...

介護保険福祉用具購入費受領委任払について

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

介護保険福祉用具購入費受領委任払について
介護保険福祉用具購入費受領委任払について
1 主旨
福祉用具購入費の給付費の支払いについて、
現行の「償還払い」の方法に加えて、「受領委任払い」の方法を取り入れる。
2 「受領委任払い」とは
福祉用具購入費
保険対象
保険給付分
(9割 <8割> )
自己負担分
(1割 <2割> )
利用限度額超過分
被保険者負担分
「償還払い」・・・
① 利用者は、福祉用具販売者へ「福祉用具購入費」支払い
② 利用者は、市から「保険給付分」を受領
「受領委任払い」・・・
① 利用者は、福祉用具販売者へ「被保険者負担分」支払い
② 福祉用具販売者は、市から「保険給付分」を受領
3 施行日
平成26年 1月 1日
4 「受領委任払い」を利用するには
この制度利用には、登録が必要。
1) 登録要件
① 山口県の指定を受けた福祉用具販売事業所であること
② 市税または町税の滞納がないこと
2) 登録申請
① 登録申請書を市へ提出
② 要件に適合した事業者を登録
作成した登録簿は、ウェブページ、各ケアマネジャー、窓口にて公開
3) 登録有効期間
2年間
5 手続きの流れ
別紙参照
6 その他
「周南市介護保険福祉用具購入費受領委任払に関する要綱」
<登録申請について>
<登録申請について>
1 登録事業所
・ 対象は、山口県の指定を受けた福祉用具販売事業所ごと
・ 市税または町税の滞納がないこと
×
本所A
山口県
事業所A-1
事業所A-2
本所B
事業所B-1
×
事業所B-2
2 提出書類
1) 福祉用具購入費受領委任払取扱事業者登録申請書
留意点1 「事業者名称」は、山口県に届け出ている福祉用具販売事業所の名称を記載のこと
2) 以下添付書類
① 確約書
(提出は、両面コピーしたもの)
留意点1 第7号について、登録取り消し期間中は、受領委任払いはできない。
2 第9号については、誠意をもって対処すること。
3 第13号について、「受領委任払完結の日」とは市の支払日のこと。
② 市税または町税の滞納のないことのわかるもの(周南市の場合)
年度→ 登録年度の前2年度分の証明が必要 (今回は平成25・26年度)
様式→ 1 「滞納の無いことの証明書」
2 「納税証明書」
発行→ 周南市課税課市民税担当 (0834-22-8271) 1件あたり200円
3 提出
平成27年11月末までに高齢者支援課介護給付・保険料担当へ提出すること
(郵送の場合→末日消印まで有効)
4 登録の日程
第2期受付 (H28~H29)
募集期間
平成27年11月 1日
・申請書提出
平成27年11月末日
平成27年12月 1日
・審査、登録通知
平成27年12月末日
平成28年 1月 1日
登録有効初日
平成29年12月末日
登録失効日
<その他>
<その他>
1 福祉用具の購入申請届添付書類について
1) 領収額
・利用者への領収額は次に留意すること
福祉用具
購入費=
保険対象
福祉用具購入費
保険対象
保険給付分
福祉用具販売事業者
受領分A
保険対象
被保険者負担分B
領収額
12万円
10万円
10万円×90%<80%>
10万円×10%<20%>
B + (12-10万円)
8万円
8万円
8万円×90%<80%>
8万円×10%<20%>
B
※< >内の数値は被保険者負担2割の場合
2) 福祉用具購入費内訳書
①全額分の内容を記載すること
②内訳書の最後に、次を表記すること
「福祉用具購入費(□円) = 被保険者負担額(◇円) + 保険給付額(■円)」
・年度内に既に上記■円保険給付している場合
「福祉用具購入費(◎円) = 被保険者負担額(●+■円) + 保険給付額(○+■円)」
2 負担割合の確認方法について
領収日時点での負担割合を適用するため、受領時に負担割合証の確認を行うこと
手続きの流れ
1 福祉用具購入の協議
被保険者
ケアマネジャー
利用者とケアマネジャーの協議
1 利用者の資格確認
2 福祉用具の選択
3 購入先決定(一覧参照)
※福祉用具販売事業者は、被保険者が決定
2 福祉用具の決定・発注
被保険者
ケアマネジャー
販売事業者
「福祉用具専門相談員」との協議・決定・発注
※
は、販売事業者へ
、
払いでは
払い
払い
には、
の
の場合、
被保険者の
が
支
へ
で
3 福祉用具発送(負担割合証の確認を行うこと)
福祉用具発送
被保険者負担分支払
販売事業者
被保険者
領収書発行
内訳書・福祉用具パンフ送付
ケアマネジャー
4 申請
被保険者
ケアマネジャー
支給申請書
市
保険給付分支払
販売事業者
※指定口座へ5日、15日、25日の3回の支払い機会(支払日が休日の場合、前日の営業日)
市は、できるだけ早目の支払いに努める
Fly UP