...

- HERMES-IR

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

- HERMES-IR
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
Type
スペイン語発話の音声学的一大特徴について
原, 誠
一橋論叢, 59(1): 50-67
1968-01-01
Departmental Bulletin Paper
Text Version publisher
URL
http://doi.org/10.15057/2664
Right
Hitotsubashi University Repository
橋論 叢
一
と
ら
論
の
に
的
筆
者
意
義
こ
に
ほ
解
中
南
米
の
に
つ
い
て
も
言
及
し
た
。
そ
釈
一
見 す
無 る
意 場
味 合
ペ
に
イ
す
ら
思
え
生
ン
ず
語
る
に
る
よ
意
義
う
な
と
作
業
う
を
の
行
は
あ
た
ら
こ
→
H
ら
C
ス
と
の
い
の
っ
+
山
-
N
N
(
-
苫
〇
で
そ
れ
。
に
ヤ
題
特
徴
語
名
技
術
の
的
下
に
問
題
東
点
京
外
国
語
大
学
耕
文
会
機
関
学
的 会
な 第
諸
音
声
一
と
題
す
現
象
会
を
る
音
素
諭
的
発
表
を
行
い
、
に
解
釈
ま
す
た
る
月
出
版
イ
ロ
O
ン
の
夏
(
-
さ
写
れ
語
訳
た
は
れ
2
0
ぎ
謡
p
遥
∼
N
P
山
七
e
富
加
)
d
e
に
-
マ
に
E
ド
リ
収
め
ら
巴
ー
れ
て
○
い
印
る
可
0
+
載
由
∽
苛
g
の
営
C
・
S
・
Ⅰ
・
C
か
た
ロ
○
-
亡
っ
と
い
う
出
ゐ
註
-
呂
a
-
の
る
が
ポ
こ
そ
れ
に
よ
い
大
直
で
商
話
学
し
の
で
た
科
大
の
行
も
ス
学
わ
れ
た
日
の
ペ
で
で
イ
行
あ
る
ン
わ
学
語
れ
た
日
的
「
中
南
米
の
ら
方
言
す
ル
と
在
る
の
い
な
語
う
学
建
誌
こ
せ
O
F
E
、
コ
呂
口
2
文
訂
で
g
ヨ
あ
の
「
〇
出
・
あ
る
。
に
音
い
素
し 論
は
的
将 研
来 究
の
は
当
必
そ
該
の
言
例
語
構
ン
て
、
要
と
し 造
不
可
欠
て
に
で
紹
論
あ
っ
た
。
。
筆
三
イ
会
関
で
九
月
一
に
て
と
第
ペ
智
現
っ
年
小
樽
ト
ガ
ル
会
ス
回
大
と
が
あ
る
論
→
き
六
六
章
び
そ
れ
で
九
語
学
上
り
し
た
一
ヤ
に
お
及
I
( 50 )
号
を
文
介
A
う
発
一
六
日
J
O
G
哲
ニ
表
一
「
、
は
徴
い
る
p
稿
パ
と
一
イ
一
本
ス
年
本
誌
イ
四
第
本
大
特
+
一
〇
回
大
+
九
六
ペ
A
中
る
ス
S
Ⅵ
2
じ
一
合
ペ
本
主
場
に
。
語
年
年
U
ず
「
ト
∽
同
耕
ヨ
の
一
で
ス
彼
の
ほ
中
の
N
∞
者
パ
音
素
五
T
ス
ン
さ
こ
C
イ
生
の
、
一
等
に
に
を
し
九
六
HI
後
.
技 特 を
鋸 徴 文
的 的 章
問 な に
題 詔 直
点 音 し
を
声 た
解 現
明 象 そ
。
A
文
第五 十 九 巻
「
音
声
三
語
日
発
音
声
一
大
特
徴
節 ま
音 構 し
節 造
構 の こ
造 特 の
の
徴 作
特 が 業
徴 知 に
の
「
つ
ま
り
ど
ん
な
言
語
が
予
言
に
せ
よ
で
諸
方
言
+
に
れ
る
よ
し
て
つ
い
て
っ
、
ス
き
ま
ペ
る
た
び
イ
と
い
語
い
て
の
う
は
現
関
よ
る
う
な
将
来
時
す
研
こ
に
お
に
お
究
と
け
け
お
よ
に
る
そ
音
あ
に
原
ン
点
誠
る
∂0
( 51 )
ペ
ス
な
る
る
る
か
。
。
ま
こ
イ
ン
語 発話の 音声学 的
て
何
も
で
、
ま
れ
た
軟
た
は
ら
軟
口
二
口
先
行
母
つ
蓋
化
蓋
化
場
音
す
ら
も
れ
ど
ぅ
。
も
も
ち
ろ
。
し
、
ス
も
ん
そ
ペ
そ
の
イ
の
仰
合
さ
れ
さ
れ
る
ン
の
を
い
な
傾
鼻
ず
い
向
本
国
音
節
の
れ
に
で
し
て
非
常
る
か
で
も
に
あ
る
く
先
母
音
化
す
も
落
着
弱
ま
る
が
あ
る
と
は
も
中
南
知 米
周
の
か
ゼ
ロ
も
に
あ
り
で
あ
も
已 挙
蒜 げ
e
ば
充
分
(
第
三
の
処
理
法
は
ロ
>
已
n
g
e
)
∽
等
の
が
あ
あ
と
る
に
と
い
邑 う3
F
畠
を
追
加
す
る
)
。
で
お
あ
く
な
ら
ば
ろ
う
気
音
(
通
て
、
化
い
て
く
し
ほ
に
お
こ
場
合
。
か
。
つ
異
音
末
現
付
れ
だ
し
し
か
と
こ
い
っ
n
ま
e
→
を
素
竹
叫
る
末
ま
た
こ
の
州
を
ゼ
に
別
た
す
の
相
当
る
布
し
て
e
-
と
い
っ
た
e
る
の
剰
訂
か
音
節
末
の
臣 ∽
正
処
F
n
の
の
他
例
の
を
い
ら
理
∽
派
法
の
で
母
処
理
法
も
あ
り
、
写
い
と
思
う
。
な
し
ロ
中
南
米
の
一
部
(
べ
法
れ
買
と
宅
か
、
正
に
構
く
と
造
く
い
C
の
論
文
と
し
い
ょ
う
と
す
一
る
般
的
の
の
な
論
要
う
ど
文
旨
よ
り
に
の
を
特
中
転
単
純
徴
的
で
記
で
な
ス
音
節
構
イ
、
最
傾
も
向
基
が
本
造
を
、
う
の
結
果
残
立
す
・
「
復
習
す
ペ
る
ン
こ
語
は
と
か
ら
\
始
…
め
に
に
て
な
ま
る
ず
\
州
切
流
音
川
と
に
…
と
何
つ
C
仰
が
い
に
音
て
つ
つ
節
の
い
末
て
難
音
素
い
州
で
は
そ
を
中
と
す
と
ま
わ
れ
る
判
定
ぺ
し
き
川
れ
。
の
っ
た
二
ま
た
ま
た
べ
ー
ス
て
間 糾
で
音 す
ル
ペ
何
ら
が
イ
に
大
層
弱
い
語
こ
こ
ド
は
。
は
そ
対
お
よ
び
ず
う
両
者
と
も
全
土
ま
訂 思
局 う
英
語
わ
現
ン
は
と
2
\
て
反
)
…
…
ワ
。
稿
い
に
で
ず
り
た
呂
巴
大 潜 的
発 在 と 速
見 し 思 け
本
来
た
く
統
一
の
ク
が
そ
化
れ
ほ
正
、
て
に
\
あ
る
エ
に
-
C
一
い
ラ
や
官
こ
。
こ
た
っ
化
ロ
し
た
そ
エ
る
げ
張
節
く
を
音
と
主
音
行
い
挙
、
2
)
を
C
C
ス
お
処
理
り
(
と
C
…
ネ
を
あ
、
う
\
し
ま
う
地
方
も
り
q
結 後
論 に
の
落
た
り
い
れ
る
て
已
鼻
音
∂J
方
を
す
に
。
ヨ
巴
・
音
れ
と
は
代 流
生
す
人
ゴ
、
い
い
っ
過
e
)
し
で
は
た
>
価
と
れ
d
こ
う
ら
し
寛 節
n
末
e
列
挙
た
音
(
c
筆
者
流
く
評
い
な
く
な
。
の
で
音
M
も
現
わ
。
り
に
素
晴
こ
の
高
行
き
る
に
は
り
を
こ
い
る
岩
文
こ
あ
邑
論
。
と
こ
の
る
8
日
琶
こ
う
れ
で
の
も
り
で
あ
る
て
計 を
ら
も
の
け
か
筆
者
つ
子
し
ま
呵
の
+
鼻
て
琶
つ
い
そ
。
る
。
以
下
し
て
い
、
れ
る
か
三
あ
り
や
れ
証
明
す
る
諸
ち
な
叫
音
音
素
と
わ
た
て
い
現
わ
し
た
こ
か
に
に
い
っ
音 事
に
項
関 を
鼻
お
音 ま
節 ず
始 鼻
と
な
子
て
は
子
母
い
に
わ
れ
る
一
〓l
め
現
の
論
拠
(
僅
け
唯
ら
つ
で
は
諸
国
で
に
の
末
と
で
.
い
何
も
音
節
大 特徴 に
一
変
と
な
っ
え
て
て
現
わ
し
ま
っ
れ
た
も
同
様
の
こ
え
る
。
ま
っ
て
、
る
の
対
立
関
係
を
失
っ
し
て
か
し
ま
も
。
こ
の
場
合
も
り
。
く
ロ
…
\
の
場
合
の
仰
の
と
同
様
脱
落
に
母
証
明
音
間
で
き
で
は
た
対
と
が
こ
笥
・
つ
の
半
い
半
母
音
凹
ま
母
て
い
わ
ゆ
る
二
た
は
音
化
で
あ
る
第
は
二
音
先
行
成
す
の
開
母
る
か
音
ら
た
は
、
け
っ
き
ま
甘
○
)
の
方
法
に
よ
っ
て
半
母
た
見
ら
れ
る
よ
う
な
と
れ
子
ば
晋
開
び
そ
の
∽
学
〔
二
中
と
に
重
子
音
書
は
い
た
の
表
忌
記
避
が
あ
る
に
つ
い
て
。
ス
ペ
イ
ン
と
い
う
。
e
-
巴
鞋
払
U
m
ロ
ロ
○
払
担
-
記
S
と
g
e
J
に
俗
語
を
く
用
べ
い
語
こ
に
よ
る
ラ
テ
ろ
を
て
書
か
れ
た
中
文
第
二
は
ユ
已
e
ー
払
P
ま
{
○
星
(
巳
巳
c
e
O
t
ロ
e
巴
-
ぎ
(
払
。
ロ
也
賀
も
O
e
g
-
○
)
琶
e
t
O
)
も
○
冒
e
已
訂
㌫
→
e
已
P
-
巴
記
〔
t
P
)
-
○
胃
賢
か
亡
・
○
?
を
始
現
比
ま
象
較
た
。
告
払
る
か
に
よ
っ
て
〔
d
O
F
1
し
d
O
∽
日
b
l
e
∽
O
b
の
ヨ
P
よ
ユ
う
○
}
吾
○
法
が
あ
る
。
そ
の
第
一
に
O
が
し
ま
う
方
法
t
と
い
っ
た
例
を
想
起
す
あ
れ
る
。
そ
る
の
す
な
t
。
こ
れ
に
つ
が
語
生
が
d
F
O
(
d
-
的
ロ
○
)
胃
仁
ロ
ケ
O
e
、
こ
れ
は
t
e
旨
-
p
と
の
対
立
に
?
