...

縦断プロファイルのデータ収集法に関する研究 - J

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

縦断プロファイルのデータ収集法に関する研究 - J
【第2回 舗 装 工学 講 演 会 講 演 論 文 集1997年12月
】
縦 断 プ ロ フ ァイ ル のデ ー タ収 集法 に関 す る研 究
秋本
1
2
隆 ・笠 原
篤2・川 村
彰3・斉 藤
和夫
正会 員 ニチ レキ株 式 会 社 北海 道 支 店 業 務 技術 課 長(〒061-14北 海 道 恵 庭 市 北 柏 木 町3-34)
フ ェ ロー会 員 工 博 北海 道 工業 大 学教 授 工 学 部 土 木 工 学 科(〒006北 海 道 札 幌 市 手稲 区前 田7条15丁 日)
正 会 員3工 博 北 見 工 業 大 学助 教 授 工 学 部 土 木 開 発 工 学 科(〒090北 海 道 北 見 市 公 園 町165)
4
正 会 員 工博 室 蘭 工業 大 学 教 授 工学 部 建 設 シ ス テ ム 工 学科(〒050北 海 道 室 蘭 市 水 元 町27番1号)
舗 装 の サ ー ビ ス性 能 を評 価 す る上 で,路 面 の 平 坦 性(ラ フネ ス)を把 握 す る こ とは,道 路 利 用 者 の乗 り心 地 の
評 価 に つ なが るだ けで な く,騒 音 ・
振 動 問題 な どの 解 析 に 有 効 で あ る.路 面 性 状 自動 測 定 装 置 の 開発 に よ っ て,
通 常 の車 両 走 行 速 度 で延 長 方 向 に0.25m間
隔 で縦 断 凹 凸 デ ー タ の収 集 が で き る よ うに な っ た こ とか ら,平 坦
性 を適 正 に評 価 す る た め の デ ー タ間 隔 に つ い て,ま た 平 坦 性 を評 価 す る単 位 区 間長 に つ いて の解 析 を行 っ た 。
さ らに,乗 り心 地 の指 標 と して世 界 銀 行 で 提 案 され たIRIと 平 坦 性 に つ い て の 比 較検 討 を行 った.
KeyWords:PMS,Road surface property measurement equipment,3m Profilometer, Roughness evaluation,IRI
1.は
路 面 性 状 自動 測 定 装 置 に よ っ て,延 長 方 向 に0.25
じめ に
m間
隔 で 収 集 し た 縦 断 凹 凸 量 を 基 に,測 定 の 開 始
位 置 の ず れ に よ る σの 変 動 を把 握 した.開 始 位 置 の
道 路 舗 装 の 日的 は,道 路 利 用 者 に 安 全,快 適,ス ム
ー ズ な 走 行 とい っ た サ ー ビ ス を提 供 す る こ と に あ
ず れ に よ っ て σが 変 動 す る影 響 を 解 消 す る方 法 と
る.こ れ ら の 機 能 を サ ー ビ ス 性 能 と 称 す る.わ が 国
して,縦 断 凹 凸 量 の 測 定 間 隔 に つ い て 検 討 を行 っ た.
に お け る 路 面 の ラ フ ネ ス を 示 す 尺 度 と し て は,3m-
さ ら に,解 析 す る単 位 区 間 長 に つ い て の 検 討 を行 っ
プ ロ フ ィ ロ メー タ に よ っ て 測 定 され る 縦 断 凹 凸 量
た.ま た,世 界 銀 行 で ラ フ ネ ス を 共 通 化 す る 目的 で
の 標 準 偏 差(以 下,σ
提 案 され た 乗 り心 地 指標 のIRIと
と 示 す)が 採 用 され て い る.ラ
σに つ い て,比 較
検 討 を行 っ た.
