...

月口 新しいアルミ合金軸受(巻きプッシュ

by user

on
Category: Documents
37

views

Report

Comments

Transcript

月口 新しいアルミ合金軸受(巻きプッシュ
白
紹
月口
介
日本万国博覧会協会納バッドマウント(地上配電箱)‥‥……………‥85
日立G仙E形高揚程タービンポンプ=‥‥‥…‥‥‥…‥…‥‥‥‥…………86
仙S-SA2形日立ブレーキ付ギヤモートル・・…‥・…・・=‥‥…‥‥‥‥‥……・87
日立汎用ポンプLOV形日立インラインポンプ・
UT8L形日立ブレードレスポンプ…‥=‥=‥‥‥…‥…‥…‥‥…‥…88
夕張鉄道株式会社納日立5る†液体式ディーゼル機関車‥…=…‥……89
ザンビア共和国納2軸有がい車
=‥‥…・‥…‥‥・t‥・…‥……‥=…‥…90
100Åフレーム・400Åフレーム
日立限流形(Lシリーズ)ヒューズフリー遮断器
‥‥…‥…・…・….91
日立○ト120形オイルファーネス・‥…………・‥…=‥…‥‥・・……‥・‥…92
日立C-dOA形自動式サーキュレーク…‥‥‥・…‥‥………・==‥‥‥…‥93
新しいアルミ合金軸受(巻きプッシュ)‥‥‥‥…‥‥‥‥…‥‥‥‥…=‥‥94
目立評論
第51巻第12号
日 本万国博覧会協会納
パッドマウント(地上配電箱)
最近,都市形態の整備,都市周辺部の大規模な団地建設などの進
3¢31l「6.6kV
展に伴い,配電設備も環境への調和,美観,高安全性と無点検・
3¢3W6.6kV
借用
無保守化,地中化方式,短時間予備線切換方式,ループ配電方式な
ZCT
ZCT
ど,要求が次第に高度化してきている。
一般の住宅地域における配電設備をすべて地中化することは技術
窒_う_4
二三1忘sl
的にも経済的にも問題があるが,その解決方法の一つとして最近パ
ッドマウント(地上配電箱)方式が採用されるようになってきた。
昭和45年3月より大阪で開催される日本万国博覧会の会場電力
CLF〉、3
供給に万全を期するために(将来の都市配電技術向上の目的をも含
Tr
Y
めて)パッドマウント方式が採用されることになり,日立方式のパ
Ⅷ
【h山
ッドマウント9台を完成,納入した。
F
享N
享N
F F B
1・仕
定
定
様
電
圧
7・2kV(6.6kV常用予備二回線引込)
格
電
流
200A
E F
EF
3
3¢4W
3¢4W
150MVA(7.2kVにおいて)(短絡保護は
卜く11
限流ヒューズによる)
収納変圧器容量
r卜岬 芦S
⑯-一一
格
定格しゃ断容量
FF8
単 線接続
図
1¢75kVA+1¢30kVA(異容量変則Ⅴ
結線)または対50kVA
パッドマウント寸法
真空スイッチ
高さこ1,400,幅:1,600,奥行:1,100(mm)
形式:VSW-FH(常用,予備自動切換用)
定格電圧:7.2kV
定格電流:200A
定格短時間電流:10,000A
2.特
長
(1)配電箱外被の一部が,収納変圧器のケースを兼ねているの
で小形である。
(2)従来形の抽入開閉器に替えて,真空スイッチを採用し,無
点検・無保守を可能とした。
(3)夏期運転時でも,人が触れる恐れのある外被部分の温度は
80℃を越えないよう留意してある。
(4)前面とびらを閃いた状態でも,日常操作において高圧露出
図2
地
上配
充電部に触れることが無いよう留意してある。
(5)限流ヒューズは自動連結式としてあり,ヒューズケースの
変換は,専用とびらより外被の外へ引き出して,安全容易
に作業ができるよう考慮してある。
(6)各社製作の/くッドマウントと外形寸法,基礎位置,高低圧
ケーブル引込み引出し位置などが統一しており,互換性
がある。
(7)真空スイッチ常用例の投入は手動操作,常用側より予備側
スイッチへの切換はコンデンサ引はずし装置によるスプリ
ング引はずしおよぴスプリング投入,予備スイッチから常
用側への切換は手動操作による。
図1はその単線接続図,図2ほその外観,図3は真空スイッチで
ある。
図3
(日立製作所磯電事業本部)
ー85-
真空スイッチ
電 箱
1171
1172
日立評論
第51巻第12号
日立G仙E形高揚程タービンポンプ
従来,高揚程用として全揚程140mまでを満足する日立GME形
50Hz(3,000rpm)
高速タービンポンプを販売してきたが,ボイラ給水用,ビル給水用,
280
260
ざ
_汐
畑地かんがい用として,より高揚程の需要が増加しつつある。
40×
240
220
l
100
♂
†
ll
l
160
仕
径
量
出
;カ
とク
H
l
Ll
120
40,50,65,80mm
4
.5
回
揚
程
転
数
60Hz:3,600rpm
使用電動機
適用液質
適用範岡
旧0× 4-51
50×4-511
芸-トル出力(kW)
固汲数(501Iz)
80
段数Il
(≠)
□住
7.5∼45kW,EFOUP-KK,2極,200V
l r 】l
0.5
0.6
70
0.050.06
温度0∼100℃の清水
0.1
02
0.15
0.4
0+250.3
U∫0.80β
吐出量(mリmiれ)
図2適用図表による。
途
2.用
60Hz(3,600rpm)
高層ビル給水用,簡易水道用,消火設備用,ボイラ給水用,畑地
280
かんがい用,一般工業用などである。
