...

アフリカに学ぶ 2015年度夏期休暇中実施予定

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

アフリカに学ぶ 2015年度夏期休暇中実施予定
アフリカに学ぶ
2015年度夏期休暇中実施予定
アフリカに学ぶーとは・・・
• 事前研修を経て、にアフリカ中央地域の歴史
と現在(政治・経済・文化・日常生活)について
現地での講義と実習を中心に学ぶプログラム
• 産業育成、農業、畜産関連施設、飲料工場、
芸術などのセンターや、日本大使館、国際協
力機関事務所などへの訪問を予定
• 研修期間のうち3日間はパリに滞在して、アフ
リカ関連施設を見学する
プログラム概要
• 募集人数:10名
• 研修校:中央アフリカ・カトリック大学 [UCAC]
(カメルーン・首都ヤウンデ)
• 使用言語:英語 ※中級レベル以上の語学力が望ましい
• 費用:約50~60万円
【渡航費、滞在費、海外旅行保険、危機管理サポート、ビザ代行手続き含む】
※交換留学協定に基づき実施されるため授業料は免除
※ビザ取得時に必要な予防接種の費用は含まれていない
• 宿泊先:ヤウンデ:大学寮(1人部屋)[予定]
パリ:ホテル(2人1部屋)[予定]
★研修初日から帰国までの間、教職員が引率します。
※所定の課程修了者には全学共通科目2単位を付与
プログラムの流れ
①【事前プログラム】:6月~7月(上智大学内)
①参加者ガイダンス
6月8日(月)12:40-13:20
②事前講義2-3回
6-7月
③危機管理ガイダンス 6月下旬
④渡航前ガイダンス
7月14日(火)12:40-13:20
②【渡航期間(予定)】:8月30日(日)~9月13日(日)
★研修期間(予定):9月1日(火)~9月11日(金)
③【フォローアップ】:10月(上智大学内)
昨年度のスケジュール例[予定]
出発
羽田or成田空港出発・パリ経由・翌日ヤウンデ着
1日目
アフリカの伝統と歴史(アフリカ中部)
カメルーンの文化的現状
伝統と近代化のはざまにあるアフリカ社会
アフリカの挑戦とグローバリゼーション
一日のまとめ(アフリカが優位な点と未解決な問題)
2日目
キャンパス見学
ミプロマロ協会(地元産の原料の販売促進の協会)訪問
CJARC(視覚障害者施設)訪問
3日目
カメルーン・ブラッスリー(飲料生産メーカー)で実習
アフリカの市場(果物、民芸品など)で実習
5日目
日本大使館スタッフによる講義
JICAスタッフによる講義
6日目
アフリカ的な典礼への参加
聖アナスタジアの森でピクニック
コルドンゴの社会活動センター訪問
スポーツセンターにてスポーツなど
7日目
モン・フェベのベネディクト会の木工工房で実習
パロタンの木工工房で実習、木材加工
他の活動
8日目
地元の農業体験実習
農業司牧農場で実習
9日目
活動の総括と分かち合い
10日目
パリへ出発
11~14日目
帰国
パリに3泊滞在。
UNESCO本部見学、ケ・ブランリー美術館(アフリカ美術)など
アフリカ関連施設を見学。
日本に出発 【翌日着】
その他、中央アフリカ・カトリック大学の学生との交流プログラムも予定されており
ます。(たとえば、歌や踊りの交換、料理教室、共同ボランティア活動など)
カメルーン共和国
カメルーン
指標
世界子供白書2013
カメルーン
日 本
人口(1000人)
20,030
126,497
国土面積(平方キロメートル)
475,440
(日本の1.26倍)
377,914
GNI(米ドル)
1,210
45,180
若者(15-24歳)の識字率
89(男) 77(女)
―(男) -(女)
中等教育純出席率
39(男) 37(女)
―(男) -(女)
携帯電話 100人当たり 2011年
52
103
インターネット100人当たり2011年
5
80
平均余命
52
83
5歳未満児の死亡率(1000人)
世界11位
135(男) 120(女)
4(男) 3(女)
妊産婦の死亡率(調整値)
690
5
UCACエクヌキャンパス
ヤウンデの町
UCACコルビソンキャンパス正門
UCACエクヌキャンパス学生寮
UCACエクヌキャンパスチャペル
入国・ビザ・予防接種について
• パスポートは入国時に6ヶ月以上の有効期限
があること
• 観光ビザを取得する必要がある(代理申請可
能)
• ビザ取得のため、予防接種が必要
(黄熱病[必須]、破傷風、A型肝炎など)
※参加者ガイダンスで詳細を案内します
※必ず海外旅行保険に加入すること
申込方法
①Loyola(アンケート・各種申し込み画面)にて、事前登録をした上で、
②ホームページからダウンロードした申込書に記入し、窓口に提出。
• 申込期間:2015年6月1日(月)~3日(水)
グローバル教育センター(2号館1階)にて受付
(窓口時間:9:30-11:30、12:30-17:00)
• 提出書類:
「アフリカに学ぶ」申込書
成績通知表、英語能力証明書(あれば)
• 学内選考
※志望理由と申込書のエッセイ課題による書類選考
• 選考結果:6月5日(金) Loyola(呼び出し)にて掲示
このような学生を求めています。
*
*
*
*
好奇心が旺盛であること
積極的に人々と交流することができる
自分のテーマを持ってくる
規則正しい生活ができる
(健康で研修ができるために)
一緒にカメルーンに行って学びましょう。
Fly UP