。梢野凶男会遅刻
一一一増久米士口
一一付二題政談ニ付一
阪市宮武雄
規則改革
O剖論題ハ
︺
宣言
演
説
仮シ学実ト政談ハ悶度タルベシ
77
三増久米吉
高岡
太郎
ク
政談
策乎
︺
館
一
一
宮
肥大ナルヲ以テ賞ス可キカ将タ小ナルヲ以テ資フ可キヤ
問問、:
77
牛馬ノ俊劣(内峨一日
︹
第百十二会
食物ト心怠ノ関係
︹ママ︺
去無党之源基ヲ論ス
日
関
次会開論題
向︹
保護税実施/可一合
中
今日我国ノ恕難ヲ祢フ一一ハ返守ノ策ヲ用ヒテ可ナルカ将タ進守ノ
太
郎
武
主
義
'
=
フ
じ "
刀
、z
I
ミ
ニ
第十七期役員
予備演説者
i
O細 川 文 五 郎 遅 刻
、
農業改良ノ要用ナル事並一一其ノ方法ヲ論ス
演
J
I
I
)
1
1
中
頭
堀
)
1
1 ド
ヌ
説
早
6
84
同予備
次会演舌者
武藤亥一一一郎
高岡州産士口
一ニ増粂土日
一一一増久米吉
武雄
学
間以栄ノ撚一歩
O 大町信/入社ヲ許ルス
太
洋連衡ノ鉱山事ヲ図ルト山抑止 Tロ 譲 与 ヲ 為 サ ス シ テ 前 夜 ヲ 子 文
一訴アルト利答得失執レニカ在
高岡
北海道ノ漁業ヲ改良スル農業改良ヨリ急務ナリ
北海道農業進歩ハ廃使置路一一アリ
十月八日
北海道ノ利、保ハ鉱ニアリテ農一一プラス
第百姶五会
O里山宮武雄欠席演説セス
。一一一増久米古事故アリ当分欠席届出ツ
O武 藤 亥 三 郎 欠 席 同 断
牧卒之説
ロ凶行論
中
明
商
一
土
日
斎藤祥一一一郎
高岡
約野田男士口
中川
右終一ア社員中川太郎外員小林秀太郎ニ臨時演説ヲ免ルス
批評者
}
I
I
盟問守口武雄
中根拐
九月廿四日
ヲ選ム郎チ其選ニ当ル者左
(
2
)
。相談之議定左一一
郎
τコ
士
第百拾回会
討論
ノ策乎
) 今日我国ノ穀難ヲ紋ブニハ退守ノ策ヲ用ヒテ可ナルカ将タ進守
(
閉
山
宮
富士口
蛮ハ肥大ナルヲ以一ア立ス可キカ将タ小ナルヲ以テ交ブ可キ乎
高岡
わBH
I
j
O九時ヨリ相談会ヲ開キ当社尚友社合併ノ本ヲ議ス
。外員志賀氏ニ討論ノ席ヲ許ス
。小野一一一郎吉田公平ノ入社ヲ許ス
O稲山、広井、岩崎、池田、町村、鶴崎欠席ス
右討論数十分遂ニ多数一一因り一円ニ決ス
保護税実施ノ可否
E
工1
直
太
明
郎
ア
リ
中
根
中
根
メ斗
0時間ノ限ニヨリテ次会討論題ヲ選マス
会後四章ヲ
郎
(
4
) (
3
)
演説翠リ一ア相談会ヲ関ク
ní~
/
政
松
山
欠
tド
題 潟
政
早
}
I
I
都
琉球事件前什燃セントスルノ勢アリ我レ彼一一島ヲ割ヒテ東
太
ノ3
ト
取
消
ス
(
2
)
(
3
)
(
4
) 右
(
1
)
。
協議社記録
6
8
ぅ
6
8
6
門??︺
高岡
十隠士口
障す
斎藤祥一一一郎
J
d
月
前
向
士口問安子
北郷文双郊
O後米外比一一討論及ヒ演説ヲ許ルハ社長過半数一一依リテ決定ス
O 通常閉会ハ午后六時半ヨリ⋮一時間位ト定ム
官同問直士口
田市官武雄
:
,
モ
明治十四年十月サ二日
記
高岡直士口ノ説ヲ賛成スル者
六名
閉
口
名
ニシテ之レヲふメテ日夕右之論題ハ可否ヲ論ス可ラサルモノ︹以
否ト為ス一円カラスト一五フ(共訳ヲ排論スコト数十分間﹀議長中途
O右討論未タ終ラサルノ際中川太郎起一ア此ノ論題ハ執ヲ可トシ執ヲ
依一ア馬ヲ以一ア牛一一俊ルト為スニ決ス
斎藤祥三郎ノ説ヲ賛成スル者
リアルヲ以テ議長之カ決ヲ取ル
布討論スルコト凡ソ二時間余双方更一一日間スルノ色ナク然共時間ニ限
馬ヲ以テ牛一一俊ルト為ス
牛ヲ以テ潟三俊ル為ス
相畑山市
小野三郎
同
副
右終り次期役目バノ改選ヲ為ス其任一一当ル者左
通常災
抑制野田閉主口
次会演説者
予備員
第百拾六会
討論
十
牛馬之優劣(地域一詰ト
名
校
長
出
席
下欠洛︺
間識社記録
6
87
開識社記録
第十日五十八回
運命論
政事改良論
綴物トハ何ゾヤ
︹
二O 年 二 月J 一一一年一一月︺
二月六日午後七時より食堂ユ於テ開会
川上八三郎
正太郎
州側内義之進
今回ヨリ新入会員十二名アリ
二月十九日午後七時半より閉会
γ
市
中村鉄太郎
r々
a'
鍋士口
足立五郎作
今村
月六日午後七時半より食堂ニて閉会
ス⑩(足五﹀
赤羽
テ論結ス
卵ヲ得ルノ利
羽ヲ得ルノ利
糞ヲ得ルノ利
漁業
農業
北海道ヲ茂金一一化スルノ秘訣八ケ条
第四
出向ヲ得ルノ利
家禽飼養之利
第
第
第
第
第
動物体色論
第百五十九関
北海道牧造論
日本農業改良之方法如何
︹ママ︺
日光ト植物トノ関係
印刷鮎之説
分業論
第 百 六 十 回 ⑮23
国民之成立
太士口ニ於テ各人一個自身生活ノ模様ヨリ立論シ土地気候及ピ種々自
然ノ原悶ニ依ツテ起サレタル人民ノ才智及ピ学術ノ進歩兵他社会百
般ノ変滋枯一寸ヲ論述シ漸々進ンデ遂一一今日ノ悶民ヲ現出シタルニ出土ツ
第四
磁山関繋
養蚕
第七
物品取次会社設立
諸製造場設立
悩之解
側痘ノ
藤間
経信
橋本左五郎
一一一月サ日午後七時半ヨリ開会
佐藤末之丞
ヨリ説キ出シ災ノ所謂儲ナル者ハ何一一依一ア成ル者ナルカ
第百六十一間
此後時々演説スル所アラル、赴披露アリタワ
本日ノ会一一ハ山崎助教授高田助教授ノ臨席アラレタワ山崎助教一一ハ
第八
第六
第五
牧
1
1
3
:
:
山
林
郎
猛
雄
雄
第
堀
石
橋
榊
原
瀬
尾
第
688
ヲ考究シ労力、有用、需用ノ
人民ノ当道一一増加セザルハ第一内地ト向混線ニ非サル故ナル事第二
ハ蟻ンニ移住民ヲ増加スルノ策ヲ講ズルニ一/ル事ヨリ立論シ今日、迄
一ニヨワ高下アル者一一テ学者ノ
説向ジカラザレ共需用郎チ交換ノ割合ナル者ハ突ノ高下ヲ来ス者ナ
ノ貯財アレパ内地一一アルモ今日ヲ送ル事ヲ得ルヨワ返守策ヲ取ル者
当道一一移住スル者ハ少クモ一一一一一年ノ計ヲ為ス相続ノ貯畜ヲ婆スレ共比
太古
ル事ヲ論、ゼリ
大森
ノ如シ故一二大ナル保護策ヲ取リ移住ヲ盛ナラシムルニ如カス其他
人口論
地球上人口ノ繁殖ハ歳々多キヲ加ブレ共日用必須ノ物口問ハ共割合一一
ル可カ一ブズ今ヨリ之ヲ制限スルノ策ナカル可カラザル事ヨリ世上其
右終一ア時間未ダ余リプリタルヲ以テ橋本氏ハ橋本氏ノ為一一一菟ヲ雪グ
等ノ事ヲ捻ゼラレタリ
フア I ミ ン グ 、 ビ レ l ジ ﹂ ヲ 起 ス モ 随 分 有 益 ナ ル 可 キ 者
﹁
モ アル、
説ヲ主張シ或ハ兇ヲ生ムヲ恥辱ノ一事トナシ制限ス可シ等過激ノ論
トテ前回ノ演説ノ 新 明 ヲ 為 シ 堀 氏 ハ 誤 解 セ ラ レ タ ル ニ 非 ズ ヤ ト テ 一
J
揃引加セ、ス汝ニ此ノ比例一一テ進ム時ハ兆一シキ惨状ヲ呈スルニ至ルモ知
ヲ主張スル者プレ 1ハ
1 知識発達スルニ随テ生殖ノ滋衰フル者一一テ其他
守口セリ
十か山崎君ヨリモ欠席ノ回日挨拶アリタリ
2
百般役界ノ出米事プリテ不立ノ減少プル事アル故恐ル、一ごた一フズト
右終テ散会ス比タ会員柳内、平野ノ二君事故アリテ欠席セラレタリ
川上八三郎
四月十七日午後七時半より開会ス
士口春
理科大学教授従五佼矢印部良士口先生悲憤鮫慨ノ説ヲ読ム
第百六姶弐四
右当番赤羽雄一
一広ブノ背山ナリキ
花之話
花ノ総造ヨリ共生殖結突ノ所以ヲ論シ諸虫、焼、降等ノ助ケニヨリ
交合スル者ニテ其順序白ラ法アリ花ノ色等ニヨリ一ア能ク他物ト混浴
スル事ナキ造化ノ妙理等ヨリ古来ヨリ進化ノ理一一組テ花ノ色等モ変
遠藤
本題ノ悲憤版慨ノ説ヲ大別シテ五トナシ
化シタル者一一一ア原葉諭ト原薬論ノニ派アリノテ学者各英信ズル処ヲ主
張シ未ダ執レガ信ナルヤヲ知ル可カ一ブサル等ノ事ヨリ植物研究ノ愉
一一ハ抑モ強弱貧富ノ世一万起リタル所以ハ一広々
在リトスルハ大ナル誤謬ナリト
ツルナリ之レヲ快慨ニ
一ハ確乎不抜百折不挽ノ者ハ決シテ快慨一一在 4
正太郎
侠ナル点ヲ論ズ
北海道隆盛策
前倒一一於一ア橋本氏ノ論、スル処一応ハ尤ナレ共先ヅ北海道目下ノ急務
堀
関議:t
l記録
689
西洋男女之関係ヲ我悶一一一等クノ可否
種々論鉾之末決ヲ取りシ処可否両説共ニ間数ナワシ亦以テ当時疫学
一一一ハ確乎不抜百折不協ノ精神ハ決シ一ア版慨ヨリ生スル非ザル事実ヲ
証セン為メ二一}一ノ理学ノ発問的ヲ為シタル景況ヲ述タルナリ
慾之説
赤羽
足立五郎作
当直橋本左五郎⑤
校学生諸氏女子ニ弱シテノ持説如何ヲ知ルニ足ル
五結末ニ至リ余ノ世/少年一一票ム所ハ一ギペト
解者ハ喋・ 4比 論 ノ 実 率 一 一 反 ス ル ヲ 説 キ 立 其 例 ハ 一 少 部 分 故 走 レ ヲ 以
︹ママ︺
社会ト教育ノ関係
植物変性ノ話
第百六拾五回演題
川上八三郎
手島十郎沼
言語ノ進化
客員
中村鉄太郎
佐藤田同介君
谷千代太郎
数理之応用
第百六拾七回演題
米関教育ノ現況
右ハ特別招待シテ一席ノ講演ヲ乞ヒ侯也
第百六拾八回演題
旅行ノ土産
客員
文明ハ何時迄進ム可キ者ナルヤ
正太郎
橋本左五郎
経信
雄
テ全部一一及ホズ能ハズト和気清麿佐倉寝五郎一一一一ア註ヲ引キ終一一臨
柳内義之進
米ノ運命井一一米作改良法
当直藤閉経信
日午後七時半ヨリ閉会ス
m
藤
猶燦償ノ情ヲ振起セント詰アト
比較法学概論
植物落葉之説
月
第百六拾六回演題
ニスル故武ハ国野ナレバ禁法又野盟関化ナレハ法又開化ト次ニ我国ノ
第百六拾一一一回
四
堀
法学ノ五大別ヲプゲ各其釈義ヲ一⋮一一口ヒ次ニ法学ハ開化ヲ人ノ進歩ト共
第百六拾四回総窓
四ハ悲憤快慨ノ倍ハ投ハ結果一五々
題
法ニ及ボシ我国ノ法ヲ知一ブント欲セバ其根本タル英仏独乙ノ法ヲ修
谷千代太郎
ム可シト而シテ英仏ノ法モ叫ん白茶人民/性質ニ出リ或ハ法政ヲ霊ンジ
或ハ実際ヲ資ムト各国法ノ比較一一終ル
スーパースチシヨン
言語ノ釈義ヲ終へテ本題ヲ一一一分シ一ヲ死人ノ葬式墓所第二病気妄想
第一一一スピリチユアル、カリウズムニシテ例ヲ各国ヲ取リ終レジ
リ
右終一プ次ノ討論会ノ題ヲ投票シ決議シテ数会ス本日山崎君欠席サレ
タ
690
客員
高岡直士口君
出T
,
,
ι
a
ぺ
鍋士口
佐藤末之丞
足立五郎作
廿年九月第一一一土曜日開会
明治廿年九月第一土限
卒業後ノ注意ハ須グ周到ナル可シ
第百六拾九回演題
地学上ヨリ植物ヲ論ス
護姐ノ話
社会改良論
第百七拾回演題
気風/説
日比閃ノ説話
宗谷紀行雑誌
第百七拾寄図説題
植物発芽之話
山市谷紀行雑誌第二
正太郎
雄
横山壮二郎
正太郎
経
ヲ却問セリ
第百七拾弐由演題
平野
保作
急務ナリト一広フヨリ漸ク進ンテ伎境一一入ラントスルノ際不快ノ為メ
中途一一テ止メタルハ残念ナリノキ
東洋ノ状態
大古ノ隆史ヲ見ル時ハ盟細道ハ突ニ牛耳ヲ取リタル一一モ関セズ潟来
遼巡内一車検シテ品川エシグ欧州ノ碧際児ヲ仰デ鐙若タルハ最遺憾ナラズヤ
︹寸マ︺
一五々ヨ汀ノ説キ出シ独立ノ定義欧州各国ノ政略不作法千万ニテ実ニ関
閉ノ国ト称スル者ニ似ズ恰モスレバ東洋人ヲ驚赫シ午睡鰹メ来レパ
︹
77
︺
早ヤ巳ニ彼/術中山一陥入リタルヲ知ラシム日本支那皆独立国ナリ否
条約改正ノ後一一非ザレバ之レヲ公法上信正ノ独立国ト一広フ可カラズ
況ンヤ其他ヲヤ云々ヨリ漸ク進ンテ其救治ノ方法亡国ノ喫ヲ免ガレ
︹ママ︺
シムル者方今ノ急務佐多シト難其中宗教ノ一事ハ尤モ必要ナル者⋮一
遠藤
士口春
ヲ輸入シテ一方一一ハ徳義ヲ養成シ一方ニハ彼等ヲシテ観心
セシムル老又一ノ権謀ナリ一広々
兵制ト経済ノ関係ヲ論ス
日比(制ハ億千ノ金ヲ姿ス甚ダ不経済ナリ故一一廃ス可シ兵隊ハ国家強弱
ノ関スル処ナル故ニ廃ス可カラズ只年限ヲ短クシテ多グノ兵隊ヲ訓
ザラシムルノ一策タルノミ一五々
練シ常備兵数ヲ短クシテ用度ヲ節約シ又生産的智識ト熟練トヲ失ハ
五日人今日ノ境遇ヨリ説キ起シ後来ノ印刷望ハ青年ノ時ニ定?ル者ナレ
右ハ今回ノ演題ナレトモ禁以前殆ンド十余函ノ問ハ記録ヲ怠リアリ
足立志郎作
バ然、苦モ不厭云々ヨリ後来ノ目的ト官私二途一一山山デザル可カラザル
タル故只予/
ニヨリ演題ノミヲ記入勺リ故ニ誤謬ナキヲ保セズ
故ニ其内/尤モ愉快一一シテ尤モ⋮一一一口ヒ甲斐アル者ヲ択ブハ我州市今日ノ
処世論
明治廿年十月十五日(第二土問地)閉会
横山氏二郎一回ヨリ入回セラレタリ又長崎合否井倉立工口ノ両氏ノ入会
地皮変形ノ原由
榊
原
瀬
尾
赤
羽
期
潟 藤
田
関i
哉社記録
6
91
石川貞次氏ハ今回ヨワ入会セラレタリ
十月十五日
当直赤羽雄一
今村
猛雄
第百七十一二回演説会ハサ年十月廿二日(第三土曜)問問キ其ノ
我国ノ遺利
石川
排土及ヒ演題左ノ如シ
旅行見河一斑
アダムスミス氏京国論ノ編著アリシ所以
明治サ年十月サ二日
ゐ
五
口
当直遠藤士口春
LHee
ストックブリツヂ氏
仁
r
f
a
当直遠藤吉春
明治二十年十一月十二日
遠藤吉春氏ハ都合一一依リテ脱社セラレタリ
同年間月廿二日
第百七十四回演説
貞
治
山アリテ殆ンド満堂ナワシ
AU
年十一月十九日
木村山治四郎長ヤ平太郎一一氏ノ入会ヲ諾ス
閉山治
明治廿年十一月十二日
第百七十五回演説
当夜足立五部作⑬
今回ハ教師ストックブリツヂ君有益ノ演説アリシ事故一一傍線人モ沢
客員
原
橋本左五郎
成文律不文律ノ利市中間ヲ論ス
アル乎
当直藤田経信⑬
佐藤末之丞
中村鉄太郎
伊藤一隆君
明治サ年十一月十九日
第百七拾六回
客員
横山壮次郎
当直赤羽雄一
北海道之漁業ヲ奨励スルハ呂下之一大急務ナルコトヲ治々ト論セラ
レタリ
明治廿年十一月廿六日
地皮沿革絡史
赤羽
第百七拾七回
一体両頭論
生死論
正太郎
木村山紋四郎
﹁ママ︺
赤羽
当時社員之性名ハ左之如シ
足立五郎作
保作
川上八三郎
γ
占
佐藤末之丞
'A1e
経信
藤根
経信
橋本左玄郎
橋本左五郎
士
口
中
審
合否
横山壮次郎
長屋平太郎
以上拾九名
中村鉄太郎
当蕊橋本友五郎
鍋士口
仲井倉半双山知
藤田
我国/助成具ハ泰西之モノト只進歩ノ度量ヲ兵一一スルノ
田
長
崎
材
中
雄
石
川
ノ
平氏之子弟一一此ログ
貞
治
藤
猛
土
佐
農
業
間切治サ年十二月一一一日
今
村
t
往
来
日本農業改良ノ第一義ハ農民ヲシテ経済学ノ初歩ヲ知一ブシムルニ
長
摺
術ミ将
1
杓1
崎
瀬
尾
平
野
I
!
R
8
金 L本
練~
6ヲ2
池内総孝
友ノ諸氏本尽入会セラル
秋山長俊
第百七拾八回
洋学之起源
宮崎太郎
附崎文士口
客員
小野常治
鈴木近古
当日ハ午後七時半より始め八時過きニ演述終り続き而茶話会を開き
雑談欽笑十時過き一一五り退散す
演述囲数ハ毎月三田似て第一第一二・第四土羅臼を以て之ニ充つるすす
yd
夜衆議一一より左之条件を決せり
宮城県下法家之状況
本邦地浬之概略
平野
保作君
正太部君
当直誌
貞治君
猛雄君
井倉辛笠間知君
当直誌
当直藤根士口泰
佐藤田国介君
一一及ど之
文章ノ勢力家ヲ論シ終一一向識社ハ排舌ヲ煉幌市スル為メニ設ケラレタ
政ニ関シ功労ノ大ナルヲ述べ翁一人ノミナラズ翁ノ五代ノ祖ヨリノ此
ヨリ漸々進テ翁ノ政治よ経済上没学上社会上ノ主義ヲ緩陳シ就中農
ノ本論一一入ル翁ノ郷里生活ノ点ヨリ山川政渉受学修業
ヲ概論シテ遂一一宮崎安定大石久敬佐藤信淵ノ論エ及ブ前二氏ヲ持論
︹??︺
一プ僅少ナルヲ論シ進テ幕府末路一一当テ輩出セシ処ノ
初メ当時我邦文学者ノ弊ヲ叙シテ論難攻撃シ其利縫ヲ社会ニ及ス極
佐藤信淵翁之話
第百人十一回
二月四日
門閥家之流弊
ルカ放タルコトヲ演へ次
徳孝殺
第百七拾八回当直平野保作
討論会ハ臨時社員中間士ゆか}募り開く者随意たり社長ハ必ず臨会之義
務なき事
正月二十一日
第百七拾九回
演説文章之効用
初メニ人民ノ窓長タル所以ハ
︹ママ︺
演説ハ文章ニ先リ社会一一発達シ大ニ文明ノ進歩ヲ促シタルモ今日一一
二月十八日
第百八十四日係舌会
正月廿八日
北海道松柏純物ノ分布
シ遂ニ或ル点ヲ日本大学一一モ採用センコトヲ演へ一ア壊ヲ下レリ
独、必大学ノ盛一一ナジタル所以ヲ演へ次ニ大学会体ノ組織ヲ精細目一論
独逸大学一一位及ヒ悉評
号
ノ
ルカ今一歩進メテ今日明文周之文京ヲ研究スル会ヲ起サンコトヲ欲ス
於一アハ文章ノ世ノ中トナリ仏国ノ改革或ハ泰始盗ヲ恐シメタルモ皆
堀
1
1
1
寸 )
7
お
l入
客
員
出席せし者一一十四名校長横山氏欠席のみ
ヱ
ミ
シ
池
内
第百八十凹図
門
77
︺
一一一月十七百(土曜)夜復習講堂一一一ア問問会
ハ今夜ヨリランプ一一倍ヲ毎夜間会ノ節貸与セル、コトニ定マレリ)
鍋士口
役品目孔子ノトキ一一排日一宮メル才土アリ彼レ昼寝テ娘玉ヲ食ヘリ孔犬
北海道疑関其中牛乳論
川上八三郎
宮崎
i
円ハ数種ノモノヨリ成立セワアルカリ 1 ヲ 加 ユ ル ト キ ハ 列 引
対ア│川 U
シウグロlス一・O 二九七
度ズルナリ今其表ヲ挙ゲン(是ハ余ガ試験セシ所ナリ)
ーーナイトロゼノウス
Il-ブアツト一二・一一一
四・七
ブスタンセス
ヲ促スニ広三ルベキナリ先ヅ牛乳ヲ論ゼン牛乳ハミルクグランドヨリ
ナリ比内一一起ルベキハ禁乳及皮綴ノ疑問或ハ其糞ノ如キモ人ノ注意
ノ事等ナリ第一ノ疑関トハ是等ヲ一五フ第二技芸上ノ事牧落上ノ事時半守
リ物口問ヲ得ルノ策ヲ用ヒタリ当時一一歪ワテハ山林ノ事漁業ノ事農業
歴史上ヨリ一吉へハ初メハヱイノ住居セリ其後日本人来リテアイノヨ
︹ママ︺
ソ故一一之ヲ論述セン之ヲ試験スルノ法ヲ一広ハン抑北海道ハ之ヲ
至レ n
之ヲ用ユルコト頗ル少カリシガ登時一一変リ一アハ逐一一牛乳ヲ用ユル一一
予ハ之ヲ老農ニ間ヘト一玄ヘリ日本ニ於テ牛宮内ノ乳ノ如キ一一至リテハ
ゐ
五
口
当直今村猛雄
ノ耳ヲ一洗セ
業ヲ熱心符士山一一シテ翁一一奈テ佐藤家ノ事業完全シタルモノ、市出ヲ版
二月サ五日
ヲ追ヒ序ヲ逐ヒ一ア之ヲ説キ議論篠宮︿排舌流暢笑ニ
記臆ノ一一⋮大秘訣
第百八十二回
子論ヲ評論ス
一入リ其論ノ感ニ堪へザルノ事ヲ列挙シ子遂
以テ人間一一必要ナルコトヲ論セリ
菌之説
議 無 毒 等 ノ コ ト ヲ 述 べ 耕 作 法 ヲ 概 陳 シ テm
mヲ結ベリ
一一一万三日夜於復習講堂開会
中村鉄太郎
ヲ用ユ現時ハ用ヒズ定量分析ヲ用ヒ
ヲ計ルニ初メ水
ヲ検査スルニハクリウメートルヲ用ユルナリ(仏)英一一テハラグト
当廷石川貞治
積物学上ノ性質ヨリ説起シ各国人民ノ格好等一一及ボシ次テ其種類有
木村山添田郎
馬ノ隆史ヨリ説起シ進テ第一連総第二戦争等ノトキノ必要第一一一肉ヲ
潟ノ話
秦ニ失敗スルモ共和問日遂ニ楽ノトル所ノ者夕日ノシヲ論評セリ
ヲ論シ進テ子ノ
本題一一ハ百ニ第一ト記シ置キ韓非子論ヲ詳セリ初メ子ノ時世ノ形勢
第
瀬
尾
スリンニ化ス夏ハ軟カナリナイトロジノ 1 スハカセンゴムノ類ナリ
五
常治
泊三
太
灰ノ中ニハ磁波多シ牛乳ノ量ハ或ハニ升或ハ八升其種類ニ依ル牛乳
ウ│山七
ス│出
郎
文士口
μ
長
崎
岡
崎 野
第百八十一一一同一
有士山者一一止ログ
倫理一口談
風俗論
ラ│幼水
クグ j¥
ト│十
ト
リ
右午後八時より開会十時半退散
メ
開識社記録二
693
6ヲ4
後一一ナイトウジノウスノ残ルアリ其内溶解スルハ乳糖ナリ窒素物燐
日ノ蛮族ノ如キモノナリシ彼ノ印度人ノ如キ今ハ奴隷祝サレタルモ
リ或人ノ説ニ依レハ其能力ノ差違ニのルト一玄ヘドモ欧洲/原人ハ今
心力アリ時ト処一一何一ア大町一典ナレリ刑判別ト蒸気船ノ差ノ如キ是ナ
酸石灰等浅ル乳悩ヲ灰ヨリソ分ツベシマツサチウセット一一於一アセ割
立︿管ハ欧洲ノ人種ト異ナ一ブズ然一ブパ何如何一シテ共栄一友達ハ生、ゼシヤゑ
一⋮ア蒸発セシム其
一一一八万ノ固体ヲ安スルガ欽一一投入ハ悶却スルヲ以テ之ヲ心配スルモノ
レ全夕立、境政ヲ悶同一一スルニ依ル則チ事物ノ改良起ル之ヲ名ツケテ文
-一ブ尽ヒ油ヲ取リ占/}
モ多シ牛酪ハ皆池一一アラズ窒素物ヲ含メリ食塩ヲモ合メリ子部モ亦
明ト云ブ或処ニ於一アハ容易一一改良起ルハ何如動物進化ヲ人事発達ト
シ共次一一イ
ヲ駿シテ製スルナ
ンスミルクハ通常真空一一郎蒸発セシムルナリ水五十一・一一、乳糖
リ馬一一ハ乳糖多シ水八十七・一二一一、悶形分十・七九、等ナワコ
ナリトスト張、タシキ至リテハ人ハ死スルコトナキニ至リ星辰ヲ創成
ノ説ナリ進歩又進歩進歩ノ進歩兵極ヲ見ザルベシ之ヲ化醇ノ一手段
問視セリ適者生存ヲ一五フ則チ不定ヨリ確定一一入ルトハスベンサl氏
牛乳ヨリ製スルナリ乳沼ハ
二十・七七、。乳議ノ李総人忽ルトキハ乳ノ質ヲ変ズ牛乳ノ似ギモ
一一徴スルトキハ或ル地方一一テハ開化ノ洲郡亡ビタルモノモナシトセ
スルノ時モアルベシナドト一辺フモノモアリ然レドモ之ヲ社会ノ事実
リ注窓スベキ事ナリ是ハ惣論一一テ本道ノ論題ハ之ハ不正ナリヤ
ズ欧洲人民ノ未ダ開ケザルトキニ支那印度ニ於テ文明大ニ進ミ厨リ
級食ヲトナユルトキハ災質ヲ変、ス或ハ流行病ヲ招クノ基トナルコトア
疑罰起ルベシム 7校沼ニ於一ア製スルモノヤ成ハパタアノ如キモノヘモ
シガ今日ニ主リテハ之ヲ欧米一一比絞スルトキハ笑一一間然ナルモノナ
私ノ今晩御話中ス事ハ聡グ点以君方一一ワカ一ブヌカモ知ネド少シク之ヲ
一一各人ノ気力去ルニプラザレパ社会哀ルノ理ナシ進化ノ迎ヲ見ルニ
ハ各人ヨリ組成セラレタリ則チ各人ノ気力相合シテ社会ヲ成ス是故
γ
小川/
疑問起ルニ至レリゑレニテ終リノトセン
恕セヨ進化ノ法ニ依テ我等ハ米ルモノニシテ人ト他動物トノ区域ハ
若シ白人ヲ赤人ニ入ルトキハ赤人ニ化シ赤人ヲ白人一一入ルトキハ白