琵目
260
4〃`■\\l
240
お
長
3.特
(1)
4_-5 15
F【l
1
5
一
-530
l
65
l
4pX
l+
・♂入
】
ヽ=l
90
ヽ-
\
\
\
70へノ280m
50Hz:3,000rpm
l
80×
退門 H
O.06∼0.9m3/min
l
野
こヂ
ヽ l
ヽ
一
l
く莞
殻
ヽ
ヽ
町
;傍
1
く♪l
拶ゝ
l
100
全
導
こ宗
Jよ占1 5
140
ヽl
こ「
軒こト
∂、
却
口
♂
酢
\
L
7-
i#
璧
様
d2
1J
Okケ⊥5
∈
写退
空言
㌫
1
図1にその外観を示す。
こ仁
汐退
1】
汽三
11
した。
≡岱、
二′な
汐
\
200
汐I_
十メ
l表、ま
胡×9+511
向上させた日立GME形高揚程タービンポンプの新シリーズを開発
準
鎗、■
戎
従来のGME形高速タービンポンプの,適用範囲をカバーし性能を
1.標
.\顔i
♂
0-515
・■
これらの需要にこたえるため全揚程280mまでを満足し,さらに
吐
■
\
冴
220
2極モートルを使用しているので段数が少くてすみ,小形
40
7
グこ、
砂
手茶、
ヰ\
1十
lダ。、
200
0
軽量で据付面積が小さくてすむ。
(2)ポンプ効率および吸込性能が良好で適用範囲が広い。
盲180
(3)揚程曲線は完全下降特性のため,サージソグの心配がなく
監160
\
ヽ
ヽ
4
6 ×4
%
空
てUヽ
ヽ
ヽ
印・
ヽ
65×4t\
1-62
-BU
×4-6:i7
\
140
5UX4-61
4.付
】乙
l+\
40×5-61
F  ̄
旬
属
l
\
剋l【
-タ
\
ボイラ給水用に最適である。
\_
「\
-11、.P
85
1
品
4 ニ6
名
120
】L
l
40× 4一 67 5
標準付属品として共通ベット,ドレンプラグ,基礎ボルト,呼び
5
r
y
l
5
×
-15
丁
水じょうご(コック付),軸継手,空気ぬきコックを付属する。
芝l
0.15
0.2
022
0.4
0280.3
吐出量 ̄(皿りmin)
付属する。
(日立製作所商品事業部)
図1
GME形高
図2
揚程
-86-
タ
ー
ビ
ン
ポ
ン
1
l
】
口径(¢)
l
90
仇070.080.09・0.10
工具,圧力計,真空計,達成計,過熱防止装置,吸込ストレーナを
■モニヒル出力(kW)
\【1
100
特別付属品として要求ある場合はスルース弁,チェック弁,分解
L
プ
適
用
国
0-50.560月0.7仇80.91.0
第51巻第12号
口立評論
1173
仙S-SA2形日立ブレーキ付ギヤモートル
産業機械の高能率化,駆動機の専用化に伴いギヤモートルおよぴ,
その応用機であるブレーキ付きギヤモートルの需要が,激増してい
る。このような需要にすみやかに応ずるため,永年の実績と最新の
プレス技術をもとに設計・製作されたMS-SA2形ブレーキ付きギ
ヤモートルのシリーズを完成した。
長
1.特
(1)短
納
期
標準化した部分品を常備し,近年特に要求される短納期化を因
っている。
(2)すぐれた耐久力,静粛な運転
歯車には歯形修正,クラウニソグ加工した高精度のヘリカルギ
ヤを採用し,高周波焼入れを施してあるので,耐久力が大きく,
騒音が少なく伝動効率が高い。
(3)自動復帰形ブレーキゆるめ装置付
手動ゆるめ装置により,必要に応じ簡単にブレーキを解放する
図1
MS-SA2形ブレーキ付ギヤモートル
ことができる。この装置は自動復帰形機構なので,手動でゆるめ
たまま再起動した場合でも,次の停止の際は確実に,ブレーキが
エンドプラケツト
第1ピニオン・スリ川-かヾ-\・7アンケース
動作して危険がない。
第2㌣ゝ
(4)取り扱い,点検が容易
77ンガイド
ォノ。iレ、リ㌶す
オイルシール
ヤー.トル軸l
ギヤケーシングの両側にオイルゲージと排油口が付いており,
モートルの据付位置に関係なく保守点検ができる。ブレーキの調
lJV j
l 川
!調11l
川
ノ_ノフアン
ケース
外フアン
l
l
整ほ,カバーをほずすだけで外部から行なわれる。またブレーキ
ン′′
∴、ヾ
出力
の口出線は,モートルの端子箱内に収納されているので配線が容
ヽ
易である。
んト:ヰ‥
イル
(5)標準ギヤモートルと同一取付寸法
\
ブレーキ
第1ギヤモⅦトル\、、
、_W
\
日立ラビンーノ
】
′/
ド '、アリンク
\
ブレーキはオーノミーハングしているため,取付寸法が標準ギヤ
排油7qラグ
2ビニオン//
モートルと同一で互換性がある。
ケーシング
図2
(6)据付が容易・据付面積が小さい。
MS-SA2形ブレーキ付ギヤモートル連続定格の構造
別置形ブレーキ据付時に必要な,J山出しなどの手数が不要で,
しかも据付に場所をとらない。
ブレーキバネの力に打ち勝つ電磁石の吸引力で(励磁解放)行な
われる。
2.構造および動作
(1)構
造
日立標準ギヤモートルと,これにオーバーハングしたMS-SA2
形ディスクブレーキとから成っている。
(2)動
様
3.仕
作
電
源
200/220V50/60Hz,200V60Hz
ラよ
格
30分,連続
ブレーキトルク
80%,150%
制動はブレーキバネの押圧力で(無励磁制動),制動の解放は
表1
仕
芸蓋撃芸芸
式
準
50ll
60TFOG-K●KK
