...

1. WASのクラウド対応と製品概要

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

1. WASのクラウド対応と製品概要
IBM Cloud Software
WASユーザー向け:
Bluemix上のWAS ご紹介セミナー
~クラウドのWASを利用してビジネスを拡大~
1. WASのクラウド対応と製品概要
2016年2月17日 (水)
日本アイ・ビー・エム株式会社
クラウド・ソフトウェア事業部
アプリケーション・プラットフォーム テクニカル・セールス
中島© IBM Corporation
由貴1
Agenda
text
WASの進化と2つのランタイム
クラウド上のWASの4つの選択肢
© IBM Corporation 2
WASの進化と
2つのランタイム
© IBM Corporation 3
WebSphere Appliation Serverとは
text
 WebSphere Application Server (WAS)は,
Java EE 仕様に従って作成されたエンタープライズ・アプリ
ケーションを実行するプラットフォーム
• 1998年より継続的に提供
• 2016/02 現在の最新バージョン v8.5.5
• 7年連続国内シェア No.1
デプロイメントセントリック
アプリケーション
プラットフォーム市場
業界標準技術への対応
信頼性・管理機能の強化
製品戦略に基づく一貫した機能拡張
IDC Japan
2015年8月
出典:IDC #J15380106 「国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ
管理ソフトウェア市場2014 年の分析と2015 年~2019年の予測(2015年8月)
© IBM Corporation 4
18年間にわたり Java EEサーバーをリード
text
Java EE 7
WAS V9 Beta
WAS V8.5.5.6 2016
J2EE 1.4
クラウド対応
WAS V6.0
WAS V5.1
J2EE 1.3
J2EE 1.2 WAS V5.0
2015
WAS V8.5.5 2014
Java EE 6WAS V8.5 2013
Liberty
WAS V8.0
2012
JavaEE7対応
Java EE 5 WAS V7 FP 2011
WAS V7
Libertyプロファイル
2010
-JavaEE Web Profile
WAS V6.1
Liberty Core
2009
Feature Pack
WXSをBASE/NDに同梱
2008
WAS V6.1
Webサーバー・プラグイン・
2005
2004
WAS V4.0
2003
WAS V3.5
2002 J2EE 1.3
WAS V3.0
JDK1.3
2001
2006
2007
JDK 5
SIPサポート
Portletサポート
スクリプト拡張
開発ツール(AST)
最新のWS*
インテリジェント・マネジメント
Java EE 5 / JDK 6
柔軟な管理
ランタイム・プロビジョニング
コードとFixの集中管理
Java高速化(参照圧縮)
WAS V8.5
Libertyプロファイル
インテリジェント・マネジメント
JavaSE 7
(SoE, Liberty)
分散環境の新トポロジー J2EE 1.4
WAS V2.0 2000
WS-I Basic Profile 1.0 HA機能拡張
J2EE 1.2
SOA対応
1999
Webサービスサポート
新メッセージングエンジン
1998
JDK1.4
動的キャッシュ
混合バージョンセル
リソースアナライザー JSF
WAS V1.1
全エディションJ2EE,
PME
EJB Java 2
PMEサポート
最新のWS*
マルチOSサポート
最新のWS*
WAS V8.0
Java EE 6 / JDK 6
Servlet 3.0、JSF 2.0、JAX-RS
JPA 2.0、Bean Validation、CDI
バッチ実行環境
ログ・トレース高速化
集中インストレーション管理
Web2.0 & Mobile
Dynamic Scripting
© IBM Corporation 5
WAS V8.5.5
text for
WAS
Developers
Fullプ
ロファ
イル
Liberty
プロファ
イル
実働環境のWASで稼動
させるアプリを効率よ
く開発するためのラン
タイム
開発者向けに無償版を
提供。
また、WASランタイム
と連携するEclipseプラ
グインの開発ツール
(WDT)も無償版を提供。
開発者PC用の無償版で
も、本番環境のライセ
ンスでサポートも提供。
(2013年6月~)
のエディション構成
WAS ND
WAS for z/OS
Fullプ Liberty Intelli
ロファ プロファ gent +WXS
イル
イル
Mgmt
