...

Page 1 Page 2 国際経営フォーラムN08 特集 シンバイオティック国際

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 Page 2 国際経営フォーラムN08 特集 シンバイオティック国際
\n
Title
Author(s)
Citation
シンバイオティック国際マーケティング国際マーケティン
グ研究における共生の概念化と意味(<特集>共生のマネジ
メント)
アサモア, ティオフィラス; Asamoah, Theophilus
国際経営フォーラム, 8: 67-96
Date
1997-03-31
Type
Departmental Bulletin Paper
Rights
publisher
KANAGAWA University Repository
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1.
特
1
集
マ ー ケ テ
ィ ン グ 研 究
に お け る 共 生
の 概 念 化 と 意 昧
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ
国 際
(共 生 )、 コ ラ ボ レ ー シ ョ ン 、 チ ー ミ
︾ ω鋤]
B o鋤ず
ナ ル な 意 味 で は 、 二 つ以 上 の異 種 の有 機 体 が 相 互 の利 益
が あ る。 自 然 界 に お け る シ ン バ イ オ シ スは 、 そ の オ リ ジ
テ ィ ング を 含 め て シ ン バ イ オ シ ス の 位 置 づ け をす る 必要
目 げΦo娼三 ξ ω
テ ィ オ フ ィ ラ ス ・ア サ モ ア
ー oD望目 駕 o諭 6 冒 酔葭 59 凶
o冒鑑 富 霞 評o謡 冨
αq
爵 Φ08 8算琶 討 什
向
8 餌巳 ζΦき ぎσq。{留 9 凶
o
ω
δ一
巳 三Φ
﹁
轟 鉱。
琶 竃鋤鱒2曲
臣
σq寄 ω
Φ震9
はじ め に
シ ンバ イ オ シ ス
共 生 の 意 味 は 、 経 営 学 と マ ー ケ テ ィ ング に お い て は か
のた め に 緊 密 な 関 係 性 を 持 って とも に 調 和 のあ る 生 命 活
献 に お いて、 同 じ よ う な 意 味 で、 あ る いは 明 確 な 定 義 が
な り 異 な った 仕 方 で 使 用 さ れ て い る 。 し た が っ て 、 こ の
ング ア ップ 、 ネ ット ワ ー キ ング 、 戦 略 的 パ ー ト ナ ー シ ッ
行 わ れ な い で 使 用 さ れ て い る 伽伽。 し か し な が ら 、 特 に
論 文 を 書 く に 当 た って、 国 際 的 な 意 味 の共 生 概 念 を 正 確
動 を 行 う こ と が 意 味 さ れ て い る 囲㈲耐の脚。
日 本 で は 経 営 学 に お い て こ の シ ンバ イ オ シ ス と いう 用 語
な 日 本 語 に 翻 訳 す る こ と も 難 し い。 そ の 結 果 、 こ の 論 文
プ 、 戦 略 提 携 と いう 用 語 は、 多 く の マー ケ テ ィ ング の文
は 頻 繁 に 使 用 さ れ る よ う に な っ て い る が ㎝、 国 際 マ ー ケ
s7
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
いる いる も の と筆 者 は 理 解 し て いる の で こ の表 現 上 の 区
評︽o。。Φ凶概 念 を 国 際 的 に 普 及 さ せ る こ と が 目 的 と さ れ て
連 に よ る 共 生 の 使 い方 は 国 際 的 経 団 連 が 述 べ る と こ ろ の
評団oωΦ一と 表 現 し て い る 。後 で 説 明 す る よ う に 、 こ の 経 団
い る 。 ま た 、 経 団 連 に よ る 共 生 の 使 い方 は 、 ロー マ字 で
ン バ イ オ シ ス 、 あ る いは シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク と 表 現 し て
グ を 含 め て) に お いて 国 際 的 に 使 用 さ れ て いる 共 生 を シ
の な か で は 経 営 学 、 マー ケ テ ィ ン グ
判 に 対 す る 反 論 で あ る 。 経 団 連 に よ る 共 生 概 念 は 、 一九
つ の 理 由 は 、 日 本 企 業 の 商 習 慣 が 不 公 正 で あ る と いう 批
生 で あ る 。 経 団 連 によ る 共 生 概 念 への積 極 的 な 貢 献 の 一
り 、 環 境 と の共 生 、 社 会 と の 共 生 、 国 際的 観 点 か ら の 共
共 生 の 概 念 は 、 三 つ の 領 域 か ら 成 り 立 っ て い る 。 つま
争 に基 づ く 活 動 は 公 正 な 資 源 の 分 配 と し て 理 解 さ れ る 。
る 。 西 欧 の経 営 は 自 由 な 競 争 によ って 行 わ れ る の で、 競
あ れ ば 、 日 本 企 業 に と って 大 き な 自 信 と な る か ら で あ
で あ る ⑳。 も し 共 生 が 普 遍 的 概 念 と し て 認 め ら れ る の で
(国 際 マー ケ テ ィ ン
別 に こ だ わ った 。
九 一年 十 一月 の 欧 州 諸 国 へ の 代 表 国 の 訪 問 か ら 始 ま る 。
の筋 道 と し て 提 示 さ れ た 。 総 合 研 究 開 発 機 構 の主 な 関 心
て い る 。 し た が っ て 、 新 し い 概 念 で あ る 評︽oω①一が 一 つ
教 の 概 念 で あ る8 ヨ 9鼠
(共 に 生 き る ) と し て 理 解 さ れ
生 ) の概 念 は 、 英 語 に は な い シ ン バ イ オ シ ス に対 す る 仏
経 団 連 に よ る シ ン バ イ オ シ ス の 日 本 語 で あ る 評︽o。。Φ圃 (共
に よ る ㈱。 総 合 研 究 開 発 機 構
(N I R A ) に よ れ ば ㈹、
営 学 で の 重 要 な 概 念 と な った の は 経 団 連 の 積 極 的 な 貢 献
れ た と 言 わ れ て い る が 、 シ ン バ イ オ シ ス と いう 概 念 が 経
黒 川 紀 章 に よ って 文 化 論 とし て は じ め て 体系 的 に 論 じ ら
日 本 に お け る シ ンバ イ オ シ ス の 概 念 は 、 建 築 家 で あ る
献 、㈲ 環 境 や 資 源 に 対 す る 方 法 論 で あ る 。し か し な が ら 、
の高 い 配 当 の実 現 、 ω 労 使 関 係 の 改 善 、 ㈲ 企 業 の 社 会 貢
ら は 、 ω 労 働 時 間 の短 縮 、 ω 賃 金 水 準 の再 考 、 ㈹ 欧 米 並
点 が 考 慮 さ れ な け れ ば な ら な い と 主 張 さ れ て いる 。 そ れ
国 際的 な ルー ルを打 ち 立 てるた めには、 以下 のよ うな 観
つ ま り 、 米 国 や 西 欧 諸 国 の よ う な 先 進 国 と 一貫 性 を 持 つ
ど の問 題 を 持 って いる と こ の論 文 で は 主 張 さ れ て いる 。
づ く 価 格 決 定 、 ⑥ サ ブ コ ント ラ ク タ ー への過 剰 な 負 担 な
配 分 の低 い比 率 、 ㈹ 長 い労 働 時 間 、 働 市 場 シ ェア ー に基
始 ま る ⑰。 日 本 式 の 経 営 形 態 は 、 ω 低 配 当 、 ω 労 働 所 得
と 目 さ れ て いた ソ ニー の会 長 で あ る 盛 田昭 夫 氏 の 論 文 に
さ ら に 詳 し く 言 え ば、 こ の 代 表 団 の代 表 を 務 め 次 期 会 長
の 一つ は 、 普 遍 的 な 概 念 で あ る 自 由 、 平 等 、 民 主 主 義 な
経 団 連 の 共 生 に 対 す る 公式 な 見 解 は 、 次 のよ う な も の で
一、 日 本 の 経 営 学 に お け る シ ン バ イ オ シ ス の 概 念
ど と同 様 に共 生 と いう 用 語 も 普 遍 的 概 念 で あ る か ど う か
68
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1w
あ る 。 共 生 時 代 に お け る 望 ま し い企 業 活 動 は 、 ω 国 際 ル
は 流 通 チ ャ ネ ル を 結 び つけ て い る 資 源 の プ ー リ ン グ を 除
﹀亀 Φ﹁に よ っ て 一九 九 六 年 に は じ め て 使 用 さ れ た 。 そ れ
い た 企 業 間 の 全 て の マー ケ テ ィ ン グ 上 の 協 力 を 対 象 と す
ー ル に基 づ く 競 争 を 保 障 す る こ と 、 ② 国 際 協 力 を 促 進 す
る こ と、 ㈹ 雇 用 者 や 株 主 に 対 す る 適 正 給 与 や 配 当 与 え る
る も の で あ った 。 彼 に よ れ ば 、 製 ∵
造業 者 、 ブ ロー カ ー 、
卸 売 業 者 、 小 売 業 者 間 の協 力 は 、 マー ケ テ ィ ング が 円 滑
こ と 、 ㈲ 社 会 と 共 に 存 在 す る こ と 個。
経 団 連 の共 生 の問 題 に 対 す る見 解 は 、 取 締 役 の権 威 や
に 行 わ れ る た め には 不 可 欠 であ る。 こ のよ う な 流 通 チ ャ
ネ ル の 創 造 へ と 導 く 関 係 性 は 、.
.
即帥冨 嵩.
.<霞 m畠 鑓 冨 嵩 卿
意 思 決 定 、 日本 の 経 営 の特 徴 と し て あ げ ら れ る 合 議 制 や
稟 議 制 や、 ま た 系 列 主 義 な ど 企 業 の組 織 に関 連 し て いる
一九 六 六 年 に シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・ マー ケ テ ィ ン グ を
幻息 餌﹁鋤9 餌ヨ に よ っ て 伝 統 的 な マー ケ タ ー ・マ ー ケ テ ィ
造 協 議 、 G A T T 、 I M F な ど の反 ト ラ スト 政 策 に対 し
定 義 し て﹀臼霞 は 次 の よ う に 述 べ て いる 。 シ ン バ イ オ テ
も の で あ る が 、 共 生 に関 す る 多 く の部 分 は貿 易 の問 題 で
て 焦 点 を 当 て ら れ て いた 。 関 係 性 にお い て早 く か ら 指 摘
ィ ッ ク . マ ー ケ テ ィ ン グ は 、 ﹁二 つ 以 上 の 独 立 し た 組 織
ン ク ・イ ン タ ー ミ デ ィ ア リ ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ と 名 付
さ れ て いた 問 題 と し て 、 日 本 企 業 や そ の 組 織 は ﹁イ ン タ
間 にあ る。 資 源 やプ ログ ラ ム そ れ ぞ れ の潜 在 的 な マー ケ
も あ る 。 こ の こ と は 、 ﹁イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル ・ ハ ー モ ナ
ー ナ シ ョナ ル ・ ハー モ ナ イ ジ ン グ ﹂ と いう コ ン テ ク ス ト
テ ィ ン ク 上 の 改 善 を 意 図 し た 提 携 で あ る 。﹂ ⑯シ ン バ イ
け ら れた。
で 表 現 さ れ て いた と いう こ と が あ る。 こ の 点 に 関 し て、
オ シ ス に M & A を そ の 可 能 な 形態 とし て加 え る こ と に は
イ ジ ング ﹂ と いう 用 語 で 表 わ さ れ る。 こ れ ら は 、 日 米 構
共 生 の最 も 重 要 な 側 面 は 国 際 的 観 点 と いう こ と で あ る。
連 の関 心 の的 であ る と思 わ れ る が 、 も し 経 団 連 の問 題 が
る 。 そ の結 果 、 買 収 さ れ た 企 業 は 、 そ の企 業 の名 前 や 基
収 は、 新 し く 広げ ら れ た エンテ ィテ ィ の 出 現 を意 味 す
幾 つか の間 題 のあ る こ と が 提 起 さ れ た 。 基 本 的 に企 業 買
意 味 を 持 つ とす れ ば 、 そ れ は とり も な お さ ず 国 際 マー ケ
本 的 な組織 構造 を残す にし ても、 独 立した 組 織 では も は
も ち ろ ん 、 日 本 企 業 の 国 際 経 営 に関 連 す る 問 題 は 、 経 団
テ ィ ング の場 で の問 題 と な る で あ ろ う 。
二 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ング に お け る シ ン バ イ オ シ ス の 概 念
は 、 そ の中 に 区 別 は 存 在 す る が そ れ ら の 独 立 性 は 失 わ れ
の 出 現 を 意 味 す る 。 こ の 新 し い 単 一の エ ン テ ィ テ ィ で
や あ り え な い。 ま た 合 併 は 、 新 し い単 一の エ ン テ ィ テ ィ
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・マー ケ テ ィ ン グ と いう 用 語 は 、
s9
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
閑 偉。す ﹁讐 コmヨ は 、 組 織 が 明 確 な ア イ デ
て い る 。 ﹀ 良 Φ﹃に よ る こ の よ う な 定 義 を う け 、、
.
閑餌冨 昌、
、
< 二・﹁黛
ραp。﹁鉱 勉⇒ 俸
ン テ ィ テ ィ を 維 持 し 続 け る が 、 伝 統 的 マ ー ケ タ ! . マー
ケ テ ィ ン グ ・イ ン タ ミ デ ィ ア リ ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ に
よ っ て は リ ン ク さ れ て い な い組 織 と い う 観 点 か ら シ ン バ
イ オ テ ィ ッ ク ・ マ ー ケ テ ィ ン グ を 定 義 す る ㈲。 そ し て こ
の 定 義 は 、 こ の 論 文 で も シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ
テ ィ ング の意 味 と し て 採 用 さ れ る 。 し か し な が ら 、 こ の
論 文 で 強 調 さ れ て いる こ と は ま ず 、 こ の よ う な 関 係 性 が
国 境 を 越 え て 存 在 す る と いう こ と 。 さ ら に 、 こ れ ら の 関
む
勾 a 餌﹁碧 ロ曽一
日 に よ っ て 一九
係 性 が 二国 間 以 上 の マー ケ テ ィ ング で 使 用 で き る と いう
い
こと てあ る
帥冨 坑 .< 働﹃曽α聾同鉱 卸p 俸
.
.
男
八六 年 に 行 わ れ た 多 く の発 表 で は 、 シ ン バ イ オ シ ス 概 念
が 国 際 マー ケ テ ィ ング に 関 し て 適 用 さ れ て いた 。 シ ン バ
イ オ テ ィ ッ ク ・ マ ー ケ テ ィ ン グ の 意 味 を 考 察 し て 、.
.
閑9
。冨 コ.
、< 自。鑓 ロ鋤轟 冨 昌 俸 国 餌冨 ﹁讐 コ餌日 は 二 つ の シ ン バ イ オ
シ ス の レ ベ ル を 区 別 し た 。 そ れ ら の 一つ は 、 組 織 の 機 能
と い う 観 点 か ら 採 ら れ る オ ー ガ ニゼ ー シ ョ ナ ル .レ ベ ル
で あ る 。 オ ー ガ ニゼ ー シ ョ ナ ル ・レ ベ ル で の シ ン バ イ オ
テ ィ ッ ク ・ マー ケ テ ィ ン グ の 例 と し て は 、 合 弁 、 ジ ョイ
ン ト ・プ ロ ダ ク ト 、 サ ー ビ ス ・デ ィ ベ ロ ッ プ メ ン ト な ど
で あ る 。 シ ン バ イ オ テ ィ ック の第 二 の レ ベ ル は、 フ ァ ン
ク シ ョ ナ ル ・レ ベ ル で あ る 。 フ ァ ン ク シ ョ ナ ル ・レ ベ ル
で の シ ン バ イ オ テ ィ ック の 例 は 、 研 究 開 発 に お け る 協
力 、 製 造 協 定 、 マ ー ケ テ ィ ング 協 定 、 R & D パ ー ト ナ ー
一九 八 〇 年 代 の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・ マ ー ケ テ
シ ップ な ど の よ う な 異 な る 企 業 間 の 特 定 の 機 能 分 野 に 限
ら れる。
ィ ン グ の 焦 点 は 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ㌔パ ー ト ナ ー の 一
方 の製 品 / サ ! ビ ス 提 供 、 あ る い は シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク
・パ ー ト ナ ー の 製 品 / サ ー ビ ス 提 供 に 関 係 づ け ら れ た 。
こ の時 期 の シ ンバ イ オ テ ィ ック ・マー ケ テ ィ ング の範 囲
は 、 二 つ の領 域 に纏 め ら れ る。 そ の ひ と つは 、 シ ンバ イ
オ テ ィ ッ ク ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ の 対 象 で あ る マ ー ケ ッ
ト ・製 品 / サ ! ビ ス に 対 す る マ ー ケ テ ィ ン グ 戦 略 全 体 の
ジ ョイ ント ・フ ォ ー ミ ュ レ ー シ ョ ン で あ る 。 も う ひ と つ
は、 製 品 / サ ー ビ ス の 提 供 に関 す る 個 々 の企 業 に よ る 個
別 的 な 戦 略 の 一 つ で あ る 特 定 の マ ー ケ テ ィ ン グ ・プ ロ グ
い
ラ ム てあ る
閑 餌冨 ﹁讐 ロ効B に よ る 議 論 を
と こ ろ で、 近 年 経 営 学 で の シ ン バ イ オ シ ス の議 論 で
は 、.
