...

市内に「広告付きバス停留所上屋」が完成し 供用を開始し

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

市内に「広告付きバス停留所上屋」が完成し 供用を開始し
報道資料
平成 20 年3月31日
市内に「広告付きバス停留所上屋」が完成し
供用を開始します
~広告料収入でバス停上屋の設置と維持管理が可能に~
仙台市交通局とエムシードゥコーは、広告付きバス停留所上屋整備事業に関する契約に
基づき、国土交通省、警察庁の規制緩和により可能になりました「広告付きバス停留所上
屋」の試験設置第1号を「交通局大学病院前」に設置し、4月3日より供用を開始いたし
ます。
試験設置は仙台市内中心部5箇所にて予定しており、「春日町」、「二日町北四番丁」、
「錦町公園前」、「五橋」に順次設置を進めてまいります。
広告付きバス停留所上屋整備事業とは、広告パネルに掲出される広告の収入によって、
上屋の製造、設置、その後の清掃や維持管理までを賄う事業です。交通事業者や自治体に
は一切の費用負担なく、バス停留所上屋が整備することができる、PPP(パブリック・プ
ライベート・パートナーシップ)事業手法の一つです。
試行期間を経た上で、今後7年間にわたり、仙台市内に500基の広告付きバス停留所
上屋を設置する予定です。
バス停留所供用開始とお披露目式のご案内
○供用開始日
平成20年4月3日(木)午前11時30分から
○お披露目式
同日
午前11時より11時30分まで
交通局大学病院前バス停留所(仙台市青葉区木町通1-4-15)
○主
催
・仙台市(仙台市交通局)
・エムシードゥコー株式会社
○出席者
・仙台市長
梅原 克彦
・仙台市交通事業管理者
保科
・エムシードゥコー代表取締役
学
トマ ゲドロン
報道資料
1.新型バスシェルター概要
交通局大学病院前
完成イメージ
○デザイン
名称「息吹(いぶき)」
杜の都・仙台市の道路景観になじむ大きく張り出したシャープで軽快
な屋根が特徴。周囲の緑を映す白い屋根は新たな生命の息吹を感じさ
せるものとなっています。
○材
質
主要材質
:スチール、アルミ(100%リサイクル可能)
ガラス
:壁面 10t強化ガラス、広告パネルガラス8t強化ガラス
広告パネル:フレーム部分
ベンチ
:支持部分
鋼管、座部
再生木材
屋根
○広
広告パネル1基2面
*1
○サイズ
告
アルミ押出形材
17m×2m
広告表示面積(1面)縦 1.71m×横 1.16m
○スポンサー*2
DOVE(ダヴ)(ユニリーバ・ジャパン株式会社)
ディズニーランド(株式会社オリエンタルランド)
※1
「交通局大学病院前」上屋は超大型の特殊デザインです。今後市内に設置される広告付きバス停留所のサ
イズは、約5m×2mとなる予定です。
※2
今後広告スポンサーは2週間毎に変わります
報道資料
2.事業者
○バス事業者
仙台市交通局(仙台市青葉区木町通1-4-15
事業管理者 保科 学)
○設置運営事業者
エムシードゥコー株式会社(本社:東京都千代田区神田錦町3-23
代表取締役社長 トマ ゲドロン)
ジェーシードゥコー社(フランス)と三菱商事㈱の合弁で設立した、ストリートファ
ニチャー事業を中核とする都市景観事業会社
3.今後の事業予定
仙台市屋外広告物条例ではバス停留所の上屋への広告の表示及び設置が禁止されてい
るため、特例措置として市内5箇所において広告付き上屋の試験設置を行い,お客様へ
のアンケートを含め,利便性,デザイン,安全性,都市景観への影響等を検証し,事業
が仙台市に有益であると判断された場合は,関係機関と調整を行った上で、本格実施へ
移行します。
4.試験設置
試験設置は下記5箇所において,デザインの異なる3種類の上屋を設置します。本格
実施時は3種類から1つのデザインを選定し,市内共通のデザインとします。
○試験箇所
「交通局大学病院前」(息吹)
「春日町(上り)」(大地)
「二日町北四番丁(上り)」(大地)
「錦町公園前(上り)」(杜)
「五橋(下り)」(息吹)
○ デザイン
(息吹)
(大地)
(杜)
*各デザインは企画提案時点の案です。設置の際に詳細が変わることがあります。
報道資料
5.広告付きバス停留所上屋整備事業について
この事業は、ストリートファニチャー事業(1960年代にフランス・リヨンしで誕
生した PPP 事業手法)を世界48ヶ国、3500都市で展開するフランスのジェーシー
ドゥコー社と三菱商事株式会社が設立したエムシードゥコー社が日本の多くの都市に提
案しているものです。
広告パネルに掲出される広告の収入によって、上屋の製造、設置、その後の清掃や維
持管理までを賄う事業です。交通事業者や自治体には一切の費用負担なく、バス停留所
上屋が整備することができる、PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)
事業手法の一つです。
岡山市を皮切りに、すでに日本16都市で事業を実施しており、すでに450基以上
の広告付きバス停上屋を設置し、維持管理を行っております。
それぞれの都市の特性にあった上屋のデザインを提案しており、この度、仙台市に御
提案したデザインも、白色系の屋根を基調に「杜の都
仙台」をイメージして提案され
ました。強化ガラスの側壁(風除け)及びベンチ付きで、屋根には照明がつき、側壁
に添加される広告パネルにも蛍光管が4本内蔵されているため、周辺を明るく照らし、
夜間の防犯効果もあります。また、月に2回の定期清掃と週1回の巡回により、常に
安全で快適なバス待ち空間を保ちます。
さらに仙台市においては、設置工事、今後のバス上屋のメンテナンス業務などを仙
台市に拠点を置く企業とタイアップしており、雇用創出も含め海外からの投資を通じ
て地元経済活性化にも貢献してまいります。
以上
Fly UP