フネ ス の 良 悪 は 車 両 の 振 動 に影 響 を与 え る こ と か
ら1),こ れ が 悪 い と 車 両 走 行 の 快 適 性 や ス ム ー ズ な
2.3mプ
走 行 に 悪 影 響 とな る だ け で な く,積 載 物 の 荷 痛 み の
ロフ イロメー タ
原 因 と も な る.こ の こ と か ら,ラ フ ネ ス は 道 路 利 用
わ が 国 に お い て は,一 般 的 に ラ フ ネ ス は,図-1に
者 に と っ て は 重 要 な 路 面 性 状 値 の1つ で あ る と い え
示 さ れ た3mプ
る.
凸 測 定 を 行 い,算 出 さ れ る.
舗 装 を 経 済 的 ・合 理 的 に 管 理 す る 手 法 で あ る 舗 装
マ ネ ジ メ ン トシ ス テ ム(PMS:Pavement
Systems)を
ロ フ ィ ロ メ ー タ を用 い て 路 面 の 凹
Management
ラ フ ネ ス を 求 め よ う とす る 区 間 の 始 点(以 下,基
運 用 す る に あ た っ て も,ラ フ ネ ス 評 価 が
準 点 と 言 う)に3mプ
ロ フ ィ ロ メー タ の 測 定 車 輪 を
重 要 と な っ て い る2)3).さ ら に,こ の シ ス テ ム に よ り
セ ッ ト し,区 間 の 終 点 ま で こ れ を 通 常 の 歩 行 速 度 で
経 済 性 を考 慮 した維 持 ・
修 繕 の計 画 策 定 をす る た め
牽 引 す る.こ の 中 心 に 固 定 さ れ た 記 録 計 か ら,測 定
に は,供 用 後 の ラ フ ネ ス の 経 時 変 化(以 下,こ れ を パ
車 輪 の 上 下 方 向 変 位 を,1.5m移
フ ォ ー マ ン ス と 称 す)を 把 握 す る こ と が 不 可 欠 と な
mm単 位 で 読 み と り(以 下,こ れ を 縦 断 凹 凸 量 と 言 う),
っ て い る.
こ の 標 準 偏 差 を 求 め,そ れ を σ で 表 し て い る5).通 常,
σ の パ フ ォ ー マ ン ス を 求 め た 報 告 に は,悪 化 の 傾
動 さ せ る 毎 に0.1
外 側 わ だ ち 底 部 を 測 線 と す る場 合 が 多 い.
向 が わ か る も の の,ス ム ー ズ に 悪 化 が 進 行 し な い と
こ の 方 法 は,各 種 の 装 置 ・
方 法 の検 討 を行 っ た結
い う結 果 に な っ て い る も の が あ る4).こ れ は,σ の 測
果 に 基 づ き6)7),竣工 時 の 舗 装 の 平 坦 性 検 査 と し て19
定 自 体 に 問 題 を 含 ん で い る も の と 考 え ら れ る.
67年 以 来 採 用 され て い る.
―1―
般 交 通 の 障 害 が 少 な い 夜 間 に 実 施 され る.
(2)路
面 性 状 自動 測 定 装 置 ・
解 析 シ ステ ム
こ の 路 面 性 状 自動 測 定 装 置 を用 い て,σ を 求 め る
ま で の シ ス テ ム の 概 要 と処 理 手 順 を示 す.
a)入 力 信 号
図-13mプロ
レー ザ 距 離 計 の 情 報 と 同 時 に走 行 距 離 の 情 報 も
フ イ ロメ ー タ の 概 要
ビ デ オ テ ー プ に 収 録 され る.走 行 距 離 情 報 は,設 定
距 離 毎(通 常 は0.25m間
3.路 面性 状 自動 測定 装置
隔)に,タ イ ヤ に 押 しあ て ら
れ た ロー ラ 式 距 離 計 よ り1パ ル スの 信 号 が 出力 され
る よ う に な っ て い る.こ の 距 離 精 度 は ±0.1%以
今 回,縦 断 凹 凸 量 を 収 集 し た 路 面 性 状 自動 測 定 装
置8)9)は,3要 素(ひ び 割 れ 率,わ だ ち 掘 れ 量,σ)を
内
で あ る.
