...

Arcserve® Unified Data Protection v6 環境構築ガイド

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Arcserve® Unified Data Protection v6 環境構築ガイド
TECHNICAL GUIDE: ARCSERVE® UNIFIED DATA PROTECTION
Arcserve® Unified Data
Protection v6
環境構築ガイド
~インストールから運用開始まで~
REV: 1.1
目次
はじめに .............................................................................................. 1
1. インストール ................................................................................... 2
1.1
インストール ...............................................................................................2
1.2
ライセンス キーの登録 ...................................................................................7
2. 運用開始のための設定 ...................................................................... 10
2.1
環境設定ウィザード ..................................................................................... 10
3. 製品情報と無償トレーニング情報 ........................................................ 17
3.1
製品情報および FAQ はこちら ........................................................................ 17
3.2
トレーニング情報 ........................................................................................ 17
3.2.1
無償トレーニング ................................................................................................ 17
変更履歴:
2016 年 2 月作成
2016 年 9 月更新 (Rev1.1) Update3 対応に合わせ、記載変更
すべての製品名、サービス名、会社名およびロゴは、各社の商標、または登録商標です。
本ガイドは情報提供のみを目的としています。Arcserve は本情報の正確性または完全性に対して一切の責任を負いません。Arcserve は、該当
する法律が許す範囲で、いかなる種類の保証(商品性、特定の目的に対する適合性または非侵害に関する黙示の保証を含みます(ただし、これ
に限定されません))も伴わずに、このドキュメントを「現状有姿で」提供します。Arcserve は、利益損失、投資損失、事業中断、営業権の
喪失、またはデータの喪失など(ただし、これに限定されません)、このドキュメントに関連する直接損害または間接損害については、
Arcserve がその損害の可能性の通知を明示的に受けていた場合であっても一切の責任を負いません。
Copyright © 2016 Arcserve, LLC and / or one of its subsidiaries. All rights reserved.
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
はじめに
Arcserve® Unified Data Protection (以降 UDP と表記) は、非常に「簡単」かつ「手頃」なディスク ベースのシス
テム保護ソリューションです。単体サーバで構成される小規模なコンピューティング環境にも、複数サーバで構成され
る大規模なコンピューティング環境のニーズにも必要とされるバックアップ・リカバリ機能を提供します。
導入から運用を開始するまで、ほんのわずかな時間と設定で済むだけでなく、一度運用を始めると専門知識や手間をか
ける必要がほとんどないため、バックアップ運用管理者の手薄な拠点や小規模な部門でも安心してお使いいただくこと
ができます。
本ガイドでは、サーバ管理やバックアップ運用経験の少ない方でも、簡単に UDP の環境構築を行っていただけるよう、
ステップバイステップでインストールから運用開始までの手順を説明しています。
なお、本ガイドでは以下のような環境で、UDP のすべてのコンポーネントを 1 台のサーバに構築することを想定してい
ます。
<参考> Arcserve UDP のコンポーネントについて:

UDP エージェント: バックアップおよびリストアを実行します。

UDP 復旧ポイントサーバ (Recovery Point Server: RPS): バックアップ データ(復旧ポイント)を保
管するデータストアを提供します。(UDP エージェントが同時にインストールされます)