リ然一フバ社会全体ノ勢力ガ之ヲ使役シ一ア村共生ヲ失フナルカ抑モ社会
人ノ情慾ノ類一一アラズ其子ヲ愛スルガ如キハ動物一一モ並日間ノ性質ナ
人ニ化ス聖人君子ノ如キモ是ヲ邪悪ノ境内ニ投入スルトキハ或ハ変
出T
リ人ヲ他動物ヨリ区別スルハ真理ヲ探窮スルノ一本ナリ腕ノ如キ精
化セズトモ一五ヒ難シ人ノ生レテ幼少ナルトキハ同様ナルモノナレド
文明進歩ノ理
密ナル巣ヲ作レドモ数千年間共進歩ヲ党ズ然ルニ人ニ五リテハ何如
社会ノ境逃一一のテ穏々ニ変化スルモノナリ文明ノ人モ野蛮ノ民モ皆
イ
一一下等ナルモ或ハ衣服ヲ製作シ天然ノ不足ヲ補フ之ヲ裕フガ為メ一一
榊
原
開議社記録
6ヲ
ラ
来ルモノハ家族因ヲ成スモノナ
ニ約一ア大一一差違ヲ生
平和ナリ一日⋮達シタル文明ヲ持止スルハ内外二部ヨジ来ル内部ヨリ
シ第一人間栢援ケ栢救ヒ則チ協心毅カスルトキハ進歩ヲ益ス第二ハ
レパ脳カニ程限アルモノナレバナリ之ヲ仮旦ハ水夫ノ船ヲ近ルガ如
脳カヲ用ユルノ程度一一比例シテ其ノ進歩ヲ妨グルモノナリ侭如トナ
文明ヲ進捗セシムベシ之ヲ進歩二一周ヒ之ヲ不進歩一一用ユ不進歩的ニ
理由ヲ述べン抑モ人守山ハ智識ヲ発達スルノ機械一一シテ之ニ仰テ世ノ
物 ノ 遺 伝 ノ 如 キ ニ プ ラ ザ ル ナ リ ム 7ヨ リ 進 ン デ 文 明 ノ 中 止 或 ハ 退 歩 ノ
遺伝ノ体形上一一於ケルハ精神上ニ於ケルヨリモ謹一一優レリ又下等劾
日一出ヅルノ理ナシ然レドモ心力同設ナリト一広フニハアラズ然レドモ
遇ノ然一ブシムル所ナリ芳シ尽ク是レ遺伝ナリトセバ孔子ヤ釈迦ノ陸
同ジキ心力ヲ供ヘタリト一広アベシ吾人ノ能力ヲ発迷シ得ルモ尚ホ境
如比例ヲ見ルベシ切羽清朝ニ滅セラレシ如キモ其例証トナスベシ以
者ノ採用スルコト少ナグ却テ之ヲ蛇州問視スルコトアリ古代ノ我国一一
問山積ヲ維持センコトヲ欲スルノ場合アリ応々人傑出ヅルモ之ヲ為治
差違ヲ生ジ被治者ハ常一一奔走痛苦滋歩セズシテ却テ退歩ス為治者モ
一一的テ人民ノ柏崎ヲ井兼セシコトアワシナリ為治者被治者ノ賢愚大一一
地ノ幾分ハ公設ノ為メニ働キタリ宗教家政治家等公益ノ為メニ働ク
ハ社会ノ精神アリ此精神一部ノ人民ノ手一一落ツルモノナリ仮エハ土
ルモノナリ抑モ社会ハ恰そ人体ノ如シ人体一一精神アルガ如グ社会一一
依一ア滅亡シタワ第二人為ヲ以テ脳カヲ圧伏スルコト楚レ進歩ヲ妨グ
日一文明ニ進ミタルモ一日一得タル智識ヲ進歩セシムルコトナカリシニ
コトアリ孔孟ノ教ノ支部ニ於ケルガ如シ(ヒャ、とヤ、)攻及ハ一
ドモ人文明ケナパ忽マチ之ニ反スベシ習慣ノ如キ大一一進歩ヲ出合スル
士口春
テ論ノ尾トナス
藤根
ズルモノナリ山川ノ配置モ大ニ之ヲ影響スルモノナリ支那ノ文明ノ
社会刑罰権ノ原由
諸君ハ彼ノ懲役人ヲ見ルナラン彼等ハ牛馬ノ如シ以前ノ斬罪ノ如キ
如キハ決シテ偶然一一ア一フズ然レドモ交通不便ナルトキハ風俗習慣ヲ
異ニスルニ至ル之ニ仰テ社会ノ滋歩ハ非常一一妨出向セラル、ナリ此ノ
実ニ偶然ナルモノナリ犯罪者ノ刑場ニ趣クヤ練鯨トシテ屠牛ノ如シ
︹
(此レ事実ナルカモ知レザレドモ事実
︺
如グ小部分一一分レタルモノハ英放出デ、之ヲ合併統向スルニアラザ
諸君此ノ如キ罪人モぢテ同胞ノ一人ソカシ絞罪ノ如キモ随分間然ナ
77
ルトキハ進歩ヲ見ルベカラズボ人正ノ品目織田愛医毛利ノ如キ四五ナリ徳
スベシ是レニ二十余説ノ議論アリ其重姿ナルモノ七アリ之ヲ挙レバ
ルコトナリゑ何三原山スルカ社会ノ刑訴権是ナリ今之ヲ筒短一一説明
立(ノ原由七アリ第
川氏ノ如キ大一一日本社会一一進歩ヲ与ヘタルナリ今日ノ文明ヲ来シタ
ヲ与エス然レ
ルニモ大ニ助援ヲ与ヘタリ此ヨリ外部ヲ論ゼンニ未ダ発達セザル地
一プリテハ英一部分ヲ答スルモ他ノ部分一一過多ノ
6ヲ6
必ズ真恕ニ適セワト一広ベカ一ブズトハ千古ノ確一一一口ナリ)第二民約主義
(此レロ i サl氏ノ説一一シテ相互一一約定シタルモノトストノ義ナジ
之レ真理ニプラズ)第一一⋮正道防御山主義(論一巡回で合セルノ説ナリトハ
現象形状作用、火山自身一一及ホス所ノ影響、笠︿数及況置、地震トノ
関係及其原因ノ学説ヲ述テ詰グ
ルコトアワ道徳論者一一のレバ護者説セラル、コトプリ)第六必要主
ヲ判スルカプリ内部ニ顕ハル、コト多シ内部ニ立入リテ人ヲ刑認ス
⋮去と難シ)第四倍僚主義(之ヲ略ス)第五道徳主義(抑モ人一二等怒
政府ん中著明ナル人手破翁農政ヲ説ンコトヲ約シ先ツ革命前仏国農民ノ
来学者ノ所論応用法ノニアルヲ説キ今夜ハ前者ヲ把り先ツ仏国ノ農
ヲ抵ヘザルベカラサルヲ論ジ農政学ヲ研究スル一一康史的比較法ト古
先ツ我国没業ノ進歩ヲ計ルニハ溶械耕種法ノ改良ヨリハ農政ノ忍従
足立五郎作君
義(社会ノ必要ハ別部機ヲ採用スルニ至リシモノナリト表シ之ヲシ
惨状ヲ叙シ革命党政府ノ設立其ノ破壊傘翁ノ立身ヲ略述シ漸ヲ逐フ
奈破翁農政概略
テ夜延セシムルトキハ社会ノ答ヲ成サン)第七折衷主義(此レ前数
︹ママ︺
条ニ比スルトキハ漸ク真理一一近キガ如シ﹀他ハ後日ニ譲一フン
ヲ説キ天保時代ノ老人ノ意気強ナル今ノ書生ニ比スル能ワ
我日本国ノ景況ヲ述べ(芙怒の高キ琵琶湖の深キヲ説キ、当時ノ寄
大和魂
第百八十六回
テ其農政論一一入リシモ時間巳一一泊 ノタルヲ以テ次回ニ譲ル
η
右当腹木村繁四郎記
三月廿凶臼午後八時ヨリ復習講堂一一於テ開会
右当直員川上八三郎築記
(右八時ヨリ十時サ分一一至ル傍聴人殆ンド舟名位)
第百八十五回
十名
生ノ
ズ今ノ役界ハ平和ナリ泣ハノ平和ノミヲ知テ腕力ヲ知ラズ否問ノ文明
シ(スウツランダlノ勇気アラズンパ彼ノ経盛ヲ来ス能ハズ
五同等ノカ一一有リ依頼心ヲ出サズシ一ア日本間有ノ大和魂ヲ奮テ為ス可
況実ニ危シ突一一此、天下安危ノ秋ナリ点目天自民ノ景ヲ塁スルハ則チ
ハ甚ダ晴夫ナリト媛モ其一泉北一︿ナ一ブズ我白木ノ景
同一事物モ人間ノ感情一一兵ナルコトプルヲ論シ感情ノ社会一一与ル影
︹ママ︺
横山壮次郎君
地球ニ内外二種ノ天然カアルヲ説キ次ニ火山ノ性質火山ノ種類共ノ
火山之説
ヲ利用スベキヲ以テ結論ス
ハ欽洲ノ文明ニ劣ル也
近士口君
長
俊
響ヲ説キ人間同行為ノ大ニ感情ノ為メニ制セラル、ヲ慨シ立ハ佐用方法
感情論
秋
山
欽洲ノ文明ヲ見ヨ
鈴
木
ニヨリ利容ノ分ル、コトアルヲ論シ潔白清浄ナル道義上ヨリノ感情
ス
統計学ノ限界及経陵
統 計 学 ハ 災 ノ 事 実 ヲ 伊ωERシ一ア之ヲ
︹ママ︺︹
理ト歴史ノ間ノ関計ヲ説グ
前田の絞
足立五郎作
(UGG22
同スル者ナリ統計学ハ地
mTU
︺
雄
現存之競争
︹ママ︺
本日吉村喜一郎君人入会セラル
第百八姶九回
客員
須藤義衛門者
当直長康平太郎
長屋平太郎
当直中村鉄太郎
九月廿九日午後七時四十分より復習講堂一一開会す
門ママ︺
微細生物化学変化ノ作用
短少ノ時間ノ為メニ充分ノ為メ取しらべをなすを得去りし、化学ヲ
起スニ電気機械ノ事ヲ初メニ論ジ、化学ノ率一一就テ古人ノ謬説ヲ駁
撃シ、最上、ト円以下等/生物ノ問ニ区別ヲ立ツルノ必用ナグ又立ツ
ル能ハサルヲ例ヲ以テ説キ、化学反応一一構成分析ノ一一種あるコトヲ
当直長崎合示日
説キ、ウエレル氏カ有機物より無機物ヲ発見セシコトヲ一一一口ヒ、植物
第百八十七凹
明治二十一年九月八日午後第七時より前例一一刻リ我社演説第百八十
ハ構成変化ヲ行ブモノ、動物トハ簿一ブ分析変化ヨザ発スルモノナル
イテ単一ナル分子ト分解スルヲ得ルトヰ一一口元澱粉ノ上一一働ク
︹欠字︺
経信お
ノ結果ハグリシリンニヲ変シ砂糖ノグロiコマ其他ニ変スル
門欠字︺
士口泰君
藤相似
ハノ働キ也、バクテリアノコト土壌一一起ス作用等ハ後日ニ談
ふ﹂否
吏ラ論スルニ及ハヌガ農学ハ何故一一ア
'A7
ルトテ二十五分間愉快ニ演説セラレタリノ
農学ノ性質ハ
農学とハ何そや
本論ヲ分一ア
怖が一、牌裕一論
長崎
橋本左五郎君
︹欠字︺
コトヲ説キ、微細生物ノ働き動物中一一入レル動物ノ存スル限リハサ
日一先ツコト一日開会広告ヲ伝習科生寄宿舎一一掲示セシコトハ特一一本
会紀事中ノ絡ス可カラサル者ナリ
普通撚挙ト有限撰挙ノ利害
獣限放光之説
第弐席
ハグテ汗ノヤト土撲ノ関係
第壱席
第参席
第百八十八回
九月十五日午後七時ヨリ復習講堂一一関ク
徳孝
太
郎
文章論
日本国粋
藤
七会ヲ本校復明白講堂機上⋮一関グ演題及ヒ弁士姓名郎チ左ノ如シ開会
ト
チ自分ノ名誉ヲ挙ゲ次ニ一回益ヲ談其考ハ貴族ヲ作リ五日身ヲ保護スル
々増セタリ是ノ時一一当リ那破ム間ガ出タリ那破命ノ内身一一立至レハ郎
仏国営日ノ事情ヲ説キ革命乱ノ景況ヲ示元来其ノ地ヲ望ム人間ハ議
那破命農政概略
赤
羽
田
池
内
官
!
奇
関識社記録
697
698
ルカト一一⋮ロヒハ奥山主末、カアルカ
アルノ、夕、
ヲ論スルニハ農
業ノ歴史カ肝要ダカラ沢山主タカ之レハ直グ済ム(聴者笑)
門ママ︺
国家学丈ハ申サンニ其主旨ハ社会学ト反対ナリトテ之ヲ解キ国務一一
グ之ヲ尽グ研究スルコトハ出来ヌ農学ヲ研究センニハ一人ニテ一科
依一ア可然政ヲ見出シテ社会一一アタメルモノヲ一広フト云ヒ﹂農学ハ広
ヲ専攻シ数専門学士相会して初メテ農学ノ奥ヲ究ムルヲ得一円シ米欧
ハ年代デ分ツコトハ出来ヌ、未開ノ沼一一当時代/
農業ハ開化問ガ古代一一行タ者ト向シイカラ年代テハ分ツコトハ出米
ノユニ 1 テ1、オフ、サイヤンス、ノムやヲ解キテ農学研究ノ近キヲ
脱出学ノ歴史、
ナイトテ其例ヲ引キテ説明シ、夫レテ何一ア分ツカト云ブニ之レハ軽
ト略シテ演シ臼ク農業ト閣改財学
利ト見レハ民民ノ備態ヲ察セスシテ狼リニ其利ヲ説テ直チニ之ヲ行
ヨイ野蛮人ハ疎放設業日一初マレリトテ其解ヲナシ其例ヲ引キ、又燃
地ニ作ルコトナリ二畝間従業トハ土地ヲ一一分シ一歩ヲ木年作レハ他歩
ハントスルノ風アルトテ之ヲ攻撃シ、疫学ハ職梁ヨリ来レルモノナ
ノ関係ヲ解キ法学者カ利窓口一ブ深グ研究セスシ一アロハタ農学者カ学理上
ヲ休シマセ交互一一耕作ルコトニテ一一⋮敵農業一一ナレハ余程土地ヲ大
レハ耶化財学ト最大ノ関係ヲ有スルモノナレハ没学者ハ次ノ理財上ヨ
門ママ︺
︹ママ︺門ママ︺
節一一周ユ郎チ土地ヲ一一一分シ一歩ヲ休マセ一歩一一丸、作ヲナシ一歩一一春
井念学芸知
り利害ヲ決セサル可カラストテ四十分演説七一フレタジ
リ、回数農業却チ英関総植法一一一アムワノオモナル農業ナリサレトモ剖
レハ甚タヨィ、次一一ハ穀お農業ナリ之レハ輪植法ノ初メナ
カ脈蜜丈ハプツ夕日本一一テモ十必然リ欧州ハ何年頃砂糖カ入日夕ルカ
砂糖ハ欧米日本トモ用ユルカ之レハ今ヨリ二千年前迄ハ砂糖ハナイ
砂糖ノ歴史ヲ悉グ研窮スルコトハ出来ヌかラ其大略ヲサツト話ス、
キハ作物輸続法農業ナリ其次ハ園芸農業一一シテ之レヨリ集約ナル良
ト一去フニ紀元前一一一百三十年ノ頃アレキサンダ I主力印度政伐ノ後一一
畝農業/時代ニハ地ヲ休マセルモノニシテ休マセズニ舟ユル方法ア
業ハナシ故ニ疎放より条約一一滋ミ当時一一至テ其最上等一一達スルモノ
見ルコトヲモ得サリシ其後輸入多クナリ人民モ用ユル様ニナリシカ
アリ初メ希刷出⋮一入リ漸次広カリシカ其頃ハ高責人一一アラサレハ之ヲ
農学ノ本綴トハ漁民学ノ範問境界ヲ論スルナ F農学ハ突一一込入テ
只薬用トセシ位ノミ十一一一世紀ノ頃ユジプト国等ニ砂糖キピヲ耕シ又
ト一五ブ可シ
活ルトテ疫学ノ含有スル諸学科ノ多キヲ示シテ尽ク之ヲ申サネドモ
ny
、設(次
砂糖之澄史
作ヲナスコト一一一ア冬作ヲナスコトハ余程農業ノ進歩ヲ一万スモノナ
余リ長クナレハト
グ
焼農業ノ事ヲ解キ其次キハ一政農業一一ナリノ即チ同一ノ作物ヲ始終同
使ノ為メ何ノ紫械ヨリ如何/器械ノ農業一一移ルト一広フ様一一分ケ夕方ガ
~
関観上記録
699
ヌ寛政ノ頃
ノ入リシハ文禄年間活洋ヨリ輸入シトiモロト名ク黒砂糖入リ代価
リ、日本モ大意向シグ一一一四百年ハ砂糖ハナイト去ブ話、夕日本一ア砂結
普通食物ニ用フス十八世紀ノ墳ヨリ砂糖ハ一般人民ノ食品トナレ
七リシカシ
本貿易ノ途絶ユルトテ余リ作ラシメス又当待飢餓ノ年統キシ放地ヲ
グコトヲ得タルナラン一一当時幕府ハ若シ総入ヲ防グ様一一ナリテハ日
ナレリ併シ若シ漆主カ金カヲ傾ケテ制糖ヲ奨励スレハ輸入砂糖ヲ防
トテ砂糖会社ヲ置ク諸港ニ砂糖会社ヲ託キ品徐々制糖ノ業ヲ励ム様一一
局者ハ考テ制糖ヲ盛一一スレハ此悶ノ財政期間難ヲ復スルコトヲ得可シ
ノ財政困難トナリ之ヲ精整センカ為士族ノ俸給等ヲ減シタリ併シ当
ノ金銭ノ価減シ落
砂糖米リ党政ノ末ニ日本一一砂糖ノ入ルコトヲ禁ジ其代打ソ日本薩川ノ
プラス糖キピヲ作リテハナラント一ア米作トナス様ニナレリ之レカ制
関 ヨ リ 輸 入 ス ル 額 ハ 多 シ 、 文 化i 天 保 ノ 頃
諸島ニ耕作年一一七八百石ッ、大坂ノ方へ送レリ其後製糖業ノ利ヲ見
糖 ノ 業 ノ 中 途 萎 徴 ト ナ リ シ ワ ケ ダO 其 後 か ん し ょ 剥 作 ノ 税 ヲ 増 シ テ
十文字軍ノ頃ニ砂糖ハ多グ欧州一一来リシモ人民ハ一般ニ之ヲ用へス
土遠州其他諮州ニテ耕作セシカ皆性悪シシカシ讃岐、薩州ノ砂糖
其耕作ヲ減セシメタリ設妓悶ノ財政ハ益々悪グナレリ併シ後段々盛
千五百年代頃ィブラジル国ニ砂糖ノ耕作ヲ初メ輸入ノ
カ設モヨシ、薩州ノ制糖ノ隆史ハ知一ブヌカ設岐ノ部糖ノ歴史ヲ述べ
ンニナリ今テハ非常ノ度額トナレリ究保ノ頃制糖地千百余問トナリ
︹欠字 u
ハ甚タム雨シ主︿頃欧州ニテハ盛一一ナリシサ
ンニ一政岐ハ地勢米作ニ遊セス党政ノ頃年々日午燃続キ不作ノミ続キ其
第百九十閉山
十 月 六g午後七持五十分ヨリ復習講堂一一一於テ開
ンナ者タトテ一一一十分間演説セラレタワ
慶応頃三千余町トナリ其後年々四十七町余ハ増シタリ砂糖ハ先ツコ
ノ部糖ノコトヲ関キ党︿米
ノ摂飢餓山統キ讃州大ニコマリ侯主考テ見テ水田ヲ変シ他物ヲ
︺
作一ブネハナラヌト植物学者ト相談ノ
77
︹
来ノ利ヲ考へ知りかんしょノ種子ヲ得テ之ヲ作リシニヨク出来タカ
門ママ︺
部糖ノ法ヲ知ラサリシモ侯主ハ益々之ヲ奨励シ人民ノ苦情モ顧ミサ
中村
成ル可ク労カヲ省キ時間ヲ省キ農夫ノ所得ヲ増サント欲スルハ是レ
衣食住ノ話
農業社会之一大疑問一一シテ最初ヨリ農民之総頚一一浮出ヅル所ノ希望
農業成功之元素ヲ論ズ
ジ一ア死タ門人ハ勉強シタカ又出来ス併シ一位以川ノ医者ヨリ関キタリ覧
第一席
政二年ニ初メテ其目的ヲ途シタリ比回以一一ハ諸国ノ制糠ハ盛ナルモ未
第二席
同
ナリ而シテ農業一一ハ才智及ビ経験ヲ姿スルモノニシテ即チ農業ハ一
リシ断然志ヲ決シテ糖キビヲ作リ高松ノ医治田一克蔵一一名シテ制糖/
ス
法ヲ学*ハシメタルモ遂ケズ死一一臨ミ門人ニ之ノコトヲ研究セヨト命
Zミ
タ多額ヲ得ルニ及ハス讃州砂糖ハ益々名ヲ得タリ又其頃ぶハ支那荷
崎
メ与
00
7
支那人ハ何人ソヤト一五ブニ古代ノヨリノ伝一一ヨレハ天降リトカ漠然
有様ナルカ等一一シテ之ニ答フニ如何スレハ笈シキカニ即刻ス故山一
︹欠字︺
箇之サイアンスニシ一ア之ヲ単ニ身体之労力ノミニ帰シテ以一ア収獲之
シタル者一一シテ西洋ノ学者ノ一ノ奇説ニ支那人ハカスピアン海ノ西
美術的之世界
近古
第三席
会者大凡六十名
榊原君
東商南北ヨリ集汁ツ支那人ノ起源トナリシト
シ犬ヨリ〆食尽キ山西一一来リ殊一一致問防ナリシコト大一一世上一一関テ人民
スレハ如何ナル人物モ天皇
一一処見スルヲ得裁判一一ハ一一人ノ聴クヲ許ス又如何ナル下等ノ人モカ
共和心多キナリ支那人ハ学問ヲシ
スリト一広ブヨリ起ル今一ツノ気風ハ上下差別ノナキコトニシテ郎チ
方一一行クヲ止リシ斯ル風習ハ如何一一起リジカト云ブユ単一一己一一依頼
堅一一シテ潤色ハ矢張北沢色ナリ然シ一ア外国ヲ阪ブ諒一シ故一一余モ雲南地
那人ニシテ四十八州ノ中女服ハスソ関キ男子ハ扶ハ狭ク女ハ多ク束
一一雲市一一住スル一種ノ人民アリ之ヲショウ蛮ト一去ヒ是古来存筏ノ支
キハ何時出米シヤ古グシテ吏一一別ラス夫ヨリ穏々ノ変遷一一会シガ僅
門ママ︺
ハ多グ山間近傍一一シテ此辺ヨリ閲ケシ者ノ如シ其道路ノ如
佐藤君
瀬尾君
十月廿七日午後七時半ヨリ開会之筈之
横山壮次郎
赤羽
当一院榊原仲
十一月十日午後八持ヨリ復習講蛍一一於
ゴニ梁リ行グ者ト一一一日ヲカケルヲ無礼トセス又女ガ男一一週ヒ道ヲ譲ル
ト⋮去フコトモナク又男カ女一一議ルコトモナシ歴史一一見テモ乞児同様
ノ人カ高位一一登リシ者モアジ一上下援別ナキコトト己ニ求ムルトノ
一一ニシテニュークレアスナル人物一一止マラス支那人一体ニ然カナF
足立五郎作
長F
一人ハ木造ノ家一一住シ其近隣ノ者ハ石造ノ者ニ住シ先祖代々不都合
赤壁
余ノ支那ヨリ帰リシヨリ居間ヲ受クルハ上海ナル所支那ハ如何ナル
井防法ヲ論シテ独国士口代之山内同業法一一及ホス
北ニ一於ル変人ナリシニ⋮後餓ノ為ニ東部一一来リ天然物ニヨツテ生活セ
多キヲ渇望スル如キハ徒為ノミニシテ大ナル心途ト一一山ブ可シ
第百九十一図
日本山一大尚氏ヲ行ブベカラズ
地球内部ノ話
糖類論
十月廿日
欧州幾楽教育
次
石炭之話
処会員定刻一一出席セサル者多キヲ以一ア八時ヨリ閉会ス
第百九十二回演説会
鈴
一プ閉会ス本タ農学士赤壁二郎ヲ将シテ一場ノ演舌ヲ乞ブ来
第百九十一一一回演説会
常
雄
道路論
木
野
側議社記録
01
7
ヲ関セス
︹
77
︺
余ノ宿日ノシヲ家ハ入口ヨリ一談臼マテ一町余プリ容ヲ焼キ客ヲ逃スル
於テ了重シ久ハ隣村ニハ一ノ宿同校モナク行人ハ矢張アリトモ然レトモ
︹欠字︺
一部一一ハ一部ノ風俗一村一一ハ一村ノ風習アリ大ニ問問レリ
地味ハ絶エスセサレハ耕作スヘカラス支那来リテヨリハ唯倒一一
ノミ他ヲ願ルニ間以ア一ブス故一一会'一日間ノ差起一ブス故一一共和心起ル又移住
門ママ︺
者一一シテ他ニ村洛ナキヲ以テ万事己ニ作リ働カサレハ能ハス支那ノ
多クノ門題モ此二ノ心ノ動テ種々ノ結果ヲ顕ハスナラン米国ニ於テ
支那入門以下記載を欠くJ
702
開識社記録
一︹一ニ四年一O 月一八日1 一一一六年六月︺
明治三十四年十月十人臼
第一一回例会
第一席
←
ロ
:
失敗ハ勝利
十八日夜六時に復習講堂に於て間開会し兼て
越前谷氏治君
発会式となせり耕土と演題ハ左の如し
ん事を希望す︿二十五分間﹀、
第二席
ウヰリアム、ォレヂ公の例を引き又務郷荷洲翁の例を挙、げて又たシ
五郎の一一一氏建議を出し全会の賛同を得て成立せるものなり成立と云
一
芳賀鍬五郎君
先づ朗読し烈の何視を語り而して永生伝説き及び人生の解釈之れ侭
パ
L
A均一一一財作川
しめたる間識社の復興と云ふべきなり吾人将来校を出て L社会に出
今村伊洲士口君
よりて全ふせらるとなせり(三十五分間﹀
成心談
英放の本僚を述べ、虚心以て事係当るべしと断し且つ禅学の所指ユ
第四席
ず遂に誌の誕生を見るに受れり
影山辺樹君
ル心 JY胆閉がオキ事以驚かずと云ブコトを述ブハ二十分﹀
日本一す悶青年の支任
十九世紀の退物は既忽事ヲ委ぬるぶ足らず国家の災任否人青年の双
第五席
の委員合設くべし而しては、技用ハ寄宿舎々資より黙すべし災他臨機
一屑ぶありと述べ東洋の近状及ピ我悶の政治、財政伝説キ及ぼして点目
年の反翁をうながせり(二十分間)、
応用となし永不文律たるべし
て五名必ず練士たるべく又た二名
社則なるものハ吏らに設けずロハた毎月第二、第四の金隠の向タ復沼
止を応用し難き苦泌を感せん放に今に於て之れか練習を必姿なりと信
つれば演台に立つべき持あらんに民素養なかりせば以て得たる学識
ハんよりも管しクラ l ク教頭伝より設立せられ長く茶の廃史を栄え
メ
ーo
み ω22
け
て
印 HZCH出向片山0 5 0町 HHHMgaz
γ224ph
HN20rnCCMMmC
﹃何日々の}︼ニハ凶 FOOL
我開識社なるものハ演ム口に立つの練習をなさんが為めに明治三十四
江刺家日刊殺
荘子治担問遊を引き現在の幾学校侭及び学生々徒一一同北守一︿の大勝たら
ヒ
ヰ
エキスベア l の設を述べ以て失敗は成功の基なりと云へり︿二十分﹀
一日々 PG
ヨ
関識社記録
札幌農学校寄宿舎
+
6
、
年十月十四臼の寄宿舎会議の席に於て大竹温一学小藤孝徳及び芳交鍬
開識社
3口
月
問主哉社記録
703
土ハ Aよ り 次 第 に 撲 び 委 員 ハ 前 後 よ り 各 一 人 つ L撰 ぶ な り
毎 例 会 に 変 更 す る こ と と 定 め た り 社 長 名 簿 ハ A B Cの順序となしー新
れば茶菓の興を出たし雑談に移りぬ高村氏の建議により本会委員ハ
一一一席を終えて七時四十五分後五分間休憩せり当日ハ発会式も兼ねた
右終って芳賀越前谷潟村の一一一氏次て出て批評を試みられたり始め第
外倹道アリ非常ノ場合一一有力ナルモノナリ此時一二位鐙ト場所ト時
我慢ノ説、勝海舟ノ決断ヲ論ジ終リニ之ヲ結ンデ日グ世ニハ正道ノ
概ニシテ甚ダ興味アリ進ンデ之ヲ澄史的之研究一一及ボシ福沢氏ノ清
立タキカニアリト縮説シ此ニ付一ア支那白木等ノ例ヲ引照セラレ議ネ広
シユノム7論ゼントスル送ハ其諮問滋ニシテ此羨道一一ハ果シテ一ナルカ又
道ナリト論ジ進ンデ一品日々ノ道ハ一一分シテ善明治ト悪送トノニトナシ市
東郷実
河村精八君、氏ノ演題ハ﹁席旗﹂ナリ
ノ酷ナリト怒 ny是等ノ問題ハ結局貧者ト霞者トノ関係一一シテ
地主ト一五フベキナリト確題シ日本ノ小作ハ水飲百姓ナリト嘆シ地主
河村氏ハ滞旗ハ唯暴徒、暴民ノ意一一アラズシテ一マ一口ヲ換フレパ小作対
第二席
トヲ要スルト結論セリ凡ソ二十分間、
機?
