...

入母屋造り・白壁・化粧垂木現し、格子天井 ・五本の大黒柱と桧の差し物

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

入母屋造り・白壁・化粧垂木現し、格子天井 ・五本の大黒柱と桧の差し物
須賀川市Z様親子二世帯の家づくり物語
いり
も
や
づく
しら
かべ
け
しょう たる
き
あらわ
こう
し
てん じょう
だい
こく
ばしら
ひのき
さ
もの
づく
入母屋造り・白壁・化粧垂木現し、格子天井・五本の大黒柱と桧の差し物造り
腕のいい職人たちが、手間をかけ造り上げた価値のある日本伝統の無垢の家
伝統の技法で組んだ五面の格子天井
丈夫な家屋を支える五本の大きな太い柱
格子天井は、
場所に合わせ意匠に工夫しました。
五タイプのデザインをご堪能下さい。
家の中には、五本の大黒柱があります。大黒柱はその
太さから、精神的な安心とその歴史を伝えてくれます。
客間和室天井
①〈入母屋造の屋根と白壁の外観〉
入母屋造りの屋根は、日本建築の屋根の形式で上の方は切妻造にし、
下の方は寄棟造りのように四方へ傾斜させた屋根。瓦は日本瓦を使
用。破風は板を四層に重ねました。手塗りの白壁に柱状の意匠をつけ
m
/
m の県産材の杉の板をスカートのよう
ました。下部の腰板は厚さ12 に家中巻きました。
茶の間和室天井
隠居玄関天井
日光杉の床柱
飾り棚の杉絞り丸太
けやきの大黒柱(東側)
②〈玄関入口の化粧垂木現し木小舞入りの下屋庇〉
下屋は化粧垂木現しです。材料は国産の桧と杉です。その垂木を丸桁
で受け、丸柱で支えます。見てもわかるように手間がかかる三村棟梁
をはじめ、
大工さん泣かせの仕事です。
吟味した材料を使っていますから、年を経るごとに味わいがでてき
ます。
居間和室天井
勝手玄関天井
職人さんは見えない所も手を抜かない
ひのきの大黒柱(西側)
ひのきのえびす柱
「伝統の日本建築と
自然素材が好きな方に
見に来て欲しい!」
こんにちは廣瀬と申します。今回、
ご紹介するZ様の家は本格日本建
■ 一級建築士
築 の 二 世 帯 住 宅 です 。Z 様 は日本
廣創建設工業
伝 統 の 在 来 工 法( 建 築 技 術 )を用
③〈客用玄関ホール〉
玄関は家の顔です。木はすべてムク材です。
正面に飾り棚と三本の大きな太い柱を据え
ました。格子天井と真壁に腰板を貼りまし
た。
玄関だけでも見る価値があります。
④〈お客様用の床ノ間付和室〉
家の中央にある8帖の和室です。正面の床
柱は、日光杉です。格子天井に手塗りの壁、
桧の柱がきれいです。床の間のある和室、
日本建築の欠かせない場所です。
⑤〈差し物造り〉
現在では、
珍しい差し物造りを一部取り入れ
ています。差しとは、写真の中央に写ってい
る横架材です。国産桧で背高は、30㎝あり
ます。
力強さと安心が伝わってきます。
Z様邸をずっと手掛けてもらっている大工の三
村棟梁。三村は、会長の時代から当社の現場一
筋です。写真は床の間の床板(ムクの板)が、反
ないように、裏側から桟を差し込んでいる様子
です。本物の職人さんは、伝統の建築技術を用
いて常に意匠をこらし、先々まで考え見えない
所も手を抜きません。
いた木をふんだんに使った健康的
こうそう
ひろせ
社長
しげる
廣瀬 茂
な本物の和風の家を求められていました。
Z様の熱意あ
るご要 望をお 聞きし、意 匠をこらし出 来 上 がった家 は本
物 の 価 値 ある家になったと自 信をもって おります 。どう
ぞ、その価値をあなたの目で是非、お確かめください。
須賀川市Z様邸の完成見学会は裏面へ
Fly UP