-
一
川
子
二
は
つ
当
該
子
音
必
ら
が
○
∽
已
e
音
の
語
ず
の
あ
問
と
の
の
リ
n
t
e
払
∴
d
貰
告
t
O
音
す
の
節
ゾ
語
に
ン
の
属
に
等
末
す
つ
る
い
が
そ
e
は
る
の
で
る
始
ま
地
方
る
か
で
は
と
次
母
珍
発
の
音
妙
音
例
で
な
さ
〔
亡
【 尾
n
U
臼
g
e
〕
に
あ
る
こ
巴
∽
宏
t
よ
h
の
例
に
母
場
合
な
音
っ
に
で
あ
る
に
て
も
い
挟
ま
あ
る
れ
。
シ
コ
で
採
集
さ
れ
た
例
で
あ
る
。
こ
に
(
4
よ
√
ロ
P
n
音
ば
て
す
0
0
且
る
よ
的
う
已
な
ど
と
発
音
さ
れ
る
。
こ
ず
れ
も
)
。
は
よ
拘
く
。
を
も
〔
h
る
手
能
O
h
い
い
る
て
そ
れ
ぞ
れ
○
∽
訂 N
を
已
2
形
∽
∴ 成
〇
一 す
r
t
e
F
〕
で
あ
る
な
お
こ
の
止
は
る
こ
の
句
ロ
例
後
続
-
甘
示
す
好
。
呵
と
仙
∽
町
れ
て
F
♂
】
弱
-
〔
已
び
〕
-
2
結
呵
e
で
ら
を
呵
-n
芹
○
〕
○
化
は
と
e
N
>
・
に
い
て
∽
。
〔
-
。
払
皇
e
。
∵
る
。
た
節
を
・
S
つ
払
で
あ
音
帥
F
巴
の
気
音
且
-
葛
の
屯
O
音
節
末
づ
行
す
且
且
化
に
移
可
も
な
く
e
訂
め
ヾ
音
ロ
村
こ
音
節
始
れ
ほ
∽
と
≠■
0
1
に
吋
○
-
年
凹
〔
〔
ロ
C
e
で
。
d
や
ュ
、
末
か
た
ー
の
を
音
節
ら
〔
・
∽
J
m
ま
つ
→
っ
や
ま
子
知
∽
e
に
末
、
ロ
ニ
解
決
)
と
え
e
の
な
と
52
発
已
い
つ
(
号
一
〔
ら
に
は
二
と
第
れ
語
あ
る
る
メ
キ
う
な
が
色
O
。
と
の
-
○
的
て
○
〕
目
エ
村
且
音
e
〔
音
訂
f
ロ
→
子
先
行
音
化
音 す
子
g
○
■
O
2
は
ば
P
有
声
は
た
節
末
屈
已
や
が
え
か
ゝ
て
て
み
る
邑
子
つ
-
〕
た
は
る
p
り
二
■
。
け
。
♪
a
○
と
も
8
打
ま
無
声
O
t
〔
お
れ
に
・
。
位
置
り
て
ほ
O
含
る
の
ま
に
。
?
ま
内
破
籍
官
駕
)
(
音
気
い
以
上
ま
と
め
い
こ
p
例
づ
よ
、
つ
て
-
(
O
)
、
た
め
を
ち
ば
川
い
れ
賀
e
法
つ
O
H
t
、
で
起
。
e
g
し
は
g
(
ロ
の
で
あ
る
処
理
s
e
)
の
。
F
。
小
㌻
後
続
■ ず
〕
(
る
p
岩
。
e
C
。
わ
∽
O
S
宅
t
大
な
葛 差
違
ヨ
て
(
n
(
○
∽
e
(
官
。
ゼ
ロ
胃
ー
の
]
巴
)
O
t
e
p
㌻
ロ
㌢
t
O
ユ
-
こ
】
(
t
e
。
に
乳
O
已
O
巨
)
e
G
南
訂 米
ロ
○
t
e
(
→
e
い
意
識
的
、
川
。
書
き
と
訂
当
さ
れ
-
喜
1
○
日
に
音
の
β
e
例
結
∽
)
り
(
㍉
い
ょ
㈲
n
と
く
巴
岩
.
P
音
母 化 節
音 す 末
強
t
e
H
2か
O
e
っ
咄
形
0
日
。
重
母
を
t
e
。
(
0
第五十九巻
橋論叢
一
2
日
形
成
し
た
こ
と
に
な
る
。
官
等 葛
払
J
〔
-
と
り
も
な
い
お
さ
例
。
F
■
打
P
っ
た
を
ず 挙
音 げ
節 る
2
唱
F
〕
-
8
n
O
N
8
うβ
( 53 )
日
e
G
巳
ヨ
〇
等
.
呂
ロ
e
β
、
○
ペ
ス
○
払
イ
ン
t
寛
仁
①
、
訂
臣
(
巨
∧
P
ロ
0
0
日
巳
ど
ま
が
J
あ
る
⊥
P
†
日
e
n
O
-
且
。
等
の
例
が
俗
現
て
2
や
已
訂
方
ほ
P
い
J
て
8
の
て
で
ス
㌻
・
C
r
田
q
。
-
A
日
p
n
・
と
な
ス
亡
巳
ペ
層
-
。
2
)
。
イ
ン
ほ
音
問
全
の
単
空
と
し
の
て
処
理
発
音
法
さ
れ
て
に
語
史
つ
の
て
い
e
ロ
O
∽
等
e
例
n
n
に
内
現
わ
O
e
♪
-
要
い
と
が
語
、
表
い
か
い
ま
も
て
た
は
別
ら
ま
引
知
の
だ
す
は
出
肉
こ
付
け
と
に
学
譲
が
成
上
る
大
功
に
の
こ
い
し
結
論
と
に
に
不
た
よ
教
室
ペ
ス
と
す
足
う
イ
ペ
ま
る
し
に
気
で
ン
て
が
学
思
う
中
つ
生
に
い
に
た
対
し
語
の
一
大
特
イ
ン
語
で
は
残
音 念
声 な
学 が
え
ま
や
ほ
た
た
歯
擦
音
こ
り
の
単
化
解
で
あ
る
決
策
。
と
基
音
本
的
が
に
は
に
同
わ
れ
る
進
じ
こ
ん
。
。
+
と
述
べ
た
。
い
ス
ペ
巳
巴
文
日
「
+
イ
ン
語
に
発
名
し
論
た
文
論
の
現
文
解
象
の
諸
音
声
か
ら
一
つ
一
p
や
N
-
∼
と
る
え
は
そ
晋
)
P
N
N
の
で
般
に
で
あ
言
語
お
い
。
さ
て
筆
者
→
p
で
(
与
す
)
蓋
解
等
ら
り
の
れ
る
例
。
を
す 現
ぐ 代
思
で
い
は
つ
く
邑
6
継
こ
O
(
に
の
そ
れ
に
口
る
)
A
終
た
と
な
。
説
っ
と
と
が
あ
る
が
の
る
の
子
ふ
b
ぎ
ー
。
}
さ
思
ら
首
。
に
こ
の
巴
)
r
賢
-
1
よ
っ
て
、
世
紀
に
は
た
と
>
邑
う
ヂ
ち
a
の
巴
ぎ
計
と
な
な
ど
る
ほ
し
ま
㈲
E
賢
○
の
回
避
。
こ
昔
①
p
っ
も
か
ら
伝
統
的
汀
よ
ま
う
た
は
例
象
が
で
見
あ
泣
叫
→
な
起
さ
れ
た
い
て
邑
が
り
音
れ
ロ
P
ず
想
一
え
ば
n
P
-
単
一
五
方
を
ず .こ
さ
の
ま
て
は
、
の
処
理
て
せ
ら
収
縮
は
と
に
音
全
い
る
の
音 仕
つ
r
の
∽
と
∽
と
す
重
子
●
音
例
は
そ
れ
ぞ
れ
い
て
ほ
二
●
(
。
表
の
る
、
蒜
一
子
と
音
の
で
あ
る
b
e
単
n n
rr
に
子
の
耕
r r
一
ま
般 機
言 会
ス
し
に
な
は
ま
ま
様
重
特
徴
る
い
で
「
に
お
少
く
と
も
の
は
の
思
う
わ
れ
る
○
重
子
決
重
子
現
除
解
残 の 中
念 結 南
な 論
米
が
を
れ
お
e
岩
二
と
つ
か
れ
る
発
り
の
も
の
}
の
て
二
を
聞
も
同
に
も
ー
e
の
っ
ン
語
11
の
以
上
音
を
部
g
P
ピ
在
来
、
。
あ
は
な
一
e
n n
た
と
。
っ
た
。
て
前
記
う
の
n
ロ
t
に
よ
し
て
、
の
そ
-
S
3
は
、
O
法
で
て
発
に
E
る
り
そ
上
み
て
か
も
5
ま
の
学
し
説 偶
を 然
ー
0
0
n
処
理
た
な
、
た
よ
い
i
異
が
ン
て
ロ
っ
決
そ
化
を
付
加
し
の
語
C
d
O
)
そ
な
5
い
本
論
文
え
\
に
よ
論
的
事
情
い
思
と
の
ら
こ
こ
ば
の
一
こ
も
南
米
:p
上
を
る
で
お
二
徴
が
続
時
間
だ
に
ら
→
ら
し
て
。
形 す
態
、
と
現
今
形
の
苧
か
の
る
て
そ
と
ロ・
。
と
が
あ
る
が
い
計 え
担
苧
已
。
た
れ
C
平
見
訂 指
導
呂
○
。
れ
る
発
蒜
払
こ
e
O
P
n
ペ
呂
巴
日
e
払
で
あ
る
で
そ
盲
イ
た
い
。
り
ま
て
占
㌣
あ
、
t
O
∽
)
つ
-
白 子
ア 音
中
0
大 特 徴に
一
音
母
一
J
出
○
>
の
重
子
、
・
勺
○
ヂ
・
る
、
O
}
、
2
、
∽
止
-
0
駕
、
P
ロ
○
>
e
呂
白
亡
岩
p
野
は
そ
れ
ぞ
れ
、
日
七
。
日
○
∽
、
p
丘
-
に
お
と
に
ほ
例
も
語
言
の
で
t
う
Y
と
し
在
拾
-
Z
D
.
を
む
・
孟 等
2
例
C
た
寛
語 発 話の 音声学的
な
現
。
11
、
見
ら
れ
る
。
る
例
山
e
∽
○
湖
甘
畑
甘
ぎ
れ
ら
前
し
で
で
い〕 ほ
音 か
合
直
こ
巻
舌
れ
の
。
な
ど
こ
化
し
え
て
音
声
群
・
の
で
語
速
度
と
を
る
な 〔 〕 の 後
く と 中 の
な な の 語
る
り 〔S 〕 の
も
た
通
い
有
声
で
あ
わ
例
二
O
C
つ
F
2
つ
の
同
母
音
が
続
く
と
き
吋
に
は
、
そ
か
。
e
邑
r
e
-
P
岳
t
2
d
〔
一
訂
■
日
管
ひ
訂
苛
〕
と
が
普
∼
a
音
は
山
O
音
ま
Z
た
は
三
、
が
榊
-
。
Z
叫
っ
て
発
音
の
て
ゆ
音
に
が
も
そ
で
あ
る
場
合
各
で
が
切
ら
続
母
ず
と
音
に
き
は
そ
れ
ぞ
れ
両
ほ
。
く
{
保
持
す
る
。
e
h
e
わ
ち
語
+
と
日
日
と
t
の
語
け
の
の
る
さ
れ
る
音
声
群
日
ロ
P
語
ら
「
二
、
つ
や
は
-
仏
間
に
「
音
声
連
繋
に
つ
い
て
+
と
ま
の
り
母
た
ほ
三
、
賢
、
且
第
詔
∽
ロ
n
P
ロ
喜
F
p
旨
P
(
お
前
は
一
少
女
e
-
P
日
○
(
主
人
)
〔
e
-
p
日
○
〕
徴 と
で
し
用
を
あ
て
教
る
音
声
で
あ
る
と
の
ど
信
際
著
じ
る
に
と
し
る
よ
教
師
て
は
う
な
に
よ
こ
よ
り
Ⅰ
授
す
る
「
の
イ
連
繋
ン
に
っ
語
つ
て
特
徴
四
い
週
て
念
頭
学
に
生
ス
ペ
+
置
に
イ
(
か
れ
る
と
ス
ン
ペ
語
発
話
非
常
語
の
の
特
と
し
∽
首
U
の
か
■
ペ
間
。
。
書
通
子
で
音
あ
る
と
。
イ
ン
■
∽
〕
e
前 連
音 に 繋
声 来
群 る で
し
な
蒜
∽
が
8
語
そ
れ
よ
り
は
+
の
中
の
で
は
語
く
っ
つ
尾
子
あ
る
。
ら
も
ユ
(
お
前
は
金
持
ち
音
更
と
に
)
重
〔
e
、
け
て
こ
要
発
音
れ
に
な
さ
れ
る
続
ほ
く
語
子
音
の
だ
一
h
M
一
よ
村
○
〕
「
音
つ
で
で
の
あ
の
の
普
は
始
母
る
が
語
と
普
頭
母
音
が
大
き
な
ロ
で
ま
の
音
Ⅰ
中
通
筆 し
者 得
ス
の
)
包
含
。
う
し
が
、
)
音
)
E
54
発
概 林
刊
略
例
榊 U
(
に
大
し 学
て
号
一
有
超
■
で
次
・
〔
つ
を
且
Ⅱ
の
び
t
琴
す 結
な 合
℃
の
談
話
単
母
音
。
て
は
り
、
る
い
の
る
は
い
分
れ
発
音
て
に
お
々
結
音
口
さ
れ
る
に
お
玖
語
音
声
発 群 は
音 と 個
終
音
は
そ
要
単
位
こ
て
甲
べ
て
を
の
述
ン
の
者
母
イ
重
、
け
0
夫
は
い
∞
∞
で
し
に
よ
笠
井
鎮
に
そ
一
ワ
う
に
。
の
の
ペ
ず
る
次
ス
あ
気
い
「
を
切
ら
話
子
途 る
中 語
音
中 声
で
群
息 で
実
際
会
互
固
一
打
有
■
。
に
お
〔
2
訂
あ
さ
れ
る
の
旨
の
集
合
の
な
ま
あ
、
、
前
の
包
U
N
、
相
当
聞
㌧
お
に
は
る
8
え
ば
単
語 途
有
声
〔
e
い
も
で
は
)
つ
場
合
前
児
幾
の
の
小
も
む
し
ろ
に
お
か
が
の
よ
り
す
く
い
と
二
き
て
か
に
人
語
の
す
。
や
そ
の
で
あ
る
、
ぺ
こ
直
一
通
朗
読
う
は
そ
例
(
普
の
払
そ
連
繋
る
第五 十 九 巷
橋 論叢
一
∂4
( 55 )
曾
ン
巨 語
音
が
声
ひ
我
の
々
連
繋
に
も
大
イ
ぺ
ス
実
験
室
る
が
聖
ト
《
買
e
設
け
ら
に
C
e
ヨ
い
こ
興
て
と
味
深
も
同
は
t
e
豊
ス
高
く
評
価
イ
究
実
験
室
ペ
を
の
さ
れ
て
よ
語
い
研
い
長
ろ
で
あ
る
い
ろ
と
ン
発
表
し
.
