...

高 学 年 - 板橋区立図書館

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

高 学 年 - 板橋区立図書館
平成 26 年度
みなさんにおすすめしたい本
高 学 年
板橋区立小学校図書館研究部
板橋区立図書館児童担当者会
平成 26 年度
みなさんにおすすめしたい本
高学年向け
板橋区立小学校図書館研究部
板橋区立図書館児童担当者会
No
物
語
書 名
著 者
出 版 社
請求記号
1 うそつき大ちゃん
阿部 夏丸
ポプラ社
91アヘ
2 建具職人の千太郎
岩崎 京子
くもん出版
91イワ
3 虹色ほたる
川口 雅幸
アルファポリス
91カワ
4 ハッピーノート
草野 たき
福音館書店
91クサ
5 かはたれ 散在ガ池の河童猫
朽木 祥
福音館書店
91クツ
6 みどパン協走曲
黒田 六彦
BL出版
91クロ
7 トモ、ぼくは元気です
香坂 直
講談社
91コウ
8 100回目のお引っ越し
後藤 みわこ
講談社
91コト
9 白狐魔記(6冊)
斉藤 洋
偕成社
91サイ
10 くちぶえ番長 新潮文庫
重松 清
新潮社
91シケ
11 めざせ!秘密のコッパ島
白金 ゆみこ
あかね書房
91シロ
12 天山の巫女ソニン(全5冊)
菅野 雪虫
講談社
91スカ
13 ツー・ステップス!
梨屋 アリエ
岩崎書店
91ナシ
14 秘密のスイーツ ノベルズ・エクスプレス はやし まりこ
ポプラ社
91ハヤ
15 美乃里の夏
藤巻 吏絵
福音館書店
91フシ
16 林業少年
堀米 薫
新日本出版社
91ホリ
17 まぼろしの犬
日本児童文学者協会編 新日本出版社
91マホ
18 コンビニたそがれ堂
村山 早紀
ポプラ社
91ムラ
19 アサギをよぶ声
森川 成美
偕成社
91モリ
20 空へのぼる
八束 澄子
講談社
91ヤツ
21 リターン!
山口 理
文研出版
91ヤマ
22 ぼくはおじさん
山下 奈美
小峰書店
91ヤマ
23 劇団6年2組
吉野 万理子
学研教育出版
91ヨシ
24 ウィッシュ 願いをかなえよう!
フェリーチェ・アリーナ
講談社
93ア
25 生きのびるために
デボラ・エリス
さ・え・ら書房
93エ
☆リスト作成にあたっては、次のようなことをめやすとして、本を選びました。
1 たのしく、おもしろく読め、子どもの気持ちにあった親しみやすい本。
2 名作読み物は、一般的によく知られているので、できるだけ省きました。
1
読書は、人生をより深く生き抜く力を身につけます。より多くの本との出会いを重ねるよう願ってい
ます。
今回も皆さんが、本を選ぶ何らかの手がかりになるようにと、区内の小学校と区立図書館の児童担当
者の手でこの一覧票(改訂版)を作成しました。また、このほかにもよい本がたくさんありますので、
自分の目で確かめて選んでみましょう。
No
物
語
詩
伝
記
書 名
著 者
請求記号
26 スカーレット わるいのはいつもわたし?
キャシー・キャシディー
偕成社
93キ
27 ビーバー族のしるし
エリザベス・ジョージ・スピア
あすなろ書房
93ス
28 モギちいさな焼きもの師
リンダ・スー・パーク あすなろ書房
93ハ
29 ジェミーと走る夏
エイドリアン・フォゲリン
ポプラ社
93フ
30 チビ虫マービンは天才画家!