751
901TFOG-K・KK
SDGE
DGE
EGE
l
4
ーB
GGE
4
IGE
-B
360lTFOG-K・KK
(注)(1)30分定格機は形式がTOG-K・KKとなる0
l
-0・4
略
.DGE-B
号
ーB
力
-1.5
DGE-B
-0.75
-1.5
-1.5
-22
DGE-B
-2.2
IGE-BIGE-B
RGE-B
IGE-B
-0.75
RGE-B
-0.75
(2)150%制動トルクほ2・2kW6p,1.5kW4p以下が可能。
-1.5
RGE-B
-1.5
3.7
-2.2
-37
DGE-B
-3.7
-3.7
GGE-B
-2.2
IGE-B
-2.2
RGE-B
一乙2
5.5
SDGE-B
EGE-B
GGE-BGGE-B
G甥丁君iG笥丁完
(kW)
2.2
SDGE-B⊇sDGE-B
E甥丁君IE笥丁完
-0.4
-87-
出
EGE-B■■EGE-B
-0.4
4
一
1.5
-1.5
4
RGE
-仇75
DGE-B
4
種
0.75
-0.4
-B
180TFOG-K●KK
0.4
SDGE-B■sDGE-B
6
-B
r
120TFOG-K■KK
300
種
戟
-B
l
150
機
脚号嘉一ト蒜
40lTFOG-K・KK
100
標
様
形
33
(日立製作所商品事業部)
-3.7
IGE-B
-3.7
RGE-B
-3.7
DGE-B
-5.5
EGE-B
-5.5
GGE-B
-5.5
IGE-B
-5.5
RGE-B
-5.5
1174
日立評論
第51巻第12号
日
立
汎
ポ
用
プ
ン
LOV形日立インラインポンプ・UTBL形日立水中ブレードレスポンプ
l.LOV形日立インラインポンプ
従来,インラインポソプほ温水循環用がおもな用途であったが最
近では,小形軽量であること,据付が簡単であることなどの特長が
かわれ,各種空調用,食品機械などのセット用などモートルポンプ
と並んで各種の用途に幅広く使用されている。
本インラインポソプは新たに0.75kW椀種が追加されてポンプ
適用範囲が拡大され,さらに全椀種について性能改良が加えられた
ものである。
図1
と 外観
1.1適用
インラインポンプ
図1はポンプ全体の外観を,図2ほその適用を示したものである。
吐出量∼全揚程曲線は完全な下降特性であ
1Hト↓→+←ト1-
3O
てポンプ全体をコンパクトにするとともに,メカニカルシールの
ト
1‥-1 1
d:
⊥_
十
H]†】そ十!F
l
]_‡11t
49P -50.
ニユ
ポンプを基礎床に据付けることほ不要で,
用
配管からポンプをはずさないでポンプ内部
記号説明
1_fユ
把NJほ
†「
.
l
1+l
1_+_+
十
+上L
l
-「十
り__
r
十
50N4】1号号
臼
工‖1
.4
i-j
=[手 ̄ ̄川4?P珊弓二‡
耶l
{ ̄jll
.1
0.060.080.1
0.4
0.3
◆「
十
.●..十H
†ナ† ̄
圭一
申OIJ.=50.4
-・一61.3
0.150.2
0.30.4
吐出量(mりmin)
50Pそ-52.2
備考
途
t些
モートル:3相.200V50/60Hz.E椎
取破水:滋大1000C晒水
モートル出力(kW)1・
…ニ
吸込側許容圧力:最大5kg/cm2
雪空苧ル極致
ポンプ口径(¢)
図2
し尿処理場,ビル,団地などの汚物汚水ポンプとしては,従来立
インラインプ適用図
表1
仕 様 お
よ
び
用 途
50Hz
形ブレードレスポンプが多く使われてきたが,水中モートルと一体
ロ
となった水中ブレードレスポンプが開発されて以来,地上設備が簡
径
吐
出
皇
全
揚
力
餐出
仙一帥鞋径虹ぷ淵15。
__+些L_
6∼30.5
0.36∼0.63
_岨
0.63∼1.5
1.0∼2.0
1.5∼2,5
単になり保守管理も容易であるという利点から水中ブレードレスポ
ソプが多く使用されるようになってきた。
________堕さ型________
3.7∼15
6∼29
8∼28.5
8.5∼25.5
3.7∼15
5.5∼18.5
7.5へ一18.5
60Hz
吐
と 外観
出
全
量
0.63∼1.25
1.0∼2.0
1.7∼2.5
ある。
用
長
途
揚
程
出
+
______+些
6∼32
_+旦空軍重し_
0.36∼0.63
ポンプの外観は図3に,仕様は表1に示すとおりで
特
丁
11+
■1丁:
 ̄十 ̄Tl
2
‡田--_と士珊
5d血2+十+
吐出量(nり血n)
2.UT8L形日立水中ブレードレスポンプ
2.2
十十+.
0.050.060.080.10.150.2
温水循環用,空調用のはか各種送水,加圧用として最適である。
2.1仕様
l
T†1 ̄†「
が分解でき,また構造が簡単なため点検・補修が容易である。
1.3
十ヽ
「「て「T ̄↑
配管途中の任意の位置に連結するだけでよく工事が簡単である。
l
lヽJ!
-62
串0 .テ5
ll
l
(4)分解・保守
-50.75
l
40N2
.才
50M2二
+
1
斗iて
■÷丁
m
十
 ̄十㌔]丁
.t
OR.-50.4
壬 ̄4
とカーボンの組合せにしてある。
付
1
p
50N2
4qP?- 61.3■
蟹党側
譜璧却
しゅう動面を機械損失の小さい,かつ耐摩耗性のあるセラミック
1
m
弔
上∴そt寸
トH.