同時
ま た,こ の ビ デ オ テ ー プ に は 解 析 時 に参 考 と な る
測 定 で き る も の で あ る 、以 下 に,縦 断 凹 凸 量 の 収 集
メ モ な どの 情 報 も音 声 と して 収 録 で き る よ うに な
に つ い て の 概 要 を 説 明 す る.
っ て い る.
(1)測 定 原 理
b)解 析 処 理
路 面 性 状 自動 測 定 装 置 に よ る σの 測 定 原 理 は,レ
ー ザ 距 離 計 方 式 で あ る .こ の 概 要 を図-2に 示 した.
は 両 端 が 固 定 の 高 さ で あ る が,路 面 性 状 自動 測 定 装
レー ザ 発 光 装 置 に よ り出 力 され た レー ザ 光 が 路
置 は ロ ー リ ン グ な ど に よ り両 端 に設 置 し た レ ー ザ
面 で 反 射 し,レ ン ズを 通 過 して 距 離 受 光 装 置 に 入 力
距 離 計 と 路 面 と の 高 さ が 変 動 す る こ と か ら,縦 断 凹
され る.レ ー ザ 発 光 装 置 ・レ ン ズ ・
距離 受光装 置が一
凸 量 は 式(1)に よ っ て 算 出 さ れ る5).な お,レ
体 と な って い る こ と か ら,距 離 受 光 装 置 に入 力 され
離 計 の 出 力 を 装 置 の 前 方 か らX1,X2,X3と す る.
図-1に 示 す よ う に,牽 引 式3mプ
ロフ ィ ロメー タ
ーザ 距
(1)
る レー ザ の 位 置 に よ っ て,こ れ らの 装 置 と路 面 の間
こ こで
隔 距 離 が 測 定 で き る よ うにな っ て い る.
d:縦
断 凹 凸 量(mm)
x1:前
方 の 変 位(mm)
x2:中
央 の 変 位(mm)
x3:後
力 の 変 位(mm)
通 常 は,路 面 性 状 自 動 測 定 装 置 に よ っ て 収 集 され
た0.25m間
隔 の 縦 断 凹 凸 量 デ ー タ か ら,図-3に 示 す
よ う に,1.5m間
隔 に な る よ う に1,7,13…
デ ー タ を 抽 出 し,単 位 区 間(通 常100m)で
…番 日の
の全縦断凹
凸 量 の 標 準 偏 差 を 式(2)に よ っ て 計 算 し5),これ を σ
と し て い る.
図-2レ ー ザ 距 離 計 の 原 理
路 面 性 状 自動 測 定 装 置 に は,レ ー ザ 距 離 計 が 外 側
車 輪 走 行 位 置 に1.5m間
図-3縦
断 凹 凸 量 デ ー タ の抽 出
隔 で3個 設 置 して あ る.こ
れ ら3点 の位 置 に お け る路 面 と の 高 さ が,測 定車 が0.
25m進
(2)
行 す る毎 に 高 密 度 対 応 の ビ デ オ テ ー プ に収
録 され る よ うに な っ てい る.
こ こで
な お,こ こ で 用 い て い る レー ザ 光 線 は,安 全 性 を
考 慮 して可 視 光 線 と して い る こ とか ら,日 中 に は デ
ー タ の 収 集 が 不 可 能 な も の とな っ てお り
,測 定 は 一
―
2―
σ:標
準 偏 差(mm)
d:縦
断 凹 凸 量(mm)
n:デ
ー タ数
こ の 種 の 路 面 性 状 測 定 装 置 に よ る σの 検 定 精 度
は,牽 引 式3mプ
舗 装 の 路 面 性 状 は,経 年 に よ っ て ス ム ー ズ な カ ー
ブ で 悪 化 し て い く も の で あ る と い え る が,図-5で
ロ フ ィ ロ メ ー タ に よ っ て 得 られ た
σ と の 誤 差 が ±30%以
σが 前 年 よ り良 好 とな る こ とが あ りス ム ー ズ な カ
内 と な っ て い る.