当日ハ全社員悉く集会せり
越前谷氏治
回に於て此の如く践大なる見て吾人の悦ひや云ひ難し布して猶
第一一回例会委員
十月二十五沼
竹山応茂彦
会問題トモ見倣スベキモノニテ実ニ国家ノ最大問題ナリト述ベタリ
江刺家日叩
第二閉山開識校例会ハ明治品川四年十月二十五日午後六時二十分ヨリ当
而シ一ア日本ノ小作ハ真正ノ労働ニアラズト論ジテ二十三年四割ノ調査
第二問委員
寄宿舎内復習講堂一一閉山ク会員凡テ十九名定刻一一至リ江刺家氏例ニヨ
表ニヨリテ其実証ヲ明カシ遂一一小作ノ暴挙ハ喰一一貧窮迫ジテ為スモ
J
ハ番外講演ヲ申込マレタルニヨワ委員之ヲ許諾ス
当日ノ練士演述大要
十分間、
君ハ真正ナル名誉ト称スル演題一一一ア出(去口シ
活ノ小躯ヲ以テ君ノ小口一ブ以テ自由自在ニ来演去述セラレタルヲ感
第一一一席、河内完冶君
大ノ体躯ヲ提ゲ演ム口ニ登レ F、刊共演題及大要ハ左ノ如シ
︺
謝ス殺ハ先ズ名誉ハ大問題一一テ一朝一夕二一口尽シ難グ凡ソ人ハ肉体
7
送ハ一ナルヵ、氏ハ遊頭第一一一論下シテ道郎チ我ノ進ムハロードニ
上ノ慾ノ外一一精神上ノ慾アルヲ知ル郎其ノ外一一人一一誉メラレ度キ心
︹
マ
アラズ此道ハ終局ノロ的一一ア一ブズ五日々ガ如何一一シテ行カントスルノ
第一席、川口順次郎君、設ハ先、ス委員ノ照会ニヨリ六時二十分肥
ノナレバ友程寅ムベカラズ感覚地主ノ責任ナリノト断定シタヲ凡ソ一一一
リ テ 閉 会 ノ 辞 ヲ 述 べ 約 十ナノ一子一閉会スムホ日ノ州問者凡一ア六名内大竹君
第二回例会
ほ将来の繁栄を祈る
言
704
アルナワ人モ小供モ然リ凡テノ人税皆然リ
ノ大建築紀念
︹??︺
N
Z
mゆ回目。ロ応高対日ユロ0・
大竹君ノ結論 H
右終リ一ア芳賀高村二氏ノ演説態度比評アジタリテ茶菓ノ饗応アリテ
芳賀鍬五郎
一一一宅康次君
潟村
竹尾茂彦
テ後ムニ足一フズ然ラバ名糸川ハ如何ニシテ得ベキカニ付一ア論ジ名品川一 μハ
委員
江刺家昂
散ズ時維九時半頃ナリキ、
個人ノ生涯
第二回委長
得ントシテ得ルモノユアラズ其人ノ行一一伴フモノニテ寧ロ名誉ハ後
第一席
十一月八日午后六時間会ス
第一一一回例会
長梁振興策
思想ヲ有ス若シ否ラザリシナ一ブパ白木ハ今日ヨリ尚ホ一間進歩ナシ
J
進必 或ハ退歩ハ川北(思想ノ如何ニ依ルト論ジ我カ国民ハ一腕時的波浪的
国家ノ盛衰ハ国民ノ進歩スルカ退歩スルカニ依ツテ決セラレ国民ノ
日本国民ノ思想
リ凡ソ二十一分間
生涯ナル織物ヲ織ラント欲セバ宜シグ国有ノ色ト綾トヲ要スニ始メ
変スルコト、土地ヲ一ケ所一一
河内氏演ム口ヲ去リ小時休怠/後君ハ演壇一一致リ臼グ国ヲ輿スルハ決
ノナリト論ジ金融ノコト、農業地ヲ
一一ハ使用組合、購買組合販売組合、産
集ムルノ必要等ヨリ外国ノ輪作法ハ遂一一利益ナルコト等之助守土地整
理論ニ付テ論、シ又組合組織、
菜組合信用組合住寸一一付テ遂一論述セラレタリ凡ソ四十分間
学風振興策、
ズル者ハ是レ我等青年一一在リト論断セラレタワ凡ソ十有分間
大竹温厚君
居ル答ナリト説破シ此ノ開同病的思想ヲ破壊シ絶滅シ精神的役一誠薬ヲ投
サ世紀ノ特色
十九世紀ハ自由ノ銭安一一生レ国際的競走一一終レ η
ソサ世紀ハ国際的競
第三席
一一一、校則二m一一ブ託カズ人物一一重ヲ置クコト、第四、徳育ノ方針ヲ定
日ガ気億一一ナスモノナルヤト慨シ治々数千一一一日凡ソ二十分間
走ニ生レ恐クハ黄金時代一一迷シ得サラン文明トハ人ノ物ヲ巧一一奪ヒ
第一、教育家ノ佼泣ヲ高ムルコト、第一一、師弟ノ親密ナルコト、第
ラレタリ
河野孝太君
席
君先ス我校ノ学風ノ哀ヘタルヲ憂へ一ア立チ左ノ五ケ条ニ付テ論下セ
第況席
村山正二君
人ハ白ラ援ケ己ガ意志ヲ以一ア人物ト成サマル可カラズト論ゼザブレタ
小藤君
倹
治
工荷ニプワ苅シテ農ハ災ノ一ナリ術シテ段ハ最モ多ノ財ヲ有スルモ
第四席
行ツ論去リ務々数千一一日凡ソ十五分間
一一シテ行ハ先ナリト一一一一口ヒワシントンリンコルン氏ノ例ヲ挙ゲ論シ来
碑凱旋門市民弗利加ノヒラミツドスヒンクス皆名誉ヨリ起リノシモノ一一
若
手
外
第
ムルコト、第五、武本教育ト体育一一付一ア述ベラレタリ凡ソ二十五分
間
関議君主記録
70う
処世ノ間以難
住友君
十一月二十二日午後六時十分開会ス江刺家活番外飛入リ演説ノ申込
ミアルヲ以テ委員承諾セリ出席会員十六名当会鉾士越前谷君旅行中
第四席
人ハ何ノ為一一此世ニ生レタルヤ他ナシ幸福ヲ得ンガ為ノミ奇人二半
??μ
ヲ以テ欠席勺ラル今練士及論出向/大築ヲ記スニ次ノ如シ
︹
福ノ版閣内一一活動スベシト論下シ人生行路ノ間以難ヲ説午忍耐土臭気
︹ママ︺
鈴木寧君﹁万物心造論﹂ナル題ノ下一一軽快ナル排舌ヲ振
世ハ白殺ナリト論ジ心ヲ開キテ凸同一フ発スルトコロアレパ万物何者カ
と泰函ピ}ケ 1 ヤ ノ 諮 ヲ 引 キ 来 リ テ 新 羅 万 象 ハ 心 ノ 鏡 ナ ジ ト 断 ジ 朕
中産以上ノ日本人ノ生活ハ渋沢ナリ日本ト西洋ノ一一岡山ヲ取リニ様ノ
栄達セサルモノアラン乎ト励シ場党決青山ハ其人ノ未来ナリト述ベテ
鈴木慶松君
生活ヲナス蓋シサい界一一見ルコトヲ符ザルナリ此ノ如キハ不絞済ノ極
一十五分間)
ι
間
ブ
山
一
一
削
ヲ駅
潟村倹次おハ﹁青年ト体育﹂
モ大ニ老成ノ風ヲ帯ピテ健全ナル精神ハ健康ナル身体一一宿ルヲ排シ
モ一去ブベキ演説ノ必婆ヲ論シテ本題一一入リ頗ル沈着一二限ル明排ニ一間
一就キテ先ヅ本論ノ枕詞ト
ト一スフベシ我生産物ノ百中九十九ハ我国人自ラ消費シ外国ノソレハ
七分間
H
H
M
5
8 ナルコト
之 レ ヨ リ 説 キ 起 シ テ 漸 々 体 育 ノ 必 要 ナ ル ニ 論 及 シg
ニ陳腐ナルコト一一非常ナル真理ノアルヲ示シ其精神ガ肉体ヲ支配ス
諸君之前途
諮君ハ中等ヨリ高等ノ教育一一巡ミ其土台ノ上一一何ヲ建設セントスカ
怒議口家カ実業家タランカ堅城鉄壁ヲ築キ激雨暴風ニ抵抗シ毅然トシ
リ紘然トシテ確乎
︹??︺
リlワルド氏ノ言ヲ述べ一ア主トシテ体育ノ経過スヘカラサルヲ一一一口ヒ
芳賀鍬五郎
功セラル、即チ体力ハ人事万端ノ基礎ナリト論ズ株詞抑揚頓挫ノ妙
完全ナル人間ハ体力、相官力、徳力ノ併有セサルヘカラルガ智力ノ致
高村倹次
ヲ極メ気力旺盛一一シ一ア忍ヲ運一ブシ心ヲ労スルノ風ヲ見ズ部一口詞率直一一
リ世界ヲ震動スル大英雄亦諸君ノ内ヨリ来ラン
第一一一回例会委員
今村伊那士口
委員
鈴木繁
スベキモノ徳力ノ米ルトコロノモノ能グ体力ヨリ起リ之レニヨリテ
第四呂例会
比くて講演終り茶菓の饗応出て雑談に移りて八時半散会せり
十五分間
一ア真理ノ空一一銭エンコトヲ望ム他日総理大臣ヲ競ハマ諸君ノ内ニプ
定ノ主義ヲ懐抱セラル、モノ、如シ終リニヘン
ルカ如ク肉体又精神ヲ左右スルモノナルヲ断ジ論断正確安証博引独
高村倹次君
使用ニ堪エザルモノナルト風俗ハ二様ヲナス故ニ輸入超過ヲ来スナ
第二席
日本人ノ生活
一一依一フサル可カラザルコトヲ述ベラレタリ二十二分間
︹ママ︺
席
価安クシテ他国人モ佼舟シ得ル一一様ユ而シ一ア我国ノ生皮物ハ外人ノ
第四席
第
リ雀タル今日ノ覚悟如何一一アリ政治家カ文学家カ宗教家カ将タ
番外
リ
706
実一一万端ノ基タル体育ヲ大ニカメサルヘカラズト反復交ムルコト切
形似上ニモ形似下一一モ凡ヘテニ一俊ルトコロナカルヘカラズト促カシ
シテ際ル明白ナ汀ノ君ノ演説頻ル長ク徐ロ一一説キ出シテ万物/一⋮一一判長ハ
得タルカ如キ想アラシメタリ多謝/¥二十五分間
?)ヲ用ヰサルヘカラズト結論ス精粋ナルアリ愛ス可ク問問夜一一般ブ
難ナルヲモ緋ジ困難ナル所以ト之レヲ排スルニハ資本ブゴウ(符合
学者ノ一大戦ガ農学ノ活用ニアルヲ唱へ且ツ切一一其必要ヲ叫ンデ其困
r
ナ リ 又 青 年 時 代 ハ 修 援ノ時代ナレバ断シテ此ノ秋一一於テ体力ヲ修メ
右終リテ一休ス
八持四分始ム
サルベカラズト一以ヒ白殺ハ殺人犯ト同シク論セ一フルベシトテ病気的
東郷君﹁不明 T﹂一アフ演題ヲ以テ幽玄深遠而モ巧紘一一シテ
先ツ驚礼怒滋ハ大一一人窓ヲ強ブスルモノナリト一番会員ヲ時喚問醒セシ
第四席
論理的ニ例証的一一簡明日一シテ渋滞ノ痕ナグ而モ順序乱レズ近世雄緋
メ突ニ大間内需雨ノ社界人類ノ発途進歩一一大刺撃ヲ与フルナルヲ論シ
死者ヲ罪セリ大約一昨吋間十分許リ
ルモノアリキ知ラズ君ハ某氏ヲ気取リシヤ否ヤ
家ノサボ泰斗一一
不
明γガ 進 歩 ノ 源 問 ト ナ リ 人 智 発 達 ノ 大 動 機 ナ ル ヲ 称 へ 不 平 ヲ 別 チ テ
係スルヲ述ブ引一ア我国ノ輪出物ガ天産物ヲ主トスルヲ慨シ米作ノ逆
世界ノ常一一収縮シッ、アル三一一口ヒ生産事業ノ振不振ガ国家盛衰ニ関
説キ悶果応報ヲ一不シ次ニ万物ハ天職アルヲ排ジ隈々飛動本論一一入リノ
人生ハ朝霞ノ如シト閉口一番無常寂滅ノ説ヨリ解キ起シ転変無情ヲ
ノ、如ク強健一一シテサマデ佑抑制ニ流レズ精神上ノ不乎ガ肉体的不平
ナル華麗ナル結果ヲ及ボセシカヲ論ジ清潔無垢高節白ラ持スルモ
リ来ルヲ神ズ米国独立仏国革命ガ如何一一正義ノ不平ヨリ起リ一ア雄偉
証論難批判スルコト極メテ至レリ欧州史ヲ願ミテ改良革進ノ不平ヨ
モノ、二ト緋ジ一ア博治ナル学問才想ノ湧クガ如キモノアリテ例引傍
精神的正義ノ意味ヨリ米ルモノ肉体的卑劣ノ意味スルモノヨリ来ル
ノ天外ヨリ落
没学ノ活用
輸入ヲ喫シテ実業家及学者ノ一一限ヲ呼ピ持一一
ノ悉ク失敗一一帰スルニ比シ其勢力ノ鷲クベキモノアルヲ述ブ苅シテ
竹尾茂彦君
チ米ルカ如キモノアリ徐々一論日ヲ巡マセテ之レヲ汝フハ農学ヲ活用
世人ノ多グガ肉体的不一千ヲ抱グヲ喫スルコト切篠平 タル主義ヲ以テ
応ジテ縦横自在而シテ一泊モ位似ニ流レズ又ハ自国一一
ル、如キ生気ヲ以テ彼ノトランスバールブイリツピン戦争ニ於ケル
卑劣ナル肉的不一千ヲ除去セサルヘカラサルヲ叫ピ次ニ尤モ熱心一一溢
J
スル一一アリト論ジ現今ノ疫学者カ実業界二只獄スルモノ砂ナキヲ悦
壮大雄偉ナル給構アリ一ア詳カニ歴史的ニ明日ニ論及シ有害ナル立ツ
ノ奴カキコトヨリ五日人生涯ノ短カキニ論及シ終リニ一九日人ノヱ人職ガ農
ノ円、氏。
ズ誠一補同日ユ当リ論シ去リ論ジ来リ或ハ柔軟或ハ遜処処一一従ヒ場合一一
第三席
ヲ
協議干上記録
707
一一社会ノ真相ヲ写シ出スニ足ル延テ我国外交市内政ノ不平一一入リ仙紳士
ヘリ一気町成ノ排寸鉄人ヲ殺スルノ辞鋭利ナル狼カ富 賠
r ナル想像真
不平ヨリ起レル独立的精神ヲ資シ欧州諸国ノ行為ヲ批判スルコト宜
一二、日本人ノ特性
二、品川四年ヲ送ル
一、開会之辞
洋行帰窓会同村君)
大竹混孝震
影山滋樹君
右之一一一語得窓ノ排ヲ以テ演説セラレ終一ア忘年会ニ入リ数十番ノ余興
例会ハ変シテ公会演説会トナレリ惹シ全会員意ノ向フ所終一一然ラサ
鈴木慶松
自ラノ不平ノアルトコ士ブ示シ諮右ニ望ムトコロ此ニアルヲ訴ヘテ
影山滋樹
会長越前谷民治君退会、小川市民五郎君入会
委員
アリ忘年会記事ハ寄宿舎ノ記録一一アルヲ以テ略ス
追加
下ル君ガ気韻ノ高尚ナル只感版ノ外ナシ誠一一有益ナリト一去ブ可シ
i 五十六分間
机附随分
江刻家君
今村伊那士口君退会セリ
番外
神聖ナル労働、君ハ意気交爽快緋ヲ振フテ臼ハク万物ハ労働ナル天
刊ノ労働ノ神翠ナルコトヲ労働ノ悶家一一関スルコトヲ解グ頗ル現ラカ
ルベカラザリシナリ而シテ終準備ノ為一一日ヲ移ス多ク遂一一明治三十
︹
ナヲ則ロ!?ノ初メハ盛ニ終リハ若グ茨へシハ主トシテ労働ノ廃セ
去年一月十七日、第一一一金曜日ヲ以テ此カ会民トナス一一至レリ但タ夫
︺
第六悶
77
職アルヲ論ジ此ノ問故事古語ヲ引キテ践-平副議ス軽快一一シテ筒浄ナ
ラレシ一一依ルニ痛喫一番頗ル穏者ヲ感セシム終リニ人若シ大事大栄
川口順次郊翁
レ持ハ午後六時ヲ以テ始メシハ例ノ如シ
八分間
ヲ成サント欲セバ間難ト戦ヒ之レヲ排スルノ労働力ナカラサルベカ
開会之辞
当番委員トシ一一ノ氏ハ壌ニ起チ光ツ来聴者ノ参集セ一フレシヲ謝シ開識
一フズト論ジテ労働ハ人生ノ生命人生ノ宗教唱アリト絶叫ス筒潔(十
二分間
社ノ澄史沿不規則則自的ヲ演シ口斗ツ近来公開論者公開尚早論者ノ二種
一線テ問問ハランコトアリテ遂ニ比公
以上終リテ委員之レニテ閉会スルヲ告ゲ次会ノ委員及紳士ヲ報告ス
護フル勿レ
二十一一一分間
大竹担慨孝世相
開演説ヲ開グニ受リシト述へ一ア以テ協会ノ辞一一代へラレタリ
カ俄一一元気ヲ加へ
会員中ニアリシガ本年元日一ニ入リテ以来雑煮カ問地球ノ勢力ニ感セシ
ヲ兼ネテ午后六昨吋半十
時ニ午後九時半
第玄関例会
明治品川四年十二月廿七日(第四金隈日)
開会ス
8
70
トナレ補正者トナリ以テ共一一共一一国家ノ前途ヲ翠ヘヨ学生トシテハ
国民悉ク司政者トナル能ハサルモ司法者一一向テ同情者トナレ刺戟剤
ス立(伎一一アラサレハ其政ヲ議セストノ陳腐ノ倫理説ヲ破壊シ要ハ喰
ハ国家ヲ格成シテ間州政一一陰ト問問トニ離ルヘカラサル関係アルニ拘ラ
罪シ学校ノ不完不整頓ハ上下学生生徒ノ五ナリトシテ之ヲ縦チ国民
サルヲ断シ間同一一失致アルハ司政者ノミノ界一一プラズトシ一ア国民ヲモ
投鉾シ刺紋セシヲ論シ社会ノ改諮問、学風ノ振興ノ忽ニスヘキニアラ
ナリトテ自問自演シ﹁ケ 1 ト
﹂
﹁でもすぜにーす﹂ガ羅馬経典人ヲ
シテ天下ノ憂ハ何ナルカ間家一一国家ヲ翠フルモノナキ之レ天下ノ変
ントス此年玉コソ変フルヲ休メヨノ二一一同ナリトテ口頭ヲ冠一ブシメ術
二十世紀ノ第二年然モ此演説会ノ野頭一一於一ア諸君一二小年玉ヲ畏セ
欠乏ヲ歎シ現今ノ浮簿少年ヲ鞍縫シ遂一一教育ノ本旨ハ科学一一アラス
化ニ如カサルコトヲ論シ田中氏ニ左版シテ古河ヲ排シ併さア人物ノ
西ヨリ父(向山偶ヲ挺ケ来リ而シテ臼ハク百ノ科学技術ハ一ノ精神的感
ノ間ニ接シ親ク廿対日ヨリ教ヲ受グルノ所ノ部ノ感化ヲヤトテ古今東
テ死者猶千歳ノ下人一一凝スル多シ況ンヤ生者ヲヤ又況ンヤ白タ自民
第二夢ハ師弟ノ関係テフモノニシテ人物ノ感化ハ至大ナルモノニシ
受クベケレハ新年一一於ケル師徒ノ請潟ハ是レガ最良ノ媒ナリノト説ク
ヲ論シテ学生ハ亦学生一ブシク部弟問機不シ談笑ノ偲一一部ノ感化陶冶ヲ
婚ノ大礼モ虚礼ト⋮去ブヘキカト喝破シ諮引尚治答ノ廃止スベカラザル
排シ一ア虚礼トナスノ痴法プリ若シ然リトセハ天宮沢紀元ノ佳節ヨリ結
ハ一万日一一一アル所以ノモノナルヲ解シ間シテ此ノ丞且ツ大ナル儀礼ヲ
万芳生ニ誌記ル迄此ガ礼ヲナスハ護シ一年ノ計ハ正月ニプリ終生ノ計
︹ママ︺
学校ノ前途ヲ歪ヘヨムロ口︿トシテハ人公ノ送達ヲ謀レ冷淡不熱心無頓着
技術一一プラスシテ精衿的教育ニプルヲ論シ遂ニ我校モ昔日ノ美風ヲ
失隊一スル一一至ランコトヲ間以レラレタリ
︹ママ︺
スヘシ学会振起スヘシ然シ
テ我罰識社員一一学風振興策ヲ諮スルアリ亦以テ我校学風ノ全ク地一一
第一ニ夢非勤倹貯議一一シテ金森ノ人物ト其所説トヲ排シ日本ト西洋ト
ヲ罪セヨ以テ国家隆盛ナルヘシ
墜チタルニプラサルヲ悦ブト、君モ亦将一一先安後楽ノ述士か︿桜山隆
ノおノ程度ノ異ナルヲ論シテ其貯蓄ノ困難ナル所以ヲ鉾シ若シ貯金
セントセハ没情渓トナリ苔督者トナ日ノ守銭奴トナリ銭ヲ胸一ア道途一一
妄一評妄記多罪﹀
高村倹次君
時給ルノミト論シ勤倹ハ美総ナルモ貯議スルナカレ吾入学生ハ出制服着
一一一十七分間
夢ハ偶然一一起ルモノニプラスシテ必ス其素アルヘシトテ設立一⋮夢ヲ
月月謝増額ハ以テ貯金ノ余裕ナキヲ明カニシ客弱者ハ金森ノ政吹ニ
初夢
知即日フル
ヨリニア燦然トシ一三応
ヲ謹ブシツアリ遂一一年始ノ儀礼的弟ノ
第一歩ハ﹁新年祝賀ノ礼ハ丞シ﹂ニテ此夢一一於テ上ハ天朝ヨリ下百
関識f
上記録三
709
交情モ此ガ為ニ崩絶シ去 η
ツテ一大臭塊トナレリ之ヲ黙視センカ我カ
出
向
。
一
一 CJ
可 シ ト 論 中 或 ハ ド G口
ぐニカ!日ブ l ルニ語ヲ引キ立板一一水ヲ流
住友埠
ス如グ述ベラレタリ突一一衆氏ノ博聞強記ナルニ鷲キタリト
川口順二郎
一一一十五白十一月廿白日
当番委員
一ニ寸ノ舌将亦何ノ用ヲナサンヤト窓気軒騰タルモノアリ田屋霜此校
縫い済一一就テ
第七回例会
右終リテ午後八時間会ヲ告ゲ茶菓アリテ午後八時半ト云ブニ解散セ
タ能ク一一一夢ヲ致ス忠
ケル品川弥二郎氏ノ関係ヲ述べ延イテ学生ト教師ノ間ノ関係一一及、ヒ
於一ア伺化政策ヲ治々其ノ行ブ方法ヲ述ベラレ凡テ事ハ EZEU2
一
一
︹ママ︺
従ひ之レニ寄ラザル可カラザルヲ述一フレ論ハ師弟ノ関係松下熟一一於
ト 多 シ 布 シ テ 未 タ 確 然 タ ル 定 義 ヲ 得 ズ 或 ハ マ コ レ i ハ或ハアリス
銚一学トシテ表ハレタルヲ初メトシ今日ニ至ル迄娯ル研究サレタルコ
進歩モ亦今日目一岡山一応スルモノプラント論ジ次テグ汀ノ I グ ニ 於 テ 雄
目。︺
学生トシテハ各々自信タル可シト而シテゲロロ出E々ノ為メニ}戸高シ
ス可シ之レニハ宗教ヲ可トス可シ宗教ハ宜シク﹁グリスト﹂教タル
テ欠グ可カラザルヲ論ジ自カラハ其ノ山町市ム可キ m月三号g
um ヲ 有
行 為 ヲ 反 省 ス 可 キ ヲ 論 ジ 口 M記ハ反省三拍子セ必要ナルモノニシテ決シ
声ハ或ハム門前グ或ハ低グ衆ヲシテヰヲ傾ケシヤ久シ之レヨリシテ共ノ
市シテグリークガ総排学トシテ発達シタル所以ハ全ク政治上一一ハ自
邪一一関係セス喰人ヲ心伏セシムルノ術ナリト云フ
以テ旦ツ最モ美術的一一其意想ヲ一一一日ヒ表ハスモノナリ一如シテ議論/正
ク捻緋トハ多クノ人ノ心ヲ収センガ為メニ一言語ト働作ト音声トヲ
門欠字︺
ハト古人ノ雄耕一一対スル定義ヲ述べ又白一ブ定義ヲ下シテ臼
門
R205] 切万円。ョト一一一口ハ
ニアラズ予モ亦︺山間)EYESZ 3 片 付L
一
口
ω
ント欲スルモノナリ若シ之レニシテ刷所ノ雄ナルモノアランカ関連/
ワ米国ノ出
gq ぎよ丘町内R72ヲ シ テ 米 国 ノ 学 制 ヲ 賞 セ シ ム ベ キ モ ノ
首スル所ナルノミナ一ブズ五日人亦然リトス殊一一教四百制度ノ完備セル独
方今我帝国ガ凡テノ方面に進歩シッ、プルコトハ量ニ独リ外人ノ品目
ヲ
一一遊ブ然レトモ一タノ感化一一知カサジシト論シテ前一一一夢ヲ結ハル﹂
嬰木子日ハク我間グ夢ハ脳ノ箆スルヨリ原スト脳ノほスルハ直後憤疲
労歓楽之カ国ヲナスユヨル多シ君深グ当世一一一慨スルモノアルカ如シ
一世伊ニ過キス市シテ世相ハ
芳賀鍬五郎震
席
然リ憂償ハ終一一君ヲシテ夢一一発セシナリ余ハ病メル放-一年アリ俗タ
夢ミサルナシ而モ
フ其夜心付々更一一深キモノアルヲ
十分間
第
合同可ヲ守リ向。口同一め百出ロタル可シ m月三宮山口タル可シト最モ熱心一一
ア一ブズ砂糖的ナワト述ベラレ念々本論一一達シ氏ノ学バレシ獄民論一一
先ヅ氏ハ反省ナル演題ノ所以ヲ述ベラレ立ハノ気焔ノアルコール的一一
反
、
省
J
プリ民権ヲ丞シ従テ議論一一同意
サシムベク排論ノ必姿起
︹
マ
可斯グ一ア其科学トシ一アノ発達ヲ見ルニ至シト然リトト
門ママ︺
市シテ当今ノ学生ハ実一一猫ノ如キニプラズヤト学校ノ一一円。ヲ送ル
丈レ阪境一一アルモノ然リ他ノ青年設然ラザルノ理ア一フムヤト而シテ
是レ笑一一教育ノ制否教育者ノ答ナリ彼等ハ本ヲ読マシムルベグ官吏
トナラシムベグ番一政トナラシムルベグ学者トナラシムルベク一ツノ
ハ東関其趣キヲ異一一スルモノナリト称シ例ヲ春秋
成功セル所以ヲ明カニシ立ツ
又臼グ青年司一分ヲ知レト其美ナル名目ノ下二⋮同年ヲ庄ス市シテ人材
製造器械ナリ雨シテ社会ヤ人材欠乏ヲ呼ブ盛ナリ(人材タル亦難決)
側値ヲ論シ古ハ感情⋮一訴へ
タルモノニシテ今日ハ学理ヨリ﹁アグト﹂ノ上ニヨルモノナレパ丙
、吋﹁σ
一一在リテ又ヨグ機会ヲ作リ以テ進テ万件ノ
Y向伶口C2ECH口
芳賀鍬五郎君
諸君:::突に朝アローラの神かガラスの様な湖の上に倣慢の様であ
誌を訳す
のフ口ナウンセlシヨンな以て先づレシテlシヨンを試み終って其
べからざるチャームが其内に含まれであるよ芳賀君亜米利加ナマリ
ゼ1、メ戸、ホン走れ半十一氏に満たぬ一つ歌でしかない然し乍ら言ふ
第一ニ席
記者日グ人材ノ出ズル亦近キニプラムト
本物一一当ラムトスト論シ去リ論ジ来ルコト凡ソ弐十分
ガ如シ
欠乏ヲ呼ブ高シ(人材タル亦難哉﹀ト社会ノ青年一一対スル感ノ薄キ
者ノ衝突ハ免カルベカラズ殊一一今日新陀ハ実一一雄併ヲ養成スル上ニ
於一ア少シグ防容ナルガ如シト然レトモ﹄緋ハ一種ノ感情ヲ与フルモノ
ハ笑ニ此開識社一一於テ尤そ
フオクス、ク
江刺家日却沼
必要ノ迫レルプルヲ知
iノ例ヲ曳キ例ノ快排ヲ試ムルコト約二十五
ニシテ民権問出向士山恕ノ子タル
講究スベキモノナリ
¥
﹁
人材ノ欠乏
一ア山山ツベキノ時
ナ一フズヤ然リト脱モ翻テ青年カ志望ヲ見レパ亦実一一概歎一一堪ヘザル
らはれて来る時に凡てのネiチューか其ね忽然としてあらはて来た
︹ママ︺
モノアリ或物ハ当今立身ノ途共ト異ナル一挙ノ功名何処ヨリ能フベ
グインを導くか様である市して狩人は
︹
50一一C2なる }55 を吹いて
︺
ケンヤト我将サ一一着実ナルベトシト然レトモ之必ズシモ是ナラズト
説(自の仕事習を始める又タベに於ては端的階い様な影が絡かなる学小屋
77
支那人ノ岳山岡田円仲良ノ下等ナルヲ論シ約ノ口YRRg円 ヲ 説 キ 人 ノ 功
よな掩ひ隠す時に小学の額につけてある鈴が眠さうに鳴って附して消
︹ママ︺
名心ナカルベカラザルニ及ボス
人材ノ欠乏兵士戸ヤ社会一一高シ告人青年笑ニ手
第二席
ルト雄モ今ニシ一一ノ回一応ナルヲ党ユルノ
ー
ノ
氏ニシテ術シ一ア此演舌ヲ試ム五日人既
710
関識社記録
711
と一広ふ様な風である雨して突に熱心なるね振りである更に一一咳して
ソヨ/¥ずる頃鳴呼スウイト エンチャン一アングノ lトであるよ
ホーンの廻りに浮ぶ様な一種の魔力を以て居る市して間風か静かに
える墳に人は皆其日の苦労を忘れるのである走れ等ハ突にメロ l、
主治し米りたる宗教は実にオールドピルデングであるク F スト教と
パワーを有するもの L興らざるを得さるなりと論じ、元米心釜界を
方今苦闘の宗教の不備にして到底社会活動のセンターを支配するの
である其意気既に人を容むか如し
に最も高尚なる尤も援富なるホ 1プとト一ブング
L
リテーを与ふる者
いふには是れではあまり緩いから今少しく良然を愛するといふこと
︹
︺
見よかの紡主は新開紙一一一一久の好材料ならずやかのクリスト教は数太
77
いはず仏教といはず皆是れ此類のみと
スミレよ汝を能く知ることを得れハ我ハ宇宙の真理止を解するを得﹂
人の思想であるにあらずや是等を以て我邦人を律ぜんとするは突に
ースンであったと岡山ふ﹁路傍の
と実に其通りである野に咲くすみれ街上に咲くたんぽ w
ノ茶処には如
沙汰の限りである況んや今日ウイツセンシャフトといはずウエルト
に付て述べたいと思ふたしかに
侭なる真理かあるであろうか又彼の波か静かで女波男波が自分の足
ウマイスハイトの破格の進歩あるに於てをや我邦の青年ハ綬気であ
るけれとも割合に例功であるとクリスト教を非難するに尤も力な尽
をキッスするとき彼の怒浮か拶持として岩を鳴くとき波も亦
生を有するものであるかの様に考へられる・::なといふ様に元来文
通りである私か余市に旅行した待は私か月山に登った時は:::と種
石沢雄右衛門君
の実見談伝記者も談にとり巻かれ記すべきことも六に記さずして今
宗教観
吏口惜し(一一一十五分﹀
第由席
︹??︺
先つ宗教の定義を下して日く宗教ハ人間安性の無限たる歎求に応へ
理義会通の境域を離れて無上超絶の真理を混一不し否人の精神的生活
処である天理教、思一一住教の如きハいふの必姿なし終りに東洋のル i
人道を離れて宗教があり玄ずか? :::之れ突に設か熱心にいふた
の少なくないことは近き札幌の天地に於て見る処である・::・:諸君
るか如きは宗教的ライフ忽差したる価値のないものと思って跨る者
し立ハカを政治経済の俗事に致して社会の進歩に貢献し悶家を補援す
を尽せりとなし窓念神に仕ふるを以てリ、ジアスライフの純惑とな
︹??︺
伝送し或は会堂の事務を級学しい札︿維持を閉山るを以て神に仕ふるの道
祈祷を捧げア l メンを悩ひて神に交はりチャーチに出席して紡談し
したるか如し
の
学と宗教の趣味タップリといふ氏なれは気熔万丈当るべからずであ
コ
ペ
吉田松蔭であったか﹁旅行は我か生命である﹂といふて居る実に共
る
7'
2
概スル突一一残惚一一様且ザルガ如シ終リ望ミ﹁此ノ如キハ突一一社会ノ
︹ママ︺
ソ1中江兆民民のフエヤウエルアドレス止な賞美して措かず︿記者臼
サニ之レヲ外ヨリ口口シタイト忠フノデアル﹂記者臼グ大賛成君モ
︹不明)
人ノ心怒次第デアル:::宗教家教育家ハ内ヨリ之レヲ疋シ寄人ハ将
影山滋樹君
く)知らず君も亦小兆民氏なるかなハ四十五分)
風俗改良論
十ル西郷板垣ノ徒タ一ブントスルカ?否左一一ハアルマジ(一二十五分)
第五席
風俗改良論之レハ実ニ滋今ノ一大問題、テアル五日人ハ大一一法ンデ氏ガ
ヲ深謝ス
当番委員
君入会セ一フル
一月十冊目午后六時十分開会
大竹混孝
終リニ臨ミ
二月初旬本科第一
河村病人
此問題ノ解決ヲ聡クベキデアル
当リ先ツ風俗改良ナルモノ、意味を憐カメタイト思フノデアル抑モ
第八例会
例ノスタイルニテ登壇シ氏ハロヲ関イテ私ガ此風俗改良ヲ論ズル一一
人間ノ行為ハ如何ナル区別一一白テ支配サレルカト云ヘパ法律ノ支
委員小川氏俄然事起リ欠席セルヲ以一ア米向笠氏代リテ閉会之辞ヲ述
一忠世間ト題シ徐口ニロヲ関キ大阪高楼ト
︹??︺
配、道徳ノ支配、及ピ社会ノ支配デアルト一々詳細ナル説明加ヒ今
川口順次郎君
べ今般新タニ入会セル黄金弁解一一一氏ヲ紹介シテ着席スルヤ
第一席
日ノ日本ハ美一一旧恩惣ト新思想トカ混シッ、アツテ未ダ一定ノ紀律
︹ママ︺
ルニ於一ア向シト雌モ其居住スル人ニハ愉快之度一一大
ノナイ時デアル市シテ対外ノ感情モ北日時封健時代乃至ハ近キ過去ニ
於ケルト大一一其趣キヲ兵一一シ一ア居ルノデアル欧米人ハ立派ナル人種
品中日アルヲ説キ五日校先キニ多クノ人ムイヲ出シテ方今一一甚タ振ハザルヲ
カ救済之策トシテ下ノ一ニヲ挙ケタリ一ニ臼グ多クノ参考書ヲ読ムコ
慨シタリ氏ハ此変則矧ノ原間ハ五悶校話学ヲ忽一一スルニ由ルト断シ之レ
無作法ヲ概スルヤ甚ダシ又論ジテ国家ノ要素ハ閉山氏ナリ一ツノ悶民
第二席
一潟村精人君
氏ハ天才ト題シ説ヲ為シテ臼グ趣味ハ物ヲ
求メヨト氏壇ヲ下ルヤ二十双分間
帰ツテ網ヲ作ル一一如カズ先法ノ名戸一司ノ夢ムヨリモ返テ之レヲ自ラニ
ルコト、終リニ彼レハ戸ヲ大一一シテ日夕獄一一臨ンテ魚ヲ羨ムヨ F ハ
ト、一一ニ臼グ諮学ノ時間ヲ増スコト、三一一日夕語学教師之改善ヲ謀
論ヲ上下シテ常ニ外国ト相対照シ其社会ノ制裁ナク其風俗ノ墜落ヲ
会所ノ混雑ヨリ寄宿舎ノ洗面所一一於ケル或者ノ行為ハ斯クノ如シ議
ネバナラヌノデアルト概嘆一一堪エザルガ如シ尚ホ例ヲ示シテ人民集
モ甚タシイモノデアル何ヲ自シテ文明厨ト一広フ実一一外国ニ対シテ惚
ニシテ此ノ如キ不作法ノ要素アランカ何ヲ以テ文明ト一一山ブ突一一野市(
︹ママ︺
キ例トシテ宴会ニ於ケル﹁ゼントルマン﹂
ト認メテ居ル之レ一一一反シテ国民一般ノ風紀ハ実一一驚クベキデアル近
ノ
関識社記録
判断弁別スルノカニシテ天才ハ趣味ヲ、活用スルノカナリ換一一一日スレパ
者ナキヲ悦シ延一ア教育感化ノ率一一及ブ日夕五口人ハ学生時代ヲ分ツテ
ヲ有シ一宅モ独立ノ素養ヲ作りツ紅践汚、泥ノ中ニ超然タル底ノ真節目ノ
MCm
自ラ趣味ヲ感スレパ延一ア之レヲ伎一一伝へ得ルノ才能ナリ奇人ハ各天
被保時代過渡時代自治時代ノ一二トスルヲ得ベシ而シテ由同治時代ハ凡以
向
。
ロ
ヨリ受クル処ノ能力ヲ有ス然レトモ総べ一ア能力ヲ湛能セシムル者ハ
大切ナル時機一一シテ人生ノ口間性多グ此中一一成ル故ニ五口人自治ノ寄宿
神凶戸内川口帥
口ハ天性ナリ故目玉口人ハ恋人ノ有スル才能ヲ養ヒ勢力ヲ中条シテ以テ
トモ近時自治/弊ヤ白十時一一m
mリ只人ノ短点ヲ見テ談話以テ得々タル
自修養ヲ積ミ以一主食校ノ生命トナランコトヲ期セサルベカラズ然レ
ニアルモノ赤心相照一アシ五三和扶助シ以一ア一家ノ如キ和楽/中ニ各
︺
二十分間
立(発達ヲ謀一ブサル可一ブズ氏ハ頗ル沈者⋮一説キ去リ説キ来リ間ク者ヲ
シテ厳郎ノ下ニ其道ヲ閲クカ如キノ感アラシム
湾内完治君!広キ人ト深キ人
77
日一至リテハ室慨スベキニアラズヤ一広々氏ノ得意ノ m225 ハ当夜聴
一
{
ω
己主丸一
HK
十二分
o
民
凶
,
第八例会委員
小川良五郎
河内完治
関治品川五年二月廿八日午後六時開会
黄金弁沼拍手の裡に迎へられ揚々として演壇爪立ち咳一
氏飢代り開会之同日を述べ本日第一結解土たる茂金井君を紹介す
先づ一河野煮立ちて本田委員たる小藤氏修学旅行之為め欠席ぶ付き河
第九例会
一関スル演説アリ終一ア茶菓ヲ共一一シ照会セリ待八時半頃
放︿主回日ニ日夕天地問ノ万物洪大無辺ナルヲ五ロ人ハ限キアル生命ト悩
小藤孝徳君北海道ニ於ケル牧造業
第一席
殴し而舎内之総裁てふ頗る否人会生之留意すべき演題之下に徐に口
る誘気庁小て如何ぶ自治之国
之模様は後日を拐し本タは余が昨年入金当時之感想を述べんとのぼ
且ツ入会以来日尚浅きを以て舎内之事情伝通せず夫故余は割引時当舎
止玄関きて日く近来余は病践に犯され為めに諸君と親しく諮るを得ず
一鳴近時学生ノ心事ハ臼ハ保体ヲ旨トシ衣食ノ為メナス如キ傾向
河野孝太君ノ寄宿観
シテ尚此業ノ振ハザルヲ悦シ将来之レカ振興ニ尽粋センコトヲ希望
氏ハ一倒産事業ハ動物カヲ仮ルコト多キヲ以テ牧畜業ノ康衰ハ殖民事
第四席
Y
ω ℃︼叶足。﹃山内
同 巾
gえノ一節ヲ朗一一郎シテ下壌セリ
ヲ説キ深重ト忍耐ヲ以一ア十字物ヲ観察セヨト勧告シ
ベカラズ塚原卜伝其子ヲ試ムルニ其技術ヲ見スシテ其精神ヲ見タル
ス弦ニ於テ広クシテ浅薄ナルヲ遊ケ却一ア袷狭グトモ深キヲ求メサル
者ノ耳目ヲ銭勤セシメキ、終テ江刺家昂氏ノ批評高村倹次氏ノ批評
席
カヲ以一ア其レヲ悉ク了解スルコトハ到底成シ得、ベカラサルコトニ鴎
第
ジ
第五席
セ
栄一一大関係ヲ有スト説キ又北海道ハ天与ノ良牧場地ナルヲ説明ジ而
73
'
7'4
者諸君之益せる所多大ならむ︿一一一十五分間)
しめよ之一句を残し荷壇を下る君が演苦熱誠忽て活気あり閉山ふに聡
日中﹂﹂之句止をし而古川巾に諸氏之ヰ底ぶ止めよ取して﹁テブル﹂を退去せ
モ l
を述べ身自ら清ふし稲而し間後に大一一他人片山制裁を加へよ ﹁
ーゼ﹂ノ勾を引き或は﹁クリスト﹂之いと罪深き乙女を誠しめし例
当時之様を諮り制裁が如何忽自治制忽必姿なるかを痛嘆し或は﹁そ
邦自治制之卒紘んたる第一高之舎内之制裁ぶ就き氏が親しく経験せる
ッ、あるかと述べ寄宿舎之気風が制裁忽より完備するか侭及ぼし本
姿なるをとき彼の盟米利加之社会片山於ける制裁が如何に功果を奏し
北日時流同が国氏之徳風之説日ねかりしを論じ交に転して制裁之社会片山必
難なるかを説き我校寄宿舎が来し荷自治制之真価あるや否ゃを疑ひ
ートン之臼牛津之窓鐙雪之功宏積ミて自然に放浪し正義之為めに叫
際然り/¥身老へてん一丸尚牧なる苦も亦グラドストンニ学ばん哉彼イ
を吐かる
キンデンボルグ之一玄を説き治んベ懸河之如く排じ去り鉾来り大々気焔
何に彼の殿山大帝が云へたりし希望人を生し満足人を殺すてふ一一一同ス
死は老之終局なりと論じ底土之刷出版八ム、大公望等之人傑を引証し如
望は未来なり未来は希望なり人は希望似国り生き失望爪依りて死す
般国之老人も少年之心理を有すものありゑれ希望之為めなり実に希
ものなりと論じ予を迩にして喝を医し咳一一骸諸君と呼むで臼く痩骨
影響、を及ほせるに非らずや是れ生理上に老ゆるも心理上に老へざる
m
を見すや彼老年既に政界を返きしと蜂も彼之一挙一動は抽出く全欧 r
るや気尚ほ受一足動ずれば全英為めに動きヂ挙すれば問歌剖白す真
治安}称ふる率六十余年名齢制附算既に政界を退きてハ Iデン城に移つ
び国家之為めに繰じ残忍不義之外交を駁し或は英断果給、愛関之白
君関口一番光陰之去る速かなるを隙んずるもの多し走れ茶臼其目安}目
に男子之泊目盛なりと一五ふベし走れ一一一宅君云ふ一敗之生理的ぶ老し心
一一一宅康次君・ .
