...

パンフレット - Renesas

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

パンフレット - Renesas
組込みシステム
音声認識・音声合成ボード Ruby Board
音声認識と音声合成で機器を操作するための小型組込みボードです。
お客様の機器とシリアル接続ができ、初期導入費を大幅に低減します。
豊富な話者からお好みの声をお選び頂けます。
ご利用シーン
◆目的地の最寄駅確認、
チケット購入
◆お客様への案内とエレベータの行先設定
丸ビルの
最寄駅は?
東京駅です
総務部 山田太郎さん
Ruby Board
4階東側の事務所です
行先を設定しました
2階事務所、施錠確認
Boarding
announcement
C Gate
10 minutes
窓の鍵が開いています
再度施錠確認を
お願いします
◆ビル・ホームの施錠確認
The congestion
situation
of the boarding
It is the waiting time of
approximately ten minutes in
C gate position
◆サイネージ表示の音声操作、
ガイド案内
特長
① 音声認識・音声合成エンジンを、小型ボードに標準搭載し量産対応が可能です。
② 導入後すぐに、音声認識・音声合成による機器操作の試作開発が可能です。
音声エンジンの組込みやライセンスなどの初期費用を低減し、開発期間を短縮します。
③ 音声認識語彙の登録・変更が可能です。
④ 自然で肉声感の高い合成音声を生成します。
(音声合成は、高品位音声合成ミドルウェア Ruby Talk®を使用)
⑤ 豊富な音声合成話者(日本語11種類、英語1種類)
からお好みの声を登録・変更可能です。
その他言語はカスタム対応可能です。
高品位音声合成ミドルウェア
「Ruby Talk®」
は、
日立製作所中央研究所の高品位知的音声合成技術に基づいて開発されています。
超LSIシステムズ
Ruby Board製品ラインナップ
製品名
構 成
内 容
音声機能
(標準グラマ、
音声合成1話者)
コアボード、
ベースボード、
サンプルプログラム、
マイク(指向性無し)、ACアダプタ、
マニュアル
(V1.1より英語音声機能をサポート予定)
評価キット
量産用コアボード
導入にあたりご購入いただく製品です。
音声認識/音声合成の初期評価ができ、音声を
活用した機器の試作開発、テストが可能です。
V1.1より下記内容をmicroSDからアップデート可能です。
・音声合成話者(日本語11種類、
英語1種類)
・音声認識(日本語、
英語)
コアボード(音声認識、
合成エンジン搭載)
多言語対応
量産や実運用にご使用いただける製品です
V1.1:日本語/英語対応。その他言語はカスタム対応
ご利用構成
項 目
ご使用方法
ご利用構成例
・コアボードとベースボードを接続します。
・コアボードにマイク(付属)とスピーカ
(お客様で準備)を接続します。
・ベースボードをパソコンやお客様システムに
シリアルI/F接続し、音声認識、音声合成の試作、
評価でご利用頂けます。
・量産以外の用途でご利用いただけます。
評価キット
量産用コアボード
・コアボードをお客様システムにコネクタ接続します。
・接続に際し、お客様システムのご使用条件が
あります。
(電源、シリアルI/F他)
・音声認識グラマの変更や話者変更を行う場合、
個別に対応し、
量産供給いたします。
評価キット
お客様
システム
上:コアボード
スピーカ
マイク
シリアル
I/F接続
下:ベースボード
お客様システム
AC電源
コアボード
コネクタ接続
(シリアルIF、電源)
スピーカ
マイク
仕様
仕様項目
コアボード
ベースボード
32bitマイクロプロセッサ
−
microSDカード
−
AUDIO IN/OUT、ベースボード接続コネクタ
シリアルI/F、コアボード接続コネクタ
ホストインタフェース
シリアル通信(専用プロトコル)
シリアル通信(専用プロトコル)
電源
外部供給(DC 1.2V/3.3V/5V)
DC 5V
縦55mm 横70mm
縦55mm 横70mm
1ch/1ch
−
動作温度・湿度 -15℃∼+60℃/15∼70RH
動作温度・湿度 -15℃∼+60℃/15∼70RH
動作温度・湿度 0℃∼+40℃/15∼70RH
−
日本語入力(SJIS)、JEITA TT-6004
−
単語認識(グラマ)、G2P(※1)
−
発話終了検出から3秒以内
−
音声認識入力音声 S/N比
20db以上
−
発話者とマイクの距離
30cmを想定
−
CPU
外部メモリ
インターフェース
ハードウェア
ボードサイズ
マイク入力/スピーカ出力
動作
環境
量産用コアボード
評価キット
日本語音声合成入力仕様
ソフトウェア
日本語音声認識登録
音声認識応答時間
音声入力条件
※1:G2P(書記素音素変換、
grapheme-to-phoneme conversion)とは、
テキスト登録した単語を音素へ変換し、
音声認識を可能とする技術
※この資料に記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
※この資料の内容は予告なく変更される場合があります。
超LSIシステムズ
営 業 統 括 部 〒190-0014 東京都立川市緑町 7-1(アーバス立川高松駅前ビル4F)
TEL 042-512-0845(代)FAX 042-512-0859
URL http://www.hitachi-ul.co.jp/
コンタクトセンタ E-mail [email protected]
お問い合わせ先
Fly UP