...

1 相談したい ~子育て・養育費・DVなど

by user

on
Category: Documents
15

views

Report

Comments

Transcript

1 相談したい ~子育て・養育費・DVなど
1
相談したい
~子育て・養育費・DVなど~
これから離婚を考えている方、すでにひとり親家庭となって育児や生活に関する悩みを抱
えている方のために様々な相談窓口が設置されています。一人で悩まず、気軽に相談してみ
ましょう。相談員には守秘義務があり、相談内容が外部にもれることはありません。安心し
てご相談ください。
◎
ひとり親家庭相談 ≪児童家庭課:047-436-2320≫
生活一般についての相談(家庭紛争、養育費、住宅、子育て、就業など)、自立に必要な支援(母
子父子寡婦福祉資金貸付、手当など)、職業能力開発・求職活動等の支援(就労支援事業等)につ
いて母子・父子自立支援員が相談に応じます。
◎
家庭児童相談 ≪家庭児童相談室:047-409-3469≫
育児の悩みや、しつけ・不登校など児童の様々な問題について、家庭相談員が相談に応じます。
また、児童虐待の相談もお受けしています。
※所在地のご案内が巻末にあります。
◎
女性相談(DV相談等) ≪女性相談専用:047-431-8745≫
DV被害をはじめとする女性の抱える悩みについて、婦人相談員などが相談に応じます。
◎
船橋市男女共同参画センター
○女性のための法律相談≪予約番号:047-423-0757≫
女性弁護士が女性の抱える様々な法律に関する相談に応じます(事前予約が必要です)。
※日程(場所) 1.第1木曜日の午前9時30分~午後2時30分(男女共同参画センター)
2.第4水曜日の午後1時~5時(男女共同参画センター)
3.第3月曜日の午後4時~8時(FACE ビル5階)
○女性の生き方相談≪予約番号:047-423-0757≫
女性のカウンセラーが生き方、家族関係、性、からだ、心について等の相談に応じます
(事前予約が必要です)。
※日程(場所) 1.金曜日の午前10時~午後4時(男女共同参画センター)
2.第3水曜日の午後4時30分~9時(男女共同参画センター)
○男性の生き方相談(電話相談)≪専用電話:047-423-0199≫
男性相談員が生き方、家庭の問題、仕事の悩み等の相談に応じます(予約制ではありません)。
※日程 毎週月曜日(祝休日の場合は火曜日)午後7時~9時(受付は午後8時30分まで)
◎
千葉県女性サポートセンター ≪相談専用:043-206-8002≫
夫や恋人からの暴力、女性が抱える様々な悩みや心配ごとについて相談に応じています。匿名で
の相談も可能です。来所相談は予約が必要です。
1
◎ 市民の声を聞く課 ≪047-436-2787≫
相続、離婚、金銭貸借、交通事故など、日常生活上の問題について、相談員が対応します。特に複
雑な問題や法解釈、民事、刑事などの司法手続きなどについては、弁護士が相談に応じます。
◎
民生委員・児童委員 ≪地域福祉課:047-436-2313≫
地域における福祉を推進するために厚生労働大臣から委嘱されて活動している民生委員・児童委
員が、担当地区の皆さんの福祉に関する相談を受け、市をはじめ関係機関の行っているサービスの紹
介や、これらの機関への連絡などを行っています。
◎
法テラス千葉
≪050-3383-5381≫(ナビダイヤル)
面接や電話により、お問い合わせの内容に応じた法制度や手続きに関する相談に応じるとともに、関
係機関の相談窓口の案内を行います。また、経済的にお困りの方が法的トラブルにあったときに、無料
で法律相談を行い(法律相談援助)、弁護士・司法書士の費用等の援助(代理援助・書類作成援助)
を行っています。
◎
千葉県市川児童相談所
◎
千葉県中央児童相談所
子ども家庭110番
≪047-370-1077≫
≪相談専用:047-370-5286≫