、
幻 餌冨 ロ.
、< 碧 餌鳥自。﹁鉱 黛ρづ卿
越 え て 国 際 マー ケ テ ィ ング への 適 用 が議 論 さ れ て いる。
シ ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ ング は 、 製 品/ サ ー
ビ ス ・フ ォ ー カ ス や マ ー ケ テ ィ ン グ 戦 略 や マ ー ケ テ ィ ン
グ ・プ ロ グ ラ ム に 限 ら れ な い の で あ る 。
70
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ムNα8
11
こ の論 文 の 目 的
そ こ で こ の論 文 で は 、 次 の 三 点 を 取 り 扱 う 。 ま ず 第 一
に 、 最 近 の シ ン バ イ オ シ ス の 用 法 に し た が っ て 国 際 マー
ケ テ ィ ング で の 展 開 と 活 動 を 検 討 す る 。 こ れ を 行 う 目 的
は 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ング に お け る 研
究 の 土 台 と な る 根 本 的 な 方 向 性 を 提 供 す る こ と で あ る。
第 二 に 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ で そ の
展 開 に 貢 献 し た 要 素 を 検 討 す る こ と で あ る。 そ こ で は シ
ぐも
ン ノイ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ の 特 徴 と 範 囲 が 具
体 例 を 用 い て検 討 さ れ る 。 第 三 の 目 的 は 、 国 際 マー ケ テ
際 マー ケ テ ィ ン グ
・ア プ ロ ー チ 、 ヒ ュー マ ン ・マ シ ー ン
・ア プ
・イ ン タ ー フ ェ イ ス 国 際 マ ー ケ テ ィ
・ ア プ ロ ー チ 、 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ
(コ ン ピ ュ ー タ ー )
ング
ロー チ で あ る 。
一、 ヱ コ ロ ジ カ ル 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ア プ ロ ー チ
は じ め て の体 系 的 で 包 括 的 な 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に 対
す る エ コ ロ ジ カ ル ・ア プ ロ ー チ の 一つ は 、 一九 七 三 年 に
出 所HansB.Thorellip.16
ィ ン グ の シ ン バ イ オ シ ス が、 現 在 の 形 態 のま ま 採 用 さ れ
る こ と が妥 当 か ど う か を 考 察 す る。 こ の 目 的 は シ ンバ イ
オ テ ィ ッ ク な 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ に お け る 現 在 の 一般 的
な 形態 と、 日本 企 業 に お いて 見 ら れ る と さ れ る 共 生 と の
国 際 マー ケ テ ィ ング に お け る シ ンバ イ オ シ ス
間 の違 いを 明 ら か にす る こ と で あ る。
m
経 営 学 で の シ ンバ イ オ シ ス に 関 す る最 近 のプ レゼ ン テ
ー シ ョ ン や議 論 は 、 シ ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ
ンク を意 味 し う る 国 際 マー ケ テ ィ ング 研 究 や 活 動 の 三 つ
の ア プ ロー チ に 分 類 でき る。 そ れ ら は 、 エ コ ロジ カ ル 国
71
エ コ ロ ジ カル な マ ー ケ テ ィ ン グ
図1
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
が デ ィ フ ァ レ ン シ ャ ル ・ア ド バ ン テ ー ジ と し て 環 境 の 恩
のた め に環 境 に依 存 し て いる 。 こ の依 存 性 は 、 あ る 企 業
れ ば 、 他 の 生 命 体 と同 じ よ う に、 ヒ ト や 企 業 も そ の 生 存
= g。コω じロ甲↓プo﹃巴 嵩に よ っ て 提 示 さ れ た 個。 ↓ げo﹁Φ罠 に よ
と によ り 、 エ コ ロジ ック ・マー ケ テ ィ ング 概 念 は、 生 産
え な い。 顧 客 の 二 i ズ や 経 営 者 の 資 源 を 考 慮 に 入 れ る こ
な 国 際 マー ケ テ ィ ング に 対 す る 十 分 な アプ ロー チ と は 言
ー ケ テ ィ ング は 多 く の メ リ ッ ト を 持 っ て い る が 、 効 果 的
結 実 、 評 価 のプ ロ セ ス と し て 定 義 さ れ る 。 顧 客 指 向 の マ
異 な った も の と 考 え ら れ てき た が 、 こ れ ら を 組 み合 わ せ
恵 を 受 け た り 、 反 対 に ラ イ バ ル 企 業 がデ ィ フ ァ レ ン シ ャ
市 場 経 済 を エ コ ロジ ! の観 点 か ら 見 る な ら ば 、 利 益 と
る こ と によ り 、 マー ケ テ ィ ング の新 し いフ レー ム ワ ー ク
者 指 向 ア プ ロ! チ と 顧 客 指 向 ア プ ロ ー チ の 組 み 合 わ せ と
関 係 す る 諸 要 素 は 経 営 上 の 最 終 目 的 と は な ち な い。
を 提 示 し た 。 こ の こ と は 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク . マー ケ
ル ・ア ド バ ン テ ー ジ と し て 環 境 を 利 用 す る こ と か ら 企 業
↓70﹁Φ岳 は マー ケ テ ィ ン グ が 何 で あ る の か を 説 明 す る た
テ ィ ン グ ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ の 誕 生 を 意 味 し た 。 最 近
な る 。 こ れ ら を 組 み 合 わ せ る こ と に よ り 、 そ れ ぞ れ 一方
め に 生 物 学 的 エ コ ロジ ー の観 点 を 使 用 し た が 、 こ の エ コ
の 傾 向 と し て 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の エ コ ロ ジ ー か ら 研 究
を 守 った り す る こ と に お い て 見 い だ さ れ る 。 環 境 の 中 に
ロジ カ ルな 観 点 の中 に あ る 環 境 要 因 は 、 生 物 学 的 な 環 境
す る 学 者 た ち は 、 ヒ ト 、 製 品 、 ビ ジ ネ ス、 自 然 の 共 生 を
の だ け の 場 合 よ り よ り 内 容 の あ る 概 念 と な る 胸。↓ げo﹁Φ≡
要 因 で は な い。 上 図 で の 環 境 要 因 は 、 三 つ の 層 か ら 成 っ
マ ー ケ テ ィ ン グ の 基 盤 と 考 え て い る ㎝⑳⑳。 そ こ で は 企 業
あ っ て 活 動 す る 企 業 の エ コ ロ ジ カ ル ・モ デ ル は 次 の よ う
て い る 。 そ れ ら は 、 マ ー ケ ッ ト 構 造 、 ロー カ ル ・ マ ー ケ
は 、 経 営 や マ ー ケ テ ィ ング 活 動 の 高 い レ ベ ル を 維 持 し つ
は 、 そ れ ま で こ れ ら 二 つ の ア プ ロー チ は 互 い に 対 立 す る
テ ィ ン グ 環 境 、国 際 マー ケ テ ィ ン グ 環 境 で あ る 。目げo﹃Φ≡
つ、 環 境 、 安 全 性 、 リ サ イ ク リ ン グ な ど の 地 球 保 護 を 目
に示 さ れる。
は マー ケ テ ィ ング の 環 境 主 義 に 属 す る 研 究 者 で は な い こ
的 と す る 社 会 的 問 題 に コ ミ ット す る 。
(コ ン ピ ュ ー タ ー ) ・イ ン タ
国 際 マー ケ テ ィ ング を 含 め て 経 営 活 動 にお け る ヒ ュー
ー フ エ イ ス 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ア プ ロ ー チ
二、 ヒ ュー マン ・マシ ー ン
と は 注 意 さ れ な け れ ば な ら な い働。 ↓ゴo︻Φ≡ は 、 国 際 マ
ー ケ テ ィ ング に 対 す る 生 物 学 的 環 境 ア プ ロー チ を 最 初 に
試 み た 学 者 であ る。 さ ら に彼 は 、 マー ケ テ ィ ング にお け
る 交 換 のプ ロセ ス が 取 引 の永 続 的 な 流 れ で あ る と 主 張 す
る 。し た が っ て そ こ で は 、マー ケ テ ィ ン グ は 取 引 の 創 出 、
72
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1・
マ ン . マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス に 関 す る 研 究 の 数 が
増 加 し て い る ⑳㈱⑳⑳。 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ で の 多 く の 複
雑 な 問 題 の 解 決 の た め に 、 コ ン ピ ュー タ ー は 重 要 で パ ワ
フ ル な 役 割 を 演 じ て い る が、 そ れ ら の 根 本 的 解 決 のた め
に は 人 間 の 能 力 が 依 然 と し て 必 要 で あ る 。 コ ン ピ ュー タ
ー は 国 際 マー ケ テ ィ ン グ で の 欠 陥 を 発 見 す る た め の 膨 大
な 計 算 を 効 果 的 に 行 え る が 、 よ り よ い解 決 策 を 判 断 し て
は く れ な い 。 ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス
を 使 用 す る シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ は 、
人間 的 能 力 と コ ンピ ュー タ ー を 組 み 合 わ せ た シ ステ ム を
意 味 す る。
さ ら に フ ィ ジ カ ル .シ ン ボ ル ・シ ス テ ム (P S S )は 、
一連 の シ ン ボ ル の 操 作 を 可 能 に す る シ ス テ ム が イ ン テ リ
ジ ェ ン ト ・ア ク シ ョ ン の 能 力 を 意 味 す る こ と を 明 ら か に
し て い る ㈱。 こ の 見 解 は 、 ア ー テ ィ フ ィ シ ャ ル ・イ ン テ
リ ジ ェ ン ス (A I )で の 研 究 に 基 盤 を 与 え る も の で あ る 。
コ ン ピ ュー タ ー は 、 人 間 の 能 力 と 同 じ よ う な 知 的 活 動 を
(D S S ) と A I
あ る 程 度 行 う こ と が で き る と いう 主 張 を 含 ん で い る 。 デ
ィ ス カ ッ シ ョ ン ・サ ポ ー ト ・シ ス テ ム
で は 、 D S S の ほ う が マ ン ・ マ シ ー ン ・シ ン バ イ オ シ ス
が 人 と機 械 が そ れ ぞ れ 独 立 し て いる よ り も 共 生す る ほ う
が よ り 高 い能 力 を 発 揮 で き る と い う こ と を 強 調 す る 点 で
際 だ った 対 照 を な し て い る 。
国 際 マー ケ テ ィ ン グ を 含 む マ ー ケ テ ィ ング で の マ ン ・
マ シ ー-ン ・ シ ン バ イ オ シ ス の 展 開 の 最 初 の 段 階 は 、 グ ル
ー プ 企 業 の イ ン ト ラ ・フ ァ ー ム ・ マ ー ケ テ ィ ン グ と し て
そ れ ら を 結 び つけ る こ と で あ る 。 さ ら に同 じ シ ス テ ム は
顧 客 の製 品 や 便 利 度 低 価 格 に 対 す る ニー ズ に 応 え る よ う
に開 発 さ れ て き て いる 。 ま た こ れ ら の シ ス テ ム で は 、 製
造 業 者 、 卸 売 業 者 、 小売 業 者 の間 の効 率 性 を 高 め る た め
の 開 発 が な さ れ て いる 。 こ の よ う な シ ステ ム は 、 エ フ ィ
シ ェ ン ト ・ス ト ア ・ア ソ ー ト メ ン ツ 、 エ フ ィ シ ェ ン ト 吻
・イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン
レ プ レ ニ シ ュ メ ン ト 、 エ フ ィ シ ェ ン ト ・プ ロ モ ー シ ョ
ン 、 エ フ ィ シ ェ ン ト ・プ ロ ダ ク ト
な ど の価 値 を 付 加 す る プ ロセ ス に 集 中 し て いる 。 こ れ ら
は 、 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ス テ ム の す べ て の ア ス ペ ク ト を
カ バ ー す る 情 報 を 与 え る と い う こ と に よ って 達 成 さ れ
る。
多 く の 様 々 な マ ン ・ マ シ ー ン ・シ ン バ イ オ シ ス が 国 際
マー ケ テ ィ ング で 開 発 さ れ て き た け れ ど、 そ れ ら に は 幾
つか の基 本 的 に 共 通す る 特 徴 が あ る 。 例 え ば 、 国 際 マー
ケ テ ィ ング を 含 め て マー ケ テ ィ ング に お い て シ ンバ イ オ
シ ス を う ま く 行 わ せ る た め に は、 以 下 の 四点 が 必要 と さ
れ て い る 。 第 一に 、 P O S デ ー タ の よ う な 販 売 デ ー タ の
正 確 な 把 握 で あ る 。 第 二 に 、 エ レ ク ト リ ッ ク ・レ シ ー ビ
ン ク .シ ス テ ム て あ る 。 第 三 に 、 イ ン ベ ン ト リ ー ・シ ス
73
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
(C A O ) で あ る 。 こ れ ら 四 点
テ ム で あ る 。 第 四 に 、 コ ン ピ ュー タ ! ・ア シ ス テ ィ ド .
オ ー ダ リ ング ・シ ス テ ム
は 、 マ ン ・ マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス を 作 り 出 す だ け
で な く 、 シ ス テ ム の 他 の分 野 と の シ ンバ イ オ シ ス も 作 り
出す 。
正 確 な 販 売 デ ー タ の把 握 は 、 会 社 が 何 を 販 売 し た か か
記 録 さ れ る だ け で な く 、 何 時 そ し て 何 処 で と いう 情 報
は、 CA O の予 測 を よ り 確 実 にす る と 同 時 に 仕 入 や 在
庫 、 人 員 配 置 な ど に も 役 立 つ。 エ レ ク ト リ ッ ク .レ シ ー
ビ ン グ ・シ ス テ ム は 、 企 業 が 何 を 何 時 何 処 か ら 受 け 取 っ
た か を 知 る の に 役 立 つ。 正 確 な 販 売 デ ー タ と の 組 合 せ に
よ っ て、 企 業 は 販 売 高 や 仕 入高 、 在 庫 高 の割 合 を 予 測 で
き る よ う に な る 。 イ ン ベ ント リ ー ・シ ス テ ム は 、 エ レ ク
ト リ ッ ク . レ シ ー ビ ン グ ・シ ス テ ム の 副 産 物 と も 言 え る
が 、 在 庫 調 整 を よ り 確 実 にす る シ ス テ ム で あ る 。 イ ン ベ
ン ト リ ー . シ ス テ ム は 、 レ ポ ー テ ィ ン グ ・シ ス テ ム や ア
ナ リ シ ス ・シ ス テ ム と と も に 使 用 さ れ る こ と に よ り 、 よ
り 効 果 が あ る 。 こ れ は 、 エ フ ェク テ ィ ブ ・ マ ン . マ シ !