ー ブ
4.0.25m間
は
と は な っ て な い.
筆 者 らは,こ の よ うな 結 果 と な っ た の は,測 定 装
隔の縦 断凹 凸量デ ータ
置 の 誤 差,走 行 位 置 の 再 現 性 の ほ か,σ を 算 出 す る
1995年 秋 期 に,北 海 道 の 舗 装 道 路 の 同 一 路 線 に お
縦 断 凹 凸 量 の 間 隔 と,測 定 開 始 の位 置 が ず れ る こ と
い て,山 岳 地 の 曲 線 部・直 線 道 路 の 平 坦 部 ・市 街 地 の
に よ る問 題 が あ る と考 え,間 隔 と測 定 開 始 位 置 ず れ
3箇 所 を 路 面 性 状 自 動 測 定 装 置 に よ っ て 各 々1kmず
に つ い て 検 討 した.
つ 測 定 を 行 っ た.選 定 に あ た っ て は,橋 梁 ・マ ン ホ ー
ル な ど の 道 路 構 造 物 が な く,そ れ ぞ れ が 同 一 年 度 に
舗 設 され た 箇 所 と し た.な お,曲 線 部 と 平 坦 部 は1車
線/1方 向 で あ る が,市 街 地 は2車 線/1方 向 で あ り信
号 付 き の 交 差 点 が 約150m間
隔 に あ る.そ れ ぞ れ の
箇 所 に お い て,延 長 方 向 に0.25m間
隔 で縦 断 凹 凸
量 を 収 集 し た.こ の 例 と し て,曲 線 部 に お け る 縦 断
凹 凸 量 の 変 化 を 図-4に 示 し た.
こ の 図 に 示す よ う に,縦 断 凹 凸 量 は 相 当 変 化 し て
い る と い え る.平 坦 部 ・市 街 部 に つ い て も 同 様 な 傾
図-5σ
向 が 見 られ た.
6.測
の経年 変化例
定 開始 位 置
収 集 し た0.25m間
隔 の 縦 断 凹 凸 量 の3km分 の デ
ー タ に つ い て ,σ を 算 出 す る 区 間(以 下,単 位 区 間 と
言 う)を100mと
し て,30区 間 に 分 割 し た.
以 下,単 位 区 間 をx(m),縦
断 凹凸量 のデー タ間隔
(以 下,デ ー タ 間 隔 と 言 う)をy(m),測
定開 始位 置 の
基 準 点 か ら の 距 離(以 下,開 始 位 置 と 言 う)をz(m)と
し,σ の 表 し方 を σx,y,zと し た.
単 位 区 間 を100m,デ
位 置 を0m,開
図-4縦
断 凹 凸 量 の 変 化(0.25m間
隔)
ー タ 間 隔 を1.5mと
始 位 置 の 前 方 に0.50m,0.25m,さ
後 方 に0.25m,0.50m,0.75mと
し,開 始
らに
ず ら して,6つ の σ100,
1.5,zを 求 め た.開 始 位 置 が 基 準 点 と な る σ100,1.5,0を
横
5.σ
の パ フ ォー マ ン ス
軸 と し,他 の5つ の σ100,1.5,zを
縦 軸 と した 開 始 位 置 ず
れ に よ る σ の 関 係 を 図-6に 示 し た.
サ ー ビ ス性 能 の パ フ ォ ー マ ン ス を 把 握 す る た め
に は,同 一 区 間 に お け る 路 面 性 状 の 経 年 変 化 を 的 確
に 求 め る必 要 が あ る.
