...

[特 集 ニ 第7回国際家族看護学会とカナダ家族看護研修ツアーの成果報告]

by user

on
Category: Documents
17

views

Report

Comments

Transcript

[特 集 ニ 第7回国際家族看護学会とカナダ家族看護研修ツアーの成果報告]
144
〔
特
家 族 看 護 学 研 究 第 11巻 第 3号
2006年
集:第 7回国際家族看護学会とカナダ家族看護研修ツアーの成果報告〕
CanuckP
l
a
c
e
大西文子
鍵小野美和
|.はじめに
CanuckP
l
a
c
eは,パンクーパー郊外にある子ど
ものためのホスピスとして世界で初めての施設であ
7年 5月 30日(月)に第 7回国際家族看
る.平成 1
護学会参加とカナダ家族看護研修ツアーの一行は
森山美和子氏のご尽力によって, CanuckP
l
a
c
eの
看護専門師 K
r
i
s
t
i
n
aBoyer氏によってレクチャー
. [CanuckP
l
a
c
eのエントランス]
写真 1
を受けることができ,その日のうちにこの施設を訪
れることができた.レクチャーのスライドを見たと
)
'
たん, 「まあ,なんでかわいいおうち! J(写真 1
そして,施設見学の折には「まあ,なんて素晴らしい
) !Jな
お庭(写真 2),遊び道具など素敵(写真 3
どの歓声が上がった.しかし我々一行は,実際の見学
では利用されている子どものプライパシーの保護と
いう理由から施設内見学はできなかったことは残念
に思ったが,当然のこととして受け止めた.帰国後,
悲しい状況にある終末期の子どもとその家族だから
写真 2
.[
庭
]
こそ, CanuckP
l
a
c
eのような素晴らしい環境が必
要であることをできるだけ多くの方に知ってもらい
たい,という気持ちが強くなった.そこで,研修に参
I
. CanuckP
l
a
c
eの由縁
r
i
s
t
i
n
a
加された翻訳家の長谷美智子氏のご協力や K
Boyer氏とのメールのやりとりをはじめ,レク
i
l
l
i
a
mT
a
i
t男爵が彼の故郷である
この建物は, W
チャ一時の記録やいただいたパンフレットおよび
l
e
n
スコットランドのお城を偲んで建てられ, G
ホームページを参考にして,その素晴らしい C
a-
Braeというオリジナルな名前で呼ばれていたもの
nuckP
l
a
c
eの目的とその役割と実際の機能および
であり,パンクーパーシャフネッシイ丘にあるカナ
施設の構造・設備等について
デイアンパシヒィック通りにある.かつては,私立学
まとめたので報告す
る.そして今後,わが国における終末期の子どもと家
校や静養所などとして利用されていた.この町が,
族のケアに対する支援の参考にしていきたい.
1993年から G
lenBraeを子どものホスピスとし
て CanuckP
l
a
c
eに改名し, 50年間,無理をしない
藤田保健衛生大学衛生学部衛生看護学科小児看護学
ですむ l年に 1ドルで賃貸するようになった. C
a
-
家族看護学研究第 1
1巻 第 3号
2006年
145
写真 6
. [キッチン]
写真 3
. [遊び道具]
写真 4
. [大きな部屋]
写真 7
. [食堂]
写真 5
. [サンルーム]
nuckP
l
a
c
eはヘルスケアの創設である.
写真 8
1
. [し、ろいろな家族室]
1.
1 CanuckPlaceの役割と実際の機能
である.その終末期ケアの役割は,専門家やボラン
子どもの緩和ケアの役割は,ケアの原理として,終
ティアなどの友愛的なセラピーと活動の連携を通し
末期の病気をもっ子どもと家族のための生活の質の
て,子どもやその家族,ケア提供者,サービス提供者
魅力に焦点を当て,彼らの癒しをサポートすること
を含めた学際的な協働的努力によって計画され,果
146
家族看護学研究第 1
1巻 第 3号
2006年
写真 8
2
. [し、ろいろな家族窒]
写真 1
0
. [音楽室]
たされている.またそれは,「子どもが病気で死ぬ直
写真 8
3
. [し、ろいろな家族室]
前あるいは最後まで利用できるべきである.Jとして
いる.実際の機能としては, 1
.子どものための詳細
な診断調整, 2
. 予後不良な子どものケア, 3
. 子ど
.子どもの成長
ものケアに責任ある両親へのケア, 4
発達過程に適したコミュニケーション技術・ケア,
5
. 学校教育, 6
. 子どもの死亡統計,などいくつか
用意されており素晴らしいものがある.なお, C
a
-
nuckP
l
a
c
eの理念は,①終末期の子ども及び家族の
生活の質の向上,②積極的かつ癒しのあるセラピー
の協働,③すべての人を対象としている,④ケア提供
者およびサービス提供者による協働,を掲げている.
I
V
. CanuckP
l
a
c
eの構造と設備
16,000平方メートルもの広大な土地にお城を思
写真 9
. [図書室]
わせる CanuckP
l
a
c
eの建物は,写真 2で示したよ
うな広い庭や写真 3に示した子どもの遊ぶための
遊具に囲まれており,穏やかさが漂っている.スライ
ドで見せて頂いた限りでは,建物の中は,大きな柱や
家族看護学研究第 1
1巻 第 3号
2006年
147
写真 1
3
. [
V
o
l
c
a
n
oRoom−火山部屋]
写真 1
4
.[
S
n
o
z
e
l
e
nRoom]
写真 1
1
. [屋内プール]
ドアなどはすべて木材が使用され落ちついた雰囲気
が感じられた.その設備は終末期の子どもとその家
族が共通に利用できる「大きな部屋:写真引をはじ
め,陽ざしが差し込む明るい「サンルーム:写真 5
J
「キッチン:写真 6」「食堂:写真 7
J,「家族室:写真
S
J,「図書室:写真 9
J,「音楽室:写真 1O
J
, r
屋内
プール:写真 ll
J,「砂場の部屋:写真 1
2」など生
活の質向上に繋がる,すばらしい設備がある.また,
翻訳には無理があるが,目的は子ども達のストレス
を 発 散 す る 部 屋 と し て 円T
o
l
c
a
n
oRoom:写真
1
3
J や「 SnozelenRoom:写真 1
4
J があり,終末
期の子どもに対する配慮がうかがえたもちろん,ケ
アの窓口である「ナースステーションJ
では小さな子
どもでも会話ができる低いカウンター,子どもと家
族が病気と闘う「病室jにはパスもありスペースにゆ
とりが感じられた.
写真 1
2
. [砂場の部屋]
148
家族看護学研究第 l
l巻 第 3号
2006年
CanuckP
l
a
c
eのようにハードやソフト面で素晴ら
v
. 終わりに
しい環境が必要であると痛感した.
(なお,この記事に掲載した写真は,すべて Rob
冒頭にも述べたが,悲しい状況にある終末期の子
どもとその家族だからこそ
生活の質向上のために
K
r
u
y
t氏より提供されたものである.)
Fly UP