ン ・イ ン タ : フ ェ イ ス に お い て 可 能 に な る 。 C A O は 、
シ ンバ イ オ シ ス 国 際 マー ケ テ ィ ング を よ り 有 効 に す る 最
も 重 要 な 分 野 で あ る 。 な ぜ な ら 、 ま ず 第 一に 、 国 際 マ ー
ケ テ ィ ン グ で の マ ン ・ マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス を よ
り 有 効 にす る た め に は 、 国 ご と に異 な る ア ベー ラ ビ リ テ
イ ー の技 術 が 必要 で あ り 、 さ ら に 国 ご と に 異 な る シ ス テ
ム を サ ポ ー ト す る イ ン フ ラ スト ラ ク チ ャー を 必要 とす る
か ら で あ り 、 シ ス テ ム を う ま く 使 用 す る た め に 必要 な 人
間 的 側 面 を 含 む 必要 が あ る か ら であ る 。 人間 的 側 面 で あ
る 予 測 や プ ラ ン ニ ング は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ で は 重 要
な 役割 を 果たす 。
し か し な が ら 、 シ ン バ イ オ シ ス 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に
お け る ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ の 使
用 は 、 売 上 高 予 測 、 注 文 予 測 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン ク ・リ
ソ ー ス の 分 配 な ど の マー ケ テ ィ ン グ 活 動 を よ り 正 確 に 組
織 化 で き る よ う に す る 。 さ ら に 、 集 中 化 さ れ た マi ヶ テ
ィ ン グ ・シ ス テ ム は 購 入 プ ロ セ ス を 改 善 さ せ る 。 つ ま
り 、 企 業 の マー ケ テ ィ ン グ 活 動 に 関 す る タ イ ム リ ー で 、
利 用 価値 があり 、 信頼 に足 る情 報は、 顧客 の購買 意 欲 を
高 め る の に 役 立 つ 。 ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・リ レ ー シ ョ
ン シ ッ プ ・イ ン タ ー フ ェ イ ス は 、 マ ー ケ テ ィ ン グ ・チ ャ
ン ネ ル で の 企 業 側 の マー ケ テ ィ ング 活 動 を 促 進 さ せ る だ
け で な く 、 共 生 的 な 方 法 で の ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・リ
レ ー シ ョ ン シ ッ プ ・イ ン タ ー フ ェ イ ス を 更 新 さ せ る 。 ま
た こ れ は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ に お け る 主 な 主 題 の 一つ
で あ る 国 際 マー ケ テ ィ ング の標 準 化 の 重要 な 分 野 で も あ
る。
74
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1・
三 、 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ
・ア プ ロ ー チ
ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ ・ア プ ロ ー チ か ら の シ ン
バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ ング は 、 所 有 権 よ り 微 妙
で あ る が あ ま り 公 式 的 で な い関 係 性 の 概 念 を 表 現 す る ア
は 、 バ イ オ テ ク ノ ロ ジ i 産 業 に お い て 存 在 す る ⑳。
多 く の 中 小 規 模 の 米 国 の バ イ オ テ ク ノ ロジ i 企 業 は 、
世 界 中 の 大 規 模 な 製 薬 会 社 と の間 で シ ン バ イ オ テ ィ ック
な ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ を 構 築 し て い る 。 資 本 関
共 同 で 行 う 。 さ ら に、 こ れ ら バ イ オ 企 業 は 世 界 中 に張 り
係 の 他 に 、 こ れ ら の企 業 は 高 価 な 研究 開 発 や 医 療 実 験 を
て よ り 集 中 的 に 発 展 さ れ た ⑳。 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ
巡 ら さ れ た マ ー ケ テ ィ ン グ ・ネ ッ ト ワ ー ク を 利 用 で き
ン ブ レ ラ ・タ ー ム で あ る 。 こ れ ら は 、 過 去 十 年 に わ た っ
ッ プ か ら の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ は 多
る 。 ほ と ん ど の場 合 、 こ の よ う な 国 際 的 な 市 場 を こ れ ら
非 常 に 困 難 で あ る 。 一九 九 三 年 の 前 期 だ け で も 、 米 国 の
バ イ オ 企 業 が 独 自 で 展 開 す る こ と は 不 可能 で な いま で の
く の 形 を 取 っ て い る 。 そ れ ら の幾 つ か は 、 合 弁 ・ラ イ セ
ン ス ・ア グ リ ー メ ン ト 、 研 究 開 発 、 コ ン ソ ー シ ア や レ シ
プ ロ カ ル ・ マ ー ケ テ ィ ン グ ・デ ィ ー ル な ど で あ る 。 パ ー
ィ ッ ク な 関 係 性 の背 後 に あ る 中 心 的 な 考 え 方 は 、 グ ロー
リ ン ク と い う 利 点 を 持 つ。 こ の 観 点 か ら の シ ン バ イ オ テ
あ る が 、 あ ま り 利 用 さ れ て いな い シ ンバ イ オ テ ィ ック な
ク ノ ロ ジ ー の 研 究 が で き な く な った 一方 で 、 外 国 の 製 薬
険 費 用 の高 騰 に よ って 米 国 の製 薬 会 社 が 独 自 で バ イ オ テ
社 で あ り 、 11 件 は 日 本 の 会 社 で あ る 。 米 国 内 で の 医 療 保
ス な 提 携 を 行 った 。 こ れ ら の う ち 23 件 は ヨ ー ロ ッ パ の 会
バ イ オ 企 業 は 製 薬 会 社 と の 間 で 62 件 の も の シ ン バ イ オ シ
バ ル ・ポ ジ シ ョ ニ ン グ と 関 係 す る 。 企 業 買 収 、 合 併 、 大
会 社 は 米 国 市 場 に 参 入 し 始 め て いる。 製 品 開 発 に は 百 万
ト ナ ー シ ップ ・ア レ ン ジ メ ン ト は 、 各 企 業 間 の 自 然 で は
き な 直 接 投 資 は 、 い つも 最 善 で あ った り 唯 一の 選 択 肢 で
ド ル も 掛 か る 高 度 の競 争 市 場 で、 米 国 の バ イ オ 企 業 と 外
国 の製 薬 会 社 は 様 々な 形 態 の シ ン バ イ オ テ ィ ック な 関 係
は な い か も し れ な い。 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の 最 近 の ト レ
ンド は、 シ ンバ イ オ シ スを 要 求 し て いる よ う に見 え る
性 を 構 築 し て いる 。
ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ップ の 観 点 か ら の シ ン バ イ オ
し 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ に お け る シ ン バ イ オ シ ス ・リ レ
ー シ ョ ン シ ップ を 多 く の戦 略 に と って 端 的 に本 質 的 な も
テ ィ ッ ク な 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ は 、 多 く のデ ィ メ ン シ ョ
六 つ の 形 態 が あ げ ら れ る ⑳。
ン に し た が っ て 異 な る が 、 様 々 な 関 係 性 と いう 点 で 主 に
の とす る 。 シ ンバ イ オ シ ス 国 際 マー ケ テ ィ ング は 、 企 業
規 模 と 比 較 し て 研 究 開 発 費 用 が 非 常 に高 い、 ハイ テ ク ・
セ ク タ ー に 広 範 に 見 い だ せ る 。 こ の よ う な 動 き の 一つ
75
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
ω
関 係 性 の タ イ ム ・フ レ ー ム ワ ー ク
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク な 国 際 マー ケ テ ィ ング は 基 本 的 に
期 間 の な か で 行 わ れ る。 こ の よ う な 関 係 性 は 継 続 性 と し
て 考 察 さ れ る か も し れ な い。 継 続 性 の 一つ の 端 に は 短 い
キ ャ ン ペ ー ン期 間 に 限 ら れ る 補 完 的 な 財 や サ ー ビ ス の企
業 協 力 に よ る ジ ョ イ ン ト ・プ ロ モ ー シ ョ ン が あ る 。 こ の
タ イ プ の 関 係 性 に あ る 多 く の 例 は 、 フ ァ ー ス ト .フ ー ド
・チ ェ ー ン か ら 清 涼 飲 料 水 メ : カ ー 、 玩 具 メ ー カ i 、 電
池 メ ー カ ー に至 る。 こ の よ う な シ ン バ イ オ テ ィ ック な 国
際 マー ケ テ ィ ン グ の 関 係 性 は 、 数 ヵ 月 に も 及 ぶ キ ャ ン ペ
ー ン期 間 終 了時 ま で 供 さ れ る 。 こ のよ う な 長 い期 間 の 例
や
む
は、 レ ス ト ラ ンや ケ ー タ リ ング サ ー ビ ス を 持 つ航 空 会 社
ゆ
関 係 性 のプ ロ ク シ ミ テ ィ
な と てあ る
②
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク な 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の関 係 性
は 、 ア ー ム ズ ・ レ ン ク ス ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ や ワ ー キ
ン グ ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ と し て 分 類 さ れ る も の が あ
る 。 こ の 現 象 は コ ン ピ ュ ー タ i .メ ー カ ー や ソ フ ト . メ
ー カ ー で 見 出 さ れ る 。 ま た ア ワ ー ド ・シ ス テ ム に よ っ て
異 な る ルート を飛 ばせ る航 空 会社 でも 見 出せ る。 そ の例
と し て は 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド ・パ ー ト ナ ー ズ ・ワ ー ル ド ワ
イ ド が あ げ ら れ る ㈹。 こ の 関 係 性 で は 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド
・エア ラ イ ンズ は 他 の 航 空 会 社 と 共 通 運 用 を 行 っ て い
る 。 こ の 提 携 は 、 ﹁コ ー ド ・シ ェ ア ー ・フ ラ イ ト ﹂ に お
い て 見 出 さ れ る 。 あ る 航 空 会 社 に よ る コ ー ド ・シ ェ ア i
・フ ラ イ ト は 、 他 の 航 空 会 社 の フ ラ イ ト と し て も 表 示 さ
れ て い る 。 予 約 、 発 券 、 搭 乗 券 、 手 荷 物 、 フ ラ イ ト .ス
ケ ジ ュー ル は 、 ユナ イ テ ィ ッド と他 の航 空 会 社 と の間 で
調 整 さ れ て いる 。 さ ら に 、 提 携 関 係 に あ る 航 空 会 社 の利
用 者 も ユ ナ イ テ ィ ッ ド の マ イ レ ッ ジ ・プ ラ ス の 点 数 を 得
る こ と が で き る 。 ほ と ん ど の 場 合 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド .マ
イ レ ッ ジ ・プ ラ ス の 会 員 は 、 他 の 提 携 航 空 会 社 で マ イ レ
ッ ジ を 獲 得 し て いる 。 ユナ イ テ ィ ッド の 提 携 航 空 会 社
は 、 ヨ ー ロ ッパ や 中 東 、 ア フ リ カ で は ル フ ト ハン ザ や英
国 で は ブ リ テ ィ シ ュ こ こッ ド ラ ン ド 、 カ ナ ダ で は エ ア i
・カ ナ ダ 、 ア ジ ア 太 平 洋 で は ア ン セ ッ ト 航 空 、 カ リ ブ 海
シ ン グ ル ・バ ー ス ・サ イ マ ル テ ー ニ ア ス ・ マ ル テ ィ
で は ガ ル フ ・ス ト リ ー ム や エ マ イ ア レ ー ツ 航 空 で あ る 。
鋤
ゐ
ロ
ブ ル ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ フ
シ ン グ ル ・シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル
・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ は 、 航 空 会 社 と ホ テ ル の 間 で 見 出
せ る 関 係 性 で あ る が、 現 在 のト レ ンド は こ の流 れ に 向 か
っ て い る 。 シ ン グ ル ・シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・イ ン タ ー ナ
シ ョ ナ ル ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ の 例 は 、 航 空 会 社 と ホ テ
7s
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ムi・
シ ョ ッ ピ ング な ど と の間 で の 提 携 関 係 で あ る。
ル と の 間 で の 他 に 、 レ ン タ カ ー 、 ク レ ジ ッ ト ・カ ー ド 、
の 焦 点 へと 関 係 性 は 移 ってき た 。 例 と し て は 、 も とも と
徴 に 依 って 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク な 国 際 マー ケ テ ィ ング
は 補 完 的 な 製 品 で な い消 費 財 の新 し い形 態 のプ ロ モー シ
ョ ン を 目 的 と す る 。 (例 え ば 、 ヨ ー グ ル ト 会 社 と フ ル ー
ツ 会 社 に よ る フ ル ー ツ ・ヨ ー グ ル ト の 開 発 で あ る 。 他 に
関係 性 の レベ ル
関 係 性 の レ ベ ル は 、 シ ン バ イ オ シ ス を 行 お う とす る そ
は 、 補 完 的 で な い製 品 の ジ ョ イ ン ト 広 告 や 販 売 促 進 な ど
ω
れ ら 該 当 企 業 の 目 的 や特 徴 に よ って 異 な ってく る か も し
てあ る
マ ー ケ テ ィ ン グ ・ フ ァ ン ク シ ョ ン ・レ ベ ル で の 関 係
む
れ な い 。 最 も 一般 的 に 見 出 せ る シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・リ
⑥
性 の範 囲
企 業 間 の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク な 国 際 マー ケ テ ィ ン グ ・
を カ バ ー す る 単 一の 統 合 的 な マ ー ケ テ ィ ン グ 戦 略 に 基 づ
リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ は 、 マー ケ テ ィ ン グ の あ ら ゆ る 側 面
ゆ
レー シ ョン シ ップ は 、 組 織 レ ベ ル と機 能 レ ベ ル の 二 つ に
お い て で あ る 。 組 織 レ ベ ル で の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・リ
レ ー シ ョ ン シ ッ プ は 、 合 弁 、 ジ ョ イ ン ト で の製 品 開 発 な
・テ ク ノ ロ ジ ー 開
ど で 行 わ れ る。 機 能 レ ベ ル で は、 シ ン バ イ オ テ ィ ック ・
リ レ ー シ ョ ン シ ップ は 、 ジ ョ イ ント
か であ る。 後 者 の場 合 、 シ ン バ イ オ テ ィ ック な 国 際 マー
く か、 あ る いは 特 定 の マー ケ テ ィ ング 戦 略 に 限 定 さ れ る
テ ィ ン グ ・ア レ ン ジ メ ン ツ 、 研 究 開 発 パ ー ト ナ ー シ ッ プ
ケ テ ィ ン グ は シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・イ ン タ ー ナ シ ョ ナ ル
発 、 マ ニ ュ フ ァ ク チ ャ リ ン グ ・ア レ ン ジ メ ン ツ 、 マ ー ケ
な ど の よ う な 特 定 の 機 能 が 必要 と さ れ る 領 域 で 見 出 せ
航 空会 社 はし ば しば、 価格 政策 によ る販売 促進 を 展 開し
マー ケ テ ィ ング 機 能 に関 し て 規 定 さ れ る 。 米 国 の主 要 な
・ア ド バ タ イ ジ ン グ や 販 売 促 進 や 価 格 設 定 な ど の よ う な
関 係 性 の焦 点
る。
⑤
て い る 。 例 え ば 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド ・エ ア ラ イ ン ズ で の シ
ヨ ッ ピ ン グ は 、 デ ュ ー テ ィ ー ・フ リ ー だ け で な く
10 % か
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク な 国 際 マー ケ テ ィ ング の関 係 性 に
入 る た め の 唯 一の 焦 点 と いう も の は な い。 過 去 に は こ の
ら 25 % の 割 引 が あ る 。 一九 九 六 年 の 夏 の 間 、 マ ウ イ ・ビ
、
.