丁年I・.3
p
】
l
ll
ニー140P-5075
十ir
(U r
1 ̄
ト
 ̄う_
40P2-6
l
50Nz
ー止u止t ̄ヒト1
1
3O
2 ∧U
-52.
【
lトIF=111】
_t土けiI
(E)
軸封装置には,メカニカルシールを採用し
(E)
(2)軸封構造
(3)据
50p2
-H-=1川+-H一丁
i・
1 8O
 ̄・トトトI-++-1
. ̄1十
たりの揚程が高い。
m
什寸iiこi
土
2
nr
.4∧U
5乏二2・=十
るため安定した運転ができる。またポンプ効率が高いため馬力当
∧UO
亡U (U ∧U
一r
極極3
m
p
2.4-
(1)ポンプ性能
1 5
r-一r
長
4-∧U
極極3 O O O
▲ワ山一【サ
特
1.2
力
__凰__
3.7∼15
3.7∼15
6∼30
7.5∼29
7.5∼25
5.5∼1乱5
7.5∼1B.5
し尿処理場用
ビル,田地,その他の下水汚物排水用
(1)羽根車内通路は特に工夫(くふう)された対称形
でバランスのとれた形状になっているので振動がな
7タ
く,しかも吸込口を通過した固形物が容易に通過でき
るようにじゅうぶんな広さを有している。
(2)軸貫通部には泥水用メカニカルシールと清水用
電源ケープル
メカニカルシールの2重組合せによる特殊な軸封装置
を用いており,モートル内への汚水の浸入を完全に防
止するとともに,万が一,メカニカルシールのしゅう
動面が摩耗して汚水が浸入した場合,地上で監視でき
運転時掛氏水位
る点検装置を設けている。
(3)モートルの保護装置として,モートルコイルの
/
異常温度検出装置を内蔵しているので過熱焼損の心配
ク
ロ)つり下げ形
イ)床置形
がない。
図4
////1// ̄///′′//
据
付
例
※ポソプの据付例として下図のように床置形(標準)とつり下げ形
とがある。
図4は据付例を示したものである。
(日立製作所商品事業部)
図3
-88-
ブレードレスポンプ
日立評論
夕
張
鉄
株
道
式
会
第51巻第12号
1175
納
社
日立5るI液体式ディーゼル機関車
この楼閑串は,国鉄標準DD13形を基本形式として,北海道夕張
地区における冬季の厳寒期対策(最低気温-27℃)と,最大こう配
22.7罪¢において960tの荷重をけん引するという使用条件を考慮し
て設計されたものである。図1は校閲車の外観,表lは主要仕様で
ある。図2は機器の配置を,図3は速度一引張力特性曲線を示した
ものである。
特
長
(1)機関には,国鉄標準DMF31SI∋形に,インタークーラを
取付けることにより出力の向上を図ったDMF31SI主Ⅰ形を探用し
HG-56BB形ディーゼル機関車
図1
ている。出力は600PS/1,500rpmである。インタークーラの材
質は,標準のアルミ系に対して,銅系のものを採用してある。
(2)厳寒期における機関車停車中の冷却水配管の凍結を防止す
表1
るために,ラジエータを含む全回路に温水が循環するよう特別の
なバイパス回路も形成できる方式となっている。機関予熱器とし
転することなく冷却水回路を保温することができる。また冷却水
重引
僻ん速寸
整け高体
転発
ては,大容量のWH252-1形を採用し,-15℃までは機関を運
配
な
B-B
56t
16,800kg(粘着係数30%の時)
51.7km/b(タイヤ新袈時)
の温度が5℃に降下すると,警報ブザーが鳴り,機関予熱器が自
最
動的に点火保温する構造になっている。
最大
ィ
ゼ
ー
様
1,067mln
連結器中心間
デ
仕
ⅡG-56BB中央運転室形ボギー,ギヤ騒動式
式間置量力度法
形軌軸運出最車
考慮を因ってあるはか,必要に応じて主回路だけ循環できるよう
も
お
ル
機■閑
13,600mm
幅
2,950mm
高 さ
2,849mm
大
新潟DMF31SBI(1.5kW
(3)運転室の暖房には,容量6,000kcal/hのWH30形車内放
AC充電発電機付)
600PS/1,500rpm
を因ってある。
変
レ
リ容熱熊川棚
ク
新潟
DBS138
DL-14B
自動ブレーキ
DT-113形式
TRK15-12形×4
24V
350AH/5H
2,000J
WII252-1形
27,000kcal/hxl台
WH30形
6,000kcal/bx2台
300Wx4本
管一
圧着方式を採用し,必要に応じてブレーキシリンダに0.5kg/cm2
ッタ関内きエ
の砂まき管ヒータを取付け,さらに制輪子の凍結防止対策として
まジ
燃横車砂ラ
自動ドレン弁を設けたはか,車端側の各砂まき管には容量300W
料
ー・
テン予放卜”
台パ
(4)元空気だめには,ドレンコックとともに電熱ヒータ付きの
速
機キ車一量#器量動
体
山牧プ
熱器2台を設け,運転室周囲全面に保温材を張り,厳寒期の保温
流体継手駆動方式
の空気圧を作用させ,車輪と制輪子間の摩擦熱により融氷させる
方式としてある。
(5)運転士単独での長距離運転を考慮して,運転装置にはデッ
とともに,このパネル式フィルタは夏季には機関室外側に設けて
ドマン装置を設け,55km/b以上の速度に達すると警報を発する
外部の空気を吸入し,冬季には内側に移設して機関室内部の空気
とともにデッドマン装置と連動して非常ブレーキが作用する過速
を吸入する構造にしてある。また機関室ドアの通気ルーバは,冬
防止機構が設けてある。
季内側からカバーを取り付け,検閲室内の保温の便が因ってある。
(6)校閲の吸気装置には,パネル式フィルタとオイルバス式フ
(日立製作所交通事業部)
ィルタとを併用して,冬季における雪による目詰まりを防止する
25.000
機関
形式DMF31SBfX2台
標準出力600ps几500rpmX2
液体変速機
l
 ̄「∈う 鞘、
「
形式DBS138Ms450×2台
動輪径
各60mm新製時
