...

平成28年の干支(えと)

by user

on
Category: Documents
22

views

Report

Comments

Transcript

平成28年の干支(えと)
*栃木県立富屋特別支援学校鹿沼分校だより*
平成27年12月25日発行
平成27年度 第3号
―
「平成28年の干支(えと)」
今年も、残りわずかとなりました。平成27年の干支「未年(ひつじ)
」
は、動物の羊(ひつじ)が群れをなすところから‘家族の安泰’や‘平和
に暮らす’ことを意味すると言われます。いかがですか、平成27年はそ
のような年でしたか。
ところで、平成28年の干支は「丙申(ひのえさる)」です。丙申の漢
字は、
‘成長して形が明らかになる’や、
‘果実が成熟し固まっていく状態’
を意味するようです。平成28年は、児童生徒がこれまでがんばってきた
ことが形となり、実が熟すような年となることを期待します。
「自立活動」は特別支援学校独自の教育形態であり、その目標が「個々の児童又は生徒が自立を目指
し、障害による学習上又は生活上の困難を主体的に改善・克服しようとするために必要な知識、技能、
態度及び習慣を養い、もって心身の調和的基盤を培う」と学習指導要領にあるように、特別支援学校に
おける教育活動の根幹を担うものです。
今年度、鹿沼分校では、
「知的障害特別支援学校の自立活動における取り組み」を研究課題として日々
の教育実践を自立活動の視点から検討しています。
研究の進め方として、まず職員一人一人が研究事例を設定し「自立
活動指導シート」を作成しました。次に、研究事例の課題により自立
活動の6領域を基本とする4つのグループ(①心理的安定・人間関係
の形成、②身体の動き1、③身体の動き2・環境の把握、④コミュニ
ケーション)に各職員が所属し、学部を超えて定期的に事例研究を進
めています。また、自立活動指導充実事業において、外部専門家に研
修会や各グループの事例検討会にて指導助言をいただくことでより深
い検討がなされています。
◆研究推進にかかわる外部専門家の活用一覧◆
No
外部専門家
回数
助 言 内 容
1
小児科医
1
講演会「発達障害の特性に合わせた指導について」
2
作業療法士
3
3
言語聴覚士
2
④コミュニケーション班事例検討会指導助言
4
理学療法士
2
②身体の動き1班事例検討会指導助言
5
臨床心理士
2
①心理的安定・人間関係の形成班事例検討会指導助言
6
教育センター指導主事
1
研修会「自立活動の指導について」
研修会「教材教具の活用」
③身体の動き2・環境の把握班事例検討会指導助言
■ユニホックとは?
6人ずつのプレーヤーからなる2チームでプレーします。
相手チームのゴールにス
ティックを使ってボールをシュートして得点を競ったり、
シュートを防いだりするゲ
ームです。体を接触させてはいけない、スティックを膝より上に上げてはいけない等
の簡単なルールがあります。
■放課後練習
西中学校新世代型学習空間2階を使用して練習を行いました。コートのゴール後ろ2面分を、昨年度分校卒業
生が卒業制作で作った板で囲んで行います。板には「ガンバレ」や「ファイト」等の後輩への思いが記されてい
ます。また、本来体育館で行う競技なので、体育館の雰囲気を味わわせるために、年3回、北犬飼体育館で特別
練習を行っています。
練習では、体力や技術の向上だけでなく、挨拶や返事、道具の準備や片付
け、道具を大切に扱うことや友達同士の関わり方、協力することの大切さ等
の指導も取り入れています。これらの練習を積み重ねていくことで、学習に
も効果があり、苦手だったことに積極的に取り組んだり、道具を使うことで
目と手の協応動作がスムーズになったりする等の効果も見られます。
■壮行会・表彰伝達式(報告会)
大会前の壮行会、大会後の表彰伝達式を、学校全体で行っています。壮行
会では、選手がユニフォームを着てそれぞれパフォーマンスをして入場をし
たり、選手以外の児童生徒が応援団を結成して応援をしたりします。
表彰伝達式では、選手が全児童生徒の前でメダルと賞状をもらい、大会の
様子を映像で見ます。これらをとおして、小学部の児童に「かっこいい!や
りたい!」という気持ちが芽生え、一つの「目標」になることもあります。
■大会当日
平成27年12月13日(日)
、宇都宮市明保野体育館
試合
第1回戦
準決勝戦
対戦校・結果
試 合 の 様 子
鹿沼分校-足利中央
前半はかなり緊張した様子でしたが、先制点が入ると気持ちがほぐれ、2
2対0
鹿沼分校-南那須
0対4
3位決定戦
対0の完封勝利でした。
体格差がありましたが、生徒は怯むことなく必死にゴールを守り、チャン
スがあればシュートを何度も打ちました。得点をされても下を向くことな
く「がんばるぞ!」と言葉を掛け合い最後まで試合に集中していました。
ここ4年間一度も勝ったことのない強敵です。終始一進一退の攻防が続き
鹿沼分校-今 市
ました。残り時間3分くらいにキーパーから放たれたシュートが相手ゴー
1対0
ルのネットを揺らし先制点を獲ることができました。最後まで1点を死守
して、二年連続3位を勝ち取ることができました。
Fly UP