︼
≦> C一 些
① ]
≦ oぴq幽
o H
巴 Φω↓竃"
.と 呼 ば れ る キ ャ ン ペ ー ン を
ジ タ i ・ビ ュ ー ロ ー は 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド と の 間 で 、
よ う な 関 係 性 の 焦 点 は、 財 や サ ー ビ ス の 提 供 で あ っ た
⑳。 最 も 一般 的 な 例 は 、 販 売 と 流 通 の 共 通 化 で あ っ た 。
し か し な が ら 、 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の ダ イ ナ ミ ッ ク な 特
?7
シンバ イオテ ィック国際 マ ー ケ テ ィ ング
ユ ナ イ テ ィ ッ ド ・ エ ア ラ イ ン ズ ・ マ イ レ ッ ジ ・プ ラ ス の
五 日 目 か 七 日 目 に無 料 で 宿 泊 す る こ と が で き る 。 さ ら に
ー ン に 参 加 し て いる ホ テ ル に 、 そ のキ ャ ン ペ ー ン旅 行 の
行 った 。 ユ ナ イ テ ィ ッド 航 空 の 利 用 者 は 、 こ の キ ャ ン ペ
の範 疇 と し て指 摘 さ れ た 諸 形 態 も 拡 張 さ れ る で あ ろ う 。
か で あ る 。 ま た 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ ス
シ ス を 促 進 さ せ る新 し い形 態 が 作 り 出 さ れ る こ とは 明 ら
ジ ネ ス 環 境 の 特 徴 か ら 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ
シ ンバ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ ング へ
メ ン バ ー は 、 ふ つう の マイ レ ッジ に 加 え て 二 五 〇 〇 マイ
ル を 獲 得 で き る 。 マウ イ 島 の ほ と ん ど の 主 要 な ホ テ ル は
の新 たな 展開
こ れ ま で 述 べ て き た シ ンバ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ
こ の キ ャ ン ペ ー ン に参 加 し た 。 こ の キ ャ ン ペー ン は 、 チ
ケ ット の種 類 や 国 籍 、 フ ラ イ ト の出 発 地 に関 係 な く 企 画
さ れ て いる 。 つま り 、 ユ ナ イ テ ィ ッ ド 航 空 は 、 マイ レ ッ
中 で 手 に 入 れ る こ と が で き る 。 ダ ラ ー ・レ ン タ カ ー は こ
し て い る 。 こ れ ら の チ ケ ット は 、 マウ イ だ け で な く 世 界
あ る 。 これ ら ほ と ん ど の チ ャ レ ンジ は 、 す べ て で は な い
す る 企 業 が 直 面 す る ダ イ ナ ミ ック な チ ャ レ ンジ の結 果 で
る 。 こ れ ら の フ ァ ク タ ー は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ング を 展 開
ィ ング の タ イ プ を 表 わ す た め に 多 く の要 因 が 列 挙 出 来
の企 画 でデ ィ ス カ ウ ント を 行 う だ け で な く、 ク ラ イ ス ラ
に し て も 環 境 要 因 で あ っ た り 組 織 要 因 で あ った り す る 。
ジ ・プ ラ ス の メ ン バ ー を よ り 多 く 集 め ら れ る よ う に 企 画
ー の ジ ー プ を プ ロ モ ! ト し て い る ㈱。 こ の キ ャ ン ペ ー ン
こ こ で 論 じ ら れ て い る シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ
も の と な って いる 。
あ げ る。 こ れ ら の アプ ロー チ は 内 容 的 に非 常 に 異 な った
ィ ング の要 因 に対 す る 三 つ の主 要 な アプ ロー チ を 以 下 に
は 参 加 し て いる 個 々 の企 業 の協 力 を 得 て、 顧 客 戦 略 、 価
格 戦 略 、 製 品 戦 略、 ブ ラ ンド 戦 略、 プ ロ モ ー シ ョ ン戦 略
(広 告 を 含 め て ) を カ バ ー す る 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ シ
ン バ イ オ シ ス を 構 成 し て いる 。
し か し な が ら 、 国 際 ビ ジ ネ ス 環 境 の特 徴 が 変 化 し て い
が さ ら に 増 加 し て い る 。 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ
ロ ジ カ ル な 視 点 か ら 見 ら れ る 主 な 組 織 要 因 の 一つ は 、 グ
シ ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ ング に 対 す る エ コ
一、 エ コ ロ ジ カ ル 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ア プ ロ ー チ
オ シ ス へ導 く こ れ ま で に 述 べ た 幾 つ か の 形 態 は 、 時 間 の
ロー バ ル 環 境 の 保 護 を 企 業 の 哲 学 と す る 傾 向 で あ る ㈲。
る の で 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ング ・シ ン バ イ オ シ ス へ の 参 入
経 過 と 共 に な く な っ て いく か も し れ な い。 現 在 の 国 際 ビ
78
環 境 に ﹁優 し い﹂ と いう こ と を 現 代 の 企 業 は 他 の 企 業 か
ら 要 請 さ れ て いる 。 こ れ ら の要 請 は 企 業 の 社 会 的 責 任 と
いう 側 面 を 持 っ て い る 。 企 業 は 、 環 境 保 護 を 自 主 的 に 会
社 全 体 の哲 学 とし て 採 用 し て き た 。
製 品 の 安 全 性 は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ
ス に 対 す る も う 一つ の 組 織 的 要 因 で あ り 、 よ り 安 全 な 製
品 が 、 自 然 の原 材 料 か ら 開 発 さ れ て き た 。 こ の よ う な 自
然 の 原 材 料 は、 人 工的 な 原 材 料 の使 用 か ら 生 じ る 従 業 員
や 消 費 者 の危 険 性 を 減 じ る も の と 理 解 さ れ て き た 。 さ ら
に 組 織 要 因 とし て のリ サ イ ク ル が あ げ ら れ る 。 最 近 企 業
が リ サ イ ク ル ペ ー バ ー の使 用 を 明 ら か に し て そ の積 極 的
取 り 組 み を ア ピ ー ル し て いる 例 も よ く 見 受 け ら れ る。
さ ら に 、 エ コ ロジ カ ル 国 際 マー ケ テ ィ ング に対 す る 目
ヤ
イ ン ダ ス ト リ ー ・エ コ ロ ジ ー は 、 自 然 の 生 態 系 の な
に 見 え る 要 因 は、 イ ンダ スト リ ア ル ・エ コ ロジ ー であ る
バカ 侶
か に 企 業 活 動 を 位 置 づ け よ う と す る も の で あ る。 こ れ
は、 経 済 活 動 と環 境 の間 に 相 反 す る 対 立 が あ る とす る
人 々が こ れ ま で思 い こん で き た 考 え方 に 再 考 を 促 し て い
る。 こ のイ ンダ スト リ ア ル ・エ コ ロジ ー は、 イ ンダ スト
リ ア ル 。 シ ン バ イ オ シ ス と いう 呼 び 方 で 広 ま って いる 。
際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・ア プ ロ ー チ で は 、 企 業 は 、 他 の 企 業
のイ ンプ ット や ア ウ ト プ ット の情 報 に 対 し て 絶 え ず 関 心
を 持 つ必 要 が あ る 。 国 際 的 な 範 囲 で イ ンダ ス ト リ ア ル ・
シ ンバイ オ シ スを 発展 さ せる た め には、あ る 種 の環境 規
制 や 価 格 設 定 に 対す る 基 準 を 行 政 府 が 設 定 す る 必要 性 も
主 張 さ れ て い る 65。
こ の よ う に 行 政 機 関 に よ る 法 制 化 は 、 エ コ ロジ カ ル ・
パ ー ス ペ ク テ ィブ か ら 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ
シ ス を 促 進 す る た め の 重 要 な 役 割 を 演 じ て き て いる 。 こ
の よ う な 法 制 化 の 例 と し て は 、 大 気 汚 染 、 包 装 の素 材 、
植 林 な ど が あ げ ら れ る 。 ま た 他 の環 境 要 因 と し て は 、 環
境 主 義者 や環 境保 護 団 体か ら企業 が受 ける要 請 があ る。
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の 観 点 か ら エ
コ ロ ジ カ ル ・ア プ ロ ー チ を 説 明 す る た め に 、 こ れ か ら ダ
イ ム ラ ー .ベ ン ツ E R G の ケ ー ス ・ス タ デ ィ ー を 行 う 。
いう 年 間 レ ポ ー ト を 発 行 す る ほ ど 、 エ コ ロジ ー
ダ イ ム ラ i ・ ベ ン ツ ・グ ル ー プ は 、.
.
国瓢く畔 ○コヨ Φ簿 巴 勾 ΦOo属 .
ど
と 経 済 活 動 に 対 し て 熱 心 な 企 業 で あ る 働。 ダ イ ム ラ i .
ベ ン ツ の 機 能 領 域 の 一つ と し て の 国 際 マー ケ テ ィ ン グ
は 、 企 業 の 環 境 コ ー ド に よ っ て 導 か れ て い る 。 ﹁こ の コ
束 す る 。﹂ ⑳ こ の 環 境 コ ー ド は 、 ダ イ ム ラ i ・ベ ン ツ の
ー ド は 、 世 界 中 のグ ル ー プ 企 業 の従 業 員 と そ の活 動 を 拘
産 過 程 で 生じ る 副産 物を さ ら に原料 とし て使 用す る。 イ
グ ル ー プ 企 業 を 具 体 的 に 規 制 し て いる 。
イ ンダ ス ト リ ア ル ・エ コ ロジ ー を 行 って い る 企 業 は 、 生
ン ダ ス ト リ ー ・シ ン バ イ オ シ ス に 対 す る エ コ ロ ジ カ ル 国
79
ォ ー ラ ムNα8
国 際 経Sフ
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
受 け る 。 第 二 の コー ド は、 グ ル ー プ 企 業 は 環 境 と 適 合 す
の 国 際 マー ケ テ ィ ング の 一つ は 、 エ コ ロ ジ カ ル な 製 品 の
ダ イ ム ラ ! ・ベ ン ツ ・グ ル ー プ の 最 も 目 に 見 え る 形 で
限 定 さ れ て い な い。 そ れ ぞ れ の 製 品 や 生 産 過 程 に 合 わ せ
る 製 品 や テ ク ノ ロジ ー を 開 発す る 必要 が あ る と言 って い
開 発 で あ る。 排 気 物 で あ る 窒 素 酸 化 物 や 二酸 化 炭 素 は 自
第 一の コ ー ド は 、 生 活 の 自 然 基 盤 の 保 護 は 人 間 と 自 然
る 。 第 三 の コー ド は 、 環 境 保 護 は 企 業 と 市 民 が 信 頼 関 係
動 車 産 業 に と っ て 頭 の 痛 い問 題 で あ る 。 一九 九 六 年 五 月
て、 具 体 的 な 支 持 が で き る よ う に な って いる。 さ ら に 環
に お い て協 力 す る場 合 に の み 可 能 で あ る の で 、 環 境 問 題
に ダ イ ム ラ i ・ベ ン ツ に よ っ て 開 発 さ れ た 新 し い電 気 自
の 両 者 の 利 益 で あ る と言 って い る。 エ コ ロジ ー と 経 済 活
に関 し て は 顧 客 だ け に 限 らず あ ら ゆ る 市 民 と話 し 合 う 必
動 車 で あ る N E C A R 2 。が 発 表 さ れ た 。 こ の 室 内 を 広
境 保 護 委 員 会 は 、 環 境 問 題 に 関 連 す る 様 々な 問 題 を 定 期
要 が あ る と い って いる 。 第 四 の コー ド は 、 ダ イ ム ラ ー .
く と った 六 人 乗 り は 、 電 池 で は な く フ ユー エ ル ・セ ル に
動 は 排 他 的 で は な く 、 お 互 い に 必 然 的 関 係 を 持 って い
ベ ン ツ ・グ ル ー プ は 、 継 続 的 な ト レ ー ニ ング ・プ ログ ラ
よ って パ ワ ー を 得 て いる 。 こ れ は 、 高 圧 タ ンク に 詰 め ら
的 に 話 し 合 う 。 委 員 会 は 、 そ れ ぞ れ の 年 に そ の 一年 の 特
ム に よ って 環 境 問 題 の観 点 か ら 正 し い行 動 を とる よ う に
れた水 素 に空気 から とら れた 酸素 を 化合す る こと により
る 。 し た が っ て 、 あ ら ゆ る 企 業 の 意 思 決 定 は マー ケ テ ィ
教 育 さ れ る べき で あ る と 言 っ て い る。 最 後 に第 五 の コー
エネ ル ギ ー を 発 生 さ せ る も の で 、 そ の 排 出 物 は 水 蒸 気 だ
定 の テ ー マを 決 め て い る。
ド で は 、 ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ の グ ル ー プ 企 業 は 環 境 問 題
け で あ る 。 さ ら に ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ の 普 通 の エ ン ジ ン
ング に関 す る 意 思 決 定 を 含 め て こ の コー ド に よ り 規 定 を
の 役 員 を 任 命 し な け れ ば な ら ず 彼 ら に は 権 限 が与 え ら れ
≦律プ 9 Φ O覧 ぎ 山Φ﹁。。.
.と 名 付 け ら れ た 技 術 で あ る 。 ま ず 、
に も 新 し い 技 術 が 採 用 さ れ て い る 。 こ れ は 、.
肖 げΦ ↓ ﹃一
〇評
一九 九 〇 年 に す べ て の 環 境 問 題 の 役 員 は 、 会 社 の 社 会
燃 料 の 消 費 を 減 少 さ せ 消 費 者 の 負 担 を 楽 に す る。 第 二
的 責 任 を 実 践 し た 。 つま り 、 彼 ら は 単 な る 環 境 主 義 者 で
に、 デ ィー ゼ ル ・エン ジ ン の燃 焼 に夜 窒 素 酸 化 物 の新 し
へ
は な い。 一九 九 六 年 に 環 境 保 護 委 員 会 の 役 員 は グ ル ー プ
い減 少 の方 法 で あ る。 森 林 の伐 採 や 夏 の ス モ ッグ に よ る
て ﹂る
企 業 の 取 締 役 会 、 メ ル セ デ ス ・ベ ン ツ の 子 会 社 の マネ ー
大 気 汚 染 の 原 因 は 特 殊 な フ ィ ル タ ー に よ って 減 少 さ れ
る。
ジ ャ ー の な か か ら 一人 ず つ選 出 さ れ て い る 。
ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ 環 境 コー ド は 、 特 定 の 事 例 だ け に
80
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ムNα8
他 の 領 域 で は 、 一九 九 三 年 に E U が 一九 九 五 年 に ド イ
の 量 販 の セ ダ ン で最 も 最 低 の 空 気 抵 抗 を 持 っ て い る。 こ
れ は 、 自 然 の 空 気 を ほ と ん ど 撹 梓 し な い。 ほ と ん ど す べ
工 のよ う な 防 錆 加 工 が 広 く 採 用 さ れ て いる。 エ コ ロジ カ
て のパ ー ツ が リ サ イ ク ル で き る 。 ク ロー ム 河 ロや リ ン加
て 環 境 マネ ー ジ メ ント の質 が 適 正 で あ る か ど う か の設 定
ル . コ ン ス ト ラ ク シ ョ ン も ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ で は 重 要
ツ の 国 内 法 に も 取 り 入 れ ら れ た 目げΦ 国oo >蕉息 仲勾Φ
ひq巳 甲
鉱o口ωを 通 過 さ せ て い る 。 こ の 規 制 は 企 業 が E U に よ っ
を 受 け る た め の ガ イ ド ラ イ ンを 与 え て いる 。 ダ イ ム ラ ー
な テ ー マの 一つで あ る 。 フ ォ ト ヴ ォ ル タ イ ッ ク エ 法 に 基
ン ト ・ビ ル デ ィ ン グ と い う コ ン セ プ ト に 基 づ い て 、 エ ア
ス テ ィ ー ム ・タ ー ビ ン が 使 用 さ れ て い る 。 イ ン テ リ ジ ェ
ギ ー ・サ プ ラ イ は 、 べ ー ヴ ァ ク ・ガ ス に よ っ て 行 わ れ 、
づ く 建 物 は 、 太 陽 光 を 最 大 限 に 取 り 入 れ ら れ る 。 エネ ル
・ベ ン ツ ・グ ル ー プ は 一九 九 六 年 の 暮 れ ま で に す べ て の
グ ループ 企業 で こ の認定 を受 け るよ う に迅速 に 行動 を起
こ し 、 一九 九 六 年 六 月 ま で に 10 の 向 上 が 認 定 を 受 け た 。
ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ ・グ ル ー プ の グ リ ー ン バ ッ グ は 、 こ
れ ま で の エア ー バ ッグ よ り も 環 境 に優 し く な って いる 。
ク ル で き る 。 こ の規 制 は ベ ンゼ ン の許 容 範 囲 を 示 し て い
は 30 % も 少 な い エ ネ ル ギ ー を 使 用 す る だ け で あ る 。 こ れ
必要 以 上 に 上 が ら な いた め 減 少 し て いる 。 ビ ルデ ィ ング
i ・コ ン デ ィ シ ョ ニ ン グ ・シ ス テ ム の 使 用 は 暖 房 温 度 が
る が、 こ の レ ベ ル を 測 定 す る こ と は 容 易 で は な か った 。
は 、 外 壁 の 厚 い サ ー マ ル ・イ ン ス レ ー シ ョ ン の 採 用 の 結
グ リ ー ン バ ッグ が 空 に さ れ て も す べ て の パ ー ツ は リ サ イ
し か し ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ ・グ ル ー プ は こ の レ ベ ル を 測
果 で あ る。 最 大 限 の 太 陽 光 が 部 屋 のな か に 取 り 入 れ ら れ
イ ツ と ブ ラ ジ ル で は、 よ り 自 然 な 素 材 が 使 用 さ れ て い
る。 地 下水 が グ ル ー プ 企 業 の た め に 使 用 さ れ る 。 特 に ド
定 でき る信頼 でき る機 器 を開 発し た。
ま た 、 ダ イ ム ラ ー ・ベ ン ツ は 新 し い サ ー ビ ス :不 ッ ト
る。
最 後 に 、 メ ル セ デ ス ・ベ ン ツ と ヨ ー ロ ピ ア ン ・ナ チ ュ