.
.
.
.
.
.
.
.
.・不老
きは何之為なるか忽
理的に老せざるの好例か一似て思ふ我国明治一克勲之官緑何ぞ絃に至る
第二席
付き一考せりと説き彼之ロ!?のシ 1ザルが去へたりし老之四原因
的とする
、身体上ノ形態
之甚たしをや
一一一宅君亦一五ふ希望は人を生じ失望は人女殺すと突に同感希望なくん
即ち一、
ブ事、四、死一一向
を敷引して日く突に吾人は老へざる可らるものか否
ば生命なく野心なくんば郎ち死す然り人生行動す期する所明日ある
、五日人ノ
々大に否生理トムに老ゆるも心理上には老へざるを得るなり生涯上之
去るもの皆過
のミ現日は図るべからざる現在之疑問之み少しく過を c
︹ママ︺
者に心理上が共ふもの爪非ず彼之大英昌之人傑たるグ一ブプトストン
院J
a
滋社記録
P 叱 切 同croZ2? なる
を呼んで人生之行路な難ずる勿れ司令人は﹀Z
22urc
涯 に 今 日 を 勉 め む や ζ gロ
門主ヨロヨュ grrぇ・徒に山田エ
たる人生日夜之を追ふて走る若し夫れ希望之悉く空なるな知らば人
ざるは風を捕ふるが如し故に人生は希望之幻影を追ふて述ふ悲哉砂
人ヲ離レテ社会ナグ社会ヲ離レテ個人ナシ人類ト利己ト利他トノ雨
ニーほル結論一一至ツテ日ク個人ハ郎チ社会ナリ社会ハ却チ個人ナリ個
的問呼又我国ノム別途危カラズヤト云フニ至ツテハ懐慨悲憤ノ想君ガ函
為メニ迷へ個人ノ為メニハ怒渓ヲモ愛シ義人ヲモ苦一一放楽セントス
ズシテ何ゾヤ我出向現時ノ有様ヲ見ズヤ天下活んベトシテ個人ノ利慾/
一一於テオヤ若シ是レプランカ自己ノ為メ朋友ヲ作リ君主
点に於て少くとも理想的幸福之運命を有するに非すや然れども失望
面ヲ白内ブル動物一一シテ其一内面ノ調和アル活動ガ即チ円満ナル行為ト
去に葬むらる君一広ふ如く希望は未米にあり然して未来之知るべから
の惨なるは希望誤解より米るアハレ絶望之人や形綴独り存して欲し
ナルナリ新クシテコソ個人ヲ利スルト共一一役
レ UU F レ p
聴衆拍手ノ裡一一設壇シ徐一一
ノノ
ノム日ロノ斗
、
大問題ナリ特一一近来余ハ風邪ノ為メ大一一研究シテ諸君一一述ベント欲
古郷ヲ思ヒッ、札幌一一於テ没然波注スルヤ万感胸一一湧キ来リ狗旦ン
第 四 席 小 川 震 42m m
BFEC出弓(七時十八分ヨリ八時一一歪ル﹀
口
一
戸ニロヲ開キテ日夕余ハ常一一
氏ハ拍手一一巡へ一ブレテ登境シ-咳
︹??︺
︹ママ︺
且つ管すと雄も血冷え涙乾き美を見て災美を悟る能はず空しく附吟
上役一セシムルコトヲ得ン
セシ希望も果スヲ得ズ比レ余ノ大一一遺憾トスル所只平素ノ抱負ヲ仕
ト欲スルモ能グ抑ユルヲ得ザルナリ余ハ本タ諸君ノ面前一一於テ其平
シ人類ノ位置ヲ
頭脳を苦しむるのミ何ぞ悲惨恰純ならずや鳴呼亦至難なるかな人生
君ガ演舌僅々十八分而モ窓歪レリ尽セリ論回日間関訴充分君ガ平素ノ抱
露シ一ア今夕ノ責務ヲ終ントス諸君笠シグ諒セヨト念々木間一一入リ君
mH5三ヲ述べ以テ余ガ交務ヲ終一フントストノ冒頭
素ノ円。丸山口問ノZ
負ヲ吐露セラレタリノ
ガ平素ノ抱負ヲ述、ヘテ臼ク個人主義・::諮お個人主義ハ何処一一生レ
MMHSEntgトシ一ア者CHL22テ ノ 。cHFHYErctmre
ヲ置キテ H
個人主義(七時ヨリ同十七分)
タルト思考スルカ是レ続新ノ卒明ノ生ミタル所卒明ハ実一一諮問人ナリ
白与え OHms一
口
町
・:
ji--・
:ji---ナル一節ヲ諦シ人間ハ HURR々一一
村山君
シ然レドモ不幸一一モ比ノ惑路ノ児ヲ持一アジ:・・:::恐ルベキカナ偲
比スレパ実一一瞬間ノモノナルヲ説カレ次一一昨年夏休暇古郷ニテ感ゼ
第一一一席
人主義他人ノ幸福ヲ一生ノ目的トシテ同胞ヲ磁ミザルモノ是レ個人
ラレタルコトニ就キテ述ベラル第一ニハ士口郷ノ山ナル題一一テ君之
d
之行程川川⋮
ド
ゴ
主義ヲ採用セルモノ共限中駕グンゾ君主アルコトア一ブンヤ況ヤ親友
75
'
76
,
町内ゆ}百四ヲ述べ吋,yogsζ83 氏ノ詩ノ一筋ヲ引キ次一一ハ古郷ノ海
パシムルモノナルカ悲マシムルモノナルカヲ知ラズト陳述シ一ア澄ヲ
間同氏ノ淡舌自然ノ支ニ間同フテフ題ナリケレバ余輩ハ知ラズ其レニ就
門ママ︺
人テブ題ニテ他ノ万頭一一テハ山野ハ伐木荒廃ニ一様シテ我心ヲ悲然タ
当校能鉾家トシテ知}ブレタル君ガ大竹君ノ演説日一対シ
第六席
古郷ノ川一アブ題ニテ∞円。耳包括氏ノ詩ノ一節を引用シ次ニハ古郷ノ
EES}
阿
山
内G
一フシムルト同時ニヌ可之さ︿巾︿己出向凸 CHrPRfsg ハ
一フル氏日夕自然ハ念品交ナラザルモノナリ然リト難トモ一般否人ガ称
ヲ試
(番外飛入) ハ八時廿五分ヨリ間四十五分﹀
昨日刊門出口口可
ノ為メニ一質朴ニシテ情豊ナリシ昔日ノ思想ハ脱却シテ人ヲ
シテ十日域ノ河川ユロニ友然タラシムルト同一ノ感ヲ起サシムト痛嘆セ
スル所ノモノヨリ京大ナリ然レド詩人ガ云ブガ如キ美ハ自然一一ナシト
思へ或ハ不公平ナリノト一去へ世人悉ク之レヲ以テ完備ナリト云フコト
ラレ次一一当札幌一一テ氏ノ感ゼラレシコトヲ泰街諸大家ノ詩ヲ引キテ
竹ノ
君ヤ 十 玄 関 フ ︿ 八 時 五 分 ヨ リ 八 時 サ 五 分 ﹀
第 五 席 自大然
ナシ勿論法律ト自然トハ比スベキモノナラザルモ其ノ見ル人ニヨリ
思フト論、セラレザムハレヨ世間氏ハ自然ノ壬ユ代り大竹氏ノ問ニ答ブト
氏ハ得意ノ排舌ヲ以テ治々懸河ノ如ク自然ノ玉ト云フハ如何ナルモ
テ或ハ公平トナリ或ハ不公平トナルハ向一ナワ設中一一ハ幸ナルモノ
隙ゼラル
ノヲ江見スルカ断定シ春夏秋冬各季節一一ヨワ山ヤ河ヤ海ガ五日人一一対
不幸ナルモノ楽ミアルモノ苦シミアルモノアルガ如グ見ユレドモ其
一去へ自然ノ王ハ不公平ナルモノニ非ズ一間シ一寸之レヲ見ルトキハ不
スルノ情異ナルヲ説キ更一二歩ヲ迭さア役上一一ハ不幸不透一一泣グ人
突世一一ハ幸、不幸、楽苦ナルモノ無キナリ余ヲシテ新命セシムレパ
小川君ノ演舌突一一博引例証氏ノ博識ナルヲ現ハスモノ一一一ア余翠ハ同
アリ又ハ幸運ニ一生ヲ過ゴス人アルハ吾人ノ籾か市川ナキ能ハザル所
楽苦ヲ総称シテ楽トセン何トナレパ楽ト苦トハ吾人ノ見ル所ニジテ
公平日始ダシキガ如シ乍然突際公平ナルモノナリ今世ノ法律ハ一般一一
ナリト述ベ自然ハ如何ナルモノナルヤ自然ハ自然ナヲト自問自答シ
決シ一ア区別スベキモノニ非ズ他人ノ十万ミナル一一吾レ之レヲ楽ミトス
氏ノ演舌一一於テ教訓セラレタルモノ多々ナルヲ謝スト共ニ益々勉励
役上自然ノ存在スル以上ハ必ズ之レヲ支配スルモノナカラザル可カ
ルコトアリト論、シ去論ジ米リ遂一一自然ハ公平無私ナルモノナリト断
公平日一数カレタルモノナリ然レド是レモ人一一ヨリテ或ハ公平ナリト
ラズ是ヲ以一ア五日人ハ自然ノ玉ト称スト絶叫シ自然ハ果シテ奇人ヲ苔
セラレンコトヲ祈ル
高村君、
キ考アルトモ無ク考へ緑々筆記スルヲ得、ザリシハ深ク謝スル所ナ ηノ
ナル題目ノ本ニ吋
2302氏 ノ 詩 ノ 一 節 ヲ 引 キ テ 其 感 ヲ 述 べ 次 ギ ニ ハ
ノv
下
関滋社記録
7'7
鈴木慶松君
軽視スルガ如シ実ニ誤レルモノ、接タシト去フベシ故一一五日々社会ノ
J
実業立国方針
定セ一フル斯グテ同氏ハ拍 十ナノ禅一一極ヲ下ラル対ニ於テ委員立チテ問問
第二席
上流ニ立ツモノ先ツ口間性ノ修養コソ最モ必要ナレト(大凡ソ十六分﹀
河野孝太
会ヲ比口ゲ茶菓ヲ共一一シテ退散ス時一一九時過ギ
第九例回委員
一国ノ国勢ヲ定ムル一一ハ国状ヲ知ツテ后ニ世界ノ大勢一一比シテ定メ
サル可一ブズ我ガ国ノ如キハ実業ニ依テ以テ国ヲ定メサル一円ラズ然ラ
第十回開識社例会
先づ本回委員小藤氏立チテ開会ノ辞並ピニ此皮留学生トシテムネ校設
芸科一一入学セラレタル清恩人周忠徐君ヲ歓迎スルノ辞ヲ
殺虫五壊す口ヲ発シテ日夕維新以来旧道路廃類シテ新道路未ダ興一フズ而
作ル一一ハ教育ニ依ルノ外途ナシ
微々、 haシテ振ハズ之レ全グ実業界日一人物ナケレバナリ市シテ人物ヲ
一、実業教育賞励ノコト、今臼我ガ図ノ突業界ヲ観察スルニ実業ハ
シテ生存競争の激議ハ其の一段一一赴カントス然ルニ人民の口間性ハ汚潟
二、質朴簡易ナル美風ヲ養成スルコト、今日ノ実業者ハ顕著一一流レ
住友涼一一若
シ殊ニ上流一一位スルモノニシテ紳土トシテ恥スベキ行動ヲナスモノ
卒業ヲ経営スルニ当テ能夕立ハノ人物ノ口間性/諮問思ハ事業成敗隆替一一
レガ改良ヲ促シ欧米ノ学術越応用スルハ目下ノ急務ナレトモ諸般ノ
性ヲ汚潟ナラシム是レ国家ノタ
ハ金銭上ノ保護ニシテ事業ノ保護ナラズ又人ノ保護ニシテ事業ノ保
凹、実業保護ノ方針ヲ定ムルコト今日我政府ノ実業界一一及ボス保護
コ一、事務一一勉励忠実ナル思想ヲ養ブコト
ヲ立励すべし
朝ニシテ破リテ質朴ノ美風
関スルコト極メテ大ナルコトヲ知一フサル河ラズ現今我カ国一一於テ行
詮タラズ字ロ事業ノ基礎ヲ保護スベキ方笠シキナリ
フル所ナワ而シテ凡百ノ事業之
ハル、法律制度ノ如キハ外国ノ虚飾的一一シテ内容ハ零ナリ死物ナリ
六、数字的観念ヲ人ノ頭一一養成スルコト今日日本人ノ多ハ東洋ノ交
五、実業設励ノ方針越確定するコト
シムルニハ突
保トシテ武士ノ本分ト忠ヒ数浬的綴念ハ殆ントナシ故ニ此ノ数理的
の況下ニ当ル人ノ品性ヲ改良薬問夕日比ナラシムルニ出ル
ノミ然ルニ今ヤ世人ノ為九一所ヲ見ルニ才智技術二市川キヲ置一アロ阿佐ヲ
唯形式アルノミナワ故一一能ク之レヲ改良活動セシメ之レヲ有益ナラ
﹁ママ
一般一一官尊民卑ノ風盛ナリ故一一之レヲ
ロ間性ニ就ニノ
ハ友ノ個条一一分チテ述ン
パ我ガ国ノ如キハ実業ヲ獲一一セサル可一ブズ之レヲ行フノ方法や如何
山
正
メ︺ブレタ
村
多シ上ノ効ス所下之ニ依フ実一一今日無垢ノ青年ヲシテ知ラズ/¥口問
第一席
F
8
71
観念越発達セシムルコト目下ノ急務ナリ︿十五分)
(三十分)
君登附但野球ノ図ヲ表ハシテ一々綿密一一野球ノ方法及ピ法則総説明セ
高村倹治活
私ハ本日ハ如何一一セパ成巧するかと一辺ふコト越述べんと思います此
一ブレタリ(一一一十分)
野球ニ就一ア
ノ成巧なる者ハ体育と勉強とに出一ア速するコト越得るなり而して人
小藤委員、開会ノ辞波ピ一一清国人歓迎ノ辞トシテ自省ト一氏フ演題一一
第五席
ハ其の闘的総達セんと欲ぜバ其れ一一位する丈の勉強越払はざる可ら
就テ述ベラレタリ其大意左の如し
鈴木繁沼
ず而し払ひし勉強か少ければ件以の成巧も少シ然るに五日人ノ体力一二
一品目鹿ヲ遂フ猟師ハ山ヲ見ズト彼ノ名ヲ求メ利ヲ図ルニ汲々タルモ
第一一一席
限りあり故一一勉強一一供ツて体育ハ必姿なるものなり而して勉強ハ体
ノハ道義ヲ忘レ花ニ迷と月ニ一瞬テ傍らざるものハ
人格修養の如きハ棄て L顧みさる傾向日一越かんとす故一一我々学生時
終ニ道念越灸フものなり今ヤ社会ノ進歩ト共一一人事録々複雑越極メ
活笠壇口ヲ聞きてイゾムニ就てノ解釈総与ヘサ世紀一一於ケル二大イ
一於てハ少クとも学生の
竹尾茂彦君
ヅムハ帝国主義ト利益主義なりと述られたり允つ帝国主義ガ世界ニ
ノ完成感修養センコト滋務めざる可ラズ特ニ一品同人ハ此回海外万塁ノ
一一十世紀ニ於ける二大イ、スム
及ホす影響磁考ふるニ魯国一一於テハピlタ!大帝以来帝国主義越主
波浪越蹴て本邦札幌法尚子校ノ校風越したひ留学生として農芸科一一入
了
ωヨサ AJ 一
3
張し自来日々増々盛一一之レヲ行ひっ Lあ り 翻 て 独 乙 越 見 る ニ 現 皇 好
学せられたる清悶人周忠粋氏ノ為一一特別ヲ以テ本校寄宿舎ニ入会セ
πにば凶川
ノ如きハ擬一一常国主義越沼へつ Lあり古川弗利加ノ侵略南米/娘氏、
ラレタル河氏ノ為メニ柳か歓迎ノ立越表したしと中されたり
小藤孝徳
一移ル散会セしハ十時なりき
第拾回委員
五月九日午后六詩学を以て開会し解者之
一一一宅康次
るコト日一段怠自省し道会餓養ひ人格
開抄川川湾ノ佼略之レ皆佼略的帝国主義なりと述られたり英国ノ如き本
第十一四例会
られたり﹀
︿四月一日、池間競君入会ぜられたり同サ四日清国人周忠粋君入品目セ
マツキンレl氏立チ一ア以来帝国帝悶ヲ唱フルニ主レ ηノト利議主義の
︹ママ︺
好例ハ南亜戦走なり多数ノ人士越ふ八ヒ二十億万円越授ストモ七十億
ノ金ヲ得ルニ何ソプラン之レ利議主義ノ好適例なりと述ベラレタリ
終
り
レiノ如き其の主張者ノ一人たり又米国ノ如きモンロー主義ハ袋て
国ト殖民地トノ緊密越計り日々帝国主義ヲ行ヒッ、アリチャンパ l
ム河叶
育一一比例し体育ハ亦成巧一一比例スるものなり(二十分)
民
{
感
関議社記録
7'9
都合によりて順序を変更せり
競君
第二席
米山
帆
一
一
品
君
教なるものハ宗教家哲学教の定義学説を綜合し氏自らの確信より押
確信なるものなく古来の学説を説き廃史を述ふるに止まると慨し宗
高山博士之一一一口を引き現時我か国の思想界宗教界に一定の識見⋮定の
を持ちたきものとせり球なるものハ理学的性質によりて相共に総合
小も其の半経の大小によりて定まるべし人ハすべからく大なる半経
ムロ円を棺連絡すれパ向しく円となるべしと数学的に解説し人物の大
て変化し同長の半絞の円ハ之れを河中心に於て相合する時ハ兵の結
ロコ聞に初も終りもなしと説き初め円の大小ハ其の半経の犬小により
して説を立て基督教の最後の白的ハ天国を此世に米らずにあり仏教
親和せんとするものり而して人格と人格と栢接したる持の現象ハ果
︹ママ︺
亦た小我と大我杷合せしむるにありとせり而して宗教ハ一留に於て
に於て人類社会に最初に起るものハ先つ宗教にして次て哲学なり如
完全なるも精神なし何人ぞ大偉人物を作ることを得んやと僚以て慨
の学校ハ如何日ハた機械的人物を作るを目的とするか如し学校の設備
学校ハ王政の基なりと二兵理なるかと先つ疑問を起し然苅我国現今
実
習
相
何となれば人間ハ先つ情なるもの発達し後漸く理性の感念生ずるも
せり偉人物相寄って偉大なる国民生するものり而して我国当路の人
英雄と閏民
のなれはなり附して一一者相反するか如くにして若かも其目的ハ同一
第一一一席
なり一ハ情に訴へ一ハ理性により以て茶向ふ処一なりと説きぬ氏ハ
く悲憤の情を燃やせり上に大人物を要し下また大なる国民なかるべ
物果して偉大なるか鳴呼憂ふベし中原の鹿何人ぞ争ふを得んといた
ずる罪を侮ひ世を救済するに力会}尽さいふる可らず宗教と哲学の二ツ
市んらに者尚子の起源より希駁哲学の発達を語り其の該博の頭脳を絞り
広もあらずして一方にハ情的宗教を求め一方にハ理性的哲学を得る
楽を来らすハ一一考の目的なるべく人類の幸福ハ富にも位地忽も名誉
あるに現時ハ後らに其校棄に渡り居るを慨し市して天閣を来らし極
により名誉ある我朝鮮征伐ハ上に長太閤ありてーに絢国の民ありしに
出とハ先きにワシントンの人物上にあり下幾万の愛国の鼠民ありし
からざる今ハ我留の研究すべぎ問題なりとせり米国の現時の栄と自
滅亡に終れるハ山内出つ川川の如kg英雄上にある之れを助くる国民下
U
M
よるなりと説き更に一訪日調を転して背栄えしがけハ判引い (
遂に惨惨たる
と結べり(四十五分)
あり此くて健全なる人生観を得ることこそ却ち人類無上の率指摘なれ
︹ママ︺
聴者を幽玄界に悦惚たらしめ哲学ハ人生の根本的間安解釈をなすに
東
郷
して如何之れ今後の問題となすとして壇な下れり(十分)
宗教と哲学との最終目的
O
ハ一個々々を救ひ一部に於てハ世界を欽ふにあり放に人ハ己に存在
第一席
m
i
也
720
胸 に せ ま り て 様 え 難 き も の L如 く 音 声 自 ら 悲 恰 の 認 と な り ぬ 氏 ハ 次
になかりしによるなりと悲しみ氏か理想の英雄の末路を追想し感紙
母も同し月を眺め我を忠ふなるべし喜ひにつけ悲しみにつけ絶えず
からず我か父の感我か母の思を忍ひ浮べ我れ月な眺むるの持故山の
意義を説き窓口人山と海とを隔て他郷に遊ふものハ常に故山を忘るベ
江刺家
いてハンニパルの事践を⋮訪問り其最後に至りて我等と共に涙をのみぬ
芳賀鍬近郎
我を思ふハ母の情なり鳴呼此の温かき父母の心を思ひなば長にいた
第十⋮問委員
然れとも吏らに勇気を鼓して二十世紀ハ生存競争の激烈の時代なり
︺
づらに時と金とを費して可ならんやと結ひぬ
77
去月二十一一⋮日午後六時半開会スベキ答ノ
トコロ七時開会ス、
石沢雄右衛門君
スベテノ生物ヲ通ジテ死ヲ厭忌スル事実ヨリ説キ起シ平廷宗教ハ此
第一席
第十二回例会
此特に際し英雄と大関民と両々穏倹たざる可らずと絶叫し結婚主義
︹
ハ外交の秘訣なり我か常国ハ特得の帝国主義を取らざる可らすとし
HJハの一一一口新井安美の諮を諮し阿川グブエロl﹁人生の歌﹂の一
、
、
、
利
﹃間見出門口戸市己凶}一見出口一ロハ山口∞
ωD
問、日︿巾
roc己吋に︿22ZMHHMP
々
J 。円日ロ自由
ト称スルモ死ヲ逃レ、水速一一五ルト一スフニアリノ
/﹁死﹂ヲ解決セントシテ存スルモノニシ一ア死ナケレパ是二主総ナ
シト断ジ彼ノ
トナシ吏一二歩一ブ進メテ各宗教ノ起原ガ一ニ此ノ問題ヲ主トナセル
田却君
北首今歴史に現ハれたる偉人物と其成功ハ皆な其の修養毅替の経紛劃
ラレタリ、共労ヤ誠一一謝スベク近時形而上神秘的構想ニ幽妙ナル真
︹??︺
事実ヲ災教理ノ上ヨ ηノ例証シ併セテ各稔宗教及各種人類ノ死ニ対ス
芳賀鍬五郎君
(四十
理ヲ探リ人位ノ奥義ヲ知一ブントスルモノナキ秋ユ際シ、君ガ此ノ博
キ問題ヲ五日人ニ皇供シタルハ誠一一喜ブベキコト、云ブベシ、
の必要なるかい説き而して之れをなす
同Gg0・∞老司市川民C
H
H
M巾
g
にハ詩を一諭するに若かず允つ己れ自ら之を試みんとて此の題に従つ
日本人ノ性質
分
﹀
︹寸マ︺
ぬ一対一部し終れば氏自ら新体詩に訳せるな朗読せられたり而して此詩の
第二席
て朗々吟し出て情激し感極って自ら其の詩中の人となれか如く見え
先つ外国認を学ふにおロ吉弘
第五府
策の時に応し機に臨んて反溌開閉院するにありとし之れを例に示して
江刺家
も
主
ル思想ノ差違ヲ挙ゲ拠テ以一ア死一一関スル涼合的概念ヲ穫得セントセ
潜勢力
子
E
説述し以て潜勢力の偉大にして且つ緊要なるを論せり(二十分﹀
第四席
か﹂欧吟して療を去る︿一一一十六分﹀
句
関識社記録
テ一五アノ必要ナシ短所一一至テハ規スルトコロ無カルベカラズ是レ敢
リ、然レトモ其短所ニ奈テハ之ヲ一広ブモノ少シ、故一一長所ハ今日一於
場裡ニ於一ア勝ヲ制スベシ、立(長所ハ己ニ之ヲ問見スルコト罷々ナ
所長所ヲ知ツテ始メテ他ヲ類推スベグ而シテ自己ヲ改新シ生存競争
吏二日ヲ進メテ臼ハグ、自己ヲ知ルハ是レ人生ノ第一義、自己ノ短
シ 喝 破 シ テ 臼 ハ グ 時 ロ D者 叶gvB一円ョト先ヅ希臨ノ士口軒両ヲ忍パシム、
五ツ紋ノ忍織一一仙台平(?)ト一五フ頗ル厳格ナル人品、登壇-咳一咳
改良段督スベキモノナヲトノ説ニ一係シ会社組織ヲ変更スルニ南北レル
ヲ闘機シタルガ、遂ニ法律一一於一ア禁、議スベキ性質ノモノニプラズシテ
実旋セラレタルガ窓法第五条ニ違反ストノ反対説モアリテ頗ル物議
百八十五年之ガ調査ヲ米国各州一一於テナシタル決巣非トラスト令ハ
用シ利益ヲ箆断シ一種ノ﹁モノポリ 1﹂トナレリ、是一一於一ア一千八
ハ其回復策トシテ聯合組合ヲ作レリ、然ル一一彼等ハ其聯合組合ヲ悪
各企業家ガ無益ナル競争ノ結果失敗スルモノ多事ヲ見、彼等企業家
︿
同
∞
叶ωjM∞ミ﹀ノ結果ガ設々生産過多ノ勢ヲ強カラシメントスルト
論ハ之ヲ是認スルニ奈タル所以ヲ間関カニシ、口品ツ該総合タル近時ノ
律家資本家労働者ノトラストニ対スル意見ヲ述べ、今日ニ於テハ輿
︹??︺
早熟、笑癖、各例証ヲ挙ゲ
Muuu
テ是一一立テル所以ナリノト、軽卒、早急
沿卒ヲ演ベ、吏一一其利害ヲ挙ゲ、各種社会ノ学者政治家社会学者法
(二十分﹀
日英同盟一一狂奔スル彼ノ小人翠ヲ民殺シ去りタルハ頗ル人窓ヲ強カ
一ブシメタリ、
川口煩次郎君
発達ニ成ルヲ以テ深グ其利害ヲ知リ難キモスベテノ事ガ国際的ト
当世紀ノ財界革命
約一時間一一渉ル長広舌、トラストノ歴史的発達及、其利害得失ヲ長短
ナレル今日ニ於テハ小資本ヲ集合シ大企業ヲ営ミ大利議ヲ得ル一一若
第一一一席
相比較シトラストノ真意義ヲ拐カニセラレタルハ流石専門的智識⋮一
カズ、之ヲ妥スルニ大ナル弊ナキヲ以一ア将米一一於一アモ利益アルベシ
河村山総八君
﹁ママ︺
深キ君ニ於テニ非ズンパト思ハシメタリ、関口一委自然界ガ簡易ヨ
(幻分﹀
ト認ムト結論降喧ス、
生キタル死骸
緑色濃き夏の月夜なりき、時将ざ什小二支、橘杏樹下手合ゆかしき辺広
第四席
ワ複雑ニ進ミ社会ガ遊牧ノ状態ヨリ国家的一一進化シ来リシ事実ヲ挙
ゲ、トラストガ一千七百五十二年災孤々ノ声ヲ壌国ニ挙ゲシ以来英
国一一於テモ那翁戦争前後エドワード一一一世ガ(QPRgm問。一口弘司crz
剣を帯保し軍服いかめしき寂たる影の動くを見る、月は斜め爪彼の
車問内向き半面を照らし、彼は頭を挙げて月を見るなり、真里山き髪は、
凹の︺
J
m邑﹀ヲ制定シテ独占的性質ノ産業及交易ヲ制限シ米国一一於テハ
ω
gg南北戦争ノ終局各種ノ企業勃興シ生産過多販路危検ノ困厄ヲ来
放ハ秀でたる腐は、彼の一個晴天貌の年少兵士なるを示しぬ、彼の挙、げ
︹
サントセシ際、世界経済社会ノ大恐慌ノ起因ヲナセル独仏戦争
721
722
る海面制往々たる舷燈の之忽応ずるは仏艦片山して、此別経は走れ間関
少兵士を外ぶして
の棺上機下管絃湧き魁舞起る、混かな
望の附吟あり、知らず胸中何の悲友をか威す、此の悲哀余る此の年
モ務カ一五ハ銀難玄ハ苦痛ガ五日人ニ許認アルトコロノ教訓ヲ糠クトキ一一苦
ルノ瞬間、銀難ヲ呼ブノ時、実一一苦痛ナリ実一一苦シキナリ、然レト
難ヲ味ハシムルノミナルヵ、大一一然一ブズ、者人ハ苦痛ヲ苦痛ト感ズ
五日人ガ苦痛ト感ジ、開制難ト称スルモノハ、五日人一一単一一苦痛ヲ務へ奴
河内完治君
大医の私宅なり、橘杏樹の香りは彼を掩ひ月は彼を照らす、されど
痛ハ背痛一一プラズ奴難ハ駿幾一一プラザルヲ知ルナリ、刊兵制以難管痛ヲ
苦痛ハ善人一一何ヲ誇ル乎
も彼は其呑其光安知らぬもの L如く唯自己の彩忽喫くのみ胞宇の間
忍ピタル後ノ愉快、ソレニ勝チタル時一一生ズル希望、間以難苦痛ノ背
たる顔伝希望の色なく、彼のうち向きて自己の影を挑むるさま忽失
片山絶えず起る情の波は感を渓し、筋一一 き髪を動かして支片山彼の心蹴忽
ei--時は去れり、楢上出削下今は寂たり、白衣の佳人、美貌の年少兵
の間伝認めたり、大波小波彼の心臓は湧けり唇は戦けり、.
