...

高真空ダイカスト技術の特徴と動向

by user

on
Category: Documents
77

views

Report

Comments

Transcript

高真空ダイカスト技術の特徴と動向
特集
高品質化・薄肉化が進む ダイカスト生産技術の最前線
高真空ダイカスト技術の特徴と動向
日産自動車㈱
神戸
洋史*
1994 年に発売されたドイツ Audi 社の Audi A 8
これを契機に、国内のメーカーも高品質が得られる
はオールアルミニウム合金のスペースフレームと呼ば
高真空ダイカストの適用部品や技術開発を模索し始め
れる車体構造であった。アルミニウム合金の板と押出
た。本格的に高真空ダイカストが導入され、量産され
し材をアルミニウム合金ダイカストのノードと呼ばれ
てから 10 年以上が経過し、国内の高真空ダイカスト
る継手部品で接合して車体を形成していた。このノー
技術も欧州と肩を並べるほどに向上した。
ドに適用されたのが高真空ダイカストであり、従来の
ダイカストと比較して薄肉で高品質のダイカストが得
られ、熱処理や溶接が可能であることが特徴であった。
Audi A 8 では、この高真空ダイカスト部品を中心に
47 部品のダイカストや鋳物部品を適用していた。
本稿では、高真空ダイカスト技術の進歩と適用部品
の状況と今後の課題、期待について述べる。
高真空ダイカストの技術と特徴
高真空ダイカストは、溶湯射出時にモールドキャビ
ティ内の空気を巻き込まなくすることにより製品内の
*Hiroshi Kambe:パワートレイン技術開発試作部 エキスパ
ートリーダー
〒230−0053 横浜市鶴見区大黒町 6−1
TEL(045)505−8468
ガス量を減らし、熱処理や溶接が可能な高品質なダイ
カストを得ることのできる工法である。したがって、
モールドキャビティを 3 kPa 程度の高真空状態に保
つ必要がある。このため、モールドキャビティの真空
度を保つための金型合わせ面や射出ス
リーブの突き当て面などのシール技術
固定金型
真空吸引
バルブ
固定ブラテン
可動金型
射出ピストン
や溶湯を遮断するための真空バルブが
必要となり、種々の技術が実用化され
ている。
射出スリープ
キャビティ
給湯パイプ
図 1 にドイツの Muller−Weingarten 社の Vacural 法を示す。Vacural
真空吸引用
電磁弁
保持炉
真空ポンプ
法は、Audi A 8 のダイカスト部品に
も適用された工法である。保持炉の溶
湯中に給湯パイプを挿入し、射出スリ
ーブと連結されている。モールドキャ
真空タンク
図 1 Vacural ダイカストマシン
024
ビティを真空吸引するとともに、保持
炉中の溶湯を吸引し、射出を行う。長
Fly UP