3mプ
ロ フ ィ ロ メ ー タ を 用 い て,1.5m間
断 凹 凸 量 か ら 単 位 区 間 を100mと
σ の 経 時 変 化 を,参 考 文 献4)の271頁
隔 の縦
して 算 出 され た
表-3路 面 性 状
測 定 結 果 か ら 引 用 し た も の を 図-5に 示 し た.こ の 調
査 箇 所 は,一 般 国 道36号
装 構 造 と し てCBR-TA法
の 美 々 新 試 験 道 路 で あ り舗
で 設 計 され たA,B,C,D
構 造 と 多 層 弾 性 理 論 に よ っ て 設 計 さ れ たT1-1,T12,T2-1,T2-2構
造 の 計8種 類 の 構 造 か ら 構 成 さ れ て
い る.
―3―
図-6開
始 位 置 ず れ に よ る σの 関係
全30区 間 に お け るσ100,1.5,zの最 大 を σmzx,最 小 を
σminと
隔 で 延 長100mの
デ ー タ を 収 集 し た.こ の1cm間 隔
し て,σ100,1.5,0と
比 較 す る と,σmax/σ100,1.5,0の
30区 間 の 平 均 が1.10,σmin/σ100,1.5,0の 平 均 が0.88と
な っ た 、こ の こ と か ら,デ ー タ 間 隔 を1.5mと
表-2開 始 位 置 ず れ に よ る σ
して
σ を 求 め た 場 合 に は,開 始 位 置 の ず れ に よ る σ の 変
動 平 均 が 約10%も
あ る と い え る.
1例 と し て,σ100,1.5,0が最 も 大 き な 値 と な っ た 区 間
つ い て,開 始 位 置 ず れ に よ る σ100,1.5,zを表-1に 示 し
た.
表-1開 始 位 置 ず れ に よ る σの 例
の テ ー タ を3mプ
ロ フ ィ ロ メ ー タ測 定 の デ ー タ と
な る よ う に 式-2を 用 い て 変 換 し た.
変 換 し た 縦 断 凹 凸 量 を 基 に し て.デ ー タ 間 隔 を0.
25m,0.15m,0.10m,0.05m,0.03m,0.02m,0.01m
と 変 化 さ せ,さ
ら に 開 始 位 置 を ず ら し て σ を 求 め た-
σの 真 値 を こ の 母 集 団 の 平 均 値2.86mmと
し,デ ー タ
間 隔 毎 に σ の 最 大 値/平 均 値,最 小 値/平 均 値 を 表-3
に 示 し た.
こ の 区 間 の σ の 最 大 値/σ100,1.5,-0は1.12,最
100,1,5,-0は0.76と
な っ た.こ
小 値/σ
表-3デ
ー タ間 隔 毎 の σの 最 大/平 均,最 小 値/平 均
の よ うに 開 始位 置 が ず れ
る こ と に よ っ て σ が12∼24%と
大 き く異 な る結 果
が 得 ら れ た.
7.デ
ー タ間隔
(1)路 面 性 状 測 定 装 置 に よ る 縦 断 凹 凸 量 で の 検 討
路 面 性 状 自 動 測 定 装 置 に よ っ て 収 集 さ れ た0.25
m間
隔 の 縦 断 凹 凸 量 を 基 に し て,単 位 区 間 を100m
と し,解 析 に 用 い る 縦 断 凹 凸 量 の デ ー タ 間 隔 を1.5
m,1.0m,0.75m,0.5m,0.25mと
8.単
一般 的 には
析 を 行 っ た.各 々 の デ ー タ 間 隔 に お い て,開 始 位 置
を ず ら し,全30区
位 区間長
変 化 さ せ ,σ の 解
間 に お け る σ100,y,zを求 め た.さ ら
mと
,路 面 性 状 を 評 価 す る 単 位 区 間 を100
し て い る.し か し,供 用 中 の 舗 装 は 交 通 荷 重 な
に,同 一 区 間,同 一 デ ー タ 間 隔 に お け る σ100,y,zの最
ど の 変 化 に よ っ て,路 面 性 状 が 大 き く変 化 す る こ と
大 を σmax,最 小 を σminと し,σmax/σ100,y,0とσmin/σ10
が 考 え ら れ る.こ の こ と か ら,評 価 す る 単 位 区 間 長
0,y,0を求 め た.全30区
に つ い て 全30区
間 に つ い て 各 デ ー タ間 隔 毎 に
求 め た 平 均 を 表-2に 示 し た.な お,参 考 と し て σmax/
σ100,y,0最 大 σmin/σ100,y,0の
最 小 も示 され てい る.