エリース・ブローチ 偕成社
93フ
31 発電所のねむるまち
マイケル・モーパーゴ あかね書房
93モ
32
R・L・ラフィーバース あすなろ書房
93ラ
見習い幻獣学者ナサニエル・フラッドの冒険(全4巻)
33 わたしはひろがる
岸 武雄
子どもの未来社
34 ぼくたちはなく
内田 麟太郎
PHP研究所
91ウ
35 みんなやわらかい
谷川 俊太郎
大日本図書
91タ
36 イレーナ・センドラー
平井 美帆
汐文社
28セ
汐文社
28フ
37
暗やみの中のきらめき 点字をつくったルイ・ブライユ マイヤリーサ・ディークマン
E
38 ぼくはマサイ
ジョゼフ・レマソライ・レクトン
さ・え・ら書房
28レ
39
斎藤 孝
PHP研究所
15
後藤 健二
汐文社
30
41 もったいないばあさんと考えよう世界のこと 真珠 まりこ
講談社
30
42 心のおくりびと 東日本大震災復元納棺師 今西 乃子
金の星社
36
43 地球最北に生きる日本人
武田 剛
フレーベル館
38
44 がんばっぺ!アクアマリンふくしま
中村 庸夫
フレーベル館
48
45 命のノート
そんな友だちなら、いなくたっていいじゃないか!
40 ダイヤモンドより平和がほしい
社
会
・
自
然
科
学
出 版 社
細谷 亮太
講談社
49
46 タマゾン川 多摩川でいのちを考える 山崎 充哲
旬報社
51
47 宇宙においでよ!
野口 聡一
講談社
53
48 コンビニ弁当16万キロの旅
千葉 保
太郎次郎社エディタス
58
49 もしも日本人がみんな米つぶだったら 山口 タオ
講談社
59
50 世の中への扉 にいちゃんのランドセル 城島 充
講談社
91シ
※ 本年度青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会・毎日新聞社主催)の課題図書は
発表があり次第お知らせします。
2
本の紹介
「虹色ほたる 永遠の夏休み」
川口雅幸/著
アルファポリス
「みどパン協走曲」
黒田六彦/作
長谷川義史/絵
BL出版
おれは椎馬瞬平太、小学五年生。
おれのあだ名「みどパン」
。年がら
年中、緑色の短パンをはいている
からだ。
「建具職人の千太郎」
岩崎京子/作
田代三善/絵
くもん出版
江戸時代の終わり頃、貧しい農家
に生まれた千太郎は、わずか 7 歳
で建具屋へ奉公に出される。先輩
職人や仲間たちとの出会いを経
て、腕の良い職人へ憧れを抱き始
める千太郎の成長を描いた物語。
3
「秘密のスイーツ」
はやしまりこ/作
いくえみ 綾/絵
ポプラ社
小学 6 年生の理沙は、神社で見つ
けた小さなタイムトンネルから、
66 年前の戦争中の日本に生きる少
女・雪子へお菓子を送る。
時をこえて結ばれた、二人の少女
の友情と、理沙の成長を描く物語。
「くちぶえ番長 新潮文庫」
重松清/著
新潮社
ある日、4 年生のツヨシのクラスに
くちぶえの上手な少女、マコトが
転校してきて「番長宣言」をした。
それを聞いたみんなはびっくり!