。
三
%
ま
叫
単
語
で
強
勢
の
か
か
母
母
わ
れ
る
音
。
が
接
触
す
る
学
研
究
所
邑
笥
○
に
を
な
っ
た
。
}
。
ロ
2
S
そ
の
意
味
已
で
琵 マ
C
-
e
○
監
っ
(
P
罵
e
e
計
ユ
は
半
ば
連
続
す
る
二
つ
ユ
の
→
・
同
母
音
音
の
邑
普
は
音
よ
芦
通
「
は
結
合
二
「
の
だ
い
書
が
し
て
ろ
う
て
は
う
は
い
こ
の
初
い
共
同
れ
だ
で
は
心
た
と
者
い
で
こ
け
な
く
向
け
こ
と
の
の
も
の
片
鱗
れ
で
が
が
れ
が
ほ
あ
出
ほ
と
起
二
A
象
イ
こ
つ
母
が
ン
る
の
音
起
語
の
発
話
。
、
e
、
こ
は
書
む
し
ろ
こ
い
初
つ
さ
れ
る
(
発
開 音
は
女
れ
る
を
い
讃
美
の
ぐ
ら
長
い
さ
で
長
こ
現
ペ
ユ
母
の
同
種
場
音
内
の
合
を
中
の
部
母
音
説
で
明
同
が
し
て
九
七
%
ま
で
は
強
勢
い
ず
れ
か
が
に
お
い
て
二
連
続
)
い
-
巴
⊥
コ
(
-
宗
土
に
掲
音 載
ど
さ
れ
た
し
く
う
し
強
勢
つ
た
こ
が
の
を
同
場
合
と
に
連
続
以
下
有
種
す
し
た
こ
の
に
は
場
合
論
に
ど
に
基
う
い
る
。
の
の
し
て
母
か
次
同
い
音
の
種
か
る
が
よ
場
連
続
う
な
し
変
い
て
化
う
ス
の
の
っ
母
た
は
音
長
六
の
が
母
合
(
計
T
、
そ
れ
こ
る
か
、
、
)
語
)
る
る
二
等
す
い
単
→
。
て
の
0
つ
。
半
さ
諾
0
0
+
。
文
ぞ
れ
発
会
ロ
の
○
粥
○
-
議
事
録
行
っ
F
と
い
e
s
e
t
y
句
ま
弓
。
d
e
-
p
r
e
n
g
仁
P
穿
層
邑
P
N
・
た
「
守 う
発
ロ
表
e
が
で
あ
る
。
こ
仁
n
冒
P
ロ
層
後
戸
さ
れ
の
さ
で
、
相
続
く
も
ち
ろ
ん
で
あ
る
が
、
相
続
て
一
回
い
の
る
。
C
。
ロ
g
記
由
。
計
邑
t
E
邑
に
の
は
I
れ
は
出
版
+
そ
の
一
例
が
一
n
e
∽
こ
が
さ
れ
る
一
こ
そ
。
つ
う
し
○
一
で
あ
る
ぐ
ら
彼
。
+
が
糾
発
音
母
の
私
は
の
の
が
に
に
つ
邑
う
(
彼
の
訂
こ
よ
う
ら
れ
る
O
〕
p
F
れ
二
已
h
P
と
と
て
p
い
っ
い
に
は
く
く
つ
同
母
H
し
軍
い
っ
中
鳶
5
-
と
が
場
合
足
・
の
三
さ
監 川
い
か
。
い
訂
∽
い
F
お
る
に
明
〔
に
音
わ
れ
る
何
と
説
音
例
-
駆
使
両
方
に
、
と
筆
者
白
身
か
か
し
な
〔
て
も
n・
音
ど
な
あ
。
の
ら
に
た
る
が
書
イ
わ
れ
る
ん
ど
習
近
も 単
強 語
勢 の
を
内
有 部
ん
も
も
大
規
現
こ
て
C
二
て
い
縦
横
の
仙
。
外
国
下
。
る
語
学
い
強
勢
時
占5
H
と
機
械
計 う
ロ
高
級
が
音
声
学
現
現
→
れ
る
よ
と
が
間
の
ら
取
.
最
が
音 強
が
勢
の
官
か
の
同
ば
だ
か
ー
母
種
研
究
向
け
傘
長
た
れ
に
単
語
長
の
の
と
で
っ
行
わ
ろ
で
ペ
2
∽
し
{
。
者
ド
リ
ス
ロ
心
あ
の
い
。
A
て
仁
つ い
て
の
種
賀 諾
変
大 特徴 に
に
〇
計
一
○
旦 模
3
-
れ
た
つ
語発 話 の 音声学 的
ン
邑
。
n
e
∽
九
六
三
年
に
‥
n
守
○
已
b
日
a
匹
s
思
n
ぎ
∽
ド
リ
ー
で
に
行
お
わ
れ
た
た
計
同
学
冒 彼
い
て
・
マ
第
橋論叢
一
現
か
わ
れ
り
例
P
ぺ
p
山
れ
り
り
な
そ
の
の
る
確
率
も
同
の
種
は
が
の
七
【
叫
巴 〇
%
無
強
勢
二
一
だ
と
e
:
e
仙
e
鼓
2
P
巴
2
〔
笥
e
-
選
p
t
〔
一
n
で
あ
る
e
2
-
富
笠
ロ
且
。
e
■
叫
な
叫
語
る
末
の
∽
ま
た
は
H
と
語
頭
接
触
す
る
と
つ
の
〕
柑
d
六
五
の
F
O
n
d
O
が
二
b
記
な
な
る
る
一
。
例
-
P
S
の
連
-
と
○
日
糾
何
と
に
こ
た
は
な
ま
‥
旦
0
日
g
e
〕
〉
E
n
た
は
た
〔
-
P
す
ロ
ー
a
凸
そ
そ
の
色
も を
し 保
ち
方 な
ら
ま
旦
上
母
る
監
。
別
な
理
な
邑
る
。
が
の
、
)
の
監
〕
P
勢
特
〔
∽
〕
合
g
る
か
接
続
詞
等
場
合
∽
a
p
■
曾
琶
つ
P
巴
、
の
連
-
子
邑
前
置
詞
他
b
→
B
e
s
。
、
の
叫
】
無
強
a
れ
る
定
冠
詞
場
の
〔
長
母
音
官
首
e
且
が
p
惣
す
音
一
弼
に
な
る
。
一
村
P
強
勢
母
音
h
〕
が
接
触
し
か
ヰ
p
‥
母
ロ
訂
一
2
㌢
〕
.
音
す
P
る
日
時
は
に
に
や
や
異
あ
ン
な
る
る
琵
不
明
テ
ー
ジ
動
詞
こ
1
る
音
は
が
〔
別
記
す
は
に
同
ー
有 成
ろ
-
で
セ
い
ま
n
計
%
強
勢
限
す
す
い
り
や
は
る
よ
る
え
一
う
な
応
各
場
音 合
節 で
自
形
成
す
孟
で
母
、
P
ロ
相
る
も
の
け
が
空
T
と
を
語
吋
p
接
触
p
を
に
ひ
。
且
O
、
な
一
甘
れ
る
仁
ロ
し
た
め
呂
Z
の
全
体
問
e
〕
音
り
の
日
t
二
音
節
単
無
強
勢
な
。
無
強
勢
現
わ
節
を
形
の
.
音 草
声 g仁
苫 ロP
H■
P
由 強
が
勢
は
そ
t
と
の
の
母
p
岩
語
で
が
に
一
ロ
ゴ
P
山
確
音
n
叫
)
単
ヾ
音
の
.
56
帥) 例
種
が
方
2
八
九
%
ま
(
短
■
日 計 母
邑 〔 音
無
強
勢
一
A
号
一
・
(
の
つ
〕
が
〔
召
h
現
わ
一
工
例
〔
同
勢 種
語 の
無
音
8
2
h
e
る
短
旨 母
語
一
が
二
つ
一
U
b
の
る
㈲
叫
に
仁
∽
e
宮 首
す
-
O
つ
〔
㌢
う
ち
有
〉
強
る
を
〕
の
P
已
ロ
無
罵
口
音
単
勢
の
時
]
で
す
は
-
〔叫
m
)
‥
が
長
日
%
e
と
の
n■
間 吉
音
〔
日
巴
が
母
P
語
つ
を
も
U
る
強
有
e
∽
単
白
日
已 も
訂 無
p
n-
日
O
‥
こ
d
日
の
の
呵
】
h
日
a
t
〔
a
h
は
ロ
の
日
聖
-
二
P
す
に
]
e
勢
q
p
欝
邑
一
2
の
一
岩
監
e
一
評
率
種
監
F
h
○
が
強
勢
の
n
■
ロ
-
同
㈱
P
t
→
e
そ
時
∽
も
s
e
e
且
確
る
官
や
や
が
の
の
最
初
甘 例
た
は
そ
‥
e
も
も
P
第
g
P
に
属
う
ち
罵
唱
強
冒
凹
と
t
⊇
-
な
(
n
0
の
】
h
か
ま
。
e
〔
連
勺
告
が
の
当
-
と
e
ロ
初
強
勢
e
計
例
の
短
母
音
t
日
胃
あ
巾
相
強
勢
に
こ
日
、
う
ち
最
た
P
れ
る
O
-
で
現
わ
d
e
の
の
→
e
O
e
d
音
っ
写
例
母
か
か
-
①
「
h
e
〕
。
と
、
s
か
.