UDP 管理コンソール: バックアップ対象やバックアップ スケジュールの管理、および操作画面を提供
します。統合管理を行う場合に導入します。
Page: 1
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
1. インストール
本ガイドでは、Arcserve UDP エージェント、Arcserve UDP 復旧ポイントサーバ、Arcserve UDP コンソール、計
3 コンポーネントをすべてインストールする手順をご説明します。説明手順は、ご使用の環境により一部手順が異なる
場合がありますのでご注意ください。
DVD メディアを使ってこの導入シナリオを実行するには、12GB 以上(15GB 以上を推奨)のディスク空き容量が必
要です。
1.1 インストール
(1) インストールの開始
Arcserve Unified Data Protection (以降 UDP と表記) をインストールするコンピュータに、Administrator また
は Administrators グループのユーザでログオンします。「Arcserve Unified Data Protection」 インストール メ
ディアをセットし、ドライブのルートフォルダからセットアップ ファイル [setup.exe] を実行することにより、
セットアップ ウィザードが開始されます。
(2) [言語の指定]
[日本語] を確認し、[OK] をクリックします。
(3) [使用許諾契約]
使用許諾契約を最後まで読み、同意する場合は[使用許諾契約に同意します]を選択し[次へ]をクリックします。
Page: 2
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(4) [インストールの種類]
[インストール するコンポーネントの選択]から、[Arcserve Unified Data Protection – フル]を選択し、[次へ]
をクリックします。
(5) [デスティネーション フォルダ]
インストール先フォルダを確認し、[次へ] をクリックします。
Page: 3
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(6) [環境設定]
使用するプロトコルを「HTTPS」または「HTTP」から選択します。また、ブラウザでリモート管理を行うための
ポート番号を確認します。デフォルトで設定されるポート番号はエージェントが「8014」、コンソールが「8015」
です。ここで登録したポート番号を使用して、UDP を操作します。今回は「HTTP」を選択します。UDP で使用
する Windows 管理者の名前 [ユーザ名] を確認し、[パスワード] を入力し、[次へ] をクリックします。
(7) [データベースの設定]
UDP が使用するデータベースを設定します。標準では Microsoft SQL Server 2014 SP1 Express が製品に添付さ
れています。確認し、[次へ]をクリックします。
Page: 4
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(8) [ファイアウォールの例外]
利用するプログラムを Windows ファイアウォールの例外として登録します。内容を確認し、[次へ] をクリックし
ます。
(9) [メッセージ]
セットアップの検証が完了し、インストールの準備が整いました。[インストール] をクリックし、インストールを
実行します。
Page: 5
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(10) [インストール レポート]
インストールと環境設定の完了を確認し、[完了] をクリックします。
※デフォルトでは、[更新を今すぐ確認する] にチェックが入っていますが、本ガイドでは、チェックを外して更新
の確認手順は割愛します。
Page: 6
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
1.2 ライセンス キーの登録
(1) [ライセンス登録画面の起動まで]
インストール完了後、管理者権限のあるユーザ(ここでは Administrator)でログインし、スタートメニューから、
[Arcserve UDP コンソール]を起動します。
UDP のログイン画面が表示されます。インストール時の[環境設定]で設定したユーザ名(上段)、パスワード(下
段)を入力し、[ログイン]をクリックします。
Page: 7
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
ログイン後、[環境設定ウィザード]が表示されます。
画面右上の[ヘルプ]から、[ライセンスの管理]をクリックします。
(2) [ライセンス管理]
25 桁のライセンスキーを入力し、[追加]をクリックします。
Page: 8
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
登録した[コンポーネント名](製品名)を確認し、[閉じる]をクリックし画面を閉じます。以上でインストール、
およびライセンスの登録は完了です。
Page: 9
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
2. 運用開始のための設定
UDP インストール後、管理コンソールを起動すると、[環境設定ウィザード] が自動的に起動します。このガイドでは、
[環境設定ウィザード] を利用してデータストアの作成と Windows サーバのバックアップ プランの作成方法を説明し
ます。
2.1 環境設定ウィザード
(1) [Arcserve UDP 環境設定ウィザードへようこそ]
環境設定ウィザードを利用して、バックアップ プランを作成します。[次へ] をクリックします。
Page: 10
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(2) [ステップ 1/5 :保護タイプの選択]