間 を 対 象 と し て,検 討 を 行 っ た.な
お,縦 断 凹 凸 量 の デ ー タ 間 隔 は0.25mと
単 位 区 間 を100mを
こ の 結 果 よ り,デ ー タ 間 隔 が 短 く な る ほ ど σ の 開
始 位 置 ず れ に よ る 変 動 が 小 さ く な る と い え る.
て,こ れ を50mず
し た.
と し た σ100,0.25,0を
ベースとし
つ に2つ に 細 分 割 し 求 め た σ50,0.25,0
を 比 較 し た も の を 図-7,20mず
つ に5つ に 細 分 割 し
求 め た σ20,0.25,0を
比 較 し た も の を 図-8に 示 す.な お ,
(2)1cm間
隔 の 縦 断 凹 凸 量 で の検 討
解 析 単 位 区 間100mの
デ ー タ 収 集 間 隔 を さ ら に 短 く した 場 合 の σが ど
の よ う な 変 動 を 示 す か を 明 ら か に す る た め に ,2点
逐 次 法10)に よ る 路 面 プ ロ フ ィ ロ メ ー タ を 用 い,栃 木
県 の 県 道 に お い て,絶 対 縦 断 プ ロ フ ァ イ ル を1cm間
20mと
中 で,そ れ ぞ れ 単 位 区 間 を50,
短 く して 求 め た σの 最 大 と最 小 の 直 線 回 帰
を そ れ ぞ れ の 図 に 付 記 し た.
これ ら の 結 果 か ら,舗 装 の 新 設 や オ ー バ ー レ イ の
施 工 直 後 の よ う に 単 位 区 間100mと
―4―
し て 求 め られ
た σ100,0.25,0が1mm程
度 と 小 さ い 場 合 に は,単 位 区 間 を
き い 方 が,路 面 の 凹 凸 が 大 き く悪 い 状 態 で あ る と い
50m,20mと
え る.
細 分 割 し て も σ50,0,25,0,σ20,0,25,0の
変動 は
小 さ か っ た.し か し,σ100.0/25,0が
大 き く な る に 従 っ て,
50m,20mと
細 分 割 し て 求 め た σ50,0.25,0,σ20,0.25,0の
変
(1)現 場 デ ー タ に よ る 比 較
本 来IRIは,絶
動 も 大 き く な っ た.こ の 傾 向 は 単 位 区 間 長 を 短 く し
対 縦 断 プ ロ フ ァイ ル か ら算 出 され
も の で あ る.今 回 得 ら れ て い る 縦 断 凹 凸 量 は 相 対 的
た 方 が よ り顕 著 で あ っ た.
こ の こ と か ら,舗 装 新 設 補 修 後 の 施 工 管 理 に お
な プ ロ フ ァ イ ル で あ る が,絶 対 的 な 縦 断 プ ロ フ ァ イ
い て 実 施 され る σ の 測 定 に お い て は,σ が 小 さ い こ
ル と 置 き 換 え てIRIを
算 出 し た.全30区
と か ら,単 位 区 間 長 を 変 化 させ て も 変 動 は 少 な く,
し て,単 位 区 間 を100m,デ
単 位 区 間 長 を 強 い て 短 く す る 必 要 は な い と い え る.
σ100,0.25,0と
同 一 区 間 のIRIの
し か し,長 期 間 供 用 さ れ て 路 面 が 悪 化 し て き た 場 合
の 結 果,IRIと
間 を 対象 と
ー タ 間 隔 を0.25mと
した
関 係 を 図-9に 示 す.こ
σ の 相 関 係 数(R)は0.65と
な っ た.