臣
に
あ
相
連
p
2
が
‖
Ⅷ
、
第五十九巻
そ
れ
ぞ
れ
、
無
強
=
。
は
と
九
四
%
に
す
る
、
強
勢
が
か
か
勢
特
有
ら
な
の
場
。
e
∽
が
強
勢
を
も
Ⅷ
特
に
そ
の
直
説
法
現
在
三
人
弛
合
現
称
単
数
緩
は
わ
形
現
僅
れ
e
払
い
っ
て
文
の
象
か
る
は
法
音
の
六
パ
特
∂6
( 57 )
ペ
ス
イ
ン
{
ト
め
仁
∼
の
の
e
t
2
t
e
O
け
わ
e
C
F
∼
e
O
∼
〔
F
〔
房
■
村
一
■
村
-訂
O
∼
2
〔
t
e
e
‥
t
、
P
P
邑
○
d
O
旨
■
巴
t
〔
一
仁
ゴ
P
…
〕
を
ペ
の
対
立
場
合
ン
ま い
。
と
め H
が
で
あ
る
-n
-
t
且
(
7
已
且
n
P
ス
P
-
ざ
よ
う
な
b
‖
〔
両
母
音
)
t
(
ェ
O
様
如
で
で
語
何
重
あ
る
あ
る
で
は
豆
h
監
且
に
ロ
ト
ー
ー
{
⊂
e
∽
{
Z
O
O
∽
耳
詔
n
〔
ロ
○
巴
→
く
0
日
〔
一
n
宜
h
〔
n
O
■
息
h
- ■ 曾 曾
等
一
一
且 且
n
日
∽
〇
互
い
ー
ー
E
e
凸
e
且
H
幻
ロ
両
ー
○
者
⊇
の
〔
e
-
)
〔
e
-
-
‥
O
h
O
が
〕
強
勢
h
O
〕
m
O
ど
リ
E
:
F
P
b
♂
e
e
仁
〔
〔
n
β
ロ
e
一
一
己
旦
リ
m
g
e
〕
O
〔
e
ど
げ
仁
e
ロ
○
〔
e
一
一
P
評 監
一 ○旬
b
-
-
弓
っ
P
(
n
‥
弓
n
e
O
〕
n
O
〕
て
っ
合
。
57
し 同
㈲
が
と
人
起 答
者
か
に
答
は
こ
と
の
え
な
り
重
た
か
要
と
が
い
主
で
あ
る
か
が
糊
と
し
と
分
し
る
子
音
(
て
長
8
訂
H
た
の
(
P
た
は
何
い
場
ま
が
対
立
。
。
っ
た
。
う
。
た
え
た
。
し
か
し
百
分
人 こ
と れ
何 を
と 百
し 分
の
た
の
か
二
ら
も
母
八
人
と
十
六
に
秒
分
と
れ
し
さ
こ
ら
の
に
一
実
験
・
八
音 秒
に
の
た
さ
長
し
如
何
さ
た
の
ら
㈲
に
違
皆
と
)
昌
日
→
e
た
る
合
→
日
C
い
場
○
、
い
)
る
O
〕
が
い
盈
る
か
叫
両
糾
と
m
て
U
冒
な
‥
て
二
か
か
巴
に
に
{
-
m
を
-
り
〔
の
E
→
n
の
-
決
○
已
場
e
に
か
か
一
O
h
仁
O
m
ぎ
〕
H
日
一
〔
e
p
‥
例
琶
つ
ま
日
e
〕
-
已
〕
る
音
ビ
g
有
無
ま
た
は
一
一
n
と
。
る
ロ
○
O
る
な
る
ロ
m
の
-
〕
〇
重
子
n
‥
ま
〔
e
ン
■
な
O
h
諾
且
演
ず
亡
す
一 一
O
対
立
イ
e
O
が
二
ど
連
に
〔
牡
い
q
○
ヨ
〕
m
3
吋
p
紳
m
つ
し
割
を
{
E
。
。
役
て
Z
O
〔
已
な
か
且
S
ー
○
要
き
た
は
く
か
∽
岩
ス
ペ
如
{
Z
て
場
合
さ
が
(
一
班
ぎ
の
い
-
長
丑
…
{
e
∽
の
っ
(
○
)
か
つ
音
と
以
下
。
の
〕
O
n
で
は
■
p
の
の
-
0
〔
e
さ
幹
O
に
日 日
血
m
〔
や
や
長
P
長
血
P
Z
る
呵 :
呵 b
P
h
:
語
例
E
ぷ
寧
=
イ
M
P
‥
…
苗
成
し
な
芸
昏
○
〔
以
上
も
同
一
〕
〔
E
冒
d
P
リ
次
者
.
t
P
芹
て
い
形
の
2
p
旨
わ
ー
n
つ
は
。
P
A
r
e
t
、
○
〕
…
t
、
≡
P
ご
E
e
○
∵
く
2
E
O
く
ロ
P
→
仁
O
F
け
q
ロ
P
已
か
t
q
大特 徴 に
一
合
{
{
∼
仁
か
語 発 話の 音声学的
が
、
g
-
○
ロ
巴
八
・
八
秒
と
し
て
被
験
者
に
聞
か
せ
た
と
こ
ろ
彼
等
最
後
の
例
で
い
ま
問
題
に
な
っ
て
い
る
部
分
を
か
た
と
の
り
大
に
こ
部
百
ろ
混
分
分
が
の
橋論叢
一
】
刑
+
の
遅 表
際 い 現
呼 発 を
気 話 用
段 で い
落 あ た
が
れ
理
を
置
ば
由 砿
で
く
か
れ
た
あ
る
ほ
も
め
あ
行
充
て
る
わ
分
い
勘
案
る
部
ど
分
は
リ
呼
気
段
落
エ
の
ゾ
数
ン
が
が
増
加
に
起
き
る
可
ン
度
な
の
と
こ
と
ン
す
も
い
高
徹
底
れ
は
語
発
け
る
流
腰
リ
。
さ
フ
ゾ
ン
話
内
き
ラ
す
に
く
現
わ
こ
は
う
の
結
貴
草
ん
で
い
重
な
手
る
掛
会
話
で
は
て
の
み
最
小
対
立
を
な
す
発
話
を
し
た
が
そ
も
ン
ず 速
こ
の
ス
る
な
う
有
音
で
語
あ
る
の
同
可
能
性
種
を
ま
能
性
●
る
は
+
●
。
る
と
の
た
か
だ
の
我
で
ペ
規
則
い
は
々
イ
う
常
た
都
ン
な
こ
に
こ
は
き
な
く
語
ど
よ
と
隣
接
と
残
て
は
ス
発
話
ず
音
声
ペ
さ
れ
て
も
の
イ
い
ン
気
段
落
が
く
り
発
エ
の
の
そ
り
ゾ
頻
は
の
半 異
母 音
る
ス
し
ぅ
ペ
た
と
う
か
、
注
目
し
ま
て
呂
い
は
〔
■
き
た
.
〇
苫
∼
身
亘
末
き
尾
ゾ
。
。
〕
と
音
さ
れ
ね
ば
な
ら
な
い
こ
イ
の
ン
で
フ
語
は
レ
を
絶
ー
習
対
ズ
い
に
が
た
e
邑 芦
O
e
ロ
t
e
ス
3
ペ
の
に
あ
っ
部
い
ン
か
に
ゆ
に
生
語
分
を
遅
く
に
よ
に
〔
発
音
く
聞
さ
か
も
も
已
イ
う
と
も
い
-
e
学
が
開
E
P
p
。
な
る
の
。
っ
ん
よ
川
あ
る
の
川
い
で
た
て
れ
た
り
ど
は
れ
。
に
は
の
り
の
た
だ
エ
。
発
化
し
も
ス
い
変
っ
に
な
に
ど
ま
り
い
ま
に
わ
れ
ぬ
ン
「
音
さ
に
よ
区
別
リ
こ
つ
ま
者
と
現
い
リ
カ
異
長
の
い
う
ど 不
る
際
い
ど
い
≡
∽
う
も
筆
じ
た
る
い
ゴ
閉
い
か
て
ン
て
し
エ
テ
、
の
で
あ
は
な
ら
な
い
。
官
の
は
苫
O
e
凹
よ
h
O
〕
発 と
音 発
ほ
音
に
語
と
る
現
こ
い
と
に
る
え
ど
も
わ
れ
る
は
例
致
文
し
方
な
こ
ペ
ー
ジ
に
あ
一
A
y
な
る
。
れ
は
い
い
勺
現
か
30
象
た
で
リ
あ
エ
一
P
2
っ
■ く
e
上
て
っ
り
し
た
発
話
で
あ
ろ
q
喜
-
2
d
d
C
P
邑
口
甲
日
計
ロ
β
る
。
の
e
払
の
呵
ヱ
日
が
無
声
ゾ 音
ン
反
の
対
得
意
に
ず
同
な
書
ス
の
ま
ま
で
現
わ
の
ペ
れ
六
イ
て
六
ン
来
爪
の
ゾ
ほ
が
音
拠
き
し
て
古
な
ど
と
カ
以
上
を
い
り
が
ば
な
ら
な
り
書
難
と
証
く
稀
)
に
め
わ
れ
る
ほ
こ
れ
58
ら
秘
。
で
は
(
と
え
実
リ
が
号
一
通
用
し
が
た
の
行
ら
極
の
さ
か
い
に
そ
し
音
化
し
彼
ト
は
の
リ
。
と
で
時
ト
で
だ
だ
と
同
ば
つ
。
で
ス
ど
だ
や
や
ル
●
ず
第
う
し
た
と
。
れ
る
●
ょ
テ
ク
音 筆
声 者
。
合
な
も
る
●
っ
る
は
れ
れ
さ
す
エ
発
話
可
●
れ
ね
い
第五十九巻
、
コ
切
れ
る
は
ず
で
あ
る
。
す
る
と
速
い
発
話
で
は
必
ら
。
。
の
ち
以
上
ば
例
の
か
り
だ
か
文
実
験
結
果
ら
て
で
あ
る
実
は
日
際
常
。
す
べ
m
て
邑 説
呂 明
W
さ
れ
る
と
恐
ら
く
は
日
払
呂
P
e
り
で
一
㌻
、
最
後
に
断
ゆ
音
あ
る
が
の
が
d
で
会
話
e
∽
要
彼
と
p
の
概
の
会
話
っ
論
文
わ
そ
れ
は
が
の
す
な
し
よ
う
e
小
n
訂
宕
は
能
性
が
あ
→
の
。
っ
て
S
も
同
官
起
夢 書
の
F
ぎ
d
e
り
と
い
う
文
六
七
と
い
ー
n
う
慧
に
召
旨
C
は
F
e
一
A
の
p
3
の
い
笥
ジ
応 文
ず 呼 章
き
な
ペ
が
あ
る
が
こ
訂
q
∋
章
、
ロ
.
西
訳
e
t
P
一
q
莞
に
と
っ
こ
と
で
あ
る
。
例
を
W
.
朋
( 59 )
巴
F
r
勺
で
岩
も
い
ロ
ロ
n
、
か
亡
ロ
⊥
。
ぎ
-
P
。
P
声
巴
か
〉
臣
P
)
㌫
…
)
P
已
g
-
す
、
前
章
で
も
ち
Ⅲ
と
重
子
音
触
の
れ
た
回
ょ
っ
通
り
、
日
本
人
学
生
の
中
避
る
番
目
導
こ
凹
を
が
強
い
。
Z
p
く
語
、
特
の
ほ
こ
入
し
て
発
論 音
文
紹
介
う
の
い
部
さ
れ
た
醜
悪
喜
∽
ペ
イ
の
二
重
>
し
し
て
仁
た
も
巨
い
感
ス
る
と
じ
ペ
を
イ
○
こ
に
よ
か
う
と
-
に
は
E
賢
っ
e
O
ロ
t
を
拾
か
払
p
>
等
】
i
O
n
を
挙
か
払
-
げ
り
音
が
と
し
ま
た
切
た
は
れ
強
目
母
生
て
本
ず
m
来
的
傾
る
か
あ
く
の
い
阜
句
U
(
-
か
)
は
い
こ
で
あ
る
の
問
題
の
H
P
O
P
O
G
A
U
E
J
A
亡
Z
H
中
か
扱
廿
⊆
V
ら
E
前
た
邑
二
論
・ 者
邑 と
文
訂
、
P
)
t
F
と
O
ユ
t
に
P
>
○
ユ
t
-
P
日
監
は
ち
で
あ
る
賢
ぎ
が
と
)
>
っ
た
い
っ
e
P
O
弓
e
n
の
河
∽
H
D
A
U
ロ
H
C
H
H
I
「
肖
¢
.