全滅速比1:4.7
∧‖>
20刀 0
86仙皿
-タイヤ新製時
タイヤ全摩耗時780mm
[∃
l
l員∃
加ぷ
J
粘着係数〟=30%の時
穴報ニm担港南
+【
l
1
随
l
]
室書
⊇
喜
⊂〕 ∧U
O
(U
仰 0
l
く⊃
く⊃
00
l
の
n ̄【
l甲d
什Ill
凸
■
凸
呵
EJ
∬ 0
く⊃
(:()
く;l〕
連続運転範囲
10.0
 ̄ ̄† ̄▲■
連続道転範囲
1,067
[¶2,喜00当一言謂+2如一一
11.3
400
18
13,餌0
】
図2
51.7
20
速
HG-56BBの機器配置図
図3
-89-
47
30
40
度(血/b)
速度】引張力特性曲線
50
1176
日立評論
第51巻第12号
ザンビア共和国納
2軸有がい車
ザンビア共和国は世界的に有名な銅の出産地で,アメリカ系銅山
で標示してある。
会社により探鉱が行なわれており,精練された銅インゴットおよび
(5)危険物専用貨車であることが一目で誠別できるように車体
外部には大きな×印が赤色で標示してある。
一般貨物を輸送するため日本からも(日立製作所ほか数社)多数の
高側鋼製無がい車が納入されている。
ブレーキ装置
今回の2軸有がい皐は銅山で採鉱のために使用されるダイナマイ
18′′F形真空ブレーキシリンダを使用した貫通式真空ブレーキお
ト輸送専用賃率である。従来,採鉱用のダイナマイトは南アフリカ
よび側手ブレーキが設けてある。このブレーキ装置は貨車が脱線し
から専用貨車で直輸入されていたが,最近ザンビアにおいてもダイ
たような場合,車軸が正規の位置からずれると特殊な配管をしたブ
ナマイトの生産が開始され,国内輸送のため専用貨車として35両
レーキ管が破損することにより自動的にブレーキがかかり,大事故
が発注され日立製作所はか.一社で受注し,昨年末から製作に着手し
になるのを未然に防ぐようにくふうしてある。
今年5月完成車として納入したものである。概要は次のとおりで
連結器装置
ある。
ザンビア共和国標準のアライアンス自動連結署差と日立MF491A
お も な仕様
ゴム緩衝器が設けてある。この貨車は輸送物の性質上次のような特
軌
間
1,067mm
別の運用規定が設けてあるため追突による衝撃は受けないが,走行
荷
重
13.6t
中の衝撃を緩和し積荷を保護するた捌こ,柔らかくて大きな緩衝容
自
重
10.6t
量をもっているゴム緩衝器を取り付けたものである。
積
23.6mき
内
容
最
大
寸
ダイナマイト輸送専用貨車の運用規定
(1)突放し禁止
法
幅
2,667mm
(2)最高速度35km/h
高さ(空車)
3,393mm
(3)編成列車の最後尾に連結する。
長さ(連結面問)
7,539mm
(4)一編成列車に2両連結するときには間にほかの車種(一般
貨物輸送車)を入れるものとする。
連結器高さ(空車)
895□1m
固
定
軸
足巨
4,267mm
走
車
輪
直
径
8,636mm
前述の運用規定により最高速度が35km/hに制限されているた
り
装
置
ブレーキ装置
18′′F形真空ブレーキおよび側ブレーキ
めに高速走行性能は要求されないが,保守,点検の簡易化のために
連結器装置
アライアンス自動連結器および日立MF
RCTタイプローラベアリングを使用し,安全な走行性能を保証す
491Aゴム緩衝器
るために日本国有鉄道の2段つりリンク方式とした。
走
り
装
置
RCTタイプローラベアリング付き日本国
この2段つりリンク方式の走り装置にRCTタイプローラベアリ
有鉄道2段つりリンク方式
車
ングを組込んだ実績ほないため設計に当たっては鉄道技術研究所の
体
指導を受け車両完成後,最高速度65km/hの走行試験を実施し走行
ダイナマイト輸送専用貨車であるために,有がい串といっても車
安定性が限界内にあることを確認した。
体は冷蔵車に近い構造で,外部は全鋼製溶接構造,外板には耐食性
(日立製作所交通事業部)
のよい含銅鋼板を使用している。
車体内部は全木製構造で,側は10Inm厚さのベニヤ板,妻は積
荷による影響を考えて15mm厚さの木張り,天井は5mm厚さの
′、-ドボード,床は台わく上面に2.3mm厚さの鋼板を張り木製根
太を介して30mm厚さの木張りとしてある。外板と内張りの間,天
井板の襲および床板下部はポリエチレンフイルムで包んだ70mm
厚さのガラスウールを詰めた断熱構造としてある。各串側の
中央には観音開きのドアが設けてある。このドアは断熱構造
で冷蔵単に使用されているドア固定装置を取り付け断熱効果
を保持するようにしてある。
輸送するダイナマイトは所定の大きさのダンボールに詰め
られているが,取り扱い上の安全を期すために草体には次の
ような種々の配慮が施されている。
(1)室内は鋼材が露出しないように,また内張り,天井
および床板取付用ネジにほ黄銅製を使用し,ネジ頭
は内張り板の面より1mm以上埋め込んである。
(2)入口部の靴ずりも黄銅製とし鋼材部が露出しないよ
うにしてある。
(3)入口にはさし込み式の荷くずれ防止用保護板が設け
てあり,ドアがなんらかの事故により開くようなこ
とがあっても積荷が脱落するようなことはない。
(4)過負荷をさけるため内張り板に杭荷の限界線が赤色
図1
-90-
2軸有
が
い
車
第51巻第12号
日立評論
100Å
フ
レーム・400Å
1177
レーム
フ
日立隈流形(Lシリーズ)ヒューズフリー遮断器
最近,超高層ビルの出現や工場設備の大形化により,電源設備が
表1
大容量化し,故障時における短絡電流ほ非常に大きくなり,従来の
フ
レ
形
式
いる。
榎
数
引
ず
は
ES-100A-L
ム
ー・・
ヒューズフリー遮断器ではしゃ断容量が不足する場合が出てきて
このたび,日立製作所では電磁反発方式の採用により,大幅にし
定格および仕様一覧表
方
L