[プラン名] を入力し、[保護するノードの種類] を選択し、[次へ] をクリックします。本ガイドでは、[バックアッ
プ:エージェント ベース Windows]を選択します。
(3) [ステップ 2/5 :保護するノードの追加]
[ホスト名/IP アドレス] にバックアップ対象の ノードを入力し、[ユーザ名] と [パスワード] を入力し、[リスト
に追加] をクリックし、右側の [ノード名] リストに保護対象を追加し、 [次へ] をクリックします。
Page: 11
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(4) [ステップ 3/5 :デスティネーションの選択]
バックアップ先を指定します。バックアップ先の RPS にデータストアを作成する必要があります。
[データストア] – [作成] をクリックします。
データストア作成後、[次へ]をクリックします。
※本ガイドの[1.2 インストール]に従っている場合は RPS を含むすべてのコンポーネントがインストールさ
れていますので、デスティネーションにローカルサーバが表示されています。
Page: 12
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
[ステップ 3/5 :デスティネーションの選択] | データストアの作成
デフォルトでは[データのデデュプリケート]のチェックがされており、バックアップデータの重複排除機能が有効
になっています。本ガイドではデフォルト設定のまま作成を行います。
重複排除を有効化したデータストアを作成する場合、以下 4 つのフォルダを指定し、[次へ] をクリックします。
・データストア フォルダ
・データ デスティネーション
・インデックス デスティネーション
・ハッシュ デスティネーション
※注意:
デフォルトの設定の [デデュプリケーションの有効化]では、重複排除時の比較処理でデータ量に応じメモリ
が消費されます。環境にて十分なメモリがあることをご確認ください。デフォルトの [デデュプリケーション
ブロック サイズ] は、16KB です。デデュプリケーション ブロック サイズは、4KB、8KB、16KB、32KB か
ら選択できます。必要となるメモリおよびストレージ容量については画面下の[要件プランニングのクイック
リファレンス]にて推定することができますので参考にしてください。
Page: 13
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(5) [ステップ 4/5 :バックアップ スケジュールの設定]
バックアップスケジュールを確認し、[次へ] をクリックします。
デフォルトの設定では以下の設定が行われています。必要に応じてスケジュール変更してください。
・UDP エージェントのインストール:インストールした日の 21 時
・最初のバックアップ(フル バックアップ):インストールした日の 22 時
・日次バックアップ(増分) : 22 時
※ そ の 他 の バ ッ ク ア ップの ス ケ ジ ュ ー ルの 設 定 を 行う 場 合 、 環 境 設定 ウ ィ ザ ード を キ ャ ン セ ルし 、
[プランの追加] または [プランの変更] にて設定を行ってください。
※注意:
バックアップ対象ノードにコンポーネントがインストールされていない場合、[UDP エージェントのインスト
ール] のスケジュールに従って自動でリモートインストールを行います。リモート インストールの際、約
900MB のインストール モジュールが対象ノードに転送されます。リモート インストールを制限する場合、
事前に手動にてインストールを実行してください。
Page: 14
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
(6) [ステップ 5/5 : 確認]
プランの詳細を確認し、[次へ] をクリックします。
環境設定ウィザードにて [完了] をクリックします。
Page: 15
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
作成済みのプランを変更する場合、左ペインの [プラン] – [すべてのプラン] を選択し、対象のプランを選択し、
変更することができます。
Page: 16
Arcserve® Unified Data Protection 環境構築ガイド
3. 製品情報と無償トレーニング情報
製品のカタログや FAQ などの製品情報や、動作要件や注意事項などのサポート情報については、ウェブサ
イトより確認してください。
3.1 製品情報および FAQ はこちら
Arcserve シリーズ ポータルサイト
http://www.arcserve.com/jp/
動作要件
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/204760116
注意/制限事項
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/207679086
その他、技術情報など(エラー、情報、パッチダウンロード)
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/categories/200180285
マニュアル選択メニュー:
https://arcserve.zendesk.com/hc/ja/articles/209760713
3.2 トレーニング情報
3.2.1
無償トレーニング
どなた様でも参加いただけますので、この機会にご活用ください。半日で機能を速習する Arcserve
シリーズの無償ハンズオン(実機)トレーニングを毎月実施しています。
(競業他社の方はお断りしております。)
http://www.Arcserve.com/jp/lpg/seminar.aspx
Page: 17
Fly UP