u
-
已
p
t
)
者
避
h
○
弓
e
-
払
-
n
S
せ
匝
n
訂
F
出
O
J
肖
→
H
Z
-
ロ
阜
H
強
の
母
中
音
で
ど
特
う
し
に
気
の
に
衝
突
な
る
現
象
日
巴
旨
1
南
米
の
N
p
ヨ
。
→
a
ス
∵
。
の
イ
等
望
ン
巴
を
語
つ
を
け
取
加
扱
え
っ
e
。
t
O
-
O
g
小
P
払
]
て
盲
こ
い
O
と
る
が
、
き
そ
る
こ
。
か
さ
ら
ら
も
に
ナ
P
-
○
○
完
㌻
○
】
p-
謹
告
○
E
る
が
で
C
弓
巴
㌢
)
ペ
U
く
た
は
回
発
音
り
O
ま
の
の
巴
誌
∽
音
O
習
e
∈
開
母
(
語
学
∽
β
Ⅲ
ン
。
日
え
っ
白
色
I
己
t
p
て
る
ス
>
(
9
極
に
岩
r
と
え
ば
e
E
t
た
の
を
取
U
。
問
の
m
る
し
ほ
訂
t
-
調
い
く
ら
。
)
く
。
す
、
な
音
み
e
と
が
で
る
と
。
、
の
あ
(
そ
O
こ
き
っ
て
み
る
廿
る
っ
t
-
M
従
e
∽
p
t
-
除
t
t
し
き
O
p
ツ
し
な
ね
き
強
℃
賢
ユ
-
芹
る
t
の
い
e
○
な
れ
で
あ
p
閑
母
例
t
巴
E
巴
一
っ
-
さ
に
ほ
、
の
は
も
っ
O
在
且
入
と れ
し て
て
し
も ま
う
も 傾
と 向
も が
と そ
い
に
取
P
O
の
れ
ゴ
が
で
E
つ
浩
有
わ
巳
う
て
ま
い
嫌
を
性
質
し
も
音
せ
る
m
て
と
許
る
二
そ
こ
を
も
存
と
断 恰
n
ま
を
道
イ
だ
る
語
語
て
ど
と
語
け
に
ツ
。
0
ペ
最
な
内
る
0
ス
し
髭
何
い
盲
∽
に
お
と
が
語
え
言
ら
語
に
ほ
た
考
○
山
初
歩
に
E
巳
、
e←
さ
っ
生
口
が
る
)
等
m
い
ン
な
ど
ぎ
ン
ほ
ず
る
日
。
場
合
学
ゴ
、
○
あ
る
け
な
ら
ま
〔
向
に
旦
訂
と
亡
発
音 本
す 来
一
で
官
イ
い
ば を
な 有
ら す
な る
て
○
ペ
な
と
難
と
き
の
)
端
い
ス
う
∽
れ
だ
ど
に
。
○
て
し
際
ご
ロ
い
て
ン
語
d
よ
且
に
び
惣
苧
○
を
に
い
の
い
旦
な
払
悪
癖
込
む
分
ヒ
)
な
の
う
e
の
e
∽
t
二
ス
し
持
。
れ
ほ
在
こ
○
巴
に
甜
日
の
の
呂
呂
巴
訂
蒜
俗
語
p
ロ
亡
。
に
そ
寛
3
い
二
を
は
や
け
p
e
、
す
も
っ
F
O
り
へ
癖
の
た
だ
巴
t
の
ま
ま
い
e
あ
る
e
払
t
に
か
。
O
う
発
音
き
宗 ら
旨 拾
-
と
語
ン
以
g
e
→
本
で
イ
-
匂
語
且
向
降
O
た
よ
2
傾
-
)
〕
そ
巴
n
n
b
○
さ
・
巴
日
つ
で
、
ペ
p
.
と
∽
ス
の
5
害
ン
ざ
∽
る
P
N
っ
。
す
巴
F
琶
○
「
い
イ
大 特徴 に
に
か
2
E
賢
ペ
も
あ
一
避
【
払
の
語 発 話 の 音 声学 的
H
臣
○
i
空
}
ン
n
阜 名
思
F
イ
を
回
㌫
-
t
ペ
ス
p
-
を
見
つ
P
け
は
そ
る
の
と
が
で
り
旨
こ
N
き
た
0
以
下
巴
で
ま
告 中
。
た
橋論叢
一
を
る
ス
と
読
ペ
す
イ
信
ず
れ
ン
一
ば
を
暴
露
が
あ
る
が
、
し
て
最
あ
る
で
の
の
人
あ
が
こ
る
発
音
目
と
と
に
昔
節
構
を
を
の
関
見
張
忘
印
象
ン
に
ろ
ス
で
ぺ
の
い
結
イ
い
い
ラ
本
知
識
の
局
ン
。
が
ン
語
も
な
は
は
語
ス
に
い
て
酷
似
音
を
、
嫌
の
や
す
に
と
本 大
て
ス
な
て
い
ペ
る
習
得
る
た
め
イ
も
ン
の
人
ペ
達
で
き
な
音
イ
も
す
も
落
を
す
ン
の
の
る
ス
語
で
こ
ペ
し
穴
べ
史
油
断
で
あ
る
∽
E
>
○
e
→
的
ロ
3
→
ロ
e
∽
.
、
河
村
p
呂
A
は
ふ
る
え
>
音
日
監
m
駕
た
勺
>
A
河
戸
P
】
A
。
∽
S
C
q
>
勺
P
仏
句
E
押
河
口
V
。
S
も
同
様
C
s
河
A
e
∽
∽
-
男
。
句
J
こ
こ
二
と
重
。
鼻
子
音
や
A
呂
呂
A
>
摩
擦
音
【
-
単
P
b
E
呂
呂
A
>
3
も
一
化
す
る
が
、
時
っ
た
の
で
あ
る
。
P
つ
ま
O
C
P
-
一
化
は
母
音
間
無
声
A
→
亡
>
勺
e
O
邑
0
、
∽
H
音
C
C
の
q
化
よ
り
も
亡
甲
変
後
.
の
習
癖
棄
S
勺
A
q
→
q
G
>
>
∽
e
0
0
-
く
A
→
→
A
g
巴
○
一
冒
字
e
t
A
ロ
DH
→
p
G
q
→
→
A
>
e
ロ
g
O
呂
H
→
→
e
E
〔
河
軟
E
>
口
e
〕
A
口
、
C
・
A
>
イ
音
こ
構
い
ン
な
と
造
上
t
e
→
C
A
、
ワ
〔
唇
音
知
を
嫌
ン
二
う
も
語
に
重
子
〕
q
が
重
破
抜
粋
単
か
子
日 と
賢 な
音
Gり
ほ
単
-
O
p
H
と
化 次
し の
i
ユ
く
勺
P
ま
ま
で
A
で
吋
勺
そ
れ
あ
る
。
Ⅰ
〕
ワ
す
保
e
臥
○
-
P
か
ら
該
当
部
写
O
P
七
P
て
ま
呂
p
歯 】 変
音 ゎ 化
∴
え
い
冒
分
>
に
変
野 存
以
上
d
て
β
一
の
る
。
邑
勺
A
明
ら
d
e
し
如
C
化
て
み
る
そ
)
音
P
を
>
じ
は
)
い
h
)
二
一
不
の
∼
裂
音
と
単
イ
思
う
。
等
ペ
を
ダ
ブ
い
e
∽
払
e
も
が
な
∽
∽
。
最
筆
者
と
は
。
-
れ
は
置
.
e
の
位
45
F
ス
ろ
う
こ
。
の
こ
る
。
∽
∽
-
語
の
外
\
こ
だ
、
-
ど
。
の
軍
訂
の
よ
多
勺
勺
肖
E
>
う
の
勺
A
→
呂
う
む
申
出
頭
か
監
A
い
(
∽
e
a
日
音
出
勺
t
P
}
弘
邑
蓋
S
と
の
ペ
な
。
賢
ぶ
る
母
国
日
且
わ
ざ
わ
ざ
喉
語
→
q
勺
-
>
邑
e
c
e
写
>
書
C
C
V
>
l
V
子
有
声
を
破
】
り
肖
C
C
上
は
そ
A
>
す
発
音
語
C
単
少
し
S
S
そ
り
㌦
A
P
、
O
O
>
・
変
畠
.
る
が
あ
る
に
起
に
声
冒
不
6■
4
が
2
G
q
g
は
2
q
>
-
m
∽
∽
∽
す
.
P
E
イ
化
イ
。
○
○
〉
O
P
印
河
A
>
臼
>
A
旨
賀
3
∽
q
巳
呂
A
河
S
∽
化
し
と
こ
が
容
易
の
な
も
と
語
特
し
込
し
て
ス
母
国
此
し
要
も
い
に
必
り
ま
日
を
持
こ
ず
国 発
音
、
( 60 )
号
一
緊
張
っ
障
碍
に
日
当
に
上
に
の
と
語
の
に
い
こ
。
国 ル
語 凹
は
そ
発
音
あ
が
日
の
の
に
前
述
フ
般
外
よ
る
に
・
、
一
ス
P
で
が
重
子
ヨ
う
ま
多
人
訂
系
適
度
重
子
と
え
t
体
語
な
ら
な
は
欠
日
英
い
こ
如
→
と
例
か
は
e
音
る
う
、
こ
す
た
二
∃
ぬ
母
か
に
二
を
与
え
び
O
や
る
ほ
ど
っ
t
し
て
は
外 発 し 本 ん
国 音 た 語 で
語 習 方 と し
の
得 が い ま
発 の 発 う う
音 た 音 彼 人
習 め し 等 が
得 に 易 の す
関
で
E
>
同
造
ば
な
ら
、
い
語
→
q
河
戸
で
し 後
ま の
う と
れ
て
第
せ
ね
に
ン
あ
音
声
学
と
が
ラ
テ
頻
繁
。
語
、
に
る
お
よ
び
第 五 十九 巻
ロ
か
邑
2
N
-
い
る
こ
と
空 を
計 知
-
の
名
著
(
窒
し
て
呂
呂
る
こ
と
に
よ
っ
仁
巴
て
の
61
(
)
際
と
さ
て
さ
特
と
し
き
注
て
ど
の
悪
癖
吋
を
二
重
子
ほ
は
日
本
人
学
音
生
化
す
が
る
ぺ
傾
向
を
挙
げ
た
が
、
イ
ペ
ス
ス
に
に
目
す
る
必
要
が
あ
る
と
思
う
。
イ
ン
〔
p
臣
も
已
。
〕
の
J
や
e
ロ
的
口
ー
O
N
出
O
t
p
n
O
の
イ
発
音
で
あ
る
。
叫
が
二
・
e
-
h
3
を
見
る
と
、
A
習
ぃ
已
琶
訂
ロ
e
∽
-
吋
邑
e
呂
巳
ユ
P
y
P
臼
A
ワ
訂
局
y
朗
叶
訂
監
P
2.
て
い
例
「
音
声
学
+
の
p
0
0
巳
現
代
ー
ス
キ
ロ
n
e
岩
口
内
を
〔
丘
‥
ざ
ペ
イ
ン
語
に
も
通
用
す
る
。
ー
t
む
巴
ド
イ
ツ
思
〕
語
■
V
お
よ
び
〔
一
e
H
一
手
し
〇
出
や
-
著
C
か
盲
発
音
O
→
-
の
で
ほ
H
l
P
賢
の
口
ら
少
ァ
パ
し
例
に
〔
す
且
な
呂
已
-
e
→
の
プ
ロ
い
・
た
サ
の
ッ
は
カ
ー
ラ
西
中
う
選
ン
チ
に
ス
ー
ス
・
と
詞
を
い
に
ほ
ア
て
つ
ピ
ラ
ビ
も
い
触
で
に
ー
オ
「
語
ら
こ
う
れ
て
お
他
の
で
明
ら
か
で
あ
る
。
由
に
よ
・
ス
バ
ペ
ロ
っ
の
紹
解
介
し
決
法
た
が
の
輸
入
し
そ
す
ら
な
た
の
。
。
昔
に
も
ス
拘
イ
ペ
イ
ン
語
て
ー
筆
ハ
+
者
が
と
声 表
門 記
閉 す
鎖
音
こ
ら
ン
を
の
凹
を
相
当
嫌
ら
の
数
こ
輸
の
訂
も
ち
ろ
名
F
ん
入
名
と
に
詞
つ
う
は
賛
成
し
べ
難
き
い
で
あ
る
。
文
豪
。
盟
日
C
ペ
の
イ
>
論
ン
2≠
文
語
中
に
の
訂
ス
→
に
彼
が
あ
て
は
出
る
〃
を
て
聞
変
敏
感
畠
-
e
・
音
の
で
傾
あ
る
向
た
め
た
何
に
は
な
我
に
め
起
に
つ
々
こ
そ
い
て
も
初
級
人
だ
音
著
は
点
し
の
に
い
語
つ
ス
に
い
ぺ
ス
イ
ペ
ろ
う
と
思
う
っ
た
ま
ま
仮
で
名
を
述
ふ
っ
○
て
、
る
呂
甲
㌣
J
出
>
の
片
て
あ
-
調
い
野
来
且
で
。
く
A
の
い
べ
ち
し
ま
う
た
る
て
、
巴
化
し
日
と
る
が
U
○
1
が
五
に
口
亡
>
セ
、
2
-
き
と
P
P
g
大
は
11
本
し
あ
亡
>
く
と
吋
H
河
ま
よ
甘
-
G
河
口
Z
宅
も
+
訂
-
○
ホ
や
亡
>
-
は
。
出
H
r
F
Z
Z
訂 蓋
F
る
且
○
)
と
+
-
粥
口
い
ホ
m
旨
巴
-
代
持
ブ
e
○
P
r
と
>
-
.
