...

1 ゼミ生の Web 上の利用環境の改善 Ver.1.4 11/22/2011

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

1 ゼミ生の Web 上の利用環境の改善 Ver.1.4 11/22/2011
ゼミ生の Web 上の利用環境の改善
Ver.1.4
11/22/2011
是永ゼミナール
以下の手順に沿って,連絡手段の整備と,Web 上の利用環境の改善を行なってください.
今後,ゼミ生への連絡等は全て大学メールアドレスへ行ないますので,定期的にメールを
確認してください.
1 大学のメールアドレス(大学 Gmail)の利用
大学3・4年生になれば,企業のインターンシップや就職活動などもあるので,携帯メ
ールではなく,大学提供の Gmail(以下,大学 Gmail とする)の利用をおすすめします.大
学 Gmail は携帯アドレスと違ってアドレスが変わらず,SPAM フィルターにもかかりづらい
ので,公的な連絡の際に便利です.
(1)G-mail の設定
Step1 まず,下記の URL にアクセスし,「『専修大学メール(powered by Google)』につ
いて」をクリックしてください(図1)
http://www.senshu-u.ac.jp/isc/doc/Man/index.html
1
図1 各種マニュアル
ココをクリック!
Step2
(1)
(2)
(3)
(4)
以下の 5 つの設定を行ってください(図2).
●【重要】パスワードの設定について
●【重要】Gmail へのログイン方法
●【重要】初期設定について ← 必読!
● Gmail の利用方法(基本操作)
・メールの転送方法(通常の転送方法,フィルタを利用する方法)
(5) ●携帯電話等から Gmail にアクセスする方法
手順は各ページに示されていますので.ここではポイントのみ述べます.
ポイント1 上の(2)の PC 用ログイン画面をブラウザの「お気に入り」に登録しておく
と便利です.
ポイント2 上の(4)の「メールの転送方法」では,
「通常の転送方法」を選んでくださ
い.また,転送先は携帯電話のアドレスとし,「専修大学メールのコピーを受
信トレイに残す」を選ぶと便利です.
2
→
大学 Gmail に来たメールを携帯から確認することができ,同じメールを PC か
らも確認できます.
ポイント3 上の(5)では,大学 Gmail のログイン画面を携帯の「お気に入り」に登録
しておくと便利です.
→ 携帯から直接ログインし,メールを出すこともできます.
図2
Gmail 使用方法について
ココを設定する!
3
2 VPN 接続の利用( 必須 )
ゼミの学習では,雑誌・新聞記事,資料,データ等の収集が必要となります.これらは
大学図書館や情報科学センターで提供していますが,VPN 接続を行なうと,自宅のパソコン
からこれらを利用できるようになります.VPN 接続は自宅パソコンを学内 LAN の端末として
利用するためのツールです.
○大学図書館が提供している主なサービス(全て無料)は以下のとおりです.
・辞書データベース:
最新情報知識事典「イミダス」
ジャパンナレッジ(Japan Knowledge)
・論文・雑誌記事データベース:
MAGAZINEPLUS(国内の雑誌記事と学術論文の検索ができる.)
・新聞データベース
聞蔵(きくぞう)II ビジュアル for Libraries
「朝日新聞本紙」(1984 年 8 月~),「AERA」(1988 年 5 月~),「週刊朝日」(2000 年
4 月~)の記事情報,また電子ブック版「朝日現代用語・知恵蔵」の内容を収録.
ヨミダス歴史館
「読売新聞」(1874 年~)「The Daily Yomiuri」(1989 年~)「人物情報」が利用可
能.
・財務データベース
eol 上場企業有価証券報告書(1984 年~)
・半期報告書(1997 年~),非上場企業有
価証券報告書(1998 年~)
・半期報告書(2002 年 10 月~)の他,企業基本情報,
株価情報等を収録しています.
(出所: 専修大学図書館外部データベース
http://www.senshu-u.ac.jp/libif/lib/libguide/outsidedb.html )
○情報科学センターでは,
「Mergen」
「日経NEEDSデータ」等の経済・金融データ(全
て無料)を提供しています.(ただし,データそれ自体の利用手続が別途必要です.)