≪夜間・土日専用:043-252-1152≫
いちはや く
≪児童相談所全国共通ダイヤル: 1 8 9≫
18歳未満の児童に関するあらゆる問題について相談に応じるとともに調査や心理診断等を行い、
児童に最も適した指導や援助を行います。また、必要に応じて乳児院・児童養護施設等への入所等
の措置を行います。緊急の場合や行動観察などのために児童を一時保護することもあります。
◎
千葉家庭裁判所市川出張所 ≪047-336-3002≫
夫婦関係、親子関係の紛争など家事事件について調停や審判を行います。当人同士で話し合いが
まとまらない場合には家庭裁判所に調停の申し立てをすることができます。
調停、審判の概要については次のページをごらんください。
※所在地のご案内が巻末にあります。
◎
養育費相談支援センター ≪03-3980-4108≫
厚生労働省からの委託を受けて、電話やメールで養育費や面会交流に関する相談に応じます。ま
た、東京・池袋の事務所では面会交流についての相談に限り、無料で相談に応じています(30分~1
時間)。相談ご希望の場合は、事前に申し込みが必要です。
[電話相談] 月曜日から金曜日(水曜日除く) 午前10時~午後 8時
水曜日
土曜日と祝日
℡ 03-3980-4108
[メール相談] [email protected]
午前12時~午後10時
午前10時~午後 6時
2
家庭裁判所で行う手続き
調
停
審
判
夫婦関係調整
離婚、財産分与、慰謝料、親権者の指定について話し合う。
養育費請求
養育費を請求する(離婚後も可、ただし子どもが20歳まで)。
面会交流
離婚後の子どもとの面会、交流について話し合う。
慰謝料
離婚にともなう慰謝料について話し合う(離婚後3年以内)。
親権者の変更
離婚時に定めた親権者から、もう一方の親に変更する。
財産分与
離婚にともなう財産分与について話し合う(離婚後2年以内)。
子どもの氏の変更
両親が離婚後に、子どもの「氏(子の戸籍)」を変更する。
失踪宣告
行方不明で死亡していると思われる人に関する手続きをする。
お近くの家庭裁判所は“千葉家庭裁判所 市川出張所”です。巻末に地図があります。
(市川市鬼高2-20-20
℡:047-336-3002)
面会交流と養育費について
民法には、協議離婚の際に父母が定めるべき事項として、「面会交流」と「養育費の
分担」があること、これらの取り決めをするときには子の利益をもっとも優先して考慮し
なければならないことが明記されています。
子どもと離れて暮らしているお父さんやお母さんが子どもと定期的又は継続的
面
会
交
流
に会って話をしたり一緒に遊んだりして交流することです。子どもは、父母のどち
らからも愛されていると実感することで、深い安心感と自尊心をはぐくむことがで
きます。
子どもが経済的・社会的に自立するまでに要する衣食住に必要な経費や教育
養育費
費、医療費などを言います。親の養育費の支払い義務は、親の生活に余力がなく
ても自分と同じ水準の生活を保障しなければならない強い義務であるとされてい
ます。
これから離婚される方は、今後、養育費や面会交流についての約束が守られなかった時の為、養
育費や面会交流の取り決め内容を強制執行認諾文言のある公正証書や調停調書など、書面で残し
ておくようにしましょう。
既に離婚されている方であっても、未成年のお子様がいる間は家庭裁判所で養育費請求や増額
の調停を申し立てることができます。また、公証役場において公正証書を作成することができます。
※調停の申し立ては、千葉家庭裁判所市川出張所(市川市鬼高2-20-20 ℡:047-336-300
2)へお問い合わせください。※所在地のご案内が巻末にあります。
※公正証書は、船橋公証役場(湊町2-5-1アイカワビル5階 ℡047-437-0058)で作成すること
ができます。 ※所在地のご案内が巻末にあります。
3
Fly UP