でも実は、マコトは誰よりも強く
やさしく、友達思いの女の子だっ
た。最高の相棒になったマコトと
ツヨシの友情物語。
「ぼくはおじさん」
―アイム・アン・アンクル―
山下奈美/著
篠崎三郎/絵
小峰書店
武道具店を営む父と警察官の兄
は、
「ぼく」の剣道の先生でもある。
大嫌いな兄のジゴクのけいこにも
耐えてきた「ぼく」は、ある出来
事を境に兄に対する頑なな気持ち
が和らいでいくのを感じた。兄弟
の愛憎を描いた物語。
4
「ビーバー族のしるし」
エリザベス・ジョージ・スピア/作
こだまともこ/訳
あすなろ書房
たった一人で、大自然の中、暮ら
さなければならなくなった、13 歳
の少年マット。先住民の少年エイ
ティアンとの交流を通して、森で
生きる知恵と友情を学んでいく物
語。
「モギ ちいさな焼きもの師」
リンダ・スー・パーク/著
片岡しのぶ/訳
あすなろ書房
偶然出会った美しい焼きものを見
て、焼きもの師になると誓ったモ
ギ。
その日を生きるだけで必死だった
モギが、焼きもの師見習いとして
希望を胸に数々の試練に立ち向か
う物語。
「ジェミーと走る夏」
―Crossing Jordan―
エイドリアン・フォゲリン/作
千葉茂樹/訳
ポプラ社
マラソンと読書を通し、友情を深
める白人の少女キャスと黒人の少
女ジェミー。ある日、黒人嫌いの
キャスの父さんに二人は見つかっ
てしまい…。人種差別を乗り越え
育まれる少女たちの友情を、生き
生きと描いた物語。
5
「チビ虫マービンは天才画家!」
エリース・ブローチ/作
ケリー・マーフィー/絵
伊藤菜摘子/訳
偕成社
ジェームズ少年の家の流しの下に
は、甲虫一家が住んでいる。
ある日、チビ虫マービンはジェー
ムズのために風景画をかいてプレ
ゼントしますが、なんとその絵は
大画家の絵にそっくり!! 二人が
事件に巻き込まれていく物語。
「ぼくたちはなく」
内田麟太郎/著
小柏香/絵
PHP研究所
ときには母を想って泣いても良い
と想わせてくれる一冊。泣いたり
笑ったりといった日々の感情が、
言葉遊びと共にいっぱいつまった
詩集。
「わたしはひろがる」
岸武雄/作
長谷川知子/絵
子ども未来社
幼い時、おやつのおかしが弟より
大きくないと私は怒った。私が世
界のすべてだった。でも、私が成
長するとともに、私の心の世界に
次々と色々なものが入っていく。
心の世界の広がりを感じることの
できる詩の本。
6
「イレーナ・センドラー
ホロコーストの子ども達の母」
平井美帆/著
汐文社
第二次世界大戦中ホロコーストが
行われていたポーランドで、2500
人の子どもたちを救った女性イレ
ーナ・センドラー。どんな状況で
も決してあきらめず、人を敬い、
差別しない勇気を貫いた、勇敢な
女性の実話。
「ぼくはマサイ」
―ライオンの大地で育つ―
ジョゼフ・レマソライ・レクトン/著
さくまゆみこ/訳
さ・え・ら書房
マサイの伝統的な暮らしを守りな
がら、教育を受けることの大切さ
を説く、アフリカの遊牧民ジョセ
フの姿が、いきいきと描かれた本。
「世の中への扉
にいちゃんのランドセル」
城島充/著
講談社
1995 年 1 月 17 日、阪神淡路大震災
が発生。6400 人以上が亡くなり、
米津さん夫婦も、長男と長女を失
った。癒えない悲しみの中、新た
に次女と次男をもうけ、一家は「6
人家族」として歩いていく。心震
える実話。
7
「地球最北に生きる日本人」
―イヌイット大島育雄との旅―
武田剛/著
フレーベル館
地球温暖化の影響を受け、北極の
氷が解けていると聞いた新聞カメ
ラマン。彼がイヌイットとして暮
らす日本人を訪ね、生活を共にす
る中で体験した、生活様式の違い
や地球温暖化の影響が写真と共に
描かれた本。
「もったいないばあさんと
考えよう世界のこと」
真珠まりこ/作・絵
講談社
「宇宙においでよ!」
野口聡一/著
林公代/文
講談社
8
「がんばっぺ!