に お い て は,単 位 区 間 長 を 短 く し た 方 が 路 面 を 適 切
に 評 価 で き る と い え る.
図-9IRIと
図-7単
位 区 間100mと50mの
σの 関 係
相 関 係 数 は そ れ ほ ど大 き な 値 を 示 さ な か っ た が,
比較
σ が 大 き く な る とIRIも
大 き くな る とい っ た 傾 向
が あ る と い え る.
解 析 間 隔,デ ー タ が 同 一 で あ る の に も か か わ らず,
相 関 係 数 が 大 き く な ら な か っ た の は,IRIは
車 両の
運 動 変 位 の 累 積 値 と 走 行 距 離 と の 比 を,そ の 路 面 の
ラ フ ネ ス と し て い る が,σ は 単 純 に 縦 断 凹 凸 量 か ら
求 め た もの であ る とい った算 出方 法 の違 い に よる
も の と 考 え ら れ る.
(2)単 純 モ デ ル に よ る 比 較
縦 断 凹 凸 量 の モ デ ル に よ り,σ とIRIの
図-8単
位 区 間100mと20mの
を 行 っ た.図-10に
比較
σ が1.00mmと
比較検 討
な る よ うな0,25m
間 隔 の 単 純 な 縦 断 凹 凸 量 の モ デ ル と,そ れ に よ っ て
9.│R│と
σの 比 較
求 め ら れ るIRIを
示 し た.こ の 図-10に は 数m分
か 表 し て い な い が,100m同
国 際 ラ フ ネ ス 指 数(IRI:lnternational
Roughness
れ る と し てIRIを
Index)11)は,各 国 や 機 関 に よ っ て 異 な ろ ラ フ ネ ス を
共 通 化 す る 日 的 で,1986年
じパ タ ー ン が 繰 り返 さ
求 め た.
こ こ で 示 さ れ る よ う に σ が1.00mmと
に 世 界 銀 行 か ら 提 案 され
し
断 凹 凸 の 形 状 が 異 な る こ と でIRIは
同 じ で も,縦
変 化す るとい
た ラ フ ネ ス の 評 価 基 準 で あ る.ク ォ ー タ ー カ ー(2軸
え る.σ は 単 純 に 縦 断 凹 凸 量 に 影 響 さ れ る が,IRI
4輪 の 乗 用 車 の1輪 だ け を 取 り出 し た も の)を 一 定 の
は 長 波 成 分 に 影 響 され る こ と か ら こ の よ う な 結 果
速 度 で 路 面 上 を 走 行 させ た と き の 車 が 受 け る 上 下
と な っ た と 考 え ら れ る.
方 向 の 運 動 変 位 の 累 積 値 と 走 行 距 離 と の 比 を,そ の
路 面 の ラ フ ネ ス と し て い る.よ っ て,こ のIRIの
大
―
5―
は,開 始 位 置 の ず れ に よ る 変 動 が 大 き く,満 足 で き
る パ フ ォ ー マ ン ス が 得 ら れ な い と 考 え ら れ る.
IRIと
い っ た 世 界 的 な 乗 り心 地 指 標 へ の 取 り組
み が,今 後 期 待 さ れ る 。
参 考 文 献
1) 中 山 晴 行, 渡 辺 忠: 舗 装 路 面 性 状 と 動 的 荷 重 と の 関 係,
舗 装, 11, 1995.
2)Haas, R. and Hudson, W. R. :Pavement Management
図-10σ
が1.00mmと
Systems, 1978.
な るモデル
3)Haas, R.,
10.結
Hudson, W. R. and Zniewski, J:Modern
Pavement Management, 1994.
論
4) 石 谷 雅 彦, 中 川 伸 一, 小 笠 原 章, 高 橋 守 人, 笠 原 篤: 美 々
新 試 験 舗 装 道 路 に お け る ア ス フ ァ ル ト舗 装 の パ フ ォ
以 下 に,本 研 究 で 得 ら れ た 成 果 を 要 約 し て 示 す.
