...

第8回機関投資家運用の最前線-非伝統的資産運用とリスク・マネジメント

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

第8回機関投資家運用の最前線-非伝統的資産運用とリスク・マネジメント
京都大学経済学研究科附属プロジェクトセンター主催
第8回先端ファイナンスビジネス研究会
機関投資家運用の最前線
−非伝統的資産運用とリスク・マネジメント−
講師:大津 博道氏
アクサ・インベストメント・マネージャーズ *(株)執行役員投信・投資顧問部長
日時:4月24日(水)16:30-18:00
参加:自由(事前の登録の必要はありません)
場所:総合研究 2 号館 大講義室
*)アクサ・インベストメント・マネージャーズは保険事業などフィナンシャル・プロテクション分野で
世界をリードするアクサ・グループの 100%出資企業です。
<概要>
低金利、急激に変化する市場動向に対して、長期の資金を運用する世界の大手機関投資家は様々な
資産運用戦略に分散投資を進めています。投資する戦略は債券や株式などを買うという伝統的な運
用戦略から、ヘッジファンドやプライベートエクイティ、不動産など非伝統的な運用戦略まで多岐
にわたっています。この分散投資は、低金利や高まる市場変動の中で、必要なリターンをあげる為
の努力であり、それに伴う運用上のリスクを分散する手段です。
本講義では、このように大手機関投資家が投資する多様な運用戦略を紹介し、現在の資産運用の最
前線を理解することを目的とします
<先端ファイナンスビジネス研究会の趣旨>
IT や金融技術の進展は金融ビジネスを大きく変貌させている。ファイナンスビジネスは伝統的な業態(銀行、保険、証券など)を中心と
した構造から、新たな付加価値をもたらす新しいプレーヤーが大きな影響力を持つようになって来ている。広く金融市場、企業ファイナ
ンスを理解するうえで、これら新しいプレーヤーの役割を理解することは必須となっている。「先端ファイナンスビジネス研究会」では、
これらの新しいプレーヤーを理解することを目的とし、各分野の実務担当者を招き講演、自由討議を行うものである。
お問合せ:京都大学経済学研究科附属プロジェクトセンター 加藤康之 / 松尾千里
Mail:[email protected] Tel:075-753-3429( 加藤 )/3443( 松尾 )
Fly UP