Fullプ Liberty Intelli
ロファ プロファ gent +WXS
Client
イル
イル
Mgmt
ミッション・クリティカルなアプリ向けに、 z/OSのシスプレックスの機能を活用し
24時間365日に近い可用性、高いパフォー て、高いセキュリティー、高信頼性、優
マンス、高度な運用管理機能を提供。
れたリソース活用を実現。
WAS (Base)
Fullプ Liberty
ロファ プロファ
イル
イル
+WXS
(セッション+動的
キャッシュ only)
WAS Liberty Core
Libertyプロファイル
(Web Profile only)
Web層のクラスタリングと、アプリケーション・サーバー・
プロファイル間でのフェイル・オーバー機能の提供により、
ある程度の規模の環境において、高いセキュリティーと高パ
フォーマンスを提供するトランザクション・エンジン。
New
8.5.5.0
軽量で低コストのLibertyプロファイ
WAS
CEはなくなります
WAS Express
Fullプロ
ファイル
Liberty
プロファ
イル
動的Webアプリケーションを稼動する
ル・ベースの製品(フル・プロファイル
ために、低コストですぐに使える環境
のWASとは異なる)。 Java EEの全機
を提供。 Liberty プロファイルと、フ
能を必要としないWebアプリケーショ
ンの稼動環境を迅速に構築することが
ル・プロファイルの両方を提供。PVU
可能。
数に制限あり。
Fullプロファイル = 従来から提供されているWAS
WDT = WAS Developer Tools for Eclipse
© IBM Corporation 6
WAS Familyエディション
WAS Family エディション 発表レター 2015/11/17


(日本語) https://ibm.biz/BdH8Fi
(英語) https://ibm.biz/BdHPNy
text

WAS Familyエディションは,用途に合わせて、使用するWASエディショ
ンを「選択・組合せ・切替可能」なライセンス形態です
WAS Family エディション
Familyエディションでご契約のPVU数を
任意のWASエディションに充当することが可能
Liberty Core
WAS Base
WAS ND
エディション
エディション
エディション
8x
4x
1x
例1) WAS Familyエディション 100 PVU → ND 100 PVU or Base 400 PVU or Liberty Core 800 PVU 選択可能
例2) WAS Familyエディション 100 PVU → Base 200 PVU and Liberty Core 400 PVU の組合せで利用可能
© IBM Corporation 7
2種類のWASランタイム
イノベーションのスピード
成長機会のための
探索、開発、デプロイ
Systems of Engagement
マイクロサービス
オペレーションのスピード
ミッション・クリティカルなアプリ
ケーションの管理、運用
Systems of Record
フル・プロファイル
Liberty
Cloud
Mobile
 スピード開発
例) モバイル・アプリ
 試行錯誤、継続的デプロイ
 早期のシステム構築/改修
 数日~数週間
 サービスレベル重視
 コスト重視
 長期に渡るシステム構築
 数ヶ月~数年
エンタープライ
ズアプリケーシ
ョン
サーバー
IoT
スプリンター
Data
マラソンランナー
Libertyだけでなく、フル・プロファイルの
WASもクラウド対応を推進
企業の資産
© IBM Corporation 8
Libertyプロファイルの特長
New
FP6
text
①Java EE 7対応
Java EE 7 標準に準拠したアプリを完全サポート
JAX-WS, JAX-RS, JMSもサポート
新機能も継続的に提供
⑤統合ツール(WDT)
高機能なEclipse用の連携ツール
を無償で提供
Eclipseから簡単に使用可能
②軽量ランタイム
メモリー使用量が小: 60MB程度~
ディスク使用量も100MB以下
起動が速い:5秒程度
⑥自動化ツールとの連携
③Unzipによる導入とデプロイ
⑦様々な環境で稼動
パッケージをした
サーバー + アプリ + 構成情報を
Unzipでデプロイ可能
多くのOSSツールに
無償でプラグインを提供
WAS V8.5.5.x Liberty & WDT
オンプレ、クラウド(IaaS、
PaaS)で稼動可能
④簡単な構成と動的変更
最低限必要な構成ファイルはserver.xmlひと
つだけ
デフォルトベースで簡単構成
構成変更は再起動なしに反映
© IBM Corporation 9
WASは様々な環境で利用可能
オンプレミス
Private Cloud
IaaS
① SoftLayer
HW上に、仮想化された環境も使
用可能
PaaS