ロ
e
O
.
こ
「
J
ト
>
て
バ
A
ハ
A
匂
P
抄
〇
に
、
せ
∨
現
A
ト
r
A
Z
Z
A
手 挙
許 げ
っ
う
な
理
に
呂
已
例
A
Z
Z
亡
こ
C
ロ
ロ
吋
き
r
跡
形
。
が
フ
声
門
閉
鎖
音
の
筆
筆
者 者
が
い
ま
い
す
な
ら
ば
と
ど
か
出
滞
。
ヤ
を
そ
、
て
は
e
か
と
め
の
訂
一
出
身
を
ロ
材
料
こ
は
E
る
ル
ー
語
e
ン
。
♂
ヨ
そ
れ
已
t
い
冒
ず
e
s
e
イ
さ
n
が
呂
ー
て
印
傾
已
向
が
ペ
の
昌
た
て
中 誇
衛 る
を 最
つ
強
と
と
○
こ
語
ン
を
N
む
は
服
部
四
郎
p
あ
と
(
ブ
ン
葛
発
音
ス
は
ョ
こ
そ
れ
ぞ
れ
人
〔
h
る
と
に
M
し
已
ン
已
な
口
ペ
ン
日
-
単
■
日 彼
ャ
A
よ
り
借
用
ス
チ
ム
P
ト
ラ
〕
で
日
対
し
級
ピ
発
音
当
に
が
イ
タ
リ
ア
系
N
)
彼
は
ソ
イ
n
O
笥
。
由
払
品
■
甘
い
、
計
で
ほ
と
の
七
も
〕
F
O
n
忘
ヨ
○
ン
p
村
村
p
、
イ
誰
〔
か
巴
チ
。
つ い
】
ず
る
止
の
ラ
、
勺
C
た
う
の
と
の
p
:
ん
ス
す
g
O
2
世
っ
ペ
P
且
e
e
の
イ
ツ
ン
n
空
在
て
で
あ
ス
g
已
と
を
ア
ば
官
e
で
し
も
ち
ろ
フ
容
訂
現
ゼ
こ
-
こ
と
ド
ろ
ぶ
2
手
普
通
こ
e
は
国
境
い
の
た
呼
学
t
の
界
な
を
考
慮
ル
で
音
大特 徴 に
あ
音
発
一
が
重
子
語
e
語発話の 音声学 的
ン
。
ン
語
教
科
書
な
P
た
オ
ど
で
も
よ
ブ
は
「
イ
。
近
い
こ
喉
れ
ほ
頭
ン
事
を
人
実
つ
の
音
素
い
皆
目
〃
の
に
前
対
し
に
。
い
緊
張
さ
せ
て
恐
ら
く
叫
が
軟
口
蓋
橋論叢
一
Ⅴ
ば
け
す
イ
仮
不
る
る
ン
結
論
こ
語
と
自 P
然 官
の
り
に
そ
で
あ
る
m
叩
音
節
末
に
役
立
が
つ
本
来
有
。
の
で
子
音
あ
ろ
う
と
の
弛
緩
め
か
連
ら
な
か
に
い
聞
て
C
え
も
聞
く
と
い
い
る
で
っ
り
と
の
よ
う
な
発
音
し
が
い
存
在
い
る
す
う
流
麗
る
が
な
我
流
し
た
々
れ
ら
の
と
、
を
罵
t
e
ほ
な
さ
が
よ
語
を
い
ら
の
秘
し
に
く
分
音
節
構
て
い
た
造
る
流
青
る
ン
め
の
く
で
あ
る
。
ら
造
ろ
問
題
い
の
で
な
く
連
C
て
な
く
も
り
C
と
C
か
の
ま
も
常
に
母
の
っ
た
。
と
に
な
っ
た
。
要
つ
も
。
ペ
イ
ン
語
に
は
曾
る
か
?
+
東
京
外
国
≡
語
払
大
の
学
も 論
の
集
か
流
音
、
も
と
く も
そ う
の
少
位 し
-
○
-
、
消
滅
絶
置 消
に
滅
何 の
ら 度
摩
擦
音
対
か
に
の
が
て
残
晋
小
い
と
ら
な
が
だ
る
に
の
と
し
間
が
て
に
は
明
ら
も
大
し
た
か
と
な
そ
れ
ほ
摩
ろ
う
が
、
な
ら
ば
題
語
音
素
論
し
て
し
ま
っ
る
。
こ
れ
が
い
■
Ⅳ
。
言
が
語
何
と
ス
つ
ペ
に
よ
に
。
ユ
っ
〔
三)
て
ン
こ
語
ん
に
な
ま
は
に
と
s
り
内
ま
の
の
多
八
論
く
を
(
)
ス
ペ
の
曾
ニ
ー
こ
か
し
語
な
と
る
い
驚
と
す
ら
こ
、
に
筆
者
以
上
空
会
社
必
要
〔
訂
ざ
あ
る
は
る
と
な
を
い
し
く
こ
〔
一
計
ま
た
は
r
訂
岩
ば
い
人
か
の
り
を
と
思
う
(
h
の
名
)
か
訂
苗
字
-
音
〕
■
】
評
○
芦
駕
ロ
冨
e
t
-
。j
〔
つ
い
が
い
も
出 滞
し 西
中
て
る
さ
こ
き
と
に
に
で
紹
集
も
介
め
あ
た
り
で
は
お
村
〔
り
M
語
末
は
子
い
音
化
す
る
■
。
-
邑
こ
ぎ
う
〕
-
0
く
-
甲
ユ
已
U
呵
ラ
、
8
語
訂 末
。
〔
■
打
(
ブ
。
e
〕
)
〔
打
〇
-
一
亀 盲
〕
〕
-
ジ
、
畠
a
勺
の
航
a
a
○
勺
ル
れ
に
れ
て
こ
〕
べ
ら
こ
〔
○
。
述
筆
者
)
旦
h
、
音
れ
る
の
内
子
さ
う
も
が
た
通
り
違
こ
語
る
で
発
音
で
ま
ら
も
分
)
言
巴
が
あ
る
文
ン
の
日
部
開
放
連
接
イ
な
と
。
)
イ
は
。
ぅ
な
62
い
著
音 し
節 く
末 弱
大
差
前
述
(
て
は
あ
か
破
残
ペ
例
裂
音
合
の
問
る
か
い
は
な
す
う
な
ら
ば
こ
ぜ
「
号
一
得
。
ス
ン
第
い
も
そ
か
こ
化
す
ら
で
あ
る
す
る
と
て
あ
る
か
な
事
英
っ
存
在
に
か
く
摩
擦
音
が
と
擦
音
い
つ
イ
ご
ロ
を
し 見
は
-
開 筆
放 者
ゼ
移
行
○
(
る
に
化
ま
た
ほ
に
-
す
音
一
「
ス
部
開
旨 放
連
課 接
∼
内
部
の
と
造
、
め
り
こ
こ
う
音
の
距
離
る
た
う
C
へ
節
構
。
ま
た
同
じ
、
ら
い
発
音
上
p
p
能
性
C
り
な
巨
を
区
し 別
な す
。
。
つ
存
在
い
い
+
は
ま
イ
が
な
め
ら
は
な
い
状
態
こ
れ
が
よ
発
音
の
存 も
在 結
し 論
ら
る
と
が
う
は
も
か
可
構
方
い
の
と
ペ
節
、
e
〕
と
連
接
t
ス
じ
ず
h
e
〕
あ
る
ペ
か
の
甘
t
阻
害
ス
か
で
は
邑
に
お
音
い
-
勺
章
そ
れ
は
う
と
a
ロ
P
し
く
感
後
者
〔
ざ
著
た
、
〔
官
こ
ろ
う
っ
わ
の
あ
。
ユ
な
ノ
て
の
ら
発
話
ロ
ゴ
第五十九巻
巴
て
し
た
、
監
あ
ま
F
-
2
子
音
訂
り
多 品
に
関
言
を
論
す
要
文
る
さ
に
例
な
詳
の
紺
63
(
)
さ
れ
て
イ
い
ン
る
程
度
で
あ
る
。
し
か
し
こ
ペ
ス
ス
に
ペ
無
視
語
会
話
+
以
下
で
や
語 発話 の 音 声学的
学
習
者
切
な
れ
い
こ
な
事
項
れ
は
か
も
筆
者
知
の
い
た
。
来
の
め
ス
し
か
も
れ
で
し
で
い
に
日
か
門
書
本
し
全
く
引
出
語
さ
れ
た
貢
献
す
存
在
で
け
雄
点
で
事
項
の
が
い
い
る
と
が
日
も
本
人
々
強
生
き
は
調
た
全
く
不
当
規
か
あ
る
あ
「
関
係
め
強
勢
符
果
が
号
し
出
は
。
他
の
同
種
「
文
中
で
臥
と
が
的 書
打
い
た
れ
る
う
な
て
あ
る
が
れ
れ
和
弱
勢
仕
末
強
聞
苦
う
ま
勢
詞
勢
た
や
ス
ク
に
形
で
を
し
学
教
形
を
ペ
に
の
か
い
生
イ
喜
読
し
詞
ン
ば
こ
め
お
か
師
も
有
に
あ
る
定
冠
こ
て
や
語
ね
れ
る
げ
い
し
で
関
係
は
ら
れ
に
特
ば
な
ら
な
、
、
、
、
ッ
、
。
筆
者
の
が
あ
発
音
い
る
に
て
そ
こ
イ
の
代 種
き
語
え
ン
あ
と
い
に
る
と
語
の
ば
知
ま
と
部
で
文
こ
に
ポ
で
強
章
う
ー
に
は
あ
る
勢
語
あ
る
ほ
い
ズ
と
思
う
な
っ
を
だ
た
置
ら
前
掲
い
も
と
.