帰れり、更一一幾多の波を打ち返すべき、然り彼は白衣の佳人を努塚
自己修凝ア結果、是ニ此ノ一マ一口ヲ伺夕、君願クハ吏二台痛ト戦ヒ間以難
堪へ其希望其教訓を知ルコトヲ得ベシ、
時、其苦痛ノ複克一二段ノ希望アルヲ覚悟セパ、庶幾グハ其苦痛ユ
後ニハ必ズ此ノ希望ノ存スルヲ悟ルナリ、五同人ガ苦痛一一遭遇セシ
d
土彼等の影は再び見るべからずなりぬ、月は照り橘杏は呑へり夜は
川口順次郎
芳賀鍬五郎君
彩山中将樹
石沢雄右衛門
日一一処シ、哲人カ i ライルノ一宮口ノ善人ヲ欺カザルヲ知レ、
委員
明治一一一十五年九月サ六日
第十二回委員
茶菓アリテ十時半開放ス
第拾一一一向一例会
︹ママ︺
更けたり微風さやか伝さ Lめけり、・:俄然附減起り人呼び婦女川吋び
77)
︹
児泣く、惨又惨、結絃の家今は黒煙の倣ふところとなり、悶々たる
剣戟の光英々の点日を聞くのみ、 ji---白衣の佳人、彼の女は彼の年
少兵士を恋へり、而して父兄秘密の一端を洩らぜり、臼ハく父兄は
富士詣で
待問山県富士郡の一村を出で裾野を辿りて駒留桜を笠の上に見て工藤
第一席
り、彼の女は恋人の生命のため父兄、母弟を係牲とせり、刑場の彼
祐絞の廷を過く墓ハ一小断掲を存するのみ侭して反て近き無名人の
て状白糸の如し放に名く大官町に妥り中村屋に宿し茶券と援飯とを
の顔は満足を以而締きぬ、而して情然たる父口んな促して:::時五レ
ハ泊分)
汁公表の峨々たるに陰絞せられんとす白糸の滝あり岩跨水を噴きて出
、
nリJ
野Z
:
f
t
:
.
色
ルヲ以一ア其生キタル死骸の真絡を知ル一二回ナキ聴衆ヲ残シテ降一段セ
安保粂じて仏人を腐らんとす、郎君願ハくハ去れと:::・万事了せ
池
田
開請l
社記録
723
隠す売飴翁日く飴ハ金問問水を用ひて製する所之を食するの土ハ終年
の咋以内味ハ如何ア 1ピングの良事前ハ如何﹀此処に名物の甘酒と飴止な喫
上に於ける第一の喜びなりしなり︿評に日く君か常に唱ふるホ I ム
札パとなれり比時や余か一生の
別益々加ハリ戦々たるか}党ふ商船れハ白雪間丘三本 宏
J 伸へて握るへきか
遼遠空しく賠路すへきにあらずと捻て L独り進む九合自に変りて索、
食を喫して伴侶を侠つ約一一一十分間も隻影を見るなし謂ふらくハ前途
八町なる第八合目に逮せり刻ち議きに購ひし茶券を出して茶を畷り
測ならすと雄も水を飲むに乏し翌暁十数人と侶して登る所謁胸っき
AA 自の宿に身を投す米飯米た
ベし比日天雨フル事印刷にして遂に第一 口
満つ足健にして食既に足る百塁の行又何ぞなとせん的む
得て翌朝登山の途に上る昼既に半にして村山に夜り金二十銭を投し
人日く此日や最も険惑にして我等十数年比業に従ふてより来た食て
々一核止な存す此所より案内者数議と遂を供にして且ツ談し且つ歩す一
り砂走りに至らんとする 別に当て茶応に恕ひ飯を喫す妓固くして粒
る嬬顔合}見すと一五へも肢を警戒すへき罪を減すへき壮土人の富士に接せ
を視るなきを憾となすと雌も市川も風雨に於ける安全を見たり熔々た
り余ハ情 天の下に於げる富士を踏破することなく朝障の東天に輝く
フランネルの綴衣を纏ヒしを以て直に隠湿の身に接するなきを得た
身ハ天空に奪れんとする数回剰へ雨倒に米り衣服悉く箔ふ幸にして
ふ道を問ひて士一口問山口を下る此日や雨降ること頻りにして風之に伴ひ
か河を飛ハして岩上にあり一山石越へて亦一岩瀬くにして人家あるに会
ち思へらくハ附怪石越ゆるにあらざれハ途来た通ぜざるたりと一波
るに人の過すへき ねなし一向して岩上蔽股の遺棄せらる Lあるを見則
に身を以て逃れ通す前途一大巨岩の横れるあり常山石と云ふ左右右祝
4
怠災なりと山頂を周る所謂芙怒八乃木にして中に火口を絞らし壁立連
比の如きに際会したることなし是れ昨日東京より向焔の来りしか為
A
山をなせり絶綴に一口座あり中に白衣道人在り就苅携ふる所の錫杖に
たり他日く諮問以奴の登りしか為なりと語るか鐙に開きて鈴原に速す
如し十合自に迷して別ち満となりて
絶頂之印を賂せんことを読ひ則ち容れられて錫杖の河面と手布とに
気議々媛に生物益んベ育す恰も列冬の主口を凌き来り春雪一般け去りて痕
なく百十汁穏を綻ひ千鳥鳴て其声暗々たるか如し下土も亦拾つべきに
4
止を得たり剣か降ハ育成立海抜一一一千七百八十メートルにして
実に本邦の最高峰となす名に問ゆる野中氏の観測窓ハ此所に設けら
あらざるなり(評に日く右手ハ団粉左手ハ花か﹀山頂雲に没して還
tA
るなり一戸ハ間ちて入るべからす外壁悉く岩石を以て成り全く石室に
た仰き視るに出なし只山麓の青々たる出問視すべきのみ士日間釈訓川部に
印せらる
属す申告一側一径を通す広きこと僅に二一二尺怒庄が﹂絶す若し誤て足を失
治す陀くならく川口湖ハ富士山を倒映すと往て探らんと欲するも雨
ナザカベ
せんか身ハ万初の悠一に墜沼して四肢粉砕すべし恐るべし恐るべし僅
24
7
二月金を以て支ふベし(一時十分間﹀
此行費す所多しと云ふへからす若し夫れ単に設下の授としてハ僅に
なるを越へ震士川を下りて岩淵に陸し再ひ影山氏の宅を訪ふ
ハ翌朝に一旦りて猶米た努れず空しく渡って一丑涯を約す三坂峠の峻総
慾的に流る Lを如何せんやです志向人ハ女子を知ることか出来ませぬ
く恋なるものを兵心中より抜き去るか走れ諒一た難いです止まんか肉
其採に達せりと一去も過一一一言でハありませぬ此を矯正致しまするにハ会
脊人ハ此第一一一種の持代の恋な得つ Lあるが学生の杭陥落社会の腐敗ハ
肉慾を被むるものかあります郊の如きハ則ち学にして狼な真似るも
既に美としてあるなれハ誌一た笈しい然れとも其一一泉市にハ依然として
であります第一一ハ肉慾以外に愛か美として受取らる Lの時代で受が
ずるものとして第一ハ肉慾的の時代かありまして比ハ歴史にも明か
雄の関係別ち人間にしてハ男女の関係ハ之を一一一つの時代な絞て進化
万物に雌あれハ雄あり其相関係する一併を知らざるへからず先つ此雌
るか為なり何ぞ疋々堂々、と正門より閲て此交際を決行せざるや則ち
なすにハ何も隠際してやる必要ハありませぬ正門を閉つるハ後門あ
院の隊壁を撤し去りて男女か訓練をなすべきてムります而して此を
を撰ふべきか及其人を研究すべきのであります則ち此によりて男女
人ハ男女互に相識るを肝要とするので如何なる人を要し如何な配偶
止を姿るの期に当てハ一劫に無智なのです人気くに無経験なのです故に
りませぬ散の中にハ多くの智識と経験とを有する人も一朝自分か妥
書物によるか人に聞くのみで比ハ笑験することを許すへきものであ
ので偽善的なので未た賞賛を飼しません第一一一ハ社会的調和と一広ふ様
此によりまして惰落を救ひ腐数合医することか出来て斯くして家庭
狩野時二君
なことからして起るのであります此ハ別ち愛の極致とでも申します
な作り話大麗しき子女を挙くるを得るのであります過渡時代の犠牲ハ
男女交捺論
るものであります之を筒人としてハ如何でありましょう人か女忽対
歴史上に於ても免るべからざることハ明かであります若し一部の腐
第二席
して何となし恋しい又女ハ男に対して只何処やらいとしいと一十日ふの
敗な誘致せんを恐れて此を致しませなんたら何の日か此災を免るこ
︹ママ︺
ハ之れハ肉慾的の愛か発動したのであります第二情熱的愛ハ人に防
小藤孝徳君
とか山山米ましょう別ち盛に男女の交際の道を聞くにあります︿二十
tA
分間)
第
一
一
一
席
函館青森を過て福島県下の野田村に果樹を栽培せるものに付て調斎
祝察談
に去る今日の小説者の
き一九同も省みて遂にハ一念になりて己を忘る
如
弘
司武
C (例なり第一一一自覚の時代にあるものでムいまして有潔的の恋愛
とても申すことができる此類の恋ハ有理的で絶対的に真理なり美な
りと云ふことが}得るのであります
関縦士記録
725
目見本を材料製造口問共に携へたりとて其模様を解述せらしこと大約一
森姿太郎技師に面会して案内ぜられ且つ解説ぜられて其現況を知り
犬れより川越に梨の栽培を視又日を改めて釜屋掘に肥料会社を視て
を遂げ東京に着して家厳家慈に謁してより新宿御料地図新宿若荷園
人
第
一
一
一
、
アルヲ見ル
リ畢党スル一一彼等皆死ヲ忌ムカ為メノミ、奇人ハ死観一一一対シテ一一一ツ
ナルモノアリテ(所謂)徒ラ我慾ノ向ブ処一一任シ自暴自棄スル者ア
ノアリニア死ノネ晩吾人ヲ犯カシ人世ノ真一一夢ノ如キヲ綴シ又楽天家
容易ニ一劫カス然レトモ一日一致ケパ宇宙ヲ震駿セサレパ止マズ彼レハ
青年ノ前途ト一心不乱
一一死ヲ忽ニ続ル人、以上ヲ以テ見ル一一否人ハ死ヲ恐レサル
一寸先日一安スル人、一一一一死ヲ恐レテ市川ル后安ヲ求ムル
時有余策者文抑にして学術的記述に慣れず為に其姿を摘記し難く若
ヲ得ス然レトモ死ニ対シテ安キヲ得平然帰スルカ如ク死スル底ノ修
︹??︺
し夫れ殊更に此要録中に拠りて知らんと欲するの後議ハ去り現工場
養ヲ積マサルベカラズ一去々
一一一十五年十月十日
に見よ或ハ退て此か目白口町田円台江口問ヲ記述せる裁籍に見よ
第十四回例会
河内完治
能ク常一一腿ス然レトモ其同級スルハ大ニ仲ヒンガ為メナリ此ノ如キ人
河村精八
午后六時半開会スベキ笹口ナリシモ会員ノ参条スルモノ至ツテ少カリ
ハ其中心一一中京高ナル呂的主義希望ヲ有スルカ為メナす間グ図ノ将来
委員
シヲ以テ六時五十分ニ至リ漸ヤク開会スル一一安ワヌ
ヲトスルニハ其国ノ現待ノ青年ヲ見ル一一如カズト今日ノ青年ノ状態
果シテ如何彼等ハ出国希望ヲ以テ来タリ忽チ一一之レヲ忘レ失望ヲ以テ
続祝祭談
白星ア恵比須ビール会社ノ状況ヲ諮タリヒール醸造ノ方法順序及共
同市ルニプラスヤ
小藤孝徳君
化学的変化品質一一至ルマデ総大漏サス否人ノヰハ殆ンド痛ミヲ感ス
見ヨ人生/殺そ興味アル歴史ハ平凡ナル平民的生活ノ一袋ニアワ仏ノ
r ヲ見ヨ彼レ等自ラ運命ヲ作リ且子一至リタル
289一きロ独ノ出町自由H
ル程精密一一熱心日尋問リ殆ント四十分一二日一タル長演説ナリキ
一河野孝太君死怖ルベキカ
人生ニ於一ア後毅ムベキ夫婦朋友ノ間一一於テサへ持ムベカラサル現世
文明ト野蛮
天気病ノ為メ一一準備ノ整ハサワシコトヲ謝シ(彼レノ一言ニヨレパ天
村山正二震
ハ翠党一心不乱ナリシニ尚ル、
大ノ偉業ヲナシ其生ヲ迷シタル暁ニ於テ尚死ヲ免ル議ハサリキ人ハ
気ナレパ家一一留マルコトノ出来サル病)徐々ニ説ヲナシテ自ク田舎
ニ於テ如何ナル人そ免ルベカラサルモノハ死ナリ故一一笠公ノ如キ絶
死ニ一対シテ絶対的服従ノ義務一台宣告アルモノナリ世一一厭世家ナルモ
終ニ高官修トナリノ衰亡一一五ルト希凶経馬ノ興亡ノ歴史ヲ説キ文明国ト
日夕悶民ノ性質ハ初メハ迷信ヨリノ攻究ヲ和ミ信仰トナリノ送迎トナリ
ルモノユシ
ハ文化ノ進マサルヲ意味スルモノカトレ Iブル氏
て テ都会人ノ混合的汐ナルヲ見レパ表修ハ世ノ文化三 謀
H ス
に起るに非ず却て又近日の詰所運動家が徒らにgEえ哲三を盛片山
と前ハる L情欲ハ最も誘惑され胃却し一広々吏に是等の事非運動家のみ
の間不潔不品行不徳義なる行為を敢而するに至る殊に最も神聖なり
抱くに止る之より下りてハ優柔不断薄志弱行の徒の悲しさ不知不識
のみ丸だれ事とするの翠思想徒らに高きも体力之に伴ハず空しく惣を
VJ
称セサル、大盟主所前野蛮ト開口セラル国一一白ツテ亡サルハ何故ナル
する結果前ふに湛へざる醜体を演ずるありスポーツマンたるもの慎
︹ママ︺
ヤニ及ブ氏ハ説ヲナシテ日夕彼ノ所前文明ハ物長約一一シテ室精約一一
小川良五郎君
立ざる可からず云々
恋しき我家
吾人の住居ハ絡粛なる場所ニありと説き五日人人類常に幸福安倍 γな得
︺
立ハ内容一一シテ腐敗スル持ハ役一二ツノ用ヲナスナシ恰カモ錦衣を結
んとする欲望を有するものぶして、氷遠片山楽しき住民を得るぶハ何れ
77
ヘル野人ノ如シ心アル人之レヲ見テ災愚ヲ憐ムベシ国又是ノ如シ彼
忽あるか天毘ニあるか地下ニあるか或水面忽有るものなるやの仮想
る事サ玉分
第一一一席
雨龍村之現況
住友降一一夜
の携を振ひ終忽英詩の結論あり一々解釈を試ミ壊を下る時を経過す
︹
ノ如キ不自門ナル文明ハ到底十日目ノ文明一一連スル能ハサルナワ一去々
小藤孝徳
三十五年十月廿四日
を起し幸福を得るハ天国広ある事ニ説き及し霊魂戸と肉体一一就て数千
第十五回例会
委員
資金弁解三君
雨龍村ハ石狩悶雨龍郡一一あり蜂須賀一戸田一一一条菊卒之諸侯共田川貸下を
運動の必姿と男女の関係
説く所の運動とハ
受く実伝一億万坪雨龍全体を占メ町村農学士開墾監督官口となり開墾
第一席
必要なるのみならず精神上に及ぼす所亦大なるを以て運動するに方
︺
之立が}受く当止吋ハ白作農業大農組織ノ政策を取りたれトモ成墾も不
77
りてハ貸しくω ℃OHZの真の立味を失ふことなく岳民去︿肉付恥吉弘
5
成絞一一終り一時政府へ返戻し降須賀戸間菊亭ノ一一一候各自ニ監督を置
門
gzy で仕事に俗みたるな転じて設に愉快に楽むと云ふ極めて無邪
門ママ︺
き開墾片山従事しん 7ヤ雨龍ノ一大原野たるを説き交通機関設備通信機
r
c与 を な 味 す 即 ち 運 動 ハ 奇 人 の 身 体 の 発 達 に
友金弁解一一一
終一ア例ノ如ク茶菓雑誌一一移リ閉会セルハ九時過キナリキ、
第二府
プラサレパナリ完成一一プラスシテ一万三備スルヲ以テナリ彼レ一一国
ノ
利民福ヲ増進スルノ金カアリ文学技芸アリ又強兵際総アリ然レトモ
人
気なる所作品(問忽無かる可からず一広々運動もせず机に椅りて孜々読呑
726
津川と移住民之農業現況な述へられたり時一一四十分
関並市街の有様な説き終ぶ自作農業と小作農業ノ優劣伝説破し新十
考ふるもの者世之詞ふ隠活家忽して殺は楽関なりと感、ずる之入者所
人之号一口を引き管楽之解ナル斯之如しと説き自己之凶辺者悉く苦なりと
お域別天之士なりと論じ人生者苦楽之内CBTECS なれば世に絶対之
音楽なしと信ずと断じ交に苦楽は紙之表一⋮奥尻之如く如何ぶするも其一
逢坂信怒沼
パイロンピリタラムプログレス並コロンウ旦ル伝より説及し己れノ
方のみを得ず故に人生爪於て隠世楽天之絶対なるものなし
是れ我か芯なり
受たる感化を衆人一尋問らんとすと五度ヒ繰返し熱心以内村鐙一ニ氏な
外は余北之滋知らず)之れを、市出気之陰陽忽
第四席
称焚し彼の著書を一々列挙し彼れノ熱血なる文意精神的理想の深遠
相似し得たりと思ふ間に銃汁小苦しみ之陰電は甚だしく高まりつ Lある
なり然れば吾人は楽を得んと企つるに関らず失望を来す若し五日人之
mMU
へんか楽之陽電所}蕊
なるニ深く感服し内村氏を非常広崇拝し数千告一悶を携し終りぶ彼の著
時ニ四十分
目的倍りを得んとするにあらば其之目的は決して苦楽忽依りて之を
達する能はず必苦楽以外に超然たらざる可らず是に於て宗教者五日人
時紳士ノヨ
告げて日く吾を捨て L神に米れ天間二十口も楽もなき欣ばしき所なり
と之の点伝於て者宗教者趨然たるべきものと
村山正二
之の真理なるや谷やが)杏らず)と反復引証以て人生者音楽の8目立・
河野孝太
午後正六時間会之答なりしも会民之集まり少かりしな以て万分間之
ECCPぶして人生に於ては苦楽の絶対のものある事なしと論究せら
致す(然れども余は
延引ありて六時双分開会出席二十有一一一名
れたり
自然教育、人ハ学校を以て唯一之教育所なりとするが如し然れども
︹ママ︺
本例会忽者鈴木凌松活排士之一人たりしも不得此事故之為め欠席次
苦と楽、余が故以述べんとする所或は極端似走るやも図られず然れ
自然の学校は寂々たる山岳治々たる河辺にあり而して否人の最も注
第二席
ども少しく、之れぶ付きて考へんと欲すと発頭な泣き我等之浩一む所
立すべきは軽視之念なり大博士の⋮一一一口も軽視之念よりは一文の倒値だ
鈴木カ治活︿一一一十分間)
は円満なりと断じ余は苦と楽とは果して如何なるものたりやと一以ふ
も存するなく粗野之一一日も軽視之念念去れば其の得る所甚だ大なり郎
席
之答へぶ窮すと述べ否人は之れな警なりと感ずるが故諮問なりてふ古
負
主
会伊出演説せらる L事となれり
委長
一二十五年十一月十四日
終ニ一例之通茶菜の饗応あリ九時逃散会ス
3か}拝読すへきを奨励セられたり
協議社記録
727
728
ち軽視経笈之念を捨て L自 然 を 簡 と し 友 と せ バ 吾 人 之 得 所 決 し て 少
部萄の将来
より開会せり
第士宮席
本邦各府県伊川於ける果樹の現状を述べ将来爪於ての岡山吉の栽培は采
小げ小非ず然り而して吾人が自然より受くる所之もの換一一目すれば自然
が五日人に教ふる所之者は一、修養ヲ深大ナラシメヨ、 二、心胸ヲ間
樹殺は畑中最も有 望 し て 立 つ 好 結 果 の 現 は る Lな ら ん と 云 ふ 事 を 推 論
︹ママ︺
大ナラシメョ、一一一、意志ヲ殻固ナラシメョ、問、忍耐カヲ妥へ、の
し た り 。 次 に の33栽培忽関する過士口の歴史を述べて葡萄栽培の有
r
四つなりと説き吏に之れ忽就きて一々古今詩集之冊一口を引きて治々と
経済的生存競争
ZP25一
m
rE
一
-g の結果人類は凡ての生物
竹尾茂彦君
望なる事を推論する一劫となしたり(十分間)
第二席
して排ぜらる同氏ハ奇人に自然教宵討を以て精神修養之資とせざる可
らざる事を説く同氏之演説二十分而も吾人之得る所移多なりしを謝
orts ぶ起し
諮を開︿
開
85gwω 三命保ある市引を演説せられたり大要は次の如し。
広勝利を得たるム山引を論じ百九郎進みて人類聞の生存競争は重として
間内氏ハ開議会創立以来合て例なき演説講談てふもものを述ぶると之
Z伊丹己混合利用して吾人の生
452 侭対して勝利を得たるとなせ
涯を適当伝送る時伝奇人は W
自然と人類の河口円伶尽して人類は
付
公とせる一局之小説な得意之郷もて烹板面白く趣味たつふりと講談
体に述べられ聴者一同'なして或は笑へ或は悲ましむる事皮々益々佳
何を論ぜり、
済的競争より労働問題及貧富之問題之ゑぜる事を論せり。
争ぶ起因す、経済界がも等しく資本主と労働者との階級を生じ経
人間智識上の封印口巾忽して階級のミ生ずるは重として智識の戦
人類交互の同州出向。忽して専は身体の強弱如何ぶよりて勝利の如
境忽入り一向汗を握る所伝烹り本臼は走れ迄と一極右降り聴取訴をして
笠ハ次ぎ継けてと叫ばしめたる御手際突に感服/¥(札川五分)
(明治品川五年十一月二十八日)
小川良一点郎
過去爪於ける話。回一手の保存ぶして之れが為め係会校及組合間
Z丘
町
。
ロω
が相令ふ事の多きを述べ最後片小於て回州民間の競争即ち当日門出の如
掛
終りて例侭依り茶菓雑談侭移り散会したるハ八時を過ぐる二十分
第拾七部例会
委員
午後正六件吋開会の所なりしも会員之集合粉々逮かりし為め六時五分
同
t
コ
り
下に同氏は四五年前赤門を目出度くいふり抜けたる長岡工学士を主人
前置きありて念々木題侭入らる其之題目はまがつみ、斯かる態目之
︹??︺︹ママ︺
第一一一席高村倹治君
ず
関誌主主!:記録
72ヲ
門??︺
5cg 間以於げる政治的及び経済的動起忽悶るものなりと
きは2
斯くて以上の同州知日係勝ちしものは生存河湾止め勝利を得るもの伝し
g?を得る奈は生存するの立なる事を述べたり我が援
て要する似の
ω湾号﹁を結びたり。
(二十五
学校も窃庁小よりて文部省より独立し得る爪は突業的忽して旦ツ貯蓄
的ならざるべからずと云ふがな以て
分間)
大品川氏の告別の辞ありたり渡ち爪茶菓爪移り忘年会の事爪就きて議
する所ありたり委員として鈴木慶松君、住友君、竹尾君等撰定せら
品川六年一月九日
れたり散会せしは八件吋五十分なりき。
第十入居間識校例会
鈴木カ治
コソ中々ヨケレ
樹mT
トテ午後六時ヨリ開会スイトモ盛ナル様ト見エタリ十一時頃一一イタ
例ニヨリ演説会ヲ関クベキノ所新年ノ好期カ
リ大方ノ人ハ敬、シタレド五、六ノ人ハ尚ホッ、ヶザマニ十二時マテ
ハナカ
実消判
柑アリ皆々競ヒ食スル感況トテモマタカルタノソレト優ルトモ劣ラ
東郷
奇人之智識の根元は二つあり一つは HW5
ど等より学ぶ所伊出して他
ザリケリ
委員
竹尾茂彦
竹田
タヲ競フモアリノキ時一一茶菓アリ時一一ゾ I ニモチアリ時一一徳
は︺E53 等庁小於て親しく会見して得たる智識なりと一五ふ事を述
寝棺二函
本会ノ費用金ハ左ノ如シ
金吾円二一十銭
ゾ 1 ニモチ代
gc号 め を 述 べ ゑ
つは近々の絶景同刷物爪彼れの楽しく感じたる思想を吐露せり先づ札
金士官円八十九銭
品川六年二月十三日午後六時半閥会ス
第十九回開識社
外ニ一堤洗海屋ヨリ菓子二円八万寄約あり
幌より小樽什小出で岩内爪向け一沢市川の峠を越え名ある磯谷歌棄を過ぎ
︹ママ﹂
担振国爪入り長万部及国縫な過ぎ一小湘刊の面広独木舟を浮べたる土
人の哀土日係断然たる惑を浮べつ L茅部郡片山入り森を経て臥牛山麓伝
友を見んとて急げりと一以ふ函館依存る数日伝して家協方一郎伝向け徒
大光寺毅夫君
世間ハ勤労の集合なりと云ふ演題似て約十五分間ノ演述アリ其大
第一席
たる智識の大なるふやや一以て会衆一一同広実験的知日識を得られん事会}以
回目ハ世間ノモノ凡テ勤労ニヨリ成立し若し一度此世間より勤労止を引
戊
て懇願し壊を下りたり(一時と二十七分間)
歩して洞爺の辺を辿り輪開より列車似て札幌広入れりと此の間爪得
←与や
得たる旅行上の物語をなせり第一片小旅行忽就きし
ベ笠として此の席忽於て氏は第二のものを取り過ぐる暑中爪休暇侭
相官識の根元
鈴
木
り
第参府
委
員
せ
730
アンピシアス
実三官人ハ口間性を磨く事天のおか如くならざるべからず
︹ママ︺
ボーイス
去れパ Oなり混同人の智識奇人ノ経見も皆勤労より来るものなり而し
茂君
要するニ人ハ注意して人と交るニありと云ふニあり二十ヌ分間
第一一一席
て其勤労より来る相官識と経見ハ容易ニ得らる ぶ
t もの片山あらず年老ひ
