...

審査結果概要書 - J

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

審査結果概要書 - J
国内クレジット認証委員会御中
審 査 結 果 概 要 書
平成 21 年 3 月 27 日
審査機関名
KPMGあずさサステナビリティ株式会社
1.排出削減事業の概要
排出削減事業名
A 重油貫流ボイラーから都市ガス貫流ボイラーへの更新プロジェ
クト
排出削減事業者名
山梨罐詰株式会社
排出削減共同実施
静岡ガス株式会社
事業者名
株式会社三井住友銀行
事業実施場所
山梨罐詰株式会社本社事業所
(静岡県静岡市清水区興津中町 947 番地)
A 重油貫流ボイラー5台のうち、2台を高効率の都市ガス貫流ボイ
事業の概要
ラーへ更新する。
ボイラーの更新で、燃料使用量を削減し、CO2 排出量を削減する。
また、都市ガスに燃料転換することにより CO2 排出量を削減する。
排出削減量の計画
434 t CO2/年
(事業実施期間合計
1,970t CO2)
国内クレジット
開始日
認証期間
終了予定日 2013 年 3 月 31 日
排出削減方法論
2008 年 9 月 16 日
方法論番号 001 ボイラーの更新
2.審査結果
本事業は、排出削減事業の要件に適合している
3.実施した審査手続きの概要
審査手続きにより、以下の排出削減事業の認証の要件の妥当性を確認している。
要件
審査手続き
日本国内で実施されること
事業計画が日本国内で実施されていることを、事業サイトを
訪問して確認した。
排出削減事業実施場所:山梨罐詰株式会社本社事業所
追加性を有すること
1)本事業は、法的義務等の遵守のために計画されたものでは
なく、CO2 排出量の削減を目的として実施されたことを、関
係者への質問等により確認した。
2)経済的見地から判断して、本事業が最も魅力的な投資案と
はなりえないこと、本事業が実施できない場合には、既存の
設備が継続的に使用されることを質問、関連資料の閲覧、及
び事業サイト訪問時の既存設備設置年の確認等により確認し
ている。また旧設備の点検記録を確認し、新設備への転換が
なされなくても旧設備を継続使用できていたであろうことを
確認している。
3)投資回収年数計算の根拠データにつき、関連証憑と突合す
ることにより正確性を確認している。本事業の投資回収年数
は5年である。これは一般的な省エネ設備への投資判断基準で
ある回収年数3年程度を上回っており、本事業者としても通例
では投資決定に至る案件でないことを確認している。
なお、追加性判定における投資回収年数については『「中小
企業等CO2排出量削減制度」(いわゆる「国内CDM制度」)
に関する論点整理及びモデル事業の評価等(平成20年1月23
日中小企業等CO2排出削減検討会)』の記載を参考に、今回
の排出量削減プロジェクトは追加性があると判断した。
同報告書
ページ13 3.1.3モデル事業の評価
1.追加性①
投資障壁:投資回収年数
「(省略)投資回収年は、一般に中小事業者が設備投資にお
いて許容し得る投資回収年である2年を上回ることが(省略)」
また本事業においては、共同実施者による技術支援等が行わ
れたことに加え、設備更新後のボイラー燃料として液体燃料
化天然ガスかの選択において、天然ガスを選択すれば国内ク
レジット制度を活用できるため、多少割高であっても当該燃
料転換を行うこととなった。
自主行動計画に参加してい
自主行動計画に参加していないことについては、排出削減事
ない者により行われること
業者への質問、日本缶詰協会のホームページの検索により、
自主行動計画に参加していない事業者であることの確認を実
施している。
排出削減方法論に基づいて
1)本排出削減事業は、承認済方法論 001 に基づき排出削減を
実施されること
計算しており、またそれぞれの方法論の適用条件を満たして
いることを個別に確認している。
適用条件 1 については、既存熱源設備の視察、既存熱源設備
の仕様書の確認等によって、高効率ガスボイラーを導入する
ことを確認している。
適用条件 2 については、既存のボイラーが未だ使用可能であ
ることを関係者への質問や点検記録等により確認している。
適用条件 3 については、ボイラーで製造された蒸気が自家消
費されていることを、現場視察、配置図の確認、及び関係者
への質問等により確認している。
2)その他:バウンダリの設定、ベースラインの設定、リーケ
ージの特定、排出削減量、モニタリングの方法が適切である
ことについては、それぞれ質問と関連資料により確認してい
る。
4.特記事項
投資回収年数については、補助金を除いた純投資額をもとに算出している。
以上
Fly UP