が
、
も
な
い
。
で
の
e
と
区
別
す
語
と
い
強
勢
は
と
誤
に
り
め
つ
う
を
い
で
で
。
∽
P
訂
つ
で
あ
れ
。
1
い
の
で
に
ば
‥
の
い
と
こ
わ
仮
と
臥
に
こ
・
か
に
、
リ
ズ
の
、
の
い
は
そ
け
に
の
み
に
て
お
ペ
る
た
郎
高
の
ら
、
ゴ
る
け
。
る
全
ん
で
+
ぞ
が
と
の
が
こ
い
な
ツ
ス
解
∽
と
い
聞
あ
る
呵
の
み
に
弱
勢
の
お
よ
び
音
呵
現
わ
る
な
計
の
目
は
ボ
ー
ズ
れ
の
わ
れ
た
統
あ
と
と
と
糾
空
ゴ
詞 参
の
考
書
現
し
の
あ
あ
の
名
か
の
日
ズ
で
は
の
と
と
語
出
な
現
ど
れ
た
関
的
っ
こ
れ
智
ず
も
が
に
て
る
か
、
何
㌢
も
わ
せ
れ
を
る
、
ー
れ
ば
す
ぐ
理
め
ボ
と
と
そ
反
対
号
あ
、
仰
。
有
声
摩
擦
異
頻
度
て
み
れ
ど
の
の
も
ら
う
な
ら
ば
結
ズ
と
は
の
て
あ
る
Ⅵ
あ
定
し
読
ペ
仰
ー
ぞ
せ
て
た
は
同 イ
じ ン
く 語
っ
の
の
な
よ
ス
れ
い
。
か
か
で
目
え
ば
い
こ
語
発
話
響
あ
と
と
〔m 〕
関
係
て
が
従
、
ド
イ
ツ
い
を
香
定
す
の
ペ
て
ま
り
な
。
ら
こ
け
に
は
そ
結
論
い
し
は
あ
が
則
存
在
の
る
強
勢
符
る
。
に
え
ば
強
勢
裂
異
音
語
入
の
ら
破
ン
出
版
辰
た
イ
こ
と
の
の
く
を
と
こ
で
あ
る
い
こ
な
。
だ
る
方
や
あ
る
じ
を
が
強
勢
た
さ
れ
て
来
ス
ま
取
除
れ
持
こ
い
の
感
の
田
て
が
こ
も
あ
と
て
ら
た
Ⅶ
い
出
版
∽
e
は
ボ
な
で
は
、
音
。
し
い
岡
に
る
ッ
は
よ
ま
ま
っ
も
我
の
摩
擦
異
音
人
イ
ン
て
つ い
ペ
。
事
実
の
大 特徴 に
一
最
近
の
毛
ン
さ
れ
て
た
や
イ
て
一
び
ど
の
な
針
に
、
の
存
在
の
み
、
る
。
率
は
つ
詞
に
s
い
こ
や
そ
て
ロ
の
前
置
詞
訂
小
㌢
う
。
∽
こ
訂
-
誉
臥 。
こ と
∽
m
∽
い
っ
る
さ
事
実
が
・
の
い
所
有
形
容
現
接
続
い
学
習
書
詞
の
わ
で
短
な
強
に
お
い
調
い
縮
形
た
さ
れ
て
や
く
め
服
実
で
あ
な
す
顕
著
た
う
な
い
の
る
な
に
ろ
し
弱
、
詞
多 斜
数 格
よ
直
代
名
状
で
あ
る
。
橋論 叢
一
お
し
が
深
く
て
ス
い
こ
は
い
ペ
確
信
学
イ
意
味
の
る
人
ン
で
し
の
し
し
は
が
二
語
な
く
イ
て
か
こ
い
発
音
か
ン
も
も
人
ば
存
在
語
る
指
導
ス
ペ
か
り
あ
る
し
な
に
イ
当
ン
る
語
の
い
。
`
和
+
に
い
と
、
者
ス
ペ
。
む 発
し 話
ろ の
れ
て
で
あ
る
生
意
味
か
う
し
に
で
筆
者
騒
の
ぎ
立
結
論
て
る
は
の
い
て
専
こ
必
な
門
的
な
と
要
か
に
を
今
も
な
平
ま
い
凡
で
。
、
音
声
学
一
一
面
的
大
と
の
特
徴
非
常
教
師
に
に
よ
は
こ
地
来
い
い
の
か
ら
主
た
よ
で
と
述
思
の
べ
見
て
わ
れ
る
か
で
う
彼
こ
等
と
だ
主
と
し
所
説
け
て
て
結
か
内
果
う
知
を
ら
部
開
筆
者
結
論
を
を
張
に
れ
の
念
頭
し
実
な
た
に
い
い
深
。
の
い
し
の
紹
)
(
つ
も
う
こ
も
、
今
更
か
語
よ
の
も
ー
ま
野 し
っ
さ
れ
ね
ば
な
ら
な
い
に
放
よ
言
及
連
接
う
に
筆
に
入
し
り
最
つ
も
よ
け
気
音
っ
た
た
に
「
も
内
な
ス
う
く
目
を
さ
せ
た
発
音
が
場
物
語
記
両
言
語
と
っ
い
す
は
合
る
る
異
等
語
事
顕
著
な
り
の
子
音
境
の
切
れ
分
ら
、
ず 意
味
誤 不
、
ま
実
は
、
て
音 化
る
、
な
流
麗
声
る
の
示
す
こ
内
よ
母
音
と
の
う
を
強 と
く は
叩
き 無
を
全
な
を
つ
ス
か
る
ペ
音
素
音
す
あ
る
さ
イ
。
ン
こ
す
を
と
語
間
語
の
べ
の
こ
て
こ
の
書
と
と
正
取
を
う
し
て
目
で
い
有
呼
気
段
落
に
る
と
を
い
ぶ
分
け
方
語
群
特
性
無
に
た
明
の
有
声
い
外
国
人
学
生
っ
、
す
一
く
っ
声
特
徴
化
、
。
こ
の
特
性
、
つ
声
け
破
裂
つ
る
よ
前
う
の
を
も
音
の
よ
る
部
っ
ペ
開
た
イ
つ
ン
。
一
て
な
結
論
っ
い
ど
う
同
様
ス
う
こ
の
ペ
で
こ
こ
イ
あ
る
ま
と
で
が
書
い
の
い
て
え
る
ン
語
ペ
に
イ
音
。
ン
楽
発
音
語
の
は
で
は
方
他
て
そ
で
の
ろ
用
い
そ
品
い
か
ろ
邑
○
る
な
レ
る
結
論
に
ガ
欧
を
相
当
ー
米
出
来
の
す
段
イ
言
語10
よ
イ
と
う
ン
い
に
語
う
英
こ
「
聞
の
事
語
の
口
内
は
え
る
単
実
の
語
話
已
∽
の
プ
ラ
ぎ
た
め
に
し
手
ス
昏
言
連
接
○
ユ
が
こ
の
彼
れ
正
を
確
(
へ
階
)
が
-
、
「
A
一
つ
-
我
語
々
に
き
す
の
の
は
に
べ
内
出
部
し
た
緒
の
に
に
は
語
な
の
已
く
ス
の
音
宇
β
が
は
た
証
明
え
ば
は
英
存
在
と
さ
れ
て
い
語
る
や
ド
イ
ツ
言
語
と
は
異
な
開
放
連
接
語
し
な
い
と
い
-
訂
の
論
文
の
p
・
-
笥
。
し
ょ
ほ
さ
言
語
て
も
ら
放
連
接
存
在
)
や
常
ト
64
た
よ
〕
、
、
(
号
一
に
〔
ス
一
で
あ
る
か
。
t
O
。
大
発
見
し
て
論
e
第
の
に
)
介
に
タ
リ
ア
そ
れ
に
生
む
と
発
第五十九巻
。
+
を
、
て
一
ペ
境
つ
イ
い
声
的
け
ン
目
定
て
語
を
す
の
義
べ
話
示
す
っ
ら
し
の
せ
て
手
に
は
用
e
已
賢
-
○
ロ
で
あ
る
は
。
彼
ず 等
む
か
は
い
と
う
で
い
ス
い
し
い
結
あ
る
ペ
る
い
一
N
e
→
紆
S
t
2-
ぎ
各
共
著
の
→
e
琶
E
ロ
g
m
す
巴
訂
-
う
、
F
朗
( 65 )
ロ
○
夢
‥
割 と
合 接
に
触
訝 早
t
已
-
○
∽
若
宮
①
巴
E
払
勺
P
ぎ
】
Z
已
苫
(
-
芸
事
や
は
り
か
か
る
異
様
な
方
言
に
ほ
目
る
く
t
e
-
語発話
る
ぎ
0
0
な
か
場
ら
合
に
お
つ
極
端
い
て
。
に
現
に
強
勢
の
方
方
で
は
の
が
は
全
か
か
脱
落
子
音
然
反
対
早
倒
的
い
に
所
多
で
い
。
は
A
こ
・
の
声 現
E
象
p
∽
ぎ
こ
日
-
だ
で
見
る
限
り
ろ
う
方
言
懸
P
-
才
p
n
O
恥
仏
も
E
・
る
に
も
起
こ
危 節
険 構
し
+
母
し
ま
う
音
の
と
傾
い
の
う
で
あ
れ
て
変
種
イ
と
は
将
来
イ
ン
は
語
統
い
こ
語
欧
う
ま
れ
の
米
こ
こ
で
れ
に
と
拘
政
ら
界
し
問 て
題 行
ず
、
。
や
ろ
う
と
る
。
ン
、
る
だ
両
大
陸
に
ま
概
た
が
に
っ
一
U
勺
e
】
A
4
0
「
A
・
3
ム
ー
(
-
ま
占
等
の
諸
論
て
ペ
広
範
文
囲
こ
ロ
E
已
0
0
勺
河
∽
E
Z
→
E
変
の
と
え
々
よ
し
に
か
し
の
発
音
い
の
う
た
ペ
る
い
イ
で
っ
く
反
面
ン
我
て
筆
者
の
で
語
々
い
が
く
訂
Z
挿
崇
e
句
L
日
が
音
さ
象
ソ
T
で
已
く
0
e
∽
U
宏
P
A
A
c
t
ロ
-
呂
-
-
H
C
∽
a
ロ
p
p
抄
○
呂
e
-
ロ
岩
ヤ
ー
ロ
O
巴
ー
-
A
t
P
紆
2
-
〇
小
e
.
呂
N
P
e
d
旬
日
○
①
巴
日
旨
P
-
已
○
-
A
白
か
ユ
O
d
P
声
E
句
E
0
.
】
ざ
㌣
○
∞
e
β
平
ロ
‥
(
-
巴
∞
)
-
e
、
P
p
え
る
が
、
£
り
(
-
ど
A
-
.
空
文
-
○
)
O
t
e
O
が
あ
P
み
り
、
①
0巴
の
e
O
後
O
も
.
J
わ
ー
○
ロ
岩
‥
勺
3
♂
e
そ
ヨ
p
∽
d
t
e
○
ロ
巴
巳
-
p
ー
e
O
・
H
出
亡
ぢ
t
O
-
-
・
か
岩
ロ
訂
P
訂
‥
○
叫小
P
H
訂
b
8
p
P
ロ
O
ヨ
p
p
ヨ
£
訂
O
∽
e
g
6
ロ
a
O
に
H
-
く
巴
よ
}
P
e
弓
m
設
-
出
○
は
勺
-
ロ ぢ
邑
y
.
計
e
N
)
p
-
-
か
n
一
∽
P
-
と
同
見
∽
臼
勺
a
か
○
O
O
(
-
-
n
ロ
n
N
監
首
A
+
O
O
O
ロ
e
「
P
t
ー
‥
旨
A
ヒ
〕
H
】
亡
e
村
P
○
○
す
2
句
Z
河
巴
Z
河
班
P
く
P
已
旨
已
江
O
計
邑
e
呂
。
ロ
.
呂
か
P
e
e
-
血
N
)
n
e
b
岩
-
浩
e
O
勺
a
e
払
(
U
J
E
-
訟
⊥
合
C
⊆
P
P
‥
邑
賢
拭
e
ー
O
こ
の
。
を
]
‥
あ
る
招
〉
E
て
結
論
を
○
)
F
で
ま
芸
O
い
ス
巴
芦
者
ま
-
.
筆
面
的
が
、
。
+
の
に
お
の
0
1
こ
の
尾
で
あ
る
、
一
と
(
P
ロ
の
語
人
吉
ロ
D
→
亡
声
現
だ
ひ
N
句
に
と
な
-
ぺ
話
に
よ
か
-
田
の
手
ン
大
戸
か
語
イ
る
誤
p
い
発
言
こ
も
り
ン
と
可
能
の
の
に
た
る
い
ず
無
ス
イ
で
。
の
っ
速
い
ペ
ス
げ
が
あ
る
に
で
あ
い
く
う
分
ら
学
界
と
な
お
か
目
H
い
い
れ
眉
ペ
ゆ
え
が
q
A
ス
な
末
他
な
ら
な
を
母
国
語
と
す
G
は
も
な
よ
が
形
動
の
南
米
こ
そ
切
こ
わ
れ
て
説
に
と
る
つ
論
拠
造
い
の
の
ら
な
N
N
-
二
部
分
。
P
そ
イ
ン
構
扱
た
語
い
ね
ば
な
り
ペ
い
中
め
化
運
け
ス
以
上
な
の
造
一
つ
や
は
の
向
あ
る
ま
す
ま
す
を
一
引
用
し
。
大
特
徴
解
で
ペ
一
そ
れ
は
な
ス
正
て
命
々
、
音
の
の
な
の
っ
た
母
、
ら
色
し
、
切
∽
か
き
与
什
S
そ
れ
ほ
さ
て
お
P
J
け
は
し
→
れ
T
。
S
。
れ
書
音 地
る
単
し
は
が
の
た
く
圧
聞
取
め
以
上
と
て
の
に
こ
に
い
こ
そ
れ
で
P
に
語
d
P
あ
る
め
例
例
に
は
た
こ
-
発
話
つ
か
れ
て
る
は
ど
但
む
し
ろ
母
○
も
正
始
場
已 合
な
て
り
の
。
い
ま
に
∽
つ
わ
れ
起
増
朗
れ
は
づ
ず 上
を
こ
最
後
気
ロ
○
を
t
地
ど
が
そ
に
芸
各
あ
る
と
え
ば
も
告
呂
○
で
た
の
9
大特 徴 に
一
の
。
数
に
音 声学 的
音
節
る
。
教
授
法
れ
の
0
し
】
急
ン
た
d
焉
召
イ
く
、
¢
ペ
ス
e
∽
.
