...

11.28 [email protected][.} (Page 1)

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

11.28 [email protected][.} (Page 1)
M 11/28掲載 「今、若者たちへ」
(ノバルティスファーマ) 8段1割 4校(=最終)
格 は が 自
に 突 、 分
。 然 不 で
の 幸 も
英 に 実
語 も 感
で 、 で
の 希 き
役 望 ま
員 し し
面 た た
接 総 。
で 合 と
不 商 こ
合 社 ろ
商
社
を
受
け
る
う
ち
、
﹁
こ
れ
だ
﹂
と
進
路
を
目
指
し
ま
し
た
。
い
く
つ
か
の
フジコム/千田 企画制作部/深川
機
械
工
学
科
の
学
生
と
し
て
は
異
色
の
よ
う
や
く
商
社
と
い
う
像
が
浮
か
び
、
ろ
げ
に
感
じ
た
の
は
海
外
へ
の
関
心
。
ろ
う
︱
︱
。
答
え
が
出
な
い
中
、
お
ぼ
ま
ま
。
自
分
は
一
体
何
を
し
た
い
ん
だ
し す り 嫌 が 長 大 ニ
就 た る 、 。 っ に に オ 当
職 ね よ 酒 勉 た 納 も ン 時
活 。 う で 強 組 ま 初 な 、
な も も 織 っ め る 慶
動
、 酌 完 に た て 会 応
に
生 み 成 入 り 会 が に
入
し を あ は
き 交 し
っ
り プ
た わ た っ ま 創
て
ま レ
学 し 本 て し ︵
も
し イ
五
問 な か 群 た つ
く
里
が が ら れ 。 ︶ た ボ
霧
好 ら 学 る 出 っ が ー
中
き 話 ぶ の 来 て 、 イ
の
で を よ は 上 会 東 ユ
葛
藤
が
続
き
ま
し
た
。
だ
、
つ
ま
ら
ん
と
。
そ
こ
か
ら
模
索
と
第
一
、
勉
強
だ
け
や
っ
て
い
て
も
ダ
メ
ら
も
っ
と
賢
い
連
中
を
見
て
き
た
し
、
何
だ
ろ
う
と
思
っ
た
時
、
学
問
だ
け
な
ま
し
た
。
し
か
し
、
自
分
の
存
在
っ
て
を
歩
み
、
自
分
に
も
そ
の
意
識
が
あ
り
大
と
、
世
間
か
ら
見
れ
ば
エ
リ
ー
ト
校
を
広
げ
る
こ
と
。
灘
中
・
灘
高
か
ら
東
入
学
時
に
考
え
た
こ
と
は
、
人
間
の
幅
混
沌
︵
こ
ん
と
ん
︶
と
し
て
い
ま
し
た
。
大
学
時
代
の
私
は
、
一
言
で
言
え
ば
入自
社分
後の
も存
続在
くめ
葛ぐ
藤り
挑戦は若さの特権 そこから何かを学べ
グローバル視野に感性高めて自己実現を
みたに・ひろゆき 1977年東京大学工学部卒、川崎製鉄(現JFEスチール)
入社。83年カリフォルニア大学バークレー校大学院工学修士、84年スタンフォ
ード大学大学院経営工学修士。88年ボストンコンサルティンググループ入社。
92年日本ゼネラルエレクトリック(GE)入社、98年GE航空機エンジン北アジア
部門社長、2002年GE横河メディカルシステム社長を経て、07年から現職
る
べ
き
な
の
で
す
。
尊
敬
さ
れ
る
個
人
で
あ
り
、
会
社
で
あ
ま
う
の
は
も
っ
た
い
な
い
。
社
会
か
ら
が
、
そ
れ
だ
け
で
一
生
を
終
わ
っ
て
し
と
で
す
。
目
先
の
目
標
も
大
切
で
す
し
て
人
々
の
命
と
健
康
に
貢
献
す
る
こ
た
い
。
当
社
で
い
え
ば
、
製
薬
会
社
と
広 告
本
来
の
使
命
を
見
失
わ
な
い
で
も
ら
い
で が が も
も す 高 仕 ら
う 。 け 事 い
一
れ の た
ば 能 い
つ
経 力 。
言
験 を 感
う
と
を 決 性
す
加 定 と
れ
速 し 経
ば
化 ま 験
、
で す の
自
き 。 積
分
る 感 分
の 性 値
の
感
性
を
も
っ
て
仕
事
で
自
己
実
現
し
て
企画・制作
日本経済新聞社広告局
グ
ロ
ー
バ
ル
な
意
識
を
持
ち
、
高
い
負
す
る
プ
ロ
の
仕
事
を
体
験
し
ま
し
た
。
磨
き
合
い
な
が
ら
自
分
の
ス
キ
ル
で
勝
コ
ン
サ
ル
タ
ン
ト
会
社
で
も
、
互
い
に
感
し
ま
し
た
。
そ
の
後
勤
め
た
外
資
系
が
、
ス
ケ
ー
ル
や
厳
し
さ
の
違
い
を
実