Bluemix
②組立可能なサービス
Liberty for Java
Bluemix上のWAS VMインスタンス
③
PureApplication
System & Software
再利用 & 再デプロイ可能な
パターンとしてWASが使用可能
Amazon
WAS for Bluemix
④WAS on Cloud
パターンによるWAS環境構築
Microsoft Azure
PureApplication
Service
© IBM Corporation 10
クラウド上のWASの
4つの選択肢
© IBM Corporation 11
クラウド上のWASの種類
text
① パブリックIaaS上でのWAS稼動
② BluemixのLiberty for Java
③ WAS for Bluemix
④ WAS on Cloud (for SoftLayer)
© IBM Corporation 12
① パブリックIaaS上でのWAS稼動
text
 WASがサポートするパブリックIaaS
• WAS前提(system requirements)サイト:サポートするパブリックIaaSを明記
– “WebSphere Application Server detailed system requirements”
http://www.ibm.com/support/docview.wss?rs=180&uid=swg27006921
• パブリック・クラウドのPVU(CPU能力)値は下記を参照
– “IBM Eligible Public Cloud BYOSL policy”
http://www.ibm.com/software/passportadvantage/eligible_public_cloud_BYOSL_policy.html
© IBM Corporation 13
① パブリックIaaS上での稼動の特徴
text
BYOSL WAS
+ パブリック・クラウド
HW/OSはクラウド・ベンダーにより提供/管理
WASのインストール/構成/運用はオンプレミスと同様
WASのSWライセンス価格やサポートもオンプレミスと同様
既存/新規に関わらずHWをクラウドに移行したい場合
© IBM Corporation 14
② BluemixのLiberty for Java
2014年6月提供開始
(Bluemix提供と同時)
text
BluemixランタイムにおけるJava実行環境の標準
Bluemix の Cloud Foundry に準拠したビルド・パック
Bluemixのサービスを組み合わせたSoEアプリ、
アイデアをすぐに形にするためのJavaランタイム
© IBM Corporation 15
② BluemixのLiberty for Javaの特徴
オンプレミスのWAS Libertyとランタイム自体は互換
デプロイ/構成/監視など運用管理は大きく異なる
開発者
エディタ+CFツール
Cloudant
cf tool
Bluemix
Eclipse+Plugin
SQL DB
プラットフォーム
SaaS型チーム開発環境
DevOps Services
DevOps
Services
従量課金
(Bluemixの一部として)
7.35円/GB時間
© IBM Corporation 16
③ WAS for Bluemix
2015年
9月提供開始
text
 Bluemixのサービス(Webとアプリケーション)として提供される
WASのVMインスタンス
• WAS管理コンソールやOS自体にアクセスでき、構成変更可能
• フル・プロファイルとLibertyを選択可能
• ND、Base、Liberty Coreを選択可能
– WAS V9 Classic Betaも提供
– NDの場合は、ホスト数を選択
(2016年3月より値下げ)
従量課金 (Bluemixの一部として)
ND : 73 円/インスタンス 時間
Base : 32 円/インスタンス 時間
Liberty Core : 22 円/インスタンス 時間
• 1インスタンス = 1仮想CPU、2GBメモリー、12GBファイル・システム
© IBM Corporation 17
(参考) Bluemixの計算(Compute)リソース
text
– Bluemixアプリを稼動させるために選択できるインフラストラクチャー
• Cloud Foundry アプリ
• IBM Containers
• IBM Virtual Machines
Cloud Foundryアプリ
Liberty
for Java
NEW: Containers
New: Virtual Machines
Liberty
Container
WAS for
Bluemix
高いインフラの抽象化
レベル.
VMと比較するとOSアク
セスには制約あり.
アプリにフォーカス.
ポータビリティーが特徴.
BETA
OS以上を自由に制御可能.
