...

病院再整備事業コンサルティング における問題点と

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

病院再整備事業コンサルティング における問題点と
ITEC病院運営研究会 継続研修
「病院再整備事業コンサルティング
における問題点と対策」
平成22年7月26日
アイテック株式会社
清水 喜隆
全体の流れ







基本構想・計画
需要調査
施設基準等の申請
基本設計
実施設計
施工
情報システム ハードウェア





情報システム
運用フロー
物品管理
業務委託
経営改善
ソフトウェア
基本構想・計画
総事業費の確保が目標
 そのための納得・説得プロセスである
 費用対効果・・・定性的効果を定量化できる
か
 DPC分析で何を読み取るのか

需要調査

どうやっても循環器疾患が増えてしまう。

隙間は、需要が少ないから隙間

患者にとっては2番はない。では1番とは?
施設基準等の申請
まずは事前相談
 必須データの確認
 過去の例、他県の例が参考にならない?

基本設計
もめるスペースの取り合い
 現在ではなく将来を見越しておかなければい
けないけれど・・・・・
 委託スタッフ諸室って・・・もうスペース余って
ないし・・・・・
 搬送計画・・・・エレベーターと小型搬送機

実施設計

医療機器と情報システムの与条件化が重要
→電源、ネットワーク端子の位置特定

プロット図
運用のイメージ化が必要
ロッカー、棚、机類の配置イメージ確定
→委託を含めたスタッフ数の見込みが必須
ここが非常に重要なステップではないか?
施工
すべては図面で決まる。
 求められているのは、全体の調整能力
 VE(バリュー・エンジニアリング)、DB(デザイ
ンビルド)・DBO(デザインビルドオペレーショ
ン)方式・・・施工側に対する調整能力への期
待
 CM(コンストラクション・マネジメント)

情報システム ハードウエア
施設上の問題
 電気容量、ネットーク及び諸室の配線、端子
 新築・・・・実施設計でどこまで与条件化でき
るか?
 システム導入のみの場合、増設が必要にか
る可能性あり

情報システム ソフトウエア
病院の要望は、ベンダーではなくシステムイ
ンテグレーター
 別導入が更に進む部門システム
 全診療科に対応しきれない電子カルテ
 DWHの新たな展望と別システム化
 伝票レスとペーパーレスの違い
 教育・研究に必須な過去カルテ

運用フロー
詳細フローは、情報システム側が強くなる
 運用フローの基本は、病院全体としての業務
の流れをつかんでもらうこと・・・TQC


早い段階で基本フローを病院に提示した方
が良い
→現場にとっては、情報システム系フローの方が分かりやすい
物品管理

物品管理はダイエット。改善効果は最初だけ、
物品管理の目的は、「維持」にある

これまでの購入量抑制から購買金額の抑制
へ
業務委託
請負と人材派遣
 厳しくなる偽装請負との分かれ目
 請負=用心棒の先生
 建物側の余裕・・・・・委託職員のための空間
 嘱託・パート等の賃金職員との区分
 病院側でのチェック機能の低下

経営改善
「由らしむべし知らしむべからず」からの脱却
 責任範囲の明確化とは
 改善するためのベクトルの統一


情報システムデータ利用による経営改善は、
これからの課題である
→状況の読み方がネック
Fly UP