て初めて得るものなり勤労の姦だ必要なるな説かれたり
開識社委員及会員諸治私の為めニ少時を割かれたるハ余の光栄とす
り得べからず然レトモ余ハ忠ふ一一此言たるや恐くハ英雄豪傑たるべ
比一一一口の意味ハ如何なるものなるや奇人の如き浅薄なる智識ぶてハ知
ボーイスピiアンピシヤスなる一寸一口ハ古クラlク先生の一一一一口なり果して
る所なり然して余ハ後押小総ムム多くあるを以て簡単一一述ぶ此自営と云
しと一五ふユあらんか而して英国の底史を見るこ失出向の詩人の謡ひし
営の為め働きつ Lあ る な り
伊藤博文ハ英雄ならんも品性犬の如しクラiク氏ノ部一悶わる L英雄と
きものなり歴史を結くぶ突カと品性とを兼備せるもの甚だ少し我国
︹??︺
ふハ抑か道理ある所忽して諸若生物広ハ畑山か自の為ニ叫双山む即ち自営
如く英雄日本傑の際史なり英国の歴史ハ彼のク
市凶営片山ハ合理的自営と不合理的自営とあり合同刊も又自営より来るも
一一アラズして実力と品性を兼備せる者を一一日ふならんボ
lイスピ i アンピシヤストハ即チ実力口問兼俄ノ人となれとの意なら
3生 と 交 際
きも突ハ自営より得たる結果なり兵他組合合同等又然り
︹ママ︺
第閉席安部忠一一芯
余ハ演題一一立つハ初てなり口より食するハ出来るも口より出すとな
︹ママ︺
営なり允(ハ耶蘇教、仏教、儒教等あり
るハ図かしと云ふ一百出して書生と交際一一付き其風習改良等一一関して
︹ママ︺
古人友ハ徳を友とす一五ふ決して貴賎滋賀を一広ふ一一あらず斯く云ハマ
次ニ池田治ノ
日一付て少し説明あり又鈴木度松君ノ相談
十五分間許の演題ありたり
ふてある
善人の友ハ多カるべきも唯た見得ざるニよる位相近し習相速しと一去
等しく此等ハ自営なり而して入院伝最も必要なる自営ハ神史上の自
んか、二十五分間
︹ママ︺
の如き又近くハ露仏同盟、日英問問盟の如
Pンウエルの部一凶行録た
現象のあるハ諸君の知る所なり此現象を否定ぜる人ハなかるべし何
り防南史ハ西郷公の一一言行録たるニ過きず
米山笠君
ピ
人も之が}認識し得るなるべし余の此娩述ぶるものハ重ニ人生一一付て
第二席
竹
田
然して品伎と実力とハ英雄交傑たる最大要素一一して口同性を磨くハ難
自
述ぶるものなり人が此世一一波るニハ種々の関係あるもの尽して出向自
去
五
動椴物界一一於てもん口同ハ見得るなり又水牛ノ群をなすも是なり
の
関議主主記録
731
ありしも人数少き為め唯参考一一止めたり
八時半茶菓の饗応あり十時前会す本日出席者ハ池田君、米山君
賀君ハオタレテ)小藤世相、安部議、鈴木皮松君、川嶋君、大光寺君、
江刺家君
米山登
竹自治君、住友君、石沢君、竹田活、大坂君、村山君、トス
第弐拾自問問議社例会
此臼午后七時開会す
第一席
満サン哉健在ナレ
間ニ処シ一ア自己道路ノ正鵠ヲ得ントスル又難哉五日人ハ潟箆タラザラ
γ コトヲ常一一注怠セザルニ於てハ前刻之轍、又出火ンゾ免ルベケン大
ハ閏家ノ隆起滅亡、小ハ一家一身/盛衰興亡、懸ツテ潟践タルト馬
成タラザルトニアリ﹂ト演鰐シ進ンデ哲学諸大家ノ見地如何一一及ボ
シ、終ニ米国独立一一対スル英図政客ノ誤解ヲ駁シ、露国外相ゴルチ
ヤコフガ向林大会当時ノ失敗ヲ惜ミ、之レ皆事ノ真相ヲ転倒セルノ
致スル所却チ馬鹿タリシニ蒸悶スト滞納シ吏ニ進ンデハ社員一一同一一
将来ヲ警告セラレタルハ芸品シ本タノ圧巻タリシヲ失ハズ
追而君ガ数日ニシテ将ニ退社セラレントスルニ当リ数一一此ノ説ヲ
藤井君
おとぎ話忽就きて
為ス又故アルナリ自愛セヨ
第一一一席
氏二さなナル歩調ヲ以テ登壌シおとぎ話ハ我国営日ヨリ存スルモノ
ニシ一ァ、桃太郎、かち/¥山ハ之国家的話柄ナリキ、立ハの俄又地方
的ノおとぎ、種々アリキ、然リ而シテ現世ハおとぎ中輿ノ時代一一シ
ト述、べ来リ話一規
テ小波子ハ一新機軸ヲ関キ文壌上ノ一角一一拠レルノ人ナリ欧州一一於
テハ独乙ノグリム兄弟之おとぎ先ヅ元経ナラン
一転シテおとぎノ精神ノ存スル所ヲ説キ、他小説ノ動モスレバ道徳
的不健全ノ弊害アルニ比スレパ、犬レ一日ノ長ナカラザラン哉ト立
馬鹿論
馬鹿トハ事物之真相ヲ転倒スルヲ云フナリ然一ブパ現世ハ殆ンド馬鹿
設セラレタリ、
競君
以一ア立脚点ト為セル功名心ヲコソ設々発揮シテ五日人の大ナル不満ヲ
モノ、ト然一ブザルモノトノ二種ト為シ得ベシ、而シテ一札口人ハ人道ヲ
行為之動装ナリ、然レトモ功名心ニ稜々アリ大別シテ人滋一一刻レル
ル天の賜物ナリ不満ハ功名心ト称スル子孫ヲ産ミ功名心ハ五日人万般
人ハ不満ノ細胞一一ヨリ一ア造ラレジ動物ナリ不満之念慮ハ最モ貴重ナ
p、 人 生 誰 カ 不 満 ノ 念 慮 ナ カ ラ ン 哉
間賠﹁功名心﹂氏ハ例の肥満セル体総ヲ徐一一演壇へ遂搬シ、説テ門口
芳
之骨頂ナ一ブズャ、現今ノ人馬鹿ナラザルモノ来シテ幾人ゾ、世ハ馬
第二席
題
日
委
員
五日人ハ君ハ専攻トスルおと、ぎノ説ヲ猶ホ、多キ時間ヲ以テ源開セン
題
廃ヲ見ル人、潟鹿ニ為ラル、入、馬鹿ニスル人、ヲ以て満サル、此
池
田
732
コトヲ切望セシガ、自ら時間ニ制限プリテ努ヲシテ后弁士ノ為メニ
モノ特一一多キ一一白ルナリ内外ノ色沢モ亦分類之標準トナルモノニシテ
スルナリ、彼ノ
山科真一文字一一曳キシマリタルハ伶例ノ表現ナリ又熱心一二
突端赤紫色ナルハ酒飲ミ、好色山本ナリト一広ブ、概シテ白色ナルハ資シ
唇口部
時間を淡ルノ道一一出デシメシコトヲ深ク残念トスル所ナリキ
守
マJ n JJr-4 題﹁人相学﹂
7
ま
3
ヨ
本ヲ忍ヒ込ム昨吋ニモ将部ハ必ズシマルナリ
第四府
人相学ハ往古ヨリ存スル学問ナレトモ其ノ進歩/、超々タルハ八円人ガ
精神仙川決ヲ感ズル時、悠ヲ蔵スル時、モ亦唇ハ
ω 人類ガ他動物一一比シ最モ
唇ヲ上下一一問問クハ国会ノおじさん花火之見物ト云フ塩梅保て、偶然
門ママ︺
自己ノ悪徳ヲ陰問問セントノ心アルコト、
複雑ナル桔ヲ有スルコト二四ルナリ然レトモ第十九世紀后半以来益
一一物おじスル時モ隠居スルヲ品川巾トス総スルユ問問唇ハ滋ノ表現也猶又
付罪人ニ就キテノ研究一一
唇ノ序ミニテ其人ノ経浮、敦厚ヲ知ルヲ得ベシ
的写真術ノ進
倒脳陥研究ノ進歩
ぺママ︺
々進歩シタルハハ円、動物学ノ進歩、同生理学ノ進歩
帥人類学/進歩
日之部、
レルニ比スレパ勝レルコト数等ナリ黒白勝チナル限球ハ関連日一
ヲ得ルナワ日叫ん凶/降下セルハ一見シテ其ノ情ニ弱キガ如シト難モロ
日ハ心ノ窓ニシテ目ノ光ハ以一ア作品ハ性ノ残忍酷簿、慈愛温
出来セズンパ非ズ滞シテ骨粗学、手持手学、指相学、れ抑制双子モ亦人相
厚、強暴、静雅、間以鈍知日略、単準雑複等ヲ細大漏サズ推察判定スル
民尖内大状
問。白山口
シテ雅量アリ白目多キハ陰険一一シテ小ゑナルコト多シ又二重限除ハ
切
円
三 ο 多シ欽州ニハ
OH命r
ロOm
。 mqruy
宅U Y H可旬。、 等アレトモの兄島民可}巾最モ俊
∞w
温和ニシテ陣学多才ナルヲ表ハシ一室ナルハ浅薄一一シテ過激ナルヲ
低ニモ稔んベアリお鍋どん/向井ハ一名うらてんばなト称シ天狗ノ溜ヲ
ハ同一部門一一一納入スベキモノニシテ総称あまごひばなト云ブ鼻ノ高
日 輪 様 の は な た て ば な 、 等 ア レ ト モ 内 し L ッばなトはなたてばなト
苅シテ頭品目ハ卵形ナルヲ佳トス彼ノ青ぎんちゃく十五文入れ然タル
ノ穴慾ノ強弱ヲ一不シ前頭部ノ梢ヤ突出セルハ仁義一二日間メルノ証ナリ
ス概シテ額ノ大小ハ智才ノ多少ヲ表ハシ后頭部の発達ノ度ハ以テ災
額部、広ク大ニシテ一刻笠ノヨ民間5 ガ 一 斉 ニ 並 立 シ 后 ル ヲ 佳 ナ リ ト
な、鮭ッばな、からすてんぐ、係テハわしッばな、あぐらッばな、
裏面ヨリ見タルガ如く緩めて低キモノナリ高キハ二段トナリ居ルモ
形状ハ不伎ナリノ
ス
アリ之レヲ一名除問丘町一∞ト一スフハ静岡県一一日比ノ同門
E
H
V 三原スル
刀t
晴夫ナリ之の将兵ノ文学技術獄ナリシニ出ルナラン日本一一ハし L ツば
ノヰハ獣類一一似テ下仙寺ノヰナリ鼻ハ
ヰ ノ 動 グ モ ノ ハ 之 レ 先 扱 ノ & ミ UHU ニジテ淑人ニ近シ、
学ノ一部門タルナリ
さ
長
関誌i
主
f
:
記
録
733
ラザル所ナワ彼ノ市笠宮川引引引利ハ思ねノ甚シキ者ナリキ一日市人
ルモノニシテ、天賦段一一然ワダナド称シテ白券白菜スルハ知者ノ執
ムベシ人ハ心得次第ニテ多少ハ自己天賦ノ人相ヲ改良スルコトヲ得
諸君ニシテ不幸一一モ怒棺ヲ以テ満サレタラン人ハ人相ノ改良ヲ勉
シテ其以上ノ報ヲ受ケント努メツ、ア汁ツ之レ決シテ能フベキコトニ
滋ハ救ニ起 η
ツタルヲ余ハ信ズ然ルニ今世人之ヲ乱用スルコトナキカ
小ナル労力ヲ以テ多クノ結果ヲ得ルニアルヲ知レ汀ノ蓋シ世ノ文明ノ
農粂ノ目的ハ小授多額ニ夜ルコトヲ余法ハ学ベリ経済ノ目的モ亦僅
ルベカラズ
アラズ故一一大ナル成巧ヲナサントセバ大ナル労力ヲ費サぐルベカ一フ
疑ハザルヲ得、ス余技ノ試験日一於テモ然リ人ハ常一一小ナル労力ヲ費ヤ
ナリ﹂ト吾人ハ皆此ノ心ヲコソ望マシケレ、人ハ外貌ヲ飾リテ心情
ス乃チ共相当ノ実力ヲ養ハザルベカラズト論ズ
彼ヲ見テ日夕殺人罪ノ人ト維モ彼ヨリハ人相勝ル、ニアラズヤ一ト
ヲ倣ブハント欲ス、又過一プリト云ブベシ人相ハ心ノ発朕ナルヲ以テ
健全一一シ大工夫カヲ設ヒ以テ大一一技量ヲ奮ヒ五日人後張者ヲ導カレン
奇人ハ卒業生諸君ニ望ム処多シ然レトモ災最モ多グ望ム処ハ身体ヲ
川十ト引︺引っ判別答一ア臼ク我レ天賦惑栢アリ故一一戦々続々トシテ道ヲ学、ブ
先ツ内ニ改良スル処ナグシテハ外貌ノ美、何ノ益ヲカ為サン哉
コトヲ希望シテ止マザルナリ(約十八分間)
氏ノ滑稽演説ハ札ハノ真底一一ハ亦一一物アルヲ路一一表示セリ談笑ノ符、
得ル所会/大、五日人ハ此ノ演説ヲ認ガ最后ノ講演トシテ近キ日ニ於一ア
、退社セ一フレントスル君ヲ皮釘スルモノナリ沼ハ当節識社中興ヲ建議
明治烈六年六月
茶菓アリテ十苅頃自立退場ス
第二十一回開識社例会
門??︺
諸君ヨ諸君ハ多年ノ関鐙雪ノ北口学ヲ終ヘテ帰国サル、モノナリ抑モ
親ガ其愛子ヲ共漆下ヨリ放スコトハ甚ダツラキモノナリ然レトモ其
子ガ他白山口出口トナワテ国家社会一一尽サンコトヲ思ヒテ愛ヲ割キテ
之ヲ放ツナリ吾人ノ卿品川寸ヲ送ルモホ之ニ伺ジ諸君ハ恰そ愛子ノ如グ
ザルモノナリ否人間側議社員ハ諸君一一望ム綴
クバ能グ生育シテ立派ナル山口出口トナランコトヲ何レノ綴モ遊学セ
十一小ダ社会ノ風波
ル花子ニ対シ熱情ヲ以テ壮健ナラザレト一寸一凶ハンヤ吾人モ卿等-一
安部忠
河内君
委員
今回凹名ノ允渋二本科ヲ卒へ一ア将ニ社会ニ入一ブントス一方ヨリ見レ
ザ一口ヲ塁センノミ
ヲ以テ比
委員一向ニ代リテ
J
I
I
口
君
パ先渋ヲ失フノ悲アワ然レトモ又他ノ一方ヨワ見レパ愉快一一送ラザ
大光寺毅夫
セシ一人ナレパ本委員ハ又当役ヲ代表シテ一一一一口君ガ尽力ヲ謝スヲ得
ン
ki
后九時半閉会
乎
734
集合離散ハ世ノ川市ナワ此皮ノ卒業生ヲ送ルニ際シテモ決シ悲シト思
制度ナリトテ誇ルモ果シテ誇ルベキ真倒ヲ有スルヤ一台ヤ余ハ決シテ
キ方へノ燈史ノミヲ以内ア他一一誇ルノ資格アルヤ否ヤ
リ日新渡一戸先生アリ日夕何日グ何ト然レトモ今学生議子ハ斯クノ如
ハズ学当然ノ事ナリ学校ヲ卒業スルハ名誉ナリ然モ之レ当然ノコト
之等昔日ノ歴史ヤ有名無実ノ自治制度ヲ以テ誇ルベカラザルヲ信ズ
何トナレパ実際ニ一行ハザレパナリ人二百フヲ以テ尊シトセズ行ブヲ
ハ自治
ナリ古人ノ一一一口ニ
丈夫一次ナキニアラズ離別ノトキニ送一ブズ
リキ多謝/¥
ニ当リテ委員ノ不注立ニヨリ先川市諸
之ニテ演説終リ資金井君ガ委員一一向日一代ハリテ今晩ノ送別会ヲ開グ
以一ア尊シトスト尚ホ学校ノ蔽風ヲ戎メ余等ノ猛省ヲ促サル、処多カ
思ブコト功名一一アリ離別何ゾ悲シムニ足ランヤ
人 ハ ハ 刀225C円山川己切片山口円。ナルモノ必ズアワ其浬ヲ余ハ明ニセン
マ、ニ送別会ヲ閲キタルハ深ク諸君一一謝セザルベカラズトノ挨拶ア
︹ママ︺
ト思ア奇人ノ進路一一陣容物必ズアリ然レトモ強立志ヲ以テスレパ之
リテ後茶茶ノ馳走アリ一ア九時半閉会ス
委員
安部忠
大光寺毅夫
︹ママ︺
二一吉田ノ格段モナサズホシイ
ZJ-
一一打勝ハ綴易ナリ終臨ンテ云ハン人生ハ実一一大ナル試験場ナルコト
卒業一向⋮一代リテ
ヲ諸君ヨ常一一思ブテ忘ル、勿レト
芳賀君
本日清国期間尚子生呉越、岡崎師渓ノ両氏入舎セ一ブレタルヲ以テ七時ヨリ
歓迎会
リ今晩ハ又送別ノ会ヲ余白かノ為メニ開カル之レ又大一一刻スル処ナリ
四年ノ間無事一一諸君ノお陰ニテ此処迄来レリ之レ深ク感謝スル処ナ
今後余等ハ社会一一出ズルモノナリ如何一一風波ハ荒キヤ推シテ考ヘラ
シテ茶話会ヲ閲キ名紙ノ交換ヲナセリノ
歓迎会ヲ閲クヤ間活ノ未ダ会話一一巧ミナラザルヲ以テ演説等ヲナサズ
友ニ呉越君ノ答辞アリケレパ掲グ
ル然レトモ人生ハ抱一︿一二ツノ大試験場ナルコトハ余モ深グ之ヲ信ズ
共同一一ハ非常ナル苦シミニ込ハザルベカラザルナラン然モ強硬ナル
私共ノ学問ハ少シモ有リマセンカラオ恥シイ次第テス今ハ御出向ハ同
ニ際学一フレ
ナラヌ御世話一一ナリマシテ有難ウ御座イマ
︽グカ
意志ト確心トヲ以一アスレパ一点ノ光明ヲ見ンハ難カラザルヲ位、ス
種ト間文トカラシニノ御親切ヲ存シマス私共ハ
︹ママ︺
尚倒人トシテノ演説ノ要ハ次ノ如シ
マスシテ又ハ皆様ハ
︹ママ︺
我札幌農学校ガ他校一一誇ルヲ仰向ベキ点沢多アリ臼ククラ i ク先生ア
関J
哉社記録
73う
ス此後ハ
日一為メテ東京ヲ振興シマシテコレハマタ頼シウ存ジマス
吾等一一ゑ無学問十分揃州史 7菜 食 留 意 同 種 同 文 之 誼 挙 得 留 学 資 校 又 蒙 諸
君厚意吾等且感且謝此後五相扶持以振興策逆不勝期宗之受
7
36
開識社記録
︹一ニ八年四月i 四
一時頃ニ至リ宿屋ノ下女ガ静カニ隣室戸一来テ長ク話スヲ間キタルニ
リニテ先生一一面会シテ背ノ御礼穿今ノ身分ヲ話サントスルノデアル
党ハ下女ハ久シキ以前日一其先生ニ教へヲ受ケタルモノラシ故ニ久シブ
J
ア兵女ハ父ガ卒業ヲナス為メ東京一一出ズルト共ニ出京シ一ア或学校一一
テ開キシモノニシテ磁来毎月壱阻或ハ弐回宛開会シ以テ第弐拾壱回
我此問閃識社ナルモノハ明治三十四年十月十四日間寄宿舎一一於テ始メ
mヲ 失 望 ス ル 勿 レ 私 ヲ 訪 ネ タ ル 心 ヲ 忘 ル 、 勿 レ ト
一一向情シテ今ノ境w
ベキ率一一シテ又共女ノ心ノ美シキ事ヲ知ル一一足ルヨロッテ其先生モ大
デアル部シテ下女トナリシ境遇ヲカナシミテ話ス災事ハ実ニ同情ス
一一戦ヒ生計上己ムヲ得ズ甲府ノ親類ニ来リ此家一一下女奉行一一来タノ
入リシモ其父ハ失敗シテ立ツ病気ノ為メ死シテ只一人ノ兄ハ今満州
迄続キタリシモ明治一一一十六年九月ヨリ新築校舎一一移転スルト共一一一出
ラズヨリ一ア先生ハ之ヲ約メテ他日又合フノ時ヲ期ス今ノ心ヲ芯ル、
党シ終リ一一金若干ヲ先生ガ下女一一与ントシタルニ回ク辞シテ之ヲト
ト相待テ始メテ心ノ美ハ現ハル、モノデアル之一一依F 一ア教育ノ美モ
ナル感化ヲ与フルニ足ル教授ト門前一一精神修養一一心掛クルノ学生々徒
心掛ケ精神修養ニ心ガケナケレバナラヌ故ニ口間性高潔一一シテ他一一大
ルコトニシテ要スルニ総テノ学校一一於テハ学問以外工芸︿ナルコトニ
勿レト之一一ヨ日ニア感ジタルハ此女ノ心ノ美ナル事ハ耐火ニ教育ノ美ナ
ノナリ
限月二十八日
ヨリノ食堂一一於一ア第弐拾弐間関識校ヲ問問キシナリ
第弐拾弐回
演題心美ト教青
亦現ハル、
第壱席
午后七時一一一十六分演台ニ立ツ江(説ク所之桜メ一ア概略ヲ示セバ次ノ如
第弐席
説 P所ハ科学ナルモノハ或他ノモノ、支配ヲ受ケズ一一単独一一此社会
大竹君
科学ハ独立シ能ハザルモノカナル演題ニテ午市八時四十
シ、氏昨年七月ヨリニヶ月間旅行ヲナシ其問ニ於テ感、シタル事一一シ
分演台一一立ツ
室一二人ノ倍州ノ教資家即チ小学校ノ教員ラシキ人宿泊ス、夜半十
テリ札ハ種々アル中山梨県甲府ノ旅舎一一指シタル夜ノ出来事ナリ氏ノ憐
東郷君
コレ亦当然ノコトナリヨリテ明治三十八年四月二十八日午后七時半
徒一堂一一絡会スルコトヲ得タルヲ以テ今迄中止セシ開識社ヲ閲クハ
然ルニ弦ニ明治三十八年剖月新築寄宿舎開始サレ五拾余名ノ学生々
︹ママ︺
寄宿舎モ閉止サレ従一ア関識社モ中止スルノ己ムヲ得ザルニ至リシモ
関識社記事
開識社記事
明治一一一十八年四月
四
四
関識社記録
737
ヲ論ジタリ、
キガ為メニ充分ノ研究ヲナスコトヲ得、ス乃チ科学ハ独立シ能ハザル
無ケレバ充分研究スルコトヲ得ズ然ルニ日本ニテハ未ダ富ミノ度低
方法ヲ説キ順序ヲ
ヲ研究スルニハ大ナル金ヲ要ス金ガ
故ニ立派ナル科学者ヲ出ス能ハズ、トコレヨリ漸々真理ヲ研究スル
1旬、、ノ度ガ低中ガ
ル、科学者ノアルノハ必姿ナレトモ日本ノ如キ2
ハ又自分ノ生存ノ為メニ科学ヲナサントスルモノハ科学ノ賊デア
デアル、今日自分ノ虚栄心ノ為メニ科学ヲヤルノハ誤リデアル、或
一一ハ吏ニ心配ハナカツタ故ニ科学モ一ツノ道楽トナツテ進歩シタノ
学ガ進歩シテ辰タ苅シテ此時分一一ハ国ガ富ンデ居ツタガ為メ一一生存
日一立ツコトガ出米ルヤ否ヤト一去ブ一一アリ、太古ギリシャ持代一一ハ科
たため其了り間れなる孤島の露と消えたまたルイ十世ナホレオン
ホレオンボナバルトも達限群疑な抜き百年を到徹するの明かなかっ
感ずるものである欧州全土を席抱し位界の帝国ななさんとしたるナ
蛍︿に混同入者育史を絡会過去を按ずる毎に深き趣味と輝ける教訓とを
る遼東の失敗者一に之れ者藤候の近限に帰するの外ないてはないか
者思想深部なる達観者にして初めて能く知ることか出米るのてあ
の来るへき者世俗の小才能く知るを得へけれとも一の来て百の来る
るへき陪題者所詔一公傑の土にあらざれば之を解し得ない一の来て二
る問題者凡百の士山同ほ之れ越解することか出来るけれとも開放的来
る者逮続的の采で次てホ lイの飛で来るの者間欲的てある連続的来
越間欲的来るへき問題と云ふのである之を例るに拍手して点目を発す
間接のことあり前者者之れを連続的来るへき問題と云ひ後表者之れ
﹁ママ︺
武又者聖上陛下の如き御稜威者万世に高きも能く来るへき問題に御
足らすして皆な散にもあわれなる跡な遣して去た之に反して皇格枠
︹ママ︺
一一一世の如きも敏才捷給なからも来るへき問題の正当の解釈者たるに
︹ママ︺
第一一一席
第弐捻一一一岡山
五月十九日夜
風なくまた雲もなき今宵閲識社例会者ひらかれた集る同子一一一十六名
開会の挨拶ありて左の演説かありました
ト、ヒクトルエマニュ 1 ル、マツキンレ I、及グラットストンの如
診念せさせ給たるにあるのてある降山大王の如き又コルテンフライ
悠々として演壇に上る人をして先づ来るへき問題に思を迷はしむ臼
きも又世界の大立物として英のチャンバ i レン、米のル l スベルト
色部米作君
く凡そ天上の事表決して偶然に起るものにあらすして必ず因果応報
の如き成功の栄訴に於て又人物たるの価値に於て色彩光蜘仰を添て居
来るへき問題
の規に依るものである此の事者彼の事に逮り此の間題者彼の問題に
るの者間州ち之れ間関欧的来るへき問題の正当なる解釈者たるにあるの
第一席
起つものである而してその因に応ずる来者或者直接のことあり或者
7
38
たるものてある市してその問題たるや総合的のものあり又部分的の
り天を演き地に立て自己の本領を保持するもの者之れ正当の解釈者
冷血来るへき問題を考ひ理性来るへき問題合判じ識見ありて確信あ
機会}待つことにする
突 せ ら る L へきものてない一仰し之等のことに就て者他自大に論るの
党又者虚無党の進む一助向ふ所者一に空想に過きない空想者決して現
てない余者現今の極端なる論者を悲しむものである即ち佐の無政府
之れを理伎の人に待つの外者ない熱憶の人空想の人の手にあるもの
スすることか出来る市して進て此の間題、な解かんとするならば吾人
として世俗の外に起ち詳に之を研究す者その果関燈然としてトレi
の所諮事物務総手紛糾して一克その本末秩序なきか如しと雌も矯々
らむか之れ余の大に一去はんと欲する所亦究めんと欲する所である役
てある鳴呼此の間題の解釈半世たる哉然らは此の間開泌を如何せは一円な
居て道路者甘悼た怒く全く洞の穴を行くの感かする
す全島山岳裾野にして一一一原山と云ふ噴火山あり海岸者遠浅になって
府のん叩によりて開きましたものです此者今日者家港となりて居りま
ります此の波浮の港者中々災い港て寛政十二年秋広平六なる人が幕
村の五村及波浮の一港をム口せその一戸数一八一一六一戸人口五九
ムヰ島者その田何回十堕一余ありまして新島村岡閉村由木津村野憎村差木地
面積及一戸数
青人草にもおく様になったのです
となりましたの者明治十一年にして之より禦代の蕊の露者比小島の
所から罪人中尤も重きものか送られて居た此烏の初て東京府の管轄
ある設も伊豆の七島の中て大島殺その生活か尤も困難であると云ふ
島主よな置きそれより流罪の徒の送らる L一併となって居たとのことて
多く従て島史者至て詳かならず其僅かに知るもの者推古天皇の朝に
憾とします抑も大島者その合本州との関係等に就て者明ならざる点
九人あ
も の も あ り 或 者 一 年 を 倣 て 湧 き 米 る も あ り 或 者 幾 千 年 を 隔 て L現 出
一六
一
一
九
島村の経済
一九六八、九、入、
二六一入、入、八、
ノミ反
ずることもある実に世界の歴史者幾多の英雄を犠性となし幾多の傑
、町
二七回入、九、
凹
六一 O 、‘ミ 2、 二 九
五
土を屠て五口人の血を養ふて呉れ又教を垂れてくれる品川ナに奇入者之に
よりて進ミ之によりて此来るへき問題を釈かんと欲するのである
原野
古来木得一一お
去年の夏伊豆の大島を政渉しましたその突見談を試ミんとします只
道路
大島笑検談
詳細の記録を見探しかね正確にして又有益なる談の出来ないの越遊
第二席
~Il!