© IBM Corporation 18
③ WAS for Bluemix の特徴
text
 標準的な(画一の)WAS環境を数クリックで作成
(NDの場合)
• VPNを経由で、OSやWAS管理
コンソールにアクセス可能
– インスタンス作成後は、通常のWASと
まったく同様に操作
最新バージョン、FixレベルのWAS環境(フル・プロファイル&Liberty)を
すぐに利用かつ柔軟に構成可能
WASの開発環境やアプリ・マイグレーションのテストなど
© IBM Corporation 19
④ WAS on Cloud (for SoftLayer)
text
 SoftLayer上で、WASインスタンスを提供
2015年
6月提供開始
• SoftLayer上の、占有環境を提供
• PureApplicationのテクノロジーを活用
– PureAppのパターン・テクノロジーにより、
カスタマイズしたWAS環境を迅速に構築
• BaseとNDの2エディション
– フル・プロファイル、Libertyプロファイルともに作成可能
• 月単位の価格 (従量課金ではなく、事前契約)
• 1インスタンス = 4core CPU/32GB Memory/1TB Storage
– この環境に複数のWASプロセスを構築可能
クラウドでありながら、オンプレミス同等のマネージド環境を提供
既存のオンプレミスのWASシステム構築を
パターンベースのシステム構築に移行する場合
© IBM Corporation 20
④ WAS on Cloud (for SoftLayer) の特徴
パターンの活用/作成により、お客様環境固有の要件に応じて
カスタマイズした環境を迅速かつ確実に繰り返し構築
text
パターン・デプロイメント
システムの雛形「パターン」
ソフトウェアの
導入・構成
パラメータ設定
コンポーネント間連携
パターンをデプロイすることで
システムを自動構築する
専門家のノウハウ
開発環境
Plugin
Development
kit
• 本日紹介の他のクラウド上のWASと比較して、独自にカスタマイズしたWAS
環境を自動構築できるのが特徴
– BluemixのLiberty for Java:ほとんどカスタマイズ不可(設定変更できる範囲は限定)
– IaaS上のWAS、WAS for Bluemix:インスタンス構築後に個別設定
© IBM Corporation 21
クラウドにおけるWAS選択肢まとめ①
text
 誰がどこまで管理するか、できるか
オンプレミス
① BYOSL WAS ④ WAS
on Cloud
+ パブリック
IaaS
③ WAS
for Bluemix
② Liberty
for Java
Code
Code
Code
Code
Code
Data
Data
Data
Data
Data
Runtime
Runtime
Runtime
Runtime
Runtime
Middleware
Middleware
Middleware
Middleware
Middleware
OS
OS
OS
OS
OS
Virtualization
Virtualization
Virtualization
Virtualization
Virtualization
Servers
Servers
Servers
Servers
Servers
Storage
Storage
Storage
Storage
Storage
Networking
Networking
Networking
Networking
Networking
スピード
自由度
お客様管理
パターン・テクノロジーによるお客様管理。自動構成
IBM管理
IBM事前構成(構成後、お客様が構成変更可能)
© IBM Corporation 22
クラウドにおけるWASの選択肢まとめ②
text
用途
課金体系
エディ
ション
HW
リソース
共有
③ WAS
for Bluemix
SoRアプリのCloud
Enabled化
SoRアプリのCloud
Enabled化
最新Fix・バージョンのテ
スト環境
Cloud NativeなSoEアプ
リの開発
事前契約WASライセンス+
HW従量課金
インスタンスの事前契約
(月単位)
従量課金
従量課金
全エディション
Base/ND
Liberty Core/Base/ND
Liberty (Base版相当)
SoftLayer/AWS/Azure
SoftLayer
Bluemix (SoftLayer)
Bluemix (SoftLayer)
IaaSに依存
占有
共有
共有
パターンによる個別カス
タマイズ構成
従来同様
ほぼ自動構成/運用
・従来のWASと同機能
・管理コンソールへのアク
セス可能
・数十秒~数分で構築
・Cloud Foundry準拠のラ
ンタイム(cfコマンドなどを
利用して運用)
・管理コンソールへのアク
セス不可
・数秒で構築
・他BMサービスと容易に
連携(VCAPサービス)
© IBM Corporation 23
WAS
従来同様
運用/構成
・手動インストール
・手動運用
特徴
② Liberty
for Java
④ WAS
on Cloud
① BYOSL WAS
+ パブリック
IaaS
・従来のWASと同機能
・管理コンソールへのア
クセス可能
・パターン技術を利用し
た構築
IBM Cloud Software
© IBM Corporation 24
Fly UP