...

重点3課題 ② 自律性と社会性の育成

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

重点3課題 ② 自律性と社会性の育成
平成26年
重点3課題に対する小・中学校,中等教育学校評価シートⅡ(1)
新潟市立 鎧郷 小学校
(学番:小804 )
1
2
重点3課題
<計画用>
② 自律性と社会性の育成
自律性と社会性に関する課題
○ あいさつや言葉遣い、規範意識に個人差が大きく、自己肯定感の低さがうかがえる。正しい行動
を自己決定する力に弱さが感じられる。
○ 身の周りの人とうまくかかわれない児童が多く見られる。
重点目標
○ あいさつや言葉遣いなどを振り返り、道徳授業や学級活動を通して、規範意識の向上を図る。
○ 縦割り班活動や児童会活動の充実を図り、人とかかわる力を育む。
3
目標達成のための手だて(教育・運営活動)
ア ・2か月毎に「先生・友だち・地域の人にあいさつできたか」を振り返り,自己評価をする。
・あいさつチェックシート(ある週の2日、あいさつができた児童の人数をチェックする。)
・年に2回、学級でソーシャルスキルを実施し、あいさつのロールプレイを行う。
イ 年に3回,『子どもを語る会』を設定し,生活指導上問題のある児童を職員間で把握し,共通理解の
もとで児童の指導にあたる。温かい指導を全職員で行えるようにする。
ウ 授業で目的意識を持たせ,共感的に受け止める発言を評価する。
エ 年に2回、学級でエンカウンターを実施し、学級内の人間関係の改善を図る。
オ 縦割りを生かす活動を計画的に行う。
4
評価項目と判断基準
ア 2か月毎の生活目標の振り返りで「先生,友だち,地域の人にあいさつができた」
「正しい言葉づかい
ができた」と言える児童が増える。
A:70%以上
B:50%~69%
C:49%以下
あいさつチェックシートで学級の児童が「おはよう」
「こんにちは」のあいさつができる。
A:70%以上
B:50%~69%
C:49%以下
イ 『子どもを語る会』で指導を要する児童について,改善の効果がうかがえる記述が増える。
ウ 一人ひとりの児童との懇談で居心地のよい学級であるか確認する。
A:70%以上
B:50%~69%
C:49%以下
エ 生活アンケートで「他学年の人とも協力している」児童が増える。
A:70%以上
B:50%~69%
C:49%以下
平成26年
重点3課題に対する小・中学校,中等教育学校評価シートⅡ(2)<進捗状況把握用>
新潟市立 鎧郷小学校
(学番: 804
1
)
重点3課題
②
自律性と社会性の育成
具体的な取組状況
ア
あいさつの取組み
・委員会と担当教諭によるあいさつ運動(毎朝)
・・・児童玄関前で子どもたちに朝のあいさつを行って
いる。
・生活のめあての取り組み・・・2 か月毎にあいさつについてふり返り,自己評価カードを記入している。
・校外学習時や来校者へのあいさつ・・・その都度,担任からの声がけ
イ『子どもを語る会』
・・・問題行動のある児童などを全職員で共通理解する。
ウ
学級でのエンカウンター、ソーシャルスキル(あいさつのロールプレイング)の授業実践
エ
縦割り班活動・・・植栽活動,運動会競技,角田山登山,たてわり班給食
2
達成状況
ア
2か月毎の生活目標の振り返りで「先生,友だち,地域の人にあいさつができた」
「正しい言葉づか
いができた」と言える児童が増える。
4・5月 校長室と教務室に毎朝あいさつができた
登校班の集合場所であいさつをした
97.0% 正しい言葉づかい 92.3
50.5%
6・7月 先生、友達、地域の人にあいさつできた
94.7% 正しい言葉づかい 91.7
8・9月 先生、友達、地域の人にあいさつできた
93.5% 正しい言葉づかい 88.8
地域の大人とあいさつや話をしている・・・全体83%
イ
自分にはよいところがある(自己肯定感)・・・全体74%
学校は楽しい
・・・・・・・・・・・・・・全体86%
一人ひとりの児童との懇談で居心地のよい学級であるか・・・全学級ほぼ70%の児童が肯定的
ウ
前期学級でのエンカウンター実施・・・・全学級平均5.6時間実施
エ
児童アンケートで「他学年の人とも協力している」
・・・・全体75%以上
3
校長の所見
・あいさつ、言葉づかいへの取組を継続し、他者評価による自信や達成感を持たせながら、さらなる生活
ルールの定着を確実に行うこと。
・児童一人一人が所属感をもてる学級経営を工夫し、達成感、充足感を味わわせることを通して、自己肯
定感を高める指導をしていくこと。
・異学年の交流を計画的に実施し、リーダーシップとフォローシップの関係をもとにした「協力」「思い
やり」の心の醸成に取り組んでいくこと。
Fly UP