...

スペインで危ない目に遭った話 竹村文彦

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

スペインで危ない目に遭った話 竹村文彦
スペインで危ない目に遭った話
竹村文彦
僕が初めてスペインに留学していたときのことだから、もうずいぶん昔の話だ。当時はマドリードに住んでいた
のだが、一週間ほどバルセロナに旅行をし、夜行列車で帰ってきた朝のこと。借りていた部屋まで無事に帰り着い
てベッドに腰を下ろし、ほっと一息。旅先で買った絵はがきがまた見たくなり、ショルダーバッグのチャックを開
けて仰天した。バッグの中がやけに明るくて、自分のはいているズボンの一部がそこに見えている。旅の疲れで頭
がぼんやりしていて、知らないうちにこんなところに足をつっこんでしまったのか。真剣にそう考えた僕は、その
足をどけてみた。するとバッグの中の光景は、今度は部屋の床に変わった。何が
起きているのか見当もつかず、あわててバッグを調べてみると、横の脇の部分が
刃物のようなものでばっさり切られ、その穴を通して向こうがよく見える。
僕は自分の記憶をたどり直してみた。そうだ、マドリードに着いた駅で喫茶店
(バール)に入り、カウンターでコーヒーを飲んだ。ショルダーバッグは、カウン
ターの下の棚に置いておいた。店はかなり混んでいて、初めは立って飲んでいた
のだが、そのうちにすぐ隣の椅子が空いたのでそれに腰をかけ、ショルダーバッ
グは少しお留守になった。僕が立っていたあたりに口ひげを生やしたサラリーマン風の男がやって来て、コーヒー
を飲んでいた……。
幸いショルダーバッグにはろくなものが入っておらず、大した被害はなかった。窃盗を働いた男こそ、骨折り損の
くたびれもうけで口惜しい思いをしたことだろう。
もうひとつ、今度は数年前にマドリードに降り立った直後の話。バラハス空港から市街地に入った僕は、その晩
泊まるホテルを目指して目抜き通りのグラン・ビアをよたよた歩いていた。右手でスーツケースをころがし、左肩
に大型のショルダーバッグ、首には日本で購入したばかりの一眼レフという重装備である。と、足元に何かが飛んで
きて、チャリンと音を立てた。見ると、二枚の硬貨だ。同時に、そこにごつい手が二本伸びてきて、硬貨を拾うそ
ぶりで僕のズボンのすそを鷲づかみにし、力まかせに上に引っぱり上げた。両手が荷物でふさがっていた僕はなす
すべもなくぶっ飛んで、頭からみごとに着地した。全身の痛みに耐えながらかろうじて見上げると、目のすわった
色黒の若い男がこちらを睨みつけている。地面にへばりついたままのぶざまな格好で「何するんだ!」と意気ごむ
と、敵はくるりと向きを変え、悠然と歩み去った。東洋の「おのぼりさん」をひっくり返すのが唯一の目的だった
のか、牛にとどめを刺した後の闘牛士のような勝ち誇った足取りだった。
日本では考えられないような事態に、異国ではしばしば遭遇する。上に書いた僕の体験など、最もましな部類に
1
属するだろう。皆さんも、旅行や留学のさいはくれぐれも注意してください。
Fly UP