宅
地
地
山
林
雑種地
一三、九、 0 、O 九
一三一一四五
四八一一一三七
米大角豆等かある薪者此地重要の輸出品にして多く者桜木なり之者
中ムム婆産物者食料となるす清里芋百合等にしてその他に者大麦裸麦控
物産
為朝の紋章一てあるのは一しほ目立てる髪結の形者又年齢に従商由化ま
てある女表出向姉妹てあるかの如くに同じ紋付の衣服を緩ふてる聞も
風俗者面白いもの者少くない風俗の常として奥彩を放ておるの者女
りと一去ふ蓋し気候然らしなる一所以てあらうか
日用品
東京に出て東京に於ける桜山氏者其原料実に此に仰くのである此島の
ってある未婚の女と巳婚の女と者之によりて区別することか出来る
其他商工等者一五ふに足らない
緩済上忘るへからざるもの者牛である毎戸必ず殆と之を養ひ涜夜全
労働者また婦女子なからも決して男児に劣らない皆一線上に重荷を負
焔者毎年作付なする焔にあらずして山林と畑と交番になっておりま
島を通して其頭数一千一一一百O 六一波ある明治一一一十四年より練乳株式会
て易・?として行く様者如何にも熟練したるものです全島中井水者新
全島腕病症にして衛生の方法亦笈しくない死者の多く者呼吸器病な
社の設立ありて今援に従事して居る品質亦佳良なるものである水間
巴誌に一一つあるのみで此二弁者突に六百戸の飲料水を供給して居る婦
七一六五O
様である例ば早熟をパセと訓ずるか如し全島氏諒一親しミ宛も一家族
ある又言語老中々解しかたい一般にか行の音とは行の音とか異なる
そーでない天気の快晴なるとき者海原速く出て漁業に従事するのて
一六八七回
の様である又婦人の名は間同名兵入者名/い様であった就中おまんと云
橋都立愛犬
半十沢虎太郎
五六六
色部米作
右了て茶果出て次て随持散会す
委員
橋本味
ふ名者数皮肉えた以上者その大要てある
九二九五十ハ
一五四五三人
二八五七
円
者水かないために出来ない陸稲者また後の窓口甚たしく到底満足なる
輸入総額
九七O 四四
女子一者かくも苦役に服するに男児者阿佐内慌てもしてるかと云ふに中々
助一?を槌江以てその落葉の腐敗者唯一の地力の一%となって居る
反
す即ち十五年毎にで反畑となるものである比一短期の山林者桜松惨杉
物
収穫を得ない海産物片山者僚縫経等か主なるものです
i
由
輸出総額
'
1
i
千 牛 薪
魚
米
開設社記録 四
4
73ヲ
740
第サ四回
九月品川区ハ土終日﹀
多しと開き恰も米国より帰報し着任せられたる森本厚士口氏が寄宿舎
係 と し て 舎 内 に 起 居 せ ら る Lに 至 り し 越 期 と し 例 会 越 聞 き て 氏 が 談
松尾悌次郎
松枝邦太
段徳世相
健お
木回小四郎
森本一路官民談話要領
余ハ今諸君之爾前に起ちてフレ
尽さん哉
ニ
百円一括852 U5Mg
本校に入学し大に英文学之趣味越妓吹せられたり数年苦学之後幾史
E
H
Mて 越 読 み 又 新 渡 一 戸 先 生 等 之 幣 越 伝 関 し て 感 努 す る 所 あ り 遂 に
余は幼時東都江原氏之校ぶ在りて内村氏之
ZH
向C
やる﹂と阪はくは余も亦諸君が兄弟之一人となりて吾容宿舎之為に
仏国之催諺ぶ臼はく﹁同じ卒の飯越食ひたるものハ滋紙似ても免し
愛 国 之 傑 士 越 出 す 越 知 ら ん ﹂ と 余 が ん γタ 之 感 も 亦 同 じ
者対んで誌故越間ひしに大王答へて日はく﹁此等小室の中何ぞ将来
一日途に不潔なる一小堂総見、幅滋脱して可略に敬礼せられたり従
ハ平生多忙之身越以て尚能く持越節して散歩に出づる越常とせしが
リツク大王之逸話路想起せり大王
午後七時開会岡本庶務協議社越紹介し次いで森本氏演壇に登る
当日午后七時より新入品目生歓迎会を兼ね閲識社例会を開く松校邦太
Ah-
河野
問中克治君
竹田義治君
j寸
シルカル君
話越聴く
桂徳外
次に各自の氏名を紹介せられたり
委員
HL
刊のえり望日仏ロヨ認をロ越判 uylJ
州樹下に読んで感護措く能はず遂
越 専 攻 し て 業 越 卒 へ 仙 台 に 赴 き て 歴 史 之 教 鞭 越 執 れ り 嘗 て PHmD口即日
本社第二十四例会越聞きてより数に一年災問天長節祝賀会、
に有的世相と共に﹁リビングストン﹂越箸はし仰って得たる利益六十
明治一一一十九年十月五日
会、送別会等之開依せらるも入ありしと縦執も問問識社例会としてぶは
金五ハ品川平素節約して得たる金子等裁旅授として予てより渇仰に堪へ
第二十五回例会
あらず本年九月新に数十の兄弟越迎へて以来其閉会越希望するもの
忘年
君歓迎会例会開会の辞を述ぶ次に各生順次演舌せらる
第一席
同君は英語伝て答辞を述べらる
第二席
朝鮮の事情ぶ付き講話あり
第四席
立
ゴ
ゐL
f
均A
下不良
席
右終りて橋本教授の生徒段就任の辞並に有益なる訓戒ありたり
第五席
答
苦
手
答
辞
第
開識社記録 四
ざりし米国之地に渡りぬ
時恰臼露戦争之終期に融出したる越以て大に人気に投じ甚愉快なる旅
之試験越経て漸く合格し之より各州川越巡回講演すること与なれり
行越為ぜり通常一日七十五弗越得内二十弗越会社以仕払ひ残余越以
乃五口校と由縁浅からざる﹁ジョンス、ホプキンス﹂大学忽入り佐藤
目
白
介
、
茶婦人会ぶ於て十8向日本爪関する講話越為すべきを約し数日間図
日にして懐中川附く寒く苦思すれども良策無し遂に教授之忠一一一口に従ひ
たることもありき
分にして下宿の娘と仏国新首刑之可否感論じて敗れ無念骨髄に徹し
こと三ヶ月漸く﹁レクチユア﹂越解し得るに歪れり而も尚語学不充
之より毎夜十一時より十一時半迄越割きて会話之総請に費し勉むる
空越仰いで黙想せることもありき
望総有し高速之理想越有するものに在りて禁意志や強固ならざるべ
成片山安んじて平凡に一生越送らんとする者は敢て間はじ唯遠大之志
献体越川四る L勿れ﹂是なり想ふに諸君之前途ぶは幾多之障害あらん小
諸君、予は此経歴談に於て諸君に訓ゆべきもの唯一あり臼はく﹁患
当地に来着せるなり
篤し聞も赴任の後れんこと越是恐れ頻死之妹ぶも酒会せず行李匁々
に唯一相すればほハ病林に臥して命旦夕に迫り妹は茅ケ崎爪在りて亦病
ゴ﹂伝於ける万国記者大会に出席し三日出発帰朝之途爪就けり東京
て書記、助手等の俸給及旅費越支ふるなり放に純粋之所得は甚多か
る寝台に起厨ずること与なりぬ
書館広赴きて講話之材料越蒐め期に至るや出で L之越試むるに幸広
からず慨る L勿れ窮すれば又通ず進んで患難之渦中広投ぜよ
然るに悲しい哉日本爪於て学びたる英語ハ此地に於て殆周越成さず
も聴衆ハヨ越追ひて増加し初二十五名なりしもの円以後の日係於てハ
諸君努くは供に共に比一家越清くぜん然らば否校清まらん幌都亦将
らざるも面白き職業なりき
突に一⋮一四百名の多きに上れり寵して該会々長ハ講話之終に於て余之
に清まらん何ぞ学生風紀越収・ 4する越市宮ぜんや(八時十分下壇﹀
然るに旅行先に於て佐藤校長よりの書翰に援し遂に九月二日﹁シカ
講話之大なる成効越得たる州地笠焚し大に面目越施せり
之より茶茶の饗応忽移り質問ある人ハ船窓尋ぬべしとなし又森本氏
に故国の山河のみ恋しく懐しく半夜私に公闘に宝り星斗燦関たる碧
一%来米国広は⋮種特有之教脊法ありそは学校又ハ市民ハ毎年諸処之
ハ一片之煎餅越捧げて米国広於ける煎餅焼之話越なし感興尽くる越
学校之﹁レクチユウノ﹂ハ素より日常茶飯之用事すら燐じ難き有様徒
名士越刑判して講演会越郎、辛口公衆之聴講越許すこと是也之が為講演会
知らず遂に八時四十分頃散会社}り
田中生記
社なるものありて共周旋越為す余も亦一講演会社之照会に応じ諸種
74
'
742
デプル立少シモ面白キモノナシ
モシ此ノ変ナクンパ設校シテレクチューブヲ隠そ何等ノ益ナカラン
三十九年十一月廿三日
以前迄ノ関識社例会ハ会生姓名ノアルファペチカルオーダー一一テ委
自分ハ卒業後教員トナル予定デアル郎動物ノ数民トナル積デアル
第弐拾六回例会
国民ヲ定メ一ア之レニ当ル事ト定メ一フレシモ之レハ無安江比一一流ル、ニヨ
ガ之レ等動物一一対シテモ此ノラヴト一一一一口ブモノガ必要デプル之レヲ鞭
支ヲ察ガン
旅行談
荒川狩君
我カ紋ハ本月十五日小樽方面ニ旅行ヲナシタリ依リテ之レヲ云フ一ア
第弐府
相川ヲナスモ此ノラヴハ必要デアル之レナクンパ皆駄目、テアル一広々
︹
77)
リノテ本会よりニ合宿舎ノ委員ガセンタートナリテナス事ト定メタリ
相際金治君
たば従フモ然ラザルトキハ従ハヌト昔日フ風ニナル
愛という事につきて
回中委員開会ノ辞ヲ述ブ而シテ演説一一移ル(午後六時五十分涜会)
第一席
一シタル事モナシ(笑声起ル﹀又研究シ
人ノ前一一立チテ話ヲナスハ今度一一テ弐泊ナリトノ前号一同ヲ程キテ木怒
一入ル、
レシカ市ナグ
十五日午前六時十五分札幌発小祥行列率一一乗ジ
僕ハ
タル事モナケレパ従一ア愛ナルモノニ対シテ一一一口フベ今権利︿笑声起
造所一一五リテソノ軸木ヲ見テ北海送庁ノ附属ナル小樽荷週一一行キタ
ス匁々燐木製
ル)ナケレトモ自分ノ経験シタル事井一一感ズル処ヲ少シク述ベン、
一一処スル法、校ウチ、造林ノ方法、林木、ヲ目見学シ又標本ヲ得タリ、
一町歩一一植ウル指数、歩合、日十時
ルモノナルヤモ明ニセス岱テ自分カ中学三年級ノ時ナリシソノ中学
m制ハ道庁ノ附属
此ノ臼ハ之レニテ終リ一ア傍ナル旅宿ニ宿リ夕日ノ該十m
リ此ノ処一一於テ総子、肥料、部、
校ニ此/札幌没学校ノ出身者茶君ガ博物学ノ教員トシテ来ラレシト
ニシテ内街、外関ノ樹ヲ試験的ニ総エテ本道一一対スル適否ヲ試ミツ
トノ所前愛ハ如何ナ
キソノ就任披露ノトキソノ先生生徒ニ向ブテ﹁私ハ諸君ヲ愛ヲ以テ
、アルナリ
一プラザルヲ
迎ブル﹂トや一口ハレシ処生徒ハ此ノ言一一対シテ大一一激シテ所訪ソノ先
翌日一二十四年ニ小樽木材会社トナリタル会社ニ行キテ之レヲ見、十
又自分ハ
生ニ対シ一アストライキヲナシタルヲ以一アソノ先生ハ止ムヲ得ズ退キ
一時四十五分列率一一テ軽川ニ箸シテ具処ノ造材会社ヲ目見物シテm
m札
J
テ 東 京 ニ 出 ア、今ハ逓信省一一奉職ナシ日出レリ今三一志リテ之レヲ考フ
ル一一之レハ実ニ無謀ノ本ナリシヲ悔ユルナリ
愛ハカモ大切ナルモノ一一シテモシ之レナキ時ハ非常一一ドライノモノ
比ノ行時日少ナカリシモ余等ヲ益スルコト多大ナけソシ、
ベ
ヱ
リ
第一一一席
早川直瀬沼
山梨ノ一宏業
心は花ニなさばなりなむ、ト、
第四席
桜丘汲⋮君
山梨ーノ人民ハ地平線知一ブズノ民ナ担之レ山国ナレバナリ、役等ハ品回一
三養蚕ヲナシテ生計ヲ立ッ、何レニモ蚕室アリテ飼育中ノ温度ハ七
ルナラン自分ハ之レヲ分チテニトナス
一、有形ノ美(形而下ノ美)
眠ヨリ第四股マデ義フナリ、普通ノ家ニテハ生縦一一日ア蕊拾焚位ハ飼
毎年地融関宮リ之レヲ伐ル大凡ソ大サカ小指佼トナル、之レニ一ア第
十一度乃至七十五度ナリ、而シテ第四鼠ニ受ルト天然鈎ムノリ、
ノ本能ノ美ヲ以テ諸人ハアノ人ハ立派デアルアノ人ノ衣服ハ美ナ
一貫ノ価五円内外、大家一二ノルト弐百台(そ飼フ家アリ、之レ雄一一リ
テ又他一一無形ノ美ガアル、古今集二ぷ滋法的ノ作トシテアル数ガア
拾銭位ナレトモ安キトキハ一一一銭位一一至ルートアリ、山梨ノ一資業ハ口 μ
桑ハ毎日毎日価⋮一変リアレトモ一貫三拾五銭内外ナリ高キトキハ四
リト詔一口ア此ノ美ハ皆有形的ノ美
ル比ノ歌ハ法師ガ参内セル時ニ女官ガ法部ノ辺幅ヲ飾ラザルヲ見一ア
ムホニ於テ第一二位ヲトぬムルモノニシテ益々発達スル傾向アリ、
リ、アノ人ハカイ
笑ヒタル時一一﹁かたちこそみやまがくれの朽木なれ心は花一一なさば
内部郎平坦の処ニテハ没業ヲ裕一⋮シッ、アルナリ
テノミニテモ之レニ逮スルブ得ザルナリ、郎比ノ内外ノ美ノ調和ヲ
要スルナリ、自分ハ前ノ玄窓法師ノ歌ヲ歌ヒテ降壇セントストテ
かたちこそ、みやまがくれの朽木なれ
大久保君、伊藤章君、森本君、高松索、問中君、根岸君、大石君
松校君、坂本君、平野君、佐藤窓一一一郎君、竹閉義治君、浮谷君、
之レヲ論ジタルモノ左ノ如シ
ニ入ル、議長撚挙ヲ行ヒタルニ候補者三名、内ノ閃中義麿君当選ス、
吾人か現時の宗教を信ずるの可否、
以上ニテアルファベチカルオーダーノ演説ヲ終リテ有志ノ演説ヲ募
外形ノ恭一大ヲ以テ心ノ
ハ此ノ限ノ外心ノ限ヲ以一ア見ルベキナリ、英語ノビュ l チl ト言ブ
一向フテ進ミツ、アルナリ、
日ノシモナカリノケルニヨ汁ツテ本夜ノ討論ナル
σggomcと
事ハ﹁美内ヨ﹂ト一一一日ブ率一一テ大一一我窓ヲ得タジ︿笑戸起ル)人ハ骨
44日
ブ一一一口ヒタルナリ、諒一︿ヲ見ル
なりなむ﹂トヰ-一口ヒタルナリ、之レ心ノ 先
ハ通常仲間片人一一死ラル、ナリ
ブ
美ヲ好ムハ之レ本能ナリ英認ニテハプン、イ
一、無形ノ美(形而上ノ美﹀
伽
ー
酬
し
7レ
J
,
J e件付件
此ノ美一一数多アリ現今青年ノ窃一漆シッ、アルハ之レヲ誤解スルユヨ
美
品一一一︿ニ関セズシテ進ムハ之レ一一近クコトモ得ザルナリ、又無形ノ美一一
ロ
。
関i
強社記録 四
743
744
第五席
h
M
r
z
M閃ェ
内同︾ロゲ一回円切唱。
森本厚士口君
レ非常一一大切ナルコトヲ一ぷスガ為メナリ、之レ食事ヲナス卒、人一一
又相関ニ以弐ッ、耳弐ッ、口一ツアル何故ロカ一ツプルカト一広ブニ之
モノナリ、モシ之レナクハ生活スルヲ得ザ一フン、
ト
⋮一
7 口フ真理アルニヨル彼レハ此ノ誠実ト前日一一広フタ人一一話スト一去ブ
誠 実 ニ テ 話 ス ハ 之 レ 雄 新t ナ ル 事
ト斯グ攻撃シテ何故一一又カグノ如キ多大ノ聴衆プルヤト一マ一口ブ一一、
ヘG戸仰ぐへと一再
}Cm 片 片 } 凶 作 者 p
v
v
話ヲナス事等ヲコ内ルモノナレバナリ、吾人ノ一挙一動ハ社会的ノモ
時より二時間前ニハ立錐ノ地モナグト畳一口ブ風一一テ答キトキニハ上衣
シカラズ苅シテ何故ニ彼レハ大一仮説家ナリヤ彼ノ演説アルトキハ定
ノ如グ又問問菜モ何モナキ人ナ担、立ツ五十二、一一一才伎ナリ又戸モ良
ωωB]C52 氏ト共一一一一週日間諮方ヲ歩キタリ彼人ハ丈ケ小サグ自分
以上ノ雄紳ヲ穂イタ事ガナイ
タルヤト言ブニ之レ誠実ヲ以テ校長一カ一去ヒタレパナリ、予ハ今迄是
一三日ニ対シテマタ泣宇タリ、此ノバ叶オ州ナル辞一一テ何故ニ⋮械工泣キ
ブ事ガ出来ヌ﹂ト涙ヲポロ/¥ト落シテ云フタラ織工モ此ノ社長ノ
迄受ケタル愉快ノ第一ノモノデアル、円以平自分ハ之レヨリ諸君ニ云
﹁自分ハ諸君(ゼントルメン﹀ヨリ受ケタルノ謝状ハ自分カ今
ヲ脱シテシヤ l ト一枚一一テ無作法一一テナスナリ、而シテ関口第一ニ、
演説ニ必婆ナモノハイクラモプル或程度迄ハ閉山市ボモ心要デブル戸
︹??︺
}りロ 2J仏mw
ヲ開キテ討論スル風ガアル、自分ガ此ノ立米関人ノ大演説家ナル
事ヲ忘レナイ為デアルノデアル、
ーヲ飲ミテ駅務シッ、行ク
へ
J口
己 SRmL3・同門ロロロCHロロL2mHPロハ凶可C 5 当
}
戸
一・
ロ 円OHuor
今
日
・
Y V
40
ト必スヤル、而シテ又米国人ガウ
ヲ攻撃シテ臼ハ夕、
ロ
之レハ採決セサリシ
円
ucggBE叶ノモノハ尤モ大切ナル卒、
(p
ιLω
ノニシテロニテ話スト一去ブテモ雄総一一一アアレト云フニテハナシ、唯
彼ノ水、空気鋭寸/議通ノモノハ皆人カ軽ンズレトモ之レハ一番長キ
而<:
同 む
よー
ロ
o
門
ヨリ一ア誠実ト云ブモノハ大切ノモノデアル、一五々
J
ロ
2 間c
u
コ
て
o O
平易ナル言語ヲ用ヰ又ハ人ニ向ブテ話セパヨ戸シキナリアル人ハ天
日・
演者ハ又例ヲ引キテ、回日一2820MYS
高 円
氏 カ 数 年 前 FEEDお大火後一一社ノ融制ヱヨリ受ケタル感謝状ニ対シ
円 円
ナイノデアル、米悶ニ於一プハ子供一一テモ何カ必要ノ事ガ起ルト会議
0..二
ア、
井ニ向ヒ、或人ハ机一一向フテ諮ス之レハ何ニ話シッ、ァルカハ知レ
〉ペ
ロ c
以
上
百
関識社記録 在
74う
ナモノデアル往古デモスゼネスハ口中一一砂磯ヲ榔ンデ演説ノ稽古ヲ
タ働カントセバ眠ルベシ大ニ線一ブザルモノハ大ニ活動スル抽出ハズ、
人生活動ノ本原ハ眠リニアルモノナリ、先ヅ伸ピント欲セパ綴ムベ
有一万君
ナシ近グハ私ノ同窓商川光次郎ノ如キハ藻巌ノ絶頂ニ登ツテ全札幌
民︿十一夜暁ノ一夢突一一万金ノ価アツテ存ス若シ之レヲ客観的日一見ルニ美
限ハ流口人ノ快楽也
市民ヲ限下一一殿下シ乍ラ其緋舌ヲ練ツタコトモアル新グイロ/¥必
人ノ案一一ヨツテ眠ル小児ノ乳房一一一スガツテ限ルノ状人ヲシテ悦惚タ
第一席
i
J
U
Hμ
削 刻一一必要ナノハ付自分
そ良クナグテハナ一フヌジェスチュアモ必要デアル殊ニ練潔ハ誌一必妥
要ナモノハアルガ貝取引川刑判川引 Ui
ス
ラシムルモノアツテ存ス、諸君幸ニ大一一眠ルベシ、志向人ノ快楽ハ限
。
ハ今人ノ前デ話シッ、アルト⋮⋮一一口フコトヲ自覚スルコト位向判剖川判
ワニアリ諸子ト共一一此快楽ヲ食一アンカナ
江口君
イ1 ヲ忘レナイコトノニツデアル比一一ツヲヨク忘レナイヤウニシテ
我際笑業ニ就テ
我思ハ建国ノ初メヨリ農本主義ナリシト難モ漸次商工業ノ発展ノ急
第二席
ヲ要シ読んベ進歩シ来ルハ誠一一慶耕民スベキコトニ一属ス、然レトモ五口国
自分ノ忍ツテ居ルコトヲ自由二
ツク・スピlキングハ上乗ノモノデアル一広々
ガ好箇ノ位置ヲ有シ後来世界交通ノ街路一一当リ互市ノ中心トナルベ
スルハ苔人ノ願ハザル処幸一一古悶米ニ支那戟鮮一一植民ヲ
ハ共目玉ハニ奮フテ率一一当ルベシ
第一一一席
自ラ修ムベキナリ自修一一於テ初メテ自己ノ学問トナワ自記ノ発立ヲ
時日一当リテ自己ノ能力ヲ充分一一発揮シ大ナル人物トナランニハ必ズ
成スルモノニシテ偉人天才ヲ育成スルハ現今教育ノ木口尚一一アラズ此
口的ハ平等ナル人ヲ養
教育ヲ受クルモノハ幸福ナリ然レトモ教育ノ R
古屋震
行へ国家永遠ノ策ヲ立一アンコトヲ望ム、五日人ノ責務ヤ大ナルヲ恩ハ
ノ天地一一
キ光リヲ有スルニ米ダ充分ノ自信ヲ措グ能ハザルモノア世間品ツ猫額
終ツテ茶菓ノ饗応ニ移リ鈴木宕ノ歌謡、平野君ノ落語、松校君ノ議
図記す、今回討論題募集之結果左ノ如シ
談等アリ散会シタルハ午後十一時十五分ナリノキハ根岸生筆記)
一、我悶文ニローマ字採用ノ可否
、我校現在ノ寄宿舎一一自治制ヲ布グノ可一合
一、青年ノ宗教問題一一拘ルノ可否
一、携論ヲ先日一修ムベキカ文章ヲ先ニスベキカ
一、寮歌募集ノ必要ニ就テ
以上
O第 廿 七 回 開 議 社 例 会
当日演説綱領左ノ如シ
自
修
746
来ス、希グパ自修一一全力ヲ傾注セラレタキモノナリノ
より進む設る片山従ひ山霊坐し身辺に迫るもの L
たる
予問問慾漸く加はり七ム日目什小笠りて遂庁小人事不省ぶ陥れり同行の者の
ものも次第係箕面目となり口自ら六根清浄越唱ふる爪至る己にして
自分ノ知人ガ長崎商栄一一学ビ翻然志ヲ立テ、米国一一遊パントシテ学
助片山より八人(日目の石室に運ばれ初めて正気に復し帰途ハ一潟千盟の
平野世相
校ヲ止メタルモ遂一一行ク能ハズ、止ムナク労働社会一一入リ労働シ災
勢、な以て山越下りぬ
余ガ知レル一青年
社会ノ械的クベキ怒影響一一初メハ詰キタルモ遂ニ感化サレ後少シク悔
海汁小五りてハ予の郷里叩斐の山間たるの故を以て中学時代、古一之が偉
第四府
ヘテ満州一一一行キ多大ノ困難一一澄泊シテ位/風潮ニモマレモマレ大ニ
渡りて淘湧奔騰恐るべく敬すべき海を観たり予ハ海侭於て山よりも
至り洋,?として治の如き海の愛すべきを観、渡北の途次津軽海峡を
主に接する能ハざりき然るに中学片山於ける修学旅行に鎌倉江の島に
ノ浮浪心ハ大一一戒ムベシ
森本君
悟ル処アリテ帰国シ今又長崎商業ニ学ブ其間ノ歴史ハ実一五日人一一教
ユル処大ナワ
東京土度
更に大なるものある越知りぬ願ハくハ十九日人をして海越以て理想とせ
第五席
金ガアルナラ諸子一一東京土産トシテ甘味ナモノヲ持来ルヲ得ンモ余
しめよ
板倉勝刻君
ガ尤モ崇拝スル金ガナイノデ只土産トシテハ話ヲスルヨワ外ナイノ
誠心誠意
事ハ凡べて誠心誠窓越以て成ざいふる可からず締舌之越欠かば蓄音器
デ残念、テプル
東京ハ活動セリ東京一一ハ刺激多シ荷シテ札幌ハ如何刺激ノ符スルナ
汁小劣り学者之を欠かパ生きたる出子引と仰い一ぶなけん問問識社にして之越
健全なる体格の必要
岩崎四郎作君
る体格如是、体格を舟忽慨はふれパホリ山中応ハ梶にして注意ハ羅針盤間し
男子事滋成す三個の要素なり強固なるな志、綿密なる注窓、健全な
第三席
し大にしてハ学校国家銭感ならしめざるべから
ク為メニ一世人ノ文明ノ程度ハ大一一遅レアリ然レトモ之ノ刺激ハ少ナ
明治四十年三月二十六日午後七時
欠かパ菓子総食ふに過ぎざらん苦人ハ大広誠心誠意越国日とし小にし
第二十八次例会
グモ呑物ヲ通シテ将タ亦自然ヲ通シテ充分一一進歩発立東京一一劣ルコ
席
てハ
第
トナキモノ一一至ルコト又難キニア一ブザルナリ
海と山
問中庶務委員卸会の辞総述べ次いで舎生の演説広入る
第一席
ぢてお士山伝授る士口問ぶ泊し午前一二時先立と共ぶ宿舎越発し吉田口
ず
の中より洩る
tA
tA
、
イヌのメノコが苓菜越採りつ
ハ所前ロ22E々の三一にして今日の処試験越全廃するも却って好結
世の中に試験ほど詰らぬものハなし此の諮らぬもの滋尚必裂とする
森本先生
ある也八雲忽於てハ大に歓待を受け
、もh-
μ
ふJ
7カ
段なり和に非ず放に立二を欠くも結来ハ作一山広常なるべし就中体格之
茶代廃止の畑出定を破り扮ひたる二十銭と共に三十銭の茶代越務発し
る追分節の
銀総ハ否人青年の時代を措いて又之越為すべき時なし諸子夫心越是
ここ滋一発す此臼降雨止な時なく兵に悶会口刷出極む遂爪予と他の一人と
設立、健康の三者の釈ハ目的に達する手
に致せ
ハ馬一一間半な依ひて森爪若し更に馬卒滋して残照人会}迎へしむ妬くて大
て目的ハ
次に米一点大竹内民学ムムハ左の談話(大要)滋試みられたり
差して各校を分ちぬ
沼広於てハ畑町山のあらひ広旅情滋慰め麦泊の失敗談山手あり遂に函館に
開決々集会して愉快に談話す
如何ぶして、寄宿舎越愉快ならしむべきか是突に一大問題也其方法
亦種々占めるべし予の見を以てすれパ第
ベし第二寄宿舎越挙げて適宜の距離、日数の旅行越企つべし第三舎
の河問中庭等越装飾して美観越添うべし
予等が六年前有士山と北ハぶ函館方面汁小企てたる旅行片山就きて之越語
AA7
等)
望す
予ハ諸君が克己自修終に試験の必要なきに至らしめられんこと越希
泉純崎泰ぜざる越恐る
ハ仁木に函樽鉄道の工夫等と陪街、市先日稲穂峠越越江岩内忽投宿、
らん七月の初、卒業式終るや同勢六人︿住友、鈴木、本郷、潟地
言
J
I
超ゆ上下六里一一山あり二山の問に一日付の温泉宿あるのみこ Lにて梅
第一一一日ハ有名なる一中川市町綜(増毛、サルと共に木道ノ三大股遊山胤﹀
却問問問ず設に??が特に諸君の注意越促したきハ一、雑談ぶ耽り泌を売
衛生上の注誌、一況の間関亦漸く進歩せるも尚一倍の注怠を望まざる
総務一ふベし
春季休業ハ目前ぶ在り休暇中ハ宜しく旅行等片山よりて大広治然之気
トルマンらしく行動せられんこと是也
る待問越今少し節減せられんを二、八十余名の舎生⋮家族一間体と
んベ測々た
時任先生
子若干越なめ川広て制衣越洗ふ第二の山に受り一以上に休憩して苦洗
つ L磯谷
なり悉く
味ふべし翌日長万部に活し馬草刈階的ひて八
mの光ハ∞ C口 一 を 富 田 す と 深 く
日ハくタm
くも樹覆してヱアハ水中忽段落せり突くしきタ照の
峠と命名けぬ山総下りて後志川を波る人数多かりしため独木舟ハ脆
を
J
ハ汽車ぶ依り之より徒歩旅行広上る第一臼
刀t
河
四
関;滋社記録
7
4
7
748
橋本先生
別に一切一口ふべきことなし唯諸諸が武士道の精神を忘れず武士の行越以
の遅刻表なく予定の如く六時ぶ開会するを得たり
職分の観念
松井精
大学予科第一年級
庶務委員獲一正義隠会の辞令}述次で演説忽入る
第一席
今を去る子一⋮一一臼有余年の共の土日欧州の東端岐桝錯雑たる希駁半島の
ハ委員越恨みて之
終って募集した
一人の雄排者が表れたり青年時代よりの前弊をもお、ちず緋説之れこ
て行とせよと一世間ふのミ
ぶ附托するに決し寮名、寮歌選定委員及寄宿舎委員之選挙越行ひ茶
戦傑せざるな得す・ ..