ワ ー ク で中 古 車 を 下 取 り し 、 そ の 部 品 を リ サ イ ク ルす る
ポ リ シ ー を 持 っ て い る 。 こ の ポ リ シ ー は 一九 九 一年 か ら
ラ ル . ヘリ テ ッ ジ ・フ ァ ン ド は 、 環 境 破 壊 か ら 伝 統 的 な
こ れ は 、 モ ビ リ テ ィ i ・ア ン ド ・ エ ン バ イ ア ラ メ ン ト と
る 地 域 で は 自 然 と 調 和 で き る 環 境 に ま で 回復 し て いる 。
あ る いは 歴 史 的 な 地 域 を 守 る た め に 保 存 し て いる し 、 あ
始 め ら れ て い る 。 廃 棄 物 は 30 % に ま で 抑 え ら れ て い る 。
ダ イ ム ラ ー は 、 シ ン セ テ ィ ッ ク ・オ イ ル ・ エ ス タ ー と 呼
ば れ る 、 環 境 に も ま た ス タ ッ フ の健 康 に も 優 し い最 新 の
植 物 オ イ ルを 使 用 し て い る。 新 し いE ク ラ ス は 、 世 界 中
81
シ ンバ イ オ テ ィッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
(ス
い る。 こ れ は 、 国 立 公 園 の モ ニタ ー も 行 って いる 。 こ の
球 の エ コ シ ス テ ム を モ ニタ ー す る た め に 衛 星 を 使 用 し て
いう ス ロー ガ ン の 名 で 実 行 さ れ て いる 。 こ れ は ま た 、 地
ン ・ マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス は 、 機 械 と 人 間 を 統 合
き も 行 え る 。 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に お い て も 、 ヒ ュー マ
際 マー ケ テ ィ ング の 分 野 でも 計 算 だ け で な く 組 織 的 な 働
法 や あ り 方 を 変 え て い る 。 コ ン ピ ュー タ ー の 機 能 は 、 国
す る マ ネ ー ジ ン グ ・シ ス テ ム の 手 段 で あ る 。 国 際 マ ー ケ
ジ ョ イ ン ト ・プ ロ ジ ェ ク ト は 、 エ ク ス ト レ マ ド ユ ラ
(フ ラ ン ス )、 ブ レ ー マ i ・ ベ ッ ケ
テ ィ ン グ に お い て も コ ン ピ ュー タ ー が 広 範 囲 に 使 用 さ れ
(コ ン ピ ュ ー タ ! )
(ハ ン ガ リ ー )、 ア ル
(ド イ ツ )。 グ リ ー ン ・ブ リ ッ ジ
ペ イ ン )、 プ ロ バ ン ス
ン
る こ と か ら 、 ヒ ュー マ ン ・ マ シ ー ン
イ ン タ ー フ ェ イ ス の 観 点 か ら 国 際 マ ー ケ テ ィ ン ク ・シ ン
(イ タ リ ァ ) で も 行 わ れ て い る 。
国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ も 含 め て 、 ダ イ ム ラ i ・ベ ン ツ で
バ イ オ シ ス に関 連 す る 要 因 を 評 価 す る こ と は 難 し く な っ
バ ン ・ヒ ル ズ
は グ ル ー プ の 環 境 哲 学 を 実 行 に 移 す た め に コ ン ピ ュ! タ
た。
し か し な が ら 、 ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・シ ン バ イ オ テ
ー が 使 用 さ れ て いる。 こ の コ ン ピ ュ! タ ー の使 用 は 、 費
用 、 投 資 、 廃 棄 物 、 エネ ル ギ ー 、 水 道 、 排 気 を カ バ ー し
を扱 うだ け でなく あく ま でも 環境 と経済 のシ ンバイ オ シ
勺o=ヨ p。コ禺教 授 に よ れ ば 、 グ ル ー プ 活 動 は た だ 単 に 環 境
ー タ ー の使 用 は ド キ ュメ ント の管 理、 デ ! タ ー や 情 報 の
ジ ー の 影 響 で あ る 。 国 際 マー ケ ッ ト に 関 し て 、 コ ン ピ ュ
ま ず 、 ビ ジ ネ ス や マネ ー ジ メ ン ト に お け る 最 新 テ ク ノ ロ
ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の 特 徴 を 挙 げ る と す る な ら 、
ス の問 題 で あ り 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン
収 集 と 分 析 、 国 際 マー ケ テ ィ ン グ ・モ デ ル の シ ュ ミ レ ー
て い る 。 ダ イ ム ラ ! ・ ベ ン ツ の 環 境 役 員 で あ る 芝 Φ﹃コΦ﹁
グ も こ の 観 点 か ら 考 え 出 さ れ て い る 。 し た が っ て 、 環境
国 際 マー ケ タ ー の側 か ら だ け で な く 顧 客 や 消 費 や 顧 客 が
ナ シ ョ ナ ル ・ マー ケ ッ ト な ど で 際 だ っ て い る 。 第 二 に 、
ィ ン グ ・ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 、 ヴ ァ ー チ ャ ル ・イ ン タ ー
シ ョ ン、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ の 意 思 決 定 、 国 際 マー ケ テ
(コ ン ピ ュ ー タ ー ) イ ン タ ー
保 護 の問 題 は 消 費 者 と企 業 の 両 者 に と って 魅 力 的 で あ る
べ き で あ る ㈱。
二、 ヒ ュー マ ン ・マ シ ー ン
に も 利 用 さ れ る 。 第 三 に、 国 際 マー ケ テ ィ ング に お け る
コ ン ピ ュ ー タ ー に よ っ て 企 業 と コ ミ ュ ニケ ー ト す る た め
コ ン ピ ュー タ ー は 今 世紀 人 間 生 活 に 深 く 浸 透 し て いる
標 準 化 の達 成 の た め に 利 用 さ れ る 。 国 際 マー ケ テ ィ ン グ
フ ェイ ス 国 際 マ ー ケ テ ィ ング ・ア プ ロ ー チ
発 明 の 一つ と な った 。 コ ン ピ ュ ー タ ー は 人 々 の 生 活 の 方
82
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ムNα8
の 標 準 化 は 、 コ ン ピ ュー タ ー の 使 用 に よ っ て 多 く の 標 準
化 さ れ た 国 際 取 引 や 流 通 な ど が 行 わ れ る こ と を 可 能 にす
る 。 第 四 に 、 ハー ド と ソ フ ト の そ れ ぞ れ の 企 業 に よ っ て
ア プ リ ケ ー シ ョ ン の 手 段 で あ る ㈹。 し か し な が ら そ れ ら
は、 製 品 価 格 の チ ェ ック 、 製 品 の 入手 、 注 文 先 、 確 実 な
配 送、 輸 送 の調 整 、 売 上 や 品 揃 え の情 報 管 理 に よ って 消
れ や間 違 い を 減 少 さ せ、 商 品 者 を サ プ ラ イ ヤ ー に近 づ け
費 者 の 役 に 立 って き た 。 こ れ ら の シ ス テ ム は 、 注 文 の 遅
て は 、 標 準 化 装 置 に な っ た と い わ れ る 、 マイ ク ロ ソ フ ト
る 。 こ れ ら の シ ス テ ム の 特 長 は 、 ネ ッ ト ワ ー ク ド ・ビ ジ
達 成 さ れ た コ ンパ ー テ ィ ビ リ テ ィ ー で あ る 。 こ の例 と し
・ウ イ ン ド ー ズ で 利 用 で き る ソ フ ト ウ エ ア ー が あ げ ら れ
ネ ス ・オ ブ ジ ェ ク ツ
タ ー ネ ッ ト は 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ
マー ケ テ ィ ン グ 研 究 の た め に も 良 い 環 境 を 与 え た 。 イ ン
と に は 議 論 の 余 地 が な い。 ま た イ ン タ ー ネ ッ ト は 、 国 際
イ ン フ ォ メ ー シ ョ ン ・シ ス テ ム の 能 力 を 非 常 に 高 め た こ
シ ョン や 広 告 、 そ し てデ ザ イ ン、 国 際 マー ケ テ ィ ング 、
イ ン タ ー ネ ット が 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・コ ミ ュ ニケ ー
る。
く のサ プ ラ イ ヤ ー と 他 の 顧 客 に 同 時 に結 び つけ ら れ て い
あ る ㈲。 こ れ ら の シ ス テ ム に お い て 、 企 業 と 消 費 者 は 多
(N B O s ) に 基 づ く ア イ デ ィ ア で
る 。 第 五 に 、 イ ン タ ー ネ ット に 見 ら れ る 国 際 ネ ット ワ ー
ク の 出 現 で あ る 。 こ の 利 用 に よ り 、 顧 客 と 企 業 の コ こ、ユ
(コ ン ピ ュ ー タ i ) イ ン タ ー フ ェ イ ス ・シ
ニケ ー シ ョ ン は 飛 躍 的 に 増 大 し た 。 そ の 他 に 、 ヒ ュー マ
ン .マ シ ー ン
ンバ イ オ シ ス 国 際 マー ケ テ ィ ング で は 、 コ ン ピ ュー タ ー
の導 入 に よ り あ ら ゆ る 面 で 効 率 性 が 高 め ら れ た 。
ヒ ュー マ ン ・ マ シ ー ン 国 際 マー ケ テ ィ ン グ シ ス テ ム の
(U R L ) の よ う な イ ン タ ー ネ ッ ト や 同 様 の シ ス テ ム
実 際 の 例 と い え ば 、 ユ ニ フ ォ ー ム ・リ ソ ー ス ・ ロ ケ ー タ
ー
が 思 い出 さ れ る 。 こ れ ら の シ ス テ ム の導 入 に よ って、 国
ナ シ ョナ ル . マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ス テ ム は 、 ビ ジ ネ ス 上
が 行 わ れ て い る 。 こ れ ら シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク ・イ ン タ ー
は 、 いま な お 発 展 途 上 で あ る 。 他 の多 く の シ ス テ ム と 同
いる が、 イ ン タ ー ネ ット に よ る 国 際 マー ケ テ ィ ング 取 引
プ ロー チ に 関 し て こ れ ま で に 述 べ た よ う な 特 徴 を 持 っ て
に 対 す る ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・イ ン タ ー フ ェ イ ス ・ ア
の 国 際 取 引 で 重 要 で あ った し 、 ま た 今 後 も 重 要 で あ り 続
じ よ う に、 現 在 の段 階 で は シ ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー
際 マー ケ テ ィ ング の 小売 や 流 通 のネ ット ワ ー ク の 再 構 築
け る 。 そ れ ら は 、 企 業 を 顧 客 や サ プ ラ イ ヤ ー と 結 び つけ
ケ テ ィ ン グ の ツ ー ル と し て の イ ン タ ー ネ ット は 、 多 く の
問 題 を 抱 え て い る 。 イ ン タ ー ネ ット に よ る 国 際 マ ー ケ テ
る 主 要 な 要 因 で あ る 。 ま た そ れ ら は 、 シ ェ ア ー ド ・オ ー
ダ ー ・ マ ネ ー ジ メ ン ト 、 予 測 、 カ ス タ マ ー ・サ ー ビ ス ・
83
シ ン ・・イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
イ ング の直 面 す る 幾 つ か の間 題 は、 維 持 管 理 費 、 セ キ ュ
リ テ ィ ー な ど に 関 し て で あ る 。 イ ン タ ー ネ ット に よ る 国
際 マー ケ テ ィ ン グ 取 引 を 行 う こ と に よ っ て 、 製 品 配 送 の
期 間 の 問 題 や あ る い は 国 際 マー ケ テ ィ ン グ そ れ 自 体 か ら
生 じ る 問 題 な ど が 起 こ る 。 イ ン フ ラ の問 題 も ま た イ ンタ
ー ネ ット を 使 っ た 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ に 関 し て 生 じ て く
る。
し か し な が ら 、 国 際 マー ケ テ ィ ング の観 点 か ら 、 イ ン
タ ー ネ ット に よ る 国 際 取 引 に お い て 解 決 の 難 し い 問 題 の
一 つ は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ング と 国 内 マー ケ テ ィ ン ク の 差
異 であ る。 国 際 マー ケ テ ィ ング と 国 内 マー ケ テ ィ ング の
基 本 的 な違 いは 、 国 際 マ! ケ テ ィ ン グ で は 二 つ 以 上 の 国
が 対 象 と さ れ て い る と い う こ と で あ る ㈲。 し た が て 、 国
C I F ) で あ る 幽。
一九 九 四 年 に ナ シ ョ ナ ル ・イ ン ス テ ィ テ ユ ー ト
・オ ブ
・ス タ ン ダ ー ド ・ ア ン ド ・テ ク ノ ロ ジ i (N I S T )が 、
商 取 引 の情 報 の統 合 や ア プ リ ケ ー シ ョ ン の 研 究 開 発 の た
め EC IF を 設 立し た。 こ のシ ステ ムは 四つの 目標を 持
(E C ) の 改 善 で あ る 。 こ の 目 標 は 、 政 府 か ら の 承 認
っ て い る 。 ㈲ 第 一の 目 標 は 、 産 業 界 や 政 府 に よ る 電 子 取
引
を 必要 とす る 製 品 の ス ピ ー ド を 早 く す る 手 段 と し て 重 要
で あ る 。 さ ら に こ れ に よ って、 特 定 の製 品 に 関 す る 政 府
(例 え ば 、
の 規 制 や 政 策 が 容 易 に フ ォ ロー で き る。 ㈲ 第 二 の 目 標
は 、 E C イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ ー ・サ ー ビ ス
デ ー タ ・マ ネ ー ジ メ ン ト 、 コ 、
こ ユ ニケ ! シ ョ ン 、 セ キ ュ
リ テ ィ ! な ど )の 相 互 関 連 性 を 促 進 す る こ と で あ る 。様 々
な産 業 や企業 グ ループ が効 率 的 なE Cを持 って いるが、
こ れ ら の シ ス テ ム を 統 合 す る こ と は 容 易 で は な い。 N I
際 マー ケ テ ィ ン グ 分 析 の マー ケ ッ ト ・ユ ニ ッ ト と 主 題 は
国 で あ る 。 こ の こ と は 、 国 の 社 会 政 治 的 主 権 の問 題 は 国
S T コ ン ピ ュ ー タ ! ・ラ ボ ラ ト リ ー
の ネ ッ ト ワ ー ク ・ア プ リ ケ ー シ ョ ン を 統 合 す る こ と に よ
(C S L ) は 、 既 存
際 マー ケ テ ィ ン グ で 最 も 重 要 で あ る と いう こ と を 暗 示 し
て い る 。 ど の よ う な ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・シ ン バ イ オ
テ ィ ング に対 す る 政 府 の暗 示 的 で あ れ 明 示 的 であ れ 統 合
慮 し て 行 う べ き で あ る 。 シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マー ケ
化 し た り 統 合 的 な 政 策 を 策 定 す る と いう よ う な こ と を 考
に な る 。 ㈲ 第 三 の目 標 は 、 E C の使 用 を 妨 げ る 障 害 を 取
的 な フ ァ シ リ テ ィ ー や サ ブ シ ス テ ム を 加 え る こ と が容 易
る産 業 界 の参 加 が 可 能 に成 る 。 これ に し た が え ば 、 追 加
の こ と に よ り 、 異 な る ハー ド や ソ フ ト を 使 用 す る あ ら ゆ
って そ れ ら の間 の バ リ ア を 解 決 さ せ よ う と し て いる 。 こ
シ ス テ ム を 可 能 にす る も の の 一つは 、 エ レ ク ト ロ ニ ック
り 除 く こ と で あ る 。 こ の こ と は 国 際 マー ケ テ ィ ング に と
テ ィ ック 国 際 マ! ケ テ ィ ング も 、 政 府 が 規 制 し た り 標 準
(E
・ コ マ ー ス ・イ ン テ グ レ ー シ ョ ン ・フ ァ シ リ テ ィ i
84
国 際 経 営 フ オ ー ラ ムNα8
)
」・売 コ ンピュー ター ・ス トア
◇
E C I F の 研 究 開 発 や E C アプ リ ケ ー シ ョ ン、 そ し て
イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャー のサ ー ビ ス は 、 電 子 取 引 を 他 の
有 力 な シ ス テ ム よ り も 効 果 的 にす る た め に は 重 要 で あ
一一→
*保 健
し
*医 務 室
ー ドウ エ ア ・パ ー ツ ・サ ブ ライヤ ー
*ハ
、
、
、
、
、
、
、
、
、
∼_ノ
\\
、
\
/y
*プ ロ ダ クト・ス ペ シフ ィケ ー ション
i
出 所:J.R.Vacca,P.46カ
っ て 重 要 で あ る 。 と いう の は 、 産 業 障 壁 と 共 に 国 際 障 壁
情 報 レボ ジ トリー
る 。 さ ら にE C と の関 連 で、 ユー ザ ー を 助 け る コ ンサ ル
*病 院
は 国 際 的 な E C を 導 入す る こ と を 妨 げ る か ら であ る。 の
(
第 四 の 目 標 は 、 E C を 行 う た め に 必要 な 技 術 の開 発 援 助
電 子カタログ
で あ る 。 シ ス テ ム が 類 似 し て い れ ば いる ほど 、 ビ ジ ネ ス
医薬 品の場合
タ ン ト ・サ ー ビ ス は 、 他 の 有 力 な シ ス テ ム よ り も E C I
、
、
\
リニ
*ク
\
.._/へ
も 行 いやす い。
も
85
エ レク トロニ ッ ク ・コマ ー ス ・イ ンテ グ レ ー シ ョン ・フ ァ カ ル テ ィー
図2
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
F を よ り 効 果 的 な シ ステ ム と し た 理 由 で あ る 。 例 え ば E
C のオ ペ レ ー シ ョ ンは 、 医 薬 品 に お い て は 左 の 図 のよ う
に 示 さ れ る 。 こ の E C の 形態 は 、 医 薬 品 のよ う な 製 品 の
国 際 マー ケ テ ィ ング が 政 府 や そ の 他 の 組 織 を 含 ん で い る
と いう こ と か ら 重 要 で あ る 。 こ のよ う な シ ス テ ム は 、 国
際 マー ケ テ ィ ン グ 取 引 を 迅 速 な も の と す る で あ ろ う 。
三 、 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ップ 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ .
