...

Lakeside Struttin` Band

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

Lakeside Struttin` Band
レイクサイド ストラッティン バンド
Lakeside
Struttin’
Band
タイロ ン 橋 本
Tyrone Hashimoto
ロミー 木ノ下
Romy Kinoshita
オヤマダ 隆
Takashi Oyamada
包国 充
Mitsuru Kanekuni
ウスダ ミホ
Miho Usuda
2010年7月18日 ( 日 )
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 3,500 円 / 当日 4,000 円(Drink 別途)
Live and Darts afterBeat http://afterbeat.tv 静岡県三島市本町 9-26 055-973-3973
80' 年代「ソウル・トレイン・バンド」で共に演奏していたタイロン橋本、ロミー木ノ下の再会によりドラムのオヤマダ隆と
ピアノのウスダミホを加え、2006 年 4 月から活動開始。その後、各地でライブ旋風を巻き起こす。R&B、FUNK、JAZZ など
ブラックミュージックの要素を加えながら「あきらめないオヤジ」と「とんがり続ける若者(?)」のコンビネーションがこの
バンドのグルーブ感とサウンドを作り出している。
2010 年サックスの包国充をメンバーに迎え、さらに、年代問わず心が熱くなるミュージックは観客の心をとらえて離さない!
《 メ ン バー プ ロ フ ィ ール》
タイ ロ ン 橋 本 ( V o c a l/Guitar)
75'年単身アメリカ西海岸に渡り、
黒人音楽の洗礼を受ける。
ティン・パン・アレイ、Y.M.O.、
日本初のサルサバンド「オルケスタ・デル・ソル」ほか数多くの
アルバムに参加。
自己のアルバムではJoe Sample、
David T. Walker等と共演している。01'年ワシントン・キングキャットシアターで開催されたゴスペル
コンサート に出演し万雷の拍手と熱狂に包まれるなど、
R&B、
ソウルを始めとしたブラックミュージック・シーンでワールドワイドに活動中。
ロミ ー 木 ノ 下 ( E . B a ss)
14歳でドラムを習い始め、
その後米軍キャンプを回るようになる。
独学でベースをマスターし、
ベーシストに転向。'64年よりプロとして活動を開始。
ペドロ&
カプリシャス他、
数多くのバンドで活躍。
'73年より3年間渡米。
帰国後は数々のスタジオワークをこなし、'80年ネイティブ・サンに参加。
その後'85年に竜童
組に参加。
その他参加したセッション、
バンドは数知れない。
休止時期を経て、現在はさらに彼の力強いベースは進化を続けている。
包国 充 ( S a x , F l u t e ) 多くのセッション重ね伝説のロックバンド
「クリエーション」
に加入する。
その後、多数のアーティストのステージのサポート、
レコーディングに参加し
数多くの録音を残している。
宇崎竜童の竜童組在籍の後、
自己のグループ
「ユーフォリア」
を結成しメルダックより3枚のアルバムを発表。
サザンオールスター
ズのサポートを20数年続ける一方、
「BeatNuts」
を率い2008年11月に1st アルバム
「Power Zone」
を発売。数少ないロックのハートを持ったサックス奏者。
オヤ マ ダ 隆 ( D r u m s )
funk, jazz,blues等のセッション、
又、
タレントのサポート、
CMの音楽制作なども手がける。20代後半に独学でjazz理論を学びつつウッドベースを弾き始める。
その後ドラムも触るようになり、
ドラムでセッションに参加。
杉本喜代志(G)塩次伸二(G)柳沼寛(As)金子雄太(Org)等と共演。若手のアーティストのサポート
などでもベース、
ドラム、
パーカッションなど、
グルーブメーカーとして活動中。
ウス ダ ミ ホ ( K e y b o ard/Chorus)
大学卒業後、
ピアニスト、
キーボーディストの活動を始めてセッション、
イベント等に出演。
その後大空はるみ氏の勧めにより歌を歌うようになり、CM音楽制作、
作曲、編曲、
ライブ活動、
ケーブルテレビ
「ECO MUSIC Colors」
(臼田美穂名義)
の制作に携わる。
アメリカ・シアトルでTotal Experience Gospel Choirの
ディレクターであるパット・ライト氏に出会い、
さらにに黒人音楽へ傾倒するようになる。現在はキーボーディスト、音楽制作、音楽セミナー講師として活動中。
Fly UP