P
.
e
r
-
-
P
ロ
P
は
彼
訂
て
∽
論
a
の
う
な
e
結
二
っ
は
全
く
都
合
ず
○
も
が
P
>
○
む
内
こ
の
謁
象
>
。
-
→
C
係
取
の
が
く 方
が
C
減
く 疎 る
…
略 と
あ
\
る
。
い
々
へ
の
傾
し
起
こ
る
っ
傾
は
そ
う
は
あ
英
語
い
て
な
う
こ
る
と
自
体
こ
が
い
て
と
向
わ
ん
と
す
い
て
っ
に
へ
に
っ
向
を
が
問 物
題 語
う
事
実
が
現
で
う
同
化
る
は
な
く
…
る
の
扱 種
い
顆
\
き
で
日
日
あ
の
で
後
の
P
で
素 関
や
ほ
り
が
今
我
P
、
う
事
実
自
体
と
そ
巴 子
ヨ 音
P
と
>
こ
と
の
-
い
、
続
管
、
の
の
琶 あ
g
て
る
。
こ
、
べ
い
る
e
と
述
い
あ
已
蒜 蒜
監 は
る
悪
E
訂
+
が
生
で
向
日
>
子
音
て
の
1
で
d
論 重
と
(
2
)
d
よ
に
(
、
の
文
(
3
e
の
第五 十 九 巻
橋論叢
一
、
と
を
示
す
も
同
位
置
青
る
か
せ
い
お
語 「
大 中
学 和
+
論
集 と
い
結 て
論
を 「
中
出
和
し +
た
、
う ず
に
、
う
現 筆
象 者
を
流
の
見
の
で
て
い
表
現
こ
る
に
こ
も
の
お
の
で
け
と
あ る の
り 諸 対
音 立
、
ま
小
)
に
発
表
し
た
「
中
和
批
が
る
の
の
い
判
起
ぺ
種
い
+
こ
き
顆
ま
ま
従
C
形
と
に
U
の
こ
〔
一と
琶 日
だ
亡
ロ
首 か
呂 が
賢
彼
-
m
E
t
m
亡
生
徒
さ
宍
一
の
打
p
賢
思
t
焉
ピ
ー
分
ら
な
か
っ
た
繋 と
t
O
叫
旨
t
M
の
時
生
教
師
と
し
ー
冒
功
臣
?
づ
の
い
英 て
語 来
は て
次
一
題
を
課
し
た
す
プ
ル
ト
な た
だ
ち け
で
は
何
の
.
っ
。
が
る
巴
∽
は
)
て
C
ヰ
c
に
は
説
明
ふ
併
s
存
と を
い
加
う え
付
与
H
e
ロ
呂
巴
】
こ
こ
へ
‥
。
っ
の
れ
っ
ナ
う
.
リ
ー
コ
)
ト
よ と に
う 次 赴
に 回
任
い
の
し
授 た
た 業
の
呂
さ 時
邑 い
あ
す
喜 る
わ
○
U
エ
い
。
ロ
A
皮
る
6
t
訂
・
て
・
。
「
O
r
O
G
と
を
監 さ 形
加
H ユ
の
O
I
H
出 え と れ は
∽
大
吋 コ
す て で て
巴
発 A β 喜
紆 例 二
も い
∽
…
見
2H
と で 表 な \
p
を C
句
O
2
い
し 割 わ
。
∽
証 A
ロ
て
せ
e
Z
明 か
は た よ 普
す 山 q 2
E
民 不 も う 通 ら
る
く
適 の
は の
ヒ
興
N
望 当 と か) 二 み
A
口
味 ム
し と 人 派
巴 で
あ 畠 河 e
内 s
あ て 二 称 生
る
(
く
し
る 説 人 単
e
H
実
ロ
明 称 数 た
課 S e
例
→
さ 複 形
も
こ
が
A
の
C
れ 数
(
を
O
出
て 形 そ と
口 n
て 見
内
い
の
い
→
g
う
一
息 わ
ユ
近
こ
訂
い
堤 す
e
払
〇
の
日
る
そ 徒
忍
見
〕
舞 ば も ば に
一り 彼 に 宿
F
っ
呂
巳
好
。
。
-
岩
る
と
、
n
ヨ呂
・
に
は
巳
巴
理
な
由
い
が
あ
る
そ
方
と
認
意
味
を
め
す
れ
ば
ざ
で
や
る
を
は
り
得
な
本
稿
い
で
の
引
で
出
わ
流
ね
ば
な
ら
な
の
い
い
い
。
筆
者
こ
は
の
東
京 場
外 合
国 に
・
(
る
。
C
一
く 般
・
て
巴
る
\
払
e
-
し
∽
と
し 方
こ
言
れ 形
ら
か
・
召 ぎ
S
e
。
で
用
い
ら
れ
る
う
ふ
・
い
。
・
)
訂
)
た
文
語
形
・
か
∽
と
の
現
代
に
お
け
る
呂
巴
m
g
蒜
は
こ
こ
に
さ
ら
に
昔
の
・
邑
e
∽
\
e
計
払
か
ら
派
生
々
は
5
し
我
存
在
(
(
W
論
う
用
当 語 日
t
訂
謡 を 蒜
使
(
-
え
る
し
か
結
-
。
、
。
)
教
さ
れ
た
ま
り
い
変 で
極
え も
度
音 て 原 に
素 み 論
制
間 た 文
限
の
の
の
し
で
い
に 対 で 表
た
音 う 現 立 あ 現 方
素 反 わ 関 る を
そ が
間 論 れ 係
の
あ
る
つ
.
通
用
範
囲
を
、
66
(
号
一
)
い
-
の
と
、
る
う
こ
。
る
い
踏
襲 う
い
)
白 音
も 体 節
知 が 末
れ 消 で
な え は
い
去 減
っ
り
し て は
か
し す
し ま る
音 う も
節 わ の
末 け の
と で
い
は そ
う な の
位 い 位
置 と 置
い
に
が
第
に
。
の
(
こ
と
コ
の
っ
が
え
音
て
あ
の
は
不
る
凹
。
で
現
象
を
+
)
彼
は
呂 こ
已 れ
日 を
訂 ど
→
g
う
は 説
明
こ
す
の
る
あ
と の
と 発
く
音
述
マ
な べ す
ド 現 て る
地
リ 象
い
ー
で
方
る
で
あ
と
が
る
し 「
聴
い
と こ て 音
た い
メ 節
れ
記 わ ま キ 末
シ
の
ざ
憶
た コ
が
る
は
彼
あ を の や じ
ニ
き
る 得
引
音
な
出
い
ー
の
す
∽
筆 結 メ を
よ
都
合
4
、
で
あ
ろ
う
か
?
。
ュ
。
者 論
も に
・
キ
ふ
シ
る
β6
(
67 )
ス
ペ
イ
ン
語発 話 の 音 声 学 的
一
大 特 徴に
つ
い
て
(
7
C
)
e
訂
日
こ
O
の
e
-
P
の
く
i
-
C
O
n
H
空
t
e
で
p
P
冒
p
P
抄
○-
n
例
-
訂 日
勺
r
は
あ
と
n
訂
H
や
な
ど
A
が
2
t
.
p
あ
る
。
の
強
勢
。
ナ
O
来
る
P
ロ
e
〇
七
に
O
H
傑 に
出 外
し 来
て 語
を
い
る あ
と ら
の
思 ゆ
に う る
は
意
カ 英 味
ニ
語 で
造
を
研
究
し
た
も
ら
A
-
声 訂
3
ン
イ
A
ロ
れ
i
つ
い
の
ペ
変
イ
え
ン
重
要
な
癖
っ
た
日 語
O
の
e
ロ
・
。
ス
i
巴
る
に
訂
か
は
注 に
目 発
す 音
べ
し
き た
で 時
あ に
入
ン
n
惹
々
に
日
g
-
我
A
n
E
ペ
に
語
E
記
に
ペ
イ
と
国
語
を
考
え
な
し
-
‖
○
‥
.ス
ス
こ
語
的
構
造
「
N
O
か
る
る
点
中 母
国
も 語
で
向
と
に
み
支 て
障 よ
を い
来
で
た
あ
ろ
う
さ
な
。
い
ま
う た
な 後
弱 者
.い も
音 い
で
ま
あ す
る ぐ
消
こ
え
の
去
っ
よ
う て
に も
外
よ
音 傾
節 向
い
末 が
か 子 実
ら 音 に
い
は よ
ず 僅 く
れ か 出
は に て
い
消 m
え と る
去 別
る の 数
か み 少
語
は が
特 出
構
で
な
り
と
時
い
々
の
っ
の
母
国
語
ロ
の
F
。
、
半
母
音
化
す
。
る
(
語
は
る
が
や
ド
。
豊
富
や
で
ペ
語
あ
イ
の
る
ン
ゴ
に
語
と
似
た
感
じ
を
与
え
ツ
聞
え
が
で
ス
イ
ツ
方
が
流
鷹
一
。
橋
大
学
講
師
・
東
京
外
国
語
大
学
助
教
授
)
ツ
、
そ
m
ラ
て
の
る
ン
い
連 し
ス
い
が
現
わ
れ
、
る
れ
。
で
イ
り
明
ら
も
タ
か
二
リ
で
ヤ
あ
た の
と 中
え に
ば 含
フ
め
音
よ
る
も
た
音
節
構
造
こ
あ
)
こ
な
り 子
し
た と よ 音
り
の
は
感
じ 火 は 連
は を C 続
論 見 く が
る 外 る と
豊
い
重
β7
ゴ
10
t
あ
開
に
日
る
。
前
者
は
う
音
節
構
造
の
連
富
で
る
。
C
く
C
〔
一
t
e
■
専
語
○
に
、
什
〕
が
あ
決
の
h
る
、
英
語
に
は
、
p
叫
た
P
。
づ
e
つ
t
ま
り
F
e
t
-
日
賢
e
O
♪
賢
ロ
ト
叫
る
。
)
ロ
u
e
aP
d
ロ
¥
、
什
岩
ま
り
d
(
(
9
8
)
)
の
誤
H
g
-
ま 意
た を
ま 不 表
た 必 し
ー
t
(
岩
d
こ
H
争
品
賢
る
呂
-
e
.
て
そ
こ
れ
自
例 身
は の
原 強
の
ス
要
て
P
ペ
で
筆
呵
イ
E
ン
あ 者
る も 作 勢
と こ 者 を
思 こ
A 失
う に n
う
転 0
記 2
〇
し
た の
-
○
と
か
語
で
「
針
巴
と
e
糸
e
t
+
0
と
0
か
0
F
O
「
七
し と ま
い
た
て
し わ は
ま ず 八
+
う に
習 〔 と
、
慣
っ
F
且
○
と
う
ま
く
解
し
あ
p
か
-
e
音 は
節 ス
の
を ペ 意
イ
形
味
ン
成
語 で
し の あ
在
的
■う
言
時
パ
と
あ 彼
ろ は
う い
t
e
已
潜
〕
β
中
い
-
e
の
て
e
。
語
対
立
息
と
思
は う
有
音
英
で
)
ビ
の
の
○
e
O
に
云
F
い
(
子
音
t
特 m
徴 e
丸 弓
○
出 →打
し t
あ
る
占
で
運 ∽
命 と
一
)
が
な
P・
い
t
。
。
.
が
、
已
-
仏
実
際
は
不
適
当
が
だ
の
挙
げ
て
い
る
し で
敬
、
Fly UP