アプ ロ ー チ
企 業 が 国 際 マー ケ テ ィ ン グ を 行 う 際 の リ ス ク を 軽 減 さ せ
る 。 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ ス は ま た 、 企 業
が グ ロ ー バ ル ・マ ー ケ テ ィ ン グ ・カ バ ー リ ッ ジ を 行 う た
め の手 段 で も あ る。 近 年 こ の状 況 は いわ ゆ る マ ルチ メ デ
ィ ア産 業 に お いて 見 出 せ る。 こ の新 し い分 野 は、 電 話 会
社 、 コ ン ピ ュー タ ー 会 社 、 映 画 会 社 、 放 送 局 な ど を 巻 き
込 ん で いる 。 日 本 で は 鉄 鋼 業 が 半 導 体 市 場 に 参 入 し て い
る こ と が そ の 例 と し て 挙 げ ら れ る。
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の 出 現 を 導 い
て き た 第 二 の 環 境 要 因 と組 織 要 因 は 、 企 業 が 新 し い技 術
を 見 つけ 続 け な け れ ば な ら な い と い う こ と で あ る 。 新 し
シ
ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ ング の出 現 は 、 企 業 の
いテ ク ノ ロジ ー は 、 企 業 が こ れ ま で 活 動 し て き た 活 動 に
ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ ・ア プ ロ ー チ か ら の
外 的 そ し て内 的 要 素 の 両 者 と関 連 す る 組 織 的 そ し て 環 境
因 の 一つ で あ る 。 新 し い製 品 の た め の 新 し い市 場 開 発
優 位 に 立 つ と いう 目 的 は 、 広 範 囲 の 戦 略 提 携 の 重 要 な 要
上 優 位 に 立 つ こ と が 企 業 によ って 試 み ら れ る 。 競 争 上 の
属 す る 企 業 は 、 個 々 の 国 際 マ ー ケ テ ィ ング 活 動 で 全 く 異
お いて は、 間 接 的 に も 競 争 す る こ と の な い異 な る 産 業 に
る こ と に あ る シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に
の 二ー ズ に 合 わ せ る た め の共 通 のテ ク ノ ロジ ー を 開 発 す
限 ら れ な い。戦 略 の 提 携 は 、同 じ 産 業 に 属 す る 企 業 が 個 々
や、 既 存 の製 品 の拡 販 な ど の環 境 要 因 は 多 く の企 業 の中
な る 形 で 使 用 で き る 共 通 の ベ ー シ ッ ク .テ ク ノ ロ ジ ー を
的 要 因 の 結 果 で あ る 。 ま ず 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ング で 競 争
心的 な 能 力 を 越 え た 領 域 を 多 様 化 す る 。 国 際 マー ケ テ ィ
開 発 す る 。 特 に、 国 際 製 品 開 発 活 動 に お いて は、 異 な る
産 業 に 属 す る企 業 が異 な る 産 業 で 使 用 で き る 共 通 パ ー ツ
ン グ の ま った く 新 し い 分 野 の 多 様 化 か ら 生 じ る 製 品 を マ
ー ケ ッ ト 化 す る た め に 、 企 業 は 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ .シ
パ ー ト ナ ー シ ップ を 通 し て の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際
を 開 発 し て い る こ と が 見 出 せ る ㈹。
ィ ン グ 活 動 を 行 う た め の 国 際 マ ー ケ テ ィ ン ク ・リ ソ ー ス
マー ケ テ ィ ン グ は 特 定 の 市 場 を 撤 退 し よ う と し て い る 企
ン バ イ オ シ ス に 取 り 組 む 。 こ の よ う な 関 係 性 、 マー ケ テ
の 欠 如 を 埋 め 合 わ せ す る 。 別 の 要 因 も 経 験 の な い領 域 で
8fi
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1・
業 の な か で 見 出 せ る 働。 こ の よ う な ケ ー ス で は 、 企 業 に
は 、 ジ ョ イ ン ト ・カ ン パ ニ ー を 設 立 す る こ と が 含 ま れ て
いる 。 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ング は 、 新 し
い会 社を育 てるた め に行わ れる。 会 社 が 根を 張り 始 め る
と シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ を 最 終 目 的 と
す る 独 自 の 国 際 マー ケ テ ィ ング 活 動 を 組 織 す る。 そ こ
で、 そ れ ま で の 領 域 か ら 企 業 は 撤 退 す る 。 こ の 例 とし て
は 、 フ ィ リ ッ プ ス 、 ハネ ウ ェ ル 、 I B M 、 フ ォ ー ド 、 ド
レ ッサ ー が あ げ ら れ る 。
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に 対 す る 他 の
二 つ の ア プ ロ ー チ と は 異 な っ て 、 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー
シ ッ プ に よ る シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ の
多 く の 例 が 見 出 せ る 。 最 も 共 通 の ア プ ロー チ の 一 つ は 、
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ング のパ ブ リ ッ ク ・
ポ リ シ ー と プ ラ イ ベ ー ト ・ポ リ シ ー と の パ ー ト ナ ー シ ッ
プ で あ る 。 窯圃
oげo=。。な ど は 、 特 定 の 例 を 引 用 し て り や 一
般 化 を 含 む シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ング 戦 略
を 効 果 的 に す る 十 二 の 戦 略 を あ げ て い る ㈲。 し か し な が
ら 、 シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マー ケ テ ィ ング の例 を よ り
多 く 見 る こ と の で き る最 も 顕 著 な ビ ジ ネ ス の 一つは 、 マ
ル チ メ デ ィ ア で あ る 。 ζ 舘 甑コ く否 コ Oユ {
津 ず と しdΦヨ 黛
。﹃血
円 飴覧 oHの 最 近 の 研 究 は 、 こ の 状 況 に 光 を 当 て て い る ㈲。
マ ル チ メ デ ィ ア は 双 方 向 の デ ジ タ ル ・メ デ ィ ア と し て
定 義 さ れ る 。 具 体 的 に は そ れ は 、 ﹁消 費 者 の 好 み に 応 じ
て選 択 でき る 映 画 、 静 止 画 、 グ ラ フ ィ ク ス、 テ ク スト 、
ヴ ォ イ ス 、 音 楽 な ど の マ ル チ プ ル ・メ デ ィ ア を コ ン ピ ュ
ー タ ー や テ レ ビ で 同 時 に表 示 で き る こ と﹂ を 意 味 し て い
る ㈲。 マ ル チ メ デ ィ ア は 、 ホ ー ム ・シ ョ ッ ピ ン グ 、 ビ デ
一九 九 八
オ フ ォ ン 、 映 画 、 音 楽 、 教 育 、 コ ン ピ ュ ー タ i ・ゲ ー ム
な ど に 消 費 者 が ア ク セ スす る の を 可 能 にす る。
年 ま で に マル チ メデ ィ ア の イ ン フ ラ スト ラ ク チ ャー を 作
る た め の 投 資 額 は 、 三 千 億 ド ル で あ る ⑱。 ま ず 、 新 し い
ア プ ロー チ の 必要 性 とし て、 シ ン バ イ オ シ ス は こ れ ら の
産 業 で見 ら れ る 競 争 に よ って 促 進 さ れ てき た 。 第 二 に、
投 資 の 要 件 は 、 マ ル チ メ デ ィ ア の 領 域 で の 国 際 マー ケ テ
ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ ス を 必 要 と し て い る 。 こ の シ ン バ
イ オ テ ィ ッ ク ・リ レ ー シ ョ ン シ ッ プ は 次 の よ う な プ レ ー
流 通 チ ャ ン ネ ル と デ ィ リ バ リ ー ・フ ォ ー マ ッ ト : 基
のプ ロデ ュー サ ー や 制 作 者 で あ る。
デ オ ・プ ロ グ ラ ム 、 コ ン ピ ュ ー タ ー ・ゲ ー ム 、 情 報
コ ン テ ン ト ・プ レ ー ヤ i : 映 画 、 音 楽 、 テ レ ビ 、 ビ
ヤ ー か ら 構 成 さ れ て いる 。
㈲
㈲
本 的 に 映 画 、 テ レ ビ 、 ラ ジ オ 、 コ ン ピ ュ ー タ i ・ゲ
ー ム 、 オ ン ラ イ ン ・サ ー ビ ス の 形 態 で 存 在 す る 。
国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ ス の 二 つ の 主 な デ
ィ メ ン シ ョ ン は、 次 の よ う に指 摘 で き る。 最 初 のデ ィ メ
87
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
図3
ハ リ ウ ッ ド ・ス タ ジ オ の オ ー ナ ー
ス タ ジオ
オ ー ナ ー
デ ィズニ ー
ウ ォ ー ル
ト ・デ ィ ズ ニ ー
パ ラマ ウ ン ト
ヴ ァイ ア コム
コ ロ ン ビ ア ・トラ イス タ ー
ソ ニ ー
ワ ー ナ ー ・ブ ラ ザ ー ズ
タ イ ム ・ワ ー ナ ー
ユ ニバ ー サル
シー グ ラム
20世 紀 フ ォ ッ ク ス
ニ ュー ズ コー プ
ミ ュ ー ジ ッ ク ・ビ ジ ネ ス の オ ー ナ ー
会
社
オ ー ナ ー
ワ ー ナ ー ・ブ ラ ザ ー ズ
タ イ ム ・ワ ー ナ ー
ソニ ー(以
ソ ニ ー
前 のCBS)
ポ リグ ラム
フ ィ リ ップ ス75%、NYSE25%
BMG
バ ー テ ル ズ マ ンAG
MCA
シー グ ラム
EMI
ソ ー ンEMI
米 国 テ レ ビ ・ネ ッ トワ ー ク の オ ー ナ ー
オー ナ ー
ネ ッ トワ ー ク
ABC
ウ ォ ー ル ト ・デ ィ ズ ニ ー
CBS
ウ ェス テ ィン グハ ウ ス
NBC
GE
Fox
ニ ュー ズ コー プ
出 所:GriffithTaylorpp.645-646
88
ン シ ョ ンは 、 コ ンテ ント と チ ャ ンネ ル の 両 方 を 支 配 す る
プ レ ー ヤ ー か ら 構 成 さ れ て いる 。 第 二 のデ ィ メ ン シ ョ ン
は エ ン タ ー テ ー メ ン ト に 長 期 的 に 観 点 か ら 関 心を 持 つ ノ
ン . エ ン タ ー テ ー メ ン ト ・コ ン グ ロ マ リ ット か ら 構 成 さ
れ て いる 。 あ る 例 で は 、 は じ め に シ ン バ イ オ テ ィ ック 国
際 マ ー ケ テ ィ ン グ と し て 始 め ら れ た 計 画 が 、買 収 、合 併 、
資 産 交 換 な ど に な る こ と も あ る 。 キ ー ・プ レ ー ヤ ー は 図
3 のよ う に な る。
テ レ コミ ュ ニケ ー シ ョン で は 、 戦 略 的 提 携 や シ ンバ イ
﹁メ デ ィ ア や マ ル チ メ デ ィ ア ・ビ ジ ネ ス で は 産 業 界 の
区 別 が 曖 昧 で あ る 。 メ デ ィ ア が 結 び つく と 消 費 者 は 消 費
者 や ビ ジ ネ ス の 両方 に 対 し て 新 し い使 用 法 や 二i ズ を 発
見 す る 。 我 々 の企 業 は こ の 分 野 で か な り の 能 力 が あ る
が 、 わ れ わ れ は 他 の 企 業 と の 協 力 が 時 と し て よ り 早 い利
益 の 道 で あ る と 信 じ て い る 。﹂ 働
現 在 、 エ ンタ ー テ ー メ ント や テ レ コ ミ ュ ニケ ー シ ョン
の間 や エ ン タ ー テ ー メ ント に お テ ィ ック 国 際 マー ケ テ ィ
ン グ は あ ま り 多 く な い。 主 な 例 と し て は 、 ]
≦ 霞 αooプ氏
現 在 の 政 府 の規 制 が 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ
の ニ ュ ー ズ コー プ 、 B T 、 M C I の 提 携 で あ る 。 し か し
ー ビ ス を 提 供 す る 4 つ の 主 な パ ワ ー ・ブ ロ ッ ク が あ る 。
ィ ング を 促 進 す る た め の 戦 略 的 提 携 や 合 併 の 形成 を 妨 げ
オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ の よ う な グ ロ ー バ ル ・サ
(日 本 の K D D 、 コ リ ア
㈲
㈲
㈲
(米 国 の ケ
ー ブ ル ・タ リ フ ・ レ ギ ュ レ ー シ ョ ン で 破 棄 さ れ た 。
イ ズ と の 四 五 〇 万 ド ル の提 携 は 同 じ 理 由
サ ウ ス ウ エ ス タ ン ・ベ ル と コ ッ ク ス ・エ ン タ ー プ ラ
っ て 行 わ れ な か った 。
の 提 携 は ケ ー ブ ル ・タ リ フ ・レ ギ ュ レ ー シ ョ ン に よ
二 〇 〇 万 ド ル の ベ ル ・ア ト ラ ン テ ィ ッ ク と T C L と
て い る が 、 E C は そ れ を 拒 否 し て いる 。
レ コム は 、 バ ー テ ル ズ マ ン と レオ と の 提 携 を 計 画 し
ス プ リ ン ト や フ ラ ン ス ・テ レ コ ム を 含 む ド イ ツ ・テ
グ は 次 の よ う な 政 府 規 制 の効 果 の結 果 と見 な さ れ る 。
A T & T と そ のパ ー ト ナ ー
㈲
(オ ラ ン ダ 、 ス イ ス 、 ス エ ー デ ン 、 ス ペ
て い る 。 潜 在 的 な シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン
イ ン ))
ド イ ツ
ム
(B T と ケ ー ブ ル & ワ イ ヤ レ ス は 合 併
ケー ブ ル& ワイ ヤ レスとそ の子会 社
を 計 画 し て い る)
B T とM C I
・テ レ コ ム 、 ス プ リ ン ト 、 フ ラ ン ス ・テ レ コ
ユ ニソ ー ス
.テ レ コ ム 、テ ル ス ト ラ 、シ ン ガ ポ ー ル ・テ レ コ ム 、
ー
切
㈲
ω
マ ルチ メデ ィ ア にお け る シ ン バ イ オ テ ィ ック 国 際 マー
ケ テ ィ ン グ の 必 要 性 は 、 フ ィ リ ッ プ ス の 会 長 で あ る ﹄蝉コ
↓凶
ヨ ヨ Φ﹁の 言 葉 を 引 用 す る こ と に よ り 要 約 で き る 。
89
・
国 際 経 営 フ ォー ラム
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
V
ら の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に な に も 触
れ て いな い こ と で あ る。
コ ン ピ ュー タ ー は 我 々 の 社 会 のあ ら ゆ る 側 面 で 浸 透 し
て い る 。 企 業 は 消 費 者 と 同 様 に コ ン ピ ュー タ ー な し で 過
ご す こ と は で き な い。 と り わ け シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際
マ ー ケ テ ィ ン グ の 観 点 か ら の ヒ ュ ー マ ン ・ マ シ ー ン ・イ
ン タ ー フ ェイ ス は 、 ま ず イ ン テ グ レ 1 ト さ れ た マ ー ケ テ