1.一 般 的 に,σ を 求 め る た め の 縦 断 凹 凸 量 の デ ー タ
マ ン ス に 関 す る 研 究, 土 木 学 会 論 文 集.
間 隔 は1.5mと
pp265-276,
な っ て い る が,こ の 間 隔 で は 開 始 位
置 が ず れ る こ と に よ り σは 大 き く 変 動 す る とい え
5) (社)日
る.
6) 河 野
5. 1997.
本 道 路 協 会: 舗 装 試 験 法 便 覧, 11. 1988.
宏: 竣 工 時 の 舗 装 の 平 坦 性 試 験 に つ い て(1), 土 木
技 術 資 料, Vol. 9, No. 4, 土 木 研 究 会, 4, 1967.
2.σ を 求 め る 縦 断 凹 凸 量 デ ー タ の デ ー タ 間 隔 を 短
7) 河 野
く す る こ と で,開 始 位 置 の ず れ に よ る σ の 変 動 は 小
宏: 竣 工 時 の 舗 装 の 平 坦 性 試 験 に つ い て(2), 土 木
技 術 資 料, Vol. 9, No. 7, 土 木 研 究 会, 7, 1967.
さ く な る.
3.単 位 区 間 を100mと
8) 柴 崎
し た 場 合 の σ100,0.25,0が1mm程
度
9) 若 江
た σ の 変 動 は 小 さ い が,σ100,0.25,0が
大 き く な る と,細
正 美: 舗 装 の 評 価 と エ レ ク ト ロ ニ ク ス,
正 幸, 柴 崎
隆 次, 市 橋
茂 紀: 路 面 性 状 自 動 測 定 装
置 に よ る 測 定, 舗 装, Vol. 28, 2, 1993.
分 割 し た σ の 変 動 が 大 き く な る.
4.σ に よ りIRIを
隆 次, 安 納
ア ス フ ァ ル ト, Vol. 33, 7. 1990.
と σ が 良 好 な 箇 所 に お い て は,こ の 区 間 を 細 分 割 し
10)Ichihashi, S., Fukuhara, T. , Himeno, K., Kawamura, A.
あ る 程 度 想 定 で き る が,強 い 相 関
and
関 係 が あ る と は い え な い.
Kasahara, A.:Development
Acquisition
11.お
No. 564/V-35,
of
a
New
Data
System for Measuring Pavement Sursace
Profile, Proceedings of Second International Conference
わ りに
on Road Surface Characteristics, 1992.
PMSを
11) Sayers, M. W., Gillespie, T. D. and
運 用 す る に あ た っ て,舗 装 の サ ー ビ ス 性
Queiroz, C. A. V.
能 のパ フ ォ ー マ ン ス を 把 握 す る こ とが 重 要 な 課 題
The International Road Roughness Experiment, World
で あ り,従 来 行 わ れ て い る1.5m間
Bank Technical Paper Number 45, 1986.
隔 で の σの 算 出
DATA
Takashi
AKIMOTO,
It becomes
effective
vibration
problems
pavement.
By the
collection
of vertical
direction
evaluation
evaluated
rougghness
by
Kazuo
for analysis
that
was
rougghness
suggested
Atsushi
rougghness
unevenness
traveling
reasonable
length.
SAITO,
rougghness
Furthermore,
in world bank
and
when
road
possible
surface
in 0.25
KAWAMURA
of road user and noise
evaluates
service
property
m
out
analysis
about
data
carried
out
analysis
about
the
out comparison
of ride comfortable.
― 6―
examination
ability
of
was automatic,
interval
carried
we carried
as an index
that
became
speed. We
Akira
of ride comfortable
surface
device
data
PROFILE
KASAHARA,
of road
of measurement
section
vehicles
OF PAVEMENT
such as with evaluation
grasping
development
usual
that
COLLECTION
in extension
interval
unit
for
section
about
IRI
the
that
and
Fly UP