KS-DF
2*
定
格・仕
長
定
(1)高しゃ断容量
定
様
電磁反発方式による高速しゃ断のため,通常のヒューズフリー
遮断器に比べて,きわめて大きなしゃ断容量を有している。しか
電
電
式
熟
3
動
電
磁
式
40
15
20
30
50
75
00
(125),(150),(175)
(200),(225),250
300,
AC600
圧(Ⅴ)
重
品
2*
流(A)
電
格
磁
K-TF
40
しゃ断容量
製
も,100Aフレームは完全電磁式であるので,定格電流が15Aの
格
K-DF
3
全
完
式
2機種を完成した。
1.特
KS-TF
基準局国温度(℃)
や断容量を向上させた限流形(Lシリーズ)ヒューズフリー遮断器
400A-L
350,
AC600
AC220V
125,000
150,000
AC460V
50,000
100,000
3.8
量(kg)
400
1
4.2
20.0
(注)1.*印の2極は,3擾の中央導体部分,消弧装置を取りはずしたものである。
2.()付の定格電流のものほ標準外で,注文により製作。
ものでもしゃ断容量が低下しない。
(2)限流効果が大きく,しゃ断時間が短い
短絡電流をきわめて短時間に,しかも限流してしゃ断するので
2.定格および仕様
配線や機器に与える電磁ひずみ力,熱衝撃が少ない。
(3)カスケードしゃ断に適している
KS-100A-Lフレーム,400AILフレームの定格および仕様は表
限流効果が大きいため,しゃ断容量の小さい下位のしゃ断器と
1に示すとおりである。
継続接続することにより,経済的な保護ができる。
(日立製作所商品事業部)
(4)取付面積が小さい
しゃ断容量がきわめて大きいiこもかかわらず,取付面積は小
さい。
用ノ・こ×4
卜3.研刀/れi4諾柵
∽.N-⊥
97
N一---
▼-+
己
ー】ユ
ず
r
6R
「弓5■
一人、し
6.5
中甲草野
一国
6・声冨J
:二±ニて
\\
/
▼・+
‡
三二′ノ賓
/ノ′:∴シ
\J吟
JへT
.0l_r)
キー
⊂=〉
の
■正巳王宗 ト55-
.・二Jゝ
茶妻≡ 鮮く
ロ
F
l
くエ〉⊂⊃
切
剋-
】
3■5+
ト3-5十-35-
トー110
上?l
 ̄「
N
Ln
▼・・・1
N
KS-100A-Lフレーム日立ヒューズフリー遮断器
L
Ml 0ネこ
当主融接続mスタッド共訳図
-・+
ド伯:芯×6
スタッ
の
戻し
r ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⊥.
内部付屈装iFr川一の土接合のみ
国1
⊂:)
▼・・・ぺ
--148
図2
KS-100A-Lフレーム寸法図
13.59らン\
九・16ネン
40
Ⅰ托付用人×4十70-1
み
0
スタットトンニ置
38.5
6.5t
訂丁化弛
「ヨ 引 ず\
¢,62
ま一人
†T
官許且
131一
7 pハ
)N一
サトm
サトN
エて灰
上し′切
♯一
・◎・ ,〇.・⑩
心
l.n
0
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄刊
l.n
亡q
143
dネジ
定結花削A)
6.5t
く:>
100
140.5
203
l∫)
70一十70
一一241
図3
400A-Lフレーム日立ヒューズフリー遮断器
図4
ー91-
400A-Lフレーム寸法図
125∼225
M12
M20
喪而接続用スタッド装着図
1178
日立評論
第51巻第12号
日立○ト120形オイ
ルファーネス
表1
日立製作所では,さきに石油燃焼温風暖房枚"日立オイルファー
OF-120
形状で放熱量を増加した"日立オイルファーネス”OF-120形を開
寸
熱
OF-80形とほぼ同一であるが,放熱量12,000kcal/bポット形バー
造
用
有ク排
時に暖房することのできる画期的な温風暖房機である。
御夙
する全自動機構を備えている。またダクトを取り付ければ教室を同
外綻統
制温風機接接電消重
ナを用いて,スイッチー操作で着火・消火を自動的にコントロール
ダ
費
費方醐㌍…電
消■
科
"目立オイルファーネス”OF-120形は構造,制御機構ともに
図lは"日立オイルファーネス”OF-120形の外観を,図2はそ
高さ1,270×幅420×奥行550
12,000
㌫柵
発し発売した。
法
式法皇料量ナ式機量圧法径源力量
形外政愁然パ
ネス”OF-80形を発売し好評を得ている。今回,OF-80形と同一
1.構
日立オイルファーネスOF-120形の仕様
灯
白
油(JIS
K2203による1号灯油)
1.74
ポ
≡形
ト
ッ
バーナサーモ,タイマーによる自動着火
両吸込形多巽送風機
12
州mmA。諾
5
205×205
108
kg
AClOOV
50/60Hz
130/160W
50/60Hz
60
の構造を示したものである。
キャビネットの下部に油量調整器,バーナ送風機,バーナ,着火
を自動調節する全自動運転を可能にした。
温風用送風機には,低騒音,高風圧をうるよう新たに設計した両
ヒータなどを一体にまとめたバーナユニットを配置し,その上部に
新設計の熱交換琴を設けている。燃焼排気ガスほ上部の排気筒接続
吸込多巽送風機を使用している。
口から排気筒を通って外部に排出される。バーナユニット下方には
長
3.特
温風用送風機を設け,送風した空気は熱交換器で加熱し,キャビネ
ット上部の前面および左右側面に設けられた温風吹出口から吐出す
る。キャビネットヒ面にはダクト接続口が設けてある。上部カバー
(1)全自動操作機構により,燃料油の供給・停止,着火・消火
内部には,着火・消火を自動操作する制御棟構を収納したコントロ
(2)運転操作は1個のスイッチの「入+,「切+だけで行なわれ
が自動的に行なわれる。
るので,取り扱いが非常に簡単である。.