業
に
転
身
し
ま
し
た
。
海
外
へ
の
思
い
も
ら
い
、
帰
国
後
四
年
し
て
外
資
系
企
い
。
二
年
あ
ま
り
の
米
国
留
学
で
し
た
ー
バ
ル
な
世
界
に
目
を
向
け
て
ほ
し
年
目
か
ら
米
国
の
大
学
に
留
学
さ
せ
て
そ
れ
と
、
や
は
り
こ
れ
か
ら
は
グ
ロ
上
っ
て
い
く
と
こ
ろ
で
し
ょ
う
が
、
六
く
こ
と
が
最
も
大
切
で
す
。
ふ
つ
う
は
そ
の
ま
ま
社
内
の
階
段
を
完
全
に
自
分
の
足
場
が
で
き
ま
し
た
。
え
、
少
し
ず
つ
自
信
も
出
て
き
ま
し
た
。
た
。
仕
事
で
も
認
め
ら
れ
る
場
面
が
増
受
け
入
れ
ら
れ
る
よ
う
に
な
り
ま
し
現
場
で
は
だ
ん
だ
ん
と
仲
間
と
し
て
試
行
錯
誤
の
中
か
ら
何
か
を
学
ん
で
い
こ
と
で
す
。
自
分
で
限
界
を
作
ら
ず
、
度
で
も
挑
戦
す
る
時
間
が
あ
る
と
い
う
る
べ
き
で
す
。
若
い
と
い
う
こ
と
は
何
あ
ま
り
迷
わ
ず
に
徹
底
的
に
や
っ
て
み
り
ま
せ
ん
。
だ
か
ら
一
度
選
ん
だ
ら
、
に
足
が
つ
く
ん
で
す
ね
。
し
か
し
、
選
べ
る
答
え
は
一
つ
し
か
あ
こ
ろ
で
力
を
つ
け
よ
う
。
よ
う
や
く
地
で
も
浮
つ
い
て
い
な
い
で
、
今
い
る
と
選
択
肢
は
い
ろ
い
ろ
あ
る
で
し
ょ
う
。
進
む
べ
き
か
、
悩
み
は
つ
き
も
の
で
す
。
影
響
を
与
え
て
こ
そ
な
ん
ぼ
、
い
つ
ま
若
い
こ
ろ
、
自
分
が
ど
う
い
う
道
に
な
ど
さ
ほ
ど
顧
み
ら
れ
ま
せ
ん
。
人
に
に
言
え
ば
全
人
格
が
問
わ
れ
る
。
学
歴
い
れ
ば
い
い
わ
け
で
は
な
く
、
大
げ
さ
個社
人会
とで
会尊
社敬
でさ
あれ
れる
は
、
与
え
ら
れ
た
こ
と
だ
け
を
や
っ
て
が
徐
々
に
変
わ
り
始
め
ま
し
た
。
仕
事
し
か
し
、
二
年
目
ぐ
ら
い
か
ら
自
分
じ
た
か
ら
で
す
。
こ
と
が
出
来
る
と
い
う
や
り
が
い
を
感
ァ
ー
を
受
け
た
の
も
、
人
の
命
を
救
う
り
ま
し
た
。
ノ
バ
ル
テ
ィ
ス
フ
ァ
ー
マ
社
長
の
オ
フ
た
。
職
場
に
な
じ
む
の
に
時
間
が
か
か
や
鉄
粉
や
ら
で
茶
色
に
変
色
し
ま
し
員
寮
。
シ
ー
ツ
は
二
週
間
も
す
る
と
汗
場
。
寝
起
き
は
六
畳
一
間
に
二
人
の
社
な
気
持
ち
に
駆
ら
れ
ま
し
た
。
現
在
の
と
こ
と
ん
挑
戦
し
て
み
た
い
︱
︱
そ
ん
自
分
の
力
で
ど
こ
ま
で
や
れ
る
の
か
、
も
あ
る
し
、
も
っ
と
大
き
な
枠
の
中
で
昼
夜
三
交
代
で
高
炉
を
点
検
す
る
現
葛
藤
は
続
き
ま
し
た
。
最
初
の
配
属
は
し た ま 一 た の う 職
こ た 。 だ つ 。 で と 。 結
ん 。 い な の 医 す 、 素 局
な
つ く 職 学 。 進 材 、
具
も 、 業 部 大 路 産 大
合
モ 工 に に 学 の 業 手
で
ラ 学 人 も 受 決 な 鉄
す
ト
生 受 験 定 ら
か
リ 部 を か の を 間 鋼
ら
ア を か り 時 先 口 メ
、
ム 選 け ま も 延 が ー
就
の 択 る し そ ば 広 カ
延 し 覚 た う し い ー
職
長 ま 悟 が で し だ に
後
で し が 、 し た ろ 就
も
ノバルティス ファーマ社長
三谷 宏幸 さん
「
(心の中は)いつも何かを探していま
した」。こう振り返るのは、ノバルティス
ファーマの三谷宏幸社長。自分が燃え
られるものを探して20 代半ばまで葛藤
が続いた。超難関校から東大進学、大
企業への就職、
さらには米国留学、
外資
系企業への転身と華やかな経歴だが、
青 春 時 代には模 索と葛 藤があった。
その中から紡ぎだした仕事観や若者へ
のアドバイスなどを語ってもらった。
1983年、米国カリフォルニア大学バークレー校で
工学修士を取得(前列右)
Fly UP