ィ ング の効 率 性 を 高 め る 手 段 と し て 重 要 で あ る 。 コ ン ピ
も こ の問 題 に対 し て真 剣 な見 解 を あ ま り 表 明 し て いな
域 で の 取 り 組 み は 目 立 つも の が あ ま り な い 。 同 様 に 企 業
様 々 な 取 り 組 み が 行 わ れ て い る が ㈹㈹働、 日 本 で は こ の 領
マ ー ケ テ ィ ン グ ・シ ン バ イ オ シ ス の 自 然 環 境 問 題 に は
い て特 別 の 注 意 が そ れ ぞ れ に 払 わ れ る 必 要 が あ る 。 国 際
て い る。 さ ら に そ れ は 、 コ ンピ ュー タ ー や 関 連 製 品 の開
ン ・ コ ン ピ ュ ー タ ー ・イ ン タ : フ ェ イ ス と の 調 和 を 求 め
ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ も ま た 、 ヒ ュ ー マ
ん で あ る が、 反 対 の効 果 も 絶 大 で あ る。 こ の点 か ら 、 シ
体 が コ ン ピ ュー タ ー の 発 達 に 影 響 を 与 え る こ と は も ち ろ
体 を 変 化 さ せ て い る 。 ビ ジ ネ ス や マ ー ケ テ ィ ング そ れ 自
際 機 関 は 、 日本 企 業 を シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ
ン バ イ オ シ ス に 対 す る ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ ・ア
訳 ︽oωΦ一概 念 で の 中 心 点 は 、 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ .シ
90
英 国 政 府 と ク ロ ス ・メ デ ィ ア ・オ ー ナ ー シ ッ プ の 規
制 に よ っ て 、 20 % 以 上 の シ ェ ア i 率 を 持 つ 新 聞 社 も
テ レ ビ 局 は 買 収 で き な い。
結論
(エ コ ロ
ュ ー タ ー と 人 間 の 間 に 正 し い イ ン タ ー フ ェイ ス が 作 り 出
さ れ る な ら ば 、 こ の こ と は 可 能 で あ る 。 第 二 に、 コ ン ピ
い。 こ れ と は 異 な っ て ヨ ー ロ ッ パ や 米 国 で は ほ と ん ど の
発 のた め の環 境 を 作 る た め の手 段 で も あ る 。 残 念 な こ と
ュー タ ー は 、 国 際 ビ ジ ネ ス と マー ケ テ ィ ン グ 環 境 そ れ 自
企業 が環 境 に対 し て広 告 など を通 し ても 取り 組 む姿 がう
に、 こ の 点 で も 重 要 な シ ンバ イ オ テ ィ ック 国 際 マー ケ テ
ィ ン グ で の環 境 問 題 へと 目 を 向 け さ せ て い る。 残 念 に
プ ロー チ で あ る よ う に 思 わ れ る。 こ れ を 強 調 す る こ と
ィ ン グ が 、 経 団 連 の 評団○ωΦ一で は 見 出 せ な い 。
も 、 経 団 連 の 評︽oωΦ一概 念 の 促 進 は エ コ ロ ジ ー の 観 点 か
よ う な 情 報 の 具 体 的 な 開 示 は な い。 各 国 政 府 の 規 制 や 国
か がえ る。 し かし な がら、 これら を客 観 的 に分析 でき る
領 域 は 、 相 互 関 連 性 は あ る が 、 国 際 マー ケ テ ィ ング に お
ス 、 ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ で あ る 。 こ れ ら 三 つ の
ジ ー )、 ヒ ュー マ ン ・コ ン ピ ュ ! タ i ・イ ン タ ー フ ェ イ
る 領 域 を カ バ ー し て い る 。 す な わ ち、 自 然 環 境
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ⋮ ケ テ ィ ン グ は 三 つ の 異 な
(d)
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1i
は 、 ﹁企 業 の 国 際 的 共 生 ﹂ が 経 団 連 の 唯 一の 関 心 だ か ら
で あ る と 思 わ れ る ㈹。 こ の 中 に は 価 値 の あ る コ メ ン ト も
あ る が、 日 米 そ し て 日欧 の貿 易 摩 擦 を 解 決 の た め の緊 急
提、
言。と い う 性 格 が う か が え る 。 ま た 脚団oωΦ一概 念 が 賞 賛
を受 けた のは、 日米関係 を 調整す る筋 道 が与 えら れ て い
た か ら で あ る 励鯛。 最 近 で は 聞 か れ な く な っ た 日 本 式 経
営 や組 織論 が⋮
織り 込 ま れ て いる こ と は 注 目 で き る 。 し か
し な が ら 、 注 意 さ れ な け れ ば な ら な い こ と は 、 日本 式 経
営 が 意 味 を 持 つ の は や は り 日本 の な か だ け で あ る と いう
こ と で あ る 。 と い う の も 、 ジ ャ ス ト ・イ ン ・タ イ ム 方 式
を 除 く と 、 年 功 序 列 制 や 終 身 雇 用 制 な ど は 国 際 マー ケ テ
ィ ン グ . マネ ー ジ メ ン ト で は 現 在 は 真 剣 に 議 論 さ れ て い
な い。
凶 冤oωΦ凶概 念 が 有 効 な マネ ー ジ メ ン ト ・シ ス テ ム と な
る の で あ れ ば 、 国 際 マー ケ テ ィ ング に お い て も 新 し い 日
本 式 経 営 法 を導 入 す る こ と に な る か も し れ な いが 、 現 段
階 で は そ う いう 特 質 は こ の概 念 に は 見 あ た ら な いよ う に
点 か ら の シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ; ケ テ ィ ング への対
応 も 遅 いた め 、 世界 の 競 争 相 手 の企 業 か ら も 遅 れ を と っ
て い る 。 こ の 点 に 関 し て 、 一九 九 〇 年 代 の 米 国 通 商 代 表
部 の 腎p。 霜 o罵に よ れ ば 、 ﹁評蜜oωΦ圃は 日 本 企 業 が そ の 障 害
を 取 り 除 く た め の 典 型 的 な 方 法 で あ る が 、 も し 閑 嘱oωΦ一
が 日本 企 業 の競 争 力 を 減 少 さ せ る こ と を 意 味 す る な ら 、
そ れ は 価 値 を 持 っ て い な い。﹂ 岡他 方 、 国 際 競 争 力 と い
う 観 点 か ら 日 本 企 業 の 経 営 に と って 、 国 際 マー ケ テ ィ ン
グ .シ ン バ イ オ シ ス や 叶︽oωΦ㎞は 有 用 で な い と す る N I
R A の コ メ ント も 現 実 的 で は な い。 N I R A は 、 戦 略 的
提 携 と シ ン バ イ オ シ ス を 混 同 し て いる よ う に思 わ れ る。
直 接 競 争 関 係 に あ る 企 業 が 関 係 を 持 と う とす る場 合 、 戦
略 的 提 携 を 採 用 す る べ き で あ る 。 国 際 マー ケ テ ィ ン グ ・
シ ン バ イ オ シ ス は 戦 略 的 提 携 の 代 替 と は な ら な い。
さ ら に、 シ ン バ イ オ シ ス 国 際 マー ケ テ ィ ング を 採 用 し
て い る の は 日 本 企 業 だ け で は な い。 環 境 要 因 や 組 織 要 因
は 戦 略 的 提 携 を 放 棄 し て いな い多 く の国 の企 業 に と って
要 因 は シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ング の 三 つの
も 共 通 で あ る か ら で あ る 。 し た が って 、 環 境 要 因 や組 織
オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ に 対 す る ビ ジ ネ ス ・パ ー
形 態 を 戦 略 的 に採 用 す べ き こ と を 暗 示 し て いる。 し か し
思 わ れ る 。 さ ら に、 こ の 論 文 で 取 り 上 げ てき た シ ン バ イ
ト ナ ー シ ッ プ ・ア プ ロー チ は 深 い根 を 持 っ て い る が 、 国
シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マー ケ テ ィ ン グ は 国 際 マ ー ケ テ
環 境 要 因 や 組 織 要 因 は産 業 や 国 によ って異 な る 。 だ が、
る こ と は 容 易 で は な い。 ま た 日 本 企 業 一般 に 、 特 に 日 本
ィ ング を 行 う あ ら ゆ る 国 に関 係 す る も ので あ る。最 後
際 マ ー ケ テ ィ ン グ に お け る 犀団o。。Φ圃概 念 の 将 来 を 予 見 す
の サ ー ビ ス 産 業 は ビ ジ ネ ス ・パ ー ト ナ ー シ ッ プ と い う 観
91
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
に 、 シ ン バ イ オ テ ィ ッ ク 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ は 一般 的 に
消 費 者 の 観 点 を 含 む も の で あ る が 、 評︽oωΦ凶概 念 は 社 会
と い う 以 外 に 消 費 者 の観 点 を ほ と ん ど 持 っ て い な い。 社
会 マー ケ テ ィ ング は 、 消 費 者 の視 点 を 持 つイ ンテ グ レー
ア サ モ ア/ 経 営 学 部 助 教 授 )
ト さ れ た 国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ と 同 じ で は な い。
(テ ィ オ フ ィ ラ ス
黛 さ
簿筆
・
.
" 餌冨 口、
、< 餌蚕 匹費 ⇔冨 P ℃ 俸 幻 鉱 曽 黛。叶鵠餌ヨ ∪ ・、
.
ω︽ヨ ,
甑 o鼠o ]
≦ o葺 卑 ぎ α
q 閑Φ<繭
ω津Φ匹、
.腎 ミ§ ミ
§ 西 < oぴ ρ Z oト ﹄帥鵠﹂ ㊤○。ρ や 刈
し
ロ黛鴇ミ 鯵
Z ρ 一押
Z o<・
ぎ ω鼻 葺 ① {o﹃ 幻甲
く oま ρ
ピo﹃ぎ P }.﹀ ≡ 餌コ8 ω∴ .
O oぎ ひq g oぴ効= ≦ mαΦ Qっ一
ヨー
℃℃.HN①-一ω刈
見 ①.
、 6§ 黛ミ §
一㊤㊤ρ
(
Z讐 一
8 巴
﹀ 匹︿m⇒OΦヨ Φ艮 ⋮ Z 一閑﹀ ) ﹁企 業 の 国 際 的 共
総合 研究 開 発機構
ωΦ缶﹁Oゴ
生 ﹂ 研 究 報 告 書 Z obωOOωN平 成 六 年 一月 三 十 一日 。
N IR A は 官 民 に よ る 研 究 機 関 で あ る。 N I RA
は 、 一九 七 四 年 に 制 定 さ れ た 総 合 研 究 開 発 機 構 法 に
基 づ い て 日 本 政 府 の 財 政 支 援 を 受 け て い る 。 評団oω①一
と呼 ば れ る 日本 式 経 営 の シ ンバ イ オ シ ス 概 念 への レ
フ ァ ラ ン ス は 以 下 にも 掲 載 さ れ る が、 N I R A の レ
(4}
(5)
(s)
い
し
口婁 ㍗
無塁 b U 聾く乙
92
ポ ー ト は 、 日 本 式 経 営 の評団oωΦ一を 検 討 す る こ と に
ポ イ ント が 置 か れ て いる。 そ れ に は 主 に 二 つ の理 由
が あ る 。 ま ず は、 N I R A が 官 民 に よ る 研 究 機 関 で
あ る た め、 そ の 研究 対 象 は 官 民 の 相 互 の 利 益 を 反 映
へ
§
∪ ・ oP
共 生 革 命 ﹂ に っか
幻鉱 p。鑓 け
コ9・筥
、ミ 驚嚇
、魯ミ駄 建
< o= ♪ Z oζ \∪Φo﹂ ㊤①9 P ㎝㊤
、
.
ω︽ヨ σδ 口 o ]
≦ 9。碁 2 ヨ σqご §
な い 占川て あ る
﹀ 巳 Φび じ
蕊鳴鴇 肉 ミ 蹄ミ
ω耳 ①Φ叶 ℃ . ︾ ミ ミミ ぴ 壽
卿 OげOユ ①ρ ピOコαOP 一¢刈㎝
.
菊 餌智 づ、
、< 禽
。鎚 鳥p
。冨 冨 P 勺 卿
oF O袖
4頁
﹁21 世 紀 日 本 の 選 択
総 合 研 究 開 発 機 構 O戸 O凶
け P一俸 駆
合 田周平
ん 書 房 一九 九 二 年
守達・
総 合 研 究 開 発 機 構 o戸 o搾 ℃﹂ 律 膳
ぎ 己 ・℃﹄ 卿 ㎝
oO■o罫 ℃・
8 。。 節 一漣
b℃.
¢画δω
﹁"日 本 型 経 営 " が 危 な い ﹂ 文 芸 春 秋
総 合 研究 開 発機構
一九 九 二 年 二 月
盛 田昭 夫
遷 黛ミ
れ ら は 、 国 際 マー ケ テ ィ ング 研 究 に 関 し て 見 落 と せ
う 概 念 か ら 日 本 企 業 や 米 国 企 業 を 分 析 し て いる。 こ
す る も の で あ る 。 第 二 に 、 N I R A は 冒︽oωΦ一と い
(8) (7)
(12)(11)(10)(9)
X13)
注
(1}
(2)
(3)
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ムNα8
.
.ヨ
即 ①ωる
∪ .8 卿。搾
国8 ﹂
讐 コ§
ζ 霞 箒 鉱踏ぴ
q.
ぎ
爵
⑦ミ 、
國
ミ §
"6 8 も 巳 ωωo
Φα・
議亮
陣 寄 寅
き 庸§ ミ §
駄 。a
嵩 じ⇔ .
↓ ぎ 邑 = 俸 ω.
↓ 喚O餌く島 ひq出 巴 ω.
る a
≦ 霧
.
じG㌦.
露 。ヨ 銘 。量
・.
.< 母 巴 m査 鋤馬
︾ 色 Φ﹁}い 。b
喚鼻 も .
①O
、
.
寄 冨
O ・。。
欝
亀
↓ ぎ ﹁Φ=三
一&
韓
℃霞 σq鎚ヨ 8
環 境 主 義 マー ケ テ ィ ン グ 研 究 会 編 代 表 三 上 富 三 郎・
﹁環 境 主 義 マー ケ テ ィ ン グ
﹂ 日 本 能 率 協 会 マネ ジ メ
ωぎ ≦ .
、ミ
8 ①も 墓 。
。宝
ぴqぎ σ
q、
ω 2睾
界
じd.
く 。囲
≦ ω`
沁傘
、
.
﹀ ∪ 。≦ 黒 。自 費 窪
< 。5 N 2 。.
一 ﹄き
U 9 感 ︽ 卑 夢 Φ 卜。㊤9 ↓ 。暉
建 魯
M﹄・即
§
。暁 ヨ ωω9
。募
・8 ,簿 .b巳 G。出
ン ト セ ン タ ー 一九 九 二
αq臣 σq募
↓ げ。邑 芦 = ﹄
.
、
霞
ご 。 ζ 。§
俸 孚 8 鼠 Φ匡
6 ゆト。も 噂≒ 歯 O
Ω Φ﹃二Φき ≧
。 Ω Φき
。.
卜。扇 Φミ 寓 餌こ
軍 & g ま コ、
、 憲 ら§ ミ §
﹀ 箸 ﹁8 。ぼ
< 。ξ ㊤ン
℃弩 惹
芝 訂 δ
ミ ミ § 偽守 鷺 ミ § 鑓
国. .
.
↓ ﹁き ω8 再
ぎ ト。08 .
.ミ 斜ミ ミ
峠戸 ○
ミ§
ヨ
。。喜
・俸
ρ Φ自。ミ 昏 砺§ § 壽
ω" 穿 o互 § α
q 躍 ¢ヨ き
誉 ミ§ ミ 9 e 帖ミ §
窪
凶 。錺 葵 噛 ∪・ じd
αρ Z 。ヒ る ∩け﹂ 8 αも o
■挙 。
。①
芦
︽ヨ 玄 & 。 ω簗
ω。討 σ貫
.
φ
梓三 q .
、窪 ミ 薦§
9 巷 ρ 閃﹄
9 ﹃
函
罎
<鼻 。
。企 Z p b。﹂ 巳 昆
Ooヨ ①ω 8
.︿ ..
、
芝 冨 三 竃
O﹄ ¢¢αも o
.
卜。b。憲 逡
巴 ㌔
< 。= ρ
﹀邑
透
⑦、
ミ ー
艮、
"ミ
∪﹄ 娼
・
ー
コ。
。ヨ
。。Φ
oけ
も ℃.
$
題
℃∪ Φ。] §
影 冨憂
2 ρ富
俸
ー
Z 。ド ρ
§ ミ §
↓ Φコ O 巳 9 ぎ Φ。。 8 ﹁ 夢 Φ 2 8 -
鳶 黛§ ミ
Φヨ 竃 き 鋤ゆ
q鶏 、
.§
らミ ミ
H㊤㊤軽も a ゆー
ミ
㍉ 憲 鳴 寒
霞 。§ 器 。訂 ω遺
§
ω旨 夷
ゆqげ 目 Φ。ぎ 9 。
ひ
q︽ ζ 四轟 ひ
qΦ幕
.
重
㊤。。9
ざ 罫
2。
.
卜。し
NΦ奮
< 。5
ミ§ ミ
ミ ミ
砂 魯 義
ー
﹄
く 。5
。9 、
ω 閃。﹁①碍 コ 。。<ヨ 玄 。ω画ω、
.§ ミ
z ρ ω"
ミ )
§ N
寄 幽
§§
薯 ﹂ 8 山 卜。O
・.
.
じd §
婁
︾ミ ト舅
き 、
. < p・﹁巴 碧 働喜
.
。。-㊤
9 ωΦ 眺霞
。。弓 o。﹁け ω藁 Φ墓 .