るか腐敗の戸は議会の外教育界忽弥溺しありし当時を思ふては余ハ
近時の勲四等議員は拝受して得々たる彼輩巣し市職分を尽しつ Lあ
苅者共ぶ雄一鮮や}弓れの織分と心得たればなり水分と忠ひたればなり
奇異の一体洪パトリックヘンリ郎其人である
るか基となりて十一一一州の氏自由の声は滋りぬ比はそも誰の一一一言となす
口2
HdazrpghG片言。間202ゆ }U
々日間一ZH5LEHY と 叫 び た
を誰となすアデンの抽問者デモスセネスである。巧rmH85話。門官吋印
を離間妨害せしめ後世演説子の模範たる締表と迎られつ Lあるもの
と与し時代思認の発市尚北咽たり遂ぶ此愉抑止な振ひてマケドニア国の政策
閲十年五月六日
長
高橋周子殺
森本先生
報酬を度外視する精神は森厳崇高なる義務心より来たる寵して其の
か如し野火の乱燃するか如し小児の笑ふか如く自然係発作し来たる
義務心たるヤ多くは無意識的の同情と伴犯し来たる春卒の芝生する
本タ関識社例会の開会片山祭し時間の正確を期するため愈々木日午後
なり之れ同情の発作な知ると向持伝
偲より見れば義務心の主働と
六時より開談社第二十九次例会合}聞く当日夕飯は五時、迄広済まされ
明治凶十年十月十二日六時
に関く午後七時二十分開会、会の瀬序如次
間開会之辞
歓迎の辞
答辞
各委員報告及挨拶
合金規約朗読
談話
茶菓之後十時解散
員
員
一広ふ可きなり
第サ九次例会
委
たし五持十分食堂入口を閉鎖すとの大々的掲示を山出す其の結果一人
長
委
庶務委員
本月より新に本祭ぶ入会せられたる水康科生十九名之飲迎会越食堂
水産科新入企同生歓迎会
菜越饗したる後散会終ぶ十待五十分也
君
悶
かためならずや
して所詔天下の士か天下の士たる一所以のものは一広刻心を把持する
服役す一向して服役するもの始め市南部批天地神人伝対し得可きなり而
ら何故片山義務心爪服役すべきヤを知らず然れども人は此の義務心片山
之れ森厳崇高なる義務心は即ち天地神人保対する宗教心なり人は自
のとセす白からが支の木立爪なって強ひ日光の下が森の涼月ぶ浴し
人間の大なる生命であるか然し尚一歩を進めて之等を単片山外界のも
き程の美しさと詩情とを感ずる天然爪対し而得る目凡必然寸の快感ハヤ札口等
黄金の時保紅ふ染みたる紅葉の散しくを見れば我々は実ぶ日ひかた
見ユる之忽対し一間吾々は強ひ力ある光沢の濃淡広臼止を喜ばせる秋の
突爪於て自然爪対し而箕の快楽を亨け深ひ生命を呼吸する伝は必ず
深ひであらうか斯様の空想ハ坐致の中でも尽ふのみならず我等がす宇
秋の家原となって存分伝綿の様伝降られたならば其の快楽はどれ絞
英語に而一以ふボiイと北海道の方一一一口プンコとを比較し一問所諮ボiイ
自分白からを天然広同化し市否れ白からの内爪自然自身の生命を感
予科二年級生徒
とアンコとは同義を意味す而し而北米ぶ市川自活する能はずし布役々
じ自然の中広十五日れ良からを措ひて共の活一万忽合体するまで行かねは
入江一郎君
とし而人の日間使する所となるものをヶミと云ふ然らば余京一向ハ
ならぬ
アンコ一論
父臼んの腔をかぢりなれば同しくアンコたるな免れず
第二席
然る伝アンコたる可き一岡山か既片山田 T熟 し 而 ア ン コ た る 本 分 を 尽 さ ざ
出向限以上の宮で我々か自然伝援し間居る
一
第一一一席
自然の活殺
一
昨
且
野
米関繁次郎宕
予科一年生徒
和を得たるものなり諸君真正の勉強学となるを勉めよと
第四席
稿と余侭関係、深かりしは間苦しかりき、
第十丸席
口問格論
間ぶ至然ぶ起るは穏氏なりと次で植民政策ぶ及ベり
第六席
丸山君
本日の演題ハ愚感と抱けしも植民政策なりと膨脹的佐賀を有する人
原回一一一夫君
々の精神忽存しておる:::と治々数千言惜しむらくは練習を火き原
自己汁小川絡め尽したと一以ふてもよろしい共の自然を、活殺する妙機ハ我
るは一去はれなしと北米英他独逸学生を引用し・::立つアンコ時代の
道徳の課条を挙け一間之か説明を
北の魂を放し雨天然か我々な摂し絡めたと云ふてもよければ五日々が
研学
修養とし隠
体育
局3
下し他自社会片山山山する準備を尽す可しと論じ而段、を下る、
第
真正の勉強学と運動学とを比較し真正の勉強学ハ勉強と運動との調
雑
感
夏の森rm唱者ひ鮮カな光か被って其の樹陰忽は淡かな蔭か涼しそうぶ
主
l
思i
感
同
A
守
ラ
号
戸J
間
協議社記録
749
7ラ
。
らず
口問格ハ口問般の流露したるものなり故忽口問格は養ふ可くし間作る可か
我には自己的自我と国家的自我とあり然れども私人は国家に合ずる
を要する事極めて少に而して僚は一波及び熱血を意味?と説き転して
先づ自己の存在より説き起し自己の向上発展ハ情なによる事多く智
が放に私人の理想は又悶家の理想に会すとなし次に一は名誉を得ん
J
口問格は自丞 役立味す
明治文明の欠点ハ口問格ある紳士の乏しき事がありこの欠点ハ現代の
が為めに一は五日人なして今日の地位あらしめたる父母朋友の扶般の
に報ひんが為めに発奮勉励せざるべからずと云ひ再転して物質的
悶
w
u
みならず将忽米らんとする青年図ぶ其の欠点生するはなげかわしか
らずや
日本が偉大なる発展をなせるを立し森氏本は張に物質問介に於てのみ
︺︹??︺
ハ智育係一遍し而徳育の欠乏片山あり而し市東京各学校
現代の教育
ならず精神界に於ても亦泣界に誇るに足るベぎものありとし現今欲
︹ママ︺
ハ此の渦中保存し居る爪独り札幌淡科大学ハ現代の幣風たる智背教
米人が東洋思想の研究に興味を有する所以より論及して我国国有の
︹ママ︺
育係一巡セず口間性教育片山笠宮置き来日人之を慕ふて来たる共々口問性を臨
大友正一君
教のみによりて得たるものに比して優る事明白なりと断じ位
に蒸叔 U
神教と並に問教仏教とを消化して得たる寄居の精神界ハ欧米人が単
語学論
冶し品格の完成片山勉めん哉と
第七席
界の平和は奇人の一挙一動によりて定まると倣語し要するに否人は
守谷勝三郎君
高等学校卒業者の語学力減退の救済策とし商各高等学校語学教授主
PZH]
恋人及悶家の向上発践を計らんが為めに尊心人格の修養と口問伎の陶
ヘ戸︿2-L
ぢ向。君ニrc耳切仲立
任の決議の閉ケ条を評論し兆の知能を責め決し而現代の学生殊汁小五悶
1
人H
Adepn
大学子科二年
て暴力により専を決せんとするが如きを止め貨しく堂々の手段、を以
対する世人の同情を議々減却するもの感情に走つ
念によりて徒に労働者を煽動して暴動せしむるの不法を攻綾し斯の
L
Z
Y ⋮一行汀
冶とに務めざるべからずと結論せり
大学予科一年
る
一
村
山
山
人ハ語学の減退なしと論じ終り伝新入生庁小対し独逸諮の研究の方法
を述べて設を下る
前川徳次郎君
会弁士及演舌大意友之如し
明治四十年十一月二十三日午後六時間同
次で委員の希望合生の建議を終へ汁粉か満腹し新聞のい-m討を済し市
閉会々しは十時半
自己の発展
第三十次例会
第一席
一と云ふ学に就いて
て主義の貫徹に務めよと努告す
席
庄司直七君
大学予科一年
之の愛する故郷に対する交務を附一会 d t
ふるべからず夫わが為めには敢
岩崎四郎作君
大学予科二年
て驚天動地の事業たるを要せざるも郷関をして後世迄伝へしむる事
意士山の修裳
を得る業たれば可なりと論ぜり
第六席
氏は此を二段に
門??︺
必要なる所以を述べんとて否人
文字なりとし或は不可思議の文字なりとし最後に宇宙に説及ぼし催
学生が教員の叫車内恕如何によりて自己の志望尚子科を選訳せんとするが
如き又自ら為す能はずして後らに他人の成功を羨むが如きは自己の
意士山簿弱なる惑を示すと説き強固なるな士山と健全なる健康と問阿部な
大学子科一年
日本の立国基礎な農水とするか或は商本又は工本にするかは烹大な
る注意とを有するにあらざれば否人の呂的を達する能はずとて或は
坂井新聞口郎君
る問題にして学者間の意見一致ぜず或は人口の増加より或は米国
方程式を作り之を説き或は不成功なりし人々の例を挙げて之を論じ
闘民本主義論
﹁パナマ﹂運河の開通と共に我国が世界の商工の焦点となるの説よ
︺
而して意忘は健康と注怠と相平均して発達ぜざるは不可なりとし次
(77
大学予科一一一年
り海工本主義な説くものあり然れども後人は斯の如き皮想的の論に
一一一僚友良君
に窓志修養法に論及し熱心に講義的口識を以て説明せり
する所以のものは彼が尚一一、業の最も盛なるが故なりとし我国の農業制
寄人のふ f諭 せ ん と す る 冷 静 は 俗 解 の 所 前 の 冷 淡 の 怠 に あ ら ず し て 熱
大学予科一年
度の幼稚なるを欽じ数百年の未米はいざ知ら、す現今に於て最も必要
角m
出源蔵君
念にかられて、氷一住の怠なきが為めに排斥せらる Lなりと述べ吾人は
取っては慕はしき所なり彼の米関にある移民労働者が郷里な思ふの
故郷を岡山ふは人情なり大水害地として惨状な極めたる山梨県も余に
信じ座禅念行ふも要するに心の冷絡沈着ならん官引を求むるが為めに
にして熱誠を有し冷績は外部より得べきものなりとて五日人が宗教を
生ずるものなりと説き人間は感情的動物なり却ち人聞は生れながら
なり宇宙のカなり然れども人道は然らば人間生れて設に人道初めて
天道とに相当し人道は冷絡にして主人道は熱狂なり隠して天道は自然
狂に対照するものなりとの前提より説き起し冷静と熱狂とは人道と
第五席
なるは樹氏不主義なりと結ぶ
第七府
与みする能はずとて今日米国が硲工其他に於て転々として進歩発展
第四席
眠術を論じて降澄
らず然れども此文字も中々ニ趣味ありとて或は奇人に宮叫己一54 ノ
一なる誌は極めて簡単朔売にして文間にて白川の疑義かえるべきにあ
第
如何なる英雄日鉄傑も故郷をげがはざるものなし得怠の時も失意の持も
故
郷
凶
~~~i~:f土記録
7うZ
7う2
m泌ならしめ奇人をして真の英
外ならずと述べ冷静は否人の顕脳をm
か Lる南満州の人口は一方哩に五十三人なりとす、鉄道は入学形を
なり現今日本の勢力範間は台湾に比較して八倍学なり日本の経営に
︹ママ︺
雄一致傑たらしむとて例証を挙げて之を論じ竜おに禅学の過怠法な説
なし之れに符属する地は比較的大にして自由なり、満州内部の模様
︹ママ︺
る立ハの他旅頗誌の他の古戦場を忍び諸々に於て歓迎さる支那人の風
は励まざるべからず椴民政略を有力ならしめざるべからずと述べら
︹??︺
き老子荘子のぎを引きて熱誠を極めて論破したるは其演題が冷静な
第十七号室
を視るに木邦人は愛郷心つよきが為か植民を望まぬらし、然し五日人
︹ママ︺
第一号室
るに対して好士口の対照なり
幹事
明治四十年十二月二十日
俗は少しく野双なり、ん術者を折鐙する等、役所等の官吏など不当の
第参十夜次例会
午後六時開会す鐙鈴によりて集まる佐藤委員長の閉会の辞に続いて
予科一一一年生
ものあり要するに支那人を制御して活動発展すべき袋沃地は満州な
三原友良君
︹ママ︺
殺には空々漠々として一定の主義なきものあり、吾人にして学校の
余が人生観
各委員の報告あり終りて緋土の演説あり当夜は橋十中学生監の御出席
大学二年生
り、活動すべき範閥又大なればなり
坂本太次郊君
あり、演説終了後役員の改選をなす、
出席耕土の演説概要左の如し、
満韓旅行談
学科にのみ汲々として他に何等の余有もなく原より何故に自己が生
︺
満州の位置
77
れたるかをすら研究せざるときには余は信ず其の人たるや一会も価値
︹
等は地理に於てで品目人の知るところなり、満州の歴史も余り古きもの
なく人なるな、余の人生観と称するものは他ならず即ち一定の主義
予科一年生
にはあらず露関が侵略的態度を取りて南下し来りたるは世人の知る
援野佑之君
を心に持て(原より何故に生れたるかは考へざれ)所信を以て之れ
第
一
一
⋮
席
得意の排で面白く述べらる、
委員代理
中学時代に冬期休暇を利用して子葉県安旅行したる現談、凡て兄の
旅行の思ひ出
ところなり去れど今より一一一百年前には外人の足跡を見ず笠教師にし
して各悶より租借されたる等の不便を惹起し
税借地は支那の自由にならず当然日本の植民地として見るべきもの
活れり
たるは至って近年とす今や今荘、泰天、立ハの他貿易地は問問かれたり
に勇猛議逃して遂行するにありと述ぶ
第一席
~~
て松花江のほとりに受りしものありと開けど学者の注目するに受り
面積(一⋮一十六万一一一千六百万方哩)
j
古
第一一一十二次例会
第二席
小野勇五郎君
来ります、
明治四十一年は廻り来りまして、四十年を願ば万感憤 bd
学制に大なる改革に新らしき希望満ち、師走に受りて多くの人々は
瑛去の年たちかえりて、うれしき松の内も終らんとする今日、明治
四拾一年
心配する、しかるに学生は貌より学授をもらって心配なしにをる、
月七日、午後六時ょっ第一一一十二次例会合}開く、例により
開会の辞ありて直ちに左/演舌にうつる
遊び大に楽しそうであり、寄宿舎には、歌留多、トランプ等で之れ
しかして一豆正刃となれば、町の賑ひ一変して、子供の凧、羽子板
亦大ヰに無心に遊びに夢中になって、ポーとして居る中にも一の感
市川一浮一君
年ノ過去に於て我日本国は大いに進歩発達し問
あり、これ、将来をかんがえる事であります次ぎに新なる事ををかさ
第一席
成は大いに発燥したるトキに外交の点にては如何幸ひ大和 一魂あり武
んとする思ひであると役人はかんがえる、学生にては如何、家震な
現時日露役後増税に増税をかさねて国民/負担多きは、此の武装平
而て各国は口に乎和を唱えど内心に野心あり、之れ武装平和にして
社会は大いに諾震のカを待って居るのであります、放に大いに科学
金城山内存するごとく大なる多くの卒業尚存ずるのであります、故に
いと考えるか、之大いに奥った事で誤である、見ょ、山には多くの
︹ママ︺
士滋尚存し、外戸際を蒙らさりしかど、今や、各地の排日事件及び務(
るために、勉強を慾せず、たど名誉のために卒業証設をもらえはよ
諸君ょ、明治四十
被論をとれり、否人青年は武士道を以て宜敷之に対せざるべから
和に対する為なり、青年たる一日も妄りに休むべからず、国家の為
を研究して之に応しねばなりま佼ん、
諸君、努力セよ、米国は大艦隊を東洋に派セんとす、米にはヒツリノ
ずとも、戦わねばなりません、戦勝は悶民の努力による、進め青年
ほとんどテンプラを以て積って居ります、斯の羽露役、学童問題等
でしょう、しかしてこ Lに今我輩のテンプラを論ぜん今日の事は皆
諸君ょ、テンプラとは何、そ、あの味ひょき日アンプラを、かんかえる
滝沢栄悠君
ツピンに兵備を厳するであらう列国皆然り、日本の勢力により東洋
之れ二国間同の一アンプ一フに過ぎないと信じます、十ル夫の藤村換はテン
第三席
ノ平和を保ち得るのであります、国家の中堅たる青年努力せよ、際
プラ婦人のために滝下の泡ときえきりました、すべて、世の話駄的
︹ママ︺
感の機を見て進取せられん事止を袈む、
市して列国は環視し機を見て、侵略せんとす、我国民は好戦的なら
メに尽セよ、
F
r
い
四
~~識社記録
753
754
凡吾人は人生ノ最後に結表すべき所を推則セネばならない、恰も旅
︹??︺
行為之レ一穫の一アンプラであります、諸君ょ、此二種の一アンプラを
の苦痛は最後に得るものによりて償なはれネばなりません、之れ幸
人が希望を以て万難所}排して旅するが如きであります、ざれば現在
一一一例英雄君
よく見分けて誤なからん事を希望致します
Am仁ぱ山川
4
匂 311-h3
福によりて苦痛を償ふのであります、この幸福な得んために苦痛を
ι
討
叶
人間の此ノ世に生れ出でたるは、
忍ふのであります、全動物は之れニ渇てをるのであります、放に率
一小舟が大海に乗り出しし鋭があ
ります、小舟止を操つるには縫針盤を周ひねばならん、この羅針援こ
福には奇人は満駒山熱情を以て之を期待するのであります、幸福を肉
立ったも之がため人々に大幸福なあたえんが為であります、市して
八ママ︺
そ、人の心て最も感じやすき物であります、して羅針燦は常に一定
ります告子の、不得於合同勿求於心、不得於心勿求於気、十少、如何な
彼等は人生目的は自我実現にアリと一五ふはたど一つのガ使にすぎな
︺
体的と精神的に没人は分けてをる、して、現在の一小幸福に日
る長人にも負け機ひなる北宮附酬の如きは一殺の不動心をもって辰た
いと信じます、農夫の労働は収穫を得ため、政治の大目的は国民の
7
の方行をさす、人格ノ修養として範闘を作るべきもは此白紙針接的不
かぐらみて米来の大幸福を捨てる者もあるこれ、宏の山に入りて宝
のです、亦、孟子の義気、と知ニ一一口である、亦ストア学派、ノ如き、ェ
設大数の故大幸福を得んとする目的であります、法律道徳山竹此の辺
﹁7
動心であります、比れにつひて二一一一の古の例を上げて見ましょう、
を得ず、宝な陸芥の如くに砕くに同じのです、釈迦はたキジストが
ピクテタスの尽人事待天命、ユピコロスノ寂滋心、人は肉とパンと
より起り、全て、人間の得とするものは幸信あるから日常の吾人の
︹ママ︺
水とにてたれり、とのす引は出口不動心の例であります、弘法大師の奇
動作は之を得として起る故に現夜の真の督摘はこれによりて償ハれ
7
方人の一 一口に、行きなり方題一一して決して関係するなと云ふことがあ
あれば死なし死あれば寄なし仰、そをそれん、王陽明の致良知、存天
るのであります、
清水清太郎君
理土山人欲、孔子の不慾死、して、真理は万事に当りて突を失わず、
第六席
混同人大和民族は今後如何に発展すべきか、今や我ら帝国は武力、智
総合すれば、逆制約、血気的、快楽的合理的不動心となる、して否
は何れなとりてよきかと云えば合理的不動心にであって諸君等な之
何の為か、五日人が幸福を得るためなり、然るに人口の増加、文明に
カに於て発展したり、文明になりました、然れども文明なるものは
麓俊二君
れを以て世に処せられん専を希望エ致します、
第五席
関l
j
)
X
干
上
記
録 四
75う
ざるを思ふ、宜数我が国民たるもの海外に発展すべし、南北米に移
趣くにしたがって幸福は減少するなり、これによりて文明の幸なら
一程ならずや生物の死後は生活力ハ宙中のエネルギーに一致するの
てをこり、生物の生活力は永久不死にして、生活力ハ且ネルギ l ノ
生物は細胞よりなり、原形質を含んて形成され生活力は之れにより
︹7 7 ︺ ︹ マ マ ︺
住セり然るに北米に排日運動をこれり、これ、当然の事なり、南米ムワ
であります、
は午后十時過ぐる頃
一一ニを発表する一閃して、高尚なるな止を含め
、
一
マ
第一一一十一一一次例会記事
品向島ι
111f
今い1
第二、十八号室
へ山内慾次記)
演舌終ってコ一四建議あり、茶菓宏一同に供し余興等ありて役会す時
る俗歌な募集する
国中義向山静伺
我を歓迎すと一ヤ一口へども幾年かの後に、亦排日行為をなす事現なり、
南北米は奇人の発展地にあらず、五日人はより/¥よく非文明の地に
{??]
小熊持君
発展セよ、満洲に白日一数く発展すべし、これ、かために、よろしく非文
問問の一⋮一一日記誌をも研究せられん事を望みます
第七席
L
互ひにポ一ア
ネルギ l不滅、生物進化ノ一一一説であります、して、自然
第十九世紀より科学の発達大いに進歩し中に白然力の一一一大真理、ー
物資不滅、
の異性向じ様で大いに呉ったる、
春も漸く更けて、東部に、あらば梅の花も名残止な柏に留むべきに、
物にをける一
ンシヤリチ l の差あり、それ、電気、磁気にをけるか如く、生物の
北海の地宍に埋れて、白雪白々たる荒原に、ひたすら心を都の空に
片山君
雌雄の問問にもポ一アンシヤリテイの差、かあるべし、しかし何故に両極
光陰恰むべき乎
馳せしめ居たりし折に第一一一十一一一次例会は閃かれき、
第一席
の性が必要なるか、これ不可思議であるかしかし、或る一種の量ノ
︹ママ︺
一向性に存夜せる反作用、引力に関白いもので、両伎の有する誌の差
光陰は誠に陪旧むべき者である?春米りて花咲き蝶桁り、亙米りて、
︹ママ︺
ペママ︺
よりて生する仕事、郎ポテンシヤリテイにより任事がある、男女性
︺
山は緑に野は錦に化し、秋本本りて葉は給を辞し冬来りて六花を見
7
の接近すれば互に一穫のものがをこる、之れ任事である比の差なく
る、逝く人はあれど月は常に同しぐ竹堂春殿の礎念青づれ、年三政
﹁7
して一つの活動力なし、生物の活動力も必ず何等かの差ある可し
々花は野安}州出るは如何にあらん?救に於雨我人は柳か、
﹁??︺
して
して、人類ノ百般に起る生存上の百般ノ事件は、年齢差、知識の茶、
一生を平々凡々に徒に暮す人を憐むのである、勉強家が徒に学績に
︹??︺
財産の産体質の差、感情の差、によりてをこるのである
7ぅ6
れど吾人は宜数く徒に勉学するなかれ、かの八十にして手習をなし
対せんとする情は心に悩む処なり、光陰誠に惜しむ可きである、け
誇らん為に発憤し、この無窮の時聞を知らすして有限を以て無限に
ときに人に話した諺がある、九人には、甘い物止を食はせて運動させ
ん、学出合誇りたがるのは大の間遠である勝海州が或人に問はれた
せずおでなければ、ならず、人が勉強したって人に関しては如何
と不愉快な事がある、設︿れを恨むと不愉快である、即人間は吾れ関
︹ママ︺
たる古人の如くに、特に関せず、憾然として牛の道なたどる市引を心
るのが健康術の尤もよき者である、中流者流には精神的も入れべき
ず、然らば奇人の如に於ては惑い狂ふも勿論ではある、要するに健
である、云々と、孔子日はく一一一十にして心を立て四十にして感は
tA
や、島の玉となりて暴威を謹ふす
十万野君
に銘じて務めよかし
︹ママ︺
第二席流球余談
︹ママ︺
原為朝が伊豆に流刑に的地せらる
康の第一要点は心止を静かにして、物に動せず、徳川流に、牛の歩の
﹁ママい﹁ママ︺
取l
野君
るを恐れ朝庭よりてね予を差向けられて為靭遂に伊豆を発す、数日
カルホルニヤに於ける排日開惑の英松
よし、遅くともでやるのが僕の所前健康術である。
︹??︺︹??︺
第四席
汁に望限りなき海洋に深ふ事数旬にして一孤島に到る、島は附則流球に
Lて上陸せし処は即今の遂天滋なり彼れ途上に婦人を見て慕恋をく
∞
hHHMm
,円山口内山切口
趣味と罪悪
き者であると存ず、
第五席
僕は趣味を二分して、物質的趣味と設的郎精神的趣味に分つのであ
森君
流一世間に過ぎない、故に五日人は笠敷大和人民を率いて彼の地に進むべ
日本人に供すべき土地なき事等にして、執れも此等は棄も根もなき
︹ママ︺
った時に、近き市に災をさけたが共の当時
能はず、郎妥として遂に子二人を挙ぐ、後遂に為朝流球を去らんと
日本人が大分に其の中山を借りたるが抑々に排日問題の原因であると
E
cに
欲して出帆す、妻子待つ事久しかりしか遂に紛らず或は臼ふ彼れ海
思ふ、宿して彼等の日本人を排析する口実は第二日本人は米国人
︹ママ︺
上に死せりと、一会予は後に穴に役して日出たりしか子勇仰にして十五
に向化しなき率、第二、労働問題、第一一一、日本人は永住の日込なき
︹ママ︺
歳のときに時の城主を降ぜりと。又人種に於ては墳の浦にて破れ
者、第四日間格無し、第五、教育に欠ける率、第六宗教の兵問、第七
野田沼
︹ママ︺︹マ
たる平家の子孫多き也、又ベルリが嘉永四年浦河に来たりし時に
健康術
球に至りたるとなん彼の土の老人は話すめり。
第
一
一
一
席
兎角浮世はま与である別がない、誰れかこんな事を⋮マ一口ふた事がある、
E
・--なんて、誠に閉山へば箇白いが、苦にせば不健康
三千世界の い
ιを ・
川
の原由になるのだ人情は浅ましき者だ、その中にあっては、考へぬ
開設,:t士記録 間
757
の名句の如く如何に荒浪が立援も精神的の趣味は絶たれずに緑の糸
には欠乏を来す者はない而してそれは、花咲かず、静かなる榔哉そ
る、荷して物質的の趣味には限りがあると思ふこれに反して精神的
幸福にして謹んで歓迎ゆ上ぐ。
申すまでもなし斯くの如き先生を我が寄宿舎に迎へ得たるは努等の
り立又先生は文学上の趣味をもたる L方ニして其の造詣の深き事は
この趣味によりて生活して跨るなど誠に然、心にたへぬ次第である、
如くに、散れば蒸れぎりになるのである、然るに下等社会の人々は
守口へり和歌は遂ニ欧米人の研究する所となれりロイド博士は御製な
くなりしかと原因を研究しつ Lありかくて或者者武士道が原因すと
にひいムき茶の一進一退は佐界の限をひく、去れば欧米人は何故ニか
今や臼本は大平洋の大荒波の上ニ在りて基礎は動かず其光栄は世界
山内君
而して彼等はこれを目的に活動せる故にこの趣味が或る動機の発作
訳してニューヨークのインデベン アンドに発表したり今御製を拝す
︹ママ︺
第二席御制棋を拝して諸兄ニ告グ
によりて皿作惑を造るのである、これ等を矯正するのは正に奇人の務
るに其の中ニ千万無量一の意あり或は人の人たる行につきて歌ひ或は
を議して跨るが物質的のは然らず盛装セる婦人の如くに、或は花の
めであると信ずる次第である
父母の心を帯一口ひて多大の教訴をたれ玉へり又日露戦争中は日ニ帝国
J
歪りて閉会す。
演説終りて大会あり次で賂問題等ありて綴る雑沓な極む十一時頃に
去れば我等も日々につとめて段々に何か或者を得可きなり更ニ支た
の事務多忙の持に当りて猪歌道の御勉学を止めさぜ給ふ中ゃなかりき
一一一月廿八日午后六時より関議社第一一一十四次例会合開く、幹事者四号
御製につきて従順と勇猛、堅忍不抜を説き失敗は白は慢の時代一一多き
第一一一十四次例会記事
申告吋二十口ヱ明記なり、本夜の会は新たに寄治会掛りとなられたる有島
鈴木君
をす口ひ世の邪惑をはなれて理想の境ニ入る可きを一宇一口ひぬ
人生と旅行
静かなる田舎の生活は旅行一一似たり智情意の一一一要素の結合は自我な
第二席
先生の歓迎を兼ぬ、
演舌概要
問中委員長
り入者社会を作る自我の存在は独立を怠味す個体者社会の一部一一し
第一席
有島先生が今回新たに寄宿舎一一御這入りになりて我等の為めに訓誠
て理想を持つ、卑近二百はいふ職業はこの理想を遂くる手段なり本分
tA
は真の道路ニして由民我一一陥らばあせり日却し、アダム、エブ時代より数
は我等の実に感謝する所にして先生は実に我等合生
の径をとらる
の為めに奮発向上の刺激となり又我等のために羅針擦とならる Lな
7
58
急かず返れず人生の大行路左了らん事な切ニ希望す。
歴史あり波山側必るなり、ん 7や我山山寸青年は万塁の波中ニ出発せんとす
の言ニ人生の旅一一者易と難とありと一⋮一一口へり而して天才一段必ニ依りて
Hけ
っ Lありまた続けんとしつ Lあ り 家 康
千万の入者この旅行をつ ふ
あ大決心でこ Lに来る事になった故どうか諸君の御ちかづきになっ
と ど う し て も 欠 点 を 出 す 教 室 ニ 居 る 中 者 よ い が こ L では港らぬがま
たくなかった理由は始の食事が非常一一まづいと一一一一口ふ事とこ与に跨る
るからで別段行状をかんとくするなんて大変なコトでないので又来
ては異人殺は人類以下の待遇を受け或は猛獣と間ひ或は売質せられ
共こは人類は白人のみと一一一口ふ迷恕より来れるなりロ!?時代一一あり
建築は仲々立派で寄柏会などは非常一一美麗で却って教室の方がきた
附子と服を撃へてもらって汽率でどうかこうか学校一一ついた学校の
粋の粋ばかり集めて居るのです、新渡戸先生の奥サンの兄サンから
ニなりまし
いてさフデルフヒヤニ着きハ lバ iフオールド、カレツヂ一一行く事
扱本題ニ一一一混入り玄すが私は米関一一渡ってから諸先活の志田凡などをき
て侭か郎白い研究でもやりませう、
たりされ共東洋人穏は必ずしも商社什人種の奴隷に非ず一千九百年一一
近代の外交上一一於て日本合苦しめたるはカイザルの
るなり今や治
なかった到着した受日はケ 1 ンラッシュがあったこれ者新入生いぢ
谷村案
2rr ニ な れ り こ れ 実 ニ 亡
しき∞5
めの手初めで先づ
辰丸者何宮教ふる乎
留の欠点一一して大国民一一あらざる所なり今回の辰丸事件の如きは即
ω
D}
505(二年生﹀といきなり取り組み合ひか)初めるこの取級
℃5
第一一⋮席
rE立 ゅ の 結 果 な り 布 し て 之 ニ 加 ふ る に 誤 解 あ り 誤 解 者 最 も 人
ちm
2rMHME が段后まで杖を取られず一一もって居れば其表者
ム口ひで P
間一山滝江一一流せ
言。
一負かさ
して其間ニしてあるやがててドの 2一一からむくむくしたものが出て来
れて仕舞ふ、共晩寄宿舎で歓迎会があった災の持者凡ての俊火を消
CHH
H15758 ︿新入生﹀、が太い絡をもって出てきて
百四五十名計りで至って少ないが
を誤らせ易く、クリストも之が為め一一十字架ニか Lれ り 支 那 者 辰 丸
国者国勢非常一二哀へ
のもつ可きものにあらず近代
︹ママ︺
を誤解せ
一年間杖を持つ総利をトナへられるけれ共大抵Fち
んコトを望む、
の東洋史者頑迷の非なる事を我等に諮るに非、すや我等者我悶の誤解
頑迷をの
有島先生
ると廊下をパケツとホ!キとを以って追ひかけるこちらに逃げると
米留学生の生活
いつもよりも活気があってうっかりした本が一一日へないこ与に来た理
又向ふから追ひかける、床一一はシャボンがぬりつけであってツルツ
第四席
出向は家がなくなったのと諮殺と⋮所ニ居る方が旬。宅口胃GF ニな
m様一一四五十分計り追ひ廻してから湯一一入れてホールニ
ルすベる、 k
γロヶλ 一一一年生)が居て︺551か裁判官や芯
かれた学生ニ波すのであるこのスプーンをもらった人が最も吉宮
はせたいが為めなのである、又入学の初め]ロロ立が明話会55
一
一
一ツのスプーンを渡すこれは四年間在学中ニ最も敬服せられ一番好
記一一なって居るこ L にFZ58 はシホシホと一人一人呼ひ出され
つれて行く、ホール一一は
て宣誓式なやる其れから各自穏々の芸当をやらせられる側で一一一人の
一体一一運動がすきである学校一一這入るのは勉強しに米たのか運動し
一三な人なのでこの人が卒業の際級の代表者ニなる、
でとても蹴る事ができぬ、こうゆう風一二週間程
5
2 が来て寝床をはぐこれが一一一四度やって来るの
時間以ニなると]
てバウンドさせる、こんな本をして十時頃散会する其娩の二時か三
どうかなどな見るやがて次一一者毛布六七枚一一包んで天井へ投けつけ
づ L全 州 か ら 集 っ て 来 る 其 れ か ら 又 F2弓ロ日々と一一一口ふ事があるこ
三5rrgユ を 悉 し て や る ん て 時 間 の 経 済 と エ ナ lジ iの集中と一
口
一
ふ率一一骨な折って居る学生の毘給力者非常一一強い卒業一后も毎年一回
る、彼等は運動する持者盛ん一一やるが勉強するトキもまた盛んで
に来たのか分らない位である運動家者何れも血色好く元気二九て賠
米国の学生は
書記者評点をつける難題をかけて者各の頓智があるかないか大胆か
口出口との争が続いた揚句一巡問自ニグリスチアン、アツソシヱ l シ
れは学生がごく気の合った人で非常一一親しい人があった時一二年以
7
ヨγ、ホ 1 ル で 立 派 な 御 馳 走 を さ れ て 双 方 共 漸 く 和 睦 し て 仲 よ く な
上も互ニ凡ての試験をしてこれなら大丈夫と自分で見込がついた時
γヨ 告 と FZ7
る、毎巡木終日ニ B 2片山口聞があって一一河集って説教をきく、この帰り
を追ひ閉す、秋になると︺
52 がベ件。 ι22 をやって明日mygロを
を持って居ると其れを胸一一かけて分校なる女学校ニ連れて行き校内
ベるやがてズボンツリ、靴下までも一調べられる渋沢のや悲美なもの
の親密を保つ十字である他人の権利を認識して殺しむ青年等が斯く集
522口問一一あるのだ即ち相互一一信頼し相互の権利を尊重して家族的
終ニ於て寄宿舎生活の精神空⋮⋮一口ひたい寄宿舎の下宿屋と遼ふ点者其
れるので共約束の内容などは 58診勾以外の人一一はわからぬ。
一一一二四人でごく秘密ニ堅い契約を結ぶこの間現者生涯を通じて行は
呼ぶ而して菓子な御総走する ?gygg は御礼一一躍をやらせられる、
白い生活者他ニないこれが又生涯中の美はしい回想の⋮ツとなる。
合して一ツの屋根の下一一伎ふと知一口ふのは実一一面白い事で又こんな間
から突き落すまあザツトこんなへ Iヂンクをやる、このへ 1ヂング
世の中ニ出ると皮ばかり被って跨る生活を為さねばならないが青年
γ自 白 が 横
者口ハ無意味ニ新入生をいぢめるのではない皆其校の精神校風ニなら
冬の初当の時ニは円勺門口印rggは橋を渡らせられる共れを
道こ5百 が 陣 取 っ て 居 てF2rgg の、ネックタイ、を一人一人調
開議社記録 四
7う9
E
︹ママ︺
の時代目一この天英樹没な美徳を養ふて置けば一生 2 2ケな H2c2・
一
一
撲をなす、
平野君
新任委員左の如し、
納富君
早川君
浦上君
原田者
︽当番幹事丸山生一一誌)
米田君
非常の喝采一一て了り次で寮歌の発表同合唱等あり茶菓山山て委員の改
次て余輿なる五分間演舌あり各柿紳士各都牡妙の舌安振ひ演舌者何れも
c
s を味一ふ事が出米て愉快ニかつ有益三恭す事が出来る、
760
Fly UP