アクアマリンふくしま」
中村庸夫/著
フレーベル館
福島県いわき市にある「アクアマ
リンふくしま」では、津波による
停電によりたくさんの生き物の命
が失われた…。震災直後の水族館
の様子や、海獣の移動、建物の復
旧作業など、再び開館するまでの
道のりを描いた作品。
「タマゾン川
多摩川でいのちを考える」
山崎充哲/著
旬報社
多摩川を舞台に、安易に捨てられ
た外来生物による生態系の破壊や
水質汚染等の問題と、その解決に
立ち向かう人々の活動を紹介す
る。
「空へのぼる」
八束澄子/著
講談社
5 年生の少女、乙葉には両親がいな
い。祖母と姉の桐子に育てられて
きた。ある日、乙葉は学校で行わ
れた「命の授業」と姉桐子の妊娠
をきっかけに「命」について考え
はじめる。乙葉と桐子は「命」に
どう向き合うのか。妹と姉の二つ
の視点から語られる物語。
9
「ウィッシュ
願いをかなえよう!」
フェリーチェ・アリーナ/著
横山和江/訳
講談社
“母さんの病気が治ってほしい”
セバスチャンは願いを叶えるため
に、都会へ旅に出る。たくさんの
人々に支えられながら、ひたむき
に努力するセバスチャンの姿に、
願い続けることの大切さ素晴らし
さを教えてくれる物語。
「スカーレット
わるいのはいつもわたし?」
キャシー・キャシディー/作
もりうちすみこ/訳
偕成社
問題ばかり起こす 12 歳の少女スカ
ーレットは、母親にも愛想をつか
され、離婚した父親の住むアイル
ランドに送られる。最初は反発し
ていたスカーレットだが、あたた
かな自然や人々に囲まれ、段々と
心を開いていく。
「心のおくりびと
東日本大震災復元納棺師」
―思い出が動き出す日―
今西乃子/著
金の星社
納棺師笹原さんの活動によって、
東日本大震災で大切な家族を失っ
た人々がその『死』と向き合い、
再び前を向いて『生き』始めるま
でを記録した物語。
10
新しい本です
「100 回目のお引っ越し」
後藤みわこ/著
講談社
おじさんが営む引っ越し屋の手伝
いをすることになった 6 年生のタ
ツキ。おじさんにとっての記念す
べき 100 回目の仕事は、引っ越し
をしたくないというがんこばあさ
んが相手だった。タツキは無事に
引っ越しを成功させることができ
るのか?
「林業少年」
堀米薫/作
新日本出版社
5 年生の喜樹の祖父は林業を営ん
でいる。喜樹は木材の取引現場で
ふだんとはちがう真剣な顔の祖父
を見て、林業に興味を持ち始める。
祖父の仕事ぶりから林業の厳しさ
や、山を守り育てることの難しさ
を学んでいく。
「アサギをよぶ声」
森川成美/作
偕成社
少女アサギの村では 12 さいになる
と男は戦士になるための修業を、
女は花よめ修業を受ける決まりが
ある。だがアサギは戦士になりた
いと願い、村人にかくれて戦士の
修業を始める。試練に立ち向かう
アサギの姿に勇気付けられる。
11
「リターン!」
山口理/作
文研出版
「めんどうくさい」
何事にもやる気のなかった小学 5
年生のイッキ。しかし、偶然出会
ったブーメランに夢中になる。ブ
ーメランの面白さと共に、目標、
仲間、その中で試行錯誤しながら
過ごす少年を描いた物語。
「劇団 6 年 2 組」
吉野万理子/作
学研教育出版
卒業前のお別れ会で劇をする事に
なった 6 年 2 組。初めての挑戦に
様々な課題が持ち上がる。役を通
して、人に気持ちを伝えることの
難しさを知る彼等の努力する姿が
みずみずしく描かれた物語。
「発電所のねむるまち」
マイケル・モーパーゴ/作
杉田七重/訳
あかね書房
少年時代を過ごす自然豊かな土地
に、原子力発電所が建つことにな
ったために町の人々の対立や自然
破壊が起こる。取り戻すことので
きない過去から学び、未来に思い
を馳せる物語。
12
「見習い幻獣学者
ナサニエル・フラッドの冒険」
R・L・ラフィーバース/著
千葉茂樹/訳
あすなろ出版
フィルおばさんのもとで幻獣学者
の修業を始めた 10 歳の少年ナサニ
エル。妖精、ユニコーンなど幻獣
を追うファンタジーの魅力が詰ま
った物語。
「暗やみの中のきらめき
点字をつくったルイ・ブライユ」
マイヤリーサ・ディークマン/著
古市真由美/訳
汐文社
幼い時に事故で失明してしまった
フランス人の少年が点字を発明し
た。同じように目が見えない現代
のフィンランドの少年がその歴史
を学んでいくうちに夢を持ち仲間
と音楽を楽しむ。
13
Fly UP