.寒
ω・¢ 俸 62 ﹁3 Φざ ﹄・国 .
、
↓冨
コ ∪ ①。邑 8
Gっ旨 β
ωΦ碧 。三
ぎ § N ミ 防§ § 鴇 く 。胃 ρ
ミ
b。♪ HΦ逡 も b
・
a O島 刈
e §
誉 ミ§ ミ
ζ 降
。﹁9
Hぽ α.
ぎ カ
い 。﹃ぎ p ﹄・8 .鼻 .
菊 Φω旨
も
ミ 融§ ミ ヒ
。ミ§
①㊤
.
、
量
簿
§国
§
一㊤㊤α・ 八 十 八 ペ ー ジ と 八 十 九 ペ ー ジ の 間 に 挿 入 し た
文章
93
⑫3)
⑫4)
(25)
(28)(27)(26)
⑫9)
(3a)
X15)(14)
(16)
(17)
X19)X18}
(201
⑫1)
(2②
シ ンバ イ オ テ ィ ッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
.
.
"鉱
O ・¢
鋤鵠、
.< 餌﹁山住鋤﹁自
o﹂蝉P ℃ 俸
閑 鉱 餌﹃蝉辞コ 偉貞B
d Z 一↓ 国 ]
9 > H閑 ﹂
[HZ 国 ω O℃謄O一e
O 囑O℃・O一け
.
.
=一
α
qゴ一凶ひqゴ冨 O{ ﹂
Z 一ωω山コ噂
ω U 圃ω℃一p
o賓:⋮ ⋮ ごOP O一け
しu 国 ツ州
N
肉 蕊鴬帖さ ミミ軸鮎謡ミ 、 肉 魯 O、、 一¢O①
○ Φ﹃= Φさ Z .卸 国ゴ﹃Φ⇒hΦ一
山一﹄.勾 .OP O圃幹
Hびこ .
︼
∪版〆一竃 ﹂
[国 殉
ωε 茸 α
q9。﹁け こ れ は こ の 論 文 が 書 か れ た 時 の 最 新 版 で
ミ袋-
あ る 。 他 の情 報 は 次 のイ ン タ ー ネ ット の ア ド レ ス て
6一け O毎
ω心
"\\≦ ≦ 芝 .
匹鉱 ヨ δ づ σΦコN.ooヨ
一
W国 ツHN OP
入 手 で き る 。寓 6
H)﹂
♪ 一ウ島 [ 国 国
︼
W・ 、
.
国 餌くΦ kd ¢﹁ d 即 [ 幻 Φ鋤匹覧 "
.さ
Hσ 一匹・OO.もQトの-ωω
閑 一〇げ pρ同αωO戸
誉 らミ ミ.
壽偽 砂 的紺 ミN
勲 く O一"一♪ Z O・
トの堵閃 Φげ・一㊤㊤①叩O 一恥
Hげこ ●
監 訳
(角 松 正 雄 、
﹁国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ 管
一8 ◎ ℃﹂
6 偉ρ叶ΦO同pゆ" ℃ 。閑 甲 奪 討 こ愈織、
ミ 謡轟、 ミ 匙、-
菊 8 ゴp。a
= Φωρ 旨 鵠 . 俸
瀞ミ § 塾
一、 竹 田 志 郎
U .マ ≦ 一コ導
江 夏 健
}・ 菊 ・ 、
甑
Z HQo↓
、、謡鳴遷 隷膏 誉 M
、 ミ 息 鳳、 ⑦、ミ ら、ミ篭 ミ晦
﹀貯 ミ 勲
]
Z Φ享 <O同評一コひq・ 国 一Φ︹q Oコ一
〇
理 ﹂ ミ ネ ル ヴ ァ 書 房 、 這 刈㊤■℃・
bO
< poOOP
〇 〇ヨ 日 Φ﹁OΦ 一コ甘Φα
q﹁◎臨 Oコ噂
. OOミNミNミ謡勘 匙職O謡
U .寒
く O一・
ωρ 7州O]﹁
ρ O Oげ 一㊤㊤9 0P ら㎝-μ刈
ピ Φ≦ 一〇〇 旨
(44)
㈹
(46)
⑦、
ミ 繕 母
一 ・山 下 達 哉
ミ 黛ミ飛 帖
ミ偽
℃ ﹃Φoりω・ (中 村 元
\<∼
賊
黛ミら鼻
監 訳
目 げΦ
閃﹁ΦΦ
﹁提 携 戦 略 ﹂
団×℃O﹃什 ζ 山﹁国①ニ コぴ
q"
︼
≦ ・俸 肉 Oω一〇≦♂ ω・.
.
﹀
一月 十 八 日
・事 業 戦 略 と し て の 戦 略 提 携
一九 九 三 )
全 社 戦 略
ダ イ ヤ モ ン ド 社
山 下 達 哉
日 本 商 業 学 ムA 一九 ・
九七 年
hO﹁ 国 諏 ①〇二 くΦ
Z 凶OげO一一ω ﹂・﹀ ・閃こ ピ団コーO OOぎ
﹁ ︻餌ヨ Φ♂くO﹁評
篭曼
轟越織
]リゴΦ 一餌3 餌一〇餌コ 勺蝉ニ コΦ﹁ωび一〇 〇{ ℃ 9げ一一〇 ℃ O=O蜜 餌昌自
ミ母 き
一〇ゆρ OOμ ¢望
目 餌K一〇﹁ 一
W■ =↓ げ① 閃 ロけ=﹃Φ 噛O﹁
く 〇一・
P
﹀﹁
昌 ﹀ ココ⊆餌一℃ ロσ一一〇餌江 ○置 O暁 辞ゴΦ ﹀ ゴPΦ﹁凶-
℃ユ <m辞Φ 国 PけΦ目℃﹁一ωΦ..誉 ミ鳩謡黛、 鳥\ 寒
ミ 黛碁 鳴融壽斡
卿
O餌コ 一
≦ 餌﹁評 Φニ ロσq > ωωOO一四江 O戸
卜Qさ
O ユ 諌 騨プ 竃 ・ <5
7向ロ一二 H口Φ亀凶餌曇みげΦ じu 餌叶け一Φ {O﹁ ぐくO﹁一α H)Oヨ 一コ餌コO軌 、
き 尉 Nミ黛、ご 嵩黛、 誉 ミNミ犠、 ミ ,
蕊結 鳴ミミミ斜 < O一■
N糟 一ωω¢Φ ρ O Oけ 一㊤①ρ
、 隷 壽器 噛
謡恥
⑦、
ミ繕 蹄 §
本 論 文 に 先 立 っ て 一九 九 五 年 に 調 査 を
卜 Oミ晦 謁 黛隷題
Ob・
①心ω①㎝ピ
行 っ た 。 こ こ で は 一九 九 二 年 か ら 一九 九 七 年 を カ バ
ー す る 予 定 で あ る。
一げ一島こ ℃ ,
①幽ω
⑦ら電 恥壽 ト)膏 僑縦 鰍
.
O O二口甑 コ鵬 静ゴ① 零 O﹁一q ω O鋤げ一① O Oコー
口ΦO江 O口ω︺
、﹀ ℃﹁凶一 一㊤¢q
勺げ圃団℃ω 2 ,
< .\F蕊ミミ窺、沁 § O、ひ ]
b ㊤軽
94
黛§亀
(48)(47)
(49)
X31)
(3fi)(35)(34)(33)X32}
(39)(3$)(37)
(41)㈹
(42)
(43)
国 際 経 営 フ ォ ー ラ ム1・
、
.
誤 Φ 幻。巴
お
ミ
即
ε
o 。<Φ﹁亭
< 。§
冒
Φ
春 罫
↓。
ひQΦ筈 興
。ωΦ∵
ωも .
①①
竃 島 酋 芝 。蒔
噂竈
ぎ 曾 ωξ
8
環 境 主 義 マー ケ テ ィ ン グ 研 究 会 編 代 表 三 上 富 三 郎 、
・
O℃
・o搾・
。畠
・
盛 田昭夫
ob'臨 け
8
合 田周 閉
鋤民
員 ﹄
.↓
総 合 研 究 開 発 機 構 o℃
、∩一
け
暴
o 。﹃暴
壽
5
≦ ω凶
。耽 .
. 奪 蒙
き
メ >9
§ §
お 日 一" 臣
.
国巷 。簿
9 霞
霧 器
Φ
< 。記 轟
総 合 研 究 開 発 機 構 oP o搾 P いN俸 心
冒 9 も ℃.
お 二 詑 節 富 。。
.
.
9
竃 。﹃討 、
。・ 霊 邑
﹄.○
き
窒 § 婁
ぎ
.
.
○お 婁 N豊 。邑
寓 器 心鴇﹀℃三 δ ゆト。も 三 蔭自
しd。Φ冨 斜 ≦
℃Φ毯 ①a <軌、 山 ミ 魯 謹
ωけ曇 Φ
ゆq胃 ぎ 南8 ミ § ミ ミ§ 、
ミ
じd圃
ぴqαqΦ二 鋒 Φ銑、 §
Φσ
qゆ
q言
二次 文 献
ω
)
@
屠 圃
。巴
言
.
、
ω毒 ぎ §
ぴΦ鋤貧 ω9
u >
智 袋ミ ミ <。奏 ♪ z ρρ 。っ8 け﹂ § も 9 お よ ω仙
臣 壽 aρ
霊 雪 ①﹃ω9
。噛 ζ 磐 鋤
ひq屠
o﹁αq器 N甲
き § § 恥 く 2 。。9
巽 Φa <8 ㊦ωω.
.寒 § §
6﹃霞 ぎ
巳 邑
㈲
⑲
、
.
ω旨
Z 。噸
ω噂竃 錯 \冒 器
○ ξ "。り・﹀
。 閑Φ巨
世界 と共生
く 。奏 ①
" 乞 ρρ
Φ
σq8 ζ き p・ひ
qΦ墓
§ ミ鍵
類二 き
8 。・三 ℃、
、寄 § ぎ ミ
.
b。。。ωω
お ㊤卜。も ℃
び竃
專
ωけ§
< 。憲 ωρ 霧 =⑦ 。
。扇 Φぴ
・H㊤﹄ ㊤ゆ①も .
¢ 俸 卜。o
、
⊆ 。蔓
峯
﹃
響
○こ Φ﹁、
.し
。§ ミ 紹
巨
2 Φ≦
患 簿
齢
℃﹁。αq轟 ヨ
§ 。、
醇
h。﹃ N冥
憩 §
﹁シ リ ー ズ 地 球 共 生 系 -
§ §
ξ
霧
ミ
ぎ
。∩9
§
§§
{
冨
<。§ ﹄ ωω億Φ ρ
莫
建 § §
ζ 億ω島
地球
智
21 世 紀 共 生 の パ ラ ダ ム ﹂
T B S ブ リ タ ニ カ 、 一九 九
﹁新 し い 日 奉 新 し い経 営
2 。<・
\∪ Φ。﹂ ¢りG
。も 9 ・δ
稲盛 和 夫
§ §
㊥ 。。℃m8
﹁新 世 界 秩 序
す る 視 座 を も と め て﹂
四年
石 田壽 郎
q 、
、 ≧
ω。。器 N ぎ
監修
σq﹂ ω﹂ $ oも ℃.
ω。
。と
忌 器 ωΦ > 8 Φ}
①§
同 文 間 、 一九 九 五 年
.
冒
o①昌
< 。= ωご
川 那部浩 哉
暴
ミ § 婁
σ§ ぎ o ﹁。≦ 9 " 冒 ℃
。。・①ωΦ 写
ぎ
σρ 一 .
.
ω善
共 生 系 と は 何 か ﹂ 平・
凡 社 、 一九 九 二年
ぎ
﹀。・ご .
.§
富 冨 器 。・Φ 年
ぎ
8 .
.き 霧
磐 \閃Φぴ﹂ ㊤㊤ωも o・
ω㏄逡
富 ℃ 鋤ω 壽 =、
.
・舅
。ωΦご
﹄§ 巴 Φ㊤卜
。も ℃・
ωO逡
.
、
昏
。芭
こ
> 2 Φω= 。﹃ 9 Φ×一
ω§
v剛ωω器
。ωΦ控
< 。§
.
、
昏
95
(4}
(5)
(7)
fig)
(10)
(11)
(12)
X54)X53)(52)X51) 'S4)
X56}(55)
(3}
シ ンバ イ オ テ ィッ ク国 際 マ ー ケ テ ィ ン グ
(13)
(14)
(15)
(Ib)
ロ宏
"四〇Φ﹃
♂ ω嬬Φ G
Q倉
↓ ①∩ゴコO一〇ひ
q︽、
、
﹂餌O簿コΦωΦ 芝 臣 冨
H口鳥仁ωけユ 巴
.
、
Z Φ≦
冒
﹁日 本 企 業 の 競 争 力
共 生 の時 代 を
肉 謡晦賊
ミ鳴偽篭 越晦 ﹀貯 ミ G
り < O一絢 ρ
O げ餌=σqΦω
一編 者
一九 九 二
h
≦ 餌﹁咋卑
(富 山 大 学
﹁日 本 企 業 の グ ロ ー バ ル 化 と 共 生
< O一・
①O}Hωω¢Φ
ど う 生 き る か ﹂ 東 洋 経 済 新 報 社、
映 図○ し
qミG
。§ 携 吻 ご §
一餌℃鋤コ.
Q。
一①
下平尾 勲
平 和 経
﹁共 生 戦 略 グ ロ ー バ ル 共 生 企 業 の
﹁共 生 と い う 名 の 独 立 ﹂ 平 和 経 済
自 ρ HO㊤9 ㎝も O﹄O南 ω
円 ¢﹁コΦ﹁鴇 O マ ピ. ]
≦ 律6げΦF
Qり. >r
9節
で 何 が で き る か ﹂ 八 朔 社 、 一九 九 五 年
﹁共 生 と 連 携 の 地 域 創 造
﹀ コα戦Φ≦ ︺ H
≦・
企業 は 地 域
帖qミ職噌鳴 穿 ら魁 貯ミら鴨 < O一.
一N Z O■
ρ 団
≦ 鋤け 一¢ゆ切}OP 一㎝-
勾簿℃巴 =ρ O .○ .
.
O¢巴 一
蔓 O{ 3 ① 閑色 餌二〇づω寓 ℃、
、穿 ,
済企 画会議 編
大 山真 人
マネ ジ メ ン ト 革 新 ﹂ N R I 野 村 総 合 研 究 所
野 村総 合 研 究所 編
経 済 部 ) < o一﹂ド Z o・
し。﹂≦ 9。﹁o戸 一㊤Φ③も ℃ひ象 -零 Φ
複 写 機 産 業 の事 例 研 究 ﹂ 富 大 経 済 論 集
岸 本 終寿 生
倉 ﹀も ユ 一
・H㊤ΦN ℃P 一QQ卜⊃O
国 OOコOヨ ︽、
.ざ
一
≦ 帯 oωぼ } H
≦. .
.
国 Φωロ ロOε ﹃冒 σ
q
水
﹀ ¢ぴ
q.悼幽■一ゆ㊤卜Q一℃℃・
Nω-トの轟
6 諒鳴ミ 母 黛、 飾
O 亘蔦 冒 Φω
ぴ ΦO評 o≦ Q。置 }謡 ・○
< 〇一.Nρ 尻 ω9① ♂ 卜⊃ 一蝉づ\国 Φげ・一㊤㊤ω P H一
(17)
(18)
(19)
(20)
(21)
(22)
、
.
Qo 9 <ヨ ぴ
q 轡げΦ 菊 ①︿Φ﹃ω① ピ Oαq置 江 ∩ ℃﹃〇三 Φヨ " ﹀ ・
℃℃ぞ 、
く O一・
鳴
竃 mコ 餌σ
qΦ円ロΦ昌け O{ 一昌コO ,
、 ミ ら融竃
ミ
飾
貯α
q 些 Φ ω︽ヨ 玄 o江o ピoσ
q一Q。二〇ω 6 0コOΦ箕 .
.冒 袋、§ミ
鳴O鑓
N
憲
一ωωロΦ
ミ 黛幕 ミ § 偽
]
≦ ..
φ q 四一Φひ
q言
Qo Oユ =ぴ
q 一Φ㊤倉 ℃曹一α-に刈
d ΦづO プO同鉾
黛§
< O一b ♪
2 ρ ド ωロ﹃ぎ ひq
< poユ Oコ 凶ロ 陣げΦ ○ 繭Oσ 餌 一 ω O飴一Φ " ↓ ゴΦ 国 × O Φ﹁一Φ昌OΦ O{
Z 国O.
. ミ 黛謡奏 帖ミミ ミ 、ミ
]
b ¢一}℃P ω-刈
9fi
Fly UP