(出所:情報科学センター「各種サービス」(現在改修中)
http://www.senshu-u.ac.jp/isc/guide/sv/index.html )
【申請・接続方法】
Step 1 まず,大学の端末から情報科学センターの「各種申請ログイン」ページ(下記 URL)
に入り,VPN の申請を行なう.(学外からはできません.)
http://shinsei.isc.senshu-u.ac.jp/shinsei/
Step 2 次に,情報科学センターの「各種サービス」ページ(下記 URL)から「VPN 接続サ
ービス」に入ります(図3).
http://www.senshu-u.ac.jp/isc/guide/sv/index.html
Step 3 以下のファイル2点をダウンロードし,フラッシュメモリ等に入れるか,メール
に添付して自分のメールアドレスに送信する等して,自宅 PC 内に送ります(図4).
・「接続マニュアル(PDF形式)」
・「VPNクライアントインストール用ファイル(Windows 版)
」
なお,このマニュアルは学内の端末からしかダウンロードできません.また,MAC
を使用している人は「Mac OS X Intel 版」または「Mac OS X PC 版」を利用してくだ
さい.
4
図3
VPN 接続
ダウンロードする!
注意!
5
Step 4 自宅 PC 内に先ほどのファイル2点を移し(場所はデスクトップ上でかまいません),
「接続マニュアル(PDF形式)」に従って設定を行ってください.以下,ポイント
のみ述べます.
ポイント1 上のマニュアルに沿って進めていくと,
「Cisco AnyConnect VPN Client」
を自動ダウンロード・インストールします.
ポイント2 もし自動でいかない場合は,Step3 で入手した「VPN クライアントイン
ストール用ファイル(Windows 版)
」を実行してください.
ポイント3 自動インストールを行いたい場合,以下の 3 つの作業を行うとうまくい
くようです.ただし,自己責任でお願いします.
(1)PC 内のアンチウィルス・ソフトを終了させる.
(2)旧システムの VPN クライアントを既に使用していた人はアンインストー
ルする.アンインストールは「コントロールパネル → プログラムの追加
と削除」から VPN クライアントを選んで削除する.
(3)Internet Explorer の信頼済みサイトに以下の URL を追加する.
https://*.isc.senshu-u.ac.jp
その方法は,IE6 の場合,ツールバーから「ツール → インターネット
オプション→セキュリティ」に行き,「信頼済みサイト」のタブを選んで
から,「サイト」をクリックし,上の URL を追加する.
(注)インストールが完了したら,Web 上のページにアクセスする前に,PC 内の
アンチウィルス・ソフトを必ず起動させてください.
Step5
インストールは完了したが,接続がうまくいかない場合は,PC 内のアンチウィル
ス・ソフトとの間に不具合が発生している可能性があります.
(「Cisco AnyConnect VPN
Client」の最大の欠点は,この不具合にあるといわれています.)
この場合,残念ながら,PC のセキュリティ・ウォールを下げる必要があります.こ
こでは,2 つの方法を紹介します.いずれの方法も自己責任でお願いします.また,
セキュリティ・ウォールが下がるため,VPN 接続中は大学のサイト及び大学図書館で
提供しているデータベースのみを閲覧し,外部サイトに行かないように注意してくだ
さい.
方法1: アンチウィルス・ソフトのインターネット監視対象から,
「Cisco AnyConnect
VPN Client」関連のアプリケーションを除外する.
具体的な設定方法は,各アンチウィルス・ソフトのマニュアルをみてく
ださい.除外するアプリケーションを選択する画面で,
「ローカルディスク>
Program File> Cisco> Cisco AnyConnect VPN Client>」の中の,以下のア
プリケーションを指定します.
vpndownloader.exe
方法2: VPN 接続を行う直前に,(常駐している)アンチウィルス・ソフトを終了さ
せます.VPN を切断した後,再びアンチウィルス・ソフトを起動させます.
(ただし,この方法 2 では PC が完全に無防備になりますので,方法 1 をお
勧めします.
)
何か不明な点,疑問点がありましたら,連絡をください.
以上
6
Fly UP