ールボックスを備えている。
(3)ルームサーモを取り付けて室内温度の自動調節を可能に
2.仕
様
した。
(4)ダクト接続口にダクトを取り付けることにより,本体据付
表1に"日立オイルファーネス”OF-120形の仕様を示す。
け以外の部屋の暖房が可能である。
燃料には白灯油を使用し,燃料消費量は1.74J/b,放熱量は12,000
(5)本体温風吹出ロが前面および左右側面に設けてあり,室内
kcal/hである。バーナには日立独自の蒸発式ポット形バーナを使用
しており,着火立上りが早く,すすの発生が少ない特長を有して
に均一に温風がゆきわたる。したがって据付場所の制約が
いる。
少ない。
(6)特殊蒸発式ポット形バーナにより,着火立上りが早く,安
運転制御にはバーナサーモとバイメタルタイマによる制御機構を
採用して,燃料油の供給・停止,着火・消火,燃焼用および温風用
定した燃焼が行なわれるとともに,すすの発生がほとんど
送風機の運転停止を自動化した。したがって,運転操作はスイッチ
ない。
を「入+または「切+にするだけでよく,熱交換器がじゅうぶん加
(7)熱効率は80.%以上である。
熱されてから温風用送風機が運転するので,スイッチ「入+と同時
(8)複雑な燃焼機構をバーナユニットとしてまとめてあるの
で,取扱い,保守点検が容易である。
に冷風が吐出するということがなく,同時に,運転停止時の冷風吹
(日立製作所家庭電化事業部)
出しも防止している。また,付属のルームサーモを設置して,室温
①
番号
ノ/虎
①◎⑨④⑤
琶
キャ
←\-(彰
\\-④
⑥
\、㊥
称
名
ビネ
備
ット
熱 交 換
温風吹出
器
口
上下方向可変
空気吸込
排気筒壊銃口
口
エアフィルタ付
ドラフトレギュ
レータ
バーナユニット
⑯モこ
⑭
\1⑭
\、、⑲
圧)ノ′
12
Dロ
⑯
セ)
ノ→⑯
囲1
図2
日立オイルファーネスOF-120形
-92-
バ
リ
パ
ナ
ー
グ
ン
ッ
キ
ン
バーナ送風機
着火 ヒ
タ
油量調整著旨
操作パネ
ル
ー
温風用送風機
コ『.∃■一.■.占
/
○
①⑧㊥⑯⑭@⑯⑭㊥⑯㊥⑲⑯
柑
臼
日立オイルファーネスOF-120形の構造
し
き
り
板
う
え
ふ
た
上部カ
下部カ
バー
バー
日立評論
第51巻第12号
日立C-るOA形自動式サーキュレータ
日立製作所が開発したサーキュレータは今年で4年目を迎え,石
油ストーブ,ガスストーブなどの暖房器の普及に伴い,その必要性
が認められ需要が増大してきた()これにこたえるためデザインを一
新するとともに,性能,取扱性を向上させたC-60A形,C-60形,
C-100A形の三機種を開発した。
C-60A形は4・5∼8畳用のサーモスイッチを取付けた口動式,C60形ほ手動式,C-100A形は8′、12畳用の自動式である。このうち
C-60A形の仕様,外観および構造について紹介する。
1.仕様および外観
図1はC-60A形の外観を示し,表1は仕様を示したものである。
サーキュレータは暖房中の部屋において天井付近の高温空気を効率
良く足元へ送風し,足元温度を上昇させ,快適な頭寒足熱の状態に
図1
近づけるとともに,夏にはルームクーラと併用し,局部的な過冷を
C-60A形自動式サーキュレータ
なくして快適な冷房が得られる。また冷房負荷の小さくなる夜にほ
隣室へ冷気を送る働きもさせられる。
\
\
上ゝゝこさこ二
2.特
\
\\、\
大ル
長
つまlプ▲
(1)感度の良いサーモスイッチが付属している。
マグネットとバイメタルを組み合わせてslow-mOtionでチャ
ッタのない高感度サーモスイッチを開発し,室温が設定温度にな
ると自動的に運転を始め,温度が下がると自動的に停止する。
(2)図2に示すようにフアン吸込口を壁面側にし,天井の高温
パネル
空気を効率良く吸引することにより,サーキュレータ効果がいっ
そう向上した。
(3)保守が非常に簡単である。
(i)分解組立が簡単。
プラッパ
ネジ1本ほずせば「ケーシング+が本体から分離し,次に
フアンとモートルの分離はフアンを回転方向に回すだけではず
風の流れ
れるようになっている。フアンやケーシングの掃除が簡単にで
きる。
引ひも
(ii)取付け,取はずしが簡単。
図2
壁側にフック,製品側にちょうつがい式引掛金具を設け,ワ
断
面
図
ンタッチで壁面に取付けられる。
また,コンクリートやブロック壁には天井から鎖でつり下げ
ることもできる。
表1
(4)フラッパ付きで風向きが自由に変えられる。
項
(5)木彫調のユニークなデザイン。
