...

マリンパワー3000 (約1.2MB)

by user

on
Category: Documents
11

views

Report

Comments

Transcript

マリンパワー3000 (約1.2MB)
マリンパワー3000
糸長入力
入力画面にしてから、最後に巻いた糸の長さをセットする入力方法です。
①道糸をレベルワインドに通してスプー
ルに結んでください。
※スプール面での糸滑り防止のため、必ず糸止めピンを利
用して巻きつけてください。
レベルワインド
スプール
道糸
パワーレバー
②パワーレバーをMINまで戻します。
③ワニグチクリップを電源(DC12V)に
つなぎます。
④コードコネクターをリール本体に取
り付けます。
戻す
糸止めピン
※接続方法については、電源とのつなぎ方を参照ください。
⑤表示が 0.0m のときに
底から/棚メモ スイッチを5秒以
上押し続けてください。
(表示補正画面になりますが 底から/棚メモ スイッチを
押し続けてください。)
(表示補正画面)
(入力画面)
⑥パワーレバーを倒して道糸を巻きます。
(パワーレバーを倒すとテンション表示に変わります。)
パワーレバーMAXの場合にパネル左下の数字が、8∼9にな
るようにテンションを調整して巻いてください。
※MAXで巻かない場合は少し低いテンションで巻いてくだ
さい。
⑦巻き終わったらパワーレバーをMIN
の位置まで戻します。(アラーム音)
道糸
巻き込まない
レバー
・糸を全部巻き込まないようにしてくださ
い。手前でパワーレバーをMINの位置にし、
ハンドルで巻いてください。巻き込みます
とカウンター誤差の原因にもなります。
⑧ リセット スイッチを2秒以上、表示
が 1400 になるまで押してください。
⑨パワーレバーで道糸の長さをセット
します。
下がる
(図は 1000m 入力した場合です。)
⑩ リセット スイッチを2秒以上押し
てください。
(アラーム音が鳴り、表示が 0.0m になれば完了です。)
※ Err になった場合は、再度入力をしてください。
・糸を全部巻き込まないようにしてください。巻き込み
ますと、レベルワインドとの位置がズレてしまい、仕
掛け落ちが遅くなる原因になります。
上がる
マリンパワー3000
下巻き入力もできます。
ただし長さのわかる道糸が 200m 以上必要です。
①下巻きとなる道糸をレベルワインド
に通してスプールに結んでください。
※スプール面での糸滑り防止のため、必ず糸止めピンを利
用して巻きつけてください。
糸止めピン
レベルワインド
下糸
スプール
②パワーレバーをMINまで戻します。
③ワニグチクリップを電源(DC12V)に
つなぎます。
④コードコネクターをリール本体に取
り付けます。
パワーレバー
戻す
※接続方法については、電源とのつなぎ方を参照ください。
⑤表示が 0.0m のときに
底から/棚メモ スイッチを5秒以
上押し続けてください。
(表示補正画面になりますが 底から/棚メモ スイッチを
押し続けてください。)
(入力画面)
(表示補正画面)
⑥入力画面になったらもう一度
底から/棚メモ スイッチを押して
下巻き画面にしてください。
(下巻入力画面)
⑦テンションをかけながら下巻き糸を
最後まで巻いてください。
パワーレバーMAXの場合にパネル左下の数字が、8∼9にな
るようにテンションを調整して巻いてください。
※MAXで巻かない場合は少し低いテンションで巻いてくだ
さい。
⑧上糸をしっかり結びます。
結ぶ
道糸
下糸
レバー
⑨ リセット ボタンを押してください。
点滅
⑩テンションをかけて残り200mになる
まで道糸を巻いてください。
⑪ リセット スイッチを2秒以上押し
てください。
下の数字が 100 になります。
⑫糸色に注意しながら残り100mになる
まで巻いてください。
⑬ リセット スイッチを2秒以上押し
てください。
下の数字が 200 になります。
⑭最後の100mを巻き、リセット スイッ
チを2秒以上押してください。
表示が 0.0m になります。これで完了です。
・糸を全部巻き込まないようにしてください。手前でパワーレバーを
MINの位置にし、ハンドルで巻いてください。巻き込みますとカウ
ンター誤差の原因にもなります。
Fly UP