目
C-60A形の仕様
l
仕
適用部屋の広さ(畳)
プラスチックの新しい成形法(加熱圧縮法)を開発し,本物そっ
くりの木彫の感じを出したパネルを採用している。
(日立製作所家庭電化事業部)
4.5∼8
風
強ノッチ(m3/m血)
*3.0/3,3
量
弱ノッチ(m3/min)
書2.3/2.5
サーモスイッチ
モ
送
外
高
ト
ー
風
形
寸
さ×幅×奥
重
「自動一手動+切換スイッチ
「強一弱一切+プルスイッチ
ル
4極コンデンサラン形
機
法
行(mm)
量(kg)
50/60且z
ー93-
チ
貫
流
フ
ア
ン
466×172×164
2.5
1179
1180
第51巻第12号
日立評論
新しいアルミ合金軸受(巻きブッシュ)
近年,諸工業の目ざましい発展に伴い,材料というものに対する
性能的,経済的要求がますますきびしくなってきている。特に自動
車工業と直結しているブッシュ業界にとっては,それがさらにきび
しいものとなっている。
プッシュは軸受特性の良い,いわゆる軸受合金と,それを補礁す
る裏金とから成るが,これはあらかじめ複合された材料(クラッド
材)から成形される。したがって,新い、ブッシュの開発には,新
しい軸受合金の開発と,それを裏金に接合させる技術とが必要不可
欠である。軸受材料には,リソ青銅,ケルメット,ホワイトメタル
などがあるが,次代の材料としてAl合金が注目をあぴており,各
図1
アルミ合金軸受
軸受メーカーは,その製品化に懸命である。
日立電線株式会社でほ,ブッシュメーカーである三矢精工株式会
社と共同で新しい軸受合金,ダイナロイ(商品名,特許出願中)を開
発し,同時に裏金である軟鋼と接合させたクラッド材を製造可能に
した。そして三矢精工株式会社では,これをブッシュに加工し,新
しいAl合金プッシュ,マイメットA(商品名)として発表した。
1.軸受合金ダイナロイ
軸受用のAl合金としては,アメリカ自動車工業規格に,Al-Sn
系,AトSトCd系の二つが規定されているが,ダイナロイほ後者を
大幅に改良したものである。
中
AJ合金
間
裏金(額)
(ダイナロイ) 層
×与
2.Al合金クラッド鋼
(b)
(a)タラッド材断面の顧傲鏡組織
日立電線株式会社では,各種クラッド材を製造しているが,その
図2
金属接合技術により,ダイナロイと軟鋼のクラッド材の製造を可能
プッシ1の断面
クラッド材およびプッシュの断面
にした。図2(a)は,このクラッド材の接合部断面を示したもので
ある。クラッド材の場合は,この接合強さが最も重要であるが,接
l5
SC∼121
Al合金軸受の常識を破るものである。
1.63mJ/s
仲八紘
600ロ1
蒜30モーターオイ
1り
1\
へ.
キ
⊂J
招空車
(1)強度が高い。強度的にはリン青銅と同等であり,従来の
0
速距油
3.Al合金プッシュの特長
槽擦滑
(巾∈ENO【×)
図2(b)はブッシュの断面を示したものである。
軸喋山草刊仙
合強さをあげるため,中間層を入れ,3層のクラッド材としいる。
ン青銅
マイメットA
(2)耐食性が良い。
10
(3)耐摩耗性が良い。図3に示すように従来の軸受合金およぴ
荷
Al-Sn合金いずれよりも耐摩耗性がよい。
20
15
重(kg)
(大越式迅速摩耗試験機による)
(4)耐焼き付き性がよい。図4に示すように耐焼き付き性は,
図3
荷重と摩耗量
ホワイトメタルと同等である。
(5)軽量である。
(6)そのほか,軸受特性を各材料と比較すると,表lのとおり
矢印は焼き付き
による温度の
である。
急上昇を示す
(日立電線株式会社)
しし
ィ人
軸
受
性
能
比
較
当重吉り、
表1
表
最低軸硬さ
(HB)
(℃)
マイノットA
200∼250
240
50
中
上
上
AI-Sn合金
200∼250
170
00
中
中
上
軸受材料
音
鈴
リ
ソ
銅
青銅
ホワイト
メタル
(kg/cm2)
なじみ性
い
耐焼付性
′グ
SCト・Ⅰ21(i立f丈怯入れ
忘転監
耐 疲労 性
IiRC58〈ノ60
2,940rpm
lOOkg/30min
30
60
90
時持去】(min)
250∼300
260∼330
50
中
中
中
ト【100一十200+300+400一+
350∼400
350∼400
90
下
下
上
揃
05
上
上
下
130′-165
150
注(1)†印グ)一モ■(で娩付け
(2=r‡一桁油は始垂加寺のみ滴下、以後無給油
図4
-94-
韮(kg)
焼き付け試験における温度上昇曲線
120
Fly UP